デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5/26~5/27 重賞予想回顧

2007-05-27 17:40:05 | 結果
5/26 金鯱賞

 結果
    1.ローゼンクロイツ
    2.スウィフトカレント
    3.インティライミ
    4.ヴィータローザ
    5.ニホンピロキース

 予想
    ◎ローゼンクロイツ  →1着
    ○スウィフトカレント  →2着
    ▲インティライミ    →3着 
    △マチカネオーラ
    △ニホンピロキース  →5着
    △アドマイヤメイン        
            
 馬連620円、馬単1,280円、3連複2,260円、3連単8,540円 的中!!

     
 回顧

   「クロイツ、中京で重賞2連勝!!」

   予想通り中京巧者同士で決まりました。もう1頭の中京巧者であるニホンピロキースも5着に粘ったし。

   中京重賞はコース適正がモロに出るから分かりやすいんだけどなぁ~。


5/27 東京優駿

 結果
    1.ウオッカ
    2.アサクサキングス
    3.アドマイヤオーラ
    4.サンツェッペリン
    5.ドリームジャーニー

 予想
    ◎フサイチホウオー
    ○ヴィクトリー 
    ▲アドマイヤオーラ   →3着 
    △ドリームジャーニー  →5着
    △サンツェッペリン   →4着
    △ヒラボクロイヤル
    △トーセンマーチ
          
            
 ハズレ・・・

     
 回顧

   「ウオッカ、64年ぶり牝馬でダービー制覇。」
   
   なんだこの前残り馬場は。ふぅ~。

   ウオッカがきたらあきらめると、言っていたので仕方ないですね。

   それにしてもウオッカは強かった。

   というか、間違いなく今年の牡馬のレベルは例年より低く、牝馬は過去最強レベルじゃないですか?

   凱旋門?行けばいいんじゃないでしょうか?馬場適正は微妙ですが、斤量激軽は魅力ですからね。

   フサイチホウオーはカカリすぎ。今でも能力あるとは思うが、この馬の買いどころが難しくなった。

   あとは、前残り馬場での恩恵ですね。それでも追い込んできたドリームジャーニーは立派。

   ドリジャは菊花賞で面白い馬だと思います。

5/27 目黒記念

 結果
    1.ポップロック
    2.ココナッツパンチ
    3.アドマイヤフジ
    4.アドマイヤモナーク
    5.ゴーウィズウィンド

 予想
    ◎ポップロック     →1着
    ○メイショウオウテ 
    ▲トウカイトリック 
    △アドマイヤタイトル
    △チェストウイング
    △センカク
          
            
 ハズレ・・・

     
 回顧

   「ポップロック、辛勝ながら目黒記念2連覇。」
   
   これも基本的には先行した馬が残った感じ。

   ただ、ココナッツパンチだけは後方から1頭追い込んできた馬ですので例外。

   3歳だけに斤量が軽かったのもあるのですが、同じく軽かったローズプレステージが

   11着に沈んでいることを見ると、この馬のレベルはソコソコでしょう。

   ただ、この1頭だけで3歳牡馬レベルが上がることは無いですけどね。

   ポップロック以外の古馬陣は実績こそあるが、近走不振馬ばかりでしたので。

   それにしてもメイショウオウテはナゼあそこまで押し上げたのだろう。カカったのか?
 
 
 <今週の予想総括>

   今週の予想は3レース中1レース的中。

   まぁ、今はこんなもんです。こんだけGⅠ荒れマクリでは、やっとれんです・・・。(涙)

   
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5/27 ダービー & 目黒記念 予想

2007-05-26 17:04:36 | 予想
ちょっち、頭が痛いので今日は軽めに・・・。

金鯱賞は本線で決着しましたね。ニホンピロキースがもう少し粘ってくれれば・・・。

第74回 東京優駿 (東京10R・JpnⅠ・芝2400m・3歳)

 指数は

  1.アドマイヤオーラ
  2.フサイチホウオー
  3.タスカータソルテ
  4.ヴィクトリー
  5.ヒラボクロイヤル


 で予想は、


  ◎ : 15 フサイチホウオー
  ○ : 17 ヴィクトリー
  ▲ : 14 アドマイヤオーラ
  △ : 08 ドリームジャーニー
  △ : 12 サンツェッペリン
  △ : 09 ヒラボクロイヤル
  △ : 05 トーセンマーチ
  
 
 以上7頭です。

 本命はフサイチホウオー。頭鉄板っていっても良いぐらい強いと思います。

 で、皐月賞1・2着馬と指数トップ馬に、青葉賞1・2着馬。さらに、展開が向きそうなドリームジャーニーまで。

 特にトーセンマーチはフレンチ産駒+ウチパクということで。(笑)

 ウオッカとプリンシパル組みがきたらあきらめます。

 買い目は、15軸の3連複15点。



第121回 目黒記念 (東京12R・GⅡ・芝2500m・ハンデ)

 金鯱賞に続いて宝塚記念にむけて大事な1戦。

 こちらは印だけで。 


  ◎ : 02 ポップロック
  ○ : 14 メイショウオウテ
  ▲ : 17 トウカイトリック
  △ : 04 アドマイヤタイトル
  △ : 01 チェストウイング
  △ : 18 センカク

 以上6頭です。

 ハンデ戦だけに何とも言えませんが、ディープ引退で現トップ争いしているポップロックで良いのでは。

 追いきりも良かったし、休み明け以外は心配なし。

 とかいいながら、買い目は馬連BOX15点。


 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5/26 金鯱賞 予想

2007-05-25 17:02:52 | 予想
第43回 金鯱賞 (中京11R・GⅡ・芝2000m)

 宝塚記念に向けて大事な1戦。

 メンバーを見渡すと、レベルは決して高くないものの何か面白そうなメンバー構成ですね。

 新旧薔薇対決。新旧ダービー2着馬対決。新旧中京記念馬対決。若い逃げ馬vs鬼脚老兵。

 ちなみ指数は、

  1.ローゼンクロイツ
  2.アサカデフィート
  3.スウィフトカレント
  4.マチカネオーラ
  5.ニホンピロキース

 となる。ニホンピロキース・・・。


  ◎ : 08 ローゼンクロイツ
  ○ : 01 スウィフトカレント
  ▲ : 06 インティライミ
  △ : 07 マチカネオーラ
  △ : 10 ニホンピロキース
  △ : 11 アドマイヤメイン
    
 
 以上6頭です。

 印はつけたが、展開次第でいくらでも順位は変わると思うので差は無い。

 中京ではとにかく中京巧者を狙えが持論。共に中京1-2-0-0のローゼンクロイツスウィフトカレントを中心視。

 特にローゼンは前走中京記念でレコード勝ち。このコースでこのメンバーなら、普通に勝ち負けとは思うが、

 今日の雨で馬場が悪化したままだと、若干心配ではある。

 対抗のスウィフトカレントも中京巧者ではあるが、休み明けと鞍上の不調ぶりが心配。

 インティライミはメンコ着用がどう出るか。佐藤哲騎手に戻るのもプラス。

 タップダンスシチーでこのレース3連覇したその手腕に期待。大敗続きで人気落ちしてくれれば。

 昨年の中京記念覇者マチカネオーラは、叩き3走目で激走気配。

 ニホンピロキースは、指数5番手+中京巧者+道悪巧者と、かなり舞台が整っているのだが、赤木騎手がどう乗るか。

 アドマイヤメインは休み明け厳しいと思うが、個人的に応援している馬なので頑張ってほしい。

 買い目は3連複BOX20点。ただ、これだとニホンピロキースが来なければ、おそらくトリガミが発生するので、

 ◎○を中心に強弱をつけて馬券購入したい。

 
中京10Rの白百合SにPO馬ニュービギニングが出走します。

もう期間内出走は無いと思って集計したのですが、これが本当に期間内最後の出走馬。

大勢に影響は無いが、少しでもポイントを稼いでもらいたい。

さすがに人気も無いでしょうし、応援馬券購入しよう。

POつながりで、ピンクカメオが7月のアメリカンオークス(ハリウッドパーク・芝2000)に出走するとのこと。

マ、マジで・・・。距離は合うし馬場も合うと思うが、疲労が・・・。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2007年度POG結果

2007-05-22 17:41:23 | 結果
期間は来週のダービーまでありますが、期間内PO馬の出走は終わりましたのでPOGの結果報告を記します。

(ヤマブーとニュービギがダービー登録していますが、おそらく出走できないでしょう。)


アグネスタイガ(牡・藤岡(栗)・クロフネ×ダイナアガサ)

 戦績:1-0-0-4 ダートで頭打ちになったところで、芝に戻って快勝。ただ、上に上がってどうか。

アグレアブル(牡・萩原(美)・アグネスタキオン×ファビラスファフイン)

 戦績:1-0-0-0 PO期間ぎりぎりでデビュー。なんとかデビュー勝ちしてくれて一安心。

 デビュー戦の勝ちっぷりは良かった。良血だけに秋以降の成長は楽しみです。

ジャンバルジャン(牡・萩原(美)・ジャングルポケット×ネオクラシック)

 戦績:0-1-1-1 クラシックで1番期待した馬ですが、不得意と思われる中山で勝ちきれず。

 秋以降の成長に期待したいが、一度は東京で使ってほしかった。

アステリオン(牝・松田国(栗)・フレンチデピュティ×フサイチエアデール)

 戦績:0-0-0-3 「女版ディープ」なんだったんだろう・・・。

オオアタリ(セン・音無(栗)・フサイチコンコルド×ジェイドロバリー)

 戦績:1-1-1-3 気性がどうしようもなく、セン馬に。新馬戦・未勝利の内容からもう少しやれると思ったが。

 セン馬だけに息の長い競争生活をしてくれたら。

トーセンクラウン(牡・菅原(美)・オペラハウス×サンデーブレーヴ)

 戦績:2-3-1-6(八重桜賞) うちのポイント頭。先行した2重賞以外は、上がり最速連発しているし、

 負けても惜しい競馬ばかりなので能力はある。オペラハウスだけに将来的に楽しみな馬。

 引退するまで追いかけます。

ニュービギニング(牡・池江朗(栗)・アグネスタキオン×ウインドインハーヘアー)

 戦績:2-0-1-4 怪物の弟と考えなければ良くやった方か。

 コレからの馬と言われているが、兄弟をみていると成長力は乏しいか。まぁ、どこかで重賞を。

ピンクカメオ(牝・国枝(美)・フレンチデピュティ×シルバーレーン)

 戦績:4-1-0-3(NHKマイルC、菜の花賞) JRA史に残る大穴爆走娘。恐るべし金子オーナーの相馬眼。

 東京では無類の強さ。おなじフレンチ産駒クロフネと同じ道を行くか兄ブラックホークと同じ道を行くか。

 いずれにしても、素質抜群。

ファルカタリア(牡・加藤征(美)・フジキセキ×ドライアッド)

 戦績:1-1-0-0 かなり素質を持っていると思うのだが、体質弱すぎ。古馬になったら重賞級。

ヤマカツブライアン(牡・池添(栗)・ブライアンズタイム×ヤマカツスズラン)

 戦績:2-2-0-2 ヤマカツスズランが好きということだけで選んだが、中々の活躍。

 母親と同じくダート適正は相当ありそうなので、ダート戦線を盛り上げてほしい。


通産:14-9-4-26 (勝率:26.4 連対率:43.3 総獲得賞金:272,000千円)

初めてのPOGとしては、なかなかの成績だったのではないでしょうか。

個人的に1番期待していたジャンバルジャンと、多くの方が期待していたアステリオンが未勝利とは・・・。

それにしても、PO馬がレースに出るとその馬に固執してしますので馬券外すことが多かった。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本馬、今年も海外で大活躍。

2007-05-21 18:01:08 | Weblog
「シンガポール航空国際カップで、日本馬ワンツー」

グリーンチャンネルで放送するの忘れてたー!!

net競馬で速報が流れてやっと気付きました・・・。

シンガポール航空国際カップ(GⅠ・芝2000)

で結果はというと、シャドウゲイトが1着で昨年の同レース覇者コスモバルクが2着。

シャドウゲイトが、海外GⅠ勝つほどの馬とは・・・。ダービー16着だった馬が昨末からエライ成長しましたね。

コスモバルクはココの馬場が合っているのでしょうかね。(笑)

なにかこれから、GⅡレベルの馬はどんどんこのレベルの国際GⅠレースに参加する気配が漂いますね。

まぁ、日本競馬の底上げにはいいことなのですがね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5/19~5/20 重賞予想回顧

2007-05-20 17:13:00 | 結果
5/20 優駿牝馬

 結果
    1.ローブデコルテ
    2.ベッラレイア
    3.ラブカーナ
    4.ミンティエアー
    5.ピンクカメオ

 予想
    ◎ベッラレイア   →2着
    ○カタマチボタン
    ▲ミンティエアー  →4着 
    △ザレマ
    △ピンクカメオ   →5着
    △トウカイオスカー
    △アマノチェリーラン
        
            
 ハズレ・・・。

     
 回顧

   「ローブVで福永騎手4年連続連帯!!」

   ミドルペースで外差しが決まったレース。ベッラレイアは早めに動いた分、最後差される。

   もう、今年のGⅠは荒れようが固かろうが当たらないような気がしてきた・・・。

   POのピンカメは少し夢を見させてもらったが5着。良く頑張った。


5/20 東海S

 結果
    1.メイショウトウコン
    2.ワンダースピード
    3.シャーベットトーン
    4.サカラート
    5.マイネルボウノット

 予想
    ◎キクノアロー
    ○メイショウトウコン  →1着 
    ▲クワイエットデイ 
    △シャーベットトーン  →3着
    △オリンピアンナイト
    △ラッキーブレイク
          
            
 ハズレ・・・

     
 回顧

   「メイショウトウコン差しきり勝ち。」
   
   直線でメイショウトウコンが後方から、前を行く馬をまとめて差しきり勝ち。

   今年も人気4歳馬が飛びまくったレースなので、このレースは5歳・6歳だけの予想で良いのかも。

   個人的には、そういった流れからもワンダースピードを紐で購入していたので馬連的中・・・。

 
 
 <今週の予想総括>

   今週の予想は3レース中1レース的中。

   ヒモ決着だったが一応昇竜Sは的中。POのヤマカツブライアンが飛んだ時点で馬券は全滅だが。

   最近全く当たらないですね。何がいけないんだ?流れだけでは無いような気がする。

   ちょっと、検討の仕方を変えなければいけない時期かも。

   
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5/20 オークス & 東海S 予想

2007-05-19 17:19:40 | 予想
第68回 優駿牝馬 (東京11R・JpnⅠ・芝2400m・3歳・牝)

 桜花賞1着馬ダイワスカーレットが熱発で回避。桜花賞2着馬ウオッカがダービー参戦で不在。

 1番人気ベッラレイアは追い込み脚質+秋山騎手のGⅠ経験の少なさ。今年のG(Jpn)Ⅰの大荒れ具合。

 もう固く決まるとは到底思えないが、どの馬を穴馬としてみるかも決めづらい。

 毎年オークスはスローになるので、血統的に長距離不向きでもこなせるレース。

 そのスローというのが、サンデー産駒が相性抜群だった理由。

 純粋なキレ勝負になるとやはりSS系を中心視したいが、人気どころのSS系が

 キレよりも持続力をウリにするダンスインザダーク産駒。

 単純にキレだけを見るならアグネスタキオン産駒の方が有利になろう。

 そしてキレ勝負になった時、やはりベッラレイアを外すことはできない。

 問題はダイワスカーレットが回避したことで、ベッラレイアだけをマークするだけで良いという事。

 そういう風潮がスローの展開に拍車をかけることになって、前が止まらないケースが出ることである。

 先週のヴィクトリアマイルでも前が止まらなかったことを見ると、当然そのケースは大いにあり得る。

 この超大混戦を制するのは、はたして・・・。 

 ちなみに指数では

  1.ザレマ
  2.カタマチボタン
  3.ミンティエアー
  4.ベッラレイア
  5.ピンクカメオ

 ほぼ人気どおりなのですが、コレで決まったらまったく荒れないですよね。

 荒れる荒れると言われているレースほど、意外と荒れないのでは?

 というわけで予想は


  ◎ : 07 ベッラレイア
  ○ : 11 カタマチボタン
  ▲ : 05 ミンティエアー
  △ : 18 ザレマ
  △ : 08 ピンクカメオ
  △ : 10 トウカイオスカー
  △ : 15 アマノチェリーラン
  
 
 以上7頭です。

 本命はベッラレイア。前走・前々走で見せた豪脚、特に前走のフローラSでの前が塞がりながらも

 ラスト1ハロンで差し切った末脚を見せられたら、この馬を本命にせざるおえない。

 オークスは桜花賞組と別路線組で討論になるが、今年の桜花賞は1・2着馬以外はレベルが低いようにも思える。

 その1・2着馬がいない今回、別路線組筆頭であるこの馬が桜花賞組をぶった切ってもおかしくなかろう。

 そう言っておきながら、対抗はカタマチボタン。(爆)だって指数2番手ですから。

 デビュー以来着外になっていない安定感は、混戦レースで重宝したい存在。自在性もあるので逆転も。

 ミンティエアーは追いきり抜群。フローラSではベッラレイアに着差以上に完敗だったが

 調子の良さでは負けていない。これも逆転の余地あり。

 指数トップのザレマ、こないとは思うがPOだけにピンクカメオ、

 追いきりが良かったトウカイオスカーとアマノチェリーランまで。

 買い目は7軸の3連複15点と11軸の馬連6点。それと8枠絡めた馬券は当然買い。

 【参考】

 オークスレースデータ「優駿牝馬を考える」

 今年のG(Jpn)Ⅰの入着枠順「今年のG(Jpn)Ⅰ戦線の枠順推移」




第24回 東海ステークス (中京11R・GⅡ・ダ2300m)

 ダート長距離重賞。こちらは軽く印だけ。 


  ◎ : 05 キクノアロー
  ○ : 02 メイショウトウコン
  ▲ : 11 クワイエットデイ
  △ : 14 シャーベットトーン
  △ : 07 オリンピアンナイト
  △ : 01 ラッキーブレイク


 以上6頭です。

 かなり混戦気味ですので、自信は無いです。

 買い目は馬連BOX15点。


 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5/19 昇竜S 予想

2007-05-18 18:01:11 | 予想
明日は久しぶりに重賞レースが無いので、PO馬ヤマカツブライアンが出走する昇竜Sの予想をします。

って言っても指数化していないし、ほとんど印だけのようなもんですが。

昇竜ステークス (中京10R・OP・ダ1700m・3歳)

 今年のダート戦線は、中々粒揃い。

 そのトップレベルの多くはユニコーンSに直行みたいですが、

 このレースも今後の3歳ダート戦線を占う意味でも重要な1戦。はたして。


  ◎ : 05 ヤマカツブライアン
  ○ : 15 マコトスパルビエロ
  ▲ : 11 ヒシカツリーダー
  △ : 10 ホワイトメロディー
  △ : 09 パルティーレ
  △ : 07 トーセンアーチャー
  
 
 以上6頭です。

 この時期の3歳ダート戦とあって、勝ち上がってきたのはほとんど前を行く馬。

 このレースも人気馬は逃げ・先行馬多数で、かなり混戦。

 かと言って、中京コースとなれば差しがバンバン決まるとは思えない。

 それなら、素直に有力馬から入りたい。

 本命はヤマカツブライアン。PO馬なので、盲目的になってしまうところもあるが、

 能力はこの中に入ってもトップレベル。前走兵庫CSでフェラーリピサに完敗したものの、内容は悪くなかった。

 問題はこの先行馬多数の中でどれだけマークされるか。初左回りも少し心配なので、頭鉄板ではない。

 勝てばダービー連闘とか訳分からん事言っているが、とにかくここに集中して走ってほしい。

 対抗は、ヤマカツブライアンと同じブライアンズタイム産駒のマコトスパルビエロ。

 距離適正ならメンバーNo.1。騎手もダートなら安定感のある岩田騎手とあれば、さらに信頼性アップ。

 そのマコトスパルビエロに端午Sで勝ったヒシカツリーダー、距離微妙もダートならホワイトメロディー、

 端午S組からもう1頭パルティーレ、何か気になるトーセンアーチャーまで。

 買い目は5軸の3連複10点。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オークスを考える

2007-05-17 17:26:17 | レースデータ
牝馬No.1のウオッカがダービー参戦。桜花賞馬ダイワスカーレットが、熱発により回避。

ベッラレイアが1本被りしそうだけど騎手不安。

風雲急を告げる今年のオークス。荒れるか?今週も荒れるのか?

優駿牝馬 (東京・JpnⅠ・芝2400m・3歳・牝馬)


過去10年がデータ対照。


親(3着内に複数回きた親馬を抽出)

 サンデーサイレンス産駒バカ強のレースでしたが、今年からSS産駒はいません。

 ですので「該当馬無し」としたいところですが、最近どうもリファール系の嵐が巻き起こっているので、

 リファール系を中心視してみたいと思いったが、今年リファール系を持つ馬はいない。

 ただ、母父ニジンスキー系の馬が6頭、ダンスインザダークもニジンスキー系を持つので、

 合わして8頭のニジンスキーの血が。出走18頭中半分近くがニジンスキー系を持つ事になる。

 これはレースの展開に影響するのだろうか。例年スローの上がり勝負になるオークスに限っては、

 ニジンスキー系やや不利といった感じもするのだが。
  

(中央レースの)2走前までに連帯している馬を中心視(過去10年30頭)
  
  1着:19頭、2着:7頭、3着:4頭      
 
  【該当馬】

  スマートカスタム、ミンティエアー、ミルクトーレル、ベッラレイア、ピンクカメオ、トウカイオスカー、カタマチボタン

  ラブカーナ、アマノチェリーラン、アドマイヤベガ、ザリーン、ザレマ


 
前走の主なステップレース(過去10年)

  ・桜花賞   →21頭
  ・忘れな草賞 →3頭
  ・フロラS  →5頭

 桜花賞組みが異様に強いレースですが、その筆頭であるはずの1・2着馬がいない。

 はたして、このデータは役立つのか? 
 
 【該当馬】

  桜花賞:カタマチボタン(3)、ローブデコルテ(4)、レインダンス(6)、アマノチェリーラン(10)、ピンクカメオ(14)

  忘れな草賞:ザレマ(1)、ラブカーナ(2)

  フローラルS:ベッラレイア(1)、ミンティエアー(2)、ミルクトーレル(4)、ザリーン(8)、ウィンナワルツ(10)、マイネルーチェ(11)

            

重賞レース成績

 重賞1着:15頭、2着:7頭、3着:4頭

 4着以下及び経験無しの4頭→OP勝ち:3頭、OP3着:1頭

 よって、重賞入着馬およびOP勝馬を中心視。

 【該当馬】

  重賞入着馬マイネルーチェ、ハロースピード、ミンティエアー、ベッラレイア、ピンクカメオ、レインダンス、カタマチボタン、アマノチェリーラン

  OP勝馬ローブデコルテ、ザレマ


人気

  ・01番人気:2-1-2-5
  ・02番人気:2-2-1-5
  ・03番人気:1-0-2-7
  ・04番人気:1-2-1-6
  ・05番人気:1-2-0-7
  ・06番人気:1-0-0-9
  ・07番人気:2-0-2-6
  ・09番人気:0-0-1-9
  ・10番人気以下:0-3-1-※
  
  人気馬不振。ここは、穴馬も充分台頭できるGⅠレース。というか、今年の流れから荒れるでしょう。

 


 1枠:3回、2枠:4回、3枠:6回、4枠:0回
 5枠:5回、6枠:3回、7枠:4回、8枠:5回

 東京コース改修後('03)の成績

 1枠:2回、2枠:2回、3枠:2回、4枠:0回
 5枠:3回、6枠:0回、7枠:1回、8枠:1回

 4枠と6枠が成績悪いですね。なんとその4枠にベッラレイアピンクカメオが・・・。

 とりあえず5枠と8枠を中心視。

 【該当馬】

  5枠レインダンス、トウカイオスカー
  
  8枠アドマイヤスペース、ザリーン、ザレマ

 
騎手(3着以内に複数回きた騎手成績)

  ・武豊:0-2-2-4
  ・福永:2-1-0-2
  ・藤田:1-0-1-4
  
         
 【該当馬】

  ・武豊ザレマ
  ・福永ローブデコルテ
  ・藤田カタマチボタン  

  
所属

 ・栗東:6-8-8-96(73%)
 ・美浦:4-4-5-46(27%)

 過去10年では綺麗に関西馬2頭・関東馬1頭という割合。(関西馬で決まった'05・'00除く)

 栗東馬を中心視。

 【該当馬】

  スマートカスタム、ローブデコルテ、ミルクトーレル、ベッラレイア、レインダンス、ラブカーナ
  
  ウィンナワルツ、アマノチェリーラン、ザリーン、ザレマ



【データからみる結論】

  ベッラレイアを中心視。次点が、ザレマ、ローブデコルテ、レインダンス


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

乗り変わりね。

2007-05-16 19:45:31 | Weblog
下で今年の3歳牡馬の話をしたところで、

ダービーでのアドマイヤオーラタスカータソルテが乗り変わりだそうで。

しかもアドマイヤオーラ=武豊、タスカータソルテ=岩田康誠だったのが、

アドマイヤオーラ=岩田康誠、タスカータソルテ=武豊になるみたいです。

武豊のアドマイヤオーラの騎乗っぷり(オーラだけじゃない?)に怒ったオーナーサイドの意向らしいですが。

これで遺恨対決の様相が出てきましたが、おそらくどっちも来ない確立が高くなったような・・・。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする