デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

11/1 スワンS 予想

2008-10-31 19:29:12 | 予想
もう11月なんですね・・・。

第51回 スワンステークス (京都11R・GⅡ・芝1400m)

 このレース5年連続で二桁人気の馬が連対している。
 ただし、これは過去の実績馬が近走の不振で人気が無かった場合が多く、
 基本的に重賞・OP実績を持つ馬が良く来ている。ならば・・・、


  ◎ : 15 スズカフェニックス
  ○ : 11 トウショウカレッジ
  ▲ : 09 ファイングレイン
  △ : 01 レットバトラー
  △ : 07 ローレルゲレイロ
 

 以上5頭で。(自信度:★★☆☆☆)

 ここ数戦は期待を裏切られまくっているスズカフェニックスを本命に。もうGⅠ戦線では届かなくなっている実績馬は
 大概こういった非根幹距離の格下重賞では連に絡みやすい。1200は短く1600は長いなら、ベストは1400だろ!!
 対抗はトウショウカレッジ。前走スプリンターズSでは上がり最速をマークしての6着。
 馬場が荒れようが堅実な末脚は魅力。どちらかといえば、雨が降ってほしいところ。
 近走不振でおそらく人気がさがるだろうけど、逆においしいファイングレイン。
 展開ハマレば一発ありそうなレットバトラー、故障空けも実績上位ローレルゲレイロまで。
 

 買い目 馬連 BOX 10点 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天皇賞(秋) & スワンS 『過去データ』

2008-10-30 19:09:28 | レースデータ
第138回 天皇賞・秋 (GⅠ・東京・芝2000)

対象:過去5年

血統

 SS産駒、SS系、グレイゾヴリン系、リファール系 が狙い目。

前々走までの最高成績

 1着:9頭、2着:3頭、4着:2頭、6着以下:1頭

 近2走の最高成績が連対以上の馬が中心。

ステップレース

 宝塚記念、札幌記念、毎日王冠 からの馬が多い。


1年以内重賞成績

 1着:10頭、2着:4頭、5着:1頭

 1年以内に重賞連対馬が中心。

人気

 少波乱。



 特になし。 
  
所属

 栗東:2-3-3-40
 美浦:3-2-1-27
 地方:0-0-0-2

 関西馬が中心。

騎手

 武豊、横山典、ペリエ騎手が良く来る。



 3歳:0-1-1 4歳:3-1-2 5歳:2-3-1
 6歳:0-0-1 

 4歳~5歳が中心。

前走レースの距離と脚質

 '07 2200(9-9-11-2)-1800(8-9-11)-1600(13-13)
 '06 1800(2-2-2)-2200(12-12-12-11)-2000(11-11-11-9)
 '05 2000(10-9-11-8)-2080(?)-1800(16-17-17)
 '04 2400(3-3-4-3)-2000(3-3-2-2)-2400(6-6-4-5)
 '03 2200(8-8-4-2)-2200(16-16-15-14)-1800(9-9-9-9)

 特になし。
 強いて言うなら前走で逃げた馬は来ていない。ウオッカ、ダスカ、キントレ・・・。



第51回 スワンステークス (GⅡ・京都・芝1400)

対象:過去5年 

血統

 ND系 がねらい目

前々走までの最高成績

 1着:5頭、3着:2頭、4着:1頭、5着:4頭、6着以下:3頭

 近2走で5着以内馬が中心。

ステップレース

 セントウルS、スプリンターズS からの馬が多い

1年以内重賞成績

 1着:5頭、2着:3頭、3着:1頭、4着:1頭、5着:2頭、経7着:1頭、験なし:1頭

 1年以内重賞5着以内馬が中心。

人気

 大波乱。



 4枠
  
所属

 栗東:3-3-4-51
 美浦:1-2-1-16
 地方:0-0-0-7

 関西馬中心。

騎手

 福永、藤岡、藤田騎手が良く来る。



 3歳:2-0-1 4歳:2-3-1 5歳:0-1-3
 6歳;0-0-0 7歳:1-1-0

 満遍なく来る。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10/25~26 予想回顧

2008-10-26 17:27:38 | 結果
10/25 富士S

 結果
    1.サイレントプライド
    2.リザーブカード
    3.バトルバニヤン
    4.エイシンドーバー
    5.レッツゴーキリシマ

 予想
    ◎マルカシェンク
    ○サイレントプライド  →1着
    ▲エシンドーバー    →4着
    △リザーブカード    →2着
    △レッツゴーキリシマ  →5着
    △フサイチアソート
    
        
 馬連5,230円 的中!!

     
 回顧

  「サイレントプライド、グイッと伸びて重賞制覇!!」

  予想通りコンゴウリキシオーが逃げて、サイレントプライドが2番手。
  その後ろをバトルバニヤンが追走して、エイシンドーバーは中団の内目。
  マルカシェンクは後方に待機。直線でコンゴウリキシオーが沈んでいく中、
  2番手のサイレントプライドが楽な手ごたえで先頭に踊り出る。バトルバニヤンが必死に追いすがるも差は縮まらず。
  好位にいたリザーブカードが外に出して一気に差を縮めるが、クビ差届かず。
  
  エイシンドーバーもよく伸びてきているが、前残りの展開で追い出すタイミングが若干遅れたか。
  そして問題の本命馬マルカシェンク。なんだ?全く伸びませんでした。
  いくら差し馬に厳しい流れだったとは言え、あまりにも負けすぎです。
  これは東京が苦手としか言わざる終えない。
     

10/25 室町S

 結果
    1.カルナバリート
    2.ダイワエンパイア
    3.レキシントンシチー
    4.ワールドハンター
    5.サチノスイーティー

 予想
    ◎ダイワエンパイア  →2着
    ○チョウカイシャトル 
    ▲ワールドハンター  →4着
    △タイセイアトム
    △カルナバリート   →1着
    △レキシントンシチー →3着

                   
 馬連2,160円、馬単5,480円、3連複7,660円 的中!!

     
 回顧

   サチノスイーティーが逃げる中、好位追走のダイワワイルドボアが直線でスパート。
   外から伸びてきたカルナバリートと併せ馬の形でサチノスイーティーを交わして、
   クビの上げ下げでカルナバリートが1着。3着は2頭の後ろから伸びてきたレキシントンシチー。

   サチノ消せてたし、まぁ順当か。


10/26 菊花賞

 結果
    1.オウケンブルースリ
    2.フローテーション
    3.ナムラクレセント
    4.スマートギア
    5.マイネルチャールズ

 予想
    ◎スマイルジャック  
    ○マイネルチャールズ  →5着  
    ▲ヤマニンキングリー  
    △ダイワワイルドボア
    △ロードアリエス     
    △オウケンブルースリ  →1着
    △フローテーション   →2着        
                
 ヒモだけど馬連17,820円 的中!!

     
 回顧

   「オウケンブルースリ、初勝利から4戦で戴冠!!」

   アグネススターチがスタートから飛ばす中、ノットアローンがカカリ気味に先頭に並び、
   最初の1000mを58.8秒で通過というペース。向こう嬢面では前の2頭のペースは落ちてきて、
   離れた3番手にいたスマイルジャックが先頭に並びかけ、その後ろからマイネルチャールズ。
   中団後方に待機していたオウケンブルースリも早めに仕掛けて直線勝負。
   スマイルジャックは早くも脱落して、マイネルチャールズが先頭に出るも、
   外からオウケンブルースリがグッと伸びて先頭に。その後ろをナムラクレセントとスマートギアが追いかけるも、
   道中は後方にいたフローテーションが各馬がバテル中馬群を切り裂いてオウケンブルースリに詰め寄る。
   しかし差は縮まることなくオウケンブルースリが菊の王冠をゲット。

   いやぁ参った。アグネススターチは飛ばすのは分かっていたが、ノットアローンもついて行くとは思わなかった。
   自然と3番手のスマイルジャックが標的にされてしまい、ジャックにとってはツライ展開になりました。
   好位から一気にスパートしたマイネルチャールズも沈んで、結局差し競馬っぽくなりましたね。
   オウケンブルースリは私が思っているよりも力があるようです。父ジャングルポケットですし、
   ジャパンカップに出走するなら楽しみかも。フローテーションはもう1歩でしたね。
   直線入ったときに前がガバっとあいて物凄い脚を使って2着。この激変はやはり母父リアルシャダイが
   京都長距離というファクターを誘発するのでしょうね。3着ナムラクレセントは、
   予想の段階で血統的に怪しいなとは思っていました。父ヤマニンセラフィムよりも、
   母系にパーソロンが入っているので、長距離なら良いんじゃないかと思ったけど、印が回らなかった。

   馬券の方は菊花賞が始まるまでに、ほんの少しだけプラスになっていたので、
   そのプラスになった分で馬連BOXも購入。結果良かったわけですけど、なんだかなぁ~。

   【追記】

   過去データで出した『前走4角6番手以内』というデータは機能しませんでしたね。
   結局、過去8年間で唯一このパターンに嵌らなかったヒシミラクル→ファストタテヤマと同じパターンで、
   同じく大波乱で今年の菊花賞は幕を閉じました。ただ、基本的にこのパターンは続かないので、
   来年は『前走4角6番手以内』の馬を中心にすれば良いと思います。
   


企画の結果
   
『第8回 1Rに賭けろ』 (10/25 京都1R・未勝利・ダ1400)

 結果
    1.ホクトスワン
    2.サンデーローズ
    3.ラストダンス
    4.マイネスターライト
    5.デンタルマロン

 予想
    ◎サンデーローズ   →2着
    ○チャームピース
    ▲アプレンデール   
    △マイネスターライト →4着
    △モダンバレエ 

               
  ハズレ。


     
 買い目結果(予想時の買い目10%を100円で換算)

  収入:0円-支出:1,900円=-1900円

 
 ダート初出場組みが多くて、賭けるレースのミスチョイスでした・・・。
 いや。久しぶりにこの企画やったら、いきなり40万馬券のレースとか、
 ある意味ナイスチョイスか・・・。


 
<今週の総括>

 予想としてはマズマズの結果でしたが、実際のその他の馬券がボロボロ。
 これだけ的中してもマイナスですからね。どんだけ負けてんだ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カジノドライヴ大敗・・・。

2008-10-26 08:09:22 | 結果
まだ映像を見たわけではないですが、ブリーダーズカップクラシックに出走したカジノドライヴは最下位に終わったようです。

1.レイヴンズパス
2.ヘンリーザナヴィゲータ
3.ティアゴ
4.カーリン

勝ちたいタイム『1:59:27』!!!!????
1着2着はクイーンエリザベス2世Cの1~2着馬がそのまま入り、3着はオールウェザーでも好走していた馬。
結局カーリンはオールウェザーの経験不足で負けた感じですかね。

というか、オールウェザーなら日本の芝馬の方が好走できるんじゃね?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10/26 菊花賞 予想

2008-10-25 18:12:40 | 予想
第69回 菊花賞 (京都11R・JpnⅠ・芝3000m・3歳)

 牡馬クラシク最終戦。
 今年のクラシック戦線は日替わりで勝馬がかわり、さらに皐月賞馬・ダービー馬不在と、
 まさに群雄割拠の菊花賞。先週の秋華賞で超万馬券が炸裂したイメージから、
 菊花賞でもそれに近い馬券が飛び出すのではないだろうかと戦々恐々とした雰囲気。

 まず、「過去データ」から出た中心馬はノットアローンとロードアリエス。
 次に、「騎手」からは特筆すべき馬はいないが、ノットアローンの横山典騎手が若干抜けている。
 さらに、「きさらぎ賞」からスマイルジャックの鉄板説。

 これらを踏まえて予想してみる。


  ◎ : 10 スマイルジャック
  ○ : 09 マイネルチャールズ
  ▲ : 12 ヤマニンキングリー
  △ : 18 ダイワワイルドボア
  △ : 06 ロードアリエス
  △ : 14 オウケンブルースリ
  △ : 01 フローテーション
    

 以上7頭で。(自信度:★★☆☆☆)

 「きさらぎ賞」のデータからスマイルジャックを本命にする。
 タニノギムレット産駒の限界距離が微妙だが、母は中距離路線でも走れていたし、
 その父サンデーサイレンスの底力に期待。あとは、小牧騎手がいかに上手く乗りこなすか。(これが1番重要・・・。)
 マイネルチャールズを対抗に。いかにもトライアル馬っぽいけど、他に頼りになる馬がいないので。
 ヤマニンキングリーは、きさらぎ賞組。父アグネスデジタルの時点で人気が無いし、
 私自身も血統や成績だけを見ると買う気は起こらないが、なぜか気になる馬。直感力を信じる。
 ダイワイワルドボアもセントライト勝った時点では買う気がしていなかったが、他に買える馬がいないので。
 前走トライルを4コーナーで6番手以内というデータに期待する。
 鞍上が子鮫じゃなければ本命・対抗にできたロードアリエス。オウケンブルースリは1番人気でも、
 神戸新聞杯の時にも言ったとおり父か母父がターントゥ系じゃなければ、京都芝3000は来ないので疑ってかかる。
 フローテーションは母父リアルシャダイに全てをかける。

 で、過去データ・騎手データから完璧なノットアローンは、なぜか各誌無印ですね。
 どう考えても過去の菊花賞でいえば好走条件がそろっているのに、ここまで印が無いということは、
 まことしやかに囁かれる「喉鳴り」の情報が確かだからなのかもしれない。
 最初は本命・対抗にする予定でしたがこれでは強く推せないし、兄弟が全て短距離実績しか上げていないのも気になったので、
 非常に怖い馬ですが切りたいと思います。でも立ち写真とか完璧に長距離馬の体型なんだようなぁ~。
 なんで、ここまで印がないんだろうか。
 

 買い目 3連複 10軸 15点 

 1-10-12で22万か!!うひょ~!! (ま、当たらんでしょ。菊花賞だけが競馬じゃない。)

 ・'08年度G(Jpn)Ⅰの枠順・人気・騎手の推移



菊花賞もいいが、カジノドライヴBCクラシックも気になる。
日本時間で日曜日の7時45分頃ということだが、どこも生中継が無い。
日本馬が出走する年ぐらい生放送があっていいものと思うが、カジノドライヴが日本馬と認識されていない証拠か。
メンバーは一気に強くなりますが、本気でレースするのは今回が初めてでしょうし、
日本調教馬がどこまで通用するか非常に楽しみだ。ガンバレ!!



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10/25 富士S & その他 予想

2008-10-24 19:50:12 | 予想
第11回 サウジアラビアロイヤルカップ 富士ステークス (東京11R・GⅢ・芝1600m)

 なんか凄い微妙なメンバーが集まりました。
 おや?フサイチアソートって、馬主変わったんだ。


  ◎ : 07 マルカシェンク
  ○ : 05 サイレントプライド
  ▲ : 03 エイシンドーバー
  △ : 01 リザーブカード
  △ : 02 レッツゴーキリシマ
  △ : 16 フサイチアソート
    

 以上6頭で。(自信度:★★★☆☆)

 本命はマルカシェンク。スタートさえ決めれればもっと上でも活躍できる素材であることは、ここ数戦でもわかる。
 一時はメイショウサムソン・ドリームパスポートより上だと言われていたさSS産駒最終世代の一人。
 ココはアッサリ勝ってGⅠ戦線へ殴りこみに行きたいところ。
 対抗はサイレントプライド。休み明けにはなるが、鉄砲は利くしマイル戦も得意。
 東京新聞杯では直線で寄られる不利があったためかイマイチ伸び切れなかったが、
 スムーズにいければ当然逆転候補。今日の雨が明日にどこまで影響するかによって命運が分かれる。
 以下に、安田記念3着でマイル戦は大崩の無いエイシンドーバー。リフレッシュ放牧されて疲れが取れたかリザーブカード。
 一叩きされた効果がありそうなレッツゴーキリシマ。距離はベストのフサイチアソートまで。

 穴ならコンゴウリキシオー。今回はブリンカー着用。
 最近は大敗続きですが、なんやかんやで昨年の安田記念2着馬。
 人気が無さそうな今回一発狙ってみる価値アリ。
 
 買い目 馬連 7軸 5点、複勝 17 1点

 
室町ステークス (京都11R・OP・ダ1200m・ハンデ)

 さてハンデ戦。
 

  ◎ : 15 ダイワエンパイア
  ○ : 10 チョウカイシャトル
  ▲ : 08 ワールドハンター
  △ : 12 タイセイアトム
  △ : 02 カルナバリート
  △ : 04 レキシントンシチー


 以上6頭で。(自信度:★★★★☆)

 今の京都ダート1200はND系が入っている馬が好走。
 それならば、現在5連対中とノリにノっているクロフネ産駒のダイワエンパイアで良いでしょう。
 人気の一角になるであろうサチノスイーティーはスピードが非凡なものはあるが、
 今回は絶好の標的になりそうなので、切りたい。残られたら諦める。

 買い目 馬連 15軸 5点 
  

久しぶりに

第8回 『1Rに賭けろ』

10/25 京都1R 未勝利戦 ダ1400

  ◎ : 04 サンデーローズ
  ○ : 07 チャームピース
  ▲ : 11 アプレンデール
  △ : 06 マイネスターライト
  △ : 02 モダンバレエ


 買う馬はこの5頭。 (自信度:★★★★☆)

 3連複 4-7-11(30%)、4-7-6・2(10%)、4-11-6・2(10%)

 馬単 4⇔7・11(20%)、4→6・2(10%)

 馬連 7-11(20%)、7-6・2(10%)



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菊花賞を考える 「きさらぎ賞編」

2008-10-24 18:55:53 | レースデータ
『きさらぎ賞は菊花賞に繋がる』

という格言がある。時期も距離も全然違うレースですが、なるほど'07年度アサクサキングス、
'06年度ドリームパスポート(及びアドマイヤメイン)と、2年連続で菊花賞好走している。

これは、もう少し詳しく調べてみる必要がありそう。

そこで過去10年、きさらぎ賞5着以内馬が菊花賞に出走した場合の成績を表にした。

きさらぎ賞馬名前走脚質菊花賞着順
'071着アサクサキングス4-4-3-21着
'061着ドリームパスポート5-6-8-62着
2着メイショウサムソン3-4-4-44着
5着アドマイヤメイン3-3-3-33着
'053着アドマイヤフジ15-15-13-136着
4着シックスセンス8-8-8-54着
'043着ハーツクライ7-7-7-77着
'031着ネオユニヴァース5-6-6-43着
3着マッキーマックス9-8-8-85着
'012着ダンツフレーム15-15-15-135着
3着ビッグゴールド6-6-6-313着
'002着エリモブライアン3-3-3-33着
'991着ナリタトップロード7-8-6-71着
'981着スペシャルウィーク11-11-8-22着


'02年は上位馬が菊花賞に出走することはなかったが、1番人気で8着だったメガースターダムが菊花賞では3着に。

たしかに前哨戦でもなんでもない重賞からにしては、菊花賞で良く来る。
そこで各馬の共通項を探ってみると、やはり菊花賞の前走で「前目の競馬」もしくは「早めの仕掛け」をしている。
それと、菊花賞3着以内馬は全て菊花賞までに最低でも重賞連対している馬ですね。

では、今年のきさらぎ賞組を見てみると、

きさらぎ賞馬名前走脚質菊花賞着順
'082着スマイルジャック2-2-2-2
3着ヤマニンキングリー7-7-9-7
5着ダイシンプラン5-4-4
8着ナムラクレセント13-13-13-10
10着メイショウクオリア5-5-3-3
13着アグネススターチ2-2-2-2


例年で言えば上位3頭は来てもおかしくないが、下位3頭も不気味な感じはしますね。
ここから、重賞連対以上している馬を踏まえるとスマイルジャックがほぼ鉄板くさいですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菊花賞を考える 「騎手編」

2008-10-23 21:03:06 | レースデータ
去年も書いたので、菊花賞に出走する有力馬及びリーディングジョッキーの菊花賞成績。(過去10年間)
注:アインラクスは出走できなかったので福永騎手の成績は無視してください。(消すのがめんどくさいので)
馬名スマートギアノットアローンアインラクススマイルジャック
騎手名武豊横山典福永小牧
通過順位人気結果通過順位人気結果通過順位人気結果通過順位人気結果
'0718-18-15-082501-01-01-017414-13-15-1310904-04-03-021315
'0601-01-01-013306-06-06-072209-09-10-124702-02-02-021713
'0507-07-07-071102-02-02-026209-09-08-084605-05-05-0577
'0415-15-14-101716-15-14-104207-07-08-1616513-12-12-04128
'0312-12-16-153908-08-12-1142
'02中止1中止02-02-02-121515
'0115-15-15-132511-12-12-13131106-05-03-0386
'0008-08-10-072115-15-16-11137
'9909-09-09-091614-14-15-13611
'9810-10-09-081201-01-01-012105-05-05-0735


馬名マイネルチャールズダイシンプランドットコム
騎手名松岡安藤勝岩田
通過順位人気結果通過順位人気結果通過順位人気結果
'0702-02-02-0481408-08-09-105803-03-03-05316
'0607-07-06-0551207-07-09-08515
'0511-11-9-1011804-04-04-033303-03-03-03811
'0414-14-14-085605-05-04-0281
'0308-09-03-0151


最有力馬であるオウケンブルースリの内田博騎手と、ダイワワイルドボアの北村宏騎手は共に菊花賞初出走。

昨年はロックドゥカンブの柴山騎手が菊花賞(というか長距離レース)初出走ということで、
「ロックドゥカンブは軸に出来ない」と書いたが、無難に乗りこなして3着入線。
逆に騎手から中心視したホクトスルタンとフサイチホウオーは馬券外に。
つまり有力馬の騎手が菊花賞初経験でも、騎手経験豊富なら大丈夫ということが分かった昨年のレースでした。

んで、昨年も書いたが武豊騎手が追い込み馬に乗るとマズ来ないというデータは、
結局ドリームジャーニーにもあてはまった(それでも買ってしまったが)。
今年はスマートギア。前走は前目で競馬をしているが、元来は追い込み馬。
武豊騎手が本番でどういった作戦をとるかにもよるが、今のところ軽視で良いか。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菊花賞 & 富士S 「過去データ」

2008-10-22 22:03:21 | レースデータ
第69回 菊花賞 (JpnⅠ・京都・芝3000・3歳)

対象:過去5年

血統

 SS系、ロベルト系 が狙い目。

前々走までの最高成績

 1着:7頭、2着:3頭、3着:3頭、4着:1頭、5着:1頭

 近2走の最高成績が6着以下は切り。

ステップレース

 神戸新聞杯 からの馬が多い。


1年以内重賞成績

 1着:8頭、2着:2頭、3着:2頭、4着:1頭、6着以下:2頭

 重賞3着以内経験馬が中心。重賞初出走組は軽視。

人気

 中波乱。



 特になし。 
  
所属

 栗東:5-4-4-64
 美浦:0-1-1-21

 関西馬が中心。

騎手

 武豊、横山典騎手が良く来る。


前走レースの距離と脚質

 '07 2400(4-4-3-2)-2400(5-5-5-4)-2200(4-3-5-4)
 '06 2000(2-2-2-1)-2000(5-6-8-6)-2000(3-3-3-3)
 '05 2000(12-12-11-5)-2000(2-2-2-2)-2000(8-8-8-5)
 '04 2500(3-3-3-2)-2200(10-10-8-3)-2000(5-5-5-6)
 '03 2000(2-2-2-1)-2000(4-4-5-4)-2000(5-6-6-4)

 つまり前走2000m以上のレースを使った馬で、4コーナーで6番手以内の馬が中心。
 追い込み一辺倒だったディープ('05)も、本番では追い込みを計ったソングオブウインド('06)も全て該当。
 現時期になった'00年まで調べたら、ヒシミラクルが勝って大荒れになった'02年のみコレに該当しない。


★以上のデータから、
 
 ・父か母父がターントゥ系
 ・前走レースが2000m以上
 ・前走レースで4コーナー6番手以内
 ・2走前までの最高成績が5着以上
 ・重賞4着以上経験あり
 ・関西馬

これらから導き出された菊花賞好走条件該当馬は

 ノットアローン、ロードアリエス



第11回 富士S (GⅢ・東京・芝1600)

対象:過去5年 

血統

 SS産駒、SS系、ミスプロ系、ニジンスキー系 がねらい目

前々走までの最高成績

 1着:7頭、2着:2頭、3着:6頭

 近2走で3着以内馬が中心。

ステップレース

 京成杯AH、関屋S、ポートアイランドS からの馬が多い

1年以内重賞成績

 1着:2頭、2着:3頭、3着:4頭、4着:2頭、5着:1頭、経験なし:2頭

 1年以内重賞5着以内馬が中心。

人気

 波乱含み。



 特になし
  
所属

 栗東:3-3-3-25
 美浦:2-2-2-41
 地方:0-0-0-3

 関西馬中心。

騎手

 武豊、田中勝、蛯名騎手が良く来る。



 3歳:1-0-2 4歳:0-0-1 5歳:2-4-1
 6歳;0-1-2 7歳:2-0-0

 満遍なく来るが、5歳馬が中心。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10/18~19 予想回顧

2008-10-19 17:39:02 | 結果
10/18 東京AJ

 結果
    1.タイキレーザー
    2.ヴリル
    3.クルワザード
    4.バトルブレーヴ
    5.コスモラバシン

 予想
    ◎バトルウブレーヴ  
    ○シュフルール    
    ▲テイエムトッパズレ
    △クルワザード    →3着
    △テイエムヤマトオー
    △ヴリル       →2着


 ハズレ・・・。

     
 回顧

  「タイキレーザー、ジャンプ重賞初制覇!!」

  あれ?タイキレーザーって何?3番人気?へ?

  バトルブレーヴは障害コースでリードを広げておきたかったが、結局平地勝負になり前2頭にどんどん離されました。
  東京コースは苦手なようで。というか左回り苦手なのかも。


10/18 デイリー杯2歳S

 結果
    1.シェーンヴァルト
    2.ホッコータキオン
    2.キングスレガリア
    4.ピースピース
    5.アラシヲヨブオトコ

 予想
    ◎ホッコータキオン  →2着  
    ○トップオブビーコイ  
    ▲ピースピース    →4着
    △アラシヲヨブオコト →5着
    △シェーンヴァルト  →1着


 馬連690円、馬単1,640円 的中!!

     
 回顧

  「シェーンヴァルト、人馬共に重賞初制覇!!」

  ホッコータキオンが淡々と逃げる中、中団やや後方で待機していたシェーヴァルトが、
  直線で内に入りスパッと切れた脚で粘るホッコータキオンを交わして優勝。
  北村友一騎手は重賞初制覇。おめでとう!!

  ホッコータキオンは前走で逃げて強い競馬をしたので、マークされる立場になると、
  どうしてもこういう形になりやすいわな。でも、好位追走してホッコータキオンを捕まえに行った馬が
  壊滅したのを見ると、最後まで粘っていたホッコータキオンは相当強いと思われる。
  ピースピースは展開向いたとはいえ、予想通りきましたね。3着に来てくれれば言うことはなかったのだが。
  キングスレガリアは買えね。
  


10/19 秋華賞

 結果
    1.ブラックエンブレム
    2.ムードインディゴ
    3.プロヴィナージュ
    4.ブライティアパルス
    5.エフティマイア

 予想
    ◎レジネッタ
    ○マイネレーツェル
    ▲トールポピー 
    △オディール 
    △レッドアゲート
    △エフティマイア   →5着
    △メイショウベルーガ
    

 ハズレ・・・。

     
 回顧

  「ブラックエンブレム、うまく回ってGⅠ制覇!!」

  プロヴィナージュが先頭で引っ張り、直線で上位人気馬が外を回されている間に、
  内からジックリ脚をためていたブラックエンブレムが一気に突き抜けて勝利。
  外から唯一伸びてきたムードインディゴが2着に入り、逃げたプロヴィナージュが、
  ブライティアパルスの追撃を振り切り3連単1000万馬券の大波乱に終わりました。

  ブラックエンブレムは前走大敗もオークス4着の重賞勝馬。
  ムードインディゴもローズSで良い脚で追い上げての2着だったのでまだ分かる。
  プロヴィナージュは無いわぁ~。馬券買って期待したシリウスSで来てくれよ~。

  レース終わった瞬間から笑うしかありませんでしたが、それぞれの馬のコース取りで結果がココまで変わるとは。
  桜花賞700万→オークス44万→秋華賞1000万。
  今年の牝馬戦線は実力差はほとんど無いという証拠なんでしょうね。展開次第でいくらでも着順が変わるようです。
  今までは3歳限定戦だったので良かったですが、コレから古馬と戦うにあたり、
  3歳をどう扱うか非常に難しくなりそうだ・・・。
  
  

10/19 府中牝馬S

 結果
    1.ブルーメンブラット
    2.カワカミプリンセス
    3.ベッラレイア
    4.レインダンス
    5.キストゥヘヴン

 予想
    ◎カワカミプリンセス →2着 
    ○ニシノマナムスメ
    ▲ローブデコルテ
    △アルコセニョーラ
    △アサヒライジング
    △キストゥヘヴン   →5着
    

 ハズレ・・・。

     
 回顧

  「ブルーメンブラット、馬群からグイッと伸びて重賞制覇!!」
  
  2番手追走したカワカミプリンセスが直線で抜け出して粘りこみを図るところを、
  中団待機していたブルーメンブラットが馬群を切り裂いてゴール前交わして優勝。
  その外から伸びてきたベッラレイアが3着。

  カワカミプリンセスは先行するとは思っていましたけど、2番手につけるとは思いませんでした。
  最後バテタのは久しぶりのせいか。ニシノマナムスメは最内を突いて前も開いたのですが、
  そこから全く伸び切れなかった。本調子ではなかったのか。


<今週の総括>

 今週もボロボロですわ。
 秋華賞はモチロンのこと、他の平場レースも全然振るわず。

 あと、PO馬ダイワバーガンディがサフラン賞に出走していましたが、先生パワー炸裂で4着。
 出遅れも痛かったが、このメンバーで勝てないようでは能力が足りていないかも。
 もう少し成長を促すのも手かもしれない。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする