デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

11/29~30 予想回顧

2008-11-30 16:47:14 | 結果
11/29 京阪杯S

 結果
    1.ウエスタンダンサー
    2.ファリダット
    3.スプリングソング
    4.ウエスタンビーナス
    5.マルカフェニックス

 予想
    ◎ビービーガルダン
    ○ファリダット    →2着
    ▲アイルラヴァゲイン
    △マルカフェニックス →5着
    △ウエスタンダンサー →1着
    △マヤノツルギ
    
        
 馬連3,510円 的中!!

     
 回顧

  「ウエスタンダンサー、重賞初制覇!!」

  ウエスタンビーナスが押し上げて逃げる。ウエスタンダンサーが好位につけて、
  スプリングソングが中団の中目。ファリダットが後方待機で4コーナーへ。
  直線に入り、粘るウエスタンビーナスを外からウエスタンダンサーが、内からファリダットが猛追。
  ウエスタンダンサーと併走するようにスプリングソングも追い上げてゴール。
  
  本命馬ビービーガルダンはスタートして3番手につけるも、直線でいつもの粘り無く6着。
  前崩れというわけではないが、切れ味勝負になってしまって少し分が悪かったか。

  実は「ウエスタン丼アリかな?」と思って馬券(3連複)を購入していたので、
  結果を見たときは残念で仕方ありませんでした。レース映像みて、さらに悔しかったです。(笑)
  
     
11/30 ジャパンカップ

 結果
    1.スクリーンヒーロー
    2.ディープスカイ
    3.ウオッカ
    4.マツリダゴッホ
    5.オウケンブルースリ

 予想
    ◎マツリダゴッホ   →4着
    ○ウオッカ      →3着 
    ▲オウケンブルースリ →5着
    △ディープスカイ   →2着
    △アサクサキングス

                   
 ハズレ・・・。

     
 回顧

   「スクリーンヒーロー、外から伸びて世界制覇!!」

   ウオッカがカカリ気味に先頭に立とうとしたが、必死に抑えてネヴァブションにハナを譲る。
   好位にウオッカとマツリダゴッホ。中団の内目にメイショウサムソン、外にスクリーンヒーロー。
   その後ろにディープスカイといった並び。1000mを1.01秒とスローな流れで最終コーナーへ。
   マツリダゴッホが抜群の手ごたえで先頭に並びかけると、ウオッカは一旦下がってしまう。
   4コーナー手前からスルスルと外を上がってきたスクリーンヒーローが外から一気に追い上げる。
   その後ろからディープスカイとアサクサキングスが続き、一旦下がったウオッカも盛り返してくる。
   マツリダゴッホとウオッカの競り合いを横目に、スクリーンヒーローとディープスカイが一気に交わしてゴール。

   スクリーンヒーローかぁ~。まぁな。負け惜しみじゃなく、やられるならこの馬かと思っていましたよ。
   前走のアルゼンチン共和国杯でのイメージがかなり強くて最後まで悩みましたが、
   そのアルゼンチン共和国杯が53kgという軽量に助けられたものと、割り切って今回は切りました。
   本命馬マツリダゴッホは直線の手応えから、馬券ゲットできたと思ったんだが。
   ここで馬券にならなければ、有馬では1~2番人気確実だから美味しくないんだよね・・・。
   ウオッカも異常のほどの粘りでしたね。一回沈んだ時盛り返すとは思いませんでした。
   ディープスカイもよく伸びていますが、距離の壁はありそうな感じです。
   今回も一番強いレースをしたのはオウケンブルースリ。内から外に出そうとするが、
   スクリーンヒーローとディープスカイに阻まれて、やむなく狭い所からグングン伸びていますが時すでに遅し。
   最内の不利かな。正直この世代はディープスカイより、この馬が来年の主役になりそうです。
   ただし有馬に出走する場合、『3歳のジンクス』に引っ掛かるパターンなので、たぶん印はつけない。
   今年も有馬の前に再度書きますが、サムソン・ドリパが3歳の時に書いたデータ覚えていらっしゃる方はいるかな?
   サムソンは負けるにしても、もう少し見せ場があるかなと思ったが。やはり冬はダメっぽい。
   

<今週の総括>
   
   結局今週もダメでした~。

   来週はジャパンカップダート。今年から地元阪神開催になり、さらに今年はJCD史上最高レベルの
   馬達が集まるので、開催変更が決まった去年から、このレースだけはなんとしても行きたかった。
   思いが通じたのか、2倍強の倍率だった指定席も見事的中(馬券は当たらないのにね)。
   今からワクワクすっぞ!!
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11/30 ジャパンカップ 予想

2008-11-30 08:20:41 | 予想
第28回 ジャパンカップ (東京10R・GⅠ・芝2400m)

 天皇賞・秋では実現しなかった、メイショウサムソン・ウオッカ・ディープスカイと新旧ダービー馬3代対決。
 さらに中山で無類の強さを見せ付けるマツリダゴッホ。こちらも新旧菊花賞馬のアスクサキングスと
 オウケンブルースリ。同一GⅠ5年連続出走の新記録となるコスモバルク。
 さらに海外からキングジョージ2着のペイパルブル等・・・。
 はたして、この高メンバーを統一するのは。 


  ◎ : 13 マツリダゴッホ
  ○ : 04 ウオッカ
  ▲ : 01 オウケンブルースリ
  △ : 09 ディープスカイ
  △ : 15 アサクサキングス

 以上5頭で。(自信度:★★★☆☆)

 本命はマツリダゴッホ。この馬の取捨で『左回り』はキーポイント。だが、血統と成績を見ると、
 他馬と比べて一歩抜けている感じがする。サンデーサイレンス最後のジャパンカップ馬になるかも。
 対抗は、やはりウオッカ。マツリダゴッホが中山なら府中はこの馬というぐらい相性が良い。
 ただ、個人的にトップ牝馬というのは年齢とともに距離適正が短くなるという自論があるので、
 昨年より距離の融通性がなくなってきている感じはする今年は、2400という距離が微妙。
 さらに前走の天皇賞・秋の超絶レコード決着の反動が気になる。ただ、外すことは当然出来ない。
 今年の菊花賞馬オウケンブルースリ。神戸新聞杯ではディープスカイを上回る上がりを見せて、
 菊花賞では私の血統理論を砕いた同馬ですが、府中ではその血が必ず生きる。ただ、最内は・・・。
 今年のダービー馬ディープスカイは距離かな。天皇賞・秋を見ていてウオッカには敵わないような気がする。
 距離で言えば印をつけた馬の中ではマツリダゴッホの次に適しているアサクサキングスまで。

 さて、人気馬で外したメイショウサムソンですが、この馬はとにかく寒いと走らないので、
 明日の天候次第という感じはしますが、そもそも能力低下という疑念もあるので
 海外帰りの今回は切りたいと思います。石橋守騎手の意地は見たいですが。
 んで、海外馬の4頭。期待していたマーシュサイドが感冒のため出走取消。
 熱発の記事が出た時点で買う気は失せていたが、これで海外馬4頭で頭を悩ませる必要性は無くなった。
 
 買い目 馬連 13軸 4点 (3連係は買わないほうが良いと思う・・・(笑))

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11/29 京阪杯 予想

2008-11-28 20:40:48 | 予想
ジャパンカップの軍資金として、ここでガツンっと当てたいところ。

第53回 京阪杯 (京都11R・JpnⅢ・芝1200m)

 芝1200に距離短縮されて今年が3年目。ほとんどデータが無かったので過去データーは出さなかったが、
 この2年は固いレースで決まっています。今年もこのまま平穏無事に行くのか?


  ◎ : 15 ビービーガルダン
  ○ : 04 ファリダット
  ▲ : 17 アイルラヴァゲイン
  △ : 12 マルカフェニックス
  △ : 05 ウエスタンダンサー
  △ : 02 マヤノツルギ


 以上6頭で。(自信度:★★★★☆)

 このメンバーならスプリンターズS3着が光るビービーガルダンが抜けているか。
 血統的に若干不安あるが、芝1200は5-3-2-1と抜群の成績。頭には出来ないが軸には最適。
 対抗はファリダット。ビリーヴの娘で、前走スワンSでは人気を裏切る形となったが、
 メンバーがかなり楽になる今回なら、上位進出の可能性アリ。前回は消していたが、今回は買います。
 走り時のタイミングが良く分からないが、先行粘りこみできる展開ならアイルラヴァゲイン。
 重賞でも惜しい競馬が続くマルカフェニックス、上り調子のウエスタンダンサー、
 『内枠の藤田』は常に買え、マヤノツルギまで。

 買い目 3連複 15軸 10点 


明日は用事があるので、TB・コメントは帰宅後お返しします。
さらに、ジャパンカップの予想は日曜の午前中を予定しています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジャパンカップ 『海外馬編』

2008-11-27 18:14:27 | レースデータ
アイポッパー(牡8)が、右後肢蹄葉炎を発症して安楽死処分になったそうです。
今じゃ珍しい生粋のステイヤーという感じで、結構好きだったんで残念です。
最後まで怪我に悩まされ続けたんですね・・・。長い競争生活、お疲れ様でした。

んじゃ気持ち切り替えて、今週末の海外馬4頭を検討してみる。

シックスティーズアイコン (英・牡5歳)

 通算:17戦8勝 父:Galileo 母父:Diesis (サドラーズウェルズ系×シャーペンアップ系)

 父ガリレオは英ダービー馬で、母ラヴディヴァインは英オークス馬の超良血馬。
 3歳時に英セントレジャーを勝利し、ディープインパクトが出走した凱旋門賞に挑むも離れた6着。
 「どこかで聞いたことあるな」と思っていたら、この時に名前を見ていたんですね。
 4歳と5歳でもそれなりに成績をあげているが、主要GⅠを獲得できていないところを見ると一歩落ちる。
 主戦の1人ジャパンカップ鬼のデットーリが鞍上なら怖いが、ムルタ騎手ならそれほど気にしなくて良いでしょう。
 血統も東京馬場では対応できないタイプと思われる。

パープルムーン (英・セン5歳)

 通算:15戦4勝 父:Galileo 母父:Alysheba (サドラーズウェルズ系×アリダー系)

 平地→障害→平地という異色の遠征馬。メルボルンC2着が光るが、いまだ重賞勝ち星なし。
 スタミナは抜群だろうが、日本のスピード競馬に対応できないと思われる。
 血統はシックスティーズアイコンと同様。

ペイパルブル (英・牡5歳)

 通算:20戦6勝 父:Montjeu 母父:Zafonic (サドラーズウェルズ系×ミスプロ系)

 昨年出走して7着。出負けして後方に下がり、直線ではウオッカのすぐ後ろにいたが、
 上位馬とはドンドン離されていった感じのレースでした。
 その後、今年のキングジョージでデュークオブマーマレードと壮絶な叩き合いの末2着。
 凱旋門賞でも期待されたが、見せ場無く12着。
 前につけて競り合えば怖いが、日本馬のメンバー的におそらくそういう形に持っていけないだろうから、
 今年も厳しいでしょう。ただ、スタウト調教師はジャパンカップ慣れているのでそういう意味ではプラス。
 血統は上記2頭と大系統は変わらない。

マーシュサイド (米・牡5歳)

 通算:18戦5勝 父:Gone West 母父:Pleasant Colony (ミスプロ系×リボー系)

 アメリカからの参戦は欧州馬に比べて、能力が掴みにくいのが難点。
 よって血統から判断すると、まずGone Westの時点でチョットきついように感じる。
 ただ、その血にボールドルーラの血が入っているので、上記3頭よりは東京コースに合っている。
 さらに母父プレザントコロニーは、'03年ジャパンカップを鮮やかに逃げ切った
 タップダンスシチーの父プレザントタップの父親。血統だけなら、非常に気になる馬だが、
 能力的に届かない可能性のほうが高そう。
 

というわけで、結論としては今年の海外馬で期待の持てる馬は『無し』ということになりました。
もしそれでも大穴狙うなら欧州馬の3頭より、マーシュサイドの血に賭けてみるのも面白いかも。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

淀のダビスタDS奮闘記 その8

2008-11-26 21:54:05 | ダビスタ
久しぶりにダビスタネタ。

最近はチマチマとしかプレイしていなかったので、中々更新できませんでしたが、
ようやく、(久しぶりに)強い馬ができました。

父:【サドラーズウェルズ×(インディアンリッジ×ラスティングノート)】
母:スタティックイント



<GⅠ戦績>

2歳時:阪神JF
3歳時:桜花賞、NHKマイルC、安田記念、宝塚記念、秋華賞、エリ女、マイルCS
4歳時:フェブラリーS、高松宮記念、VM、安田記念、宝塚記念、スプリンターズS、エリ女、マイルCS

桜花賞以外全て1番人気でした。
2000mまでギリギリもちますが、1200~1600のレースではほとんどが「圧勝」コメントでした。
父の自家生産馬もGⅠ10勝ぐらいしていたんですが、距離1800~3400の長距離馬だったので
欲を言えばもう少しスタミナ補填してほしかったです。
とりあえず、はまかぜ牧場最強マイラー誕生かな?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジャパンカップ 『過去データ』

2008-11-26 18:30:16 | レースデータ
第28回 ジャパンカップ (GⅠ・東京・芝2400)

対象:過去5年(招待馬2頭を除く13頭が対象)

血統

 SS系、グレイソヴリン系、ND系 が狙い目。

前々走までの最高成績

 1着:10頭、2着:3頭

 近2走の最高成績で連対している馬のみ。

ステップレース

 天皇賞・秋、菊花賞 からの馬が多い。

1年以内重賞成績

 1着:12頭、2着:1頭

 1年以内に重賞勝ち馬が中心。

人気

 だいたい5番人気内で決着。



 5枠がよく来る。 
  
所属

 栗東:3-4-2-31
 美浦:1-0-2-8
 地方:0-1-0-3
 海外:1-0-1-24

 関西馬が中心。

騎手

 武豊、ペリエ、ルーメル騎手が良く来る。



 3歳:0-3-1 4歳:3-1-2 5歳:1-0-2
 6歳:1-1-0 

 3歳~5歳が中心。

前走レースの距離と脚質

 '07 2000(9-7-7)-2000(13-13-14)-2000(5-4-4)
 '06 2400(-)-3000(6-6-6-7)-2200(-)
 '05 2000(-)-2000(8-10-10)-2000(6-6-8)
 '04 2000(11-8-9)-3000(1-1-1-1)-3000(5-5-4-2)
 '03 2400(1-1-1-1)-3000(8-9-3-1)-2000(8-8-7)

 前走2000mで差してきた馬か、2100m以上で先行した馬


上記データに「前走6着以内」という項目も追加すると、登録馬で残った日本馬は

ウオッカ、オウケンブルースリ、スクリーンヒーロー、ディープスカイ、マツリダゴッホ、メイショウサムソン

の6頭になりました。この中で、スクリーンヒーローは前走アルゼンチン共和国杯。
アルゼンチン共和国杯勝ちでジャパンカップに挑んだ馬は、現開催時期になって3頭。
結果は5着が1頭で、6着が2頭。3頭とも人気薄での掲示板付近なので健闘したといえる。
よってスクリーンヒーローも、馬券に絡む可能性は無きにしも非ずだが、この3頭のAR共勝ち馬は、
いずれもAR共和国杯を56kg以上での勝ち馬。53kgという軽ハンデで勝ち上がったスクリーンヒーローでは、
このメンバーで好走するには、まだ少し荷が重いように思う。
というわけで、データーから推せる日本馬はスクリーンヒーローを除いた下記5頭となる。

ウオッカ、オウケンブルースリ、ディープスカイ、マツリダゴッホ、メイショウサムソン
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11/26 浦和記念 結果

2008-11-26 17:57:10 | 結果
11/26 浦和記念

 結果
    1.スマートファルコン
    2.アンパサンド
    3.クレイアートビュン
    4.フィールドルージュ
    5.ルースリンド

 予想
    ◎フィールドルージュ →4着
    ○スマートファルコン →1着
    ▲ルースリンド    →5着
    △トーセンブライト
    △マズルブラスト
    
        
 ハズレ・・・。

     
 回顧

  「スマートファルコン、逃げ切って圧勝!!」

  スマートファルコンが淡々と逃げて、後続もソレに続くがスマートファルコンのペースは乱れず。
  フィールドルージュは中団待機で4コーナー手前でスパート。しかし、スマートファルコンとの差は
  縮まることなく、前につけて競馬したアンパサンドとクレアートビュンすらも交わせずに終わる。
  
  スマートファルコンは相手関係からいえば順当。フィールドルージュは、まだまだ時間がかかるかも。
  トーセンブライトは引っ掛かったね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11/26 浦和記念 予想

2008-11-25 22:22:33 | 予想
おっと、忘れていたぜ。

第29回 浦和記念 (浦和10R・JpnⅡ・ダ2000m・交流)

 このレース中央勢がそれほど強力な馬が出走しないので、
 わりと地方馬が貢献することが多い。今年もその傾向が続くのか?


  ◎ : 04 フィールドルージュ
  ○ : 01 スマートファルコン
  ▲ : 11 ルースリンド
  △ : 07 トーセンブライト
  △ : 08 マズルブラスト


 以上5頭で。(自信度:★★★★☆)

 普通に考えればフィールドルージュの圧勝だと思うが、先日のJBCクラシックでの凡走が、
 どうしても気になる。フェブラリーからの復帰戦だったわけだが、あまりにも見せ場が無さすぎた。
 はたして一叩きして変わってくるか微妙だが、鞍上が元に戻って復活ある方に賭ける。
 対抗はスマートファルコン。前走ダ1400というのが、過去のデータ的に良くないのだが、
 白山大賞典(ダ2100)を圧勝したりJDDを2着に入ったりなど、元々長距離の方が合っている感じ。
 以下に昨年の2着馬ルースリンド、距離微妙だが中央馬トーセンブライト、
 ルースリンドと接戦を繰り返すマズルブラストまで。

 買い目 3連単 4⇔1→11・7・8 6点 


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11/22~24 予想回顧

2008-11-24 16:45:26 | 結果
11/22 東京スポーツ杯2歳S

 結果
    1.ナカヤマフェスタ
    2.ブレイクランアウト
    3.サンカルロ
    4.ダノンカモン
    5.スズカワグナー

 予想
    ◎ピサノシンボル
    ○ダノンカモン    →4着
    ▲ヒラボクロイヤル
    △サンカルロ     →3着
    △バックハウス
    △ブレイクランアウト →2着
    
        
 ハズレ・・・。

     
 回顧

  「ナカヤマフェスタ、根性で重賞制覇!!」

  フレンドケントがハナを切り。スズカケとややカカリ気味にヒラボクエクセルが追走。
  やや離れた2番手集団にナカヤマフェスタとスズカワグナー。その後ろにピサノシンボル。
  中団後方にブレイクランアウトという形。4コーナーで一気に一塊になり直線へ。
  先頭を走るヒラボクエクセルを外からナカヤマフェスタとブレイクランアウトが差してくる。
  この2頭の叩き合いを、ナカヤマフェスタが逃げ切り勝利。3着に内をついたサンカルロ。

  ナカヤマフェスタの手ごたえから最後はブレイクランアウトに差されるかと思ったが、
  並びかけられてからの根性が凄かった。本命馬ピサノシンボルは、直線に入ったところで、
  外からブレイクランアウトに内へ閉じ込められて追い出しが遅くなった上に、
  いざ追い出そうとした瞬間に左前いたスズカワグナーが右に寄れて前が塞がり、
  横のマッハヴェロシティと挟まれる形に。かなり不利があったので今回の成績は軽視して良いでしょう。
 
     
11/23 安田記念

 結果
    1.ブルーメンブラット
    2.スーパーホーネット
    3.ファイングレイン
    4.カンパニー
    5.ローレルゲレイロ

 予想
    ◎スーパーホーネト  →2着
    ○ブルーメンブラット →1着 
    ▲マイネルレーニア
    △カンパニー     →4着
    △スズカフェニックス
    △ローレルゲレイロ  →5着
    △ジョリーダンス

                   
 馬連990円、馬単2,730円 的中!!

     
 回顧

   「ブルーメンブラット、内から伸びてGⅠ初制覇!!」

   マイネルレーニアが逃げるもコンゴウリキシオーが思いのほか仕掛けてこなく、淡々としたペースに。
   後方待機していたスーパーホーネットが徐々に進出してきて直線へ。
   中団の内目を追走していたファイングレインが一気に抜け出しを図るが、
   大外をスーパーホーネットが豪快に追い込む。しかし、内ラチ沿いを回ってきたブルーメンブラットが
   一気に抜け出して、スーパーホーネットの追撃を振り切り勝利。3着にファイングレインで、
   4着にスーパーホーネットと一緒に上がってきたカンパニー。

   枠の内と外で明暗分かれましたね。スーパーホーネットの藤岡ジョッキーとしては
   あれ以上の騎乗は出来ないでしょう。1着馬も3着馬も、内でじっと脚を溜めて、
   直線勝負に賭けた馬達なので、それを外々を回って追い込んだスーパーホーネットは負けて強しの内容。

   って、ファイングレインくるんかよ~。はぁ~。
   

11/24 福島記念

 結果
    1.マンハッタンスカイ
    2.マイネルキッツ
    3.グラスボンバー
    4.シャドウゲイト
    5.フサイチアソート

 予想
    ◎レオマイスター
    ○マイネカンナ    
    ▲タスカータソルテ
    △マイネルキッツ   →2着   
    △ホッコーソレソレー
    △サクラリオン
    △フィールドベアー
                   
 大ハズレ・・・。

     
 回顧

   「マンハッタンスカイ、重賞初制覇!!」

   好位からマンハッタンスカイが直線抜け出し、追いすがるマイネルキッツを振り切って重賞制覇。

   いや、7頭あげて1頭しか掲示板に載らないとか、言い訳できネェ。
   ただ1つだけ。レオマイスター、なんで逃げてんだ?



<今週の総括>
   
 とりあえず企画の結果を言うと、

    総レース数:72レース
    的中レース:21レース
    的中率:29%

    買い目総額:37,400円
    回収総額:23,110円
    回収率:62%

    本命入着数:31レース
    本命入着率:43%
 
 いやぁ、競馬は難しいと改めて感じた週でした。

 あと武豊騎手をはじめ、最近やたらと落馬が多いですね。
 落馬は本人も賭けている側も痛いので、少なくしてほしいものです。

 ちなみにジャパンカップのメイショウサムソンには石橋守騎手に戻り、
 ジャパンカップダートのヴァーミリアンは岩田騎手になるそうです。
 石橋騎手にとっては名コンビ復活で、岩田騎手は武豊騎手と違った乗り方をしそうで、
 非常に興味深い2戦になりそうです。

 来週はジャパンカップ。最近あまりビタッと当たっていないので、なんとかがんばりたいです。 
   
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11/24 福島記念 & 特別企画3日目

2008-11-23 16:14:23 | 予想
第44回 福島記念 (福島11R・JpnⅢ・芝2000m・ハンデ)

 今週は時間が無くてこのレースの過去データ紹介できませんでしたが、おおまかに言うと、
 
  ・近3走で4着以内
  ・1年以内にOP4着以内か1600万勝ち経験
  ・中波乱
  ・5歳
  ・前走から減量組
  ・前走距離は1600~2000
  ・前走脚質は追い込み

 以上が好走データです。では予想に。


  ◎ : 02 レオマイスター
  ○ : 06 マイネカンナ
  ▲ : 09 タスカータソルテ
  △ : 13 マイネルキッツ
  △ : 15 ホッコーソレソレー
  △ : 08 サクラリオン
  △ : 03 フィールドベアー
 

 以上7頭で。(自信度:★☆☆☆☆)

 上のデータと血統を考慮して上記の馬にします。印の強弱はあまり関係ありません。
 というか、このレース昨年のことがあるのであまり考えても仕方ないかと・・・。
 ただ、オッズが笑えるぐらい割れまくっているので買い目多くしても回収できるでしょう(当たればね)。

 買い目 馬連 BOX 21点 



んじゃ、特別企画。(土曜はサッパリで、日曜は縦目だらけ。ホント難しいね。)

『いつもアクセスありがとう企画』

本命1頭→相手2~3頭に馬連とワイドの計4~6点で的中とします。

『自信』はA~Dの4段階評価

 福島京都
本命相手自信本命相手自信
1R62・10B112・13B
2R125・10・7C31・9・14B
3R215・5B1310・1・14C
4R912・14・1C125・11・1C
5R31・16・2D47・5・3C
6R74・3・8D110・7・14C
7R138・16・2C1316・2・11B
8R82・4B28・14・15C
9R102・9B87・10・2B
10R815・11・7D121・15・13D
11R-上記-111・7・8B
12R815・11・7D1012・17・13C


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする