デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジャパンカップを考える 「過去データ」

2012-11-20 23:47:38 | レースデータ
超久しぶりに、重賞の過去データ。
懐かしいテンプレどうぞ。

第32回 ジャパンカップ (GⅠ・東京・芝2400)

対象:過去10年(海外成績含む)

血統

 <父系>
 
 SS系:3-5-4-40
 ロベルト系:2-0-2-8
 キングマンボ系:2-0-0-5
 ミスプロ系:2-0-0-4
 リボー系:1-0-0-2
 グレイソヴリン系:1-2-1-11

 <母系>

 SS系:3-1-1-10
 ニジンスキー系:2-1-1-9
 ミスプロ系:1-1-2-12

 <組み合わせ>

 SS系×ミスプロ系:1-1-2-4
 SS系×ニジンスキー系:1-1-1-2
 ロベルト系×ネヴァーベンド系:1-0-1-1(いや、ウオッカだけだが)

 まぁ、あまり気にするほどの傾向はないですかね。
 強いて言えばニジンスキー系の活躍が目立ちますが、
 それも人気を背負った馬でしたので、
 特に予想で迷うことはないでしょう。
 
 ちなみに、今回の出走馬でニジンスキーの血が入った馬は、
 ダークシャドウ(父ダンスインザダーク)のみ。

 ダンスインザダーク:0-1-1-4

 デルタブルースとザッツザプレンティ。
 共に菊花賞勝った後のレースですね。
 負けた馬もツルマルボーイ以外は大負けしていません。
 ダークシャドウ要注意で。

前走着順

 1着:3-3-6-18
 2着:1-2-1-23
 3着:2-1-0-7
 4着:2-3-0-8
 5着:1-0-0-8
 6着:1-1-0-10
 7着:0-0-1-6
 8着:0-0-0-9
 9着:0-0-1-5
 10着以下:0-0-0-25

 前走6着の馬1頭目はハーツクライ。
 前走天皇賞秋、0.3秒差の6着。
 2頭目はアドマイヤムーン。
 前走天皇賞秋、0.7秒差の6着。

 前走7着の馬はヴィクトワールピサ。
 前走凱旋門賞ですので、ほぼ参考外。

 前走9着の馬はジャガーメイル。
 前走天皇賞秋、1.3秒差の9着。

 前走10着以下は用無し。

 (消)トーセンジョーダン

 前走が天皇賞・秋以外で5着以下の馬も用無し。

 (消)オウケンブルースリ、ローズキングダム、マウントアス、レッドカード、スリプトラ

 基本的に前走4着以内。

ステップレース

 天皇賞・秋:4-7-5-38
 菊花賞:2-3-1-14
 凱旋門賞:1-0-1-10
 京都大賞典:1-0-1-4
 AR共和国杯:1-0-0-7
 英チャンピオンS:1-0-0-0
 BCF:0-0-1-1
 秋華賞:0-0-1-0

 まぁ、一言。天皇賞・秋ですよ。

1年以内重賞成績

 1着:28頭、2着:1頭、4着:1頭

 (1年以内GⅠ成績)

 1着:21頭、2着:5頭、3着:1頭、4着:1頭、なし:1頭

 1年以内に重賞勝ち馬かつGⅠ連対馬。

 (消)ジャガーメイル、ダークシャドウ、メイショウカンパク

人気

 1人気:3-3-3-1
 2人気:2-3-1-4
 3人気:1-0-1-8
 4人気:2-1-0-7
 5人気:1-2-1-6
 6人気:0-1-1-8
 7人気:0-0-1-9
 8人気:0-0-1-9
 9人気:1-0-0-9
 10人気以下:0-0-1-74

 1番人気、来ます。
 上位人気信頼性高いですが、
 極端に人気がない馬以外は、穴もポツポツ。



 特に偏りなく。
 1、3、5、8枠がマズマズ。 
  
騎手

 岩田:2-1-1-1
 武豊:2-0-1-5
 ルメール:1-2-0-6
 ペリエ:2-1-1-2
 デットーリ:1-0-1-0
 デムーロ:1-0-0-5
 佐藤哲:1-0-0-2
 四位:0-1-2-2
 安藤勝:0-1-1-5
 内田博:0-1-0-2
 スミヨン:0-1-0-2
 和田:0-1-0-1
 ウィリアムス:0-1-0-0
 ギュイヨン:0-0-1-0
 デザーモ:0-0-1-0
 渡辺:0-0-1-0

 ほぼ、来る騎手決まっとりますな。
 ようはトップ騎手ですよ。
 中でも岩田騎手は最悪でもヒモには入れておいた方が無難。
 トップ騎手と言っても、東組は不振です。

 蛯名:0-0-0-4
 後藤:0-0-0-3
 横山典:0-0-0-7

 ちなみに
 ムーア:0-0-0-4
 です。



 3歳:2-4-3-26 4歳:4-3-3-34 5歳:3-2-3-33 
 6歳:1-1-0-22 7歳以上:0-0-1-20

 6歳まで。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菊花賞を考える 血統編 まとめ

2012-10-18 23:53:56 | レースデータ
今週の『菊花賞を考える 血統編 ①~③』をまとめると、

 ◎ゴールドシップ
 ○タガノビッグバン
 ▲ロードアクレイム
 注コスモオオゾラ
 △アーデント、ユウキソルジャー、スカイディグニティ


こんな感じ。

(あくまで血統だけでの判断ですけど。)
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菊花賞を考える 血統編 ③

2012-10-18 22:56:44 | レースデータ
菊花賞を考える 血統編 その③
(賞金順です)

フェデラルホール
父:ステイゴールド × 母父:ドクターデヴァイス

<父系>
割愛

<母系>
ベールドインパクトの所でも書いたように、
ドクターデヴァイスは短距離指向が強い。
ただ、ベールドと違ってノーザンテーストと
レッドゴッドで持続性をアップしている分、
ベールドよりも距離持つ配合。

<総合評価>
基本的には中距離タイプだが、こなせる範囲。
距離よりも、軽い芝に対応できるかが疑問。


ミルドリーム
父:シンボリクリスエス × 母父:サンデーサイレンス

<父系>
シンボリクリスエス産駒は自身の成績とは裏腹に、
マイルまでやダート戦線での活躍が目立ちます。
ただ、シアトルスルーを内包しているので、
スピードの持続力という面は持っているはず。
ただ反面、切れ味に乏しい面もあるので、
今の競馬とあっているかどうか。

<母系>
叔父にフジキセキやシャイニンレーサーなど。
種牡馬フジキセキとしての評価は、タガノビッグバン参考。
一族的にはやはりマイルまでの活躍目立つ。

<総合評価>
長い脚を使える血統ですが、総合的なスタミナ面で判断すると、
やはり距離が長い。


ユウキソルジャー
父:トーセンダンス × 母父:オースミタイクーン

<父系>
超名牝ダンシングキイの末弟。
つまり、ダンスパートナー、ダンスインザダーク、
ダンスインザムードの全弟。
まぁ、いろいろあったわけアリのお馬さん。
自身の成績はともかく、エアダブリン、ダンスインザダークの
弟なわけだから、スタミナ満タン。ダンシングキイが
ニジンスキーの血を色濃く継いでいる結果でしょう。

<母系>
トライマイベストとヌレイエフ。
明らかに距離は短めがベスト。

<総合評価>
父系のスタミナ満点反面のキレ不足を補うように
母系が存在しています。組み合わせとしては悪くない。
父トーセンダンス自身の遺伝能力が高ければ、
大穴としては面白いと思います。


ラニカイツヨシ
父:タヤスツヨシ × 母父:ヘクタープロテクター

<父系>
SS産駒最初(というか初年度)のダービー馬。
ダービーを制した後は燃え尽きたように成績を落とし、
出遅れもあったとはいえ、菊花賞も惨敗。
種牡馬としてもダートや短距離での活躍馬多く、
カロをもってしてもスタミナ面で不安。

<母系>
ヘクタープロテクターでスピード、
ヤマニンスキーのニジンスキーでスタミナ面を
補強してます。ヘクターのネヴァーベンドでも、
スピードの持続性ありで、オグリキャップの母父でもある、
シルバーシャークが母母父。よって、どちらかというと、
持続性の塊のような血統構成。

<総合評価>
母の持続性適正が父系のそれをカバーしているが、
スタミナという事だけを考えれば、カバーしきれてません。



アーデント
父:ディープインパクト × 母父:Kaldoun

<父系>
割愛

<母系>
カロでスピードと持続性。さらにミルリーフの血も入っていて、
スタミナ面での強調材料は高い。

<総合評価>
母系のスタミナ+父のスピードが上手く嵌れば、
大穴の可能性も。


ダノンジェラート
父:ディープインパクト × 母父:Pivotal

<父系>
割愛

<母系>
ヌレイエフから続く切れ味と、コジーンの持続力。
ココまでは良いが、さらに母母の方へ行くと、
距離適性がどんどん短くなっちゃく感じ。

<総合評価>
リファールのクロスも有り、
スピードと切れ味豊かな反面、ややスタミナ面に不安。


フジマサエンペラー
父:シンボリクリスエス × 母父:サンデーサイレンス

<父系>
割愛

<母系>
母はオークス2着馬。
といえど、一族は短距離指向強く、
シアトルスルーで持続力の向上をみせたとしても・・・。

<総合評価>
シアトルスルーのクロスと、ヘイルトゥリーズンのクロス。
完全に距離長い。


ロードアクレイム
父:ディープインパクト × 母父:トニービン

<父系>
割愛

<母系>
母はオークス馬レディパステル。
トニービン、ブラッシングルームでスタミナ力。
ドクターフェイガーでスピード力。

<総合評価>
血統だけのスピード+スタミナのバランスは完璧です。
血統論から外れてしまいますが、
なぜここまで成績が安定していないのかが不思議なくらいです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菊花賞を考える 血統編 ②

2012-10-17 20:27:41 | レースデータ
菊花賞を考える 血統編 その②
(賞金順です。)

スカイディグニティ
父:ブライアンズタイム × 母父:ノーザンテースト

<父系>
ブライアンズタイムは時として超大物を出すが、
最近はめっきりダート指向が強く、芝の大物が出にくくなっています。


<母系>
ノーザンテースト、ボールドルーラと入っていて、
続いてリボーとなると、若干スピード重視になっている。

<総合評価>
決してスタミナがないわけでないが、
総合的にみるとGⅠレベルのレースとなるとどうか。


エタンダール
父:ディープインパクト × 母父:Montjeu

<父系>
割愛。

<母系>
モンジュー。サドラーズウェルズと言えばタフとも思うが、
超軽くなりやすい京都ではあまり用はない。
ミルリーフ-シャーリーハイツの流れも、
スタミナ面の強調はできても軽い芝はプラスではないだろう。

<総合評価>
スタミナは悪くないものの、やや母系が重い。


タガノビッグバン
父:フジキセキ × 母父:リアルシャダイ

<父系>
短距離~マイラー色強い産駒傾向ですが、
ドリームパスポートやユメノシルシなど、距離をこなせる馬も
でています。安定感も強く、波に乗ると大崩れないのも魅力。
長距離はベストでないにしても、それなりに。

<母系>
淀の長距離の盟主リアルシャダイ。この血が入っているだけで、
とりあえず買っておけば良い。名牝ダイナフェアリーを祖母に持ち、
一族にローゼンカバリー、ホクトスルタンなど。
メンバー随一のスタミナ力のある母系です。

<総合評価>
父系にやや不安残るものの、母系が鬼なので無問題。


ニューダイナスティ
父:ディープインパクト × 母父:Dynafomer

<父系>
割愛

<母系>
ロベルト系×ダンチヒ。
父と合わせてヘイロー、ロベルト、サーゲイロードと、
日本で流行ったターントゥ系が一堂に会しています。
ヘイルトゥリーズンのクロスは適正距離が短くなるらしい。
ダンチヒも強調材料乏しく、スタミナ面で不安。

<総合評価>
長い。


ビービージャパン
父:アドマイヤジャパン × 母父:トニービン

<父系>
ディープインパクトの3冠に最後まで抵抗した父。
名牝ビワハイジの産駒として恥ずかしくない成績を残したものの、
産駒成績は振るわない。ただ一族的には典型的な中距離タイプ。

<母系>
トニービンは良いがストームバード系とプリンスリーギフト系では、
スピード重視は否めない。

<総合評価>
トニービンのほかに何気にフォルテノも入っているので、
もしかしたら距離持つかもしれないが、
やはり父系のスタミナ面に不安が。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菊花賞を考える 血統編 ①

2012-10-16 22:38:52 | レースデータ
今年も菊花賞の季節がやってきました。

『菊花賞は1番強い馬が勝つ』の格言は有名ですが、
『菊花賞は血統で取れる』を自論としているので(いや取れてないが。)、
今年も素人ながら血統診断しましょうかね。


んじゃ、今年は何回かに分けて見ていきましょう。
出走登録馬の賞金順でいきます。


ゴールドシップ
父:ステイゴールド × 母父:メジロマックイーン

今をときめく『ステイゴールド×メジロマックイーン』。
昨年の3冠馬オルフェーヴルと同系配合。
メジロマックイーンもまさか、BMSとして大爆発配合が
あったとは夢にも思わなかったであろう。

<父系>
ステイゴールドは同レースを8着。ただ本格化前だったことを
考慮すれば1着と0.5秒差なら上出来。以後、天皇賞(春)でも
好走していたことを考えればスタミナも兼ね備えていたのだろう。
ステイゴールドの母はサッカーボーイの全妹。
サッカーボーイ産駒自体が長距離線得意としていたので、
やはりスタミナ力の宝庫といえる血統なのかもしれない。

<母系>
メジロマックイーンは言わずと知れた歴代最強ステイヤーの1頭。
そのマックイーンのスタミナ力を邪魔しないように、
プルラリズムの距離万能型とプリンスリーギフトのスピードが
うまく合わさっているのではないでしょうか。

<総合評価>
文句なし。


ディープブリランテ
父:ディープインパクト × 母父:Loup Sauvage

<父系>
大種牡馬への道へ着々と歩んでいるディープインパクト。
当初はマイル以下の種牡馬と言われていましたが、
昨年度末から徐々に距離への壁(?)も取り払われ、
まずまず万能型の雰囲気は出てきています。
自分自身のような心肺機能を備えた馬が出てくるのは、
まだ先かもしれないが、ステイヤーと言えないまでも、
こなせる範囲でしょう。

<母系>
ネヴァーベンド-リヴァーマンの系譜。
京都の長距離ということを考えれば、全く問題なし。
むしろプラスにとらえた方が良い系統。
ヌレイエフも入っているので、ハイペースの持久力勝負になれば、
この母系の力が発揮されるのでは。

<総合評価>
文句なし。(あくまで血統だけですが)


コスモオオゾラ
父:ロージズインメイ × 母父:コマンダーインチーフ

<父系>
ロージズインメイはまだデータが浅く、
漠然としたイメージでしかないが、
他のヘイロー系と同じく瞬発力タイプかと。
距離も短距離から2000ぐらいまでがベスト。

<母系>
コマンダーインチーフとマキャヴァリアン。
リファール系とミスプロ系の中でも、
他とはやや違ったスタミナタイプの血を持っているので、
切れ味乏しくもスタミナは豊富でしょう。

<総合評価>
父系が微妙も、スタミナ色豊かな母系をどこまで生かせるか。


トリップ
父:クロフネ × 母父:サンデーサイレンス

<父系>
クロフネは言わずと知れたダート産駒量産馬。
芝の長距離での適正は見られない。


<母系>
叔母にトゥザヴィクトリーがいます。
つまりトゥザグローリーも従兄弟になるわけだが、
やはりその他の一族を見てもダート色が強い。

<総合評価>
素直にダート使えば良いんじゃね?


マウントシャスタ
父:ディープインパクト × 母父:フレンチデピュティ

<父系>
同上

<母系>
フレンチデピュティはどうしてもダートのイメージがつきやすいが、
実は距離万能型種牡馬。先行押し切り得意としていることから、
スピードの持続性に特化しているのでしょう。
カーリアンの血も入ってさらに持続力アップ。

<総合評価>
やや距離長い感じも。
母系が持続性に特化しているので、ハイペースなら。


ベールドインパクト
父:ディープインパクト × 母父:ドクターデヴァイス

<父系>
同上

<母系>
母父ドクターデヴァイスというと、どうしても短距離のイメージが。
ミスプロも含めスピードに特化した分、
スタミナという面ではやや不安が募る。

<総合評価>
半姉コイウタをみても、距離長い。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第145回天皇賞(春) (なんちゃって)血統診断

2012-04-26 22:06:27 | レースデータ
んじゃ、CMにライスシャワーが選ばれたので、
これは何かあるということで、ライスのようなステイヤーを、
探してみましょうか。

注:あくまでも血統だけでの判断です。

1.ビートブラック
父ミスキャストは微妙も、母系スタミナ豊富。
ステイヤー色:☆☆☆☆

2.トウカイトリック
いわずもがな。
ステイヤー色:☆☆☆☆☆☆

3.ナムラクレセント
長距離的性高い産駒が多いヤマニンセラフィム産駒。
母系もスタミナ十分。
ステイヤー色:☆☆☆☆☆

4.モンテクリスエス
父系・母系とも、スピード・スタミナ面で中途半端。
ステイヤー色:☆☆☆

5.ジャガーメイル
一昨年の覇者も、本質は中距離馬血統。
ステイヤー色:☆☆☆

6.ゴールデンハインド
この血統で長距離線勝てているのはが不思議。
ステイヤー色:☆

7.ユニバーサルバンク
どう考えても距離長い。
ステイヤー色:☆☆

8.ギュスターヴクライ
父・母共にJC好走馬。距離ベストでないにしても。
ステイヤー色:☆☆☆☆

9.コスモロビン
父ゼンノロブロイはまだしも、母系が貧弱。
ステイヤー色:☆☆

10.ケイアイドウソジン
父・母系共に距離適性なし。
ステイヤー色:☆☆

11.ウインバリアシオン
母系やや弱しも、こなせる範囲。
ステイヤー色:☆☆☆

12.クレスコグランド
母はマンハッタンカフェの全妹。
タニノギムレットの血をどこまでカバーできるか。
ステイヤー色:☆☆☆☆

13.フェイトフルウォー
オルフェーヴルと同じ配合。母系もスタミナ豊富。
ステイヤー色:☆☆☆☆☆

14.ローズキングダム
菊花賞2着も、基本的に距離長い。
ステイヤー色:☆☆☆

15.ヒルノダムール
昨年の勝ち馬。実績違わずスタミナ豊富。
ステイヤー色:☆☆☆☆☆

16.トーセンジョーダン
父・母系ともに中距離タイプ。
ステイヤー色:☆☆☆

17.トウカイパラダイス
ニジンスキーのクロスと母系はまだしも、
父系が弱い。
ステヤー色:☆☆

18.オルフェーヴル
能力はずば抜けているが、血統的にはマズマズのレベル。
ステイヤー色:☆☆☆☆


ということで、ステイヤーというだけでは、
トウカイトリック、ナムラクレセント、フェイトフルウォー、
ヒルノダムールの4頭でしょうか。
ただし、ヒルノダムールはともかく、
そもそも能力が足りてないのが悲しいところ。(涙)

せめてメイショウウズシオがいれば・・・・。
正直、血統面では図抜けていました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ダービーを考える 「ランフランコ・デットーリ」

2011-05-25 20:07:40 | レースデータ
デットーリが正式に短期免許取得して来日。
日曜だけの騎乗って言うのが残念ですが楽しみです。

デットーリも、もう40歳。
もしかしたら最近競馬を始めた人には、あまり印象にない騎手かも?

ということで、デットーリを簡単に紹介していきましょうか。

父ジャンフランコ・デットーリは騎手。母はサーカスの馬乗り師。

早くから頭角を現し、イギリスで2年連続200勝や、
アスコット競馬場1日7レース全勝などなど、
世界各国を飛び回り、GⅠ勝利数は100を超える。

日本では2002年のJCD・JCで2日連続GⅠ勝利という快挙達成。
しかも、共に人気薄での勝利で、

「デットーリが乗ると5馬身違う」

の名言が残るほどの衝撃を残す。

今回の来日は、2006年JCのヴィジャボード(3着)以来。


で、日本での成績。

通算:17-12-7-40 連対率 38.2% 複勝率 47.4%
芝:13-9-4-30 連対率 39.3% 複勝率 46.4%
ダ:4-3-3-10 連対率 35.0% 複勝率 50.0%
1人:4-1-1-4 連対率 50.0% 複勝率 60.0%

成績が良いのは間違いないですが、
取り立てて抜群というわけではない。

ただし、2~9人気の複勝回収率は全て100円を越えています。

次に東京コース別成績

通算:8-7-4-19 39.5% 50.0%
芝:7-5-3-14 41.4% 51.7%
ダ:1-2-1-5 33.3% 44.4%
1人:1-0-0-3 25.0% 25.0%

芝1600 2-2-0-5 44.4% 44.4%
芝2400 2-0-3-2 28.6% 71.4%
芝2000 2-0-0-2 50.0% 50.0%
芝1400 1-1-0-2 50.0% 50.0%
ダ1400 1-1-0-0 100% 100%
芝1800 0-2-0-3 40.0% 40.0%
ダ1600 0-1-1-2 25.0% 50.0%
ダ2100 0-0-0-3 0.0% 0.0% 

お、意外と1人気の成績が悪い。
でも2人気の場合、3-3-1-2 66.7% 77.8%と跳ね上がるので、
気にする必要は無さそう。

人気面からのデータを付け加えると、
10番人気以下(0-0-0-7)の馬を持ってくることは、
なかなか難しいようで、デットーリだからといって、
安易に穴馬に飛びつくのは危険。

あと面白いのが、6歳以上の馬の場合0-0-0-6。
ただし、この時期に来るのは初めてですので、
今の時期の6歳以上と秋以降の6歳以上を一緒にしてはいけなく、
一概にこのデータを気にする必要はないか。

さて、結果やいかに。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オークスを考える 「いろいろ」

2011-05-19 21:47:53 | レースデータ
マルさんが2冠に向けて、いよいよオークス。

簡単にデータみてみようか。

※オークス過去10年間

●前走距離

 1600:8-7-5-40 9.6% 18.1% 24.1%
 1800:1-0-1-42 2.3% 2.3% 4.5%
 2000:2-2-4-43 3.9% 7.8% 15.7%

 <1600> 桜花賞のみ
 多数。

 <1800> スイートピーSのみ
 ラブカーナ、カワカミプリンセス

 <2000> フローラS、忘れな草賞
 サンテミリオン、アグネスワルツ、ベッラレイア
 ディアデラノビア、シンコールビー、ユウキャラット
 レディパステル、ローズバド

●間隔

 中1週:0-0-0-11
 中2週:1-0-1-35
 中3週:2-2-3-35
 中4週以上:8-7-6-65

●種牡馬 系統別

 サンデーサイレンス系:5-7-4-74 13.3% 17.8%
 グレイソヴリン、ボールドルーラ系:3-0-2-6 27.3% 45.5%
 リファール、ヌレイエフ系:2-0-1-5 25.0% 37.5%
 キングマンボ系:1-0-0-4 20.0% 20.0%

●母系 複勝率順(出走機会5走以上)

 ネヴァーベンド系:1-1-1-5 25.0% 37.5%
 ニジンスキー系:1-2-1-13 17.6% 23.5%
 ノーザンダンサー系:5.9% 23.5%
 リファール、ヌレイエフ系:0-2-0-10 16.7% 16.7%
 サンデーサイレンス系:1-0-1-12 7.1% 14.3%

●騎手

 (レース別)

 福永祐一 3-1-1-4 44.4% 55.6%
 池添謙一 1-1-1-4 28.6% 42.9%
 蛯名正義 1-1-0-5 28.6% 28.6%
 横山典弘 1-1-0-5 28.6% 28.6%
  ・
  ・
 安藤勝巳 1-0-0-5 16.7% 16.7%

 (過去5年の東京芝2400別) 連対率順(5走以上)
 
 北村友一:0-2-0-3 40.0% 40.0%
 安藤勝巳:7-2-0-15 37.5% 37.5%
 内田博幸:7-12-5-43 28.4% 35.8%
 藤田伸二:5-5-1-26 27.0% 29.7%
 武豊:5-7-10-23 26.7% 48.9%
 横山典弘:7-5-4-35 23.5% 31.4%
 宮崎北斗:1-1-0-7 22.2% 22.2%
 和田竜二:1-1-0-7 22.2% 22.2% 

●馬番

 1番:0-2-0-8
 2番:1-1-1-7
 3番:1-2-0-7
 4番:1-0-0-9
 5番:0-1-0-9
 6番:0-1-2-7
 7番:1-1-0-8
 8番:0-0-0-10
 9番:1-0-1-8
 10番:1-0-2-7
 11番:0-0-0-10
 12番:0-0-2-8
 13番:2-0-0-8
 14番:0-0-2-8
 15番:1-0-0-9
 16番:0-0-0-9
 17番:1-1-0-8
 18番:1-0-0-8

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天皇賞(春)を考える 「外国馬」

2011-04-27 19:41:51 | レースデータ
天皇賞(春)は、まぁ4歳から買っとけば間違いないと思います。
当日の予想も、その方向性は変わらないと思うので、
あまりデータ出す意味も無いですが、せっかくのGⅠですので、
データが何かないか考えていたら、久しぶりに天皇賞(春)に
外国馬が出走してくるので、ちょっと見てみましょうか。

ジェントゥー

 セ7 仏 42戦10勝 ロイヤルオーク賞、カドラン賞など

 父 Loup Solitaire × 母 Ifni(父 Bering)

 <成績>

 成績を見ると、ロイヤルオーク賞、カドラン賞を勝っているなら、
 スタミナ豊富なのは間違いない。しかし、その良績のほとんどが、
 道悪でのものでタイムも特筆すべきものでもない。
 無類の道悪巧者の可能性高く、おそらく日本の高速馬場は
 向かないはず。先週の雨が1週遅れていれば面白かったが。

 <血統>

 父のルーソリテールはロベルト系で一見日本の長距離に向くと
 思いそうですが、ルーソリテールやその父リアファン自体は、
 自身も産駒もマイラー気質の高い種牡馬。
 この父系統からこれだけの長距離成績を残せる馬が出るのは、
 母系がスタミナ色満載だからだろう。
 ベーリングはクラシックディスタンスで活躍。
 ダンシングブレーヴが勝った伝説の凱旋門賞の2着馬ですね。
 レインボークエストは以前に菊花賞でも書いたように、
 京都長距離戦得意な血。さらに英ダービーやキングジョージを
 勝ったトロイまで入っています。
 ただ、この重厚なスタミナ血統が父のスピードを
 消している可能性があります。
 上手く血の折り合いがついているなら、
 日本の馬場に適応するかもしれませんが、
 現時点ではその可能性は低いと思っています。

 <結論>

 いらない。 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

皐月賞を考える 「東京競馬場開幕週」

2011-04-21 20:25:47 | レースデータ
今年は特殊な年で、皐月賞が東京競馬場で開催されます。
しかも、開幕週ということで、思いっきりトラックバイアスの影響を
受ける事この上ないレースとなるでしょう。

そこで、過去5年の東京開幕週の芝2000の傾向を調べてみた。

・血統 (複勝率順)※5走以上出走に限る

 種牡馬 1.ゼンノロブロイ 2-1-2-2 42.9% 71.4%
     2.アグネスタキオン 5-6-2-13 42.3% 50.0%
     3.ウォーエンブレム 0-0-3-4 0% 42.9%
     4.キングカメハメハ 2-1-2-8 23.1% 38.5%
     5.スターオブコジーン 1-0-1-4 16.7% 33.3%

 父系  1.Kingmambo 2-3-2-18 20.0% 28.0%
     2.サンデーサイレンス 16-23-23-179 16.2% 25.7%
     3.グレイソヴリン・ボールドルーラ 3-0-3-18 12.5% 25.0%
     4.ハンプトン 2-0-0-6 25.0% 25.0%
     5.サドラーズウェルズ・ダンチヒ 4-5-4-41 16.7% 24.1%

 母父  1.ミスプロ 1-1-2-3 28.6% 57.1%
     2.コマンダーインチーフ 1-2-2-4 33.3% 55.6%
     3.ブライアンズタイム 3-1-2-5 36.4% 54.5%
     4.サッカーボーイ 2-2-1-6 36.4% 45.5%
     5.ジェイドロバリー 3-0-0-4 42.9% 42.9%

 母父系 1.ヴァイスリージェント 1-2-1-4 37.5% 50.0%
     2.ロベルト 7-2-5-17 29.0% 45.2%
     3.ヘイロー 1-0-1-3 20.0% 40.0%
     4.ハンプトン 2-4-2-13 28.6% 38.1%
     5.リファール・ヌレイエフ 3-6-3-23 25.7% 34.3%

 組合せ 1.リファール・ヌレ×ミスプロ 3-1-0-3 57.1% 57.1%
     2.SS×ハンプトン 1-3-1-5 40.0% 50.0%
     3.SS×ロベルト 3-1-2-7 30.8% 46.2%
     4.ロベルト×リファ・ヌレ 28.6% 42.9%
     5.ミスプロ×SS 0-0-2-3 0% 40.0%

 ちなみに、よく用いられる母父SSというのは、
 この条件では1-1-2-36と、かなり不振。

 上記の血統データから推奨馬は、

 ロッカヴェラーノ(マンハッタンカフェ×Sri Pekan)
 ビッグロマンス(グラスワンダー×ダンシングブレーヴ)
 ノーザンリバー(アスネスタキオン×Machiavellian)

・脚色

 4角1番手以内:3-10-6-26
 4角2番手以内:11-14-11-70
 4角3番手以内:20-19-16-105

 4角3番手以内にいなければ、かなり厳しいです。
 さらに、その3番手以内の馬番成績を見ると、

 1番 4-3-2-3
 2番 2-2-1-10
 3番 1-0-0-10
 4番 2-3-1-7

 1枠・2枠の馬が4角3番手以内にいると、ほぼ連に絡みます。

 前走4角位置で3番手以内の馬が中心とはいえるが、
 各陣営もその事を分かっているので、脚色を大幅に
 変更する場合があるので、あまり意識しすぎるのも危険。

・人気

 1番人気 23-4-6-12
 2番人気 8-7-11-19
 3番人気 1-12-9-23
  ・
  ・

 7番人気までは、平時と同じぐらいの人気に対しての結果です。
 ただし、1番人気の単回収率が100%を超えているので、
 意外と1番人気の頭は馬券はオイシイ馬券なのかも。

 1番人気で馬券圏外に外れた場合の多くは、
 後ろからの競馬になっているので、やはり先行というのは重要。

・騎手 ※5走以上出走に限る

 安藤勝 4-1-0-2 71.4% 71.4% ペルシャザール
 武豊  3-2-1-3 55.6% 66.7% ダノンバラード
 岩田  0-3-1-2 50.0% 66.7% サダムパテック
 横山典 6-2-6-12 30.8% 53.8% リベルタス
 内田博 5-3-6-16 26.7% 46.7% ダノンミル

 まぁ、人気どころの騎手がそのまま良成績。

・調教師 ※5走以上出走に限る

 藤沢和雄 5-3-6-7 38.1% 66.7%
 斎藤誠  1-0-2-2 20.0% 60.0% プレイ
 勢司和浩 1-1-2-3 28.6% 57.1%
 森秀行  0-0-3-3 0% 50.0%
 清水利章 2-2-1-6 36.4% 45.5%

・結論

 ノーザンリバー、ペルシャザール、ロッカヴェラーノ

 以上3頭がおすすめ。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする