デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

12/29 東京大賞典 予想

2006-12-27 20:41:48 | 予想
第52回 東京大賞典 (交流GⅠ・大井10R・ダ2000m)

 さて、今年最後の予想。

 今年は地方最強馬アジュディミツオーの3連覇とシーキングザダイヤの悲願のGⅠ制覇に注目が集まる。

 アジュディミツオーだが、帝王賞でカネヒキリに勝って以降骨瘤で長期休養に。

 今回がその復帰戦であるが、はたして・・・。シーキングザダイヤは再び横山典騎手とコンビを組む・・・。 


  ◎ : 11 シーキングザダイヤ
  ○ : 04 カフェオリンポス
  ▲ : 09 アジュディミツオー
  △ : 13 ボンネビルレコード
  △ : 10 ハードクリスタル
  △ : 07 シルキーゲイル
    
 
 以上6頭です。

 本命はシーキングザダイヤ。なんか応援したくなる馬です。

 横山典騎手ということで2着率アップですが、なんとか悲願のGⅠ制覇をしてほしい。

 対抗はカフェオリンポス。前走のトパーズSの勝利で復活の予兆。

 3歳時にJDDを制した同じ舞台、鞍上も地方ダートでは魅力。逆転も。

 アジュディミツオーは、このメンバーなら圧勝してもおかしくないが、休み明けだけが気になる。

 勢いに乗る若手ボンネビルレコード、展開次第ではハードクリスタル、大穴でシルキーゲイルまでをおさえます。

 買い目は、11→9⇔4・7・10・13の3連単8点と11軸の3連複10点。

 
 まぁ、買いませんけど。(笑)


 ~追記~

 <結果>

  1.ブルーコンコルド
  2.クーリンガー
  3.シーキングザダイヤ
  4.カフェオリンポス
  5.アジュディミツオー

 シーキングザダイヤがうまくアジュディミツオーを封じるも、外からブルーコンコルドが差しきり圧勝。

 結局中央5頭中4頭が1~4着独占。中央5頭のシーキングザダイヤ1頭軸マルチで買っていれば

 36点で20万(弱)馬券ですか・・・。アジュディミツオーは休み明けの分が効いた感じ。

 ~追記・了~

 それでは、みなさんよいお年を。来年もよろしくお願いします。

 ※復帰は1/4あたりを予定していますが、TB・コメントには対応いたします。

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12/23~12/24 重賞予想回顧

2006-12-25 18:15:56 | 結果
12/24 有馬記念

 結果
    1.ディープインパクト
    2.ポップロック
    3.ダイワメジャー
    4.ドリームパスポート
    5.メイショウサムソン

 予想
    ◎ディープインパクト  →1着
    ○メイショウサムソン  →5着
    ▲スウィフトカレント
    △ドリームパスポート  →4着
    △コスモバルク
    △ポップロック      →2着
            
 馬連 1,070円 馬単 1,210円 的中!!

     
 回顧

   このレースだけは、ほとんどの方が見てらっしゃるだろうからレース回顧は省略。

   とにかく、ディープインパクトのラストフライトは無事に飛び立ちました。

   もう、4コーナーでのあの鬼のようなマクリを見られないのはさびしい限りである。

   個人的には直線でのゴボウ抜きより、最終コーナーのマクリ方が1番かっこよく感じているので。

   ディープインパクト、陣営の方々、この4年間本当にお疲れ様でした。

   ディープはゆっくり休養して(本人はまだ走り足りないだろうが)、その身体能力を引き継ぐ子供達を多く残してください。


   それでは、他馬に目を移します。

   まず2着のポップロック。直線でメイショウサムソンに進路を阻まれて一度下がったものの

   最後はしっかり伸びてきての2着。怪物はすでに余裕をもってゴールをしていたが
 
   怪物以外のメンバーでこの距離なら、能力が1歩抜けている。

   3着のダイワメジャーは終始2番手での競馬。アドマイヤメインが大逃げするも2番手以降はスロー。

   その恩恵をうけての入着だが、騎手も言っているようにやはり距離が長い。

   4着ドリームパスポートも前が壁になって追い出しに失敗。初めて着外に敗れたが能力有り。

   さらなる成長があるかは微妙だが、来年も競馬界を引っ張ってほしいです。

   5着メイショウサムソンは、まさかのプラス体重。減らないとは聞いていたが太るとは・・・。

   最後バテていたので、もう少し絞らないと復活は難しい?

   で、印をつけた馬に目を移すと。スウィフトカレントは最後方待機。

   直線に入ってもほとんど順位は上げていないが、上がり3Fは2番目のタイムを出しているだけに

   展開さえ向けばもっと上に来ていたはず。最後方待機は、私の予想通りでしたので

   横山典騎手のあの騎乗は個人的には満足しています。少し休養して、春に活躍してほしいです。

   コスモバルクは力負けというか、疲労がたまっているかも。

   無印組みではアドマイヤメイン。逃げ宣言は出ていたものの、個人的には大逃げはしないだろうなぁ

   と思っていただけに、なかなかのハイペースで逃げてくれました。香港帰り中1週であの逃げが出来るのなら

   来年も楽しみな1頭です。スイープトウショウはゲート入りでスタミナが切れて終了。

   あと、なぜディープ以外の馬は荒れまくりの内を走るの?

   確かにディープの位置で競馬するにはスタミナが無いと無理ですけど。


   最後に私の馬券ですが、サムソンのプラス体重で不安を覚えたのでディープとポップの3連複を

   アンカツとノリに流していたので、プラスにはなりました。

   ちにみに、データで出した「3歳馬ってどうなの」「ディープインパクトの人気」ではじき出した

   ディープ→5~6番人気→関東馬が、モロに当てはまったのはショック。(爆)



12/23 ラジオNIKKEI賞2歳S

 結果
    1.フサイチホウオー
    2.ヴィクトリー
    3.ナムラマース
    4.マイネルソリスト
    5.アサクサキングス


 予想
    ◎フサイチホウオー   →1着
    ○マイネルソリスト    →4着
    ▲ヴィクトリー       →2着
    △ナムラマース      →3着
    △ローズプレステージ

 馬連 560円、馬単 880円、3連複 660円、3連単 2,370円 的中!!
   
 回顧

   ガチガチですね。マイネルソリストがあと少し頑張れば配当も私の馬券も・・・。

   せっかくフサイチホウオーがアシストしてくれたのに・・・。(笑)

   
   レースはマイネル2頭とヴィクトリーが引っ張る形。ナムラマースがソレに続き、

   後方集団の先頭にフサイチホウオー。直線に入り外から前を行く馬を捕まえに行くホウオー。

   ゴール寸前で、前をいくヴィクトリーを捉えて重賞2連勝。

   直線でフサイチホウオーが右に寄れてナムラマースの進路が狭まったことで審議になったもののお咎めなし。

   パトロールビデオを見る感じでは、それほどヒドイ邪魔にはなっていないように見えました。

   ただし、やっぱりもう少し精神面の成長が必要か?父が父だけに、ずっとこのままかもしれんが。

   ヴィクトリーもよく粘ったが相手が悪かった。マイネルソリストは直線までは理想の競馬だったものの

   直線でヴィクトリーが邪魔になり追い出すタイミングが遅れたので4着。

   まぁ、このメンバーの中よく頑張りましたが、少し距離長いか。でも後チョット粘ってくれたら・・・。

   ナムラマースは、不利を受けながらもよく3着まで追い上げたと思います。

   このレースではホウオー共に今後が楽しみな1頭です。

   最後に、道中でグッドラックアワーが骨折してしまい予後不良の診断。残念です。


12/23 中山大障害

 結果
    1.マルカラスカル
    2.メルシーエイタイム
    3.アグネスハット
    4.テレジェニック
    5.ストームセイコー


 予想
    ◎フミノトキヒメ
    ○テレジェニック   →4着
    ▲メルシーエイタイム →2着
    △クールジョイ
    △アグネスハット    →3着
    
        
  ハズレ・・・。
   
 回顧

   結局固い決着だったのですが、ハズレ。

   やっぱり障害は全然分からないです。

   アグネスハットが勝てないものの、相手なりに好走することは分かりました。


 <今週の予想総括>

   今週は5レース中2レース的中。

   重賞はなんとか的中しているので、マズマズかと。(中山大障害以外)

   江坂特別はからっきしでしたが、ホープフルSでの対抗馬指名したコーナーストーン

   単勝101倍という低評価(なぜこんなに人気がないのか分からなかったが)を覆して

   3着に入着してくれたので、ニューギニングとのワイド9000円はおいしかったです。

   それはさておき、そのニュービギニングは見直しました。いくら調教が一変したと言っても

   前走のスーパースローから一転レースレコードを出すとは。展開がハマッたとはいえ、能力がないと出来ないです。

   ウインドインハーヘアーの繁殖能力は衰えしらずか????


<その他>

   ~今週のPO~

   ・ファルカタリア:新馬2着・・・逃げ粘りの2着。今回は相手が悪かったものの、すぐ勝ちあがれそう。
   ・ニュービギニング:ホープフルS1着・・・兄貴ばりの後方待機から差しきる。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12/24 有馬記念予想

2006-12-23 16:55:21 | 予想
第51回 有馬記念 (GⅠ・中山9R・芝2500m)

 さて、いよいよ冬のクラシックレースがやってきました。

 そして、この2年間日本競馬界を背負った稀代の名馬のラストフライトとなります。

 さっそく、印をつけますと・・・。 


  ◎ : 04 ディープインパクト
  ○ : 08 メイショウサムソン
  ▲ : 11 スウィフトカレント
  △ : 03 ドリームパスポート
  △ : 07 コスモバルク
  △ : 01 ポップロック
    
 
 以上6頭です。

 本命はディープインパクト。ディープは皆さんもご存知の通り、間違いなく中山は苦手。

 京都・東京では無敵の強さで、前走のジャパンカップでも海外帰り初戦の心配以外では、なんの心配も無かった。

 だが、京都・東京では「むちゃくちゃ強い」のだが、中山だと「強い」に落ちてしまう。(微妙ですが)

 さらに凱旋門賞の1件で、必ず勝たなければならなかったジャパンカップでの仕上げ方からすると

 今回は余裕残しで出てきてもおかしくない。

 それでもこの馬のラストランを勝利で飾れないイメージは沸かない(涌きたくない)。

 再び競馬を本格的に始めるきっかけとなったこの馬に、最後も飛んでほしい。

 武豊騎手も勝ち運は無いが、決して苦手としているレースではない。ガンバレ!!

 対抗はメイショウサムソン。春の2冠馬が、すっかり落ちぶれてしまった感があるが

 前走のジャパンカップでは直線で競馬になっていなかった。

 それならば、この馬が1番強いと感じた皐月賞と同じ中山競馬場で巻き返しがあるのでは?

 スウィフトカレントも、正直ジャパンカップの直線ではほとんどおっていないはず。

 それは香港を目標としていたからと思ったのだが、カイ食いが落ちて出走回避。

 なのに、この一見距離が長いと思われる有馬記念に出走してきた。JRAが、出走をお願いしたとしても

 本当に体調が悪いのならジャパンカップ後、休養して日経新春杯連覇(あ、勝ってないわ。)を目指すはず。

 これは馬券圏内に入ってくる可能性が高いような気がしてならない。横山典騎手の無欲の騎乗に期待。

 ドリームパスポートは本当は対抗にしても良いのだが、このレースでのテン乗りということだけがマイナス。

 ただ、能力的にはフジキセキ産駒の常識を覆しただけに、日本競馬界の常識を覆した怪物に対抗できるかもしれない。

 なんだかんだで、昨年の有馬記念からかなり安定感のあるコスモバルクと、追いきりが良かったポップロックまで。

 買い目は、4→8⇔1・3・7・11の3連単8点。


<予想の参考にどうぞ>

 ・有馬記念の枠順→「有馬記念、枠順確定!!」
 ・有馬記念のデータ→「有馬記念を考える」
 ・過去10年の菊花賞・ジャパンカップを使った3歳馬成績→「有馬記念 3歳馬ってどうなの?」
 ・武豊騎手の有馬記念成績→「武豊と有馬記念」
 ・ディープインパクトの人気別成績→「ディープインパクトと人気」
 
 ・今年のGⅠの枠と人気の推移→「今年のGⅠ戦線の枠順をまとめると」
 ・今年のGⅠのSS産駒成績→「今年のGⅠ戦線、父馬をふりかえると」


<その他>

 POのニュービギニングがホープフルS出走します。

 前走見る感じでは、勝ち負けできるとは言えません。応援はします。

 そんな、ホープフルSの予想としては

  ◎ダイレクトキャッチ
  ○コーナーストーン
  ▲クルサード
  △ヒカルオオゾラ、コスモグルミット、ニュービギニング


 とにかく、明日はディープインパクトのラストフライトを堪能しようと思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12/22 ラジオNIKKEI2歳S & 江坂特別 予想

2006-12-22 17:34:36 | 予想
第23回 ラジオNIKKEI2歳ステークス (GⅢ・阪神11R・芝2000m・3歳)

 来年のクラシックに向けて、朝日杯よりも注目されるレース。

 今年もなかなか濃いメンバーが揃った感じ。はたして・・・。 


  ◎ : 03 フサイチホウオー
  ○ : 08 マイネルソリスト
  ▲ : 11 ヴィクトリー
  △ : 07 ナムラマース
  △ : 10 ローズプレステージ
    
 
 以上5頭です。

 このレース基本的に荒れないので、先週のフェアリーSみたいな事は無いと踏みます。

 本命はフサイチホウオー。今年見てきた2歳馬では断トツだと思います。

 レース振りに幼さが見られるが、それでも着差以上に完勝していることを見るとここでも勝ち負けできるでしょう。

 対抗はマイネルソリスト。距離微妙だが、追いきりの良さから。父と同じ舞台で開花するか。

 枠微妙だが先行力が魅力のヴィクトリー、昨年のアドマイヤムーンと同じく札幌2歳王者のナムラマース

 鞍上が強化されたローズプレステージまでをおさえます。

 買い目は、3軸の3連複6点と3→8⇔7・10・11の3連単6点。


江坂特別 (阪神10R・1000万下・芝2400m)

 サクッと予想印だけ。

 
  ◎ : 02 グランロワイヤル
  ○ : 11 マイネルポライト
  ▲ : 04 オールピュール
  △ : 07 チョウカイサンデー
  △ : 13 リキアイサイレンス
  △ : 10 グッドネイバー
  
 
 以上6頭です。

 買い目は、2・11軸の馬連9点。


<その他>

 明日はPOのファルカタリアが中山5Rでデビュー。初戦から勝ち負け期待。

 あと、中山大障害(GⅠ)があります。ただ、障害はさっぱり分からないので印だけ。

 ◎フミノトキヒメ、○テレジェニック、▲メルシーエイタイム、△クールジョイ・アグネスハットの5頭で。

 
さて、有馬記念の軍資金はたまるのだろうか・・・。


それと、藤田騎手が暴力事件を起こして騎乗停止とか。う~ん。(汗)

ディープインパクトのラストランで競馬人気が上昇傾向にある中、コレはいただけないですねぇ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

有馬記念、枠順確定!!

2006-12-21 19:00:50 | Weblog
有馬記念の枠順が確定しました。

馬番馬名騎手調教師前走パッと見予想
1ポップロックペリエ角居メルボルンC 2着無印
2デルタブルース岩田角居メルボルンC 1着無印
3ドリームパスポート内田博松田ジャパンカップ 2着
4ディープインパクト武豊池江郎ジャパンカップ 1着
5ダイワメジャー安藤勝上原マイルCS 1着無印
6スイープトウショウ池添鶴留エリザベス女王杯 2着無印
7コスモバルク五十嵐冬田部ジャパンカップ 4着無印
8メイショウサムソン石橋守瀬戸口ジャパンカップ 6着
9トウショウナイト武士沢保田アルゼンチン共和国杯 1着無印
10アドマイヤメイン柴田善橋田香港ヴァース 8着無印
11スウィフトカレント横山典森秀ジャパンカップ 8着
12アドマイヤフジ武幸四橋田日経新春杯 1着無印
13ウインジェネラーレ蛯名国枝中日新聞杯 7着無印
14トーセンシャナオー勝浦森秀ジャパンカップ 9着無印


パッと見予想は、本番とは違う場合があります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

有馬記念を考える

2006-12-21 18:13:40 | レースデータ
有馬記念 (中山・GⅠ・芝2500m)

過去10年がデータ対照。【該当馬】の海外成績は除く。


父(3着内に複数回きた馬を抽出)

  サンデーサイレンス:3-5-5-28

 一時期、「サンデー産駒は有馬記念を勝てない」というイメージがあったが、

 現在2年連続でサンデー産駒が制覇している。

 【該当馬】:アドマイヤメイン、スウィフトカレント、ディープインパクト、トーセンシャナオー
   
(中央レースの)前走連帯馬を中心視(過去10年30頭の前走成績)

  1着:15頭、2着:9頭、3着:1頭、4着:1頭、5着:3頭、13着:1頭
      
 【該当馬】:アドマイヤフジ、スイープトウショウ、スウィフトカレント、ダイワメジャー

       ディープインパクト、トウショウナイト、ドリームパスポート、ポップロック


 
主なステップレース(過去10年)

  ・ジャパンカップ  →14頭
  ・天皇賞・秋     →4頭
  ・菊花賞       →4頭
  ・アルゼンチン共和国杯→2頭
  
 
 【該当馬】(2走前以前に出走した場合を除く)

  ジャパンカップ:ディープインパクト(1)、ドリームパスポート(2)、コスモバルク(4)

           メイショウサムソン(6)、スウィフトカレント(8)、トーセンシャナオー(9)


  天皇賞・秋:ダイワメジャー(1)、スウィフトカレント(2)、コスモバルク(4)、スイープトウショウ(5)

  菊花賞:ドリームパスポート(2)、アドマイヤメイン(3)、メイショウサムソン(4)、トーセンシャナオー(16)

  アルゼンチン共和国杯:トウショウナイト(1)


            
1年以内重賞出走経験

 1着→24頭、2着→5頭、5着→1頭
   
 よって重賞レース勝馬を中心視。少なくとも1年以内に重賞連帯経験はほしい。

 かのダイユウサクも京都金杯を勝っていた。

 【該当馬】:アドマイヤフジ、アドマイヤメイン、スイープトウショウ、スウィフトカレント、ダイワメジャー

       ディープインパクト、トーセンシャナオー、ドリームパスポート、ポップロック、メイショウサムソン



人気

  ・01番人気:5-2-0-3
  ・02番人気:1-2-1-6
  ・03番人気:1-3-1-5
  ・04番人気:3-1-0-6
  ・05番人気:0-0-1-9
  ・06番人気:0-0-2-8
  ・09番人気:0-0-1-9
  ・11番人気:0-0-1-9
  ・13番人気:0-2-1-5
  ・14番人気:0-0-1-7
        
 1番人気の連帯率は70%と高い。掲示板率は100%ですので大崩れは無い。

 でも、3着がないというのは面白いですね。

 上位人気組みの信頼性はマズマズだが、5番人気以降いきなり成績が落ちていることに注意。

 


 1枠:4回、2枠:5回、3枠:4回、4枠:5回
 5枠:4回、6枠:3回、7枠:4回、8枠:1回

 中山では有馬記念に限ったことではないが、8枠以外ならOK。

 
騎手(3着以内に複数回きた騎手成績)

  ・武豊:0-5-1-4
  ・ペリエ:3-0-1-2
  ・横山典:1-0-1-8
       
 【該当馬】

  ・武豊ディープインパクト
  ・ペリエ0ポップロック
  ・横山典:スウィフトカレント

●歳(連複率)

 ・3歳:4-2-2-27(22%)
 ・4歳:5-4-4-27(32%)
 ・5歳:1-2-3-32(15%)
 ・6歳:0-1-0-19(05%)
 
 とにかく4歳馬が強いレース。素直に3・4歳馬を中心視。

 【該当馬】

  3歳:アドマイヤメイン、トーセンシャナオー、ドリームパスポート、メイショウサムソン

  4歳:アドマイヤフジ、ディープインパクト

  
【データからみる結論】

  ディープインパクトは不動。

  問題は相手探しだが、ドリームパスポート・メイショウサムソンの3歳勢は言わずもがな

  意外とスウィフトカレントが「歳」項目以外全て該当していることに注意したい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

有馬記念 「ディープインパクトと人気」

2006-12-20 18:30:33 | Weblog
今日は過去ディープインパクトが出走したレースで入着した馬の人気を抽出してみます。

それと、関西馬(西)・関東馬(東)も区別していくことにしました。

もちろん有馬記念でディープが勝つとは限りませんので、このデータが役に立たない可能性はありますが。

数字は人気・()内は所属
レース1着2着3着
新馬1(西2(西4(西
若駒S1(西6(西2(西
弥生賞1(西3(西2(
皐月賞1(西12(西3(西
東京優駿1(西2(西7(西
神戸新聞杯1(西5(西6(西
菊花賞1(西6(西3(西
有馬記念4(西1(西6(西
阪神大賞典1(西5(西2(西
天皇賞・春1(西2(西8(西
宝塚記念1(西10(西9(
ジャパンカップ1(西5(西3(


ディープのすぐ後ろは関西馬しかきていません。

つまり、「ディープ勝利+関東馬」を買おうとすならば、関東馬を3着固定にすると

わりと楽に3連単が取れるのでは?


「上のレースでは、関東馬の出走自体少ないだろうがー!!(怒)」

っていう突込みがありそうですが、


無視します(爆)


人気面を見ると、2番人気はさることながら、

5~6番人気という微妙な人気馬を良く連れてくることに目がいきます。

今回で言うと、メイショウサムソンコスモバルクあたりか?


以上、ディープインパクトが勝つこと前提でのお話でした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

有馬記念 第2弾「武豊と有馬記念」

2006-12-19 18:25:07 | Weblog
有馬記念の情報第2弾として、ディープインパクトのパートナー武豊騎手。

中山での彼の成績は、他のソレに比べてイマイチなのは周知の通り。

それでは、有馬記念での彼の成績を抽出してみよう。

馬名着順概要
'88スーパークリーク失格その年の菊花賞を制し挑むが、オグリキャップ・タマモクロスに破れ3着入線も斜行により失格。
'89スーパークリーク2着天皇賞・秋でオグリキャップを破りJCで4着から挑むも、イナリワンにハナ差負け。
'90オグリキャップ1着説明不用の有馬記念。オグリキャップ感動のラストラン。
'91メジロマックイーン2着天皇賞・秋を伝説の圧勝降着・JC4着で挑むも、ダイユウサクの強襲に屈する。
'92ヒシマサル(Ⅱ)9着セクレタリアトを父にもつ良血も、能力的にここでは厳しかった。
'93ベガ9着トウカイテイオー奇跡のラストランの中で、春の勢いがなくなっていたこの馬にとって厳しかった。
'95ナリタブライアン4着故障休養後のナリタブラインは、明らかに3歳時までとは能力が違った。
'96マーベラスサンデー2着京都大賞典1着、天皇賞・秋4着からの挑戦も、サクラローレルに敗れる。
'97マーベラスサンデー2着宝塚記念制覇後、骨折によりぶっつけで挑むも、シルクジャスティスに敗れる。
'98エアグルーヴ5着JC2着からラストランではあったが、ハイレベルのメンバーの上に落鉄により敗退
'99スペシャルウィーク2着天皇賞連覇・JC1着で挑んだラストランも、グラスワンダーを捉えきれずに惜敗。
'00アドマイヤボス5着0.2秒差の5着は立派だが、相手が悪すぎた。安定した成績は残せるが、能力は若干劣った。
'01トゥザビクトリー3着エリザベスこそ制したが、その反動のせいかJC14着。そこから挑み果敢に逃げるも敗退。
'02ファインモーション5着ローズS・秋華賞・エリザベスと破竹の3連勝から挑むも、タップダンスシチーにかき回され敗退。
'03リンカーン2着神戸新聞杯4着・菊花賞2着から挑み、果敢に先行策に出るもシンボリクリスエスに大敗。
'04ダイタクバートラム4着ステイヤーズS楽勝から挑むも、ここで通用するほどの能力は無かった。
'05ディープインパクト2着無敗の3冠を達成して挑むも、ハーツクライの奇策に敗れる。

<成績>
1着2着3着4着5着6着以下


この戦績をみていると、能力足らずだったヒシマサルやダイタクバートラム。

当時は能力が落ちていたナリタブライアンやベガ等など。

なにか、現役バリバリで挑戦したのは、意外と少ないですね。挑戦できても運が無かったり、奇策に敗れたり。

しかし、掲示板は外さないという抜群の安定感。


が、


勝てない。


さてさて、今年のディープインパクトは現役バリバリの部類に属するが

この「勝てない」ジンクスを脱することが出来るのか!!!???

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

有馬記念 「3歳馬ってどうなの?」

2006-12-18 19:05:37 | Weblog
今年の有馬記念は、いよいよ怪物のフィナーレとなるレース。

さてさて、昨年・今年とディープに頼り切っていたJRAとしては、

来年に向けて新たなヒーローを探し出したいところ。

1番手っ取り早いのが、短距離戦のように3歳馬の台頭でしょう。

香港Cで僅差の2着だったアドマイヤムーンが話題性では少し抜けた感があるが、それだけでは心もとない。

それならば、この有馬記念でヒーローの誕生を望むか?


今年の有馬記念に登録している3歳馬は5頭。うち、アドマイヤムーンアドマイヤメイン

香港帰りで中1週のローテは常識的にキツイ。

残るはトーセンシャナオー・ドリームパスポート・メイショウサムソンの3頭。

この3頭に共通することは、菊花賞とジャパンカップに出走したこと。

近年、この2レースを使って、有馬記念でも好走した馬はあまり聞かないのだが、本当にそうだろうか調べてみた。


<過去10年菊花賞もしくはジャパンカップに出走して有馬記念に挑戦した馬。>

馬名天皇賞・秋菊花賞ジャパンカップステイヤーズS有馬記念
'05ディープインパクト---
'04デルタブルース--
ハイアーゲーム-1113-
ハーツクライ-10-
コスモバルク--11
グレイトジャーニー---13
'03リンカーン---
ゼンノロブロイ---
チャクラ--
ザッツザプレンティ--11
'02シンボリクリスエス--
ノーリーズン-落馬-
ヒシミラクル---11
'01マンハッタンカフェ---
'00トーホウシデン---14
'99テイエムオペラオー--
ナリタトップロード---
'98セイウンスカイ---
キングヘイロー---
エモシオン---11
'97シルクジャスティス--
'96ロイヤルタッチ---
タイキフォーチュン---11



本当にそうだった。


菊花賞→ジャパンカップで有馬記念入着したのは、過去10年ではシルクジャスティスのみ。

菊花賞から直行組みの成績が良いのだが、そもそも3歳馬自体の成績があまりよくないです。

これほどの名馬達でも、このレースにおける古馬の壁は厚いということか?

馬名天皇賞・秋菊花賞ジャパンカップ香港国際競争有馬記念
'06アドマイヤムーン--
アドマイヤメイン--
トーセンシャナオー-16-
ドリームパスポート--
メイショウサムソン--


はたして、今年の3歳勢はいかに!!!???

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12/16~12/17 重賞予想回顧

2006-12-17 17:47:20 | 結果
12/16 愛知杯

 結果
    1.アドマイヤキッス
    2.コスモマーベラス
    3.ソリッドプラチナム
    4.レクレドール
    5.ヤマトマリオン

 予想
    ◎アドマイヤキッス  →1着
    ○コスモマーベラス  →2着
    ▲ニシノフジムスメ
    △ピアチェヴォーレ
    △キープクワイエット
    △マイネルレーニア  →5着
            
 馬連 640円 馬単 880円 的中!!

     
 回顧

   笑えるぐらい安いですけど的中。まぁ、馬券自体はアドキスとマーベラスの2頭軸で

   主だったところに、3連複流していたので的中しましたが。

   レースはスルーレートが引っ張る形。アドマイヤキッスがスタートでつまずいた時

   落馬するかなと思ったが、難を逃れて好位で追走。コスモマーベラスソリッドプラチナムは後方待機。

   ニシノフジムスメはアドマイヤキッスをマークする形。

   第4コーナーを曲がって直線に入ったところで2番手ファランドールが抜け出す。

   それを好位にいたアドマイヤキッスが一瞬で交わす。徐々に進出していたいソリッドプラチナム

   コスモマーベラスが追い詰めるも、アドマイヤキッスの完勝でゴール。

   やっぱり、このメンバーならトップハンデでも力が違った。

   コスモマーベラスも中京コースで最後方から良く追い上げてきたと思います。

   ソリッドプラチナムは、徐々に順位を上げていったのが良かった。

   まぁ、上位2頭は力どおりの決着。あとは、展開次第でいくらでも結果は変わると思います。



12/17 フェアリーS

 結果
    1.アポロティアラ
    2.サンタフェソレイユ
    3.ニシノマオ
    4.シベリアンクラシカ
    5.カノヤザクラ


 予想
    ◎クーヴェルチュール
    ○ニシノマオ       →3着
    ▲シベリアンクラシカ  →4着
    △カノヤザクラ      →5着
    △デュークラヴィング
    △サンタフェソレイユ  →2着
    △コスモチーキー
        
  ハズレ・・・。
   
 回顧

   う~ん、アポロティアラかぁ。今さらですけど追いきりは良かったのですが。

   今回の追いきりよかった馬は、クーヴェル・マオ・デューク・アポロの4頭でした。

   ただ、成績的にこの馬まで買う余裕は無いわなぁ~。

   展開は予想した馬が予想通りの動きをした中、ただ1頭だけクーヴェルチュールだけが不本意な競馬を。

   そのクーヴェルチュールが本命だっただけに、どうしようもない。

   スタートが少しだけ遅れた分、先手を取り損ねました。さらに外枠ということで

   外外を回されて直線に入ったところで、前を交わすだけの余力は無かったですね。

   ソレと対照的に勝馬のアポロティアラは、内々の経済コースを通り余力充分でゴール。

   内ラチ沿いを走らせたら日本一じゃないか?勝浦騎手は。

   まぁ、ワイドを買っているわけも無いし馬券は全滅。無念。


12/17 阪神C

 結果
    1.フサイチリシャール
    2.プリサイスマシーン
    3.マイネルスケルツィ
    4.アサクサデンエン
    5.シンボリグラン


 予想
    ◎シンボリグラン    →5着
    ○マイネルスケルツィ →3着
    ▲コスモシンドラー
    △プリサイスマシーン →2着
    △フサイチリシャール →1着
    △アサクサデンエン  →4着
        
  馬連 5,390円、3連複 12,450円 的中!!
   
 回顧

   BOX買い正解。6頭予想で最後方からいって全く見せ場が無かったコスモシンドラー以外は全て掲示板。

   当日になってステキシンスケクンの取消で、予想していた展開が危ぶまれたが

   同じ1枠のダイワパッションがハナを切ってくれたので、そんなに狂うことなく予想通りに進みました。

   2番手にマイネルスケルツィ、それを追うように大外からオレハマッテルゼ。好位にフサイチリシャール

   直線に入っても、基本的に前に行った馬が止まらずにゴール。先に抜け出したマイネルスケルツィ

   フサイチリシャールが交わして、ギリギリまでためていたプリサイスマシーンが突っ込んだ。

   追い込み勢では、ただ1頭アサクサデンエンが追い上げた感じ。

   コートマスターピースは出遅れ+そもそも1番人気になるほどの実力があるのか疑問。

   同じ秋2戦を使って初戦敗れたテイクオーバーターゲットとは、負け方の内容が明らかに違ったし。

   オレハマッテルゼはやはり大外が響いた。直線に入った頃には余力なし。

   フェアリーSのクーヴェルチュールと同じ感じ。まぁ、フェアリーSのおかげで18の馬券は買わなかったが。(苦笑)

   それにしても、ようやくフサイチリシャールらしい勝ち方をしました。これでノッて行けると良いのですが。



 <今週の予想総括>

   今週は4レース中3レース的中。

   的中レースの2レースは固かったのでアレですが、阪神Cでは久しぶりに万馬券予想でした。

   外したフェアリーSも掲示板の5頭中4頭は的中しているので、大ハズレということもないし

   冬競馬になって、調子は上がってきているのかな?


<その他>

   ~今週のPO~

   ・オオアタリ:中京2歳S7着・・・見せ場なし。
   ・トーセンクラウン:ひいらぎ賞2着・・・意外と柔軟性があるのは発見だが、そろそろ放牧を。
   ・ヤマカツブライアン:未勝利2着・・・池添...。


 フェアリーSで、コスモチーキーの騎乗した大西直宏騎手が引退。

 最後のレースは不利があり散々でしたが、長い間お疲れ様でした。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする