デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

'10 2/27~28 予想回顧

2010-02-28 20:02:49 | 結果
2/27 アーリントンC

 結果
    1.コスモセンサー
    2.ザタイキ
    3.コスモセンサー
    4.シゲルモトナリ
    5.フラガッハ

 予想
    ◎ザタイキ      →2着
    ○ペガサスヒルズ
    ▲コスモセンサー   →3着
    △キョウエイアシュラ
    ☆フラガッハ     →5着
       
    
 回顧

 「コスモセンサー、逃げ切り!!」

  好スタートからコスモセンサーが逃げてザタイキは好位の内目を追走。
  レトはその外に出して直線へ。直線にザタイキの伸び脚は鈍く、
  コスモセンサーがまんまと逃げ切って勝利。

  まず1番人気ザタイキですが、道中良いポジションにいたにもかかわらず、
  直線でなかなかスピードがのらず。おそらく急坂が影響したのかも。
  坂を上りきってからのスピードは群を抜いていた。

  フラガッハは強烈な立ち遅れ。最後方から大外を大捲くりをみせて、
  直線もあわやのところまで粘ったところを見ると、この馬がメンバーで
  1番強いんじゃないかと思わせる内容。
  ちなみにゲート開く前から立ち上がっていたんだから、
  スターターはスタートを遅らせろよ、と思いました。  

2/27 千葉S

 結果
    1.ビクトリーテツニー
    2.ニシノコンサフォス
    3.トーホウドルチェ
    4.アンダーカウンター
    5.アウトクラトール

 予想
    ◎エノク
    ○ニシノコンサフォス →2着
    ▲トーホウドルチェ  →3着  
    △ティアップハーレー 
    ☆トシナギサ
        
 回顧

  え?エノク?なにしてんの?

  ビクトリーテツニーは一昨年のカペラ賞の事があるので
  気にはしていたんですけど。
  トシナギサなんて買ってる場合じゃなかったか。
  

2/28 阪急杯

 結果
    1.エーシンフォワード
    2.ワンカラット
    3.サンカルロ
    4.トライアンフマーチ
    5.テイエムアタック

 予想
    ◎トウショウカレッジ 
    ○エーシンフォワード →1着
    ▲ヘッドライナー 
    △ヤマニンエマイユ
    ☆トライアンフマーチ →4着
        
    
 回顧

 「エーシンフォワード、重賞初制覇!!」

 ヘッドライナーが逃げてそれをビービーガルダンがマーク。
 その後ろにエーシンフォワード、ワンカラット、トライアンフマーチ。
 まぁ、ほぼ予想された通りの展開で直線へ。一旦ワンカラットが
 先頭に立つも内の狭い所からエーシンフォワードが抜け出してゴール。
 3着にいつのまにかやってきたサンカルロ。

 芝1400のスペシャリスト達が上位に食い込み、ビービーガルダンは伸びず。
 休み明けは大丈夫かと思ったが、やっぱり影響したのかも。
 トライアンフマーチは直線の伸びがイマイチ。坂を上がりきってからは
 まだ伸びていたので、力負けとは思えないが。次は読売マイラーズあたりか?

 印つけた馬で補足すると、大穴で期待したヤマニンエマイユは
 パドックでは馬体を戻したといわれていたが、どう見てもユルユル。
 トウショウカレッジは後ろ過ぎた。


2/28 中山記念

 結果
    1.トーセンクラウン
    2.テイエムアンコール
    3.ショウワモダン
    4.セイクリッドバレー
    5.ドリームサンデー

 予想
    ◎アブソリュート
    ○サニーサンデー
    ▲ライブコンサート
    △トーセンクラウン →1着 
    ☆ドリームサンデー →5着
        
    
 回顧

 「トーセンクラウン、圧勝で重賞初制覇!!」

 モエレビクトリーがハナを切りそれにドリームサンデーが続く。
 トーセンクラウン、テイエムアンコール、ショウワモダンは中団より後ろ。
 1000mの通過が1.00.9。不良馬場を考えればややハイペース。
 トーセンクラウンが若干カカリ気味に内々を上がっていく。
 直線に入る頃には先団に入れて一気にスパート。
 先行馬が沈んでいく中グイグイ伸びてゴール。外を回ったテイエムアンコールが
 先に抜け出したショウワモダンをゴール前交わして2着。

 勝ったトーセンクラウン。2着のテイエムアンコールともにオペラハウス産駒。
 今週の中山ではサドラー系の馬が良く来ていたので、当然この2頭も該当し、
 さらに道悪大得意のショウワモダンで決着するなど、思えば簡単にとれた馬券。
 そこらへんが、各馬の人気の割りに配当がつかなかった理由でしょうね。
 って、馬券とれていない者が言っても仕方ないですが。(涙)

 ただトーセンクラウンは元PO馬なので、馬券取れなくてもウレシイ。
 (複勝だけゲット)

 トーセンクラウンとエーシンフォワードが勝った事によって、
 年初めのニューイヤーSの1~3着馬全てが重賞馬に。
  

今週の回収率49%
月間回収率62%
総回収率84%


 
<今週の総括>

 日曜の両重賞ともハズレは覚悟していたので
 精神的ダメージはそれほどですが、両重賞とも人気馬切たのは正解だったが、
 軸にした人気馬もこないとはね。特に中山記念。

 今週の予想も影響して、今月の回収率は大幅に減。
 先月の買い方(単・複)をしていても、月間回収率は82%。

 2ヶ月間、新予想方法で2種類の馬券を買ってきたが、
 いまいち結果が出てこない。しかし1着~3着までビシっと
 当てた予想がないので、通常馬券を買っていたとしたら、
 もっと回収率も低いのだろうから、難儀だ。

 来月は、少し今の予想方法に改良を加えてみようかな。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 2/28 阪急杯 & 中山記念 予想

2010-02-27 20:07:24 | 予想
第54回 阪急杯 (京都11R・GⅢ・芝1400m)

 阪神土曜はまさかの良馬場発表。
 それでもヤハリ馬場が重いのか、キレ味が身上の馬達には
 キツイ馬場だったように感じる。
 そんな中で行われる阪急杯。高松宮記念に向けて大事な1戦。

 注目点は元PO馬のトライアンフマーチが出走。
 昨年暮れにスミヨンが騎乗して1600~1800が合うと言い残して帰国し、
 年明けの東京新聞杯ではルメールが騎乗し、1400が合うと言い残し帰国。
 両者とも言うだけ言って帰っちゃって、結局どっちなんだ?
 ということでの出走。マイル前後が適距離というのは間違いないが、
 結構なスプリンター達が集まってきているので、はたして通用するのか。

 次に、角田騎手がこのレースで引退(調教師に)。
 『阪急杯』と『引退』というと、松永幹夫元騎手(現調教師)を思い出しますね。
 1398勝で引退日を迎え、最終で後のGⅠ馬フィールドルージュが
 確勝ということもあり、1400勝のためにはあと1勝すれば良くて、
 当日人気馬にものっていたのですが、あと1歩届かず。
 ずるずるとメインの阪急杯までもつれ込み、乗る馬は11番人気の
 ブルーショットガン。しかし不良馬場の大外をついてまさかの重賞制覇。
 そして、最終でも無難に勝ち上がり1400勝達成。有終の美を飾った。
 今回角田騎手が乗るのはマイケルバローズ。
 前走・前々走と大穴提供していますが、近走は左回り+長い直線でしか
 連に絡んでいない。脚質のこともあり、エンジンのかかりが遅いのだろう。
 そうなると阪神内回りで先行有利と言われるこのコースでは厳しいか。
 そこらへんが阪神でも大崩の無いブルーショットガンと違うところ。
 ココは応援馬券程度に留めるほうが良さそうだ。

 んじゃ、予想。 
 
  ◎ : 12 トウショウカレッジ
  ○ : 02 エーシンフォワード
  ▲ : 01 ヘッドライナー
  △ : 09 ヤマニンエマイユ
  ☆ : 10 トライアンフマーチ
   
 以上5頭。

 う~ん、これ大丈夫かな?
 
 以前にも書いたが、阪神芝1400は坂路でメンバー1のタイムを出している馬。
 今回で言えばトウショウカレッジ。過去データ的には好走該当しないのだが、
 ここは調教内容を信じてみる。

 対抗は先週坂路で好タイムをマークし、
 さらにこの距離大得意のエーシンフォワード。

 血統的には特に傾向は無いんですが、坂路追いしているヌレイエフおよび
 リファールの血を持つ2頭。

 トライアンフマーチは坂路・コースを馬也併用する角居厩舎特有の調教を
 しているのだが、この調教ではこのコース好走するのは厳しい。
 現に角居厩舎は、この条件をかなり不得意にしています。
 本当なら切って旨みのある馬なんですが、なんせ応援馬。
 素質と力でなんとかせい!!ミルコの神騎乗に期待。

 1人気確実の昨年度覇者ビービーガルダン。
 休み明けもそれほど苦にしないし、たぶん来ると思いますが、
 なぜか食指が動かない。買っても配当つかないので、直感を信じて切ってみます。

 ●『サタうま!』のシミュレーション結果●

  1.ビービーガルダン
  2.マイケルバローズ
  3.トライアンフマーチ
  4.サンカルロ
  5.ファルカタリア

 内枠祭り。
 
第84回 中山記念 (中山11R・GⅡ・芝1800m)

 土曜は終日不良。日曜も下は悪そうですね。
 メンバーはGⅡとは思えないほど小粒なメンバー。
 基本的にリピーター率の高いレースなんですが、
 今年はリピーターといえる馬が出走してきません。
 それがさらに拍車をかけて難解に・・・。

  ◎ : 11 アブソリュート
  ○ : 06 サニーサンデー
  ▲ : 07 ライブコンサート
  △ : 03 トーセンクラウン
  ☆ : 09 ドリームサンデー
    
 以上5頭。

 どの馬にもチャンスありそうで、難しすぎる。

 ということで、どうせ外れやすいのなら人気馬で嫌いたい馬がいるのなら、
 切ってしまえということで、キングは鞍上。中山の豊は信頼できない。
 シャドウは人気で買う馬ではない。鞍上激怖ですけどね。(笑)
 モエレは中山適正侮りがたしですけど、勇人君がやらかしそうだから。
 
 ということで、上記5頭になりました。
 他にもダンスやショウワとか気になる馬もいるのですが、
 言ったらキリがないので。
 

両重賞とも、1つでも的中したらOKかなという感じですね・・・。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 2/27 アーリントンC & 千葉S 予想

2010-02-26 23:00:01 | 予想
第19回 アーリントンカップ (京都11R・GⅢ・芝1600m・3歳)

 金曜降り続いた雨が土曜午前中も残る模様。
 開幕週も相まって後ろからは厳しそうな馬場の予感。
 
  ◎ : 03 ザタイキ
  ○ : 12 ペガサスヒルズ
  ▲ : 07 コスモセンサー
  △ : 10 キョウエイアシュラ
  ☆ : 01 フラガッハ
   
 以上5頭。

 小粒なメンバーが揃っているだけに、どの馬にもチャンスがありそうだが、
 一応データ的にはザタイキのみは信頼できそうだ。
 
 このレースは前走ダートを使った馬も良く来るのだが、
 今年も多くの前走ダート馬が出走してくる。その中でも血統的にも、
 鞍上的にも勝負気配を感じるペガサスヒルズを対抗。

 血統の2頭は、正直あしたの馬場傾向を見ない事には分からないが、
 力のいる馬場ということを考えてミスプロ系2頭。

 母父トニービンはプラスのフラッガハまで。
 
千葉ステークス (中山11R・OP・ダ1200m)

  ◎ : 11 エノク
  ○ : 08 ニシノコンサフォス
  ▲ : 09 トーホウドルチェ
  △ : 02 ティアップハーレー
  ☆ : 12 トシナギサ
    
 以上5頭。

 明日は不良馬場の予想。
 ある程度前目で勝負しないと全く論外と見るが、差し・追い込み馬が揃い、
 一応エノクを本命視するが、1枠先行馬2頭のどちかがが残るような気がする。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第54回 阪急杯 『過去データ』

2010-02-25 20:49:46 | レースデータ
第54回 阪急杯 (GⅢ・阪神・芝1400)

対象:過去4年

血統
 
 特になし

前々走までの最高成績

 1着:6頭、2着:2頭、3着:1頭、5着:1頭
 6着以下:2頭

 前2走で連対馬が中心。

ステップレース

 東京新聞杯

1年以内重賞成績

 1着:6頭、2着:3頭
 6着以下:1頭、経験なし:2頭

 1年以内に重賞勝連対が中心。

人気

 波乱含み。



 2枠 
  
所属

 栗東:3-4-4-36
 美浦:1-0-0-13

 関西馬。

騎手

 安藤勝、武豊騎手が良く来る。



 4歳:1-1-2 5歳:1-2-1 
 6歳:0-1-1 7歳以上:1-0-0

 満遍なく。

前走レースの距離と脚質

 ’09 1200(2-2)-1600(1-1)-1400(2-2)
 ’08 1600(1-2)-1400(11-9)-1600(11-11)
 ’07 1400(6-7)-1800(2-5-6-4)-1400(8-8)
 ’06 1200(10-10)-1400(11-11)-1600(2-2)

 ・特になし。

その他

 ・2000m以上での連対経験馬。
 ・前走馬体重500kg未満。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第84回 中山記念 『過去データ』

2010-02-25 20:49:34 | レースデータ
第84回 中山記念 (GⅡ・中山・芝1800)

対象:過去5年

血統
 
 NT系

前々走までの最高成績

 1着:5頭、2着:3頭、4着:5頭、5着:1頭
 6着以下:1頭

 前2走で4着以内馬が中心。

ステップレース

 東京新聞杯、AJCC

1年以内重賞成績

 1着:8頭、2着:5頭、3着:1頭、4着:1頭

 1年以内に重賞勝連対が中心。

人気

 固め。



 2枠、5枠 
  
所属

 栗東:2-3-3-24
 美浦:3-2-2-29

 五分。

騎手

 横山典、蛯名、後藤、田中勝騎手が良く来る。



 4歳:0-1-1 5歳:0-2-2 
 6歳:1-2-0 7歳以上:2-0-2

 高齢馬注意。

前走レースの距離と脚質

 ’09 1600(13-13)-2200(13-12-10-10)-2000(2-2-2-2)
 ’08 1600(13-13)-1600(8-8)-2200(8-8-8-5)
 ’07 1800(2-2)-1600(11-13)-1600(13-11-11)
 ’06 1600(5-6)-1600(2-2)-2200(14-14-16-16)
 ’05 3000(6-4-7-9)-1800(13-13)-1600(10-11)

 ・特になし。

その他

 ・1800m以上および1600m以下での連対経験必須。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 2/24 エンプレス杯 結果

2010-02-24 18:00:07 | 結果
エンプレス杯

 結果
    1.ブラボーデイジー
    2.ラヴェリータ
    3.コスモプリズム
    4.ツクシヒメ
    5.ウェディングフジコ

 予想
    ◎ラヴェリータ    →2着
    ○コスモプリズム   →3着
    ▲ウェディングジコ  →5着
    △ツクシヒメ     →4着
    △ブラボーデイジー  →1着
    △テイエムヨカドー
    △ヤマトマリオン

 3連複(1-2-9) 2,060円 的中!! 
    
 回顧

  「競り合い制し、ブラボーデイジー重賞制覇!!」

  好発を決めたブラボーデイジーとラヴェリータの叩き合い。
  後方で脚を溜めたコスモプリズムが3着争いをしていたウェディングフジコと
  ツクシヒメをゴール前で交わす。

  やっぱり、フェブラリーSの芝馬壊滅キーワードは地雷でしたね。
  トリガミかな?と思ったけど、コスモプリズムが思いのほか人気していなくて、
  わずかながらも、プラスになりました。

  反省点はヤマトマリオンを買い目に入れた事か・・・。
  もう復活は無いかな~。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 2/24 エンプレス杯 予想

2010-02-23 18:39:56 | 予想
第56回 エンプレス杯 (川崎10R・JpnⅡ・ダ2100m・交流)

 コレはムズイ。
 リピータ率高いレースなので昨年度3着のヤマトマリオンの取捨が非常に難しい。   
  
  ◎ : 09 ラヴェリータ
  ○ : 01 コスモプリズム
  ▲ : 05 ウェディングフジコ
  △ : 03 ツクシヒメ
  △ : 02 ブラボーデイジー
  △ : 07 テイエムヨカドー
  △ : 12 ヤマトマリオン
  
 以上7頭で。(自信度:★★★★☆)

 頭鉄板というほどの信頼性ではないにしろ、
 関東オークス勝ちのラヴェリータは、まぁ軸として信頼は出来る。

 あとは本当に分からない。どの馬にもチャンスありげ。
 というわけで幅広く流していきます。

 一応このレースと相性の良いTCK女王盃上位陣の、
 コスモプリズム、ウェディングフジコ、ツクシヒメ。

 鞍上で超切りたいけど、血統的には外せない未勝利以来の
 ダートを走るブラボーデイジー。フェブラリーSで芝馬壊滅したので
 この馬も切ればいいという発想が地雷になる予感。

 左回りの鬼テイエムヨカドー。

 調教見るに復調はしていないが、この距離で斤量減なら、
 なんとかなりそうなヤマトマリオン。 
 
 3連複 9軸流し
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

淀のダビスタDS奮闘記 その14

2010-02-22 21:05:35 | ダビスタ
めまんべつHPで開催されているダビスタDSBCが更新されました。
ロイヤル軍団の成績をアップ。

<結果>

 7R マリノアシティ賞(GⅠ) 中京芝1200 5頭 (ポリシー)

  1.ロイヤルポリシー

 8R グランコートダービー(GⅠ)中京芝2000 6頭 (エリザベス・ボルケーノ)

  1.ロイヤルエリザベス
  2.ロイヤルボルケーノ


GⅠレース2連勝できました!!
さらにロイヤルエリザベスはダビDSでは珍しい逃げ切り勝利。
メンバーも強かったので、余計にうれしい結果です。

ポリシーもボルケーノもブログでアップしていない馬ですので、
配合を明記したいところですが、ポリシーは代重ねしまくりで、チョット忘れました。
ボルケーノは、ヤマニンゼファー×(ダンスインザダーク×スパイシーコラム)。

これからのレース予定表。

 9R マイルCS梅田杯(GⅠ) 阪神芝1600 (アリア出走)
 10R 三度栗S(GⅠ) 新潟ダ1800 (ジャンプ出走予定)

上記2レースとも3/28が締め切りです。
まだまだ、時間があるので強い馬が出来たら登録しちゃおう!!
ロイヤル軍団は3連勝目指します!!
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 2/20~21 予想回顧

2010-02-21 16:02:22 | 結果
2/20 京都記念

 結果
    1.ブエナビスタ
    2.ジャガーメイル
    3.ドリームジャーニー
    4.ホクトスルタン
    5.セラフィックロンプ

 予想
    ◎ブエナビスタ    →1着
    ○トウショウシロッコ
    ▲サンライズマックス
    △ミッキーパンプキン
    ☆ジャガーメイル   →2着
       
    
 回顧

 「ブエナビスタ、好位から押し切り兄妹制覇!!」

  ホクトスルタンが淡々とにげて2番手にセラフィックロンプ。
  やや離れてブエナビスタが追走。直線に入って逃げた2頭が粘る中、
  外からブエナビスタとジャガーメイルが併走するように上がってくる。
  一旦ジャガーメイルに捉えかけられたところで、もう一度ブエナビスタが
  伸びてゴール。下り坂で仕掛け始めたドリームジャーニーは伸びきれず3着。

  スローの上がり勝負で、実力馬同士のガチガチ決着。
  トウショウシロッコは直線良い感じで入ったんですが、
  完全に切れ負けしていたので力の差がありすぎたか。
  

2/20 クイーンC

 結果
    1.アプリコットフィズ
    2.プリンセスメモリー
    3.テイラーバートン
    4.トーセンフリージア
    5.ブルーミングアレー

 予想
    ◎アプリコットフィズ →1着
    ○ブルーミングアレー →5着
    ▲ギンザボナンザ
    △テイラーバートン   3着
    ☆トーセンフリージア →4着
        
 回顧

 「アプリコットフィズ、好位から抜け出し完勝!!」

  ビービーエンデバーが逃げて、アプリコットフィズが2番手。
  内に並んでテイラーバートン。直線で楽にアプリコットフィズが抜け出し、
  2番手のテイラーバートンを、内で脚をためていたプリンセスメモリーが
  一気に交わして2着。トーセンフリージアの追い上げを辛くも防いで、
  テイラーバートンが3着。

  スローだったけどアプリコットフィズの強さのみ目立ちました。

  トーセンフリージア、行き脚つかなかったのが痛かった・・・。
  ワイド(1-9)220円と(3-9)3000円弱では全然違う・・・。
  

2/21 フェブラリーS

 結果
    1.エスポワールシチー
    2.テスタマッタ
    3.サクセスブロッケン
    4.ケイアイテンジン
    5.グロリアスノア

 予想
    ◎エスポワールシチー →1着
    ▲サクセスブロッケン →3着
    △ミリオンディスク 
    ☆レッドスパーダ
    ×ワイルドワンダー
        
    
 回顧

 「力断然、エスポワールシチー圧勝!!」

  逃げたローレルゲレイロの2番手につけたエスポワールシチーが、
  直線楽に抜け出して、後続に影を踏まさない大楽勝。
  2着は中団の内々を回ったテスタマッタがグイグイ伸びて2着。
  前半少しカカッたサクセスブロッケンは速め仕掛けも直線失速3着。

  上位3頭とローレルゲレイロしか画面映っていなかったと錯覚するぐらい
  あとの馬は見せ場ゼロ。
  芝路線組検討が馬鹿らしくなるぐらい、ダート実績上位馬で決まりました。
  結局ダートGⅠ馬3頭で良かったわけですよ・・・。

  前々で勝負が出来るエスポワールシチーはドバイでも楽しみですね。
  しかもほとんどダメージの無い勝ち方でしたし、疲れも無いでしょう。

  サタうまシミューレション、久しぶりの的中!!

今週の回収率44%
月間回収率66%
総回収率89%


 
<今週の総括>

 フェブラリーSがあっけない結果で、この1週間のワクワク感が・・・。(笑)
 あとクイーンCが本当に惜しい。あそこ来てくれていれば
 トータル回収率も100%に回復していたのに。逆に下がっちまった・・・。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

'10 2/21 フェブラリーS 予想

2010-02-20 18:16:50 | 予想
第27回 フェブラリーステークス (東京11R・GⅠ・ダ1600m)

 昨年度覇者サクセスブロッケン。JCD覇者エスポワールシチー。
 そこに昨年ダート路線に新風を注いだ4歳世代。
 さらに、芝のトップグループからのダート参戦。
 昨年のような4強・5強の争いといった感じとは
 違った趣がある今年のフェブラリーS。
 
  ◎ : 04 エスポワールシチー
  ○ : 10 オーロマイスター  → 取消
  ▲ : 06 サクセスブロッケン
  △ : 15 ミリオンディスク
  ☆ : 08 レッドスパーダ
  × : 16 ワイルドワンダー
  
 以上6頭。

 印つけるのは5頭までと決めてましたが、
 どうしてもワイワンの存在が気になるので。

 本命は去年に引き続きエスポワールシチー。
 昨年はタイム的な根拠で本命にし、4着に負けたとはいえハイペースの中、
 見せ場たっぷりのレース運びで、ソコから破竹のGⅠ3連勝。
 今年は昨年の上位2頭がいないし、番手でも強い競馬ができるように
 なった今なら、サクセスブロッケンにも充分対抗できるでしょう。
 心配な面はJCDからの休み明け。

 オーロマイスターはコレぐらいの距離がベストで前走の根岸Sは少し短く、
 調子持続している今回、この相手でも充分通用する器。
 と、思っていたら熱発で出走取消。
 以下の馬を繰り上げようかと思いましたが、
 イマイチ軸としての信頼性はないので、○は該当馬なしにします。

 んで、血統から2頭なんですが、
 GⅠまで出走してくる馬は血統限界を超えている馬ばっかりなので、
 あまり血統傾向は参考になりません。強いてあげるなら、
 この時期、母父SSの活躍が目立つのでサクセスブロッケン。
 母父トニービンとルメールマジックに期待したいミリオンディスク。 

 芝路線組からは、レッドスパーダに期待したい。
 過去のフェブラリーS好走条件にも該当するし、母父のストームバード系は
 このレースを得意としているし、タイキシャトル×Storm Catは
 '05年覇者のメイショウボーラーと同じ。当時は不良馬場で前残りの展開で
 恵まれたモノも合ったが、メイショウボーラーのその他の戦績を見ても、
 ダートを走れる血統であるのは間違いない。あとは能力が足りているか。

 大外ワイルドワンダーは前走根岸Sは豪快にESP炸裂。
 ただ東京ダ1600では連を外していない事には要注意。

 '06 カネヒキリ(1着)
 '07 サンライズバッカス(1着)
 '08 ヴァーミリアン(1着)、ワイルドワンダー(3着)
 '09 カネヒキリ(3着)

 高齢とはいえダート最強世代の一角。余裕があれば押えておくほうが良い。


 ●『サタうま!』のシミュレーション結果●

  1.エスポワールシチー
  2.サクセスブロッケン
  3.テスタマッタ
  4.リーチザクラウン
  5.ワイルドワンダー ?

 ガチガチ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする