デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1/31 川崎記念 「ミツオ減らない・・・」 結果

2007-01-31 19:13:46 | 結果
1/31 川崎記念

 結果
    1.ヴァーミリアン
    2.アジュディミツオー
    3.ドンクール
    4.シャーベットトーン
    5.ビービートルネード

 予想
    ◎ヴァーミリアン    →1着
    ○アジュディミツオー →2着
    ▲シャーベットトーン →4着
    △ボンネビルレコード
    △チョウサンタイガー
    
            
 馬連 340円 馬単 360円 的中!!

     
 回顧

   前走の東京大賞典で大幅馬体増となったアジュディミツオーどこまで絞れてくるか注目だったが

   なんと+5ときたものだ。まだまだ本調子ではないということか?

   レースは、そんなアジュディミツオーが積極的に逃げるも、ヴァーミリアンがピッタリ後ろに付く形。

   3番手にレマーズガールドンクールが追走。直線に入ってヴァーミリアンアジュディミツオーを交わし、

   グングン引き離して6馬身差の圧勝。2着は粘ったアジュディミツオー

   3着は終始好位追走したドンクール。4着が後方から追い込んできたシャーベットトーン

   ヴァーミリアンは出遅れたのに圧勝と、ダート長距離だとやはり強いですね。(東海Sは明らかな体調不良)

   アジュディミツオーは歳のせいなのか2段ロケットが衰えているるようです。

   まぁ、それでもトップレベルなのですが・・・。

   ドンクールは良い位置にいました。予想では印をつけなかったものの、

   無印組みでくるなら、先行できるこの馬と思っていたので、個人的には納得。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1/31 川崎記念 予想

2007-01-30 18:30:44 | 予想
第56回 川崎記念 (交流GⅠ・川崎10R・ダ2100m)

 ある意味、今年最初のGⅠレース。まぁ買いはしないのだが、予想はしてみる。
 
 過去のレースデータを見る限り、ほとんど荒れないレースのようです。

 ここは印を少なめに。


  ◎ : 07 ヴァーミリアン
  ○ : 05 アジュディミツオー
  ▲ : 12 シャーベットトーン
  △ : 10 ボンネビルレコード
  △ : 03 チョウサンタイガー
    
 
 以上5頭です。

 本命はヴァーミリアン。今の充実振りなら勝ち負け必至でしょう。

 対抗はアジュディミツオー。依然地方王者だが、若干の衰えを見せ始める。

 しかし今回も本調子ではないといわれているものの、1回使った効果はありそう。

 このメンバーなら格が違うので3着までには入れると思います。

 平安Sで3着に入り勢いに乗っているシャーベットトーン、JBCクラシック3着が光るボンネビルレコード

 昨年の5着馬チョウサンタイガーまでをおさえます。

 
 買い目は、5・7軸の3連単マルチ18点。

 と、東京大賞典みたいなこともありえるので、中央馬4頭の馬連BOX6点もおすすめ。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1/27~1/28 重賞予想回顧

2007-01-28 16:05:43 | 結果
1/27 東京新聞杯

 結果
    1.スズカフェニックス
    2.エアシェイディ
    3.イースター
    4.ホッコーソレソレー
    5.グレイトジャーニー

 予想
    ◎エアシェイディ    →2着
    ○スズカフェニックス →1着
    ▲ブラックバースピン
    △サンバレンティン
    △キングストレイル
    △イースター      →3着
    
            
 馬連 400円 3連複 1,720円 3連単 6,690円 的中!!

     
 回顧

   いやぁ予想はしていたものの、固い固い。

   レースは前に行った馬が全滅。道中、中団よりやや後方に待機していたスズカフェニックスの

   周りにいた馬達が、最終的に上位に来たことからも、かなり差し競馬になったのであろう。

   大外を回って勝ったスズカフェニックス、直線で前がつまってしまい抜け脱すのに

   苦労したにも関わらず2着のエアシェイディ。この2頭は、人気の通り他馬より抜けていたということか。

   そして3着のイースター。1番スムーズに競馬が出来てハマった感はあるが、

   やはり短距離~マイル路線の「強い4歳」という勢力図は変わらないようである。


1/28 根岸S

 結果
    1.ビッググラス
    2.シーキングザベスト
    3.ニホンピロサート
    4.リミットレスビッド
    5.ヒカルウィッシュ


 予想
    ◎シーキングザベスト  →2着
    ○ヒカルウィッシュ    →5着
    ▲ボードスウィーパー 
    △リミットレスビッド    →4着
    △タイキエニグマ
    △オフィサー

 ハズレ・・・。
   
 回顧

   完全ノーマークのビッググラスに勝たれて、超高齢馬ニホンピロサートに突っ込まれたら

   どうしようもない。あきらめは付きやすいです。

   本命馬シーキングザベストは、正攻法での勝負で負けたのだから力負け。

   対抗馬ヒカルウィッシュは直線に入っての伸びは良かったのですが、

   オフィサーと並んだところでバランス崩して勢いが止まりました。


1/28 京都牝馬S

 結果
    1.ディアデラノビア
    2.ウイングレット
    3.アグネスラズベリ
    4.サンレイジャスパー
    5.アクロスザヘイブン


 予想
    ◎ソリッドプラチナム
    ○コイウタ
    ▲アクロスザヘイブン →5着
    △ディアデラノビア   →1着
    △ウイングレット    →2着
    △マイネサマンサ

 馬連 1,440円 的中!!(ヒモ決着だが)
   
 回顧

   若さより実績馬で決着して馬券は玉砕。
   
   本命馬ソリッドプラチナムは、大外から追い上げるも前を捉えるほどの勢い無し。

   対抗馬コイウタは行方不明。

   勝馬のディアデラノビア以外はドッコイドッコイって感じですね。



1/27 橿原S

 結果
    1.ウイングシチー
    2.ピサノアルハンブラ →◎
    3.トーセンザオー   →○
    4.ヒカリアイ
    5.プリュネル      →△


 ハズレ・・・。

 (一言)

    ピサノアルハンブラとトーセンザオーのワイド馬券を持っていたので、ゴール前叫んだのは言うまでも無い。



 <今週のPO馬>

  アグネスタイガ新馬5着・・・過剰人気気味に驚いたが、テンのスピードはありそう。次走に期待。


 <今週の予想総括>

   今週の予想は4レース中2レース的中。

   的中したレースが固すぎてとても予想的にも馬券的にもプラスになりません。

   う~ん・・・。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1/28 根岸S & 京都牝馬S 予想

2007-01-27 16:36:04 | 予想
第21回 根岸ステークス (中山11R・GⅢ・ダ1400m)

 フェブラリーSの前哨戦にしては、まったく本番につながらないレース。

 ですが今年も、まずまずのメンバーが集まった印象。

 ジョイフルハートの出走回避は競馬ファンとしては心配だが、馬券を考える側としてはラッキー。

 さてさて・・・。


  ◎ : 12 シーキングザベスト
  ○ : 02 ヒカルウィッシュ
  ▲ : 06 ボードスウィーパー
  △ : 09 リミットレスビッド
  △ : 07 タイキエニグマ
  △ : 11 オフィサー
  
 
 以上6頭です。

 本命はシーキングザベスト。距離・展開・血統全てにおいて完璧。断然の1番人気になろうが、この馬から入る。

 ヒカルウィッシュは、先週の平安Sでも出走していれば本命対抗にしたほど追いきりが抜群。

 先週の追いきりがかなり良かったのでデキ落ちを心配したのだが、

 今週の追いきりから好調は持続しているようなので対抗評価。

 逆転は難しそうだが、人気もないだろうし配当はそれなりにつくか?

 このレースと相性のよい父ミスプロ系or母ND系というのは、レースデータにも書いたが

 両方入っているのは、上記2頭とボードスウィーパー。本来ならコチラを対抗にしたほうが良いのだが

 今の出来を考えてヒカルウィッシュの下にしますが、信頼性では対抗評価。

 以下、歳だけが気になる前年度覇者リミットレスビッド、昨年の2着馬タイキエニグマ

 追いきりの不味さは気になるが、2走前に東京ダ1400を勝っているオフィサーまで。


 買い目は、12⇔2・6→2・6・9・7・11の3連単16点。


 レースデータはコチラから→「根岸Sを考える」


第42回 京都牝馬ステークス (京都11R・GⅢ・芝1600m・牝馬)

 牝馬限定とはいえ昨日に引き続きマイル重賞って、どうなのかと思うが。

 どの馬もマイナス面があって信頼性が置けないので、昨年の牝馬戦線の勢力図から、「強い4歳」を中心視したい。

 
  ◎ : 14 ソリッドプラチナム
  ○ : 05 コイウタ
  ▲ : 10 アクロスザヘイブン
  △ : 04 ディアデラノビア
  △ : 13 ウイングレット
  △ : 15 マイネサマンサ


 以上6頭です。

 本命はソリッドプラチナム。今回出走の4歳馬は4頭。

 その中で、古馬相手に互角の戦いをしているのはこの馬かと。なんとか3着以内に。

 続いて桜花賞3着が光るコイウタ、1000万下をようやく勝ったところだが不気味なアクロスザヘイブン

 残り1頭のダイワパッションは、3歳春で終わった感が強いので消します。

 以下、勝ちきれないもメンバー能力トップのディアデラノビア、一昨年の2着馬ウイングレット

 昨年の勝馬マイネサマンサまでをおさえます。ただマイネサマンサに関しては、

 このレース12月・1月に出走しなくて入着したのはスティンガーだけというのが気になる。


 買い目は、14軸の3連複10点。


<その他>

 明日はPOのアグネスタイガが小倉4R(芝1800)でデビュー。追いきりからは過度の期待は出来ないが

 なんとか頑張って掲示板以上を目指してもらいたい。血統的にダート馬だと思っていますが。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1/27 東京新聞杯 & 橿原S 予想

2007-01-26 18:30:29 | 予想
東京新聞杯 (東京11R・GⅢ・芝1600m)

 先週・先々週のGⅡとは打って変わって、ハイレベルなメンバーが集まりました。

 昨年は11番人気フジサイレンスが1着にきたものの、2着3着は1番2番人気と、

 基本的にはあまり荒れないレース。このメンバーなら、今年も固い決着か?

 そして短距離~マイル路線の勢力図(4歳・年寄り>5歳・6歳)は続くのか?


  ◎ : 04 エアシェイディ
  ○ : 12 スズカフェニックス
  ▲ : 10 ブラックバースピン
  △ : 09 サンバレンティン
  △ : 10 キングストレイル
  △ : 02 イースター
  
 
 以上6頭です。

 本命は指数トップのエアシェイディ。総合的にみて、この馬が3着を外すとは考えにくい。

 ただ、勝ちきれるかどうかは微妙なので買い方には気をつけたいところ。

 対抗はスズカフェニックス。終いの脚は、このクラスでもトップレベル。

 直線の長い東京コースなら逆転も。鞍上も主戦に戻って信頼性は上がる。

 JRAのCMに使われて勢いにのるかブラックバースピン、なぜか指数2番手サンバレンティン

 一叩きされて変わり身有りのキングストレイル、強い4歳馬の図式が当てはまればイースターまで。

 買い目は、4軸の3連複10点。

 
過去のデータ→「東京新聞杯を考える」


橿原ステークス (京都11R・1600万下・ダ1200m)

 これといった馬がいない混戦模様。

 
  ◎ : 07 ピサノアルハンブラ
  ○ : 02 トーセンザオー
  ▲ : 14 カリスマサンキセキ
  △ : 06 プリュネル
  △ : 09 サワノブレイブ
  △ : 15 ビービーバーニング


 以上6頭です。

 このレースとにかく前に行く馬が強いレース。よって前々で競馬ができる馬達を選択。

 ただ印はつけたものの、差は無い。買い方が難しいレースですね。

 買い目は、馬連BOX15点。


<その他>

 明日はライスシャワーの甥エターナルクラウンが京都5R(芝2200)未勝利に出走。

 前走はスタートで出遅れて競馬にならず。最終追いきりはマズマズだったので、今度こそ見せ場があれば。

 で、6Rの新馬戦をみてみると「え?」っていう名前が・・・。


 

  アグネスフウジン


 
 
 

 オイオイ、紛らわしいにも程があるでしょう。(笑)

 '90年ダービー馬アイネスフウジンとは、なんの関係もありません。


 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オンファイア引退・・・。

2007-01-25 21:45:06 | Weblog
ディープインパクトの全弟で右前脚屈腱炎のため休養中だったオンファイア(牡4、美浦・藤沢和雄厩舎)が、
24日付でJRA競走馬登録を抹消されたことがわかった。今後は種牡馬入りする予定だが、詳細は未定。


<net競馬より>


残念である。

デビュー戦から相当ズブイ感じはあったが、それなりに能力もありそうで

将来的にクラシックは無理としても重賞はとれたであろう存在と思ったのだが・・・。

東京スポーツ杯でメイショウサムソンと差の無い競馬であったのだから、なおさらです。

兄ちゃんのおかげとはいえ、種牡馬入りが出来たのは良かったです。

優良牝馬は回ってこないだろうが、それでも自身が果たせなかった夢を子供に託してもらいたいです。

それにしても残念です。


オンファイア(2003/3/26・牡)

 父:サンデーサイレンス
 母:ウインドインハーヘアー


 全兄ディープインパクトの無敗の3冠がかかった菊花賞を1週前に控えた、10月16日に

 東京芝1600でデビュー。圧倒的1番人気におされるも、前を捉えきれず3着

 しかし後ろからきた馬はオンファイアだけであったので、能力の片鱗を見せた。

 2戦目でしっかり勝利をものにして、初重賞となった東京スポーツ杯

 フサイチリシャールの完璧なまでの強さを見せ付けられるも、後の2冠馬メイショウサムソンと互角の戦いを見せる。

 しかしレース後、屈腱炎を発症し1年間の休養に入るが、2007年1月に引退種牡馬入り。

 
 通算成績:1-0-2-0

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京新聞杯を考える

2007-01-25 18:35:26 | レースデータ
東京新聞杯 (東京・GⅢ・芝1600m)

過去10年がデータ対照(中山開催含む)。


父(3着内に複数回きた馬を抽出)

  サンデーサイレンス:3-2-3-18

 【該当馬】:エアシェイディ、グレイトジャーニー、スズカフェニックス、メテオバースト
   
2走前までの最高成績が連帯している馬を中心視

  1着:15頭、2着:6頭、3着:2頭、4着:2頭、5着:2頭、7着:2頭、9着:1頭
      
 【該当馬】:イースター、エアシェイディ、サンバレンティン、シベリアンホーク、ブラックバースピン、メテオバースト

 
主なステップレース(過去6年)

  ・ニューイヤーS  →7頭
  ・キャピタルS   →5頭
  ・京都金杯  →4頭
  
 
 【該当馬】(2走前以前に出走した場合を除く)

  ニューイヤーS:メテオバースト(2)、キングストレイル(4)、グランリーオ(12)

  キャピタルS:エアシェイディ(1)、ブラックバースピン(2)、グランリーオ(6)、トールハンマー(8)

  京都金杯:スズカフェニックス(5)、グレイトジャーニー(7)、ホッコーソレソレー(8)、キネティクス(11)


            
1年以内中央重賞出走経験

 1着→6頭、2着→7頭、3着→5頭、4着→4頭、5着→1頭、6着→1頭

 出走経験無→5頭
   
 よって重賞を3着以内経験馬を中心視。

 【該当馬】:エアシェイディ、キストゥヘヴン、キネティクス、キングストレイル

       グレイトジャーニー、サンバレンティン、スズカフェニックス、ホッコーソレソレー



1年以内OP以上(重賞含む)成績

 1着→13頭、2着→9頭、3着→5頭、4着→1頭、出走経験無→2頭

 1年以内にOPを連帯している馬を中心視。

 【該当馬】:イースター、エアシェイディ、キストゥヘヴン、キネティクス、キングストレイル、グレイトジャーニー、サンバレンティン

       ダイワメンフィス、トールハンマー、ブラックバースピン、ホッコーソレソレー、メテオバースト、ロードマジェスティ



人気

  ・01番人気:3-3-1-3
  ・02番人気:0-2-3-5
  ・03番人気:2-0-2-6
  ・04番人気:1-0-2-7
  ・05番人気:0-1-0-9
  ・06番人気:0-2-2-6
  ・07番人気:2-1-0-7
  ・08番人気:0-0-0-10
  ・09番人気:0-1-0-9 
  ・10番人気:1-0-0-9
  ・11番人気:1-0-0-9
       
 1番人気の信頼性は高い。

 


 1枠:4回、2枠:3回、3枠:4回、4枠:4回
 5枠:1回、6枠:4回、7枠:3回、8枠:7回

 5枠以外なら?とりあえず8枠を中心視。

 
騎手(3着以内に複数回きた騎手成績)

  ・柴田善:2-1-0-6
  ・横山典:0-2-1-6
  ・蛯名:1-1-1-4
  ・後藤:1-2-0-5
       
 【該当馬】

  ・柴田善:サンバレンティン
  ・横山典:キストゥヘヴン
  ・蛯名ホッコーソレソレー
  ・後藤メテオバースト

歳(連複率)

 ・4歳:4-3-3-30(25%)
 ・5歳:1-1-4-16(27%)
 ・6歳:4-5-2-27(28%)
 ・7歳:1-1-0-29(06%)
 
 4歳馬~6歳馬を中心視。

 【該当馬】

  4歳:イースター、キストゥヘヴン、ブラックバースピン

  5歳:キングストレイル、スズカフェニックス、ホッコーソレソレー、ロードマジェスティ

  6歳:エアシェイディ、グレイトジャーニー、サンバレンティン、ダイワメンフィス、メテオバースト

  
【データからみる結論】

  エアシェイディは信頼性高いか。

  次点がブラックバースピングレイトジャーニーといったところ。

  
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

根岸Sを考える

2007-01-24 18:18:23 | レースデータ
根岸ステークス (東京・GⅢ・ダ1400m)

距離が1400mになった過去6年がデータ対照(中山開催含む)。


父(3着内に複数回きた馬を抽出)

  特に無し。ということで、系統別に調べたところミスプロ系は言うに及ばず

  父にヘイロー系、もしくは母にND系が好走しているようである。

  ミスプロ系が好走するのは周知の通りなので、今回は母方にND系が入っている出走馬を中心視してみたい。

 【該当馬】:アルドラゴン、シーキングザベスト、トウショウギア、ヒカルウイッシュ
       
       ボードスウィーパー、マルカフレンチ、リミットレスビッド

   
中央で2走前までに勝利した馬を中心視(過去6年18頭の中央レース前々走までの最高成績)

  1着:11頭、2着:3頭、3着:1頭、5着:2頭、6着:1頭
      
 【該当馬】:アルドラゴン、オフィサー、シーキングザベスト、スナークファルコン、ダイワバンディット

       ヒシハイグレード、ビッググラス、ボードスウィーパー、マルカフレンチ


 
主なステップレース(過去6年)

  ・ガーネットS  →7頭
  ・霜月S    →4頭
  ・武蔵野S  →3頭

 特にガーネットSの成績はそのまま影響しやすい。  
 
 【該当馬】(2走前以前に出走した場合を除く)

  ガーネットS:リミットレスビッド(2)、ニホンピロサート(4)、セレスダイナミック(6)

  霜月S:ボードスウィーパー(1)、オフィサー(4)、タイキエニグマ(5)、ヒカルウィッシュ(7)、トウショウギア(8)

  武蔵野S:シーキングザベスト(1)、ヒカルウィッシュ(4)


            
1年以内中央重賞出走経験

 1着→7頭、2着→4頭、3着→3頭、4着→1頭、10着→1頭、12着→1頭

 出走経験無→1頭
   
 よって重賞を3着以内経験馬を中心視。

 【該当馬】:インセンティブガイ、シーキングザベスト、タイキエニグマ、ダイワバンディット、トウショウギア、リミットレスビッド

1年以内OP以上(重賞含む)成績

 1着→12頭、2着→3頭、3着→1頭、8着→1頭、出走経験無→1頭

 ちなみに8着と経験無し馬2頭とも、1600万下では勝ち星は挙げている。

 1年以内にOPを勝っている馬を中心視。

 【該当馬】:インセンティブガイ、シーキングザベスト、セレスダイナミック、ダイワバンディット

       トウショウギア、ヒカルウィッシュ、ボードスウィーパー、リミットレスビッド



人気

  ・01番人気:1-1-1-3
  ・02番人気:1-0-0-5
  ・03番人気:0-2-1-3
  ・04番人気:0-0-1-5
  ・05番人気:0-1-1-4
  ・06番人気:2-0-0-4
  ・07番人気:1-0-1-4
  ・08番人気:1-0-0-5
  ・09番人気:0-1-1-4 
  ・10番人気:0-1-0-5
       
 めちゃくちゃバラけているので、人気を気にすることは無い。

 


 1枠:1回、2枠:3回、3枠:0回、4枠:3回
 5枠:1回、6枠:4回、7枠:5回、8枠:1回

 6枠と7枠を中心視。

 
騎手(3着以内に複数回きた騎手成績)

  ・柴田善:2-1-0-3
  ・横山典:0-2-0-1
  ・田中勝:0-1-2-1
       
 【該当馬】

  ・柴田善:トウショウギア
  ・横山典:オフィサー


歳(連複率)

 ・4歳:1-1-0-26(07%)
 ・5歳:2-3-1-13(31%)
 ・6歳:1-2-2-14(26%)
 ・7歳:2-0-0-13(13%)
 ・8歳:0-0-2-08(25%)
 
 意外や意外。4歳馬の不振が目立っているレースのようだ。

 データからは5歳馬と6歳馬を中心視。

 【該当馬】

  5歳:オフィサー、スナークファルコン、ヒカルウィッシュ、マルカフレンチ

  6歳:アルドラゴン、インセンティブガイ、シーキングザベスト、タイキエニグマ

    ダイワバンディット、ビッググラス、ボードスウィーパー



その他

 ・脚質は先行有利も、追い込みもしっかりきているので注意。
 ・斤量は59.0~55.0まで幅広く入着。ただし、その年の最軽量馬は入着していない。
 ・過去このレースで好走した馬は、再び好走しやすい。

  
【データからみる結論】

  シーキングザベストで固いでしょう。

  おそらく2番人気になるであろうリミットレスビッドは歳だけが減点。

  次点はボードスウィーパー。穴として面白いのが、ヒカルウイッシュトウショウギアか。

    
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1/20~1/21 重賞予想回顧

2007-01-21 16:36:13 | 結果
いったん投稿した際、回線エラーで投稿ミスとなったので

馬券も外れているし、もう更新するパワーがないので「結果」と「一言コメント」だけにします。

1/21 AJCC

 結果
    1.マツリダゴッホ
    2.インテレット
    3.シルクネクサス
    4.インティライミ
    5.ジャリスコライト

 予想
    ◎インティライミ    →4着
    ○フサイチアウステル
    ▲インテレット     →2着
    △マツリダゴッホ   →1着
    △エアセレソン  
    
            
 馬連 1,690円 的中!!

     
 回顧

   先生、ナゼにそこまで逃げる必要がある?(涙)


1/21 平安S

 結果
    1.メイショウトウコン
    2.サンライズバッカス
    3.シャーベットトーン
    4.タイキエニグマ
    5.サカラート


 予想
    ◎カフェオリンポス
    ○シルククルセイダー
    ▲フィールドルージュ 
    △サンライズバッカス →2着
    △タガノサイクロン
    △マイネルボウノット
    △シャーベットトーン →3着

 ハズレ・・・
   
 回顧

   追いきりを馬券の重要項目の1つにする私としては、メイショウトウコンは買えない。(涙)

   カフェオリンポスは直線で手ごたえ無くなり、フィールドルージュは勝負どころで不利うける。
   


 <その他の予想結果>


1/20 サンライズS

 結果
    1.アイルラヴァゲイン →△
    2.アドマイヤカリブ   →○
    3.ペニーホイッスル  →△
    4.エアニックス     →◎
    5.スパイン        →△


 馬連 980円、3連複 2,460円 的中!!。

 (一言)

    固ぇ・・・。(もう少し荒れると思った)


1/20 石清水S

 結果
    1.ヒシハイグレード
    2.ゴッドスマイルユー →△
    3.ムーンシャイン
    4.ブルーメンブラット →◎
    5.ディアチャンス   →○
        
  ハズレ・・・。
   
 (一言)

   ブルーメンブラットは直線で狭い所を走らされて伸びを欠きましたね。

   まぁ、それ以前にヒシハイグレードは買えない。


 <今週のPO馬>

  ピンクカメオ菜の花賞1着・・・減った馬体重を戻し、直線の追い比べを制し見事勝利。これで桜の切符を手中に。


 <今週の予想総括>

   今週の予想は4レース中2レース的中。徐々に調子が下降中・・・。


   今週良かったことといえば、ピンクカメオが勝ってくれた事。

   桜に出走するためにはどうしてもココを勝ちたかったので、良かったです。

   もともと能力は高いので、あとは輸送をどのように克服するかが問題。

   まぁピンカメが勝った事よりも、話題は裏のレース(若駒S)の勝馬には持っていかれていますが。(笑)

   あと、土曜の新馬戦でオーシャンエイプスが馬なりで圧勝してましたね。もしかして、巨星現る?


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1/21 AJCC & 平安S 予想

2007-01-20 19:39:25 | 予想
アメリカジョッキークラブカップ (中山11R・GⅡ・芝2200m)

 先週の日経新春杯よりも、GⅡってなんだね?っていうメンバー構成。

 さてさて・・・。


  ◎ : 04 インティライミ
  ○ : 08 フサイチアウステル
  ▲ : 03 インテレット
  △ : 05 マツリダゴッホ
  △ : 10 エアセレソン
  
 
 以上5頭です。

 本命はインティライミ。なんといってもダービー2着馬。このメンバーで負けたらダメでしょう。

 調教を失敗した?いや、ラストは伸びているので特に問題は無かろう。

 というか、それでもこのメンバーで取りこぼしは出来ない。

 対抗は、昨年の2着馬フサイチアウステル。正直一叩きしてからとも思ったが、メンバーを見渡すと

 この馬より能力高いといえる馬が少ない。それなら、久しぶりでもイキナリ連に絡んでもおかしくない。

 勝ちこそしないが、それほど大崩が無いインテレットはスタートだけ。出遅れクセが解消されていたら

 良い勝負が出来るはず。母父に中山に強いリアルシャダイが入っているのもプラス。

 距離微妙だが鞍上が怖いマツリダゴッホ、四位騎手がわざわざ中山まで出向いたのが不気味なエアセレソンまで。


 買い目は、4軸の3連複6点と4の1着固定の3連単12点。


平安ステークス (京都11R・GⅢ・ダ1800m)

 こちらは、かなり好メンバー揃い。

 しかし、本命馬らしい本命馬がいないので軸が決めずらい。

 今の京都ダートはかなり前残りなので、基本的に前に行く馬を中心視ししたい。

 
  ◎ : 08 カフェオリンポス
  ○ : 10 シルククルセイダー
  ▲ : 06 フィールドルージュ
  △ : 12 サンライズバッカス
  △ : 11 タガノサイクロン
  △ : 05 マイネルボウノット
  △ : 13 シャーベットトーン


 以上7頭です。

 本命はカフェオリンポス。このメンバーで58kgはさすがにツライが、

 前々で競馬ができるのと、このダート距離での岩田騎手は信頼性が高い。なんとか3着までに。

 対抗は、シルククルセイダー。前でも後ろでも競馬が出来る自在性は評価できる。

 鞍上も川田騎手に戻って、1発狙ってみる価値はある。

 フィールドルージュは実力上位。しかし、前走で意外と揉まれ弱いことが判明。

 今の京都ダートだと、いつものような後ろからの競馬だと届かない恐れはある。

 まぁ、引き続きルメール騎手が乗るということなので、信頼性としては1番高いか?

 能力上位も距離がやや不安サンライズバッカス、上り調子のタガノサイクロン

 スピードは無いが前で粘れるマイネルボウノット、連勝中の勢いでシャーベットトーンまでをおさえます。

 買い目は、8軸の3連複15点。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする