デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

'10-'11 POG成績 ⑥

2010-11-29 21:37:29 | POG 過去成績
11月成績

 エアジョイント 
 【牡・ディープインパクト×エアデジャヴー(父ノーザンテースト)】


  厩舎:伊藤正(美) 馬主:ラッキーフィールド 生産者:社台F 

  期待度 A→B→C

  2歳新馬(東京芝1800) 1人気 5着
  2歳未勝利(東京芝1600) 1人気 4着

  クラシック云々言っている場合じゃないな。
  1勝は出来そうだが・・・。

 トーセンレーヴ
 【牡・ディープインパクト×ビワハイジ(父Caerleon)】

  厩舎:池江寿(栗) 馬主:島川隆哉 生産者:ノーザンF
  
  期待度 A→C

  調教イマイチな上に、度重なる出走回避。
  あげくのはてに放牧に出される。
  これは「ダメな良血馬」の典型ですな。
  もう、期待しない事にしました。

 イグアス
 【牡・ディープインパクト×ポトリザリス(父Potrillazo)】

  厩舎:角居(栗) 馬主:ノーザンF 生産者:ノーザンF

  期待度 A→B→E

  2歳新馬(東京芝1800) 1人気 9着
  2歳未勝利(京都芝1800) 7人気 10着

  馬体・レース振りを見て愕然。
  正直、未勝利勝ちあがれるかも疑問。

 ロビンフット
 【牡・ゼンノエルシド×サンディフォルス(父サンデーサイレンス)】

  厩舎:堀井雅(美) 馬主:桐谷茂 生産者:赤石久夫

  期待度 B

  2歳新馬(函館芝1200) 3人気 2着
  2歳未勝利(函館芝1200) 1人気 1着
  ラベンダー賞(函館芝1200) 2人気 1着
  クローバー賞(札幌芝1500) 1人気 5着
  コスモス賞(札幌芝1800) 1人気 2着
  いちょうS(東京芝1600) 3人気 1着
  京王杯2歳S(東京芝1400) 5人気 6着

  出負けして後方からの競馬になった京王杯は仕方なし。
  次走は、いよいよこの仔の最大目標である朝日杯FS。

 ニシノショータイム
 【牡・サクラバクシンオー×ニシノボナリー(父ニホンピロウイナー】

  厩舎:杉浦宏(美) 馬主:西山茂行 生産者:西山牧場

  期待度 B→C→D

  2歳新馬(福島芝1200) 3人気 13着
  2歳未勝利(福島芝1200) 5人気 6着
  2歳未勝利(福島芝1200) 3人気 8着

  入厩中。
  この血統で福島芝1200ダメとなると、厳しいかなぁ~。

 ミッキーマスカット
 【牡・スニッツェル×サファイヤコースト(父サンデーサイレンス)】

  厩舎:橋口(栗) 馬主:野田みづき 生産者:ノーザンF

  期待度 B→C

  2歳新馬(小倉芝1200) 3人気 5着
  2歳未勝利(阪神芝1400) 5人気 1着
  デイリー杯2歳S(京都芝1600) 9人気 6着
  黄菊賞(京都芝1800) 5人気 1着

  スニッツェルのイメージを覆す距離延長で持ち味発揮。
  黄菊賞では素質馬達相手に完勝。「さぁ!!」と、
  言ったところで骨折判明。

 デラモーレ
 【牝・ディープインパクト×ベラミアモーレ(父Storm Cat)】

  厩舎:伊藤圭(美) 馬主:ヒダカ・B・U 生産者:グランド牧場

  期待度 C

  2歳新馬(函館芝1200) 1人気 6着
 
  鼻出血により放牧中。

 マルセリーナ
 【牝・ディープインパクト×マルバイユ(父Marju)】

  厩舎:松田博(栗) 馬主:社台RH 生産者:社台F

  期待度 B

  再入厩。年内にデビューできるかどうか。

 エニシノフェイム
 【牝・ディープインパクト×テキスタイル(父Grand Lodge)】

  厩舎:宮本博(栗) 馬主:西山茂行 生産者:西山牧場
  
  期待度 C

  未入厩。デビューは年明けか。

 スサーナトウショウ
 【牝・ロックオブジブラルタル×シーイズトウショウ(父サクラバクシンオー)】

  厩舎:鶴留明(栗) 馬主:トウショウ牧場 生産者:トウショウ産業

  期待度 B→C

  2歳新馬(京都芝1600) 5人気 9着
  2歳未勝利(京都ダ1200) 7人気 9着
  2歳未勝利(京都芝1200)10人気 5着

  やっぱ、芝1200でこその血統でしょう。
  めざせ1勝!!

期待していたエアジョイント・イグアスが共に撃沈。
イグアスにいたっては轟沈。
まだデビューはしていないがトーセンレーヴも地雷臭しかしない。
光明を見たミッキーマスカットは骨折。
そういや、昨年の黄菊賞を強い勝ち方をしたPO馬ダノンパッションも
レース後に故障したなぁ。ふふふ・・・・。
どうやら僕に指名された馬が黄菊賞に出走すれば呪いがかかるようだ。

こうなると、デビュー前に大物と言われていたが、
外傷を負い、ここまでずれ込んだマルセリーナに期待したいが・・・。

というか、なんかもう今期は終わった気分です。
ロビンフット雑草根性でクラシックまでがんばれ!!(涙)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 11/27~28 予想回顧

2010-11-28 16:10:06 | 結果
11/27 京阪杯

 結果
    1.スプリングソング
    2.ケイアイアストン
    3.モルトグランデ
    4.スカイノダン
    5.ジェイケイセラヴィ

 予想
    ◎ダッシャーゴーゴー
    ○ジェイケイセラヴィ →5着
    ▲スカイノダン    →4着
    △グランプリエンゼル
    ☆モルトグランデ   →3着
    ×スプリングソング  →1着

 ハズレ。

 回顧

 「寒空に春の歌!!スプリングソング重賞初制覇!!」

 好位組で決まったわけですが、一旦沈みかかったスプリングソングが
 ゴール前でもう1度盛り返したのにはビックリ。

 ダッシャーゴーゴー以下、外を差していった馬は壊滅。
    
11/28 ジャパンカップ

 結果
    1.ローズキングダム
    2.ブエナビスタ
    3.ヴィクトワールピサ
    4.ジャガーメイル
    5.ペルーサ

 予想
    ◎ナカヤマフェスタ
    ○ブエナビスタ    →2着(1着降着)
    ▲エイシンフラッシュ
    △ペルーサ      →5着
    ☆ジャガーメイル   →4着
    ×オウケンブルースリ

 ハズレ。       
    
 回顧

 「まさかの決着で、バラ一族の悲願達成!!」

 直線で馬群の外からブエナビスタが一気に抜け出し、
 内で競り合っていたローズキングダムとヴィクトワールピサを
 交わしてゴール。しかし、内に切り込んだ際にローグキングダムの
 進路を妨害した事により降着。

 まずナカヤマフェスタは毛艶の悪さと発汗でパドックから
 もう無いと思っていました。
 オウケンブルースリもいつも以上に発汗してました。

 で、ブエナビスタですが、まぁ仕方ないかな。
 あからさまにローズキングダムがブレーキをかけていたし、
 あれをお咎め無しとなると、(一応)公平性が完全に失われる。
 ブエナビスタはついていなかったですが、完勝でしょう。

 あとはローズキングダムとヴィクトワールピサ。
 さらにペルーサが掲示板にのっているので、
 やはり今年の3歳馬は強いんだなぁという印象。ダービー馬は・・・。

 ちなみにパドックで1番印象強かったのはジャガーメイル。
 相変わらず外が伸びにくい馬場でしたのでアレが限界かもしれませんね。

11/27 WSJS 結果

 ファンタスティックJT
    1.ボクノタイヨウ   →2番手
    2.ピースオブパワー  →1番手
    3.キタノアラワシ
 
 馬連(8-14) 820円 的中!!

 プロミネントJT
    1.スノークラッシャー →1番手
    2.イチブン      →4番手
    3.タッチミーノット  →8番手
 
 馬連(3-4) 1,020円 的中!!

 エクセレントJT
    1.ケニアブラック   →1番手
    2.ナシュワンヒーロー →7番手
    3.モンテフジサン   →4番手
 
 馬連(2-4) 1,630円 的中!!
  
<今週の総括>

 京阪杯は完敗。正直ケニアブラックとか全く頭に無かった。
 ジャパンカップは降着云々の前に、「海外馬いらん」と書いて、
 日本馬だけの予想で馬券外す自分が怖いッス!!

 あと、3歳馬の指数の出し方に改良を加えた数値は、
 まずまず成功しているようですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 11/28 ジャパンカップ 予想

2010-11-27 20:32:17 | 予想
第30回 ジャパンカップ (東京11R・GⅠ・芝2400m)

  1.ナカヤマフェスタ 155.0
  2.ブエナビスタ 154.6
  3.ペルーサ 153.4
  4.オウケンブルースリ 149.3
  5.ローズキングダム 146.1

  以下3頭:ヴォワライシ、シンゲン、ジャガーメイル

  ◎ : 11 ナカヤマフェスタ
  ○ : 16 ブエナビスタ
  ▲ : 10 エイシンフラッシュ
  △ : 07 ペルーサ
  ☆ : 08 ジャガーメイル
  × : 14 オウケンブルースリ
    
 以上6頭。

 日本勢 VS 海外勢。
 ですが、ブリーダーズCターフ勝馬のデンジャラスミッジ、
 エリザベス女王杯で評判どおり世界の走りを見せたスノーフェアリーが
 そろって回避。一気に海外馬の注目度が下がってしまい、
 今年も日本馬で決着しそうな感じがプンプン。
 海外馬に関しては、週半ばに見解を示したのでソチラで。
 ちなみにロベルト系×ND系の馬は、このレースと相性抜群ですので、
 実はスノーフェアリーは出ていれば好走した可能性大でした。

 本命はナカヤマフェスタ。
 まぁ、正味ナカヤマフェスタとブエナビスタの戦いだと思いますが、
 東京芝2400という面ではナカヤマフェスタが上かと思います。
 このコースは昔からSS系を除いてサッカーボーイがかなり好相性。
 サッカーボーイはハンプトン系ですので、母系にハンプトンの系統を
 もつステイゴールド産駒がこのコースと相性が良いのも頷ける。
 海外からの帰国初戦だけが心配だが、それもステイゴールドの仔なら、
 なんとかこなせるだろうと思います。

 対抗はブエナビスタ。
 前走の天皇賞・秋を見ていれば、まず大敗は考えにくい。
 ただし、スペシャルウィーク産駒はあまり得意でないコースで、
 さらにこの一族にとって、東京芝2400は鬼門に思える。
 牝馬自体のジャパンカップ成績もそれほど良くないので、
 評価落としますが、能力最上位は間違いないのでアッサリもある。

 ダービー馬のエイシンフラッシュ。
 菊花賞は回避したものの、中間は順調のよう。
 その年のダービー馬がジャパンカップに出走した成績は1-1-2-4。
 複勝率5割なので、良いのか悪いのか微妙なところですが、
 今年のキングスベストの勢いには逆らわないほうが良さそう。
 内田騎手もこのコース得意ですので、評価が落ちそうな今回狙い目。
 ちなみに母父はハンプトン系ですので、そちらでも強調できそう。

 あとは、あの末脚を見せられたら買わざるを得ないペルーサ。
 ジャガーメイルは前走のお金返してください。(願) 
 調子戻ってなさげだが、オウケンブルースリは騎手が怖い。
 ビッグレースのルメールは本当に怖い。

 馬連 11・16軸流し

 海外馬はいらないと思うけどなぁ。来ても3着までかと。
 ただ、モアズウェルズが全然人気ないので複勝だけ買います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 11/27 京阪杯 & WSJS 予想

2010-11-26 20:29:37 | 予想
第55回 京阪杯 (京都11R・GⅢ・芝1200m)

  1.ダッシャーゴーゴー 147.9
  2.ジェイケイセラヴィ 143.6
  3.モルトグランデ 138.6
  4.スプリングソング 132.6
  5.エーシンダックマン 132.1

  以下3頭:グランプリエンゼル、スカイノダン、アーバンストリート
 
  ◎ : 13 ダッシャーゴーゴー
  ○ : 12 ジェイケイセラヴィ
  ▲ : 07 スカイノダン
  △ : 14 グランプリエンゼル
  ☆ : 10 モルトグランデ
  × : 05 スプリングソング

 以上6頭。

 なんとも言えないメンバーですが、大荒れという事は無いと思います。
 ダッシャーゴーゴーは乗り代わりですが、京都で行われたCBC賞で、
 2着にもってきているので問題なかろう。
 あまり向いているとは思えない中山で、あそこまで追い込めたのなら、 
 直線平坦の今回凡走するとは思えない。

 ジェイケイセラヴィは前走外枠が響いた。
 京都の江田騎手に不安はあるが、最終追いは栗東で行われ、
 今回も気合が入っている模様。スタートを決めれれば。

 調教抜群スカイノダン。鞍上怖いグランプリエンゼル。
 確実に追い込んでくるモルトグランデ。
 2走ボケなければスプリングソングまで。

 馬連 13・12軸流し

今年はワールドスーパージョッキーシリーズをJC開催週に行われます。
毎年、馬の実力をフルに発揮するジョッキーの競演が行われるので、
まともに予想しても当りません。
ということで、3歳の指数値に改良を加えた指数の備忘録のつもりで
印はつけませんが、順位づけだけしておきます。

馬券は、1番手から馬連流しで。
  
2010 ファンタスティック ジョッキーズトロフィー
(東京9R・1600万下・ダ1600m)

  1.ピースオブパワー 122.6
  2.ボクノタイヨウ 117.6
  3.ナムラカクレイ 112.6
  4.アースリヴィング 111.0
  4.ツバサドリーム 111.0

  以下3頭:スリーサンフレンチ、サインモントルナーレ、シルクイーグル

2010 プロミネント ジョッキーズトロフィー
(東京11R・1600万下・芝2000m)

  1.スノークラッシャー 126.3
  1.カワキタフウジン 126.3
  3.ブラストダッシュ 122.6
  4.イチブン 121.8
  5.シゲルフセルト 118.3

  以下3頭:マッハヴェロシティ、ソウフルヴォイス、タッチミーノット

2010 エクセレント ジョッキーズトロフィー
(東京12R・1000万下・芝1600m)

  1.ケニアブラック 119.0
  1.マイネルエルフ 119.0
  3.ニーマルオトメ 114.8
  4.モンテフジサン 113.4
  5.ガンダーラ 113.3

  以下3頭:ショウナンアクロス、ナシュワンヒーロー、カシマトスロング
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジャパンカップを考える 海外馬編

2010-11-24 18:04:02 | レースデータ
ジョシュアツリー牡3

 父:Montjeu(サドラーズウェルズ×Top Vill)
 母:Madeira Mist(Grand Lodge×Shirley Heights)

 戦績:6戦3勝 カナディアン国際S(GⅠ)1着など

 前走カナディアン国際Sでは中団から競馬を進め、
 直線で早め先頭に立って押し切り勝利。

 カナディアン国際S 目印:7番
 http://www.youtube.com/watch?v=e51besz3Rng

 血統

 父モンジューは言わずと知れた凱旋門賞馬(2着はエルコンドルパサー)。
 そのままジャパンカップに出走して4着。
 母は特に目立った勝ち星は無いが、重賞でもボチボチ活躍。
 モンジュー産駒の東京芝2400は1-0-0-5。サトノコクオーの未勝利。
 日本でのイメージとしては馬場悪化した時の好走例が多いように思う。
 父モンジュー×母父Grand Lodgeはニシノプライスレスと同じ。 

 ノーザンダンサー(3×5×5)

 見解

 欧州色強い血統やレース振りを見ても、
 父が苦労した日本競馬には向かないと思います。
 馬券に絡む可能性は無いと思います。
 
ダンディーノ牡3

 父:Dansili(デインヒル×Kahyasi)
 母:Generous Diana(ジェネラス×Lightning)

 戦績:8戦4勝 ゴードンS(GⅢ)2着など

 ゴードンSは先に抜け出したレベルソルジャーを外から豪快に
 追っていくが、わずかに届かず2着。
 続く英セントレジャーでは見せ場なしの8着。
 この時の4着がスノーフェアリー。

 ゴードンS。 目印:黒帽子
 http://www.youtube.com/watch?v=6lq3HQjfrAI

 英セントレジャー 目印:10番
 http://www.youtube.com/watch?v=Z0NpptKGF6A

 血統

 父ダンシリは安定感はあったが特に目立った勝ち星は無い。
 ただし、兄弟には数多くの活躍馬が出ていています。
 種牡馬としては凱旋門賞でディープをぶっこ抜いたレイルリンク、
 今年のキングジョージを圧勝し来年から日本で汎用されるハービンジャー、
 パリ大賞勝ちのあるザンベジサンなど成功を収めています。
 母父ジェネラスは英ダービー・キングジョージなどを勝ち、
 父としてエリモハリアーを筆頭に日本でもおなじみ。
 種牡馬として距離も万能型というイメージです。
 ただし東京芝2400は、父としても母父としても成績は悪い。 

 ノーザンダンサー(4×5×5)、ニジンスキー(5×4)
 Natalama(5×5)

 見解

 血統の勢いは無視できないが、やや距離に難がありそうに思う。
 ただし脚質・馬場的には向いていそうな感じもするので、
 面白い存在ではある。馬券に絡む可能性は20%ぐらい。
 
ヴォワライシ牡5

 父:DAYLAMI(Doyoun×Miswaki)
 母:Far Hope(Barathea×Green Desert)

 戦績:20戦11勝 ローマ賞(GⅠ)1着など

 参考映像みつからず。

 血統

 父デイラミといえば自身はキングジョージとブリーダーズCターフ。
 弟ダラカニは凱旋門賞を勝つ活躍。
 種牡馬としてのデイラミは流石に日本での走りは少ないので、
 何とも言えませんが、ミルリーフの系統とミスワキですから、
 合わない事はないと思うが、東京芝2400という感じではない。
 母系もマイル志向が強い。

 ノーザンダンサー(4×5)
 Tudor Melody(5×5)

 見解

 レース確認できないのでこの馬自体の能力は分かりづらいが、
 血統だけでは、馬券にはほぼ間違いなく絡まないと思う。
 
フィフティープルーフセ4

 父:Whiskey Wisdom(Wild Again×Load at War)
 母:Phi Beta(Horatius×Majestic Prince)

 戦績:9戦4勝 ノーザンダンサーS(GⅠ)2着など

 ノーザンダンサーSでは逃げ粘るも最後の最後にレッドウッドに
 差されて2着。
 続くカナディアン国際Sでも逃げるが、最後は力尽き5着。

 ノーザンダンサーS 目印:6番
 http://www.youtube.com/watch?v=RVEEaLmOa8E

 カナディアン国際S 目印:9番
 http://www.youtube.com/watch?v=e51besz3Rng

 血統

 父ウィスキーウィズダムはワイルドアゲインの直仔。
 特に目立った勝ち星は無い。母系はマイラー色強い。

 ノーザンダンサー(5×5)
 ナスルーラ(5×5)

 見解

 血統云々の前に、能力が足りないと思われる。
 馬券に絡むことはないはず。
 
シリュスデゼーグルセ4

 父:Even Top(Topanoora×Niniski)
 母:Taille de Guepe(Septieme Ciel×Funamblue)

 戦績:26戦8勝 ドラール賞(GⅡ)1着など

 ドラール賞では2番手から抜け出し危なげなく勝利。
 前走のコンセイユ・ド・パリ賞の映像見つからず。

 ドラール賞 目印:赤白ストライプ
 http://www.youtube.com/watch?v=-kWJFm5liz4

 血統

 父イーヴントップはクラリオン系。
 母系はシアトルスルーのボルードルーラ系。
 ですが、さすがによく分からないです。

 ニジンスキー(4×5)、ノーザンダンサー(5×5)
 Round Table(5×5)

 見解

 血統もレースも資料不足でよく分かりません。
 安定感はあるようだが、今回は無いと思うけどなぁ。
 来たら事故レベルで。

 
ティモス牡5

 父:Sholokhov(サドラーズウェルズ×Lord Gayle)
 母:Triclaria(Surumu×Nebos)

 戦績:13戦4勝 フォワ賞(GⅡ)3着など

 フォワ賞では2番手追走で先頭走るダンカンと競り合いに負け、
 さに外からナカヤマフェスタに交わされ3着。
 凱旋門賞は見せ場無く14着。
 コンセイド・ユ・パリ賞は5着。

 フォワ賞 目印:2番手の馬。
 http://www.youtube.com/watch?v=fxXQoww25F8

 凱旋門賞 目印:外回っている赤い勝負服。
 http://www.youtube.com/watch?v=U3ORpeIGk3k

 血統

 父シャロコフは愛ダービー2着があるも特に目立った成績はなし。
 サドラー系とサーゲイロード系で、なんとも。
 母父ズルムーはドイツ系種牡馬。母母父として日本でも2頭いるが、
 さすがにデータ不足。
 ドイツ系種牡馬は日本と合うというイメージはあるが。

 Forli(5×5)
 ネイティヴダンサー(5×5)

 見解

 単純に能力足りないと思われる。こちらもくれば事故レベル。

 
マリヌス牡4

 父:Numerous(ミスタープロステクター×ニジンスキー)
 母:Marende(Panoramic×Kaldoun)

 戦績:19戦4勝 ドーヴィル大賞(GⅡ)1着など

 ドーヴィル大賞の映像見つからず。この時2着のレッドウッドは、
 カナディアン国際Sで3着。
 凱旋門賞では後方から追い込むも、不利などもあり前との差は縮まらず。

 凱旋門賞 目印:直線まで後方外目にいる2番。
 http://www.youtube.com/watch?v=U3ORpeIGk3k

 血統

 父ニューメラスはミスプロ直仔で、ジェイドロバリーの全弟。
 とはいえ、父・母父ともに成績共に地味。

 配合的にはミスプロ・ニジンスキーに加えて、
 レインボークエスト(レッドゴッド系)、Caro(グレイソヴリン系)。
 日本でもおなじみの血統配合で、配合だけ見ればメンバーの中では1番、
 日本の馬場に合いそうな感じもする。

 見解

 血統・能力診断共に、今回の外国馬では上位。
 ただ父をジェイドロバリーに置き換えると、芝2400はどうかな?
 それでも凱旋門賞をこなせているので大丈夫だとは思うが。
 馬券の端には加えておきたいレベル。 

モアズウェルズ牡6

 父:Sadler's Wells(ノーザンダンサー×Bold Reson)
 母:Endorsement(ウォーニング×Shirley Heights)

 戦績:33戦7勝勝 カナディアン国際S(GⅠ)2着など

 カナディアン国際Sでは直線ゴチャつく場面もあったが、
 後方から良く追い込み2着。

 カナディアン国際S 目印:3番
 http://www.youtube.com/watch?v=e51besz3Rng

 血統

 父サドラーズウェルズは言わずと知れた大種牡馬。
 日本でもオペラハウスを筆頭にお馴染みですので、もう良いでしょう。
 母父ウォーニングもカルストンライトオなどで日本でもおなじみ。
 母母父シャーリーハイツもおなじみですね。

 血統だけみれば、今の時代にこのクラスの血統馬がいて、
 来日するなんて凄いな。好走すれば日本に購入かも。(笑)

 ヘイルトゥリーズン(4×5)

 見解

 母父ウォーニングは短距離志向が強いですが、
 他の血でスタミナ面を補完している感じです。
 おそらく能力足りていないと思うが、
 血の底力と、展開利があれば。大穴で。


結論としては基本的に全馬軽視で、どうしてもと言うなら、
ダンディーノ、マリヌスとモアズウェルズだけを
抑えておけばOKかと。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 11/24 浦和記念 結果

2010-11-24 17:40:00 | 結果
11/24 浦和記念

 結果
    1.スマートファルコン
    2.ボランタス
    3.ディアーウィッシュ
    4.ブルーラッド
    5.ドリームトレジャー

 予想
    ◎スマートファルコン →1着
    ○ロールオブザダイス
    ▲ブルーラッド    →4着
    △ボランタス     →2着
    ☆ディアーウィッシュ →3着

 3連複(5-6-7) 1,800円 的中!!

 回顧

 昨年のような潰し合いも無く、
 ゆったりした流れでスマートファルコンの楽勝。
 こんだけ楽で4,000万ゲットだもんな。
 そりゃ、誰から何を言われようが、夢よりも金ですワナ。
 馬券取らしてもらっといてなんですが。
 他馬が情けないのもあるけどね。

 馬券はスマートファルコンが絡めばガミ確実と思って、
 諦めていたんですが、予想外についてくれてプラスでした。

 まぁ、ドリームトレジャーがスタートで
 豪快に躓いてくれのが、かなり大きいですが。(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 11/24 浦和記念 予想

2010-11-23 21:57:34 | 予想
第31回 浦和記念 (浦和10R・JpnⅡ・ダ2000m)

  ◎ : 06 スマートファルコン
  ○ : 08 ロールオブザダイス
  ▲ : 04 ブルーラッド
  △ : 05 ボランタス
  ☆ : 07 ディアーウィッシュ

 以上5頭。

 交流重賞の10頭立てで5頭予想はちょっとなんですが、
 この5頭で決まるのはまず間違いないかと。

 前走JBCクラシックで初のJpnⅠ制覇となったスマートファルコン。
 正直なぜココに出てくるのか全く理解できないが、
 このメンバーで負けるはずがない。
 昨年はメンバーレベル高かったうえに、展開が向かず惨敗。
 しかし、今年はメンバーレベルも低い上に、昨年のような事には
 なりそうもない。
 と思いますが、前走がかなり鮮やかな勝ち方で、メンバー楽とはいえ、
 今回もそんな競馬が出来るか、ちょっと疑問。
 ということで、馬券はBOXでいこうと思います。

 3連複 BOX
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2010年度新種牡馬成績 ②

2010-11-23 00:36:44 | 競馬雑記
今月が終わると今期POGも半分が過ぎようとしています。
前回の新種牡馬成績から日もたちましたし、
それぞれの種牡馬がどう変わったか見ていこう。

ディープインパクト
通算:30-21-16-47 連対率 45% 連複率 59%

 <クラス>
 新 馬:19-12-6-21 連対率 53% 連複率 64%
 未勝利:10-5-6-16 連対率 41% 連複率 57%
 500万:1-2-2-3 連対率 38% 連複率 63%
 OP:0-1-1-2 連対率 25% 連複率 50%
 重賞:0-1-1-5 連対率 14% 連複率 29%

 単回収率:68% 複回収率:82%

 <場所>
 札幌 3-2-2-3 函館 0-1-0-5 福島 2-1-1-1
 新潟 1-2-1-6 東京 7-3-4-11 中山 1-1-1-0
 京都 12-9-2-17 阪神 2-2-3-3 小倉 2-0-2-1

 <距離>
 1200:2-2-0-4 1400:3-2-1-8 1500:1-0-2-3
 1600:9-6-4-11 1700:0-1-0-1 1800:13-9-6-19 2000:2-1-3-1

 <馬場>
 芝 良:28-17-15-40 やや重:0-1-1-1 重:1-1-0-1 不良:0-0-0-1
 ダ 良:1-2-0-2 やや重:0-0-0-1 重:0-0-0-0 不良:0-0-0-1
 

ハーツクライ
通算:14-13-11-42 連対率 34% 連複率 48%

 <クラス>
 新 馬:8-7-5-16 連対率 42% 連複率 56%
 未勝利:4-4-5-14 連対率 30% 連複率 48%
 500万:0-0-0-5 連対率 0% 連複率 0%
 OP:2-1-0-3 連対率 50% 連複率 50%
 重賞:0-1-1-4 連対率 17% 連複率 33%

 単回収率:91% 複回収率:89%

 <場所>
 札幌 2-1-0-1 函館 0-1-1-1 福島 0-0-1-0
 新潟 1-0-1-4 東京 0-3-2-12 中山 2-2-0-3
 京都 1-2-5-18 阪神 4-2-0-2 小倉 4-2-1-1

 <距離>
 1000:1-0-1-0 1200:3-2-1-4 1400:1-2-0-10 1500:1-1-0-1
 1600:1-3-3-13 1800:6-4-4-11 2000:1-1-2-3

 <馬場>
 芝 良:13-12-9-36 やや重:0-1-0-0 重:1-0-2-3 不良:0-0-0-1
 ダ 良:0-0-0-2 やや重:0-0-0-0 重:0-0-0-0 不良:0-0-0-0

リンカーン
通算:2-7-6-90 連対率 9% 連複率 14%

 <クラス>
 新 馬:0-0-0-40 連対率 0% 連複率 0%
 未勝利:2-7-6-48 連対率 14% 連複率 24%
 500万:0-0-0-1 連対率 0% 連複率 0%
 OP:0-0-0-1 連対率 0% 連複率 0%

 単回収率:74% 複回収率:45%

 <場所>
 札幌 0-0-0-4 函館 0-0-0-2 福島 1-1-0-7
 新潟 0-2-2-6 東京 0-3-0-18 中山 1-1-0-9
 京都 0-0-3-22 阪神 0-0-1-8 小倉 0-0-0-14

 <距離>
 1000:0-0-0-1 1200:0-1-3-30 1400:0-2-1-15 1500:0-0-0-1
 1600:1-1-0-16 1700:1-0-0-4 1800:0-1-2-19 2000:0-2-0-3

 <馬場>
 芝 良:0-5-5-62 やや重:1-1-0-1 重:0-1-0-4 不良:0-0-0-1
 ダ 良:1-0-1-15 やや重:0-0-0-2 重:0-0-0-1 不良:0-0-0-4

アドマイヤジャパン
通算:5-1-3-59 連対率 9% 連複率 13%

 <クラス>
 新 馬:2-0-1-24 連対率 7% 連複率 11%
 未勝利:3-1-2-32 連対率 11% 連複率 16%
 500万:0-0-0-1 連対率 0% 連複率 0%
 OP:0-0-0-1 連対率 0% 連複率 0%
 重賞:0-0-0-1 連対率 0% 連複率 0%

 単回収率:246% 複回収率:158%

 <場所>
 札幌 0-0-0-9 函館 0-0-0-4 福島 1-0-1-9
 新潟 1-0-1-7 東京 2-0-1-10 中山 1-1-0-3
 京都 0-0-0-7 阪神 0-0-0-6 小倉 0-0-0-4

 <距離>
 1000:1-0-0-1 1200:1-0-0-20 1400:1-0-0-14 1500:0-0-0-3
 1600:2-0-1-8 1800:0-1-2-12 2000:0-0-0-1

 <馬場>
 芝 良:3-0-2-48 やや重:0-0-0-1 重:0-0-1-5 不良:1-0-0-0
 ダ 良:0-1-0-5 やや重:1-0-0-1 重:0-0-0-1 不良:0-0-0-0
 
ソングオブウインド
通算:5-4-2-32 連対率 21% 連複率 26%

 <クラス>
 新 馬:2-0-1-10 連対率 15% 連複率 23%
 未勝利:2-4-1-18 連対率 24% 連複率 28%
 500万:1-0-0-1 連対率 50% 連複率 50%
 OP:0-0-0-1 連対率 0% 連複率 0%
 重賞:0-0-0-2 連対率 0% 連複率 0%

 単回収率:117% 複回収率:79%

 <場所>
 札幌 0-0-0-2 函館 0-0-0-1 福島 1-0-1-3
 新潟 1-2-0-1 東京 2-0-0-6 中山 1-0-0-1
 京都 0-1-1-5 阪神 0-0-0-4 小倉 0-1-0-9

 <距離>
 1200:2-1-1-14 1300:0-0-0-1 1400:2-1-0-2
 1600:1-1-0-8 1700:0-0-0-1 1800:0-1-1-6

 <馬場>
 芝 良:5-3-1-25 やや重:0-0-0-0 重:0-0-0-1 不良:0-0-0-0
 ダ 良:0-1-1-6 やや重:0-0-0-0 重:0-0-0-0 不良:0-0-0-0

スニッツェル
通算:6-5-7-24 連対率 26% 連複率 43%

 <クラス>
 新 馬:1-3-3-6 連対率 31% 連複率 54%
 未勝利:3-2-2-11 連対率 28% 連複率 39%
 500万:2-0-0-2 連対率 50% 連複率 50%
 OP:0-0-1-2 連対率 0% 連複率 33%
 重賞:0-0-1-3 連対率 0% 連複率 25%

 単回収率:192% 複回収率:96%

 <場所>
 札幌 2-1-1-5 函館 1-0-3-2 福島 1-1-0-4
 新潟 0-0-0-3 東京 0-2-1-2 中山 0-0-0-0
 京都 1-0-1-5 阪神 1-1-0-1 小倉 0-0-1-2

 <距離>
 1000:1-0-1-0 1200:3-3-5-16 1400:1-0-1-5
 1600:0-2-0-2 1700:0-0-0-1 1800:1-0-0-0

 <馬場>
 芝 良:6-3-6-14 やや重:0-0-0-1 重:0-0-0-2 不良:0-0-0-0
 ダ 良:0-2-1-7 やや重:0-0-0-0 重:0-0-0-0 不良:0-0-0-0

オンファイア
通算:5-3-7-46 連対率 13% 連複率 24%

 <クラス>
 新 馬:3-0-3-20 連対率 12% 連複率 23%
 未勝利:1-2-3-24 連対率 10% 連複率 20%
 500万:0-0-1-2 連対率 0% 連複率 0%
 OP:1-0-0-0 連対率 100% 連複率 100%
 重賞:0-1-0-0 連対率 100% 連複率 100%

 単回収率:251% 複回収率:132%

 <場所>
 札幌 0-0-1-3 函館 0-0-0-0 福島 0-0-1-7
 新潟 0-0-0-7 東京 1-0-1-11 中山 0-1-1-3
 京都 1-0-2-10 阪神 1-0-1-2 小倉 2-2-0-3

 <距離>
 1150:0-0-0-1 1200:3-3-2-16 1400:2-0-2-9
 1600:0-0-3-11 1700:0-0-0-1 1800:0-0-0-8

 <馬場>
 芝 良:4-3-6-29 やや重:0-0-0-2 重:0-0-1-3 不良:0-0-0-0
 ダ 良:1-0-0-9 やや重:0-0-0-1 重:0-0-0-2 不良:0-0-0-0

※前回より、勝ち星がほとんど変わらないスズカマンボは消しました。

出だしはハーツクライ産駒に負けていたディープインパクト産駒ですが、
やはり主力級が出てくると、あっさり逆転しました。
特に新馬戦の成績が異常に高いことが分かります。
ただ逆に言えば、クラスが上がるとあまり成績が上がってこないのは、
これから注目して行きたいところ。
それ以外は文句のつけ所のない成績。

ハーツクライ産駒は一時の勢いはなくなっているとはいえ、
それでも新種牡馬成績としては成功している。
どちからといえば、速攻型より成長型でしょうから、
これからの巻き返しに期待したいところ。

あとは、アドマイヤジャパン産駒とオンファイア産駒の
相変わらずの回収率。(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 11/20~21 予想回顧

2010-11-21 19:51:42 | 結果
11/20 福島記念

 結果
    1.ダンスインザモア
    2.ディアトゥレーサ
    3.トウショウシロッコ
    4.メイショウクオリア
    5.ミステリアスライト

 予想
    ◎ミステリアスライト →5着
    ○アルコセニョーラ
    ▲イケトップガン
    △サニーサンデー
    ☆トウショウシロッコ →3着
    ×ナムラクレセント

 ハズレ。

 回顧

 「ダンスインザモア、5年振りの金星!!」

 外差し競馬で先行馬総崩れ。

 いや、まいった。
 指数6番手だったとはいえ、ダンスインザモアが勝つとは。
 直線入るまで最後方の競馬だったが、前が崩れる展開にも助けられ、
 大外一気。勝ち星としては'07年のニューイヤーS以来。
 重賞勝ちとしては'05年のスプリングS以来。
 皐月賞ではディープへの穴人気していた馬が、ここに来て重賞制覇。
 本当に頭が下がる思いです。
 逆に他馬のレベルはかなり低いように思えた1戦でした。
 ミステリアスライトは先行馬の中では粘ったほうだが。
    
11/20 東京スポーツ杯2歳S

 結果
    1.サダムパテック
    2.リフトザウイングス
    3.フェイトフルウォー
    4.マイネルラクリマ
    5.ダコール

 予想
    ◎サダムパテック  →1着
    ○イイデタイガー  
    ▲ビップセレブアイ
    △マイネルラクリマ →4着
    ☆トーセンケイトゥー
    ×マイネルギブソン
    ×セイカプリコーン

 ハズレ。       
    
 回顧

 「出遅れもなんのその。サダムパテック重賞制覇!!」

 ビップセレブアイとショウナンカライス2頭が引っ張って、
 しまったレースになり、直線で大外一気をみせたサダムパテックが
 圧勝でゴールイン。

 基本的に外差し競馬になりましたが、勝馬以外はあまり見所なし。

 イイデタイガーは予後不良。期待していただけに残念です。

11/21 マイルCS

 結果
    1.エーシンフォワード
    2.ダノンヨーヨー
    3.ゴールスキー
    4.サプレザ
    5.ライブコンサート

 予想
    ◎テイエムオーロラ 
    ○ダノンヨーヨー  →2着
    ▲スマイルジャック
    △ワイルドラスベリー
    ☆サプレザ      →4着
    ×ライブコンサート  →5着
 
 ハズレ。
   
 回顧

 「内からグイッとエーシンフォワードGⅠ制覇!!」

 ジョーカプチーノが飛ばしたうえに先行馬もそれについていって、
 ハイペースな展開。直線で先週のスノーフェアリーの再現VTRを
 見るかのように内からエーシンフォワードが抜け出してゴール。
 中団待機組で外に回した馬がそれに続き、先行馬はさすがに失速。
 ただし後方組は間に合わず。

 エーシンフォワードは全く頭に無かったので、予想完敗です。

 本命テイエムアンコールはパドックから異常にテンション高く、
 発汗もしていたので、この時点でダメだなとは思いましたが、
 展開もあるが、案の定見せ場すら作ること無かったです。

 スマイルジャックは先行策。脚質不問なだけに悪くは無いが、
 いつものように差しに徹していればどうだっただろうか。

<今週の総括>

 マイルCSのゴールスキーにしても、福島記念のディアトゥレーサも、
 指数はどうしても3歳馬に厳しく出てしまいノーマークになってしまう。
 3歳の指数の出し方を変える必要がありそうだ。 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 11/21 マイルCS 予想

2010-11-20 21:46:17 | 予想
第27回 マイルチャンピオンシップ (京都11R・GⅠ・芝1600m)

  1.サプレザ 149.0
  2.キンシャサノキセキ 147.5
  3.ダノンヨーヨー 141.6
  4.スマイルジャック 133.0
  5.テイエムオーロラ 129.3

  以下3頭:トゥザグローリー、ライブコンサート、ショウワモダン
 
  ◎ : 05 テイエムオーロラ
  ○ : 08 ダノンヨーヨー
  ▲ : 17 スマイルジャック
  △ : 02 ワイルドラズベリー
  ☆ : 16 サプレザ
  × : 03 ライブコンサート

 以上6頭。

 マイル王決定戦。
 人気3頭が上位指数で抜けている。
 となると、この3頭だけの馬券で良いような気もするが、
 それだとつまんないので、ちょい捻ってみました。

 本命はテイエムオーロラ。
 相手はかなり強化されるが、この勢いは無視できない。
 マンハッタンカフェ産駒はこのコースと相性が良い上に、
 今の京都馬場は若干パワーも必要なので、母父トニービンも
 プラスに働くはず。加えて国分恭介騎手自体も、コース相性良し。
 できれば馬体重増で出てきてもらいたいが、大幅に減っていなければ。

 対抗はダノンヨーヨー。
 4連勝で重賞制覇した本馬。停滞続く短~マイル路線に新風を
 吹き込む事が出来るかの1戦になりそう。
 前走は前が残る展開を、唯一豪快に差し切ったので、
 展開が向きそうな今回も当然勝ち負けできるとは思う。
 鞍上スミヨンですし、まぁ切る必要性も無い。

 スマイルジャックは昨年のマイルCSで詰まりまくりで競馬にならず。
 それでも0.4秒差の6着に入っているのだから、うまく捌けていれば、
 カンパニーに逆転までは行かないまでも2~3着にはこれただろう。
 見せ場なしの前回はともかく、歯がゆい競馬が続き勝ちきれませんが、
 昨年と同じぐらいの状態なら、今回のメンバーなら上位にこれるだろう。
 「あぁ、これで三浦くんも結婚かぁ」と思っていたら、今日の落馬事故。
 結婚はまだ早いということなんでしょう。
 今回有力馬だったスーパーホーネットが故障引退して、
 乗り馬がいなくなった川田騎手に乗り変わり。
 スーパーホーネットといえば、引退で落ち込んでいた矢作厩舎が
 先週の土日重賞制覇。流れはスマイルジャックに来ていると思われる。

 以下、ワイルドラズベリー・サプレザ・ライブコンサートとしました。

 今の京都馬場は、前述したようにパワーも必要。
 1600以下に良績がある馬よりも、1600以上に良績がある馬に印つけました。
 ということで、キンシャサノキセキは無印で。

 馬連 BOX 単勝 5・2
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする