デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

'09 11/1 天皇賞(秋) 予想

2009-10-31 17:24:44 | 予想
スミヨンの騎乗を見ていると、日本人シッカリしろ!!と言いたくなるね。
日本競馬にブランクがある騎手の方が立ち回り上手いってどういう事?

第140回 天皇賞・秋 (東京11R・GⅠ・芝2000m)
 
 女帝ウオッカが連覇に挑戦。
 昨年の歴史に残るレースの相手だったダイワスカーレットも、
 ディープスカイもいない今年、東京のレースではもうこの馬が
 連を外すとは思えない。ウオッカをそのまま本命にしても面白くないので、
 ウオッカ軸は変わらないが、本命は別の馬にしよう。

 東京芝は先週までアット的に外差し馬場だったのですが、
 Bコースとなった今週になって少しその傾向が緩んできました。
 となると、毎年度のように直線の瞬発力勝負になると思うのですが、
 1枠1番のコスモバルクの動向が気になります。
 思いっきり逃げる可能性があるのは良いが、直線バテると寄れちゃうのが。
 なんか、一昨年の天皇賞(秋)と同じような展開になりそうな予感。

 まぁ、そんな事を考えても仕方ないので、先行馬を中心に印をつけます。
 
  ◎ : 08 キャプテントゥーレ
  ○ : 07 ウオッカ
  ▲ : 10 シンゲン
  △ : 15 ヤマニンキングリー
  △ : 12 ドリームジャーニー
  △ : 17 エイシンデピュティ
  × : 03 カンパニー
   
 以上6頭で。(自信度:★★★☆☆)

 朝日CC勝ちのキャプテントゥーレを本命に。前走は先行馬が崩れていく中、
 並ばれてからも粘りきっての勝利。メンバーレベルが低かったのもあるが、
 血統的にも父アグネスタキオンよりも母父トニービンがかなり効いてくるはず。
 調教も水曜の坂路1番時計をマークしていて量も豊富。差し競馬にならないなら、
 直線でも切れ負けしないはず。川田騎手にGⅠ2勝目を。

 ウオッカは説明イランでしょうね。ココまでは大丈夫っしょ。

 左回りになれば馬が変わるシンゲン。1戦級との勝負でどこまで。

 ドリームジャーニーはいつものように後方なら厳しいが。

 で、最大の穴馬エイシンデピュティ。前走オールカマー大敗と、
 枠が嫌われてかなり人気を落としていますが、調子自体は良いはず。
 前走の最終追い切り(坂路)が

  53.6-38.9-25.1-12.6 一杯
  14.7-13.8-12.5-12.6 ラップ

 でした。そして今回が

  51.2-38.0-25.3-12.6 一杯
  13.2-12.7-12.7-12.6 ラップ

 '07年の鳴尾記念(2着)で51秒台をたたき出してい以来の好タイム。
 その時でさえ終い1Fが13.5なので、今回の方が遙に良い。
 これだけ早いラップでも最後まで伸びてきていますし、中間の
 坂路の数もかなり豊富。これなら直線で末脚勝負になっても
 粘りきれる可能性が高いと思いますし、東京芝2000で不利と言われる
 外枠でもすんなり前に行くスピードが出ていると思います。
 ここまで人気を落としているのは、かなりオイシイかもしれません。

 カンパニーは年齢が気になるし、前走も去年もうまく行き過ぎたと
 思っているが一応抑えておいたほうが無難。
 

 切った馬ではやっぱりスミヨン?(笑)
 

 3連複 7-8・10-10・15・12・17・3 

 ●『サタうま!』のシミュレーション結果●

  1.オウケンブルースリ
  2.ウオッカ
  3.アサクサキングス
  4.エアシェイディ
  5.カンパニー

 直線なかばで抜け出したウオッカを大外一気でオウケンブルースリ。

  
コメント   トラックバック (8)

'09 10/31 スワンS & ブラジルC 予想

2009-10-30 20:01:34 | 予想
スミヨン騎手が来ているんですね。
短期免許取得は01年以来らしいから、もう8年も前になるのか。
その頃にはほとんど印象の無い騎手でしたが、いまやトップジョッキー。
気性が荒いお人なのでゴタゴタが多く、ファーブル調教師専属騎手だけでなく
アガ・カーン4世の主戦騎手までも解除されてしまったので、とにかく今は
香港だけでなく日本でも活躍の場を広げておきたいのが本音かな?


第52回 スワンステークス (京都11R・GⅡ・芝1400m)
 
 レベル自体は悪くないですが、かなり混戦模様なメンバーですね。
 
  ◎ : 17 マルカフェニックス
  ○ : 06 アップドラフト
  ▲ : 14 スズカコーズウェイ
  △ : 13 トレノジュビリー
  △ : 09 クラウンプリンセス
  △ : 18 ドラゴンウェルズ
   
 以上6で。(自信度:★★★☆☆)

 血統・調教過程とこのレースにピッタリなマルカフェニックスを本命に。
 芝1200は明らかに合っていない感じの馬で、1ハロン伸びる今回はプラス。
 ただ成績的に信用できない面があるので、絶対の軸とはいえない。
 このレースと相性の良いポートアイランドS連対馬と、血統微妙も
 力つけてきているスズカコーズウェイ、一昨年の3着馬ドラゴンウェルズまで。

 他馬も充分来そうな感じもするが、いまいち食指が動かない。
 
 馬連 BOX
  

ブラジルカップ (東京11R・OP・ダ2100m)
 
  ◎ : 16 ダークメッセージ
  ○ : 11 ゴールデンチケット
  ▲ : 15 マイネルアワグラス
  △ : 02 クリーン
  △ : 09 アドマイヤダンク
  △ : 06 キングトップガン
   
 以上6頭で。(自信度:★★★☆☆)

 ハンデ戦とはいえ上位3頭が抜けていますかね。
 長距離ダートの安定感からダークメッセージを本命に。

 馬連 BOX 


明日はPO馬サダムシンプウが3戦目。
相変わらず芝1200使ってきたのは微妙ですが、放牧前の大敗のイメージを
払拭する走りを見せてほしい。
POといえば、明日評判の血統馬ジャポニズムがデビュー。
しかしそのレースではジャポニズムよりも、テーオーガンダムが気になる。(笑)
先週はラクスクラインがデビューしていたし。最近ガンダム系の名前多いなぁ~。
netkeibaの本紙の見解がテーオーガンダムが対抗評価で、コメントが
「潜在能力は高い」って。たしかに高そうだ。(笑)
さらにサトノ「サウザー」、シゲル「サコン」。原哲夫つながり。
う~ん、楽しみだ。
コメント   トラックバック (5)

第140回 天皇賞・秋 『過去データ』

2009-10-29 17:06:45 | レースデータ
第140回 天皇賞・秋 (GⅠ・東京・芝2000)

対象:過去5年(海外成績含む)

血統
 
 SS系、SS系×ND系

前々走までの最高成績

 1着:9頭、2着:3頭、4着:2頭
 6着以下:1頭

 前2走で連対馬が中心。

ステップレース

 毎日王冠、宝塚記念、札幌記念 からの馬が多い。

1年以内中央重賞成績

 1着:12頭、2着:3頭

 1年以内に重賞勝馬が中心。

人気

 小波乱。



 1枠、7枠が良く来る 
  
所属

 栗東:3-3-4-44
 美浦:2-2-1-23
 地方:0-0-0-2

 五分。

騎手

 武豊、横山典、四位騎手が良く来る。



 3歳:0-1-2 4歳:3-2-2 5歳:2-2-0 
 6歳:0-0-1 7歳以上:0-0-0

 4~5歳が中心。

前走レースの距離と脚質

 ’08 1800(1-1-1)-2000(1-1-1-1)-2400(9-7-5-5)
 ’07 2200(9-9-11-2)-1800(8-9-11)-1600(13-13)
 ’06 1800(2-2-2)-2200(12-12-12-11)-2000(11-11-11-9)
 ’05 2000(10-9-11-8)-2080(海外)-1800(16-17-17)
 ’04 2400(3-3-4-3)-2000(3-3-2-2)-2400(6-6-4-5)
 ’03 2200(8-8-4-2)-2200(16-16-15-14)-1800(9-9-9)

 ・4角5番手以内。

その他

 ・中間で坂路追い必須

コメント

第52回 スワンS 『過去データ』

2009-10-28 20:50:54 | レースデータ
第52回 スワンステークス (GⅡ・阪神・芝1400)

対象:過去5年

血統
 
 特になし

前々走までの最高成績

 1着:5頭、3着:2頭、4着:2頭、5着:3頭
 6着以下:3頭

 前2走で5着以内の馬が中心。

ステップレース

 特になし。

1年以内中央重賞成績

 1着:4頭、2着:4頭、3着:1頭、4着:1頭、5着:1頭
 6着以下:2頭、経験無し:1頭

 1年以内に重賞5着以内経験馬が中心。

人気

 中波乱。



 1枠、6枠、8枠が良く来る 
  
所属

 栗東:4-3-4-54
 美浦:1-2-1-12

 関西馬が中心。

騎手

 福永騎手が良く来る。



 3歳:1-0-1 4歳:3-4-1 5歳:0-0-2 
 6歳:0-0-0 7歳:1-1-1

 4歳が中心。

前走レースの距離と脚質

 ’08 1.6(1-1)-1.2(1-1)-1.2(10-10)
 ’07 1.6(6-6)-1.2(13-11)-1.2(7-8)
 ’06 1.2(3-3)-1.2(4-4)-1.6(7-7)
 ’05 1.6(3-3)-1.6(15-15)-1.8(10-11-10)
 ’04 1.2(8-6)-1.6(5-3-5)-1.6(5-5)

 ・4角5番手以内。

その他

 ・特になし。

コメント

'09 10/24~25 予想回顧

2009-10-25 16:39:54 | 結果
10/24 富士S

 結果
    1.アブソリュート
    2.マルカシェンク
    3.マイケルバローズ
    4.リザーブカード
    5.ザレマ

 予想
    ◎サンカルロ 
    ○ザレマ      →5着
    ▲ストロングガルーダ
    △マイネルファルケ
    △マイネルスケルツィ

 ハズレ。
    
 回顧

  「内からグイッとアブソリュート!!」

  予想する際に、
  『2走以内に3着以内に来ていない馬は消し。』
  というので、私の馬券は終わってました。

  レース後、笑いましたね。
  
 
10/25 菊花賞

 結果
    1.スリーロールス
    2.フォゲッタブル
    3.セイウンワンダー
    4.イコピコ
    5.リーチザクラウンン

 予想
    ◎セイウンワンダー →3着  
    ○イコピコ     →4着
    ▲トライアンフマーチ
    △リーチザクラウン →5着 
    △ヤマニンウイスカー
    △フォゲッタブル  →2着
    穴スリーロールス  →1着
    ×アンライバルド

 3連複(1-3-12) 46,070円 的中!!
    
 回顧

  「ハナ差おさえて伏兵スリーロールス!!」

  まぁなんというか。
  レース回顧しようかと思ったが、あまり内容のあるレースじゃなかった。
  リーチの毛ヅヤ、アンライとセイウンのテンション。
  良いのはイコピコぐらい。パドックから上位人気馬に不安感が多く、
  大荒れになるんじゃないかと思いましたが、最終的には血統で
  選んだ馬達で決まりましたね。ヤマニンも6着だし。

  レース始まってアンライバルドとトライアンフマーチは強烈な
  引っ掛かり具合で早くも終了。リーチも前走の馬体重を回復するのに、
  中間の調教を緩めた事で、やはり最後の粘りが効かず。
  イコピコは仕掛けが遅すぎましたね。
  結果、うまく回ってきた伏兵のダンスインザダーク産駒2頭での決着。
  本命馬セイウンワンダーはパドックでアレだけテンション高くても
  3着には入れたのは鞍上の好騎乗もあるし、やはり血統から来る底力がある。

  馬券的には久しぶりに来ましたね~。

  浜中騎手、GⅠ初制覇オメデトウ!!


<今週の総括>

  やっぱり、血統で当てやすいレースは楽だ。
  そんなレースばっかりだと良いんだが、なかなかね・・・。

  40万アクセス記念企画の結果は、
  複勝回収率が70%ほどで、単勝回収率は壊滅していました。
  7割ぐらいきてくれれば、とは言ったが回収率70%じゃダメじゃん。
  
コメント (2)   トラックバック (2)

'09 10/25 菊花賞 予想

2009-10-24 17:52:02 | 予想
富士Sは過去データを嘲笑うかのような結果で・・・。

第70回 菊花賞 (京都11R・GⅠ・芝3000m・3歳)

 久しぶりに長文予想になりました。
 
 皐月賞・ダービーと全く違う着順になった今年の牡馬クラシック。
 ダービー馬ロジユニヴァースは菊花賞に向かうことなく依然調整中。
 確固たる主役不在で難解極まるクラシック最終戦。
 菊花賞は能力よりも距離適正あるかどうかが問題なのですが、
 スタミナ抜群といった感じのレースを見せた馬は、見た範囲ではいない。
 となると、体型や血統で判断するしかないのだが、たいした相馬眼は
 ナッシングなので、やっぱり血統で印をつけます。

 ちなみにそのセンス0な相馬眼で馬体を見た感じでは
 イコピコ、シェーン、ブレイク、リーチ、ヤマニン
 が長距離走りそうな馬体なんですがどうでしょうかね?
 
  ◎ : 12 セイウンワンダー
  ○ : 14 イコピコ
  ▲ : 04 トライアンフマーチ
  △ : 09 リーチザクラウン
  △ : 07 ヤマニンウイスカー
  △ : 03 フォゲッタブル
  穴 : 01 スリーロールス
  × : 05 アンライバルド
   
 以上8頭で。(自信度:★★★★☆)

 本命はセイウンワンダー。マイラー、マイラーと言われながらも、
 中距離でも好走し続けたのは、ひとえに母母父リアルシャダイのおかげか?
 菊花賞と相性の良いロベルト系で母父サンデー。さらにリアルシャダイと
 きたらこの条件でも好走してもおかしくない。体型的なものを除けば、
 血統・能力ともにクリアしている同馬が1番期待できるかも。
 対抗はイコピコ。前走神戸新聞杯は春の実績馬を一蹴した激走を見せた。
 母父ジェイドロバリーは若干気になるが、母母父トニービンでカバー。
 忘れたころにやってくる今年のテーマ『親子重賞制覇』には気をつけたい。
 昨年度PO馬トライアンフマーチ。母キョウエイマーチということだけに
 さえ目を瞑れば、その血統はメンバートップレベルの長距離血統。
 父スペシャルウィークは同レース2着で天皇賞(春)馬。
 スペシャルウィークの母父マルゼンスキーは母父として京都芝中長距離で、
 数多くの名馬を輩出。父母父セントクレスピンも種牡馬時代に天皇賞馬を輩出。
 母父ダンシングブレーヴは、メイショウサムソンと同じ。
 ダンシングブレーヴの直仔で見ても、リファール系として
 ホワイトマズルほどではないが、長めの距離でも活躍できる馬を輩出している。
 母母父ブレイヴェストローマンも'04年度3着のオペラシチーの母父。
 オペラオーにしてもそうだが、オペラシチーは父オペラハウスが強力に
 効いているのは間違いないが、ネヴァーベンド系自体が京都長距離戦が
 得意であることは過去の実績からも現れている。
 ということで血統だけを見ると、好走してもおかしくない。
 鞍上がここ数ヶ月、超絶不調というか乗鞍が激減しているのは不安だが、
 幸四郎自体は得意なレースの1つなので人馬共に頑張ってほしい。
 ただ、本追い切りが「馬なり」調教だったのはマイナス。
 角居流といえばそれまでだが、「馬なり」調教でこなせるレースではない。
 これまたトライアンフマーチと同じ母方にマイラー色が濃いリーチザクラウン。
 気性も難しい馬だけに信頼性にはかけるが、鞍上・能力共に抜けた存在なので
 自分のペースで逃げる事が出来れば待望の戴冠もあり得る。
 さらに毎年言っていることだが、武豊騎手は追い込み馬に乗らない限り
 長距離戦では信頼性高い。ただ前走の大幅馬体減は大きなマイナス点。
 ヤマニンウイスカーは血統だけではメンバートップの構成。
 父マンハッタンカフェで母父サドラーズウェルズ。母母父ブラッシングルーム。
 切れ味に乏しいが、まさに長距離走るための血統。
 前走は大出遅れでほとんど競馬していないので度外視。
 超良血馬フォゲッタブルは能力が足りているかどうかだけの問題。
 スリーロールスも同じ。
 最初は上記7頭の予定でしたが、アンライバルドの調教を見て
 やっぱりこの馬抑えておかなければならないと思いました。
 兄弟と前走を見ていると秋以降の成長は無いと思っていたので、
 消しだったのですが、重心を低くして抜群の伸びを見せる走りは、
 なにかライスシャワーを彷彿させるものがあったので。
 気性が問題だが折り合えたときの切れ味は怖いので、薄く抑えておきます。

 長距離戦といえば横山典騎手。紅一点ポルカマズルカに乗る訳だが、
 母がダンスインザダークの全妹。なるほど母系の底力で古馬長距離戦で
 好走を続けている。しかし父ティンバーカントリーで、この大舞台で
 牝馬が好走できるとは思えない。かつて叔母のダンスパートナーが
 出走したが5着。父SSの叔母の壁を越えれる馬とは思えないので
 ここは鞍上が長距離戦鬼といえども買うことは出来ない。
 

 3連複 12軸 

 ●『サタうま!』のシミュレーション結果●

  1.シェーンヴァルト
  2.リーチザクラウン
  3.ナカヤマフェスタ
  4.キタサンチーフ
  5.ヤマニンウイスカー

 逃げるリーチザクラウンを馬群を割ってシェーンヴァルトが捉える。
 基本的に前残り。後ろからの馬壊滅。

 <おまけ>

 血統研究所の久米裕氏の血統診断順位(上位5頭)。

 1.アンライバルド 2.ヤマニンウイスカー 3.スリーロールス
 4.リーチザクラウン 5.イコピコ・トライアンフマーチ
コメント   トラックバック (7)

'09 10/24 富士S 予想

2009-10-23 19:54:39 | 予想
第12回 富士ステークス (東京11R・GⅢ・芝1600m)

 何気に、マルカシェンクとザレマの兄妹対決。
 
 過去データから前2走で3着以内の馬しか来た事無いという事に
 注目すれば今年のメンバーでは

 ザレマ、サンカルロ、ストロングガルーダ、ティアップゴールド、ナスノストローク、マイケルバローズ
 マイネルスケルツィ、マイネルファルケ、レッドスパーダ

 以上9頭が該当。多いな・・・。
 次に前走から距離延長の馬は来ていないのでマイケルバローズは消し。
 続いて8歳のナスノストロークも消し。
 あとの馬はデータからは消しにくいので、残り7頭で予想を立ててみよう。 
 
  ◎ : 18 サンカルロ
  ○ : 16 ザレマ
  ▲ : 06 ストロングガルーダ
  △ : 11 マイネルファルケ
  △ : 04 マイネルスケルツィ
   
 以上5頭で。(自信度:★★★☆☆)

 今開催の東京芝1600の連対馬は、SS系またはロベルト系が入った馬しか
 着ていない。ということで上記7頭の内ティアップゴールドと
 レッドスパーダを消し。東京3戦3連対のレッドスパーダを消すのは
 勇気がいりますね~。
 という事で残りの5頭にに印をつけました。強弱はほとんど変わりません。

 昨年度覇者サイレントプライドがなぁ。近走着順は悪いけど、パフォーマンス
 自体はそれほど落としていないんですよね。人気なければ狙っても。

 馬連 BOX   


ちょっと遅れましたが、40万アクセス突破記念ということで
明日の京都・東京全レース(福島までは無理)の軸馬予想をします!!
軸にして馬券を買うも良い、複勝で転がすも良い。
良ければ参考にしてください。

<京都><東京>
1R⑫テイエムミューズ②タケショウミカヅチ
2R②ウインジェラルド③ウォンビーロング
3R⑩ティルス⑫ニーマルオトメ
4R③スリーラスカル⑪エースインザホール
5R⑧マットレスカット⑫イチブン
6R②ファンドリアスカ①アポロラムセス
7R⑮ドキャーレ⑦ハエヌキ
8R⑬ディアマジェスティ⑫ガートモンテス
9R①オセアニアボス④ツルマルジュピター
10R②アメジストリング⑥トリビュートソング
11R⑮トーホウドルチェ⑱サンカルロ
12R⑥インバルコ⑤フィールドジュエル

基本的には人気馬ですかね。7割ぐらいは来てほしいところ。
コメント   トラックバック (3)

第12回 富士S 『過去データ』

2009-10-22 18:41:52 | レースデータ
第12回 富士ステークス (GⅢ・東京・芝1600)

対象:過去5年

血統
 
 SS系、ミスプロ系

前々走までの最高成績

 1着:5頭、2着:4頭、3着:6頭

 前2走で3着以内のみ。

ステップレース

 京成杯AH、ポートアイランドS からの馬が多い。

1年以内中央重賞成績

 1着:1頭、2着:4頭、3着:4頭、4着:1頭、
 5着:1頭、6着:1頭 経験なし:2頭

 1年以内に重賞3着以内の馬が中心。

人気

 小波乱。



 7枠 
  
所属

 栗東:2-2-4-31
 美浦:3-3-1-37

 五分。

騎手

 田中勝、蛯名騎手が良く来る。



 3歳:1-0-2 4歳:0-0-2 5歳:2-4-1 
 6歳:0-1-2 7歳:0-0-0

 5歳が良く来る。

前走レースの距離と脚質

 ’08 1600(3-1-1)-1600(7-7-4)-1600(2-2)
 ’07 1600(7-9-9)-1600(15-13-14)-1600(12-11)
 ’06 ダ1700(8-8-7-7)-2200(7-7-6-3)-1800(6-6)
 ’05 1600(9-9-8)-1600(1-2-2)-1600(6-8-9)
 ’04 1600(5-3-3)-1600(5-4-5)-ダ1900(-)

 ・同距離または距離短縮

その他

 ・特になし。
コメント

第70回 菊花賞 『過去データ』

2009-10-21 20:04:20 | レースデータ
第70回 菊花賞 (GⅠ・京都・芝3000・3歳)

対象:過去5年

血統

 SS系、ロベルト系 がねらい目。

前々走までの最高成績

 1着:9頭、2着:3頭、3着:1頭、5着:1頭、6着以下:1頭

 近2走で連対馬が中心。

ステップレース

 神戸新聞杯 からの馬が多い。

重賞成績

 重賞 1着:7頭、2着:3頭、3着:2頭、6着以下:3頭
 
 重賞連対馬が中心。

人気

 小波乱。



 特になし 
  
所属

 栗東:5-4-4-50
 美浦:0-1-1-22

 関西馬が中心。

騎手

 武豊、横山典、和田騎手が良く来る。

前走レースの距離と脚質

 ’08 2400(17-16-16-13)-2400(14-13-13-13)-2400(12-13-13-10)
 ’07 2400(4-4-3-2)-2400(5-5-5-4)-2200(4-3-5-4)
 ’06 2000(2-2-2-1)-2000(5-6-8-6)-2000(3-3-3-3)
 ’05 2000(12-12-11-5)-2000(2-2-2-2)-2000(8-8-8-5)
 ’04 2500(3-3-3-2)-2200(10-10-8-3)-2000(5-5-5-6)
 ’03 2000(2-2-2-1)-2000(4-4-5-4)-2000(5-6-6-4)

 ・2000m以上。
 ・4角6番手以内。

その他

 ・最終追い切り強め以上。
 ・前走マイナス体重の場合、-10kgまでが許容範囲。

コメント

菊花賞 『過去データ・番外編』

2009-10-20 20:33:27 | レースデータ
今年は皐月賞と日本ダービーの入着馬が全て変わったという年。
そこで今日は、菊花賞の過去データの番外編として、
過去30年間で皐月賞・ダービーの入着馬が違う年の、
菊花賞の結果を見てみよう。

<'87年>

【皐月賞】

 1.サクラスターオー:菊花賞1着
 2.ゴールドシチー:ダービー4着、菊花賞2着
 3.マティリアル:ダービー18着、菊花賞13着

【日本ダービー】

 1.メリーナイス:皐月賞7着、菊花賞9着
 2.サニースワロー:菊花賞5着
 3.ニホンピロマーチ:菊花賞10着

【菊花賞】

 1.サクラスターオー:皐月賞1着
 2.ゴールドシチー:皐月賞2着
 3.ユーワジェームス:皐月9着

<'04年>

【皐月賞】

 1.ダイワメジャー:ダービー6着
 2.コスモバルク:ダービー8着、菊花賞4着
 3.メイショウボーラー:

【日本ダービー】

 1.キングカメハメハ:
 2.ハーツクライ:皐月賞14着、菊花賞7着
 3.ハイアーゲーム:菊花賞11着

【菊花賞】

 1.デルタブルース:
 2.ホオキパウェーブ:ダービー9着
 3.オペラシチー:

<'07年>

【皐月賞】

 1.ヴィクトリー:ダービー9着、菊花賞16着
 2.サンツェッペリン:ダービー4着、菊花賞14着
 3.フサイチホウオー:ダービー7着、菊花賞8着

【日本ダービー】

 1.ウオッカ:
 2.アサクサキングス:皐月賞7着、菊花賞1着
 3.アドマイヤオーラ:皐月賞4着

【菊花賞】

 1.アサクサキングス:皐月賞7着、ダービー2着
 2.アルナスライン
 3.ロックドゥカンブ

<'08年>

【皐月賞】

 1.キャプテントゥーレ:
 2.タケミカヅチ:ダービー11着
 3.マイネルチャールズ:ダービー4着、菊花賞5着

【日本ダービー】

 1.ディープスカイ:
 2.スマイルジャック:皐月賞9着、菊花賞16着
 3.ブラックシェル:皐月賞6着

【菊花賞】

 1.オウケンブルースリ:
 2.フローテーション:皐月賞11着、ダービー8着
 3.ナムラクレセント:

以上の4ヵ年度が該当しています。皐月またはダービーで好走して、
菊花賞でも好走したのは'87年皐月賞組とアサクサキングスのみ。
あとは、総じて春は別路線組が活躍している。

以下に、今年の皐月賞とダービーの結果。

<'09年>

【皐月賞】

 1.アンライバルド:ダービー12着
 2.トライアンフマーチ:ダービー14着
 3.セイウンワンダー:ダービー13着

【日本ダービー】

 1.ロジユニヴァース:皐月賞14着→菊花賞回避
 2.リーチザクラウン:皐月賞13着
 3.アントニオバローズ:皐月賞9着→菊花賞回避濃厚?

コメント