夢から慈しみの世界へ

神と自然と人間の共生
神一元・善一元・光明一元の生活
人間の生命の実相は『仏』であり、『如来』であり『神の子』である

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・最終回 就寝時の心の持ち方一つで運命を支配することが出来る。

2016年03月31日 21時25分13秒 | 健康・病気・精神分析・心理学・霊的実在
睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・最終回 就寝時の心の持ち方一つで運命を支配することが出来る。

あなたは何処に行こうとも、常に神に護られている。
人間に一番必要なことは、美しく生きるということである。
自分の言葉(想念)が、自分の運命をつくるのである。
喜べば、喜びが喜んで集まりて、喜びが来たる。
明るい心は繁栄と健康を引き寄せる。

迷うのも悟るのも自分自身なのですから、自分が仏心(本来の真実の心)に向かう心を起しさえすれば自然に目的に近づけるのですし、
道に明るいとか暗いとかいうのも、結局は自分自身が原因なのですから、正しい教えを信じ、かつ努力しさえすれば、
必ず正しい目的に到達できるのであります。

                              般若心経秘鍵 弘法大師 空海



就寝前の心を平和で何もつかまない、執着心のない、もの静かな状態でいることが必要なのであります。
利害のない、損得のない、昼間見た風景や、テレビ等の何気ない、感情が伴はない客観的な映像を
閉じたまぶたの裏に意識的に思い浮かべていると自然に眠りを催して来ます。
不眠症の患者が何も考えない、何も思い浮かべないようにして、眠ろうと考えようとして失敗するのを逆にとって、
努めて思い浮かべるようにして、しかしながら、何の感情も利害も損得も伴はないことを思うのです。
仕事の後、あまり魅力のないテレビドラマを懸命に見ていると段々と眠たくなっていつの間にか眠ってしまうことになります。
例えば、満月のお月さんの姿を心に描き、あるいは夕日の黄金色に輝く姿を心に描き、
気に入ったモネ等の風景画、阿弥陀三尊、キリスト像等を想像することも好いのです。
就寝直前の心に描かれた模様、心境は暗示として潜在意識の世界へ印象されます。
そして蓄積保存され、やがて五官で感じられるように顕れ、現在意識の世界へ現実化され出てくるのです。
就寝時の快い、不愉快の心の持ち方のひとつで、翌朝の生活の些細な失敗、成功の運命までも関係しているのです。
潜在意識の観念が自己の運命を支配しているのでありますから、就寝前の善き暗示を活用しなければならないのです。
不眠症等の色々な病気はある意味で病気をテコにして自分の陰に隠れている成就しえない負の遺産を言い訳にして、
自我を通しているようなものであります。
このような病気を自己弁解の口実にする心を決然として捨て去ったとき、不眠症等、
その他色々な病気などが癒される人々があるのです。





















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月30日(水)のつぶやき

2016年03月31日 04時48分19秒 | 日記・エッセイ

睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・? すべての音に感謝して音を味方にしましょう。 goo.gl/iVGNZK


睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・⑬ すべての音に感謝して音を味方にしましょう。 fb.me/4CiAIrVOV


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・⑬ すべての音に感謝して音を味方にしましょう。

2016年03月30日 21時40分14秒 | 健康・病気・精神分析・心理学・霊的実在
睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・⑬ すべての音に感謝して音を味方にしましょう。 

現代は様々な音の中に暮らしています。
吾々は谷川のせせらぎのような自然な音、金属の音、テレビの音声等の造り出した音、飛行機の爆音等
多種多様な音の世界に依存しています。
すべての五官を閉じて瞑想することはある意味で音のない世界であります。
しかし音のない世界は却って普段の人々の心を不安に落とし入れたりしもします。
またそれぞれ音にも好き嫌いがあります。
ある禅僧は瓦石が跳ね竹にあたりまた鉢に当たった音で悟った云います。
またベートヴェンは晩年まったく耳で音を聞き取ることの出来ない状態の時に第九交響曲等の霊感溢れる曲を作曲しました。





周囲が騒々しくて眠れないのは、その喧騒に敵意を持ち自分の心がその喧騒と和解していないからである。
ある人が激しいロックの音楽をうるさいと嫌悪して眠れないと云う人が好きなバロック音楽を聴きながらスヤスヤと眠ってしまうこともあるのです。
このことはそのバロック音楽の音を憎んでいないで、心を開いてその音を愛し、和解して調和しているからです。
ある病院に一人の不眠症、神経衰弱の患者が入院し、道路の曲がり角に隣接している病室に入りました。
その曲がり角の道路は危険を避けるために、自動車が警笛をひんぱんに鳴らすのです。
それは夜間の午前一時でもかまわず自動車の警笛を鳴らすのです。
その患者はその自動車の警笛を憎み、またこのような病室に入れた医者を憎み一夜を過しました。
翌朝、医者が回診に来たので、患者は昨夜の自動車の警笛、不眠などを訴え、
これではますます神経衰弱は悪くなるばかりであると云ったのである。
その医者は夜間病人を悩ます自動車が病院のそばを通るのであるならば、
この道路を夜間だけ自動車の通行禁止をしてもらうように県に交渉しょうと思うので、
ついてはどのような自動車が夜間に何台通るのか、一晩記録して報告してもらいたいが、
自動車も色々な警笛の音があるので、種類別に昼間調査して、夜にノートに書き留めて置いて頂きたいと云ったのです。
翌朝その医者が回診に来て、昨晩は何台の自動車が通りましたかと尋ねました。
患者は『あいにく二十三台手帳に書きとめましたがそのまま寝てしまいました。』
その患者は自動車の警笛が自分を傷け、うるさいものであると思っている間は自分を悩まし、害を与えていたのです。
しかし医者からの依頼で自動車の警笛の調査する為に、ポジテイブな前向きな心でその警笛を聞いたので、
そのうるさいと思われていた音は彼を害することは出来なかったのです。
すべての人生の出来事はそれが、病苦であろうが、災害であろうが、吾々にある教えを伝え導くものである。
自動車の警笛を素直に聞き入れ、その意味を知りたいと謙虚な心になりその事実に従い、
和解するとき害されることなく安眠出来た如く、そのような心境になり、またなお一層、有情非情すべてのもの事に
感謝するとき、一切のものは吾々を害することは出来ないのです。
・・・・・続く















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月29日(火)のつぶやき

2016年03月30日 04時50分30秒 | 日記・エッセイ

睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・? 寝る間の心の準備と暗示を唱える言葉について goo.gl/BQxV9R


睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・⑫ 寝る間の心の準備と暗示を唱える言葉について fb.me/7B4nUOwy0


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・⑫ 寝る間の心の準備と暗示を唱える言葉について

2016年03月29日 19時31分29秒 | 健康・病気・精神分析・心理学・霊的実在
睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・⑫ 寝る間の心の準備と暗示を唱える言葉について

ザを敷いて、弁当持参で桜見物の人が見られるようになりました。
水も温み、人の心も温み、花びらもほころび、心も和み、若白鷺も水辺で舞い遊びいよいよ春爛漫となりました。
睡眠薬の中にも純粋に心を縛り、閉める作用の成分と反対に心を醒ませ、弛緩させる作用等の色々な成分が入っているようです。
いわゆる心の緊張をとり、心がパラダイス(Paradise)になり、リラックス状態でないと安眠がとられないと云う意味でもあります。
心がパラダイス(極楽状態)になりますと安眠ができるのであります。




寝る間の暗示を唱える言葉について
神よ我に流れ入りたまえ(Lord fill me with Thyself)ロード フィル ミー ウイズ ザイセルフと心で唱えて、
静かに鼻より、静かに静かにゆっくりと吸いながら、その息を空気と思わないで、神が流れ入ると観じながら、
全身に神がみちみちていると想い、また神様に抱かれていると観じて眠ることであります。
また唱える言葉を日本語ではなく英語で『Lord fill me with Thyself』と唱える方が却って言葉の意味にとられなくて
心が落ち着くことになります。
意味にとられると心は覚醒状態となります。
例えば『おんまかきゃろにそわか(十一面観音菩薩)』と云う意味不明の梵語の陀羅尼等を唱える方が、
感銘が深くなり、意味にとらわれないために心が落ち着くと云うのと同じようなものであります。
憎んでいる人があるならば、その人と心から和解して、また赦して、その人と心の中で穏やかに、
理性的に調和の道を見出し、感謝して眠ることです。
憎む心は相手を攻撃して縛りつける心であるので、心が興奮し緊張するので眠れないのです。
眠りは心を完全にゆるめ開放することであるから、緊張、弛緩を妨げるすべてのものを避けなければならないのです。
・・・・・続く


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月28日(月)のつぶやき

2016年03月29日 04時44分34秒 | 日記・エッセイ

睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・?美しい睡眠を招く方法について。 其の弐 goo.gl/trIIND


睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・⑪美しい睡眠を招く方法について。 其の弐 fb.me/4jbPjFU8i


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・⑪美しい睡眠を招く方法について。 其の弐

2016年03月28日 21時29分01秒 | 健康・病気・精神分析・心理学・霊的実在
睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・⑪美しい睡眠を招く方法について。 其の弐

最近スーパー等の買物でも老若問わず皆さんひと品ひと品、製品の裏表、表示等を見て吟味して、
商品を決めておられます。
環境問題、健康、安全食品等に敏感に反応されている様子がうかがわれます。
ひと昔は、生産者と消費者との距離が近く、互いに知り得る関係であったため信頼関係が好かったのですが
合理的な計画生産等とにより距離が遠くなり、相手が見えない時代になり、前述のように商品の吟味にこだわる様な時代になりました。
人と人との信頼関係は互いに一つ一つ心を寄り添わせ、重ねて出来上がるものですから、
先祖代々、長い期間培った信頼は無闇に壊すものでは無く、繋いで行くことが大切と思えます。

仏陀のさとりは、決してはるか遠くにあるのではなく、
自分自身の心の中に本来存在していて、
きわめて近くにあるものなのです。
同様に仏陀の説かれる真実の教えというものも、
どこかよそにあるのでなくて、自身の中にあるのですから、
この身をおいて他にこれを求めても決して得られるものではないのです。

                                             般若心経秘鍵 弘法大師 空海





眠りに入ろうとする瞬間に片足等がこむろ返りして激しく痙攣して目が覚めてしまい、
また眠るまで時間を費やすことになる事があります。私も夜中に突然痙攣して目が覚める時があります。
生理的には肉体の緊張がゆるんでいないときに急に睡眠への移行によって
肉体のの緊張が解除されるときの突発的変化の急さに起こるもと思えます。
心霊学的に睡眠と云うものを霊魂が霊界への遊行であると考える場合には、
霊魂が急激に霊界へ移行するときの急激な肉体の弛緩が墜落のような感じを与え、脚が痙攣するのです。
それ故、睡眠前に肉体を完全に弛緩させて置いていたならば、
急激な弛緩がおこらないから、睡眠中の墜落感、脚の痙攣は起こらずに済むのです。
それではどうしたら肉体を弛緩させることが出来るのであろうか、
左の手で右の手を支え、右の手は完全に力を抜き左の手に完全に任せ切りにして、
突然に支えている左の手を取除くと支えられていた右の手はぶらりと急激に落下する。
もし右の手が落下しなければ右の手に緊張が残っていたことになる。
何回も繰り返し、ぶらりと落下すれば其の手は完全に緊張がなくなったのである。
そして寝床に入り、先ず左手、右手、左足、右足、胴体、頭部等、身体の各部へ弛緩せよと命ずる。
自分の力は全身どこにも無いが如く、まるで丸木のかたまりかのように、投げ出されているような気持になるのです。
無我放棄の心境になる実修でもあります。
次に布団等を神様、佛様、慈悲の御手であると観じて、
『自分は完全に神様、佛様の慈悲の御手に自分の全身をまかせ切っている』と心の中で数回唱えるのです。
そして『自分は神様、佛様に支えられ、守られているのである。
何ら心配もなく、不安もないのである』と念ずるのです。
このように神様への全托への練習であるのです。
眠ろうと焦る必要はないのです。眠ろうと焦るときに却って反対観念が起こってくるのです。
・・・・・続く




















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月27日(日)のつぶやき

2016年03月28日 04時44分20秒 | 日記・エッセイ

睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・? 美しい睡眠を招く方法について。 goo.gl/W4kOU5


睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・⑩ 美しい睡眠を招く方法について。 fb.me/7SgiVJ0o7


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・⑩ 美しい睡眠を招く方法について。

2016年03月27日 20時36分57秒 | 健康・病気・精神分析・心理学・霊的実在
睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・・・⑩ 美しい睡眠を招く方法について

前日研修会がありましたが、五時間の研修は次第に肉体的に厳しくなりつつあります。
しかし不思議なことに五分程でも緊張を取り、リラックスして休息しますと活力が復活します。
これは機器にも云えるようでもあります。連続して使用するよりも、機器を時折休ませた方が機器の為にも良いようです。
休息の最大なるものは睡眠であります。




仏典には、釈迦が山中で王様の隠している黄金を見て、毒蛇に例えられたと云う話しがある。
今の世でも無数の悪徳は、金がさせるわざである。
多くの人達もその毒気にあてられ、判断力を失い、利己主義に陥り、執着してついに地獄のような世界へ墜落する。
そして夜は不眠に苦しめられる。
安眠は人生最大の極楽であり、どんな貧しくとも、
八時間の安眠の得られる人は、人生の三分の一は極楽生活をしているのであります。
安眠するには、心が平安でなければならない。
安眠を得る最大の方法は自分にとってお金や、財産等の利害の問題を寝床にいて考えないことである。
利益を奪うもの、また利益を失わしめる者は敵であり、その敵が現われかもしれないと云うことは恐怖であり、不安であり、
恐怖と不安は、それを取り除こうとして反撃の心にかりたてられる。
反撃するには精神が高揚して緊張しなければならない、高揚して緊張していては眠ることが出来ない。
こう云う精神状態になるとたとい眠れても、その眠りは極めて浅いのである。
だから安眠したいと思う人は、就寝数十分前から、生活上の悩み、持ち越し苦労、取り越し苦労等の執着を捨て、
全ての問題を神様に全托して、『無敵の心境』になっていることが必要であります。
安眠は心の安らかさの反映でありますから、心が天国ような状態に有らしめることが必要であります。
ですからここが既に天国極楽浄土であると想うと、
利益を追求する必要もなく、利益を奪う者に敵意をもち、身構えして反撃する必要もないのであります。
『すべてのものが既に満ち足りた世界を心に描いて平和な心境に入ってから寝床に入るべきであります。』
これは瞑想でもあり、祈りでもあり不眠症の人だけではなく、すべての病を癒すには是非必要なことであります。
・・・・・続く













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月26日(土)のつぶやき

2016年03月27日 04時49分43秒 | 日記・エッセイ

睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・? 人の個性生命が普遍の生命(神)から活力を得ることが出来る。 goo.gl/0qWIOJ


睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・⑨ 人の個性生命が普遍の生命(神)から活力を得ることが出来る。 fb.me/4eDN0YwN4


宇宙の無限なる生命と力が、今此処に我が内に生きている。
そして光明燦然と輝いている。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・⑨ 人の個性生命が普遍の生命(神)から活力を得ることが出来る。

2016年03月26日 20時18分20秒 | 健康・病気・精神分析・心理学・霊的実在
睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・・・⑨ 人の個性生命が『普遍の生命(神)』から旺盛な活力を得ることが出来る。

薄いピンク色の桜の花が開き爽やかさが吹きぬける。
春の風に誘われ、心も開き明るい希望ある季節。
何事に対しても感謝する心は、どんな鈍い光、暗い光でも吸収して自己を明るくすることになる。
神の癒す力にまかせきる時、絶望の病も癒されるのである。



ヨガの行者が四年間も正座したまま体が腐敗しないでいることが出来るのは、
霊魂が肉体を完全に去っていないからである。
一定理念の肉体の姿に生体の成分を維持する力は、明らかに吾々が物質の化学作用の力だけではない。
それは桜の花を桜の花の姿たらしめところの『無形の生命力』である。
個々の人間に宿り、彼を彼たらしめ、彼女を彼女たらしめところの『個性ある無形の生命力』である。
この個性ある『無形の生命』は『普遍なる生命』より生まれたものであるが故に普遍の生命を仲立ちとして互いに相互の関係をもち、相互に理解し、相互に生かし合い、『個性ある生命』は一定時期の役目が終われば現象界を去り、
また適当なる縁を求めて、またある一定の『個性ある生命』を現象界にはっきりと顕わす。
その現象界にはっきりと顕わす力は『普遍の生命』の力を源とし行なわれるのであるから
個性生命が『普遍の生命』(神)から、その活力を吸収することによって、その生活力を新たにして、
食物を補給するよりも、より以上のあるエネルギーを得ることが出来るであろう。
『個性生命』が『普遍生命(神)』とつながって生命力を得る過程を祈りと称することが出来るとするならば、
ある意味において『睡眠』は、『祈り』である。
祈りである睡眠はおろそかにしてはならないのである。
就寝前の瞑想がすすめられのもこの理由である。
もし睡眠中深く『普遍生命(神)』から生活力を頂くならば、目覚めたときに活力が旺盛なのは、
冬眠直後の熊のようなものであろうと思われる。
・・・・・続く


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月25日(金)のつぶやき

2016年03月26日 04時52分37秒 | 日記・エッセイ

睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・? 人間も生理作用の消耗を最低にして生活が維持される。 goo.gl/BKuqZn


睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・⑧ 人間も生理作用の消耗を最低にして生活が維持される。 fb.me/xaZv9a1B


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・⑧ 人間も生理作用の消耗を最低にして生活が維持される。

2016年03月25日 23時33分20秒 | 健康・病気・精神分析・心理学・霊的実在
睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・・・⑧ 万物の霊長である人間も生理作用の消耗を最低にして生活が維持される。

インドのユガの行者の中には、四年間も地下の穴ぐらの中で正座して熊の冬眠のように食事もしないで、
目も覚めずミイラにもならず、生きていて正しく座った姿勢でいるのがしばしば見受けられるそうである。
遺言された一定の時期が来ると、同志の人がその穴ぐらに降りて行き、
呪文をとなえ、油脂をもって行者の身体を摩擦すると、生き返って生前の通りの生活を続けると云うのである。
熊でさえも五ヵ月の冬眠生活で前述のように生活が維持されるのであるから、
万物の霊長である人間が、自己の意思で、生理作用を低下せしめて生活が維持されないとは断定することは出来ないと思われる。




日本でも吉野の金峰山寺での千日回峰行の修行では吉野の高低差のある四十八キロの山道を
雨の日も風の日も昼夜歩き通し、塩おにぎり二個と水、睡眠時間は四時間で往復し、約四ヵ月百二十日を歩き通す。
またその後にお堂に籠り結界を張り、『四無行』と云う食べない、飲まない、寝ない、横にならない事を九日間やり通すのがあります。そして毎日午前二時に佛様に閼伽井戸からの若水を供え、一日三度の勧行と二十万遍の真言を唱えなければならない。
『四無行』に入る前に親族を集めて最後のお別れであるかも知れないと云うことで『生葬式』と云う儀式があります。
四日目の時に死臭を放ち生死を彷徨う。
線香の灰が崩れて落ちて行く様の音が聞こえるぐらいに神経が研ぎ澄まされる。
その中で眠気は三日までで、それを過ぎると『眠気は一切無く、空腹感も終わるまで一切無かった』と云います。 
阿闍梨は山道を歩く中で自分の心は何とこんなにきれいなんだろと思われたそうであります。
しかしただ一人強くても、ただ一人清くても、何か虚しかったそうであります。
人間は人と人とお互いに理解し合ってひとつになり、初めて喜びを感じる。
悲しい人、嬉しい人、あらゆる人、あらゆるものとひとつになっている自分が佛の慈悲であり、慈悲の実践であります。
と言っています。

『注』
阿闍梨(あじゃり)・・・・真言宗、天台宗等の真言の秘法を授ける高僧の敬称。

・・・・・続く














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月24日(木)のつぶやき

2016年03月25日 04時44分35秒 | 日記・エッセイ

睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・・・? 睡眠が、生物にとって多くのエネルギーを節約する。 goo.gl/FI3qvp


睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・・・⑦ 睡眠が、生物にとって多くのエネルギーを節約する。 fb.me/2DblnuHAb


何人にも何事にも優しく、温かく、丁寧に、そしてなりよりも自分自身の素晴らしい個性美に満ちた花を咲かせよう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・・・⑦ 睡眠が、生物にとって多くのエネルギーを節約する。

2016年03月24日 20時44分43秒 | 健康・病気・精神分析・心理学・霊的実在
睡眠の本当の姿を知りましょう。・・・・・⑦ 睡眠が、生物にとって多くのエネルギーを節約する。

明日から春休み、孫が元気に帰って来ました。
午後から年休をとって、散乱していた本、書類の整理、部屋の模様替えをしました。
やはり身辺を綺麗にすると気持が良いものです。

光明面のみを見るとき、住む世界が天国浄土となる。




生物は必ずしも夜眠らなければならないと云う道理はないのである。
多くの動物は眠ると見えていても人間のように熟睡するのではなく、周りの動きに機敏に反応して飛び起きたりして、
単なる肉体的休息だと云える。人間も照明器具の発達、生活の夜更かし、二十四時間操業等により、
昼間に眠ることが普通になりました。
人間が夜に眠ると云うことは、明暗と生活の利便の問題であり生理作用の必然ではないのである。
動物の冬眠状態は自然が厳しい冬等の一年のうちの一定時期に起こるのです。
北米の熊は十一月の頃穴を掘って巣をつくり、その中にもぐり、冬眠して翌年の四月頃に目を覚まします。
この五ヵ月の間水、食物を取らないでいても、決して衰弱したり、死んだりしたりしないのである。
しかも排泄もしないで、かえって肥っていると云われています。
牝熊はこの冬籠りの間に、一匹ないし四匹の仔熊を生むのです。
熊は哺乳動物の中では最も長期の断食だと云われている。
これらの動物の冬眠現象は、餌をとらずしてエネルギーを保存するため、自然が与えた最も節約的生活法だと云えます。
人間は横たわって寝ているだけで一日九百カロリーの熱量を消費すると云っています。
熊は五ヵ月程の冬眠の間にもそれほど痩せていないのです。
睡眠が、生物にとって多くのエネルギーを節約するかはこれらによって理解できるのです。
・・・・・続く
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加