デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

'09 9/30 東京盃 結果

2009-09-30 20:17:52 | 結果
9/30 東京盃

 結果
    1.バンブーエール
    2.スーニ
    3.ヴァンクルタテヤマ
    4.ベルモントサンダー
    5.フジノウェーブ

 予想
    ◎ヴァンクルタテヤマ →3着
    ○フジノウェーブ   →5着  
    ▲バンブーエール   →1着
    △スーニ       →2着 

 ハズレ。
    
 回顧

  「バンブーエール、本番に向けて楽勝!!」

  好位からバンブーエールが抜け出して楽勝。
  直線でバンブーエールと一緒に抜け出したヴァンクルタテヤマを
  外からスーニが交わして2着。

  本命馬ヴァンクルタテヤマは大幅馬体重はマイナスでした。
  遠征・遠征と続いた疲れが出たのかも。中間軽くしたッぽいですね。
  
  勝ちタイムが1.11.3(不良)。昨年の勝ちタイムが1.11.6(不良)なので
  ヴァンクルタテヤマもフジノウェーブも大幅にパフォーマンスを落とした。
  特にフジノウェーブは直線での伸びが全く無く、内から伸びた
  ベルモントサンダーをも捉えられないのを見ると、本番でも辛いか。

  メイショウバトラーとリミットレスビッドが終始空気だったことに、
  (ようやく?)世代交代なんだなぁ~と感じました。
コメント

'09 9/30 東京盃 予想

2009-09-29 20:00:10 | 予想
第43回 東京盃 (大井11R・JpnⅡ・ダ1200m・交流)

 JBCスプリント前哨戦。
 前哨戦の言葉通り、JBCスプリントもホボこのメンバーで行われるかと、
 思えるほどのメンバーが集まりました。交流重賞を予想するに当たって、
 地方馬から消去していくのだが、この中央メンバーとバンブーエールとが、
 揃っている今回、正直他の地方馬の出番は無さそうだ。
  
  ◎ : 15 ヴァンクルタテヤマ
  ○ : 09 フジノウェーブ
  ▲ : 05 バンブーエール
  △ : 08 スーニ
   
 以上4頭で。(自信度:★★★★☆)

 6歳になって急に本格化したヴァンクルタテヤマ。7歳といえど、
 そんなにレース数を使ってなく、まだ体が若いのだろう。
 北海道SC・サマーCと圧勝で挑む今年、ややメンバーレベルが
 上がるとはいえ、昨年の着順(3着)より上がる可能性高い。
 昨年の覇者フジノウェーブは大井1200では外せないし、
 幸か不幸か御神本騎手の騎乗規制で、的場文騎手に乗り変わり。
 脚質的にも鞍上と合いそうで、ツメの甘さをカバー。
 昨年のJBCスプリント覇者バンブーエールも能力的に勝ち負け。
 スーニは距離短縮はプラスになるはず。
 

 3連単 15⇔9・5→9・5・8
 3連複 15・9-5・8・3・7

コメント

'09-'10年度POG 中間成績 

2009-09-28 17:11:00 | POG 過去成績
<既走馬>

 ダノンパッション 
 【牡・アグネスタキオン×スターズインハーアイズ(父Woodman)】


  厩舎:池江朗(栗) 馬主:ダノックス 生産者:矢野牧場

  新馬     1人気 1着
  札幌2歳S  1人気 4着  

  期待度 B

  新馬はグダグダな内容で勝利。
  放牧を挟んで札幌2歳Sは1人気も直線失速。
  順調に育てればクラシックに乗れるはず。

 ツルマルジュピター
 【牡・マンハッタンカフェ×オマイタ(父Miswaki)】

  厩舎:坂口(栗) 馬主:鶴田任男 生産者:駿河牧場

  新馬    1人気 1着
  
  期待度 B

  新馬は完成度の高い走りで勝利。
  休み明けの次走が注目。

 サダムシンプウ
 【牡・ネオユニヴァース×ウメンダンサー(父サクラユタカオー)】

  厩舎:中村(栗) 馬主:大西定 生産者:斉藤安行

  新馬    1人気 4着
  未勝利   1人気 11着

  期待度 C

  サダムイダテンの半弟なわけだが、
  陣営の短距離路線へのこだわりが、よくわらかん。

 スクーデリアピサ
 【牡・クロフネ×フサイチエアデール(父サンデーサイレンス)】

  厩舎:白井(栗) 馬主:市川義美 生産者:ノーザンF

  新馬    1人気 7着
  未勝利   3人気 9着

  期待度 D

  指名する際にこの血統の組み合わせは失敗が無いと言ったが、
  失敗か?これまたPO指名して失敗だったアステリオンを思い出すぜ~。

 エーシンウェズン
 【牡・Trippi×Xtra Emblem(父Our Emblem)】

  厩舎:野中(栗) 馬主:栄進堂 生産者:Helen Y. Painter

  新馬    2人気 2着
  
  期待度 B

  血統的にクラシックに乗るとは思えないが、芝・ダ短距離路線で、
  かなり活躍できる可能性あり。

<未出走馬>

 インペリアルマーチ
 【牡・ネオユニヴァース×キョウエイマーチ(父ダンシングブレーヴ)】

  厩舎:音無(栗) 馬主:キャロットF 生産者:ノーザンF

  期待度 B

  兄トライアンフマーチと同じ道をゆくか。

 セイクリッドセブン
 【牡・フジキセキ×グレースランド(父トニービン)】

  厩舎:松田博(栗) 馬主:社台RF 生産者:社台C白老F

  期待度 B

  ドリームパスポートの全弟なのだが、仕上がり遅い?

 レッドステラーノ
 【牡・アグネスタキオン×ロンドンブリッジ(父ドクターデヴァイス)】

  厩舎:角居(栗) 馬主:東京HR 生産者:下川辺牧場

  期待度 B

  期待。


残未登録馬2頭。(P-1グランプリ、締め切り12月って。楽だw)

通算成績:2-1-0-4

コメント

'09 9/26~27 予想回顧

2009-09-27 22:52:56 | 結果
9/27 神戸新聞杯

 結果
    1.イコピコ
    2.リーチザクラウン
    3.セイウンワンダー
    4.アンライバルド
    5.トップカミング

 予想
    ◎アントニオバローズ  
    ○アンライバルド   →4着  
    ▲アプレザンレーヴ 
    △リーチザクラウン  →2着
    △トライアンフマーチ

 ハズレ。
    
 回顧

  「新星イコピコ、レコードV!!」

  想定どおりリーチザクラウンが淡々としたペースで逃げて、
  セイウンワンダーが中団。その後ろにアンライバルド。
  並ぶようにアントニオバローズ。やや離れてイコピコ。
  その後ろにトライアンフマーチといった並び。
  直線に入ってアンライバルドが皐月賞と同じく外に出して、
  一気に来る。そのさらに外からイコピコ。粘るリーチザクラウンを、
  ゴール前でイコピコが交わしてゴール。

  勝つならマンハッタンカフェ産駒だろうなぁ~とは思っていたが、
  そっち(アントニオでなく)だったかぁ~。

  レコード決着自体はこの阪神開催が滅茶苦茶高速馬場になっているので
  高評価することはできないが、直線で一旦アンライバルドに
  進路をさえぎられながら伸びた勝ち方はなかなか評価できます。

  ただ、春のクラシックを賑わした馬たちの馬体重が軒並み
  大幅増減していたので、この結果だけで勢力図が塗り替えられたとは、
  考えにくい。特に、アプレザンとトライアンフ。

  アプレザンは中々絞れ切れないという情報の中で+24kg。菊花賞までに
  どこまで調整できるかがカギ。トライアンフは中間馬なり調教のみで、
  -12kgは減りすぎ。明らかに調整ミスと思われる内容。
  とりあえず菊の道は閉ざされたと思うので、来年のマイル王に向けて、
  再調整を図ってもらいたい。

  いずれにしろ、菊花賞は混沌としてきたのは間違いない。
  
 
9/27 オールカマー

 結果
    1.マツリダゴッホ
    2.ドリームジャーニー
    3.シンゲン
    4.トウショウシロッコ
    5.マンハッタンスカイ

 予想
    ◎ドリームジャーニー →2着
    ○シンゲン      →3着
    ▲グラスボンバー
    △スノークラッシャー 
    △マツリダゴッホ   →1着
    △マイネルチャールズ 

 馬連(9-15) 770円 的中!!
    
 回顧

  「マツリダゴッホ、3連覇達成!!」

  逃げの一手に出たマツリダゴッホが早め仕掛けで他馬を突き放し、
  追い込んできたドリームジャーニーとシンゲンを退けて3連覇。

  やっぱ中山だと別馬ですね。強すぎます。
  ドリームジャーニーは悪くない位置取りでしたが、斤量が響いたか。

  あと後方組が伸びあねぐ中、豪快に伸びてきたトウショウシロッコも、
  中山巧者ぶりを発揮したと思われます。

  他馬に関しては、印象に残った馬なし。
  
   
9/26 大阪スポーツ杯

 結果
    1.セレスハント
    2.スーサンライダー
    3.コンティネント
    4.ピーチドラフト
    5.ファイナスコアー

 予想
    ◎ピーチドラフト   →4着
    ○セレスハント    →1着
    ▲スーサンライダー  →2着
    △シルクビッグタイム
    △オリジナルフェイト
    △コンティネント   →3着
 
 馬連(7-12) 3850円 的中!! 
                       
 回顧

  中団で脚を溜めたセレスハントが逃げ粘るスーサンライダーを捉える。
  
  本命馬ピーチドラフトはコンティネントと一緒に上がってきたんですが、
  競り負けました。

  3連複万馬券か・・・。

9/26 ながつきS

 結果
    1.オーロマイスター
    2.ロラパルーザ
    3.ニードルポイント
    4.ロリンザーユーザー
    5.カネスラファール

 予想
    ◎ロラパルーザ   →2着
    ○オーロマイスター →1着
    ▲セイカアレグロ  
    △レッツィーナ
    △ゲンパチタキオン
 
 馬連(13-14) 450円 的中!! 
                       
 回顧

   基本的に前に行った2頭で決まるが、3着が後方2番手にいた馬。
   大外をスンゴイ脚で追い上げてきたが、さすがに前も止まらなかった。

   勝馬と3着馬は今後も注目。

<今週の総括>

   当たっちゃいるんだが・・・。

   今週のネタとしてはスリープレスナイトが屈腱炎で引退とか。
   体質が激弱でしたが能力は高かった馬でしたので、本番でも、
   かなり期待していたんですが残念です。
   混沌とした日本スプリント界がさらに混沌としてきました。
   なんか、「GⅠ」という格で予想しないほうが良いかもしれませんね。

   あれ?登録馬眺めていたら、ホクトスルタンがいるんですが・・・。

  
コメント

'09 9/27 神戸新聞杯 & オールカマー 予想

2009-09-26 21:16:48 | 予想
第57回 神戸新聞杯 (阪神10R・GⅡ・芝2400m・3歳)
 
 菊花賞トライアル。
 
 ダービー馬ロジユニヴァースを除いた、今春のクラシックを
 賑わした馬が一同に会しました。菊花賞に向けて重賞な1戦。

 GCの調教VTRを見ましたが、どの馬もモッサリ感。
 特に調子が良いという感じの馬はいませんでした。
 強いてあげるならトライアンフマーチの仕掛けてからの
 動きは良かった。平凡なタイム以上のモノでした。
 大分濃い色眼鏡で見ているでしょうけど。(笑)
 
  ◎ : 08 アントニオバローズ
  ○ : 05 アンライバルド
  ▲ : 02 アプレザンレーヴ
  △ : 13 リーチザクラウン
  △ : 07 トライアンフマーチ
   
 以上5頭で。(自信度:★★★☆☆)

 元々荒れないレースなので難しく考えずに実績馬で。

 血統的にはアントニオバローズアンライバルドの一騎討ちかな?と。
 馬券売り出しのときはアンライやリーチをおさえて1番人気だった、
 アントニオバローズを本命にします。
 ちなみにその血統で言えば阪神芝2400で1番信頼性高いのがDD。
 その次がステイゴールド。となるとトップゾーンが該当するわけですが、
 さすがに能力が伴わないか。
 以下、重賞馬のアプレザンレーヴリーチザクラウン。  

 で、元PO馬トライアンフマーチなんですが、このレースで今後の
 方向性を決めるらしいですが、それにしては中間が軽すぎる感じ。
 元から本気度は低いのではないでしょうか。鞍上の絶不調ぶりも
 拍車をかけて凡走の可能性大。元POということで、買い目には入れるが、
 厚く買うことは出来ない。
 ちなみに来年はマイル王として君臨しているはず。(笑) 

 3連複・馬連BOX。 


第55回オールカマー (中山11R・GⅡ・芝2200m)

 新旧宝塚記念馬対決に、マツリダゴッホの3連覇がかかったレース。
 
  ◎ : 09 ドリームジャーニー
  ○ : 02 シンゲン
  ▲ : 12 グラスボンバー
  △ : 05 スノークラッシャー
  △ : 15 マツリダゴッホ
  △ : 01 マイネルチャールズ
   
 以上6頭で。(自信度:★★★☆☆)

 印つけた上位4頭は、過去データから導き出された4頭。
 過去5年間の入着馬全てが

 「3走以内に3着以内」+「1年以内重賞3着以内」

 という成績を持っているため、それに該当するのは
 この4頭のみというわけです。

 あとは中山得意の2頭で。マツリダゴッホはかなり厳しいと思うが、
 中山で一変する馬だけに、このレースまでは買い目に入れておきたい。
 マイネルチャールズも同様。

 馬連BOX。 


明日はPO馬エーシンウェズンが阪神4R芝1600でデビュー。
○外でバリバリのダート血統。血統だけ見ていたら、
今の阪神では用無しだと思いますが、早めに芝で諦めがつくのは
良い事だ。もちろん、好走すればそれに言うことは無しですが。
逆に芝のスピードについていけるダート馬ならムフフ。(笑)
コメント   トラックバック (4)

'09 9/26 大阪スポーツ杯 & ながつきS 予想

2009-09-25 20:10:36 | 予想
大阪スポーツ杯 (阪神10R・1600万下・ダ1400m・ハンデ)
 
  ◎ : 15 ピーチドラフト
  ○ : 07 セレスハント
  ▲ : 12 スーサンライダー
  △ : 08 シルクビッグタイム
  △ : 06 オリジナルフェイト
  △ : 09 コンティネント
   
 以上5頭で。(自信度:★★★☆☆)

 ハンデ差が結構あって難しいので、ほぼ血統で選びました。
 トップハンデがオリジナルフェイトで武豊騎手なら、超スローな
 展開になりそうな予感。前目の馬で。
 つうか、オリジナルフェイト背負いすぎでしょう。
 (切れないけど・・・。)

 馬連BOX。 


ながつきステークス (中山11R・1600万下・ダ1800m・ハンデ)
 
  ◎ : 13 ロラパルーザ
  ○ : 14 オーロマイスター
  ▲ : 12 セイカアレグロ
  △ : 15 レッツィーナ
  △ : 05 ゲンパチタキオン
  
 以上5頭で。(自信度:★★☆☆☆)

 逃げ馬不在でスローな展開予想。
 となると後ろから勝負の馬はきつくて、コチラもある程度前目の
 馬が有利。ダート変わりで一変したロラバルーザの勢いに期待したい。

 元PO馬ミダースタッチはこのメンバーなら好勝負できそうだが、
 後ろから行くならまず届かないと思うので消し。

 13軸3連複、馬連BOX。

新潟メインは回避。
コメント   トラックバック (1)

第57回神戸新聞杯 & 第55回オールカマー 『過去データ』

2009-09-24 18:47:40 | レースデータ
第57回 神戸新聞杯 (GⅡ・阪神・芝2400・3歳)

対象:過去2年

血統

 SS系、グレイソヴリン系 がねらい目。

前々走までの最高成績

 1着:3頭、2着:2頭、5着:1頭

 近2走で連対馬が中心。

ステップレース

 東京優駿 からの馬が多い。

重賞成績

 重賞 1着:4頭、2着:1頭、経験なし:1頭
 
 重賞勝ち馬が中心。

最長連対距離

 2400:3頭、2000:2頭、1600:1頭(2000mで3着経験あり)
 
人気

 固い。



 特になし。 
  
所属

 栗東:2-2-2-25
 美浦:0-0-0-2

 関西馬が中心。

騎手

 四位、武豊騎手が良く来る。

前走レースの距離と脚質

 ’08 2400(15-13-14-15)-2400(10-10-12-13)-2200(7-7-7-6)
 ’07 2400(14-16-16-18)-2200(3-3-3-16)-2400(12-4-4-4)

 ・前走4角13番手以内の馬が中心。

その他

 ・最終追い切りで強め以上。または乗り込み量豊富な馬。


第55 オールカマー (GⅡ・中山・芝2200)

対象:過去5年

血統
 
 父か母父がND系またはナスルーラ系をもつ馬しか来ていない。

前々走までの最高成績

 1着:3頭、2着:3頭、3着:5頭、4着:1頭、
 5着:1頭、6着以下:2頭

 前2走で3着以内の馬が中心。

ステップレース

 札幌記念、新潟記念

1年以内中央重賞成績

 1着:6頭、2着:5頭、3着:4頭

 1年以内に重賞3着以内経験必須。

人気

 固め。



 3枠、6枠 
  
所属

 栗東:1-2-2-14
 美浦:3-2-2-37
 地方:0-1-0-0

騎手

 蛯名、吉田豊、田中勝騎手が良く来る。



 3歳:0-0-0 4歳:2-0-2 5歳:1-3-1 
 6歳:1-2-1 7歳:1-0-1 8歳:0-0-0

 4~6歳が中心。

前走レースの距離と脚質

 ’08 2000(5-4-4-1)-1200(13-13)-2000(11-9)
 ’07 2000(5-5-4-2)-2000(2-2-2-2)-2000(7-8-8-8)
 ’06 2200(1-1-1-1)-2600(1-1-1-1)-1600(10-9)
 ’05 2000(7-6-7-10)-2000(9-9)-1800(10-10-8-7)
 ’04 2000(3-3)-2000(4-4)-ダ2300(地方)

 ・同距離または距離延長。
 ・4角4番手以内。

その他

 ・最終追い切りでコース追い。馬なり・単走調教。

コメント

'09 9/23 第56回 日本テレビ盃 結果

2009-09-23 18:57:46 | 結果
9/23 日本テレビ盃

 結果
    1.マコトスパルビエロ
    2.フェラーリピサ
    3.ボンネビルレコード
    4.トップサバトン
    5.フリートアピール

 予想
    ◎ボンネビルレコード →3着
    ○マコトスパルビエロ →1着  
    ▲フェラーリピサ   →2着
    △マルブツリード 
    △クレイアートビュン

 ハズレ。
    
 回顧

  「マコトスパルビエロ、交流重賞連覇!!」

  スローな流れでフェラーリピサが早仕掛け。直線でマコトスパルビエロが、
  前を行くフェラーリピサをゴール前で交わして優勝。
  ボンネビルレコードも良く追い込んだが、前が止まらなさ過ぎた。

  馬券が外れるとしたらこの“組み合わせ”のみだろうなぁ、と思っていたが、
  その“組み合わせ”がドンピシャで、きました・・・。

  最近こんなんばっか・・・・。

  
 先週、野路菊賞を勝ったリルダヴァルが骨折したみたいですね。
 全治6ヶ月とのことで、クラシックに間に合うかはギリギリか。
 なんかマルカシェンクを思い起こされます。
 新馬・野路菊と、既走組では今年度No.1と思わせる内容。
 POGとしてはありがたいが、競馬ファンとしては残念です。

 本当にアグネスタキオンは諸刃の剣ですね。
 能力の高い産駒ほど故障しやすい。

 POの中にも、ダノンパッションを含めて何頭かいるのですが、
 強い内容を見せたらうれしい反面、同時に故障の心配も
 しなければいけないのは難儀だ。
コメント

'09 9/23 第56回 日本テレビ盃

2009-09-22 13:21:07 | 予想
第56回 日本テレビ盃 (船橋10R・JpnⅡ・ダ1800m・交流)

 フィールドルージュ、サンライズバッカス、フリオーソと
 初期の登録メンバーは、少し前のGⅠ級のメンバーが揃っていたが、
 いざ出走馬が確定すると、これらのGⅠ馬は全て回避。
 残ったメンバーを見ると、いつものメンバーに収まったか。

 過去6年全て4番人気以内で決まりそのうち3回が1~3番人気で決着。
 まったく荒れないレースなんですが、今年のメンバーを見て、
 中央馬を除くと成績から言えば内からフリートアピール、
 フサイチギガダイヤ、クレイアートビュン、トップサバトンの4頭か。
 フリートアピールは前走で同条件を圧勝しているが、
 勝ちタイムが1.53.8(良)。日本テレビ盃の良馬場の平均タイムが、
 1.51秒台なので、掲示板がやっとと言ったところ。
 超良血馬フサイチギガダイヤも時計面で厳しい。トップサバトンは
 船橋はあまり得意ではない。クレイアートビュンのみは、紛れあり。

 ということで、今回は(も?)中央勢以外は無視して思います。
  
  ◎ : 09 ボンネビルレコード
  ○ : 12 マコトスパルビエロ
  ▲ : 05 フェラーリピサ
  △ : 14 マルブツリード
  △ : 07 クレイアートビュン
   
 以上5頭で。(自信度:★★★★☆)

 昨年度覇者ボンネビルレコードを本命に。
 おそらくフェラーリピサマコトスパルビエロが人気を分け合うと思うが、
 フェラーリピサは距離。マコトスパルビエロは地方経験の浅さ。
 さらにマルブツリードは左回りがあまり得意ではない。
 となると、前王者のボンネビルレコードが1番信頼性が高いと思われる。

 3連単 9⇔12→5・14・7、9→5→12・14・7。 

コメント

'09 9/19~21 予想回顧

2009-09-21 16:56:03 | 結果
9/20 ローズS

 結果
    1.ブロードストリート
    2.レッドディザイア
    3.クーデグレイス
    4.ミクロコスモス
    5.ボンバルリーナ

 予想
    ◎レッドディザイア  →2着
    ○ブロードストリート →1着  
    ▲ワイドサファイア  
    △ジェルミナル  
    △ボンバルリーナ   →5着

 ハズレ(あ~んTT)。
    
 回顧

  「ブロードストリート、重賞初制覇!!」

  絶好のスタートをきったブロードストリートが一旦中団まで下げて
  レッドディザイアを後ろに見る形でマーク。直線向いてレッドディザイアの
  前にミクロコスモスが出てレッドディザイアは外に出すロス。
  その間に馬群から抜け出したブロードストリートが勝利。
  2番手追走していたクーデグレイスが粘って3着。

  レッドディザイアは+10kg。やや余裕残しだったか、追い出してからの
  反応がイマイチだった。1回叩いたことで、本番は変わるでしょう。
  (馬券的には今回勝ってくれんと、どうしようもな~い。)

  クーデグレイスと同じく先行して粘ると思ったボンバルリーナ。
  控えてんじゃん・・・。

  結果レコード勝ちでしたが、勝馬とレッドディザイア以外は
  あまり印象に残った馬はいませんでした。
 
9/20 セントライト記念

 結果
    1.ナカヤマフェスタ
    2.セイクリッドバレー
    3.フォゲッタブル
    4.アドマイヤメジャー
    5.ヒカルマイステージ

 予想
    ◎ナリタクリスタル  
    ○マッハヴェロシティ
    ▲アドマイヤメジャー →4着  
    △ゴールデンチケット 
    △ミッキーペトラ 
    △ヒカルマイステージ →5着

 ハズレ。
    
 回顧

  「外から一気にナカヤマフェスタ!!」

  スタートしてからスタンド前を走るときにやや前の中団にいた3頭で決着。
  落ち着いた流れで淡々としたペース。2番手追走のヒカルマイステージが
  4コーナー曲がる時に手応え余裕だったので、このまま行くかと思ったが、
  直線に入って外からナカヤマフェスタが一気に抜け出してゴール。
  内に切り込んだセイクリッドバレーが2着。ナカヤマフェスタと
  一緒に上がってきたフォゲッタブルが3着。

  ナカヤマフェスタは3コーナー過ぎから手が動いていて、「ダメか」と
  思ったが最後まで持続したところを見ると、相当ズブイのか。
  
  今回のレース振りをみて菊花賞で馬券になる可能性があるとしたら、
  意外や意外、3着の良血馬フォゲッタブルか。ただ使い詰めなので
  たぶんお釣りは無いかな。


9/21 エルムS

 結果
    1.マチカネニホンバレ
    2.ネイキッド
    3.クリールパッション
    4.トランセンド
    5.ナムラハンター

 予想
    ◎アロンダイト
    ○トランセンド
    ▲マチカネニホンバレ →1着  
    △クリールパッション →3着

 ハズレ。
   
 回顧

  「マチカネニホンバレ、重賞初制覇!!」

  ドスローな展開。
  トランセンドが前走勝ったレパードSより2秒近く遅いので、
  当然前をうまく立ち回った馬が残る展開に。すべてウォータクティクスが
  出走取消になった影響でしょう。

  本命馬アロンダイトは外目の中団。ペースを見て早めに上がっていったが、
  いかんせん先行馬に余裕ありすぎた。ただそれでもナムラハンターに
  交わされているのを見ると、ソロソロ限界かな。

  ちなみにヴァイスリージェント系の血をもつ馬の決着。
  

9/19 セプテンバーS

 結果
    1.ショウナンカザン
    2.オールタイムベスト
    3.テーオーギャング
    4.ジェイケイセラヴィ
    5.ボーダレスワールド

 予想
    ◎ショウナンカザン  →1着
    ○エーシンビーセルズ
    ▲テーオーギャング  →3着
    △ジェイケイボストン
    △オールタイムベスト →2着
 
 馬連(1-6) 750円 的中!!。 
                       
 回顧

  2番手追走したショウナンカザンが押し切り。
  やや出負けしたオールタイムベストが最後外を差してきて2着。
  3着テーオーギャングは直線追い出してから詰まり、
  一旦スピードが緩んだ。出してからが案外伸びなかったが、
  すんなり出れていれば勝っていた可能性あり。次走注意。
   
9/19 十日町特別

 結果
    1.ダイアナバローズ
    2.ラインドリーム
    3.エオリアンハーブ
    4.リュシオル
    5.アイアムネオ

 予想
    ◎ペプチドアトム  →3着
    ○ドリームクラウン →4着
    ▲テイエムヨカドー →1着
    △スーパーガブリン 
 
 ハズレ。 
                       
 回顧

  やや出負けして押して押してハナに立ったペプチドアトム。最終的に、
  前半のロスが痛く最後は脚が上がった。差してきた勝馬と2着馬は
  内・外の差か。ロスありながら粘っていたペプチドアトムは、
  やはりこのクラスなら上位。次走も信頼して良さそう。

  って、ハズしてるんだけどね・・・。

9/21 エニフS

 結果
    1.グロリアスノア
    2.マイプリティワン
    3.ランザローテ
    4.タマモホットプレイ
    5.テイエムアクション

 予想
    ◎クィーンオブキネマ
    ○ランザローテ    →3着
    ▲テイエムアクション →5着  
    △マイプリティワン  →2着
    △タマモホットプレイ →4着
 
 ハズレ。 
                       
 回顧

   グロリアスノアって・・・。3番人気馬を全くノーマークでした。
   本命にしたクィーンオブキネマは格好の的にされちゃいましたね。

   つぅか、印つけた5頭のうちマイプリティ(7番人気)・
   テイエム(8番人気)・タマモ(11番人気)はバッチリだったのに。
   ハズすかネェ~。

   まぁ、血統を評価して印をつけた3頭は好走したということで、
   自分を慰めます・・・。


<今週の総括>

  今週の予想もほぼ壊滅。
  惜しい予想ばっかりで、調子が良いのか悪いのか分からん成績です。
  
コメント