うさぎくん

小鳥の話、読書、カメラ、音楽、まち歩きなどが中心のブログです。

夕凪の街 桜の国

2018年08月18日 | 本と雑誌

こうの史代 双葉社 2004年(電子書籍で購入)

こうのさんの漫画は「この世界の片隅に」で初めて触れて、紹介いただいて読み始めた「ぴっぴら帳」もとても面白かったのですが(先日家族に読ませたら声をたてて笑っていたので、プレゼントしました)、「夕凪の街-」はその存在を知りながらも手を出しかねていました。「この世界に-」も、読み進むうちに涙腺崩壊してしまい、読了するのが大変だったので。。

こうのさんの作品は刃物に例えるなら薄いカミソリで、小さくて人を威圧するようなものではないけど、ものすごく切れ味が良くて、下手をすれば致命傷を負わせることもできそうな感じです。。この例えは陳腐かもしれないけれど、とにかく受け止めていくのが容易ではないです。

これを例えば井伏鱒二「黒い雨」と比べてみると、姪の矢須子さんも皆実に近い運命をたどっていますが、この作品では語り手の重松の、姪や家族、職場や近所の人たちを想う気持ちが作品全体を包んでいて、読者には刃が直接切り込んでこない。否、「夕凪の街-」も直接読者に切り込んではいないですね。やはりこの方なりの作風が、緻密でシャープということなのでしょう。

個人的なことでいうと七波たちの住んでいた中野のまちや転居先などは、すこしずつかすってはいるのですが馴染み深い所です。

東子と、そのお母さんが通っていたという学校も、あああそこね、という感じ(電車から見えることぐらいしか知りませんが)。

1987年春(桜の国Ⅰ)のことはわかりませんが、2004年(桜の国Ⅱ)のころは、もしかしたら七波たちと電車で乗り合わせていたかもしれない。

あの年の秋には広島にも行ったな。

子供のころいた街が小さく見えて、そういえば桜が大きくなったせいもあるのか、と気づくあたりの描写もいいですね。。

そういえば、旧宅を建てなおした家にはもう新しい住人の方がおられるようです。去年家を壊してからかなり長いこと空き地で、なんだか成仏できない?感じでしたが、まあこれで・。

 

コメント

二重橋と坂下門の間

2018年08月15日 | まち歩き

今日15日は終戦の日ですので、正午前にオフィスを出て、おにぎり1個買って広場のベンチで食べました。

昨日も今日も、暑いことはまだとても暑いのですが、お盆で電車が空いている分、暑苦しさが減じている感じがします。

風も熱を帯びながらも、少しだけ乾いた感じがあって悪くないです。

雲はありますが、高い空には筋状の雲、低いところには綿菓子状の雲がところどころに。見ていると結構流れているので、風が強いのでしょう。

いつもと違い、バスがたくさん駐車しています。終戦の日だからなのか、あちこちで行われている工事の関係なのかわかりませんが。

いつもは昼休みのオフィス・ワーカーがたくさん来ていますが、今日はほとんど人がいません。

超広角を持ってくればよかった。これは24mm相当。

皇居前広場付近にいる人たちは、95%以上外国人旅行者です。

ランニングする人も少ない。

この辺まで歩いてほぼ正午。

今から73年と1時間ほど前、二重橋と坂下門の間にある芝生で、宮城事件を起こした椎崎中佐と畑中少佐が自決しました。

本当は軽く黙祷でもするといいのですが、観光客が多いので遠慮して、軽く黙礼するにとどめます。

同じく73年前の今日未明に、森赳近衛師団長、白石通教中佐が殺害され、今朝6時過ぎには阿南陸相が三宅坂の官邸で自決しています。

古賀秀正少佐は、森師団長らが殺害された近衛師団司令部で、やはり正午前に自決しました。

ちなみに今年は昭和20年と曜日の並びが同じだそうですね。

今日会った社労士が、今月は特に時間のたつのが早く感じる、と言っていましたが、そうね・、先週は台風が来て、また暑い日々が戻った今週は部下の子がお休みなので仕事に追われ、もう週半ば。

いつの間にか日が短くなり、6時半にはもう暗くなってきています。

 

コメント

世代

2018年08月14日 | 日記・エッセイ・コラム

先日BSで日本のいちばん長い日をやっていたので録画してみていますが、この映画、よほど史実が頭に入っていないと、次から次へといろんな人が出てきて、誰が誰だかわからないですね。。特に陸軍の若手参謀が錯綜していてよくわかりません。。

映画を見ていて思うのは、この陸軍の若手たちと、それを抑えることになる師団長、軍司令官、陸軍大臣等の対立構図です。おおむね30代前半の若手と、50~60代の幹部がぶつかり合う。この辺が門外漢にはよくわかりません。二二六事件のときも、野中大尉は30代前半でことを起こしています。単に若くて血気にはやる年代だからというのでは説明がつかない。若手に裁量を持たせて成功した企業というのはあるでしょうけど、若手が上を牛耳って、経営陣が統率に苦労する会社というのはあまり想像ができない。。ベンチャーは別として、伝統ある企業で若手が強い会社があったとすれば、それはわりと先進的な会社、というイメージになるのですが。。

彼ら若手の軍歴が始まった、昭和初期以降の軍の雰囲気が影響しているのでしょうか。それとも、この時代の50代は、日露戦争後の軍縮時代の人たちなので、その辺が影響しているのか。いずれにしても、専門家じゃないので何ともわかりません。

いずれにしても、若手の暴走が、昭和以降の軍の在り方に大きく影響したわけです。

それで、そこから少し連想するのですが、先月死刑執行されて話題となったオウムのもと死刑囚たち、彼らが暴走して引き起こした事件も、彼らの多くが30代の初めごろであったという点で少し似ています。さらに言えば、陸軍若手参謀も、もと死刑囚たちの多くも、ともにエリート集団の一部であったという点で似たところがあります。。

もちろん若いからことを誤った、といいたいわけではありません。ただ、なぜ彼らの上の世代が、若手をうまく抑えられなかったのだろうか。二二六事件でも、若手の多くはその罪を許され、それがその後の軍の運営に悪く影響したとされています。

阿南陸軍大臣も、森連隊長、田中大将も、多くの部下に慕われ、軍を統率してきた人たちだといわれています。それでも組織は彼らに、更に難度の高い統率を要求してきたのか、あるいは軍の歴史の積み重ねが、彼らには負い切れないほどの重荷を課してしまったのか、その辺はわからないところです。

 

コメント

洗車

2018年08月13日 | 鉄道、車、のりもの

備忘録として。

車がうちに来てちょうど1年たったし、折からの猛暑で体が参っていることもあり、ふだんは使わない手洗い洗車をお願いすることにした。

24時間営業しているこの店は、都内ではけっこう有名なのではないかな。30年ぐらい前に、同じチェーンの別の店を使ったことがある。

色々コースがあるけど、基本1500円で、手洗いで車内外洗ってくれるサービスにすると1000円増しというのでそれに。

頼んでいる間に、同じ敷地にある店で食事できる。中華かと思って入った店は焼肉屋で、頼み方とかよくわからなくて適当に頼んだ。約2千円。

ので、洗って食べて4500円。う~ん。

タイヤ側面もきれいにしてもらって、いつもブラシが届かないホイールの奥もきれい。

しかし今日もすごい雷雨に降られちゃって・。

とはいえ、適度にきれい、というぐらいが一番いいのです。周りの人が見て不快に思われないぐらいで。電車やバスもそんな感じできれいにしてますよね。

コイン洗車場とか行くと、下手するとエンジンルームの中まで掃除しているすごい人を見かけるけど、もうあんな根性ないな。。白状すると20代の頃は自分も(それに近いこと)やってたけどね。

コメント

グレツキ:ミゼーレ、聖母マリアの歌

2018年08月12日 | 音楽

レコーダーの整理をしようとして、買ってきたDVD-R(データ用とあった)に「ダウントン・アビー」をダビングしようとしたら、CPRMに準拠していないから駄目だといわれた。そんなこと、すっかり忘れていたわ。20枚も買ったのに・。それでくたびれてしまい、ふて寝していたら夜中になってしまう。。どうもまとめて疲れているようで、なかなか休日がまともに過ごせません。。

ので、別のことを書こうとしながら例によって軽い話題というか、忙しくて書きそびれた話題です。

グレツキの声楽曲集ですが、買ったのは6月の末ぐらいです。銀座山野楽器で買いました。

収録曲は;

・讃歌 Op.76
・ミゼレーレ Op.44
・聖母マリアの歌 Op.54

それぞれ1981年、2000年、1985年という、ごく近年の作曲である。書きながら作品番号と作曲年が合っていないような気がしてくるが、よくわからない。今見たら、あまりにも有名な交響曲第3番は1976年の作曲でOp.36であった。

それはともかく、声楽合唱のみで構成されたこのCDは、個人的には休日の朝などに聞いてみたい、祈りに満ちた音楽が連ねられいている。バッハのカンタータなどと違い、歌詞の意味を追いたいとは思わせない。うちにもナクソスの14世紀だかの古楽集のCDがあるが、比べるまでもなくグレツキは歴とした現代の作曲家であり、音楽には現代の息吹が込められている。時代のフィルターを経ていないぶん、この時代を生きるものとして、より音楽を通した「祈り」を純粋に感じさせるのはこちらのほうだ、と思ったりもする。

演奏は2012年。2010年に他界したグレツキの追悼盤とでもいうべきもの、とのこと。

ロスアンジェルス・マスター・コラール、グラント・ガーションの指揮。

コメント