デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年もありがとうございました。

2007-12-30 17:05:14 | Weblog
本日が今年最後の更新となります。

本来なら年間収支を発表したいところですが、鬼凹みそうなので割愛します。(汗)

ということで、11月から始めた『1Rに賭けろ』の収支結果のみを発表。


 予想回数 12回  的中   6回

  支出  21,100円

  払戻  26,730円

  差引   5,630円


おぉ!!第3回以降ハズシまくったのでヤバイかなと思ったが、意外にもプラスではないですか!!

来年以降、もっと精度を上げてこの企画を続けて行きたいと思います。


今年1年、つたない予想を見ていただきありがとうございました。

来年もこのペースで予想ができたらなぁとは思っていますので、よかったらまた見に来てください。 


それでは皆さん、良いお年を!!
  
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

久しぶりに

2007-12-29 22:13:14 | Weblog
ウインズ行ったついでに、久しぶりに映画を見てきました。


『エイリアンズvsプレデター2』

基本的にSFアクション・ホラーは好きな分野だし、プレデターはめちゃんこ好き。

前作は、マズマズ良かった。

んで、今回は前作のラストシーンから始まる。つまり前作でプレデターに寄生したエイリアンであるプレデリアンが

誕生したシーンから始まるわけです。んで、そのプレデリアンが船内で他のプレデターを虐殺して地球へ・・・。

その事実を知った本国のプレデターが、エイリアン共を狩るのと証拠隠滅のために地球へやってきて、

なにも知らない人類がこの戦いに巻き込まれるという話。

で、感想だが、


暗くて見分けつきにくい。


そして、


プレデリアンは99%エイリアンで1%プレデター!!


もう基本エイリアンです。(繁殖能力はエイリアンより鬼グロイですが。)


もっとプレデターの知性を有して墜落した船内から武器やらを使用するのかと思ったが、

攻撃は肉弾戦と尻尾と第2の口。普通のエイリアンやん。さらに期待した知性もほとんど上がらず。

プレデターは証拠隠滅作業を黙々とする涙ぐましい清掃員になっていたし・・・。

まぁ、今回のプレデターの設定がそういう証拠隠滅専門員なので仕方ないが。(数が多すぎて途中で放棄しましたが。)

人間側のキャラ設定も中途半端で、あれなら設定必要なかったような。海兵弱すぎだろ・・・。

それにプレとデリの決着がまだついていないのにソレは無いだろ。尺がなかったのか?

んで、最後にはまたも伏線が・・・。いや、でも最後に『ユタニさん』が出てきた。

前作で『(ビショップ・)ウェイランド』。今回『ユタニ』ということで、『ウェイランド=ユタニ社』が完成。

つまり、このまま『エイリアン1』へと話は流れていくのか?

ただ、『3』があったとしても映画館に行くことはないだろう。(見ることは見るが。)



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12/29 東京大賞典 結果

2007-12-29 17:09:18 | 結果
12/29 東京大賞典

 結果
    1.ヴァーミリアン
    2.フリオーソ
    3.メイショウトウコン
    4.ルースリンド
    5.ブルーコンコルド

 予想
    ◎ヴァーミリアン   →1着
    ○フリオーソ     →2着    
    ▲メイショウトウコン →3着  
    △ブルーコンコルド  →5着 
    △シーキングザダイヤ
        
 馬連420円、馬単590円、3連複1,010円、3連単2,290円 的中!!

     
 回顧

   「ヴァーミリアン、秋のダート王道完全制覇!!」

   グチョグチョの不良馬場の中をヴァーミリアンの強さだけが光ったレースでした。

   シーキングザダイヤがハナを切り、好位追走したフリオーソが早め仕掛けで先頭に出るも、

   外からヴァーミリアンが一気に交わして圧勝。3着はいつもの通り後方待機していたメイショウトウコン。

   これでヴァーミリアンはJBCクラシック・ジャパンカップダート・東京大賞典と秋のダート中距離GⅠ完全制覇。

   これは史上初の快挙。来年のドバイに向けてこれ以上無い形で向かうことが出来る。

   今年の年度代表馬は芝路線に目立った馬いないんで、ヴァーミリアンで良いんじゃね?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12/29 東京大賞典 予想

2007-12-28 16:08:58 | 予想
第53回 東京大賞典 (大井10R・JpnⅠ・ダ2000m・交流)

 いよいよ今年最後の予想です。

 暮れのダート王決定戦。今年はジャパンカップダートを制したヴァーミリアンも参戦ということで、

 一部を除き、なかなかハイレベルなメンバー構成。ただ、デルタブルースが本当に出走してくるとは・・・。

 簡単にデータ紹介。(過去5年)

  ・ミスプロ系がよく来る。
  ・前走ジャパンカップダート組が15頭中10頭。
  ・2走前までの成績で4着以内の馬が好走。
  ・1年以内重賞成績(地方含む)連対必須。(15頭中14頭)
  ・過去の大井での出走経験組は、東京大賞典・帝王賞・JBCクラシック・ジャパンダートダービー入着経験必須。(該当馬11頭全て経験済み)
  ・1番人気はイマイチ不振。
  ・枠の差はあまり無いが、真ん中枠の成績は若干悪い。
  ・騎手は武豊・内田博・横山典騎手が中心。特に横山典騎手は5年連続入着中。
  ・歳は4歳が中心。ただ、他の年代も差は無い。
  ・栗東馬強し。


 と、いった所。では印を・・・。

 
  ◎ : 13 ヴァーミリアン
  ○ : 11 フリオーソ
  ▲ : 03 メイショウトウコン
  △ : 02 ブルーコンコルド
  △ : 07 シーキングザダイヤ
    

 以上5頭で。

 本命はヴァーミリアン。昨年のジャパンカップダートから本格化し始め、ついに今年開花した今年度のダート王。

 上で挙げたデータ全てに該当して、不動の本命に。メイショウサムソンをぶっ飛ばした武豊騎手は汚名返上となるか。

 ただ、道悪・その年のJCD覇者・武豊ということでタイムパラドックス(4着)と被るのは気になる。

 対抗はフリオーソ。ジャパンカップダートでも印をつけたが思いのほか通用しなかった。

 ただ、中央馬場が合わなかった可能性もあるので地元に戻る今回、もう一度期待したい。

 土曜は雨模様なので、不良馬場で圧勝したジャパンダートダービーの再現なるか?

 南関東初参戦メイショウトウコンは馬場が合うかがカギ。先行馬が多いだけに嵌れば逆転も?

 明らかに距離適正が短くなってきているブルーコンコルドも、地方重賞では侮りがたし。

 シーキングザダイヤかルースリンドで悩んだが、大井実績の観点からシーキングザダイヤにします。

 前走浦和記念ではハナに立ちペースを作り、一旦は抜かれるもそこから盛り返して差しきり勝利。

 ルースリンド(2着)はダイヤをピッタリマークしていたにもかかわらず、抜けなかったのは力の差。

 これで引退が決まっているらしいが、最後に悲願のゴールドメダルを手にする可能性は・・・。

 買い目 3連単:13→11⇔3・2・7 3連複:13軸フォーメーション 計12点

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

テイエムドラゴン引退

2007-12-26 23:38:45 | Weblog
'05年の中山大障害覇者テイエムドラゴン(牡5)が引退するそうです。

先日行われた中山大障害のレース中に脚元に故障が発生。

様子を見られていましたが、屈腱炎を再発し引退を決意したそうです。今後は乗馬になる予定。


非常に残念です。障害馬だけにもっと長く活躍できただろうし、能力は飛びぬけていて、

もし故障がなければ、グランドマーチスに並ぶ歴史に残る最強障害馬になれただろうに。

障害馬だから種牡馬にはなることもないので乗馬となりますが、少しでも長生きしてもらいたいです。


テイエムドラゴン 【父:アドマイヤベガ 母:ヤエシラオキ(父マルゼンスキー)】

 平場では未勝利3着を最高に勝利できず障害に転向。障害初戦を楽勝。

 2戦目の京都HJに出走。前走で阪神JSを勝ったアズマビヨンドに圧勝して重賞初勝利。

 3戦目で障害最高レース中山大障害で前年度2着馬メジロオーモンドやテレジャニック、

 メルシーエイタイムの争いを横目に、9馬身差の圧勝劇。3歳での中山大障害制覇は37年ぶり2頭目の快挙。

 奇しくも同年、平場レースでも21年ぶり2頭目の無敗の3冠馬が誕生していた。

 この年、芝のディープインパクト、ダートのカネヒキリ、障害のテイエムドラゴンとそれぞれの路線で怪物3歳馬が誕生した。

 年明け初戦春麗JSでは鼻出血のため4着に敗れるも、続く阪神スプリングJでは粘るアズマビヨンドを交わし完勝。

 春の障害王決定戦中山GJで同レース連覇を狙うオーストラリアのカラジと対戦。

 -22kgという馬体減ながら、壮絶なマッチレースの末クビ差の2着と健闘した。

 競争後骨折が判明。回復後、復帰を目指し調整されたが屈腱炎を発症し長期休養に。

 1年7ヶ月の休養明け初戦、プラス46kgという馬体重で出走した京都HJで

 ジャンプ重賞5勝して波に乗るコウエイトライに、3馬身差つけて快勝。

 続く中山大障害では最初の飛越からバランスを崩すなど本来の姿をみせることなく4着に破れる。

 脚部不安からこのレースを最後に引退が発表された。

 障害通算成績:5-1-0-2(重賞4勝)


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12/22~12/23 予想回顧

2007-12-23 23:05:10 | 結果
12/23 有馬記念

 結果
    1.マツリダゴッホ
    2.ダイワスカーレット
    3.ダイワメジャー
    4.ロックドゥカンブ
    5.ポップロック

 予想
    ◎メイショウサムソン
    ○ポップロック    →5着    
    ▲ロックドゥカンブ  →4着   
    △マツリダゴッホ   →1着 
    夢ドリームパスポート
        
 ハズレ・・・。

     
 回顧

   「ビックリ!!中山の鬼マツリダゴッホが制す!!」

   マツリダゴッホの好走は想定内だったが、ダイワ兄妹が来るとはなぁ。

   あれだけスローだとダイワペースになってしまうからなぁ。

   まさかサムソンがウオッカの後ろにいるとはなぁ。

   レゴラスにも負けるとはなぁ。

   これで、SS産駒が4連覇。そして7年連続3着はSS系産駒。SSの血いまだ衰えず!!


12/22 ラジオNIKKEI杯2歳S

 結果
    1.サブジェクト
    2.サダムイダテン
    3.メイショウクオリア
    4.イイデシンゲン
    4.マイネルファルケ

 予想
    ◎ランチボックス
    ○フローテーション
    ▲サダムイダテン   →2着  
    △サブジェクト    →1着
    △ダノンイサオ
    △マイネルファルケ  →5着
    
                
 (ヒモだけど)馬連1,630円 的中!!

     
 回顧

   「サブジェクト、GⅠの借りを返していざクラシックへ!!」

   サブジェクトの先行抜け出しを図ったペリエ騎手の好騎乗。

   ただ、サダムイダテンの猛追は目立ったのでこの2頭は要注目。

   
12/22 中山大障害

 結果
    1.メルシーエイタイム
    2.キングジョイ
    3.マルカラスカル
    4.テイエムドラゴン
    5.メジロハスラー

 予想
    ◎テイエムドラゴン   →4着
    ○マルカラスカル    →3着
    ▲メルシーエイテイム  →1着
    △マイネルオーパー 
    
                
 ハズレ・・・。

     
 回顧

   「メルシーエイタム、悲願のJ・GⅠ制覇」

   これはショックでしたね。

   最初の飛越からテイエムドラゴンのバランスが崩れていたので嫌な感じはしたが、

   ずぅっと飛越のたびにバランスを崩すドラゴンを見て、馬券よりも転倒しないか心配でした。

   結局最後まで完走できたが、すぐに白浜Jが下馬したように脚痛めたようです。

   骨瘤情報を軽視したのは陣営も私も失敗だった。


企画の結果
   
『第11回 1Rに賭けろ』 (12/22 阪神1R・未勝利・ダ1400)

 結果
    1.ハーバークイーン
    2.マイヴィーナス
    3.キンショーオトヒメ
    4.メイショウセラヴィ
    5.エイトシード

 予想
    ◎プロヴィナージュ  →取消
    ○ニシノクニカラ
    ▲メイショウセラヴィ →4着
    △キンショーオトヒメ →3着
    △ユキノハナボタン
    △マイヴィーナス   →1着
            
  ハズレ。


     
 買い目結果(予想時の買い目10%を100円で換算)

  返還金:1200円
 
  収入:1200円-支出:1,200円=0円

  ナイス取消!!


『第12回 1Rに賭けろ』 (12/23 阪神1R・未勝利・ダ1400)

 結果
    1.トシナギサ
    2.メイショウアサガオ
    3.ライフチェンジ
    4.アスタープレザント
    5.ヤッパリヨカッタ

 予想
    ◎ライフチェンジ   →3着
    ○テイエムハヤテオー
    ▲メイショウアサガオ →2着
    △ヒシビクトリア
    △トシナギサ     →1着
    △エーシンバウロー
            
  馬連1000円、3連複870円 的中!!


     
 買い目結果(予想時の買い目10%を100円で換算)

  3連複:8.7倍×100円=870円
 
  収入:870円-支出:1,500円=-630円

  もうちょっと粘ってくれれば・・・。
     
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12/23 有馬記念 予想

2007-12-22 19:06:35 | 予想
第52回 有馬記念 (中山9R・GⅠ・芝2500m)

 さて、今年最後の中央レース。(予想の最後は東京大賞典です。)

 今週データをいくつか出しましたが、結局3歳牝馬をどうするかということにつきますね。

 密かに狙っていたフサイチパンドラが回避となり、その分の資金を本線に突っ込めるのはありがたい。

 んじゃ、予想を。

 
  ◎ : 01 メイショウサムソン
  ○ : 06 ポップロック
  ▲ : 08 ロックドゥカンブ
  △ : 03 マツリダゴッホ
  夢 : 02 ドリームパスポート
    

 以上5頭で。

 本命はメイショウサムソン。距離・中山コース・展開と、かなり信頼性が高い。

 前走は大外を回るロスでマンマと逃げ切られたが、この馬としては良い追い込みを見せた事により自在性が高まった。

 最内枠だけに明日の雨が心配だったが、それほど振ることは無いようなのでロスなく回れる1枠は有利。

 問題はペリエ・キネーンと世界のトップジョッキーが完全マークするということか。

 宝塚のムーンのようにマークされると逆転される可能性有り。

 対抗はポップロック。秋4戦目の疲れは気になるが、中長距離での安定感は群を抜いている。

 今日サブジェクトで勝った勢いで有馬男ペリエが、頂点に立つのも難しくない。

 弱い3歳牡馬代表もロックドゥカンブはなんだかんだで菊花賞3着。菊花賞は距離が長い分もあったので仕方ないが、

 ジャパンカップをパスして早くからこのレースに向けて調整したのは好感が持てる。

 遅生まれであるので53kgという斤量も有利であるし、「アイルランドの岡部幸雄」キネーンを

 鞍上に迎えたのも大幅プラス要因。勝利するかは微妙だが、かなり好走する可能性は高い。

 以下に中山だと別馬マツリダゴッホ。そして、中山+高田騎手+1枠2番は皐月賞と同じドリームパスポートまで。

 買い目 3連単:1⇔6→8・3・2 6点。

 そして有馬なので夢馬券を買います。題して「なんだかんだで4歳馬券!!」 1→2→3 1点。


第12回 『1Rに賭けろ』

第11回は思わぬ形で回収できましたね。(苦笑)

家に帰ってきて結果を見たらハズレていたので、凹んでいたら軸馬が取り消しになって全額返金されていました。

んじゃ、今年最後の1Rに賭けろ!!

12/23 阪神1R 未勝利戦 ダ1400

 ◎ : 13 ライフチェンジ
 ○ : 03 テイエムハヤテオー
 ▲ : 07 メイショウアサガオ
 △ : 01 ヒシビクトリア
 △ : 04 トシナギサ
 △ : 14 エーシンバウロー

 買う馬はこの6頭。 (自信度:★★★☆☆)

 3連複 13-3-7(20%)、13-3-1・4・14(10%)、13-7-1・4・14(10%)

 馬連 13-3・7(20%)、13-1・4・14(10%)


 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12/22 ラジオNIKKEI杯2歳S & 中山大障害 予想

2007-12-21 18:46:54 | 予想
第24回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス (阪神11R・GⅢ・芝2000m)

 クラシックに向けて、近年では朝日杯FSより重要視される2歳重賞。

 ただ今年はそれほど能力の抜けた馬は存在しないように思える。

  
  ◎ : 07 ランチボックス
  ○ : 09 フローテーション
  ▲ : 13 サダムイダテン
  △ : 02 サブジェクト
  △ : 05 ダノンイサオ
  △ : 06 マイネルファルケ
  

 以上6頭で。

 この6頭に差は無いと思うが、本命は安定感からランチボックスで。中1週だが今週の追い切りの動きは良かった。

 能力的には他馬のほうが上位だと思うが、ここはその先行力に賭けてみる。

 目下2連勝中のフローテーションを対抗に。大外微妙だが追い切りの動きが軽やかだったサダムイダテン、

 こちらも動き抜群マイネルファルケ、末脚炸裂するならメンバートップのサブジェクト、

 ランチボックスを前走の京都2歳Sで相手にしなかったダノンイサオまで。

 本当は実績上位のオリエンタルロックも買いたいところだが、今週の追い切り最悪だったので切りで。

 買い目は7軸の3連複10点。


第130回 中山大障害 (中山10R・JpnⅠ・障4100m)

 さて、暮れの障害王者決定戦。

 今年は昨年の覇者マルカラスカル。一昨年の覇者テイエムドラゴン。

 その2頭に2年連続2着に敗れたメルシーエイタイムが出走。

 ある意味、有馬記念より楽しみな1戦となりました。 

  
  ◎ : 13 テイエムドラゴン
  ○ : 08 マルカラスカル
  ▲ : 14 メルシーエイタイム
  △ : 10 マイネルオーパー
   

 以上4頭で。

 落馬を考えなければテイエムドラゴンとマルカラスカルの一騎討ち。

 テイエムドラゴンは前走の京都HJで1年半の休み明け+プラス46kgで、ジャンプ重賞5勝を挙げたコウエイトライを、

 斤量差5kgもあるにもかかわらずチギリ捨てた。コウエイトライがバンケットで躓いた分もあるが、それでも圧倒的な強さ。

 中間骨瘤情報が流れたものの、痛がる素振りも無いらしく出走してくるからには大丈夫なのだろう。

 普通に走ることが出来るならマズ負けることは無いと思う。

 対抗マルカラスカラルは、障害レースは昨年の同レース以来。ただ、昨年も1・2月に走って、

 直前に平場で叩いての挑戦だったので、今年と大きく変わることは無い。こちらも、力が抜けているので問題なかろう。

 前2頭よりは順調さでは上回っているメルシーエイタイム。鞍上の横山義騎手は大障害コースを得意としているので、

 鞍上面でも他の2頭より上回っている。この2点で力の差を補えれば、逆転も。

 基本的にこの3頭で良いのだが、もし割って入れるなら中山コースが得意なマイネルオーパーか。

 買い目は 3連単:13→8→14 馬単:13→8・14 複勝:10 の4点


第11回 『1Rに賭けろ』

12/22 阪神1R 未勝利戦 ダ1400

 ◎ : 04 プロヴィナージュ
 ○ : 02 ニシノクニカラ
 ▲ : 10 メイショウセラヴィ
 △ : 06 キンショーオトヒメ
 △ : 14 ユキノハナボタン
 △ : 05 マイヴィーナス

 買う馬はこの6頭。 (自信度:★★★☆☆)

 3連複 4-2-10(30%)、4-2-6・14・5(10%)、4-10-6・14・5(10%)



<今週のPOG>

 明日PO馬ミダースダッチが阪神6Rでデビュー。

 (シーキングザゴールド×El Prado(サドラーズウェルズ系))で、ダート馬っぽいので明日の芝1800はチョット微妙。

 ただ時計は水準レベルに達しているので、馬場が渋れば一発あり。鞍上からも期待したい馬です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

有馬記念を考える 「過去データ編」

2007-12-20 19:50:20 | レースデータ
有馬記念 (中山・GⅠ・芝2500m)

過去10年がデータ対照。【該当馬】の海外成績は除く。


父(3着内に複数回きた馬を抽出)

  サンデーサイレンス:4-4-6-28

 現在3年連続でサンデー産駒が制覇。

 他にはロベルト系が5勝を挙げている。

 といっても、シルクジャスティス→グラスワンダー連覇→シンボリクリスエス連覇ですので実質3頭ではある。

 ちなみに3着はSS→SS→SS→SS系(マーベラスサンデー)→SS→SSと6年連続SS系産駒

 よって、ここは素直にSS系とロベルト系を保持血統に持つ馬を中心視。

 【該当馬】

  SS:マツリダゴッホ、ダイワメジャー、レゴラス、ポップロック、フサイチパンドラ、ハイアーゲーム

  SS系:ドリームパスポート、ダイワスカーレット、インティライミ、デルタブルース、チョウサン

  ロベルト系:ロックドゥカンブ、ウオッカ

  ほとんどだな。SS系を削ってみるか。
   

(中央レースの)2走前まで連帯馬を中心視(過去10年30頭の前走成績)

  1着:16頭、2着:8頭、3着:1頭、4着:1頭、5着:3頭、8着:1頭
      
 【該当馬】:レゴラス、サンツェッペリン、コスモバルク、デルタブルース、チョウサン、ウオッカ 以外

 
主なステップレース(過去10年)

  ・ジャパンカップ  →15頭
  ・天皇賞・秋     →2頭
  ・菊花賞       →4頭
  ・アルゼンチン共和国杯→2頭
  
 
 【該当馬】(前走の着順のみ)

  ジャパンカップ:ポップロック(2)、メイショウサムソン(3)、ウオッカ(4)デツラブルース(5)、チョウサン(6)

           フサイチパンドラ(9)、インティライミ(10)、コスモバルク(13)ドリームパスポート(14)


  天皇賞・秋:マツリダゴッホ(15)

  菊花賞:ロックドゥカンブ(3)、サンツェッペリン(14)

  アルゼンチン共和国杯:


            
1年以内重賞出走経験

 1着→25頭、2着→4頭、5着→1頭
   
 よって重賞レース勝馬を中心視。少なくとも1年以内に重賞連帯経験はほしい。


 【該当馬】:メイショウサムソン、マツリダゴッホ、ダイワメジャー、ポップロック、ダイワスカーレット、ロックドゥカンブ

       サンツェッペリン、フサイチパンドラ、インティライミ、ハイアーゲーム、チョウサン、ウオッカ



人気

  ・01番人気:5-2-0-3
  ・02番人気:1-2-1-6
  ・03番人気:1-2-2-5
  ・04番人気:3-1-0-6
  ・05番人気:0-0-1-9
  ・06番人気:0-1-2-7
  ・09番人気:0-0-1-9
  ・11番人気:0-0-1-9
  ・13番人気:0-2-1-5
        
 1番人気の連帯率は70%と高い。掲示板率は100%ですので大崩れは無い。

 上位人気組みの信頼性はマズマズだが、5番人気以降いきなり成績が落ちていることに注意。

 


 1枠:5回、2枠:4回、3枠:5回、4枠:6回
 5枠:4回、6枠:2回、7枠:3回、8枠:1回

 中山では有馬記念に限ったことではないが、8枠以外ならOK。

 近5年で言うと、1枠・3枠・5枠が3回ずつ入着。

 というわけで1枠・3枠・5枠の馬を中心視。

  1枠:メイショウサムソン、ドリームパスポート

  3枠:レゴラス、ポップロック

  5枠:サンツェッペリン、フサイチパンドラ

 
騎手(3着以内に複数回きた騎手成績)

  ・武豊:1-4-1-4
  ・ペリエ:3-1-1-2

       
 【該当馬】

  ・武豊メイショウサムソン
  ・ペリエ0ポップロック

●歳(連複率)

 ・3歳:4-2-2-27(26%)
 ・4歳:6-3-3-25(40%)
 ・5歳:0-3-4-35(23%)
 ・6歳:0-1-0-18(03%)
 
 とにかく4歳馬が強いレース。素直に3・4歳馬を中心視。

 【該当馬】

  3歳:ダイワスカーレット、ロックドゥカンブ、サンツェッペリン、ウオッカ

  4歳:メイショウサムソン、ドリームパスポート、マツリダゴッホ、フサイチパンドラ

  
【データからみる結論】

  データからはメイショウサムソンが不動の本命。

  次点にポップロック・ロックドゥカンブ・ダイワスカーレット・ダイワメジャーと続く。

  穴っぽいところにインティライミ・マツリダゴッホ

  
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

有馬記念を考える 「過去3歳馬編」

2007-12-19 17:57:20 | レースデータ
今日のデータの前に、全日本2歳優駿の結果から。

 1.イイデケンシン    →△
 2.ディラクエ
 3.レインボーペガサス →▲
 4.ディアヤマト      →○
 5.ニックバニヤン

 ハズレ・・・。

予想以上にディラクエが強かった。出遅れていなければおそらく勝っていたでしょう。


んじゃ、今日のデータ。

昨年も書いたが、3歳馬の有馬記念成績とそれまでのローテ。

馬名天皇賞・秋菊花賞ジャパンカップステイヤーズS有馬記念
'06ドリームパスポート--
メイショウサムソン--
アドマイヤメイン---
トーセンシャナオー-16-14
'05ディープインパクト---
'04デルタブルース--
ハイアーゲーム-1113-
ハーツクライ-10-
コスモバルク--11
グレイトジャーニー---13
'03リンカーン---
ゼンノロブロイ---
チャクラ--
ザッツザプレンティ--11
'02シンボリクリスエス--
ノーリーズン-落馬-
ヒシミラクル---11
'01マンハッタンカフェ---
'00トーホウシデン---14
'99テイエムオペラオー--
ナリタトップロード---
'98セイウンスカイ---
キングヘイロー---
エモシオン---11
'97シルクジャスティス--
'96ロイヤルタッチ---
タイキフォーチュン---11


昨年有馬の前に出した「菊花賞とジャパンカップに出走した3歳馬は有馬記念で来ない」というジンクスは

見事にメイショウサムソン・ドリームパスポートにも炸裂しました。

それを知ってか知らないでか、今年は両方使った3歳馬の出走なし。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする