デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『GODZILLA ゴジラ キングオブモンスターズ』鑑賞してきました。

2019-06-01 21:44:37 | Weblog
公開日:2019年5月31日
監督:マイケル・ドハティ
キャスト:カイル・チドラー、渡辺謙、ヴェラ・フミガ、他


GODZILLA ゴジラ キングオブモンスターズ』鑑賞してきました。


前作ギャレス版『GODZILLA』(2014)の続編。

ハリウッド版ゴジラを良い意味で裏切ってくれた前作で、
大興奮したので今作もさっそく鑑賞してきました。

今回はゴジラだけでなく、
ラドン、モスラ、そしてキングギドラも登場。

前作後にこれらの怪獣の権利を購入したという情報が出ていましたし、
キングコング 髑髏島の巨神』(2017)で、
今作の予告めいたシーンもありましたので、
日本版で言う『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)の、
リメイク版になるかな?と思っていました。

実際見てきた感想としては、
そらもう大迫力(MX4D)でした。

前作、個人的には良かったとはいえ、
画面が暗くて何しているのかわからないという批判には、
納得できる分もあったのですけども、
今作は暗い場面も多いですが、かなり改善されています。

そして、ゴジラだけでなくモスラやキングギドラにも、
大きな愛が込められているつくりになっています。

批評についてですが、
前作の時も書きましたが、この手の映画に"意味"を持たす必要はありません。
ゴジラで"意味"を持つ作品は1作目『ゴジラ』(1954)のみ。
(『ゴジラvsヘドラ』もあるか)

あとの作品は大衆娯楽です。
映画を何も考えずに楽しむための作品です。

シン・ゴジラ』(2016)も好評でしたが、
個人的には日本の組織に対する批判をしている作品で、
ゴジラという作品を純粋に楽しむというものではなかったように思います。

つまり、
シン・ゴジラ』は面白いけど、『GODZILLA』はつまらない。
のような方は、おそらく今作もつまらないと思います。

シン・ゴジラ』はつまらないけど、『GODZILLA』は面白い
とか
シン・ゴジラ』も『GODZILLA』も面白い
という方は楽しめるはず。

もっと言うと、
"VS"シリーズ大好き!!という方は、超面白いと思います。

作品を否定しているのではなく、
"合う"・"合わない"の違いです。

そういう意味では、
予算的に日本でハリウッド版の映像クオリティを作るのは厳しい。
であれば、『シン・ゴジラ』の路線がヒットしたことを考えれば、
日本版はあの路線を突き進むのはありだと思います。


では、以下ネタバレ。





簡単にあらすじを書くと、

2014年のゴジラとムトーの戦いで世界に"怪獣"の存在が知れ渡る。
世界はそれを隠していた秘密機関モナークに対するバッシングが大きくなる。

そんな中、2014年の戦いで息子を亡くしたモナークの科学者エマ・ラッセルと、
その娘マディソン・ラッセルは、怪獣と交信する実験を繰り返していました。
その相手がモスラ。
実験は成功しましたが、テロリストにより娘もろとも拉致。

怪獣と交信する装置の原型を作ったマーク・ラッセルは、
息子を亡くした悲しみからモナークから離れていましたが、
事件をきっかけに、モナークに協力するように。

実はエマは裏でテロリストとつながっていました。
エマは「人口が増えすぎて地球を汚している。
怪獣たちの破壊行為は地球の自浄作用だ。」
という考え方でした。

モナークが密かに管理封印していた怪獣たちを
1頭ずつ目覚めさせていき、人口を減少させるという作戦。
しかし最初に目覚めさせたキングギドラを制御しきれず、
ギドラ自体がラドンを含む他の怪獣たちを解き放ち従わせることに。

一方、ギドラの復活に気づいたゴジラは倒しに行く。
互角に戦っているところに、
軍の新兵器「オキシジェンデストロイヤ」が炸裂。
ギドラはダメージ回避(といよりも傷を負っても再生できる)。
ゴジラは深く傷つき海底の棲家で体力回復。

しかし自然での回復には時間がかかるため、
成虫となったモスラがゴジラの居場所を教えて、
モナークは棲家をゴジラのエネルギー源の核爆弾で破壊。

核エネルギーを吸収したスーパーゴジラが
モスラの援護と犠牲もありキングギドラを消滅させる。


という流れ。


映像美が本当に素晴らしかったです。
キングギドラをあれだけアップに映した作品は無いですし、
成虫モスラの神々しさも素晴らしかった。
ゴジラだけでなくモスラに対してのリスペクトも本当に感じられました。

あと気付いた事・思った事

・エマの考え方は『寄生獣』っぽいなぁ。
・コスモス(小美人)の双子設定を、チャン・ツィイー演じるアイリーン博士に。
・ゴジラのテーマと、モスラのテーマの入り方が絶妙で壮大。
・オキシジェンデストロイヤーの扱い軽すぎ。
・ラドンはもう少し孤高の怪獣扱いでお願いしたかった。
・渡辺謙お疲れ様。
・モスラの死→次の世代(エンドロールでたまご発見記事)の設定がしっかりしていた。
・エンディング冒頭の般若心経、なに?(笑)
・エンドロール最後に初代からゴジラのスーツアクターをしていた、
中島春雄氏の写真を掲載したのは驚きでした。
本当にゴジラをリスペクトしている証拠でしょう。

次作は劇中でも匂わせていましたが、キングコングとの対決が予定されています。
"髑髏島の巨神"が1973年設定で、コングはまだ成長しきっていない状態。
あれから50年近くたったコングとゴジラがどのような戦いになるのか。
そして、エンドロール後に出てきたギドラの首がどうつながるのか。

今から楽しみであります。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大阪杯 2019 予想 | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事