八尾市市民活動支援ネットワークセンター「つどい」(ブログ)

大阪府八尾市の魅力ある市民活動情報をブログ形式で発信しています!
ぜひぜひご覧下さい(^_^)/

地域活動の動きをご紹介【その3】「やまんねき通信」から

2021-05-16 10:51:53 | 地域活動団体情報

 こんにちは。

 つどい業務責任者の新福(しんぷく)です。 

 最後の3本目の内容は、こちらです。
 八尾市役所本館1階の市民ロビーの配架コーナーで
見つけました。


② 河内木綿を織り込んだマスクの配布時に尋ねた    
  高安小中学校の児童生徒対象のアンケート      
  ~「高安中学校区まちづくり協議会」って知ってる?~

 高安中学校まちづくり協議会では、旧北高安小学校グラウンドの
一部を活用して河内木綿を栽培しています。

 収穫までに小中学校の児童も一緒に、河内木綿を育てました。

 収穫した河内木綿も織り込んだマスクを高安小中学校の児童生徒に
贈呈したニュースが掲載されています。

 マスクには、中学校区内に生息する絶滅危惧種のニッポンバラタナゴ
のキャラクター「きんたいくん」がプリントされています。

 将来の地域社会を担う子ども達が感染することなく、元気に過ごして
いただきたい想いを書かれていました。







 

「高安中学校区まちづくり協議会」を「知ってる」と答えた
 児童生徒が、意外に多いですね。


 なんで知っているんやろうと思うと児童生徒が、参加した中で
一番多かった回答「山ねきマルシェ」を旧北高安小学校のグラウンドを
活用したイベントに、結構参加したことで、認知されたんでしょうかね。

 市民感覚では、イベントに参加しても、どこが主催かより内容を重視
してしまう中、児童生徒の親御さんも地域の活動であることや「高安中学校
区まちづくり協議会」の名前を伝えていたんでしょうね。


 個人見解

 私は、大阪市内で育ちましたが、小学校に入学した時に、統廃合した小学校に
開校時に入学した1年生でした。また幼稚園は最後の卒園生でしたので、節目を
幼稚園児にながら、少しは意識していたと思います。
(統廃合された小学校は、高安中学校区と同じ、明治5年・明治6年に開校されて
 います。私が生まれた地域でも、当時としては、統廃合は大きな出来事だった
 と思います。)

 また、子どもながらに、当時の幼稚園・小学校の統廃合や、区役所の合区、
バブル期の土地はがし等々、地域が大きく変化・変容していく事を、目の当た
りにして育ったので、常にどこかで意識をしていました。

 高安中学校区の場合も、地域の変化・過渡期を目の当たりにした小学生や
中学生のみなさんは、地域の変化に敏感で、意識が高いこともあったと思います。
 そのため、かつての学び舎で開催されたイベントを通じて、「校区まちづくり
協議会」にも意識を持ってもらえたのではないかと、私は感じました。

 むっちゃ、個人見解です。

 地域の変容を経験した子ども達は、いずれ地域社会に携わるとか、将来の社会
問題や地域課題に取り組む人材が生まれやすいと、私は信じています。

 その結果は、10年、15年後かもしれませんね。

 それまでに、この市民活動や中間支援の世界で生活が出来る枠を確保していける
ことが、「つどい」の受託を受けたNPO法人の役割かもしれません。
 
 それまで、「つどい」等のお仕事を、彼らにバトンが渡せますように。


 参考:「やまんねき通信 第10号」(発行 高安中学校まちづくり協議会)
     https://takayasu-machikyo.com/img/file59.pdf


コメント

地域活動の動きをご紹介【その2】

2021-05-16 10:51:02 | 地域活動団体情報

 こんにちは。

 引き続き、つどい業務責任者の新福(しんぷく)です。 

 2本目の内容は、次の話題です。


② 特殊詐欺(振り込め詐欺)の被害を未然防止! 
    ~八尾市出張所職員が気付き対応~    

 4月23日(金)に、ご高齢者が新型コロナウイルスのワクチン
接種について相談がありました。

 ご相談された地域の方(ご本人)は、10時過ぎに自宅に帰
られた時に、後期高齢課職員を名乗り、還付があるので、取
引銀行を教えてほしいと連絡が入り、ご本人は取引銀行名と
住所・連絡先を伝えました。

 すると12時頃に、取引銀行を名乗る行員から、近くのコンビ
ニのATMまで外出をして、到着したら12時45分に電話で連絡を
してほしいと言われ、ご本人は近くのコンビニまで向かいました。



 指定された時間よりも早く到着したため、コンビニ周辺で
ご本人が待機しているところに、八尾市出張所職員がばったり
出くわしました。

 本人から、コンビニで待ち合わせをしていて、還付があるので
コンビニまで来てほしいと連絡があった旨を、八尾市出張所職員
に伝えられました。
 「これは怪しい。」とすぐに詐欺だと気づかれた八尾市出張所
職員は、すぐに八尾警察に通報され、事なきを得ました。

 通報後、同日に八尾警察から下記の「【大阪府警察】安まち
メール」の「特殊詐欺情報」の件名で、電子メールで注意喚起
の配信がありました。

 八尾市出張所職員は、「毎月開催される八尾市自治振興委員会
の幹事会や、地区自治振興委員会で、八尾警察から特殊詐欺に関
する啓発をされていたので、市の職員としても常にアンテナを張
っていた。」とのことでした。

 また、ご本人は出張所に良く来られている方であり、八尾市出
張所職員も存じている方でしたので、お尋ねできる人間関係が築
けていたからこそ、未然防止につながったと言えますね。
 最初も最後も「人」ですね。人間関係ですね。
 
 地域の八尾市自治振興委員会と八尾警察が、特殊詐欺についての
情報連携が出来ていることで、八尾市職員まで意識啓発につながり、
被害防止につながった活動紹介でした。


コメント

地域活動の動きをご紹介【その1】

2021-05-16 10:49:37 | 地域活動団体情報

 こんにちは。

 久々に「つどいのお知らせ」以外で投稿します。
 つどい業務責任者の新福(しんぷく)です。 

 令和に入ってから、ブログ投稿は若年層スタッフに
譲りながらも、たまに投稿をしております。

 今回も、投稿することになりました。
最後までお付き合いいただければ、嬉しいです。


①懇談会「あなたのまちの健康診断から見た、今後の地域の健康づくり」
     ~山本小学校区の地域活動団体と八尾市保健センター~   

 5月7日(金)に、山本小学校区まちづくり協議会・山本地区福祉委員会・
山本地区自治振興委員会・山本地区民生委員児童委員と、八尾市保健センター
が、地域の健康づくりでの協働を進めて行くための話合いがありました。

 具体的には、保険センターからは、八尾市全体と山本小学校区の特定健診の結果に
ついて情報提供を受けました。


ここで「特定健診」とは?
 日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、
メタボリックシンドロームに着目した健診です。
 対象者は、40歳から74歳までの方です。
  ※メタボリックシンドローム:お腹の内面や内臓の周りに脂肪が蓄積する
   「内臓脂肪型肥満」に、脂質代謝異常、高血圧、高血糖のうち2つ以上
   当てはまる状態のことをいいます。

 医療保険者(自営業の方は市区町村、会社等へお勤めの方(被扶養者を含む)
はお勤め先)に加入されている方が、対象のようですね。


「特定保健指導」とは?
 特定健診の結果から、下記の方に対して、専門スタッフ(保健師、管理栄養士
など)が、生活習慣を見直すサポートをします。

 ・対象者:生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による
      生活習慣病の予防効果が多く期待できる方


 出典:インターネット「特定健診・特定保健指導について」(厚生労働省)
    インターネット「生活習慣ケアコラム メタボリックシンドローム
            について詳しく知ろう」(大正製薬 商品情報サイト)


「特定健診」のことと、保健師、管理栄養士の役割が少しわかりましたね。


 「特定健診」の結果として、BMIやLDLコレステロールぐらいまでは、よく聞くワード
なんですが、糖尿病の指標の検査項目になる「HbA1c」なんかは、聞いたことないワード。

 「特定健診」の結果を、地域の方々に提供するだけでは、市民の方は「ほな、健康に
なるには何をしたらええのかな?」と疑問を持ったままで留まり、動機付けまでには
中々いかないですね。


「つどい」も同席してお伝えしたご意見
 ①健康ってなにか?
  世界保健機関(WHO)では、健康とは「身体的・精神的・社会的にすべてが満たされた
 状態であること。」と定義されています。
  そのことを、地域の方々に伝え、広めることが必要ではないか。


 ②八尾市の主要死因別順位から身近に感じてもらう。
  あくまで、特定健診受診結果なので、すべての八尾市民に該当する訳ではないが、
 目安として国や府と比較して八尾市は、心疾患(高血圧性を除く)の死因率が高く、
 反対に老衰の死因率は低い。
  また少数ではあるが自殺による死因もあり、精神的・社会的な面の影響が出ている。
  死因からではわからないが、地域コミュニティのつながりが薄らいでいることで、
 孤独死なども地域活動団体からはお聞きすることがあるので、そのようなお話も
 交えながら、地域でお話しすると、地域の方々も考えてくれるのではないか。
  死因から、地域の方々おひとりおひとりが、どのような最期を迎えたいかを考えて
 もらえるのではないかと思う。また希望する最後の迎え方に向けて、今からどのよう
 な健康づくりを行って行くかを考えてもらえたらと良いと思う。
 
 ③精神的・社会的な面で現象があらわれているのでは?(振り込め詐欺といった特殊詐欺発生件数より)
  先月4月に発生した八尾市内での特殊詐欺の1ヵ月の発生件数が、なんと昨年半年間で八尾市内で
 発生した特殊詐欺の発生件数と同じほどの件数になったと情報が入りました。
  コロナ禍の中、精神的・社会的に満たされていない状態が、このような現象であらわれて
 いるのではないか。地域の方々に話題提供として、良い題材だと思う。

  ※ 特殊詐欺:犯人が電話やハガキ(封書)等で親族や公共機関の職員等を名乗って
         被害者を信じ込ませ、現金やキャッシュカードをだまし取ったり、医
         療費の還付金が受け取れる等と言ってATMを操作させ、犯人の口座に
         送金させる犯罪のことです。
         また、現金等を脅し取る恐喝や隙を見てキャッシュカード等をすり替
         えて盗み取る詐欺盗(窃盗)も含みます。
   出典:インターネット「特殊詐欺とは」(大阪府警)

 以上の3点を例示にしながら、どのような最期を迎えるかを考えた身体の健康づくりや
詐欺被害にあわないための精神的・社会的な健康づくり・つながりづくりを話し合うことを
題材にすると、ひとりひとりが意識をするのではないかとご提案をしました。

 そんなときに、つどい登録団体も何か提供できる内容があれば、一緒に参加できればと
思いました。
  

コメント

「山本小学校区まちづくり協議会」NEWポスター!

2021-05-08 16:35:21 | 地域活動団体情報

こんにちは、つどいスタッフの武田です

「山本小学校区まちづくり協議会」の新しいポスターが出来ました!

 

「地域の活動で、何かお役に立てることがあったら、携わってみたいなぁ。」
って方が、1人でも出会えたらという趣旨で出来た、ボランティア募集の
ポスターです。

実は今回、ポスターデザインを個人的に依頼を受けてさせて頂いたのですが…

恥ずかしながら私自身、つどいのスタッフになるまで

「校区まちづくり協議会って何だろう?」でした

 

ポスターを通じて皆さんに少しでも

まちづくりに関心を持って頂けたら嬉しいです


コメント

堤町2・3町会 まちネコ活動【第2回 猫の譲渡会】

2020-12-06 15:51:39 | 地域活動団体情報



 引き続き、つどい業務責任者の新福(しんぷく)です。

 昨日と今日と久々に取材したのを、投稿しますね。


==上の写真は、どこでしょうか??==

 堤町集会所は、山本高校よりも、もう少し西側にある地域。
 小学校区は山本小学校区です。

 ザ・住宅街です☆彡


==開催の経緯(いきさつ)==

 うんぬんかんぬん、文章を掲載しようと思いましたが、
ちょうど、わかりやすくまとめられてた掲示物をパシャリ📷

 

 野良猫ちゃんが、ごみを漁って大変!!
 去勢・避妊手術をして、「まちネコ」として、地域で見守ろう。
 という「人と猫が共生する地域社会」の実現へ向けて取り組んでいます。

 えらい壮大な書き方になってしまいました🤩




==実際は、できるところから始めています==

 町会の方々が、協力して実施していました。

 集会所の1階は、隣接の公園から日差しが入り、ポッカポカでした。

 猫も人も、ひなたぼっこの気分で、ほのぼのとした雰囲気です。

 コロナ禍の中、消毒・検温の実施と、経路がわかるために名前・連絡先を記入されていました。

 


 5匹の「まちネコ」ちゃんが居ましたよ。

 ご飯を食べたので、のんびり、ゆっくり、おとなしくしていました。

 

  オリの前に、自己紹介プレートを見て、どんな猫ちゃんがわりますね。
  オリを開けて、ヾ(・ω・*)なでなで。




 こどもさんも、参加していましたよ。



 そして、こどもさんもネコと触れ合うことが出来ました。
  


  私が小学校の時に思い出がよみがえりました。
  友達の家に居てた猫は、書棚の襖(ふすま)の奥に、生まれたばかり
 の子猫が4~5匹居てたのですが、1匹が死んでしまっていて、それを
 見つけた友達が、泣いていたのを思い出しました。
  
  30年近く、猫とふれあうことがなかったので、その時代まで
 タイムスリップしていました。



 ==POINT!! サクラねこの性別の見分け方==



 去勢・避妊したネコは、耳をカットします。
 カットした耳の形が桜の花びらに似ていることから、「サクラ耳」とか
「サクラねこ」とかって、呼ばれたりしますね。

 その「サクラ耳」が、左右のどちらにあるかで性別がわかります。

 右耳が「サクラ耳」の場合は → 「オス」

 左耳が「サクラ耳」の場合は → 「メス」 
 
 へぇ~、へぇ~でしょ♬



★★☆ 取材POINT!!☆★☆彡

=堤町2・3町会 まちネコ活動【第2回 猫の譲渡会】=

 開催日時:2020年12月6日(日)11時~15時

 開催場所:堤町集会所(八尾市堤町1-7-8)

 主  催:堤町2・3町会
      町会長 岩山 博志 氏
 
 特  徴:地域の方が自分たちでできることを実施。
      当事者が、頑張っている(キーパーソンがいる)

 コメント(気づいた点)
     ①キーパーソンの存在
     隣接の町会の方ですが、みわさんという男性が、
     ネコを9匹飼われており、熱心に堤町2丁目公園
     でのまちネコ活動をされておられます。
    
     ②ネコをシンボルに輪が広がる【子どもが助けてくれる】
     その活動に共感した公園に居てた子どもたちが
     その活動に協力するようになり、通称「子供探偵団」
     と呼ばれるそうです。
     子どもから「公園にいた猫でサクラ耳ではなかったよ。」
     と教えてもらえたり、ネコの特徴を大人よりも把握している。
     
     この活動は、子どもの助けがなければ、できないとのこと。
     子どもたちに本当に助けてもらっていると感謝している。

     ③活動の副産物・やりがい・健康
     そんな、みわさんも、この活動をするまでは、
     今より体重が20Kgも太っておられたとか。
     まちネコ活動で、体重が落ち、スリムになったとか。
     また、この活動で子どもたちから「ねこのおっちゃん」
     と親しまれています。
     そのこともあって、今日の譲渡会でも子どもさんの
     参加があったのですね。
     
     ④今後の展開 
     「善意で個人の方が、ネコをお家で引き取り飼っている
     方が多いとのこと。そんな方々とこの譲渡会や活動で 
     つながることが出来た。」と、みわさん。
     そんなつながりや把握や情報共有ができたらよいですね。  



 みなさんが、興味津々に、みわさんのお話を聞いておられました。



== こ ぼ れ 話 ==


 こちらは、同じ会場で、帽子をかぶったタヌキさんを保護しました。怒られますね( ̄▽ ̄)
 
 帽子をかぶったタヌキさんならぬ、この方が町会長の岩山さんです。
 また、山本地区福祉委員会の委員長もされています。
 左は、「つどい」の委託運営団体の理事長である西田さん。
 そして、地域では、山本自治振興委員長であり、山本小学校区まちづくり協議会の
会長も兼任されています。

 この地域の方々の自分たちでできることをされておられる姿を見ながら、
地区自治振興委員会や地区福祉委員会、そして校区まちづくり協議会で、どのような
支援が出来るか、コミュニケーションや意見交換をしていました。

 次は、全面的に地区自治振興委員会で開催ポスター掲示の支援やまち協の共催か後援など
3者が一枚岩に取り組んでいきたいですね。
(今日のみわさんの一枚岩への思いを受け止めていきたいですね。)




 「人と猫が共生する地域社会」の実現をめざすために、地域分権・地域自治を、
ひとりでも多くの方に望んでもらい、できることから実践出来ればと思います。

  

 最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました!!


 



コメント