デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

明日も競馬はあるよ~。

2010-10-31 16:57:44 | 競馬雑記
土曜の代替開催で明日も東京競馬場で競馬が行われます。
赤富士Sの予想は、土曜の予想のままでいきます。

今週の回顧も明日しますが、天皇賞・秋についてはチョット愚痴らせて。



んなアホな。


エイシンアポロンかジャガーメイル、どちらかは来ただろう~。

ホワイト騎手、豪快に切り込んで、豪快に詰まるなんて・・・。

穴期待爆発だった○と▲がこんなことになるとは・・・。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 10/31 天皇賞・秋 予想

2010-10-30 21:33:51 | 予想
土曜の予想で、「馬場がどうなっているか分からない。」と書きましたが、
「もしかしたら雨降らないんじゃないかな?」という意味でして、
案の定、京都は降りやがりませんでした。
パンパンまでは行かないまでも、ちょうど良い良馬場の京都で、
関西を雨予報した天気予報士の方々を恨みながら、
重馬場仕様のスワンSの予想の結果を見ると、
指数通り買っておけば馬連8000円もついてるじゃん。

えぇ、馬場を予想するのも競馬の予想の一部ですから、ボクが悪いんですよ。
えぇ、決して天気予報士の方の責任じゃないですよ。
えぇ・・・。

第142回 天皇賞・秋 (東京11R・GⅠ・芝2000m)

  1.アーネストリー 141.3
  2.シンゲン 138.0
  3.スマイルジャック 137.0
  4.ブエナビスタ 136.3
  4.キャプテントゥーレ 136.3

  以下3頭:ネヴァブション、ジャガーメイル、ペルーサ
 
  ◎ : 12 アーネストリー
  ○ : 04 エイシンアポロン
  ▲ : 03 ジャガーメイル
  △ : 02 ブエナビスタ
  ☆ : 06 スマイルジャック
  × : 10 シンゲン

 以上6頭。

 台風が過ぎたといっても、おそらく東京の馬場は悪いだろう。
 となると東京芝コースは内から乾いていく特性なので、
 明らかに内枠先行馬に有利な馬場になっているはず。

 シルポートが逃げ残るとは思えないので、
 やはり番手につけれそうな内枠の馬で固めてみました。

 アーネストリーは12番と外よりですが、
 2番手以下の指数が混戦である中、1頭だけ抜けているので本命に。
 
 エイシンアポロンは距離が課題だが、馬場と展開だけなら有利。

 春秋制覇がかかったジャガーメイルは差し馬ですが、
 調教も良かったですし、内々でうまく嵌れば。

 脚色不問のブエナビスタは鞍上をスミヨンに。
 スミヨンは内ラチ沿いを走らせて馬群を捌くのが抜群に上手いので、
 完全に囲まれなければ上位確実でしょう。

 エイシンアポロン同様距離が課題だが、指数の高いスマイルジャック。

 10番枠はギリギリか。シンゲンまで。

 とにかく外枠と追い込み馬は消しました。

 馬連 BOX
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 10/30 スワンS 他 予想

2010-10-29 21:14:46 | 予想
今週は台風の影響がどうでるか難しい・・・。

三春駒特別 (福島11R・1000万下・芝2000m)

  1.アグネスミヌエット 102.3
  1.マジックビクトリア 102.3
  3.マイネエアウエイ 101.0
  4.ダルニム 99.0
  5.キクカラヴリイ 98.6

  以下3頭:イイデエース、サマーアクトレス、ハイタッチクイーン
 
  ◎ : 11 マジックビクトリア
  ○ : 03 アグネスミヌエット
  ▲ : 06 レディビスティー
  △ : 03 キクカラヴリイ
  ☆ : 02 バイタルスタイル

 以上5頭。

 超大混戦。どの馬が勝ってもおかしくない。

 馬連 BOX
  
第53回 スワンステークス (京都11R・GⅡ・芝1400m)

  1.マルカフェニックス 127.6
  2.グランプリエンゼル 126.3
  3.ヘッドライナー 122.6
  4.ショウアンアルバ 122.5
  5.エーシンフォワード 122.0

  以下3頭:ファリダット、アーバニティ、プレミアムボックス

  ◎ : 12 マルカフェニックス
  ○ : 01 グランプリエンゼル
  ▲ : 11 アーバニティ
  △ : 14 ファリダット
  ☆ : 07 ヘッドライナー
  × : 13 ダノンムロー
    
 以上6頭。

 昨年のNHKマイルCを2番手から逃げ切ったジョーカプチーノが復帰。
 今年もスミヨンがやってきて、さっそく重賞騎乗のエーシンフォワード。
 しかし、明日は本当に馬場がどうなっているか分からない。

 指数もそれほど抜けた感じはしないですが、
 指数トップのマルカフェニックスは道悪巧者で距離適正抜群。
 これならこの馬軸でも良いと思う。

 あとの馬も道悪巧者で埋めましたが、はたして馬場がどうなっているか。

 馬連 12軸流し

赤富士ステークス (東京11R・1600万下・ダ2100m)

  1.フリソ 112.3
  2.ストロングバサラ 111.6
  3.チョイワルグランパ 109.3
  4.ミダースタッチ 107.0
  5.オメガファルコン

  以下3頭:シルクイーグル、クリスタルウイング、ピサノエミレーツ 

  ◎ : 01 フリソ
  ○ : 10 シルクイーグル
  ▲ : 06 ピサノエミレーツ
  △ : 03 ストロングバサラ
  ☆ : 08 チョワイルグランパ
  × : 02 オメガファルコン
    
 以上6頭。

 鞍上不安ですが、勢いに乗るフリソを軸で。
 内枠祭りでお願いします。

 馬連 1軸流し
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10年度 ドラフト会議

2010-10-28 21:24:27 | 野球
今日、2010年度のドラフト会議が行われました。

タイガースの指名選手は・・・。

 <1順目>

  榎田大樹 投手
  小林西-福岡大-東京ガス 左左

  社会人になってから頭角現し、即戦力左腕No.1の呼び声も。
  最速146キロの速球と多彩な変化球が武器の先発タイプ。

  左の先発は何枚あっても良い。
  最近の阪神に入る即戦力は、ほぼスペランカーなので、
  この選手は違う事を切に願う。(いや、マジで)

 <2順目>

  一二三慎太 投手
  東海大相模 右右

  2年秋の明治神宮大会では世代No.1の評価。
  しかしソコからスランプに陥り、サイドスローに変更後、
  夏の選手権では準優勝まで上り詰める。

  スポーツ紙などによると野手としての評価もあるが、
  甲子園でのバッティングを見ている限り(全てではないが)、
  特に秀でた感じはしないので、急造で試したサイドスローで、
  全国2位の原動力になった、その潜在能力を生かして、
  投手として育ててほしいところ。

 <3順目>

  中谷将大 捕手
  福岡工大城東 右右

  九州No.1の強肩捕手。
  高校通算20本塁打と、長打力もあり。

  よく分からないのですが、阪神の捕手育成が酷い(怒)ので、
  あまり期待はしていませんが、なんとか抜け出してほしい。
  
 <4順目>

  岩本輝 投手
  南陽工 右左

  2年時のセンバツでPL相手に厳しい投手戦を制して完投勝利。
  3年夏の選手権は中京大中京に味方のエラーもあり敗退。

  まとまった印象のある先発タイプ。なんとなく安藤っぽいが。
  阪神のドラ4は縁起が良いので、頑張ってほしいです。
  高校の大先輩、炎のストッパー津田恒美にどこまで近づけるか。

 <5順目>

  荒木郁也 内野手
  日大三-明治大 右左

  俊足が持ち味の6大学No.1のスピードスター。
  2年の夏に甲子園ベスト8。
  大学時は外野も守り走好守そろったユーティリティープレイヤー。

  平野タイプか?


6球団競合となった早稲田の大石君を外すのは、
阪神なんで諦めていましたが、総合的に見て無難なドラフトか。
1順目の榎田君には、能見・岩田に続く左の柱に成長してもらいたい。

ところで、1点だけ。

左の中継ぎはどうした?左の中継ぎぃぃぃぃぃ!!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天皇賞・秋を考える 前年度1~3着馬不在年

2010-10-27 18:32:07 | レースデータ
今年の天皇賞・秋は、昨年の1~3着馬が不在(全頭引退)。

という事で、前年度の天皇賞・秋1~3着馬が、
その年の天皇賞・秋で1頭も出走しなかった年は、
どのような馬が上位に来たか調べてみました。

対象は東京芝2000になった'84年より25年間とする。

該当年は'85・'87・'91・'95・'98・'02年の6回。
ただし、'85年は3歳馬に出走資格がなかったので参考データとする。

では、それぞれについて見ていこう。

'85年
 1.ギャロップダイナ 牡5 準OP2着から大外強襲で、大穴炸裂。
 2.シンボリルドルフ 牡4 長期休み明け初戦。
 3.ウインザーノット 牡4 毎日王冠2着から。

'87
 1.ニッポーテイオー 牡4 毎日王冠3着から。
 2.レジェンドテイオー 牡4 毎日王冠5着から。
 3.アサカツービート 牡7 準OP3着から大穴炸裂。

'91
 1.プレクラスニー 牡4 毎日王冠1着から。
 2.カリブソング 牡5 毎日王冠4着から。
 3.カミノクレッセ 牡4 ブリーダーズGC1着から。

 1位入線降着 メジロマックイーン 牡4 京都大賞典1着から。

'95
 1.サクラチトセオー 牡5 毎日王冠4着から。追い込み。
 2.ジェニュイン 牡3 毎日王冠6着から。
 3.アイルトンシンボリ 牡6 京都大賞典7着から。

'98 (サイレンススズカの故障で有利不利あり)
 1.オフサイドトラップ 牡7 新潟記念1着から。
 2.ステイゴールド 牡4 京都大賞典4着から。
 3.サンライズフラッグ 牡4 毎日王冠3着から。

'02
 1.シンボリクリスエス 牡3 神戸新聞杯1着から。
 2.ナリタトップロード 牡6 京都大賞典1着から。
 3.サンライズペガサス 牡4 毎日王冠4着から。


総じて前走が毎日王冠・京都大賞典上位組で決着しています。

3歳で連対した2頭は、共にダービー2着馬。
今年はいませんね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 10/23~24 予想回顧

2010-10-24 21:33:35 | 結果
10/23 会津特別

 結果
    1.バンガロール
    2.アモーレヴォレ
    3.リネンパズル
    4.オレンジティアラ
    5.バロンダンス

 予想
    ◎オレンジティアラ  →4着
    ○バンガロール   →1着
    ▲リネンパズル   →3着
    △ビバサムシング
    ☆バロンダンス   →5着
    ×ケイアイアストン

 ハズレ。

 回顧

  リネンパズルがハナを切るもチャームペンダントとリネンパズルが
  ついてきて、楽逃げ不可能でした。息を抜くところが無くて、
  さすがに直線で失速。今回は仕方ないか。
    
10/23 室町S

 結果
    1.マハーバリプラム
    2.エノク
    3.セイクリムズン
    4.アースサウンド
    5.ペプチドルビー

 予想
    ◎セイクリムズン  →3着
    ○マハーバリプラム →1着
    ▲ニシノコンサフォス
    △エノク      →2着
    ☆アースサウンド  →4着
    ×グランドラッチ

 ハズレ。       
    
 回顧

  スムーズに抜け出したエノクを直線つまり加減だったマハーバリプラムと、
  セイクリムズンが追い上げてゴール。この組み合わせで馬券外すとは・・・。


10/23 富士S

 結果
    1.ダノンヨーヨー
    2.ライブコンサート
    3.ガルボ
    4.リルダヴァル
    5.ブレイクランアウト

 予想
    ◎リルダヴァル    →4着 
    ○サンカルロ
    ▲セイクリッドバレー
    △ダノンヨーヨー    →1着
    ☆テイエムアタック
    ×スピリタス
 
 ハズレ。
   
 回顧

 「ヨーヨー、4連勝で重賞制覇!!」

  勝ったダノンヨーヨー以外は内々をロス無く回った馬が上位。
  リルダヴァルはやや詰まった感はあるが、一瞬の切れ味不足か。
  グリーンチャンネルでも言っていたがブレイクランアウトは
  かなり前が詰まっていての5着ですので、次走以降注意。

  ライブコンサートもガルボも今年の京都芝1600重賞を
  勝っているんですよね。ついでに言えばダノンヨーヨーも
  1000万下クラスの京都芝1600を勝っています。

  だからといって、買えませんが。(汗)
  

10/24 菊花賞

 結果
    1.ビッグウィーク
    2.ローズキングダム
    3.ビートブラック
    4.レーヴドリアン
    5.コスモラピュタ

 予想
    ◎トウカイメロディ
    ○クォークスター
    ▲ゲシュタルト
    △ビッグウィーク  →1着
    ☆ネオヴァンドーム
    ×サンディエゴシチー
    ×ビートブラック  →3着

 ハズレ。        

 回顧

 「金星ビッグウィーク、菊の大輪を飾る!!」

  コスモラピュタが大逃げかまして、ハイペースと思いきや、
  それ以降の馬がゆったりと走りすぎて、全体の流れはスロー。
  結果、前まで競馬をした馬で決着。後方待機組みは不発でした。

  ビッグウィークは素人目にもパドックから物凄い気合。
  コレは好走するだろうなと思いましたが、流れも向いて楽勝。
  
  ローズキングダムは血統評論でも書いたとおり、
  絶対距離長いと思いましたが、流れがスローになったこともあり、
  持ち味のキレで豪快に追い込んできました。
  勝てなかったのはバラ一族の宿命とでも言うべきでしょうか。

  ビートブラックはたぶん1番タフな競馬をしていたと思います。
  血統評価Aにして、少しは面目躍如。

  んで、本命のトウカイメロディ。
  中団で競馬するとは思いませんでした。
  勝ったビッグウィークやビートブラックあたりの
  位置取りで競馬すれば、また違った結果になったはず。

10/24 京都クラウンP

 結果
    1.ドリームライナー
    2.メイショウタメトモ
    3.サンライズモール
    4.ラターシュ
    5.テイエムザエックス

 予想
    ◎ドリームライナー   →1着
    ○メイショウタメトモ →3着
    ▲ラターシュ     →4着
    △サンライズモール  →2着
    ☆テイエムザエックス →5着

 馬連(3-4) 620円 的中!!        

 回顧

  指数通りですが、サンライズモールの圧勝。

10/24 福島民友C

 結果
    1.モルトグランデ
    2.スカイノダン
    3.ダイワマックワン
    4.ケイアイアストン
    5.エーシンダックマン

 予想
    ◎スカイノダン   →2着
    ○モルトグランデ  →1着
    ▲ウエスタンビーナス
    △エーシンダックマン →5着
    ☆アポロフェニックス
    ×ダイワマックワン  →3着

 馬連(1-3) 650円 的中!!        

 回顧

  好位で進み、直線馬群を切り裂いて伸びたモルトグランデの勝利。

  まぁ指数通りか。

10/24 ブラジルC

 結果
    1.インバルコ
    2.エアマックール
    3.アドマイヤスワット
    4.タマモクリエイト
    5.シビルウォー

 予想
    ◎インバルコ    →1着
    ○クリーン
    ▲メンデル
    △アドマイヤスワット →3着 
    ☆シビルウォー   →5着
    
 ハズレ。        

 回顧

  エアマックールねぇ。最近、府中得意だもんね・・・。
  君が来なければなぁ。


<今週の総括>

 菊花賞の血統評価は合ってたり外れてたりでしたが、
 まずますでしょうか。にしてもビートブラックの複勝が
 あんなにつくなら評価Aの馬だけでも複勝買っておくべきだった。
 はげしく後悔。

 あとは指数通りきていましたが、やっぱ安いネェ~。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 10/24 菊花賞 他 予想

2010-10-23 18:43:13 | 予想
かなり期待していたエアジョイントの惨敗っぷりに
早くも今期POG半分ぐらい終わった感覚に陥りましたが、
ロビンフットが、いちょうSを勝ってくれたので
少しは気が紛れました。

第71回 菊花賞 (京都11R・GⅠ・芝3000m・3歳)

 クラシック最終戦。
 『最も強い馬が勝つ』と言われる菊花賞。
 今年は皐月賞馬・ダービー馬不在で混戦気味。
 春のクラシック勢か、新興勢力か。はたして。

  1.ローズキングダム 127.6
  2.ヒルノダムール 122.6
  3.トウカイメロディ 121.3
  4.クォークスター 117.0
  5.アロマカフェ 112.6

  以下3頭:ビッグウィーク、シルクアーネスト、ゲシュタルト 

  ◎ : 15 トウカイメロディ
  ○ : 02 クォークスター
  ▲ : 13 ゲシュタルト
  △ : 06 ビッグウィーク
  ☆ : 04 ネオヴァンドーム
  × : 18 サンディエゴシチー
  × : 12 ビートブラック
    
 以上7頭。

 上の指数と、こないだ出した血統評価を組み合わして印つけました。
 ということで印の評価は血統評価の記事を見ていただいたらOKです。

 指数1番手2番手のローズキングダムとヒルノダムールを
 ぶった切りますが、直線勝負だけになれば普通にきそう。

 ですから、とにかくスタミナ勝負になることを祈っています。

 馬連 15・2軸流し

 ●『サタうま!』のシミュレーション結果●

  1.ローズキンダム
  2.トレイルブレイザー
  3.シルクオールディー

ライスシャワーメモリアル 京都クラウンプレミアム (京都12R・1600万下・ダ1800m)

 いや、管理人的にこのレースは予想しないといかんでしょ。(笑)

  1.ドリームライナー 120.3
  2.メイショウタメトモ 111.3
  3.ラターシュ 107.3
  4.メイショウエンジン 105.3
  5.テイエムザエックス 104.6

  以下3頭:サンライズモール、アコニットライアン、ポーカーフェイス 

  ◎ : 03 ドリームライナー
  ○ : 04 メイショウタメトモ
  ▲ : 01 ラターシュ
  △ : 02 サンライズモール
  ☆ : 06 テイエムザエックス
    
 以上5頭。

 ドリームライナーが抜けた指数。8割方来ると思うが、
 鞍上が鞍上だけに怖いところもある。

 馬連 3軸流し
 ライスシャワー馬券 単勝 3、8 枠連 2-4

福島民友カップ (福島11R・OP・芝1200m)

  1.モルトグランデ 130.0
  2.スカイノダン 126.3
  3.ウエスタンビーナス 124.6
  4.アポロフェニックス 119.6
  5.ケイアイアストン 112.6

  以下3頭:ワイルドハンター、サープラスシンガー、ダイワマックワン 

  ◎ : 03 スカイノダン
  ○ : 01 モルトグランデ
  ▲ : 02 ウエスタンビーナス
  △ : 12 エーシンダックマン
  ☆ : 11 アポロフェニックス
  × : 06 ダイワマックワン
    
 以上6頭。

 指数では上位3頭がやや抜け出した感じだが、
 3歳馬エーシンダックマンの先行力も魅力。
 スカイノダンンと普通にバクシンオー決着もありそうだが、
 とりあえず指数上位をそのまま厚い印にしました。

 馬連 3・1軸流し

ブラジルカップ (東京11R・OP・ダ2100m・ハンデ)

  1.インバルコ 128.6
  2.メイショウクオリア 126.6
  3.クリーン 125.6
  4.マイネルアワグラス 125.0
  5.メンデル 121.6

  以下3頭:アドマイヤスワット、シビルウォー、エアマックール 

  ◎ : 02 インバルコ
  ○ : 09 クリーン
  ▲ : 02 メンデル
  △ : 06 アドマイヤスワット
  ☆ : 07 シビルウォー
    
 以上5頭。

 上位拮抗。
 印はつけたが抜けた馬いなく強弱は関係ない。

 馬連 BOX
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 10/23 富士S 他 予想 

2010-10-22 19:03:43 | 予想
会津特別 (福島11R・1000万下・芝1200m)

  1.オレンジティアラ 105.3
  2.バンガロール 104.3
  3.リネンパズル 96.6
  4.カシノリボン 95.3
  5.ビバサムシング 90.6

  以下3頭:バロンダンス、ブルームーンピサ、トシザコジーン
 
  ◎ : 04 オレンジティアラ
  ○ : 03 バンガロール
  ▲ : 01 リネンパズル
  △ : 06 ビバサムシング
  ☆ : 02 バロンダンス

 以上5頭。

 上位の指数がやや抜け出した感じ。
 福島開幕週ですから内枠先行馬の天国でしょう。
 とうことで、指数通りオレンジティアラを本命。

 馬連 4軸流し
  
室町ステークス (京都11R・OP・芝1200m・ハンデ)

  1.セイクリムズン 128.0
  2.マハーバリプラム 124.6
  3.ニシノコンサフォス 122.3
  4.エノク 122.0
  5.アースサウンド 117.0

  以下3頭:タマモホットプレイ、マイプリティワン、アドマイヤゴルゴ 

  ◎ : 03 セイクリムズン
  ○ : 05 マハーバリプラム
  ▲ : 11 ニシノコンサフォス
  △ : 14 エノク
  ☆ : 10 アースサウンド
  × : 02 グランドラッチ
    
 以上6頭。

 これは上位拮抗。
 ですが、指数トップのセイクリムズンは京都で抜群の安定感。
 指数通りに本命へ。

 馬連 3軸流し

富士ステークス (東京11R・GⅢ・芝1600m)

 マイルCSへ向けて重要な1戦。
 毎日王冠では思わぬ惨敗を喫した安田記念馬ショウワモダンが
 出走してくるが・・・。

  1.ショウワモダン 136.3
  2.サンカルロ 131.0
  3.ダノンヨーヨー 130.0
  4.セイクリッドバレー 129.3
  5.スピリタス 127.3

  以下3頭:マルカシェンク、リルダヴァル、テイエムアタック 

  ◎ : 05 リルダヴァル
  ○ : 16 サンカルロ
  ▲ : 02 セイクリッドバレー
  △ : 09 ダノンヨーヨー
  ☆ : 10 テイエムアタック
  × : 12 スピリタス
    
 以上6頭。

 指数トップのショウワモダンですが、やはり前走の惨敗っぷりが、
 どうしても気になる。4角の手応えからしてもう少し上位にこれたと
 思うのだが、直線まったく伸びなかった。ここは様子見。

 で、本命はリルダヴァル。
 今年の3歳の芝路線はレベル高いことが既に証明されている。
 元々の素質馬でしたが、故障した分クラシックは順調さを欠いた。
 夏の放牧明けである大原Sでは古馬を圧倒。
 今回ほとんどが後ろからの馬ということで、
 楽に先行でき、自分のペースで走れそうなのもプラス。
 指数自体は7番手だが3歳に厳しい指数の出し方なので、
 問題ないだろう。

 あとは大体指数通りに。

 馬連 5軸流し

明日は上のメインよりも、PO馬3頭の結果が
気になって仕方ないだろうな。
特にあの仔が惨敗するような事があれば・・・。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菊花賞を考える 血統編

2010-10-21 21:13:48 | レースデータ
菊花賞は血統だけで取れる数少ないレース。

今年も素人ながら血統評価をしてみようと思います。

スポーツ紙の見解と全然違って、
やっぱ素人考えなんだなぁと思っちゃうけど(笑)、
聞き流す程度でお願いします。

アロマカフェ(マンハッタンカフェ×ハートレイク)

 マンハッタンカフェ自身は菊花賞を勝っているが、
 産駒は長距離戦よりも短い距離を得意としている。
 母系も短距離志向が強く、あまり推せない。

 評価 D

カミダノミ(ファルブラヴ×カルダウン)

 母系はまずまずだが、ファルブラヴの産駒が菊花賞で
 好走するとは思えない。

 評価 D

クォークスター(アグネスタキオン×ヘクタープロテクター)

 アグネスタキオンは距離万能型。
 母系はネヴァーベンド系のリヴァーマンも入っていて、
 必ずしも悪くない配合。

 評価 B

ゲシュタルト(マンハッタンカフェ×エンドスウィープ)

 マンハッタンカフェは上記。
 母系はエンドスウィープがマイル~中距離も、
 サドラーズウェルズでスタミナ面を後押し。

 評価 B

コスモラピュタ(ロージズインメイ×トニービン)

 ロージズインメイはマイル志向の強い産駒が多い。
 母系はトニービンとサドラーズウェルズが入ってスタミナ面を補強。
 
 評価 B

サンディエゴシチー(マンハッタンカフェ×ラーイ)

 マンハッタンカフェは上記。
 母系はスタミナを補填するブラッシングルームの系統。
 他にミスプロとニジンスキーを持ち、スピードの持続力も兼ねる。

 評価 B

シルクアーネスト(グラスワンダー×サンデーサイレンス)

 菊花賞と相性の良いロベルト系のグラスワンダーですが、
 中距離に特化した産駒を輩出しているので、超長距離で
 好走するタイプとはちょっと違うような感じがする。
 母系もそれほど推すことは出来ない。

 評価 C

シルクオールディー(マンハッタンカフェ×クリスエス)

 マンハッタンカフェは上記。
 母系はややスタミナに劣る部分があり。

 評価 C

トウカイメロディー(チーフベアハート×ジェネラス)

 父系も母系もスタミナ配合。
 メンバー唯一のリアルシャダイの血を持ち、
 スタミナ血統だけでは群を抜いている。
 ただ、スピードに不安点ある。

 評価 A

トレイルブレイザー(ゼンノロブロイ×フォーティナイナー)

 ゼンノロブロイは中距離で活躍。
 超長距離である菊花賞・天皇賞春共に好走はするものの、
 他のレースよりはパフォーマンス落ちていたのを見ると、
 長距離得意とはいえない。
 母系はフォーティナイナーこそマイル志向が強いが、
 ニジンスキー、リヴァーマンとスタミナ補填はされている。

 評価 B

ネオヴァンドーム(ネオユニヴァース×トニービン)

 ネオユニヴァースもゼンノロブロイと似たような感じ。
 母系はトニービンと距離万能型ノーザンテーストと
 特に不安するような所はない。

 評価 B

ヒルノダムール(マンハッタンカフェ×ラムタラ)

 マンハッタンカフェは上記。
 母系も強く推せる配合ではない。

 評価 C

ビートブラック(ミスキャスト×ブライアンズタイム)

 ミスキャストはSS×トニービンも母がノースフライトで、
 やや距離に難がありそう。
 母系はブライアンズタイムとレインボークエスト。
 さらにセクレタリアトでボールドルーラの系統もあり、
 父系のスタミナ不足を補うに余りある。

 評価 A

ビッグウィーク(バゴ×サンデーサイレンス)

 バゴ産駒の評価と、母系のノーザンディクテイターが
 よく分からないので、ちょっと評価しづらい。
 たぶんスタミナはあるほうだとは思う。

 評価 B

ミキノバンジョー(グラスワンダー×リヴリア)

 グラスワンダーは上記。
 母系はやや距離に難あり。

 評価 C

リリエンタール(モンジュー×モンズーン)

 モンジューはサドラーズウェルズの血で、スタミナ量豊富。
 母系もスタミナ値高い配合ですので、適性はある。
 が、スピード値に乏しいので、総合的にどうか。

 評価 B

レーヴドリアン(スペシャルウィーク×ハイエストオナー)

 スペシャルウィークは昨年書いたとおり、
 スタミナ値の高いSS系種牡馬。
 母系はやや短距離志向が強く、評価は微妙。

 評価 C

ローズキングダム(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

 キングカメハメハはマイルから中距離タイプ。
 母系もそれほど推せる配合でもないので、
 こちらも評価微妙。

 評価 C


ということで、個人的な評価としては、

 <Aランク>
 トウカイメロディー、ビートブラック

 <Bランク>
 クォークスター、ゲシュタルト、コスモラピュタ
 サンディエゴシチー、トレイルブレイザー
 ネオヴァンドーム、ビッグウィーク、リリエンタール

今年は菊花賞と相性の良いダンスインザダーク産駒の
出走が無く、父レベルで言えばコレといった馬はいません。
超長距離戦で行われると興ざめな直線だけの競馬にならい限り、
今年は母系の重要性が際立つレースになりそうです。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

皐月・ダービーの勝馬が出走してこない菊花賞

2010-10-21 17:52:06 | レースデータ
エイシンフラッシュが脚部不安で菊花賞出走回避ということで、
今年の菊花賞は、皐月賞馬・ダービー馬不在での開催となります。

で、過去30年間で今年と同じように皐月賞馬・ダービー馬不在の
菊花賞では、どのような馬が勝ったのか調べてみました。
春の2冠馬は菊花賞に出走していないことが多いので、
その年は除外します。

で、調べたところ、'90・'04・'08年の3回。

各年の勝馬は

 '90 メジロマックイーン
 '04 デルタブルース
 '08 オウケンブルースリ

メジロマックイーン:春クラシック未出走。準OP2着からの出走。
デルタブルース:春クラシック未出走。1000万下1着からの出走。
オウケンブルースリ:春クラシック未出走。神戸新聞杯3着からの出走。

つまり、春クラシックは間に合わず、
古馬混合の1000万下を勝利している馬が勝利しています。

今年、この条件にあてはまるのは

めちゃくちゃいるので書ききれません。(爆)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする