モンテとレッドウィングスの日々

モンテディオ山形、そしてパイオニアレッドウィングスをこよなく愛し続けています。

2020シーズン日程発表~加賀様詣日程も発表(笑)

2020-01-23 11:33:43 | モンテディオ山形

昨日、今シーズンの全日程が発表になりました。

第2節はアウェイ愛媛となり、3月までは、

開幕戦 A磐田
第2節 A愛媛
第3節 A金沢
第4節 H山口
第5節 H大宮(平日ナイトゲーム)
第6節 A岡山
第7節 A徳島

で、ホーム2戦、アウェイ5戦となりました。
え~、アウェイばっか。しかも遠い・・・
それに東京五輪対応で、久々3月平日ホーム開催も組まれましたよ。
思い出しますなぁ、2009年。3月下旬に京都と平日ナイターやりましたっけ。
確かナビスコカップ?京都に電撃移籍した陽平が出た試合です。
寒かったですよ~3月下旬でも。

それを、3月中旬(18日)にやるのかぁ・・・充分に罰ゲームですなぁ~

楽天が参入した年も、4月初旬に無理やり?中山球場で2軍ナイターが組まれ、巨人戦
でしたっけ?
いや寒かったの何のって(でも行ったのかい)。


さて、
日程が発表になると楽しみなのが、アウェイ応援。
今年はどれくらい行けるかなぁ。

可能性としては、
開幕磐田戦、3月は金沢、5月甲府、水戸、6月新潟(もう折り返し)、7月千葉、群
馬、8月松本、9月京都、10月町田、大宮、11月栃木。

このあたりが候補かなぁ。でも3月の金沢は寒そうだなぁ。
このうち半分位行ければ御の字かな。関東は何とか押さえておきたいところ。
京都は新スタジアムだから見ておきたい気持ちと、でも京都市内から遠いから観光で
きない?ジレンマが(笑)

あとは、今年は加賀様詣も検討しなければ。
お、3月に秋田で沼津戦が。大友も見れるかな?
4月には岐阜戦。川西にも会いたいし。
5月の熊本戦、6月のC大阪戦、7月の岩手戦、8月の福島戦あたりは行けそうだけど、
一番楽しみだった藤枝戦はモンテともろかぶりで行けないな(泣)


いやぁ、妄想は膨らむばかりですなぁ。


ところで、妄想といえば、助っ人さん情報は昨日から尻つぼみに。
どうした?、契約の細かいところに時間がかかっているのか、それとも飼い犬のトリ
マー問題か(それはオグリさん)。
もしかして雪情報見せたら一気に引かれたか(汗)

コメント

新しい助っ人さんはアラウージョ?~契約額はチーム史上最高か?

2020-01-22 10:58:16 | モンテディオ山形

昨日の夜は、アラウージョ祭り(笑)

加入が噂されている新しい助っ人さんです。

動画で「モンテデオヤマガ~タ」を連発してたり、
本人のインスタのプロフィール画面がモンテユニだったりして(昨年のユニだったた
めか現在は削除)、
もう公式発表待ちみたいな感じになってますね。

ほほーっ。

経歴等をみると、年代別ブラジル代表にも選ばれていたり、トゥーロン国際大会で得
点王だったり、
いやはや、なんでこんな選手が山形に?って感想です。
もし本当なら、契約金は断トツでモンテ助っ人さん史上最高額でしょうなぁ。


ただ、良い選手がモンテに来て活躍するかはまた別の話です。
これまで、何度助っ人さんには泣かされてきたか。
(というよりは、チームが助っ人さんを生かせなかったかのほうが正しい?)

昨年のバイアーノ、ホドルフォ、アルヴァロ、
一昨年のジャイロ、フェリペ。等々・・・
言い出したら止まらない(笑)

いやむしろ、活躍した選手を数えたほうが早いですね。
活躍したといえば、
シジクレイ(1998)、レオナルド(2004~2009)、レアンドロ(2006)、ディエゴ
(2014~2016)ぐらいですか?

昇格に貢献してくれた「本当の意味での助っ人」は、2008年のレオナルドと2014年の
ディエゴだけでしょうか。

まさに、モンテの歴史は助っ人苦難の歴史(そういえば、キムクナンという助っ人さ
んもいましたっけ)。
新潟さんを何度うらやましく思ったことか!(笑)

ま、愚痴はこれぐらいにして、
これまで扱ったことのない貴賓客様ですから(ウチにしたら神戸にとってのイニエス
タ級?)、来たらどう接してよいのか。
ガクト様並みに、クラブハウスに金塗りの別室を設けるのはもちろん、
何かあったら困りますので、SPを付けて、練習後のファンサービスなどもってのほ
か。
怪我されては困りますから、練習も別メニューでなるべく試合には出さないで。

・・・それじゃ意味ねーだろー(ツッコミありがとうございます)

 

コメント

新しい助っ人はMF?~システムは3バックでいきそうか?

2020-01-21 11:01:54 | モンテディオ山形

昨日は、某国営放送でキャンプリポート。

石丸監督のインタビューもありました。

昨年の守備をベースに、課題は得点力という認識。
速いパス回しの練習に取り組んでいるとのこと。

3-5-2が基本なのかな。

ただ、攻撃的にというのはウチ位の選手層のチームの場合、なかなか両刃の剣的なと
ころがありますからね。

ウチは過去に、攻撃的にチームを作って大失敗しかしていませんから(汗)
2006年、2007年のカモメヘッド樋口監督の時と、
2012年、2013年のレジェンド奥野監督の時ですね。

中途半端に攻撃的なチームを作ると、
上位のチームには攻撃が通用せず、ボコボコにやられ、
下位のチームには、待ってましたとばかりにカウンターの餌食になるという、
絵にかいたような悲惨な運命が待っています。


徳島、水戸といった魅力的なパスをつなぐ攻撃的なチームが、最終的に自動昇格まで
届かなかったのは、その辺のリスクがあったからですよね。


唯一、我々の規模で成功しているのは、大分ぐらいでしょうか。
でも、あのサッカーで昇格まで行くためには、時間をかけて我慢して戦術を植え付け
る必要があります。
その我慢ができるのかどうか。

まぁ、本当にお手並み拝見というところですね。
結局、松本サッカーになったりして(笑)


それから、助っ人情報もありました。
ヨーロッパでプレーする、攻撃的な選手と交渉中とのこと。
FWとは言っていないので、中盤の選手でしょうか。

正直、中盤はげっぷが出るくらい選手がいますので、
ここに選手が来てもどうなのか。
背番号9が似合うストライカーに来てほしいんですけどね。


今朝の地元紙では、中村充と加藤をピックアップ。
中村は、いろんなトップステージで戦ってきた選手ですが、昇格を経験してみたいと
いうことなので、頼もしい存在ですね。
3-5-2のトリプルボランチなら本田と上手く絡めそうなので、とても期待が持てるよ
うな気がします。

加藤は、JFLからの苦労人気質で上昇志向が半端なさそうなので、神戸の藤本のよう
な成り上がりを期待したいですね。でも、ポジションWBしか空いてませんけどフィジ
カル大丈夫かな。昨年の柳のような覚醒を期待したいですね。

 

コメント

2019-20V2リーグ天童大会 対GSS東京 3-1 サーブと粘りで逆転勝利!

2020-01-19 16:03:23 | プレステージアランマーレ

今日もなんとか都合がついて会場に行けました。

今日の相手は、クセもの(笑)GSS。

スタートは、WS木村、浅川、C伊藤、柳沢、OP宮本、S投野。

昨日とは3人替えてきました。

しかし、第1セットはなかなかコンビが合わず、途中榎本、江川、田村に変えるも失いました。

第2セットは、スタートから3人戻して、なんとか調子を戻して取ります。

第3セットからはコンビが上手く回るようになって、取り切っていきます。

第4セットは、終盤大逆転を許すも、こちらも粘って6点差を再逆転。最後榎本が取りきって見事に勝利。

昨日の大野石油戦は、総合力で上回ったと思いますが、今日の試合は拮抗した内容で、結局ミスが勝敗を分ける形になりました。

榎本選手、今回の大会は顔見世というか慣らし運転のつもりだったと思いますが、藤原の怪我で急遽主力で戦いました。

本人もパニくったと思いますが(汗)、見事に乗り切って自信をつけたのではないでしょうか。

木村が体幹の回転軸で打つタイプなら、榎本は強靭な背筋力で打つタイプですね。

 

連勝でチームは上昇気流に乗った感じでしょうか。良い試合見せていただきました。

 

GSSといえば、小さな巨人鬼塚選手と大きな巨人張選手。並ぶと本当に漫画の世界みたいです。

 

第1セットのスタート。浅川が先発。

 

久々先発で見ました。攻守に頑張ってましたね。

 

守備陣形。

 

前線の3人。

 

宮本。素晴らしい攻撃があるのですが、調子に波があるのが課題でしょうか。

 

ピンチでタイムアウト。選手同士で話し合います。

 

途中、江川を投入。

 

木村は今日も通常運転。

 

榎本も入れて挽回をはかります。

 

北村はピンチサーブ。

 

榎本はもう主力級です。

 

第2セット。元に戻します。

 

GSSの得点源、吉里。V2リーグだと地力は別格かな。

 

なんだかんだで得点してしまう鬼塚・・・

 

榎本のスパイク。ブレました・・・いかにも背筋でねじ込むタイプですね。

 

榎本、慣れてくればV2では十分通用するでしょう。

 

3枚ブロック。

 

吉里、今日は調子の波があったか。こんな日もあるでしょう。

 

鬼塚、さすがです。頑張ってください。

 

コート上で集合写真。おめでとうございます。

コメント

2019-20V2リーグ天童大会 対大野石油 3-0 新人榎本がピンチを救う!

2020-01-18 17:37:43 | プレステージアランマーレ

雪のない天童大会って初めてかも。

運動公園は、屋外テニスコート使ってましたもん。本当に珍しい。

WS木村、藤原、センター伊藤、柳沢、OP江川でスタート。

新人の榎本も第1セットでデビューしました。

藤原が絶好調だったのですが、第2セット途中で捻挫?でやむなく退場。

そして急遽、新人の榎本が出場することに。

しかし、落ち着いて第3セットまで見事に代役をこなしてくれました。

宮本も、第3セット追い上げられたところで、投野とセットで交替。

最後、ブロックにアタックに大活躍で、逆転でこのセットを勝ち取って3-0で快勝しました。

藤原の怪我の具合が気になりますが、

選手の層が厚くなった印象を持ちました。

明日も頑張ってください。

 

それにしても、酒田大会でも感じたのですが、試合の進行役?もう少し丁寧に公式の仕事をこなしてほしいです。言い間違えとか聞きとりにくいおしゃべりとか、ホームゲームを盛り上げたい気持ちはわかりますが、まずは試合をきちんと進行して欲しいとまた感じてしまいました。

 

大野石油のコーチは、内田役子さん。パイオニアの伝説の優勝セッターです。元気そうで何より。写真撮れなかったのですがJAぎふの監督は椿本さん。あの初優勝のメンバーです。お帰りなさい。

 

本日のメンバー

 

 

秋田出身、菅原選手はメンバー外でしたね。

 

試合前の円陣。

 

第1セットのスタート。

 

絶好調だった藤原。怪我大丈夫かなぁ。

 

木村と伊藤と江川。

 

藤原は、完全にリーグにフィットしてしましたね。バックアタックもありました。

 

木村は今日も攻守に活躍。

 

第1セット、榎本が初出場。

 

落ち着いて1本決めてこのセットを先取。

 

第2セットのスタート。前のセットとポジションが違います。

 

そうそう、浜松時代にロックオンされてしまった山内。大野に移籍してキャプテンを努めてました。

 

木村の助走前。

 

急遽代役の榎本も落ち着いてましたね。さすがスーパールーキー。

 

ブロックも良かったですよ。

 

セット間。

 

内田コーチの熱心な指導。しかし、今日の大野は力負けだったかな・・・

 

榎本のブロック。

 

チャッチも頑張ります。

 

サーブも良かった(褒めすぎ?)

 

今日も笑顔が多いアランマーレ。

 

宮本は第3セットピンチの場面で起用。

 

宮本と伊藤のブロック。どんピシャリ。

 

まぁ、こんな日もあります。明日頑張りましょう山内キャプテン。

 

今日のMVPはルーキー榎本選手。頑張りました。

 

コメント

御前崎キャンプ3日目~今年は3-5-2?

2020-01-17 10:36:19 | モンテディオ山形

ところで、古い話ですが、

アルヴァロは松本で練習しているそうですね。
技術を評価する布監督らしい人選?
左足のパサーは貴重ですからね。
頑張れアル、ウチ以外で(お決まり)。

それから、アナリストで加入した今崎コーチ。
石丸さんが松本から連れてきたようですね。木山さんと一緒だ(笑)
24歳?凄い若いのでびっくり。生年月日2度見しましたわ。

あと、キックオフイベントの時、ミンソンジュンの通訳で李さん久しぶりに見ました
けど、
スタッフに入ってませんね。もしかして、ソンジュンに通訳なし?ボンちゃんと同じ
扱い?


地元紙では、
昨日は、11対11で実戦形式の練習もしたそうで。
「3バック」を考えているという指揮官のコメントも。

しかも、アンカーを置いての、3-5-2だとか。

アンカー。
本職の小松なのか、何でもできるホンタクさんなのか。

GK 櫛引
DF 熊本(小野寺)、栗山、野田(松本)
MF 渡邊(山田)、駿、本田(小松)、中村充、加藤(高山)
FW 大槻(潤哉、助っ人)、山岸(北川)

こんなことを考えているのでしょうか。

アンカー置いてのトリプルボランチといえば、2015年J1の時とか2016年も川西を使っ
てやってましたよね。

2トップについても、現状のFWはどちらかといえば2トップ型だと思うし(特に北
川)、
前の枚数は増えるから、攻撃的だと思いますが、
果たして守備がハマるのか、またアンカーの両脇は大丈夫か。
心配の種も尽きません(汗)

それから、地元紙には山岸が背番号と同じ「11」得点を目標にだそうで。
是非活躍してほしいし、彼ならできると思いますが、11番といえば、活躍し過ぎると
夏のウィンドウで持っていかれる可能性もあるからなぁ(トラウマ)。ほどほどに?
活躍してください(笑)

 

コメント

U23五輪予選 VSカタール 1-1 ~VARは敵か味方か

2020-01-16 15:40:24 | モンテディオ山形

モンテキャンプは3日目。

エルシオブートキャンプは今日も絶好調のようです。

逃げ出す選手が出てこないか、心配・・・

今日の地元紙には、中村駿太がピックアップ。
昨年は群馬でJ2昇格を経験するも、大怪我で出番は限定されました。
それでも本人は、修行先で自分のプレーを見つめなおす機会を得たようです。
是非、今年はピッチでそれを体現してほしいですね。

ところで、現在タイではサッカーの東京五輪予選が行われており、
開催国枠で既に出場権を得ている日本は、サウジ、シリアに連敗し予選敗退となりま
したが、昨日は最終戦、カタール戦を1-1で引き分け。
特に、前半一発退場となったプレー、後半同点とされたPKはVARにより判定され、
テレビで見ていた我々は、?????の連続となりました。
テレ朝解説の松木安太郎先生はほとんど半狂乱状態でしたし(笑)

スローで見てもわからないような判定をされてしまうと、
一体何を信じてよいのか不安になってしまいますね(汗)
VARとは、混乱させる魔法のツボではないかと。
(中東マネーと言わないところは冷静ですよね(笑))

ま、それはそれとして、
今大会の3バックは良くありませんでした。
後ろに重く、前に人が居ない良くない時のモンテのようでした(汗)

むしろ、一人退場になって4-4-1にしてからのほうが、選手の役割がはっきりして生
き生きとプレーしていたようにも見えました。

やはりシステムというのは生き物。
選手あってのものなんですかね。
成熟させるには時間が必要なのかな。
木山3バックも、3年かかりましたもんね。

石丸モンテは、どんな戦術で行くのでしょうか。

3バックのほうが、継続の選手が多いだけにハマり易いでしょうけど、
攻撃の方は、もっと連携を高めていかないと、結局昨年のような得点力不足で尻つぼ
みになるでしょう。

折角、即戦力で獲得した中村充、渡邊、加藤も戦術にハマらなければ、井出のように
飼い殺しになってしまう恐れもあります。

選手優先か、戦術優先かは難しい選択ですが、
新監督には、上手く融合して躍動するチームを作ってほしいですね。

選手優先ならば、4バックで、

GK 櫛引
DF 三鬼、熊本、栗山、高山
MF 渡邊、本田、中村駿、中村充
FW 大槻、山岸

戦術優先ならば、3バックで

GK 櫛引
DF 熊本、栗山、野田
MF 小野田、本田、中村駿、加藤
FW 渡邊、山岸、中村充

と妄想します(笑)

コメント

いよいよキャンプイン~チーム力の積み上げはなされるのか

2020-01-15 11:24:43 | モンテディオ山形

昨日から、御前崎キャンプが始まりました。

今日から早速2部連ですか?頑張ってください。

今年のチーム、
何といっても特徴は「昨年からの継続」ですね。

これまでは、監督の交代時期には、コーチ、選手がガラッと変わりました。
特に、コーチは監督の意向もあるでしょから、総入れ替えも当たり前のことだと思い
ます。
しかし、今年は、コーチ1人を除いては継続。

昨年からの「継続」というところにいかに力を入れたオフだったことがわかります。

特に評価したいのは、エルシオコーチでしょうか。
昨年彼の就任で、チームのフィジカルががらっと変わったような印象を持ちました。
特にベテラン本田は、体の切れが戻り、シーズン通して力を発揮してくれました。
なので、そこは継続でお願いしたいところでした。

しかし、問題は「継続」は、チーム力の「積み上げ」になっているか?というところ
ですね。
継続だけでは、昨年を超えることは出来ません。

これまでのモンテの歴史は、「リセット」の歴史でした。

1998年、JFLで3位となったチームは、
翌年、監督交代とともに下位に低迷。

2001年、監督交代で3位となったチームは、
翌年から下位を低迷。
2004年、また監督交代で4位となったものの、
翌年からは低迷。

特に、2001年最後まで昇格を争った大分、新潟、川崎といったチームは、その後確実
にチーム力をアップし、すぐにJ1へと旅立っていったのに比べ、
ウチは翌年2002年は下位を迷走する低迷ぶり。
「どうしてウチのチームは積み上げがないのかなぁ」と落胆したものです。

モンテの歴史で、チーム力が積み上がったと言えるのは、
コバさん時代の、2009、2010年のJ1時代の2年だけではないでしょうか。
(もっとも、それで赤字は膨らんでしまいましたが)

今年の、退団、加入の選手をみると、

GK 大友→ミンソンジュン
DF 古部→高山
  加賀→野田
  ホドルフォ→小野田
  坂井→小野寺
  柳→宮本
MF 山本→廣岡
  井出→中村充
  アルヴァロ→加藤
  秋山→小松
FW 坂元→渡邊
  バイアーノ→高橋

単純比較はできませんが、これを見る限り、
DF、MFは昨年よりも選手層が厚くなったように感じます。
しかし、加賀、柳、坂元、バイアーノの替わりとなると、ちょっと不安を感じますけ
どね(汗)

DFラインを統率できるベテラン、そして強度のある右サイド、
圧倒的な個の力を発揮できるFWあたりが、チーム力の積み上げには必要かもしれませ
ん。


やっぱり、助っ人さんの朗報待ちでしょうか(笑)

コメント

今日からキャンプイン~そうそう加賀さんは地元BB秋田加入

2020-01-14 11:08:39 | モンテディオ山形

一昨日のキックオフイベント。

自分の周辺でも、帰りがけ、もっと選手の声が聴きたいという声が。
確かに、選手の生の声を大勢のサポが聴けるなんてのは、
こういう機会でもないとありませんからね。

時間の関係とか、選手への負担も考えてということもあるんでしょうが、
せっかく2000人も集まるんですから、
例えば、選手入場の時、壇上に上がって一言もらうとか、
逆に、入場の時に一言もらってから進むとか。
何か工夫はありそうですけどね。

自分のように、選手の元気な姿を見れればいいというサポさんもいるでしょうけど、
ひな壇に、ただ座っているのももったいないなぁとは思います。

帰りに、リボンマグネット募金しましたが、選手と目を合わせて握手できたのは良
かったです。いい目してたなぁ選手たち。


ところで、背番号が発表されました。
変更のあったところでは、

背番号 予想   発表
2  →野田  →なし
5  →熊本  →野田
8  →半田  →小松
9  →渡邊  →なし
10  →山岸  →中村充
11  →中村充 →山岸
15  →加藤  →宮本
20  →高山  →加藤
23  →小野田 →熊本(継続)
24  →宮本  →高山
26  →小野寺 →◎
27  →小松  →なし
29  →廣岡  →◎
31  →ミン  →半田(継続)
32  →なし  →ミン
36  →なし  →小野田
40  →なし  →渡邊

小野寺と、廣岡当てましたよ~(笑)

背番号「2」と「9」は、助っ人枠だなぁと確信(笑)
「27」も空きましたが、坂元の番号を付けるのは荷が重すぎる?
半田、熊本は、一桁にするのかなあぁと思ってましたけどね。

更新の選手のほとんどが背番号変えていないのは、
昨年の継続を意識しているのでしょうかね。
この辺も、今までないことです。

そうそう、やはり報道でも、助っ人さんを探しているとのことでしたね。
戦術理解のためにも、早くチームに合流してほしいです。
某掲示板では、噂が飛び交ってますけど、どうなんでしょうか。

それから、加賀様が出身地の秋田に加入。
非常に素晴らしいことだと思います。
きちんと地元に還元してくれるなんて。

昨年はJ3行けなかったので、今年はチェックしたいと思います。

コメント

2020キックオフイベント

2020-01-12 16:04:40 | モンテディオ山形

選手の練習風景は暫く見れないと思い、

午前中、練習を見に行ってきました。

エルシオコーチの指導、ドグラスの叱咤の下、

選手は厳しいフィジカル練習をこなしておりました。

しかし、全く雪がないグランドでこの時期練習しているのは、珍しいですね。

 

午後は、キックオフイベント。

今年のスローガンは「前進」でした。シンプルで良いですね。

まっちゃん無き今、なかなかMCを出来る人材が不足しておりますが、

北川のボケと、渾身の潤哉と野田のイッコーの物まね、

楽しませてもらいました。

そして、今回のサプライズは、ヤマちゃんの結婚報告(笑)

昨年結婚したそうで、

これで独身ネタがふれなくなりました。

今年も、がんばって行きましょう。

今年のスローガンです。ヤナガタイチガンは継続ですね。

 

加賀の5番は、野田が引き継ぎました。

 

呪いの10番(汗)は、中村充孝が・・・大丈夫か?信じてますよ。

 

エースストライカーの11番は山の神が引き継ぎます。

 

期待の渡邊は、山岸の40番を受け継ぎました。やっぱり核となる選手だからなぁ。

 

中村駿太、髪伸びたね。

 

小松は堂々としてますね。

 

中村充孝からは、ビデオメッセージ。

 

半田、りりしくなったなぁ~

 

加藤。やる気満々の表情でした。

 

つや姫、雪若丸の俵。

 

新ユニも披露。

 

オレンジ、格好良かったです。

 

背番号はこんな感じ。

 

ここでサプライズ。田代有三様から応援メッセージ。最後は「行ぐべJ1!」で締めてくれました。

 

潤哉の「どんだけ~」

 

コメント