うさぎくん

小鳥の話、読書、カメラ、音楽、まち歩きなどが中心のブログです。

看護師さん

2018年12月09日 | 日記・エッセイ・コラム

昔住んでいたあたりに用があり、帰りに以前よく使っていた床屋に寄ってみた。

理髪組合さんに加盟していない、安い料金で提供するタイプの店だが、あちこちに店のある大手チェーンとちがって、カミソリをあてるところまではやってくれる。大手チェーンさんは来年値上がりするらしいし、こっちのほうがいいかもですね。。

ここ、いつもテレビがついていて、なんとかサスペンス劇場のドラマなんかがしょっちゅう流れている。随分前だが、中村雅俊が文科省の役人で、仕事で知り合った女性と深い関係になったのがもつれて、殺した後でどこかの山中に遺棄する、という筋書きのドラマをやっていた。そんなドラマめったに見ないので、なぜか今でも筋書きをよく覚えている。たぶんそのときは、結構順番待ちをさせられたのかもしれない。

今日のドラマはもう大団円のあたりだったらしい。女性刑事と、美人ナース、その上司らしい婦長さんのようなひとが語り合っている。回想シーンで瀕死の男性に注射針を刺したり、なんかメスみたいなものをぶすりと刺したりしている。美人ナースが「あんなやつ、生きてる価値なんかないのよ!」と叫ぶと、婦長さんがつかつかと寄ってきて、平手打ちをナースさんに食らわせる。。

この感じがなんとも床屋らしくていいですね。。昔よく通っていた床屋さんはラジオが好きで、北原ミレイ「ざんげの値打ちもない」がかかっていたりしたけど、床屋さんってそういうウェットな質感が実に良く似合うんですよね、不思議なことに。

ん、そういえば床屋さんが首筋に当てているのはカミソリ・・・。


父の入院中、色々世話をしてくれた看護師さんはたくさんいるが、夜勤などで何度もお会いした数人の方のことはいまもよく覚えている。

若手の男性の方もいたが、あとは小さくて若い女性、ちょっとベテランの、体格の良い感じの女性、同じくかなりのベテランで、いかにも姉御肌という感じのひと、この人が父の最期をみとってくれた。

小さい方は、目のくりっとした可愛らしい人だったが、とても利発な感じで、受け答えははきはきとしていた。それらの特徴は僕に、昔の職場で知り合った人を思い出させ(雰囲気という意味ではそっくりだった)、その時のあまり芳しくない思い出は、その看護師さんと話をするときの僕に、最初はどこか居心地の悪い思いをさせた。何度か話をするようになると今度は、今と昔がごちゃ混ぜになったような不思議な気分にさせられた。。なにをごちゃごちゃ言ってるんだか。

体格の良い方は、ちょっととっつきにくい感じがしないでもなかったが、任せておけば良いという安心感も感じた。

ベテランの方は、付き添いの家族である僕等にもちょっとため口みたいな話し方をする方で、いわゆる飲み屋さんで話をすると結構楽しいんじゃないか、というタイプだと思う。ともすれば暗くなりがちな場面が多いところだが、この方がいると少し救われるというか、あれだな、娑婆の感じを持ち込んでくれる、みたいなところがあった気がする(わかるだろうか?)。

先ほど書いたように、この方が最期を看取り、諸々の手配などをしてくれた。ふだんのくだけたようすとは打って変わって丁寧な話ぶりで、裏口から見送ってくれた時も深いお辞儀をしてくれた。

どの看護師さんにもふだんの生活があり、そこでは僕らと同じように笑ったり怒ったり、おいしいものを飲み食いしたりしている(はずだ)。普段着で街を歩いていれば、それと気がつくことなどないだろう。僕等とちがうのは職場で毎日、人の命と直面していることだ。彼らにとってそれがどういうことなのか、僕には想像もつかない。この年になっていまさらそんな感想を持つのもあれだが、社会というのはこういう人たちをはじめ、色々な厳しい状況に直面している方々で、構成されていものなのだ、ということを、彼らを通じて思い起こした。

コメント

近況

2018年12月06日 | 日記・エッセイ・コラム

人生を、空を飛んでいるカモメに例えるとします。本当に飛んだことがないのであれですが、追い風なら鼻歌まじりで飛べますし、向かい風はきつい。

天気の良い時もあれば、雨が酷ければ木陰でじっとしていないといけないかもしれない。

向かい風や雨などはすぐ体感できますから、それに対する気構えもできやすい。

横風なんかのほうが、むしろ大変かもしれない。順調に飛んでいるつもりでいて、ふと気がついたら流されていたり。

自分から見れば不意打ちですが、どっかで気が緩んでいたのでしょう。

初めから厳しい天候を飛ぶよりも、ミスを誘発するような天候のほうが辛いなあ。

コメント

人の移動

2018年12月02日 | 社会・経済

さっきちょうど移民問題(出入国管理法改正)についての番組(NHK日曜討論)をやっていた。まあ実は家事をやっていたのでほとんど聞いていなかったけど、こういう問題、表にはあまり情報が出てこないけど、たぶん何人か集まって「あいつ(ら)を議論に入れるとまた決まらないから、なるべくそっと出してさっさと決めちまう」とか、やってるんでしょうね。。折しも隣国では徴用工の裁判が進んでいて、これはもちろん移民の問題とは全く別件ですが、過去も今も、労働力の不足は厳しい政治的な決断を要する問題だということは確かでしょうな。って、やけに慎重ないい方になってしまいますが。

個人的には、昔少し話題になった「新しい中世」(冷戦後、近代国家同士の対立構図が崩れ、中世のような地域的、相互依存的な社会に次第にシフトする)への移行が次第に進むのかな、という漠然とした期待のようなものを、まだ持っているのですが、欧州ですら人の往来に問題が生じている現状、少なくとも自分の生きている間はあれこれ試行錯誤が続いているのかもしれません。

コメント

二つの祖国

2018年11月29日 | 本と雑誌

二つの祖国(一)~(四) 山崎豊子 新潮文庫(Kindle版)

Amazonのログを見ていると、第1巻の注文は7月23日に、第2巻を8月半ばにしている。読み始めたのも夏の暑いときだった。父の入院のとき、夜中にすることがないのでこれを読んでいた。まもなく読書どころではなくなり中断、その後も長く再開できずにいた。

長い小説だが、そんな事情のせいで余計に長く感じる。冒頭の日系アメリカ人社会の描写から、第二次世界大戦と天羽兄弟の関わりのくだりと、戦後日本を舞台に繰り広げられる、極東軍事裁判の描写は、二つの独立した小説として分けてもよいように思える。

読みやすい文体だが、これが初めての山崎作品ということもあり、最初の頃は、文章のリズム感をつかむのに時間がかかった。読後時間がたっているせいで、どうしても後半の東京裁判の部分の印象が強い。東郷茂徳外相と東条英機首相の描写は印象に残る。ただ、東郷外相はちょっと筆が足りないというか、刺激的に盛り上がった展開のあとを受ける部分が軽すぎて、突き放されたような印象を受けた。このあたり、裁判の描写と、主人公たちの描写が交互に展開するので、単なるドキュメンタリーよりもずっと面白く読めた。

昔の大河ドラマ「山河燃ゆ」の原作に相当する。非常に熱心に見ていたわけではないが、松本幸四郎さんの演ずる天羽賢治は強く印象に残っている。

コメント

12月号

2018年11月26日 | カメラ、写真

本屋に寄って、本当は別のものを買おうと思っていたのだが、なんとなく手にしたカメラ雑誌をレジに持って行ってしまった。

カメラ雑誌というとさいきんは年末のカレンダーが欲しくて、DCM(デジタルカメラマガジン)を買うぐらいで、日本カメラとかもう7-8年は買ってないかな。。

旧宅にいたころはカメラ雑誌も結構ストックしてあったが、転居を機会にムック本を除いてほぼすべて処分してしまった。わずかに残ったのが、オリンパスOMシリーズ終了のときの特集(アサヒカメラ2002年2,3月号)と、上の写真右側にある、日本カメラ2000年12月号、これは最初に買ったカメラ雑誌だ。

20年ほど前にいっとき、カメラでも買うかと量販店を見に行ったことがあったが、その後まもなく家を買うことになり贅沢禁止に。2000年末頃は仕事が大変でひいひい言っていた。

のだが、たぶんふと何かのきっかけー昼休みにDPE頼みに行った写真屋で、フジのデジカメのパンフレットをもらってきたーで、そういえばさいきんのカメラはどうなってるのかな、と興味を持つようになった。とりあえずということで、雑誌を買ってきたのだと思う。

そういえば、何の機会か忘れたが、当時の上司(直属ではないが「支配人」という肩書のスイス人)と備品の整理をしていたら、古い一眼レフ(キヤノンEOS Kiss)が出てきた。お前にやるよ、と言ってくれたが、とっさの判断で遠慮していいっすよ、と言った。そしたら案の定といったらあれだけど、支配人氏、自分で持って帰っていった。。その少し前に会社でカメラが必要だといって、てニコンのF50だかを買ったばかりだったのだが。あのとき、EOSをもらっていたら、今でもキヤノンの一眼を愛用していたかもしれないな。。

話は戻るが、そのころはEOSがどうのというのは全然知識がなかった。ので、この号の特集「カメラ選び2000」は興味深く読んだ。。

のだが、この特集、各機種のスペックとか特徴の説明がなくて、選者のコメントぐらいしか書かれていない。基本マニア向けの解説なので「そうか、このクラスでは秀逸、なのかこれは」ということぐらいしかわからなかった。

 

そんなことを思い出しながら、2018年12月号を買ってみた。

やっていることは(市販のカメラのなかでどれが一番かを選考する)変わっていない。たぶんこういうのは、メーカーのお金がうごく性質のものなので、雑誌としてもやらないといけないんでしょうね。。昔は上級一眼レフ、中堅、初心者向け、などとクラス分けしていたが、今は無差別級というか、どう読んだら良いのかよくわからないです・。

もうひとつ気がついたのは、さいきんのカメラ機種、どこが何を出しているのか、すっかりわからなくなりました。ニコンも最近はだめだし、ソニーと富士は全く知りません。。ペンタキシアンになってから、もう完全に唯我独尊になってしまったので。。Qシリーズももう買うものないし、新型が出る心配もないので、らくだわぁ・。

冒頭の浅井慎平氏、中井精也氏の写真もいいけど、後半のコンテスト写真、特に若い人の写真が面白かったです。意外と年配の方の写真も面白い。自分じゃ写真を人に見てもらうなんて(ブログにのっけるとかいうのは別)まるっきり思いもよらないけど(いちおう本業は絵描きのつもりでいるので)、写真じゃないとできない表現もあるし、いいよな。。みんなごく普通のカメラで撮っているのも、カッコいいです。

 

 

 

コメント