八尾市市民活動支援ネットワークセンター「つどい」(ブログ)

大阪府八尾市の魅力ある市民活動情報をブログ形式で発信しています!
ぜひぜひご覧下さい(^_^)/

つどい登録団体主催イベントなどの中止・延期のお知らせ。

2020-02-23 18:02:07 | 「つどい」の主催行事とお知らせ

今回、つどい登録団体が主催されるイベントなどで中止、もしくは延期になったイベントについてまとめております。ぜひご覧ください。

 

また、こちらの記事もあわせてご覧いただければと思います。

https://blog.goo.ne.jp/yaotsudoi/e/2950a8b87cc0e437368e3e99027aa020

 

2/23(日)「不登校・ひきこもり支援イベント 一人ひとりのかがやきに」 (中止)


2/24(月・祝)「冬のやんやんまつり2020」 (延期)


2/29(土)「八尾市交通まちづくりセミナー」 (中止)


3/1(日)「教え・教わり学んだこと発表会!」 (中止)


3/7(土)「スマイルカフェ」 (見送り) 


2/29(土) えほんらいぶ2020 (中止)

コメント

交流会「コラボで社会貢献」開催中止のお知らせ

2020-02-21 17:53:20 | 「つどい」の主催行事とお知らせ

こんにちは。

つどい業務責任者の新福です。



さて、3月1日(日)開催予定の交流会「コラボで社会貢献」は、

新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催を中止することに

なりました。

参加予定だった方、参加を検討されていた方には、ご迷惑を

おかけし、申し訳ありません。


ご理解の程、よろしくお願い致します。


コメント

「つどい」からのお知らせ(「つどい登録団体」及び各種社会貢献活動をされる皆様へ)

2020-02-21 12:22:05 | 「つどい」の主催行事とお知らせ

センター「つどい」からお知らせです。なお、下記の文面は「つどい」Facebookアカウントの投稿と同じものです。

 

「つどい登録団体」及び各種社会貢献活動をされる皆様へ

現在は、新型コロナウイルスの新たな府内感染者は発生していませんが、今後の府内での感染者拡大に備え、大阪府の方針に基づき、八尾市危機管理対策本部において、

2月20日から3月20日までの間、八尾市主催の行事・式典等については、原則中止もしくは延期の方針を決定しました。

 

現在、八尾市内の開催行事の中止・延期については、八尾市ホームページや「FMちゃお」で掲載・情報発信がされております。

八尾市ホームページ
https://www.city.yao.osaka.jp/category/16-2-5-0-0.html

FMちゃお(やおコミュニティ放送株式会社)
http://792.jp/

※ホームページトップ画面の「トピックス情報」に掲載

※FMちゃおでのラジオ放送でも随時、中止もしくは延期になった催事情報についてお知らせをされています。

 

「つどい」では、日頃より「つどいブログ」において、市民活動団体等の行事開催のお知らせをしております。

「つどいブログ」
https://blog.goo.ne.jp/yaotsudoi

市民活動団体(つどいの登録の有無を問わず)の皆様、地域活動や事業者の社会貢献活動等をされている皆様におかれまして、主催・共催されます行事や事業において、

中止もしくは延期をされます場合は、「つどい」にもご一報いただきましたら、「つどいブログ」にてお知らせをさせていただきます。

(つどいでは、上記ホームページやFMちゃおの放送でも情報収集に努めています。)

 

なお「つどい」は、通常どおり開館しております。

どうぞ、よろしくお願い致します。

コメント

つどいの年末年始の開館のお知らせ

2019-12-28 18:13:19 | 「つどい」の主催行事とお知らせ

こんにちは。
つどい業務責任者の新福です。

ご案内が遅くなり、失礼いたしました。

年内の最終開館は28日土曜日18時まででした。
先程、閉館いたしました。

年始は4日土曜日10時より、開館いたします。

今年も一年、誠にありがとうございました😊


コメント

事業報告書や解散、どうしたらいい?つどいのNPO法人相談会を実施しました!

2019-12-06 17:59:17 | 「つどい」の主催行事とお知らせ

こんにちは!つどいスタッフの「おかゆ」です。

2019年11月30日につどい大会議室で実施しました、「つどいのNPO法人相談会」。

八尾市内の小さなNPOを対象に、事業報告書の書き方や解散手続きについて、個別相談会を行いました。

 

相談会では同時に、多くのNPOのお悩みであろう「資金面」について、サロン形式で話題提供を行いました。

話題提供者は八尾市の市民活動支援基金を活用し、見事「財源確保」や「仲間作り」を実現させている2つの団体です。

それでは、本日のブログではそんな「つどいのNPO法人相談会」の様子についてお伝えします~!

 

話題提供①特定非営利活動法人にじいろのクレヨン様より


「仲間を増やして財源確保」をテーマにお話ししてくださった特定非営利活動法人にじいろのクレヨン代表、坂本さん(写真右)。

坂本さんが活動を始めたのは、それまでに子どもたちの居場所をつくっていた方が倒れ、集まる場がなくなりそうになったとき、それなら私が!と、立ち上がったことがきっかけだったそうです。

 

当初はお月謝だけでは家賃や光熱費まで賄うことができず、会計担当が火の車具合に辞めていってしまうこともあったそうな。。

しかし、思い切って市民活動支援基金に挑戦したところ、審査員からいただいたアドバイスや、そこでの繋がりから活動を発展させることができたそうです。

そして、今では活動に参加してもらうご家庭皆さんに会員へなってもらうことで、ある程度の会員数を獲得することができるようになったとのこと。

 

財源確保のコツは、「お金を集めようとするのではなく、一緒に活動をする仲間を集めること。この場がなくなって欲しくないと思ってくれる人がいれば、活動は続きます。」

坂本さんは大きな笑顔を浮かべられていました。

 

話題提供②八尾ねこの会さくら様より


次に、「参加費をいただいて財源確保」をテーマにお話しいただいたのは、八尾ねこの会さくらの黒田さん(写真左端)。

活動を始めた当初さくらは、猫の保護に予算が割かれていないことに対する反対運動を行っている団体のように見られていたそうです。

しかし、野良猫の保護を行っている保護主さんに野良猫を連れてきてもらい、譲渡会を行ったところ、なんと100名以上の来場者が!

市民活動はターゲットを見つけることに苦戦することが多くありますが、さくらの場合は市民活動になじみのない方も活動のターゲットにすることができたといいます。

 

しかし、あくまでも野良猫を減らし、猫の幸せを願うのが団体の想い。

無料の譲渡会で連れて帰られた猫が動物実験に売り飛ばされたり、猫に去勢不妊手術を受けさせない飼い主がいたり、保護主さんの想いに沿わない形で猫が飼われてしまっては意味がありません。

そこで、黒田さんは譲渡会に協力金(寄附金)を設けることにしました。

始めは他メンバーに猛反対を受けたと言います。現在は500円の協力金も、100円にした方がいいのではという意見も多くあったそうです。

 

しかし、黒田さんは譲りませんでした。

「マイナス思考にならないで。お金をいただく側が自信を持たずに誰が払う!」と譲渡会当日を迎えました。

その結果、協力金を設けた後も参加者数は変わりませんでした。

そのおかげで現在は持続的に譲渡会の運営ができ、次は野良猫の保護シェルター兼譲渡会場の猫カフェ実現に向け、活動しているそうです。

(譲渡会の協力金を募ることで、新しい収益(寄附金)を得られたました。)
(昨年度は、譲渡会運営などを「八尾市市民活動支援基金 事業助成金事業」として行っていましたが、
 助成金を全く使わずに事業が自立できたというご報告をされました。)

 

個別相談会では


 

話題提供の合間には、八尾市コミュニティ政策推進課の担当者の方と、特定非営利活動法人て・と・ての税理士さんに相談員となっていただき、事業報告書作成の方法や、解散手続きについての個別相談会を実施しました。

相談会にお越しいただいたことで、「手続きについて次に何をしたらいいか分かった」というお声もいただきました。

 


つどいとしては久しぶりの開催となった相談会。

今回はサロン形式にし、話題提供の時間を設けたことで、相談会以外の時間にも自団体に持って帰れる気づきがあったとお話ししてくださった参加者もいらっしゃいました。

つどいスタッフもイベントを振り返って気づくことがありました。

それについてはまたつどいホームページにてお伝えしますね!

 

つどいは八尾市で、誰かのため自分の得意を活かしています!活かしたい!という方たちのご相談をいつでも承ります。

どうぞお気軽につどいへお越しくださいね

 

コメント