デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

’15 12/27 有馬記念 予想

2015-12-27 09:49:50 | 予想
第60回 有馬記念 (中山10R・GⅠ・芝2500m)


 【印・指数・馬番・馬名】

  ◎ 566 12 リアファル
  ○ 513 03 ラストインパクト
  ▲ 418 09 サウンズオブアース
  注 417 04 ラブリーデイ
  △ 383 07 ゴールドアクター
  × 332 06 アルバート
  ◆ 321 13 ルージュバック
  ◇ 299 15 ゴールドシップ


 <買い目>

 馬連 12・3-3・9・4・7・6 9点
 3連複 12-3・9-3・9・4・7・6・13・15 11点


あぁ、もう今年もラストですねぇ。
最後をビシッと当てたら今年はチャラよ・・・。

もう今年は外国人ジョッキーで良いんじゃないでしょうかね。。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スターウォーズ エピソードⅦ/フォースの覚醒 観賞

2015-12-21 17:43:25 | Weblog
スター・ウォーズ エピソードⅦ/フォースの覚醒』を観賞してきました。


監督:J.J.エイブラムス
原作:ジョージ・ルーカス
出演者:ハリソンフォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー
デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、他

 
特別スターウォーズマニアというわけでは無いですが、
人並みに好きなシリーズですので、やはり見ておかなくてはという事で、
3Dもやってるしということで、ワクワクしていました。

エピソードⅠは3Dで作り直し上映(未観賞)したそうですが、
それ以降のⅡ~Ⅵは紆余曲折あって制作取りやめ。
つまり、最初から3Dを意識して制作されたスター・ウォーズは、
今作が初めてとなります。

そらもうね。
小さい頃かっこよくて仕方なかったXウイングミレニアム・ファルコン
スターファイタースターデストロイヤーが立体感アリアリで戦闘するのは、
本当にかっこいいです。

現在、もっとリアルな迫力ある乗り物が登場するSF映画も多くあるでしょうが、
あの、なんか良い意味でプラモデルみたいな乗り物がそのままCGで再現され、、
立体的に戦闘しているのは、他の3DSF映画とは違う感動を味わえます。

中でもスターデストロイヤーがスクリーンから飛び出してくる感じは必見。

さて、ストーリーについて語りますと、

エンドアの戦い(エピソードⅥ)の戦い後、
事実上瓦解した銀河帝国の意志を受け継ぐ形で、
軍事政府ファースト・オーダーが結成され銀河を蹂躙。

それに対して、前大戦のヒロイン・レイア・オーガナ将軍が、
私設組織としてレジスタンスを結成し、ファーストオーダーに対抗。
一方、前大戦の英雄ルーク・スカイウォーカーは、
ある出来事をきっかけに、突然かつての仲間たちから、
姿を消して行方不明だった。

彼の存在が勝敗を左右すると考えるレジスタンス、
ファーストオーダー双方が、必死になって彼の行方を探していた。

そんな中、ルークの居所の手掛かりが入った地図データがあるとの情報を聞きつけ、
レジスタンスのエースパイロットであるポー・ダメロンが惑星ジャークに向かう。

そこには、過酷な環境で孤独に生き抜くレイがいた・・・・。

 
以上が冒頭の部分で、ネット上でも公開されている内容。
以下、超絶ネタバレ







ここから感想+ネタバレになるので注意してください。


まず、全体的な感想から言いますと、


新たなる希望(エピソードⅣ)と、
帝国の逆襲(エピソードⅤ)・ジェダイの帰還(エピソードⅥ)の一部の、
焼き直しでした・・・。


 
そりゃ、細かいところは違いますよモチロン。
でも、ストーリーの流れがそのままエピソードⅣ~Ⅵ。
イヤほんと。笑えるぐらい。

では、旧3部作と照らし合わせながら見ていきますね。


1.世界観
ファーストオーダーに対してレジスタンスが対抗。(Ⅶ)

帝国に対して反乱同盟軍が対抗。(Ⅳ)

 
2.重要機密の捜索
ルーク・スカイウォーカーの居所が入った地図(一部)データを、
アンドロイドBB-8に託しレジスタンへ運ばれる。(Ⅶ)

デススターの設計図をR2-D2に託し反乱軍へ運ばれる。(Ⅳ)

 
3.超巨大兵器
太陽のエネルギーを吸収し、一撃で惑星を木端微塵に出来る、
惑星間レーザーを放出できる惑星兵器(スターキラー基地)。(Ⅶ)
(複数線放出可能!!)

一撃で惑星を木端微塵に出来る人口惑星兵器(デススター)。(Ⅳ)

 
4.親子間の葛藤
ファーストオーダーに協力するレン騎士団メンバーで、
ダークサイドのカロン・レンベン・ソロ(母レイア))は、
ハン・ソロの説得むなしく、彼を殺害(?)する。
それを基地から脱出寸前のレイが目撃。(Ⅶ)

帝国の暗黒卿ダース・ヴェイダーが、
かつての師であるオビ・ワンとの斬りあいの末に殺害。
それを脱出寸前のルークが目撃。(Ⅳ)

 
5.超巨大兵器破壊
レジスタンスの本部がスターキラー基地に狙われた為、
ハン・ソロなどの活躍でスターキラー基地の弱点を露呈し、
Xウイング部隊の超狭空間での戦闘の末に破壊に成功。(Ⅶ)

反乱軍の本部がデススターに狙われた為、
ハン・ソロなどの活躍でデススターの弱点を露呈し、
Xウイング部隊ミレニアムファルコン号の、
超狭空間での戦闘の末にデススターの破壊に成功。(ⅣorⅥ)

 
6.若きフォースの覚醒者、ジェダイマスターに会いに行く
スターキラー基地の破壊に成功し、ルークの居所が分かったレイは、
チューイR2-D2と共にミレニアム・ファルコン号で、
彼がいる惑星に旅立ち、ジェダイ寺院に佇むルークと対峙する。(Ⅶ)
(この場面で今作は終了)

デススターの破壊後、しばらく反乱軍で戦い続けたルークは、
霊体となったオビ・ワンの助言により、惑星ダゴバにいるジェダイマスターの、
ヨーダに会いに行く。(Ⅴ)


 
こんな感じで流れます。

ね、一緒でしょ?(笑)

まぁ、王道と言えば王道なんでしょうけど、
やはり、もっと真新しいものが見たかったのが正直な気持ち。

 
それ以外の感想としては、
ハン・ソロがこのまま退場というのはさすがに無いと思っています。
旧3部作であれだけ愛されたキャラをこれだけアッサリというのは。
それを言えば、新3部作でのオビ・ワンあっさり倒されたやん、
ってなりますが、オビ・ワンはその後も霊体となって度々シリーズに登場。
彼は、その師であるクワイ=ガン・ジンヨーダから、
霊体化の術を教わっていたので可能でしたが、
さすがにハン・ソロに、そういった事は出来ないでしょうしね。

あと、ジェダイの訓練を受けていないレイ超絶有能な件
今作での明言はされなかったものの、ほぼ確実にルークの娘なわけですが、
ジャンク集めで生活していたので機械いじりは得意だっとしても、
長年使われていなかった為、不調だらけのミレニアム・ファルコン号を、
いとも簡単に修理したり、星から出たことが無いので、
モチロン宇宙空間での戦いはしたことが無いのに、
感覚だけでミレニアムファルコン号を駆り戦闘をやってのけたり、
フォースの力を少しの助言等を参考にしただけで普通に使えたり、
今シリーズのヴェイダー的存在のカロン・レンをすでに圧倒したり。
カロン・レンに関しては、まだ暗黒面の修行を終えていないとの事)
これ、ジェダイの訓練する前からパダワンのレベルを超えて、
ジェダイナイトレベルまで来てますよね。

成長しきってからジェダイの訓練を始めて、
ヴェイダーや皇帝とも渡り合える力をつけたルークも凄かったですが、
これからルークに師事されることになるのでしょうけど、
これとんでもないジェダイにナルデ!!!

 
なんか今回いろいろ調べていると、レイ役のデイジー・リドリーが、
2016年全米公開予定のジブリ作品『おもひでぽろぽろ』の主役である、
岡島タエ子の英語吹替をするそうです。

 
ちなみに、次回作を劇場で見るかと言われれば、今の所微妙です。


 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

’15 12/20 朝日杯FS 予想

2015-12-20 09:41:25 | 予想
第67回 朝日杯フューチュリティS (阪神11R・GⅠ・芝1600m・3歳)


 【印・指数・馬番・馬名】

  ◎ 605 11 エアスピネル
  ○ 504 12 シュウジ
  ▲ 462 09 ボールライトニング
  注 348 15 リオンディーズ
  △ 317 07 イモータル
  × 283 06 ユウチェンジ
  ◆ 230 14 ハレルヤボーイ
  ◇ 192 13 シャドウアプローチ


 <買い目>

 馬連 11・12-12・9・15・7・6 9点
 3連複 11-12・9-12・9・15・7・6・14・13 11点


エアスピネル、2歳GⅠとしてはさすがに人気が被りすぎ。
皆さんの想いは武豊騎手の国内平地GⅠ完全制覇に、
期待しているのでしょうね。僕もそうですけど。

エアスピネル的にも、現時点での完成度が他馬よりも上だと思うし、
逆に言えば、将来他馬に抜かれる可能性もあるので、
ぜひココで大きい所を取りたいですよね。

母エアメサイアも好きな馬でしたので、
馬・騎手ともども頑張ってほしいです。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'15 12/13 阪神JF & カペラS 予想

2015-12-13 09:46:05 | 予想
第67回 阪神ジュベナイルフィリーズ (阪神11R・GⅠ・芝1600m・牝馬・3歳)


 【印・指数・馬番・馬名】

  ◎ 549 02 メジャーエンブレム
  ○ 546 17 デンコウアンジュ
  ▲ 319 09 アットザシーサイド
  注 273 07 クロコスミア
  △ 271 13 ウインファビラス
  × 260 11 ブランボヌール
  ◆ 258 01 アドマイヤリード
  ◇ 221 03 マシェリガール


 <買い目>

 馬連 2・17-17・9・7・13・11 9点
 3連複 2-17・9-17・9・7・13・11・1・3 11点


毎年思うのですが、
このレースまでは3歳牝馬は良くわからないです。
過去ウオッカにしても、このレースを見るまでは、
あそこまで強くなる馬とは思わなかったですし。

指数的には上位人気2頭が他を突き離した数値。
ただ、そこまで抜けるほど強いのかな?という印象。

前述通り、イメージでは判断できない条件ですので、
素直に指数を信じたいと思います。

 
第8回 カペラステークス (中山11R・GⅢ・ダ1200m)


 【印・指数・馬番・馬名】

  ◎ 500 01 トキノゲンジ
  ○ 411 11 シゲルガガ
  ▲ 409 12 マルカフリート
  注 398 07 サウンドガガ
  △ 369 09 アドマイヤサガス
  × 351 14 キクノストーム
  ◆ 349 04 エイシンヴァラー
  ◇ 254 10 エーシントップ


 <買い目>

 馬連 1・11-11・12・7・9・14 9点
 3連複 1-11・12-11・12・7・9・14・4・10 11点


1が少し透けた指数。以下○~◆までは大混戦。
1がそれほど人気が無いので、当たればそれなりの配当に。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'15 12/12 チャンレンジC 予想

2015-12-12 10:39:06 | 予想
第66回 チャレンジカップ (阪神11R・GⅢ・芝1800m・ハンデ)


 【印・指数・馬番・馬名】

  ◎ 594 11 フルーキー
  ○ 437 14 ワールドエース
  ▲ 426 03 マイネルミラノ
  注 363 10 ヒストリカル
  △ 315 13 レッドアリオン
  × 296 01 ケイティープライド
  ◆ 295 17 デウスウルト
  ◇ 292 09 シャトーブランシュ


 <買い目>

 馬連 11・14-14・3・10・13・1 9点
 3連複 11-14・3-14・3・10・313・1・17・9 11点


フルーキーが抜けた指数。
まぁ、ハンデ戦ですがこのメンバーであれば、
荒れないかなぁ、とは思う。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12/6 チャンピオンズC 予想

2015-12-06 10:58:05 | 予想
第16回 チャンピオンズカップ (中京11R・GⅠ・ダ1800m)


 【印・指数・馬番・馬名】

  ◎ 542 07 コパノリッキー
  ○ 495 01 ノンコノユメ
  ▲ 460 13 ホッコータルマエ
  注 393 08 ダノンリバティ
  △ 384 09 ローマンレジェンド
  × 286 12 クリノスターオー
  ◆ 279 05 ニホンピロアワーズ
  ◇ 272 10 グレープブランデー


 <買い目>

 馬連 7・1-1・13・8・9・12 9点
 3連複 7-1・13-1・13・8・9・12・5・10 11点


コパノリッキーが抜けた指数。
どうなかぁ、という思いもありますが、
東海Sぐらい走れば馬券には絡むんじゃないかな。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'15 12/5 金鯱賞 & ステイヤーズS 予想

2015-12-05 08:18:19 | 予想
第51回 金鯱賞 (中京11R・GⅡ・芝2000m)


 【印・指数・馬番・馬名】

  ◎ 545 05 レーヴミストラル
  ○ 498 02 サトノノブレス
  ▲ 490 12 クラレント
  注 465 10 ミトラ
  △ 401 01 ディサイファ
  × 393 09 パッションダンス
  ◆ 287 04 アロマカフェ
  ◇ 245 08 ベルーフ


 <買い目>

 馬連 5・2-2・12・10・1・9 9点
 3連複 5-2・12-2・12・10・1・9・4・8 11点


レーヴミストラルの前走は、
まともなら抜けて強かったです。
今回は頼むで、川田騎手。

 
第49回 ステイヤーズS (中山11R・GⅡ・芝3600m)


 【印・指数・馬番・馬名】

  ◎ 360 08 メイショウカドマツ
  ○ 312 01 トゥインクル
  ▲ 297 02 アルバート
  注 277 14 スズカデヴィアス
  △ 269 05 ネオブラックダイヤ
  × 220 11 ファタモルガーナ
  ◆ 205 03 マイネルメダリスト
  ◇ 181 07 カムフィー


 <買い目>

 馬連 8・1-1・2・14・5・11 9点
 3連複 8-1・2-1・2・14・5・11・3・7 11点


メイショウカドマツがトップ指数とはいえ、
どうも父ダイワメジャーで3600mっていうイメージが湧かない・・・。
コッチは当てるの厳しそう。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする