デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

'09-'10年度POG 中間成績 ③

2009-11-30 18:56:31 | POG 過去成績
<既走馬>

 ダノンパッション 
 【牡・アグネスタキオン×スターズインハーアイズ(父Woodman)】


  厩舎:池江朗(栗) 馬主:ダノックス 生産者:矢野牧場

  新馬      1人気 1着
  札幌2歳S   1人気 4着
  デイリー杯2歳S  2人気 3着
  黄菊賞     1人気 1着

  期待度 B

  スミヨンで朝日杯へ!!

 ツルマルジュピター
 【牡・マンハッタンカフェ×オマイタ(父Miswaki)】

  厩舎:坂口(栗) 馬主:鶴田任男 生産者:駿河牧場

  新馬    1人気 1着
  いちょうS  2人気 12着
  京王杯2歳S 8人気 3着
  
  期待度 B

  重賞3着も脚質に幅をつけなければ、この先がない。

 サダムシンプウ
 【牡・ネオユニヴァース×ウメンダンサー(父サクラユタカオー)】

  厩舎:中村(栗) 馬主:大西定 生産者:斉藤安行

  新馬    1人気 4着
  未勝利   1人気 11着
  未勝利   5人気 5着
  未勝利   5人気 6着

  期待度 C

  1回でいいから距離延長してみて。

 スクーデリアピサ
 【牡・クロフネ×フサイチエアデール(父サンデーサイレンス)】

  厩舎:白井(栗) 馬主:市川義美 生産者:ノーザンF

  新馬    1人気 7着
  未勝利   3人気 9着

  期待度 D

  放牧中。

 エーシンウェズン
 【牡・Trippi×Xtra Emblem(父Our Emblem)】

  厩舎:野中(栗) 馬主:栄進堂 生産者:Helen Y. Painter

  新馬    2人気 2着
  未勝利   1人気 1着
  
  期待度 B

  新馬接戦のトーセンファントムが重賞2着。
  復帰戦で危なげなく勝利して、トーセンへのリベンジ?  

 ダイヤモンドムーン
 【牝・マンハッタンカフェ×レインボークイーン(父リンドシェーバー)】

  厩舎:宮本(栗) 馬主:岡浩二 生産者:千葉飯田牧場

  新馬    1人気 4着
  未勝利   2人気 3着
  未勝利   3人気 3着
  未勝利   2人気 5着
  
  期待度 C

  あとチョットなんだが。ただコツコツとポイントを稼いでいる。

 ディープデザイア
 【牝・アグネスタキオン×ダンジグウィズウルヴス(父Danzig)】

  厩舎:昆貢(栗) 馬主:深見 生産者:パカパカF

  新馬 1人気 1着

  期待度 A

  新馬戦は期待通りの走りを見せてくれた。
  まだ本気で走っていないので、全力で走ったときどうなるか楽しみ。
  次走は阪神JFを予定していたが、1勝馬では出れそうもないので
  エルフィンSに目標を切り替える。
  ・・・エルフィンSだと!?レッドディザイアローテ?
  このローテは取りこぼすとひどい事に・・・。
  期待度Bに変えるか・・・・?
  

<未出走馬>

 インペリアルマーチ
 【牡・ネオユニヴァース×キョウエイマーチ(父ダンシングブレーヴ)】

  厩舎:音無(栗) 馬主:キャロットF 生産者:ノーザンF

  期待度 B

  デビュー直前でアクシデントで放牧へ。
  近々帰厩。

 セイクリッドセブン
 【牡・フジキセキ×グレースランド(父トニービン)】

  厩舎:松田博(栗) 馬主:社台RF 生産者:社台C白老F

  期待度 B

  ゲート試験、全然受からん。(涙)

 レッドステラーノ
 【牝・アグネスタキオン×ロンドンブリッジ(父ドクターデヴァイス)】

  厩舎:角居(栗) 馬主:東京HR 生産者:下川辺牧場

  期待度 B

  ゲート試験合格後、放牧。11月末に帰厩。
  12月末デビュー予定。


通算成績:5-1-4-10  昨年の通算3勝を突破!!(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウオッカ、鼻出血で有馬アウト

2009-11-29 19:02:31 | 競馬雑記
JRAは29日、ジャパンCを制したウオッカが競走中に鼻出血を発症したと
発表した。ウオッカは規定により12月29日まで出走停止となり、
有馬記念に出走できないことになった。

との事。

そんな規定あったんですね。恥ずかしながら、初めて知りました。
1回目は1ヶ月間。2回目は2ヶ月間。と出走停止みたいですね。

というかレース中に鼻出血で2.22.4のタイムで勝つってどれだけ凄いんだ。
まぁそれだけ限界を超えたレースだったのでしょう。
最後、オウケンに詰め寄られたというよりウオッカが失速したように
感じたのは、「距離」と思ったけどコレが原因だったのかな?
本当にたいした馬です。

という事で、陣営としては有馬には出たくはなかったと思うので、
良い理由付けができて逆に良かったのかもしれませんね。

有終の美を飾ったという事で、引退でいいと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'09 11/28~29 予想回顧

2009-11-29 15:52:35 | 結果
11/28 京阪杯

 結果
    1.プレミアムボックス
    2.レディルージュ
    3.ヘイローフジ
    4.シンボリグラン
    5.ラインブラッド

 予想
    ◎エイシンタイガー  
    ○レディルージュ   →2着
    ▲クールシャローン
    △アルティマトゥーレ
    △アーリーロブスト
    △アーバンストリート

 ハズレ。
    
 回顧

  「プレミアムボックス、一気の伸び脚で重賞制覇!!」

  差し競馬だったんですけど、プレミアムボックスはまだしも、
  ヘイローフジは買えない。コレは事故と思って諦める。


11/29 ジャパンカップ

 結果
    1.ウオッカ
    2.オウケンブルースリ
    3.レッドディザイア
    4.コンデュイット
    5.エアシェイディ

 予想
    ◎レッドディザイア  →3着 
    ○コンデュイット   →4着
    ▲ウオッカ      →1着
    △オウケンブルースリ →2着
    △スクリーンヒーロー

 複勝(6) 260円、3連複(5-6-10) 2,460円 的中!!
    
 回顧

  「ウオッカ、執念のGⅠ7冠!!」

  予想でも書いたようにエイシンデピュティが抜群のスタートを切ったので、
  そのまま爆走するのかな?と思ったが、内のアサクサキングスに譲り、
  さらに外からリーチザクラウンも果敢にハナを奪いに来て、ハイペースに。
  直線に入って馬群が凝縮。各馬仕掛け始めるが、好位にいたウオッカは
  溜めに溜めて直線半ばでスパート。一気に抜け出してゴールかと思いきや、
  外からオウケンブルースリが猛追。ハナ面を併せてゴール。
  わずかにウオッカが制してGⅠ7勝目。3着に粘るコンデュイットを
  差し切ったレッドディザイア。

  いやぁ~、熱かったですね。
  昨年の天皇賞・秋みたいなレースで感動しました。
  しかしウオッカの府中適正は、歴史に残りますね。(笑)

  レッドディザイア本命にしている自分としては、
  リーチザクラウンが1000mを59.0で通過した時点で、イメージ通りに
  レースが運んでいる事を確信しましたが、レッドディザイア自体が、
  予想していたよりも後ろだったので、大丈夫かな?と思いましたが、
  最後のキレは中々のものでした。3歳牝馬に2.22.4は厳しすぎた。

  コンデュイットは、海外トップホースとして
  まずまず意地を見せたと思います。

  5着エアシェイディは笑った。
  「サタうま!」シミュレーション恐るべし。

 
11/28 キャピタルS

 結果
    1.トライアンフマーチ
    2.キャプテンベガ
    3.アップドラフト
    4.リザーブカード
    5.ゲイルスパーキー

 予想
    ◎トライアンフマーチ →1着
    ○リザーブカード   →4着
    ▲イースター  
    △キャプテンベガ   →2着
    △ケイアイライジン

 馬連(9-16) 3,000円 的中!!
    
 回顧

  スタートして後方に下げて内に潜り込み内へ入れて除々に進出。
  直線早めに抜け出して、外からさしてきたキャプテンベガの追撃を
  振り切って久しぶりの美酒。

  馬の能力もモチロンだが、スミヨン騎手が滅茶苦茶上手い騎乗でした。
  さて、スミヨンが帰ったあとどうするのか。幸四郎に戻るのか。はたまた。

 
<今週の総括>

  京阪杯はダメだったが、全体的にまずまず。

  来週JCD出走予定だった、ベルモントS馬サマーバードが
  骨折したらしいですね。コレは残念すぎる・・・。

  
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'09 11/29 ジャパンカップ 予想

2009-11-28 16:54:18 | 予想
第29回 ジャパンカップ (東京10R・GⅠ・芝2400m)

 今年は海外馬5頭が参戦。
 中でもBCターフ連覇&キングジョージの覇者コンティネントが大将格。
 実績だけなら久しぶりに海外のトップホースがやってきました。
 当年の海外超ビッグレースを勝利して、JC挑戦はモンジュー('99・4着)
 以来かな?と、思ったけどBCターフ勝ちから来たジョハー('03・16着)
 っていう馬がいますね。

 海外馬に関しては、『サタうま!』で合田さんが解説してくれるはずなので、
 それも参考にしたいと思います。(明日このページにUP予定)

 迎え撃つ日本勢は、前覇者スクリーンヒーロー、女傑ウオッカ、
 ダービー2着のリーチザクラウン、菊花賞馬2頭など。
 なんか雰囲気微妙な感じがするメンバーですが、これが現状の
 トップホースたちなので、日本の意地を見せてもらいたい。

 過去5年のデータからいくと、

 ・前3走までに3着以内だったレースが2回以上。
 ・過去1年間でGⅠ連対。

 この2点は必須項目。
 唯一の例外が昨年のスクリーンヒーロー(GⅠ初挑戦)。
 他は海外馬含めて全てこの項目に該当しています。 

 となると、今年のメンバーでこの2点に該当するのは、

 ウオッカ、コンデュイット、ジャストアズウェル
 リーチザクラウン、レッドディザイア

 この5頭となる。

 次に、このレースの血統傾向としてノーザンダンサー系は元より、
 リボー系の血を持つ馬が来る傾向にある事は昔から言われている。
 レガシーワールドの母父。タップダンスシチーの父。
 去年で言えば、スクリーンヒーローの父系。ディープスカイの母系。
 何気にリボーの名前が入っています。

 今年のメンバーでリボーの血が入っているのは、

 オウケンブルースリ、コスモバルク、シンティロ、スクリーンヒーロー、
 ハイアーゲーム、マーシュサイド、マイネルキッツ、ヤマニンキングリー、
 レッドディザイア

 以上9頭。さすが大種牡馬。血統を遡りまくると一杯出てきます。
 (たぶん見逃しているのもあると思う。)
 上の中で5代前までにリボーが入っている馬に絞ると

 オウケンブルースリ、スクリーンヒーロー、マーシュサイド、
 マイネルキッツ、ヤマニンキングリー

 の5頭。

 あちゃ~。
 上記で出した過去条件と、この血統傾向の馬で被っている馬がいない。

 そういえば、去年大穴ならマーシュサイドが面白い。と書いていたが、
 感冒で出走取消になったな。でも今年は去年ほどの勢いもないので、
 あまり期待感は無い。

 展開予想すると、
 エイシンデピュティが坂路49秒台の鬼時計を出している上に、
 内枠も取れたという事で、スピード有利で確実にハナを奪うと思います。
 リーチザクラウンも馬なりでDP78.0-11.6とか、意味不明な時計(マジか?)で
 追いきられていることから、逃げ粘りを目論んでいるんだろうけど、
 ハナが奪えない以上、気性面で不安が出てくる。ただエイシンの戸崎騎手が、
 後続をぶっちぎって飛ばすなら、リーチが離れた2番手で追走する場合、
 折り合えるのはダービーで実践済み。
 いずれにしろ、ペースはスローになる事はないと思います。
 となると、先行各馬よりも差し追い込み馬に重点を置きたくなる。
 
 以上のことを踏まえて印つけていきます。
 
 
  ◎ : 06 レッドディザイア
  ○ : 16 コンデュイット
  ▲ : 05 ウオッカ
  △ : 10 オウケンブルースリ
  △ : 18 スクリーンヒーロー
   
 以上5頭で。(自信度:★★★☆☆)

 本命はレッドディザイア。中間のアクシデントでエリザベス女王杯を回避。
 目標をジャパンカップに変えて順調に乗り込まれてきた。
 過去傾向の条件さらに、ND系およびリボー系が入ったのはこの仔だけ。
 秋華賞勝利からJC挑戦は松永幹夫鞍上ファビラスラフイン以来(2着)。
 師の思い入れは相当強いはず。時計勝負には不安あるものの、
 1度も連を外していない安定感からも、ココは期待したい。

 対抗はコンデュイット。欧州のトップホースはあまり買いたく無いのですが、
 メンバーレベルが比較的楽な今年なら、その能力で持ってくる事も可能。
 来年から日本で種牡馬入りすることからも、下手な競馬は出来ない。

 このレースが最後になるかもしれないウオッカ。前走、天皇賞・秋では
 3着に破れ、鞍上のコメントも「完敗です」となっていたが、そもそも
 直線で囲まれて、抜け出しに苦労してからのレースなので、完敗という
 レースではない。まぁ能力の陰りと、距離適正の短縮化は間違いないので、
 ココは乗り変わりで新たな面を見出さなければ厳しいとは思うが、
 その府中適正は、やはり無視できるものではない。
 特にルメールがどういう戦法を取ってくるか怖いしね。(笑)

 オウケンブルースリは血統的には1番怖いか。調教内容もメンバー随一。
 今年のテーマ(最近出ないけど)父子制覇に向けて。
 正直厳しいと思うが、昨年の勝馬スクリーンヒーローも一応。
 
 馬連・単複 6軸
 過去データで残った5頭にオウケンを加えた3連複BOX

 ●『サタうま!』のシミュレーション結果●

  1.オウケンブルースリ
  2.エアシェイディ
  3.ウオッカ
  4.コンデュイット
  5.マーシュサイド

 早め先頭に抜け出したエアシェイディをオウケンブルースリが差しきり。

 ●合田直弘の海外馬ぶった切り予想●

 コンデュイットに関しては、netkeibaのコラムとほぼ同じ。
 状態面だけが問題なので、パドック要注意みたい。
 (↑今回1番知りたかった情報なのだが・・・)

 ・コンデュイット 総合19点(各5段階評価 20点満点)
 現在の状態 4点 日本の馬場適性 4点 距離適正・実績 5点
 騎手の日本適正 4点 本気度 3点

 予想着順 2着 (1着はスクリーンヒーロー)

 ・マーシュサイド 総合17.5点
 現~ 4.5点 日~ 3点 距~ 2点 騎~ 3点 本~ 5点

 予想着順 6着(うまく流れて4~5着)

 ・ジャストアズウェル パラメータはVTRカット
 
 予想着順 13着

 ・インターパティション パラメータはVTRカット

 予想着順 16着

 ・シンティロ 総合13点

 現~ 2.5点 日~ 4点 距~ 0.5点 騎~ 4点 本~ 2点

 予想着順 17着
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'09 11/28 京阪杯 & キャピタルS 予想

2009-11-27 18:50:41 | 予想
第54回 京阪杯 (京都11R・GⅢ・芝1200m)

 芝1200mに変更されて4年目。
 あまりデータが無い中で絞ってみると、
 ・1年以内OPで連対経験馬が中心。
 ・上位人気決着
 ということで、素直に人気を信じようと思う。

 あと、京都芝でミスプロ系が来ていることも考慮。 
  
  ◎ : 10 エイシンタイガー
  ○ : 18 レディルージュ
  ▲ : 16 クールシャローン
  △ : 03 アルティマトゥーレ
  △ : 15 アーリーロブスト
  △ : 14 アーバンストリート
   
 以上6頭で。(自信度:★★☆☆☆)

 芝短距離戦では抜群の安定感をもつエイシンタイガーを本命に。
 このレースを相性の良い京洛Sは、差し展開にも関わらず、
 先行粘りこみで勝利したのを見ても、能力は高い。
 今後のスプリント界を背負っていってほしい願望も入っている。

 6戦連続連対中のレディルージュ。フィリーズR2着のアイアムカミノマゴが
 オーロCを完勝したことも追い風になるはず。

 京都芝1200はとにかく得意クールシャローン。実績上位アルティマトゥーレ。
 2戦連続は苦しいと思うが京都実績侮りがたしだったアーリーロブスト。
 シルクロードS勝ちのアーバンストリート。 

 馬連 10軸。

  
キャピタルステークス (東京11R・OP・芝1600m)
 
  ◎ : 16 トライアンフマーチ
  ○ : 10 リザーブカード
  ▲ : 18 イースター
  △ : 09 キャプテンベガ
  △ : 05 ケイアイライジン
   
 以上5頭で。(自信度:★★★☆☆)

 昨年度PO馬トライアンフマーチに応援の意味も込めて本命。
 前走菊花賞は、スタート後から鬼のように引っ掛かって幸四郎の
 ロデオ騎乗が展開されました。それでも最後は伸びていたので、
 順調にいっていればどうなっていたか。
 今回は馬体と母キョウエイマーチの事を考えればベストなマイル戦。
 鞍上も折り合いをつけるのが上手いスミヨン騎手に乗り変わり。
 メンバーもそれほど強力なメンバーもいないので、なんとか変わり身を
 見せてほしいところ。

 馬連 16軸 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第29回 ジャパンカップ 『過去データ』

2009-11-26 18:34:40 | レースデータ
第29回 ジャパンカップ (GⅠ・東京・芝2400)

対象:過去5年(海外成績含む)

血統
 
 ND系、SS系

前々走までの最高成績

 1着:11頭、2着:4頭

 前2走で連対馬のみ。

ステップレース

 天皇賞・秋 からの馬が多い。

1年以内中央重賞成績

 1着:14頭、2着:1頭

 1年以内に重賞勝馬が中心。連対必須。

人気

 1番人気は9年連続で3着以内。



 5枠が良く来る 
  
所属

 栗東:2-4-3-33
 美浦:2-0-1-10
 地方:0-1-0-4
 海外:1-0-1-19

 関西馬。

騎手

 武豊、ペリエ、岩田騎手が良く来る。



 3歳:0-3-1 4歳:4-1-2 5歳:1-0-2 
 6歳:0-1-0 7歳以上:0-0-0

 4歳が中心。

前走レースの距離と脚質

 ’08 2500(5-5-5-5)-2000(6-5-5)-2000(7-7-7)
 ’07 2000(9-7-7)-2000(13-13-14)-2000(5-4-4)
 ’06 2400(-)-3000(6-6-6-7)-2200(-)
 ’05 2000(-)-2000(8-10-10)-2000(6-6-8)
 ’04 2000(11-8-9)-3000(1-1-1-1)-3000(5-5-4-2)

 ・4角7番手以内。

その他

 ・1年以内にGⅠ連対必須。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'09 11/25 浦和記念 結果

2009-11-25 17:48:08 | 結果
11/25 浦和記念

 結果
    1.ブルーラッド
    2.ルースリンド
    3.テスタマッタ
    4.ライジングウェーブ
    5.エーシンモアオバー

 予想
    ◎スマートファルコン
    ○エーシンモアオバー →5着  
    ▲テスタマッタ    →3着
    △ルースリンド    →2着
    △ブルーラッド    →1着

 ハズレ。
    
 回顧

  「ブルーラッド圧勝!!」

  エーシンモアオバーがやや出負けして、スマートファルコンがペースを作り、
  2番手まで追い上げてきたもののエーシンモアオバーは自ら動けず、
  3コーナー過ぎてから中団に位置したブルーラッドが捲くり加減で追い出す。
  4コーナーでスマートファルコン及びエーシンモアオバーの手ごたえが
  無くなり、ブルーラッドが後続を突き放す。最後方から追い上げてきた
  ルースリンドが2番手に上がってゴール。

  勝ちタイム2.07.1(重)。スマートファルコンの昨年の勝ちタイムが
  2.04.8(重)なので、決してハイペースで飛ばしたわけではない。
  スマートファルコンは本来なら4コーナーから伸びてもおかしくないペース
  だったのが、まったく伸びずに大敗。休み明けで-10kgが響いたとしか
  思えない敗退。エーシンモアオバーは、自分のペースに持ち込めなければ
  生きない典型的な逃げ馬の敗退。中舘騎手は人気を背負うとおかしくなる
  騎手なので、ソコらへんを加味しておかなければなら無かった。

  それにしても上位人気5頭の内、1番2番人気が吹っ飛んだだけで、
  3連複1万7千円。3連単19万はオイシイのか。
  過去データで地方馬が連に絡みやすい交流重賞はBOX馬券にするのが
  ベストなのかもしれない。  

  
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'09 11/24 浦和記念

2009-11-24 22:32:21 | 予想
第30回 浦和記念 (浦和10R・JpnⅡ・ダ2000m・交流)

 スマートファルコンとエーシンモアオバーの一騎討ち。
  
  ◎ : 08 スマートファルコン
  ○ : 02 エーシンモアオバー
  ▲ : 05 テスタマッタ
  △ : 10 ルースリンド
  △ : 09 ブルーラッド
   
 以上5頭で。(自信度:★★★★☆)

 昨年圧勝したトーセンファルコンで。GⅠに出ても上位に進出できる力が
 ありながら、とにかく裏街道で賞金稼ぎまくるその徹底した姿勢。
 ここまで行くとアッパレである。ココも当然勝ち負けでしょう。
 相手もエーシンモアオバーで仕方なし。類稀なスピードで押し切って
 ダートでは無敗の5連勝。すんなりハナを奪えそうな今回も勝ち負け。
 テスタマッタも1叩きした効果で。地方では2年連続2着のルースリンド。
 ブルーラッドは紛れがあるなら。

 3連単 8→2→5・10・9 馬単 2→8

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'09 11/21~22 予想回顧

2009-11-22 16:03:02 | 結果
11/21 福島記念

 結果
    1.サニーサンデー
    2.トウショウシロッコ
    3.トーセンクラウン
    4.デストラメンテ
    5.サクラオリオン

 予想
    ◎アルコセニョーラ  
    ○ショウワモダン  
    ▲デストラメンテ   →4着
    △トーセンクラウン  →3着
    △マンハッタンスカイ
    △ヤマニンメルベイユ

 ハズレ。
    
 回顧

  「最軽量サニーサンデー、重賞初制覇!!」

  レッツゴーキリシマがハイペースで飛ばす中、2番手追走した最軽量馬、
  サニーサンデーが外から差してきたトウショウシロッコを振り切りゴール。
  3着には内をうまく回ってきたトーセンクラウン。

  そうなんだよなぁ。ラジオNIKKEI賞2着だもんなぁ。それで51kg。
  予想で重点を置いた「福島実績」では買える馬ですもんね。
  予想の段階で気付いてはいたんですが、なぜかラジオNIKKEI賞と
  福島記念の相性は悪いという先入観があって、印つけた頭数の関係からも
  切ってしまった。まぁ、トウショウシロッコは頭に無かったので、
  どちらにしろ外れていたんですが・・・。いや、ワイド馬券だから、
  当たっていたのか!!

  トーセンクラウンはやっと馬券に絡んでくれた。
  デイリーの馬三郎での評価が、なかなか辛らつなコメントだったので、
  馬券抜きに素直にうれしい。

  レースはサニーサンデー以外の先行馬総崩れで差し競馬。


11/21 東京スポーツ杯2歳S

 結果
    1.ローズキングダム
    2.トーセンファントム
    3.レッドスパークル
    4.サンディエゴシチー
    5.ダイワアセット

 予想
    ◎ローズキングダム  →1着 
    ○ヤングアットハート
    ▲ニシノメイゲツ
    △サンディエゴシチー →4着
    △ビービースカット
    △レッドバリオス

 ハズレ。
    
 回顧

  「ローズキングダム、競り合い制し重賞初制覇!!」

  札幌2歳S馬サンディエゴシチーが逃げてペースを作る。
  直線でも粘っていたが、外をローズキングダムとトーセンファントムが
  併走するように差してきて、わずかにローズキングダムが抜け出してゴール。
  さらに外を差してきたレッドスパークルが3着。
  
  ローズキングダムの勝負強さが際立ったレース。
  上位2頭はメンバーの中で少し抜けた強さに感じた。
  トーセンファントムは負けたというものの、軽めの調教で明らかに次走に
  向けての叩き台だったので、次走はこの着順が逆転してもおかしくない。
  つうか、あの調教でくるのか・・・。(涙)

 
11/22 マイルCS

 結果
    1.カンパニー
    2.マイネルファルケ
    3.サプレザ
    4.キャプテントゥーレ
    5.アブソリュート

 予想
    ◎ファイングレイン 
    ○カンパニー     →1着
    ▲マルカシェンク  
    △ヒカルオオゾラ
    △キャプテントゥーレ →4着
    △ザレマ
    △ライブコンサート

 ハズレ。
    
 回顧

  「カンパニー、有終の美飾る!!」

  う~ん。なんかなぁ~。
  カンパニーが抜けすぎていた感じだけで、他馬のレース振りは
  GⅠという感じがしなかった。

  本命馬ファイングレインはカンパニーの後ろにつけていましたが、
  直線全く伸びず大敗。全然、見込み違いでした。

  SS系×ND系というキーワードであげた2頭の内、マイネルファルケの方が
  来るとは。(マイネルファルケは、ロベルト系×ND系ですが。)

 
<今週の総括>

  全滅トホホ・・・。

  
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'09 11/22 マイルCS 予想

2009-11-21 18:42:56 | 予想
第26回 マイルチャンピオンシップ (京都11R・GⅠ・芝1600m)
 
 秋のマイル王決定戦。
 といっても春の王者ウオッカも出走してこない上に、メンバーレベルが
 今年はかなり低いように感じる。で、それがチャンスになるのか、
 このレースで引退が決定している天皇賞馬カンパニー。
 8歳馬のGⅠ連勝なるか?

 海外馬2頭が出走してきていますが、血統的に食指が動かないので、
 今回は2頭とも消し。
 
  ◎ : 06 ファイングレイン
  ○ : 04 カンパニー
  ▲ : 03 マルカシェンク
  △ : 12 ヒカルオオゾラ
  △ : 09 キャプテントゥーレ
  △ : 11 ザレマ
  △ : 17 ライヴコンサート
   
 以上7頭で。(自信度:★★★☆☆)

 本命は昨年3着馬ファイングレイン。このレースはとにかくSS系×ND系。
 今年のメンバーではファイングレインとマイネルファルケが該当。
 前走スワンSでは再三の不利を受け休み明けということもあり、
 最後は流していたので着順は気にしなくて良い。中間も順調にこなされて、
 昨年の3着馬がココまで人気を落とすなら面白い存在。

 対抗はカンパニー。天皇賞・秋で見事にGⅠ初制覇となり、今回が引退レース。
 過去を見ても天皇賞・秋からの馬が上位に来る上に、このレースで
 好走しやすい坂路追いで1番時計。過去マイルGⅠで入着したことは無いが
 今年のメンバーならGⅠ連勝も可能。

 マルカシェンクは前走は嵌った感あるが、京都芝1600で大崩なし。
 ヒカルオオゾラは朱雀Sぐらい走れれば。キャプテントゥーレは
 天皇賞・秋で本命にしたのでもう1度。兄マルカシェンクと同じく
 京都芝1600得意なザレマ。ライブコンサートも、京都芝1600は得意。
 
 3連複 6軸  

 ●『サタうま!』のシミュレーション結果●

  1.サプレザ
  2.キャプテントゥーレ
  3.サンダルフォン
  4.カンパニー
  5.ヒカルオオゾラ

 逃げ粘るキャプテントゥーレをサプレザとサンダルフォンが大外から強襲。
 内に潜り込んだカンパニーは不発で大波乱。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする