モンテとレッドウィングスの日々

モンテディオ山形、そしてパイオニアレッドウィングスをこよなく愛し続けています。

有田が鹿児島へレンタル。陸はU23フランス代表戦で奮闘

2024-07-18 10:17:32 | モンテディオ山形
今朝行われた、パリ五輪に向けたU23フランス代表との練習試合。
結果は1-1だったようですね(見てなくてすいません)
我らが半田陸は慣れない左SBで先発出場、途中右SBに変わってフル出場だったようです。
メダル候補のフランスに攻めまくられたようですが、良く粘った。
本戦もこんな感じでしょう。頑張れ陸!

昨日は、MLBオールスターがあって、
大谷さんがホームラン打っちゃいました。
期待されて本当に打つんですからね~凄いもんです。
これでオールスターで勝利投手とホームランの両方実現した初の選手になりました。
レジェンドだやっぱり。

そして、昨日は何と言ってもA代表佐野海舟の衝撃の逮捕のニュース。
海外移籍も決まりかけていたところでの驚きの事件となりました。

個人的にずっと思っているのですが、
プロサッカー選手って、半日練習で他はフリー。
簡単に言っちゃえば、自由な時間が結構あります。
独身であれば、一人で過ごす時間も多いわけで、
今の情報化社会で、いろんな情報に接してるだろうなと。
そういういろんな誘いがある中で、自分をどう管理していくか。
彼だってサッカーを離れれば23歳の若者です。
自分の事を思い起こせば、まだまだ人間的にペーペーで、
いろんな事にトライしてみたいし、羽目も外したい年齢でしょう。
本当に痛ましい事件だと思います。

同じことは、警官とか先生とか医者の事件にも思ってて、
職業には倫理観が求められますが、
仕事を離れれば、我々と同じ未熟な人間ですからね。

ありゃ、だいぶ話が外れてしまいました。

さて、
昨日FW有田の鹿児島へレンタル移籍が発表。
SNS界隈では噂になっていたのでやっぱりという感じです。
天皇杯札幌戦で見せたあの悔しがりがどうにも脳裏から離れず、
なんとか捲土重来してもらいたいと思ってたんですけどね。

岡山戦の同点ゴールを見れば、
彼はPA内で勝負する選手なんだなと思いました。
2トップでゴリゴリ仕掛けるチームで、
こぼれ球を押し込むみたいなシチュエーションがあっているのかもしれません(思い込み)

入団時の彼のコメント、そして練習後のコメントなどからも、
彼のモンテで成功したいという気持ちがヒシヒシと伝わってきてたので残念です。

モンテに合わないのか、モンテが合わせられないのか、
鶏と卵みたいな話ですが、
それはどこでも、誰でもあり得ることですからね。

コメントでは片道切符的な感じにも思えますが(思い込み)
鹿児島で本来の自分を取り戻せば、まだまだやり返すことは可能です。
頑張れ有田!

・・・ところで、夏の補強はまだあるんでしょうかね?
CB、左SB、トップ下、FW、言えばキリありませんが、
補強ポイントはまだまだありそうですが・・・(欲張り)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ホームいわき戦を振り返って。改めて守備に悩む年になりました

2024-07-16 11:12:55 | モンテディオ山形
J2は、今節をもって約3週間の中断期間に入りました(しかしなんでだ?)
それだけに、日曜日は勝って気分良く締めたかったところでしたけどね~

そんな悔しいいわき戦をメンバーから振り返ってみたいと思います。

GK後藤
DF岡本、西村、安部、吉田
MFゼイン、髙江、小西、坂本
FWレレ、國分
交替は、國分→優介、坂本→氣田、レレ→潤哉、ゼイン→横山、吉田→川井

予想通りレレを先発で使ってきました。
2年前と比較するのはまだ早い感じですが、
まだレレと周辺が噛み合ってないのはやむを得ないか。
國分ならなんとか合わせてくれると思いましたが、
やっぱり今のところレレには康太が必要か(汗)

絶好調の左SHには坂本を持ってきました。
しかし秋田戦のカウンターを考えると、氣田、坂本の順の方が相手はいやだったか。
それにしても氣田は今が一番キレがあるんじゃないでしょうかね。
潤哉へのアシストも素晴らしかったですが、
その後の切れ込んでのシュートも惜しかった。

ま、しかし、
やっぱり敗因は我慢しきれなかった守備だったでしょうか。
あれだけ攻め込まれるのも問題ですが(非常に)
潤哉がコメントしたように、負けないチームはそこで踏ん張るんだと思います。
1失点目はまさに守備疲れ、集中力が切れてしまった感がありました。

2失点目は、コニたんがよくコメントする、「足を投げ出しても防がなければならない」シーン。
シーズン当初からの「甘い」守備が出てしまいましたね。

ここ数試合、守備意識も改善してなんとかゼロで踏ん張ってきましたが、
強度のあるチームに対しては、まだまだということかと思います。

光明があったとすれば、左SBで投入されたアユでしょうか。
やっぱり攻守に安定感があるし、
攻撃では、インナーに入りながら起点になっていました。

残念ながら、レレが入って、
何かが劇的に変わった感じはありませんでした。
この中断期間で、マイナーチェンジしながら、
より戦闘能力のついたモンテを見せてもらいましょう。

まずは、リフレッシュ!
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

J2第24節 H対いわき 1−2 レレ祭りならずも、潤哉のゴールで一矢報いる

2024-07-15 11:17:00 | モンテディオ山形
中央広場に消防車が来ていたので、
お、今日は働く車の日か🚒と思っていたのですが、
リアルで出店の火災でしたね💦
お怪我された方もいらしたとか、お早い回復をお祈りいたします。

レレの復帰戦で、今日は派手に勝って勝利の花火でも見ようと思っていましたが、
レレは不発、そしてこの日は花火の日でもありませんでした(汗)

秋田戦で坂本が言っていたように、
ゼロで押さえていれば、何かが起こると思っていましたが、
前半に失点してしまい、後半も追加点で、チームは沈黙。
そんな中、レレに代わって投入の潤哉が最後一矢報いるゴール!
氣田のクロスも良かったですね。

ここ数戦、粘りを見せていた守備陣ですが、
相手の攻撃の圧にバタバタ。
こう何度もCK、ロングスロー攻撃を受けていれば、
集中力も切れるでしょうよ。

さすがの岡本をしても、防ぎきれませんでした。
彼自身はほぼ制圧してましたけどね。

ま、ベストメンバーでの戦いですからね。
ここが現在地と認識して、
また応援頑張りましょう。


数日前には、晴れ模様に変わった天気でしたが、やっぱり雨模様でした。
ま、ひどくならないで良かったですね。


さぁ、レレの発進。


この日は、大和証券プレゼンツマッチ。支店長、熱いコメントありがとうございました。


前半の円陣。


さぁ、ここからレレで反転攻勢。


いよいよレレ祭りの始まりです。


と、思いましたが、ちょっとまだレレは試合慣れしてなかったようで💦


安部も気合い入ってたんですが、ちょっと空回りだったか。監督も憮然の表情。


レレは、メイン前で頭からユニ被っちゃいました。まだまだこれからですよ。


おかずくん、これにめげずに次もよろしくお願いします。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明後日はホームいわき戦。レレ祭り!そして氣田か坂本か、それが問題だ

2024-07-12 09:58:57 | モンテディオ山形
東北に居座った梅雨前線は南下したようで。
結構農作物に影響が出そうな長雨でしたね。
スイカあたり大丈夫かな?(大好きなもんで)

youtubeでテセさんが元A代表の田中順也とクロストーク。
山形での臨時コーチについても触れてくれてますね。
彼のFW論と言うかクロス論はなかなか面白いですね。
トークの中で「クロスはGKに向かって蹴れ」
だからか、ゼインがとりあえずアーリー上げるのは(こら)

さて、明後日日曜日はホーム3連戦の3つ目いわき戦です。
天気は雨から晴れに変わりました。
良かったですね(むしろ暑さが心配?)

気になるメンバーですが、

GK後藤
DF岡本、西村、安部、吉田
MFゼイン、髙江、小西、坂本
FWレレ、國分
サブ:藤嶋、川井、松本、横山、優介、氣田、潤哉

と予想しました。
天皇杯も敗退が決まったことで、改めてリーグ戦に専念できることとなりましたね(強がり)

まずは、いよいよ昇格に向けてモンテ最後の「切り札」レレが出動!

それだけでテンションが上がりますね(あ~祭りだ、祭りだ(サブちゃん風に))
まずは様子見でサブからという見方もあるでしょうけど、
もはや、得点不足に四の五の言ってられない状況ですから、
レレを頭から出すことに異論はありますまい。

トップ下は、レレと北九州で気心の知れてる國分でしょうか。
ごっつも復活してきたので心強いですね(狩野も調子良いので悩みましたが)

一番の悩みは左SHで、2戦連発の絶好調氣田か、休養充分のもっちゃんか。
氣田連戦だし、坂本で行きそうな気がしますけどね。

相手いわきは、主力の移籍が相次いで少しバタバタ気味?
そういうところにつけこめるような、したたかさが我が軍にあれば逞しいんですけどね。

まさかの(というかやっぱり)大量失点を喫した札幌戦。
ターンオーバーとは言え監督も苦々しい表情でした(コメントも)
せっかく安定してきた守備陣に水を差す(というかひっくり返す)ことになりましたからね。
逆に言えば、
これで、レギュラー守備陣も気が引き締まったんじゃないでしょうか。
気を抜けば、俺たちも同じ目に遭うぞと(縁起でもないけど)

今、一番ゴールの匂いがするのは左SHの2人。
たぶん、いわき戦でも可能性が高いプレーをしてくれるでしょう。
そこが最終目的として、そこまで3トップ、2ボランチがどんな引き出しを出してくれるか。
レレのゴールは見たいですが、
結果勝てればいいんですから、デコイ(おとり)になってくれてもいいんです。

ラストピース「レレ」の登場で、今年のモンテは完成。
少し(かなり?)時間がかかりましたけどね、これも産みの苦しみ(だったとなるか)

綺麗な花火で祝砲といきたいですね🎆
コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天皇杯札幌戦を振り返って。これをリーグ戦に活かさない手はない

2024-07-11 11:12:03 | モンテディオ山形
7月は不安定な天気になることが多いのは分かってますが、
ここ数日の雨の降り方は、少しどんよりした気分になりますね。
先週あたりの雨が欲しい~はどこいった(笑)

雨の中の激戦となった昨日の試合。
いろいろ思うところはありますが、
悔しい敗戦となりました。
メンバーから振り返ってみたいと思います。

GK藤嶋
DF川井、菊地、キリヤ、山田
MF横山、松本、南、氣田
FW優介、狩野
交替は、優介→有田、横山→杉山、有田→加藤、氣田→坂本、松本→阿部

自慢じゃないですけど(自慢する気だな)
予想フォーメーション、ごっつ以外ぴったしカンカンでした(自慢してるし、ネタが古い)
ていうか、ごっつ出れたのかよ、しかもFWかよ。

予想が当たったという事は、主力温存でリーグ戦専念という事ですね。
監督の意図は鮮明となりました。

しかし、相手の札幌もターンオーバーで(そりゃ残留争い中ですからなぁ)
お互い、ターンオーバー対決となった試合。
これならもしかしたら、ワンチャン勝つチャンスあるのかな?
と試合前思っちゃいましたが、
蓋を開けてみれば、
技術の差は歴然で、そんな中GKからボールを繋ぐことに固執する我がチームは、
相手の格好の餌となっていきます(汗)

中盤を制圧されながら、ピッチを広く使われ、パススピードについていけない我が守備陣。
早々にバイタルでファールを与え、見事なFKを決められ失点。

トップチームのように、守備で凌いでいけば後半何とかなるかも、は早々に崩れていきました。

しかし、昨日は雨という条件が相手にも微妙に狂いを生じさせます。
中盤でのパスミスから、ショートカウンターが出るようになった我が軍。
そんな中、相手バイタル中央でボールを受けた狩野が右足を振りぬくと、
見事なシュートをゴール左に突き刺し同点。狩野はJ初ゴールとなりました。
(狩野は記念にボールをもらったのだろうか(野球じゃない))

その後、逆転されるも、徐々に相手バイタルで攻撃できるようになると、
PA内でのパス交換から、ごっつが豪快に決めてまた同点!
これは、もしかしてホームの利で勝っちゃうパターン?
と、少し希望の光が差してきた前半終了間際、
またあっさり失点して、2-3で前半を折り返します。

後半、有田を入れて同点を狙うモンテですが、
なかなか打開の糸口を見いだせず、
そんな中、我が守備陣をあざ笑うかのように続けざまに失点をしてとうとう2-5に。
ううう、大勢は決まってしまったか・・・
しかし、そこで氣田の飛び出しから見事な(!)ゴールが決まって3-5に。

んん?2点差?これはこの雨ならば何かあるか?と思われた64分。
ここで、ベンチから呼ばれた千尋。
てっきり狩野との交替と思いましたが、替えられたのは有田。
・・・怪我?とその時は思ったんですけどね。

そして、入った千尋からゴールが生まれて1点差かと沸き立ったんですが、判定はオフサイド。
この試合一番盛り上がったシーンでしたけどね。

最後、カナトを投入。奮戦するも終了となりました。

3点だけ。
まずは、チーム戦術について。
相手がピッチを広く使う戦術のため、スペースがあって攻撃はハマりやすかったと思います。
最初は、相手の個の強度に押され気味でしたが、慣れてきてからは、
デュエルで勝てば、前進できることも分かって多くのゴールシーンも生まれました。
特に狩野は、途中からは対人にも慣れて相手に囲まれても個で打開出来ていたし、
本人もゲームの中での成長を感じたはず。これは大きな収穫となったと思います。

しかし、粘り強く凌ぐはずだった守備は、
出し手への寄せ、体を投げ出す守備といった基本的なところで後手を踏んで、
いいようにシュートを打たれまくりました。
相手の精度があればあと2~3点失点してもおかしくなかったと思います。
トップチームはかなり改善されてきたので、層の薄さを感じさせられる結果でした。

次に有田。
試合後のSNSあたりをみると、交替はどうやら怪我ではなかったよう。
監督のコメントからも、個人名はありませんが勝ちに行く中での役割を果たしていない、
という風な言葉もありましたので、後半の連続失点あたりでプレーに納得できなかったんだと思います。
本人も悩んでいるんだと思いますが、
FWとしての怖さを感じない、というところで、もう一度開き直ってほしいなと。
相手に恐怖を与えてナンボですからねFWは。

最後にカナト。
3月のルヴァンの時とは見違えるような逞しさを感じました。
まだ荒っぽさはありますが、有田と違って相手嫌がるだろうなというプレーもありました。
あの身長でゴリゴリこられると、やっぱり嫌ですよね。
このまま進化してほしいと思います。

監督は、6失点に怒り心頭でしたけど(立場上そう言うだろうけど)
応援してる方は、雨の中3ゴール見れて、まぁまぁ良かったですよ(笑)
コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天皇杯3回戦 対札幌 3−6 狩野、優介、氣田のゴールも大量失点に沈む

2024-07-10 22:39:00 | モンテディオ山形
雨も途中凄かったですが、
両チーム派手な撃ち合いを繰り広げてくれました。

同じ負けにしても、0−3と3−6では意味が違います。
札幌のゴールも素晴らしかったですが、
うちの3ゴールも全て素晴らしかったです。
狩野、優介、そして氣田の2戦連発。

負けたけれども、雨に濡れたけれども、
清々しく帰ることができました。

カナトのNDデビューもしっかり目にや着付けたし。
福島の皆さ〜ん、やっと福島の至宝がNDデビューしましたよ〜

心配なのは有田。
後半投入も、数分後に交替。
試合後は、顔を覆ってベンチから動けず、挨拶回りもしませんでした。
最後、ようやくスタッフから促されてグランドを後に。
頑張れ有田!


梅雨ですからねぇ〜、雨は覚悟してましたけど、結構降られました。


平日夜、札幌サポさんあっぱれです。


風はそれほどでも、でも雨は試合開始から止みませんでした。


狩野、堂々の先発です。動きも良くなってきたね。ゴールも決めたし。


トラジくんはサブ入り。残念ながら出番なし。


そして、俺たちのカナトがサブ入り。最後初めてNDスタのピッチに立ちました。おめでとう。


今日のメンバー。


ゴール裏。雨にも負けず結構入りました。リーグ戦調子良いですからね。


前半の円陣。


ゴールの場面は雨で写真撮れませんでしたが、カナトの登場はしっかり撮りました。おめでとう。


派手な撃ち合いは、残念ながら力負け。でも頑張りました。


攻撃は勢いがあったと思います。これをリーグ戦に繋げましょう。


途中投入、途中交替の有田は試合終了後もベンチから立ち上がれず。
頑張れ有田。これも成長の糧に。


コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明日は天皇杯3回戦札幌戦。2兎追うべきか、そこが問題だ

2024-07-09 13:32:41 | モンテディオ山形
昨日から降っては止みの雨ですが、
今日も最上地方は結構なことになっているようで、
山形新幹線も運転見合わせしちゃってます。
どうか、被害が出ないよう願うばかりです。

夏のウィンドーが開いて、結構な動きが出てきました。
徳島退団した西谷は金沢、千葉の熊谷アンドリューも金沢。
ツエーゲンさん攻めてますなぁ。
ウチはどうなるんでしょうか。
レレ以外今のところ動きはないようですが、
けが人が出ているGK、CB、控えがいない左SBあたりは必要な気がしないでもないのですが。
CFは佳希がどうなってるかにもよりますね。

さて、明日は3連戦の2戦目、天皇杯3回戦札幌戦です。
天気は雨が強そうな予報ですがどうなのかなぁ。

現在リーグ戦11位の我がモンテ。
本音を言えば、昇格は無理と分かっていれば、
天皇杯に主力を振り向ける選択肢もあるんでしょうけど、
微妙に(!)POの可能性は残ってますからね(汗)
「2兎追うものは・・・」と言いますから、どっちつかずだけは勘弁でしょうか。

ということで、
次の中3日のリーグ戦を考えると、なかなか難しい選考になりそうです。

その気になるメンバーですが、

GK藤嶋
DF川井、菊地、キリヤ、山田
MF横山、南、松本、氣田
FW堀金、狩野
サブ:上林、千葉、小西、杉山、加藤、坂本、有田

と予想しました。
CBは若い2人に託します(ドキドキ)
ボランチは、ナギと南。
1トップは堀金、トップ下は狩野にしました。

サブ組ですが、
杉山が怪我だとすれば、ゼインでしょうかね。
相馬は怪我?練習でも顔を見ませんね。CBのサブはトラジくんで大丈夫かな?
ごっつあたりも入れたいところですが、練習してるけれども、どうなんでしょうかね?
カナトあたりは使えるメドは立たないのかなぁ?

相手は、J1で現在最下位の札幌。
今年はけが人続出で、非常に厳しい戦いを強いられているようですが、
とはいえ、サブ主体でかなうような相手ではないでしょう。

3トップが、今季一番くらいの働きをしないと、
まともな試合にはならないと思います(氣田頼んだぞ)

一方、これからリーグ戦終盤戦に向かうには、
選手の厚みが必要だし、
菊地、ナギ、狩野、堀金、有田あたりには、
戦力としてのメドがたつようなプレーを期待したいです。

2018年、モンテは柏、FC東京、川崎というJ1勢を次々撃破してベスト4進出。
準決勝はダービーで当時渡邉監督の仙台に敗れました(12月で寒かった・・・)
その時も、サブ主体で勝ち上がっていきましたね。
今年も、そんな活躍を期待したいと思います。
コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ホーム栃木戦を振り返って。失点しなければ負けない

2024-07-08 11:09:53 | モンテディオ山形
未明からの雨は結構な強さでした。
県内でも大雨になっているところがあるようですね。
梅雨は6月に始まりますが、
被害級の雨になるのは7月に入ってから。
特に近年は、線状降水帯などゲリラ豪雨が増えていますから、
本当に注意ですね。

さて、
後半投入組の南からのセクスィ~パスを、見事にボレーで仕留めた亮真。
たまらない劇的な決勝点で連勝を飾った栃木戦。

メンバーから振り返ってみましょう。

GK後藤
DF岡本、西村、安部、吉田
MFゼイン、髙江、小西、坂本
FW潤哉、國分
交替は、潤哉→堀金、ゼイン→横山、坂本→氣田、國分→南、小西→川井

左SHに、前節2ゴールの坂本を先発させてきました。
結果を出した選手を使う。非常にわかりやすい選考です。

ダブルボランチも安定しているので、南をトップ下で後半投入。
これもわかりやすかったですね。

そして、決勝点はその南から同じく後半投入の氣田というね。
もう、ストーリーが秀逸すぎて泣きます。

しかし、このゴールには隠れたMVPがおりました。
そう、これも後半投入の堀金くんです。

決勝点の場面、塁からレオにパスが出た時点で、前線では南、堀金、氣田がカウンターで走り出します。

この時点で、相手DFはパスコースを3つ警戒しながらの後ろ向きランニング。
いちばん警戒していたのは真ん中の堀金、次が左の氣田。
しかし、パスは右の南に出されます。

相手DFはあわててスライド。
そこで猛然とニアにダイアゴナルに走り込んだ堀金にCBが引きつられて、氣田がドフリーに。
パスを受けた南が顔を上げた時点で、勝負は決まった感じです。

堀金は、セオリー通りにニアに走り込んだだけだと思いますが(汗)
そのスピードと迫力に、相手は全力でカバーに行かざるを得ませんでした。
堀金にあっぱれですね。

また、南からのラストパスも浮き球で、決して簡単なボールではなかったと思いますが、
氣田は小刻みにステップを踏んで絶妙にタイミングを合わせます。
高度な氣田の技術が発揮された場面でもあります。

もうこの場面を振り返るだけでもお腹いっぱいですが(笑)

実は、チャンスは他にもたくさんありました。
前半早々のゼインのゴールはオフサイド(映像を見返すとオン・・・)
坂本、國分にも惜しいシュートがあったし、
テセ臨時コーチ仕込みのアーリークロスがバンバン入って、
TJが一つでも決めてくれれば、3-0くらいの試合だったかもしれません。

しかし、今のチームの攻撃のクオリティはこれが精一杯で、
守備陣の頑張りがあってこその勝利だと思います。
その中でも、おかずくんの守備はもうJ2レベルをはるかに超えたプレー。
なんですか、あの落ち着き(笑)

モンテ攻撃サッカーは道半ばですが、
今の最終ラインが元気なうちは上昇していけるでしょう。
だって、失点しなければ勝ち点はもらえるのですから。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

J2第23節 H対栃木 1−0 氣田のゴールで消耗戦を制す!

2024-07-06 23:10:00 | モンテディオ山形
いやぁ、何が驚いたかといえば、
ブッチギリ隊長のダンスがキレキレだったこと(当たり前)
じゃなくて、
試合後ブルイズの後、隊長が障害競走の水濠に落ちたことです(それ?)
大丈夫だったんでしょうか?若いとはいえ、心配です。
あれ、危ないですよね。夜だから尚更見えにくかったかもですね。

ま、それはそれとして。
難敵コバ栃木に苦労しながらも勝ちました。
しかも、亮真のゴールで。アシストは南。

町田は、前半0−0ならば、絶対勝てると選手を鼓舞するそうですが、
ウチは、前半0−0だと、後半やられそうで怖いんですけど(汗)

それを亮真が払拭してくれました。
守りった守備陣も素晴らしかった。
岡本は、もう来年個人昇格でしょうなぁ、くらいの出来です。

とにかく、久しぶりの連勝。
最高です。


今日のボールパーソンは城北高校女子。シュート練習怖かっただろうなぁ。


栃木は試合前に、アウェーゴール裏に礼をして練習始めます。素晴らしいですね。


今日は、ワイムガールズデー。


今日から、ナイトゲームに突入。


曇りで、まぁまぁの観戦日和でした。


栃木サポさん、多かったですね。


前半の円陣。


コバさん、試合開始にベンチからちょこっと顔を出して、こちらに挨拶してました。


相変わらずの、甲高い声で指示を出しまくるコバさん。


ハーフタイムのダンスタイム。
ブッチギリ隊長、さすがのパフォーマンスです。


ハーフタイムの初花火。いよいよ季節ですなぁ。


後半、待ちに待ったゴール!南のセクスィ〜パスを、亮真が決めてくれました。


亮真もゴール裏で爆発してましたね。


試合はモンテの勝利。栃木ベンチから長島コーチも顔を出してくれました。師弟コンビです。


ガールズデーのユニ。映えますなぁ。


リーグ戦は4月以来の勝利だそうで。ブルイズも楽しそう。


おっと、ブッチギリ隊長も一緒に踊ってたんですね。
しかし、この後悪夢が・・・


こんなところに、水濠置くんじゃない。早く専スタを作れ(暴論)


ヒーローコンビが揃って記念撮影。


「ブッチギリ隊長さん、大丈夫っすか?」(スタッフ)


氣田と並んで歩くブッチギリ隊長。大丈夫そうでよかった。


氣田のインタビュー。


南のインタビュー。次もお願いします。





コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明後日は栃木戦。ここで足固めが出来るか、試金石となる試合

2024-07-04 10:58:03 | モンテディオ山形
まずは、陸、サッカーパリ五輪メンバーおめでとう!
誠二も滑り込んだ、モンテのPOみたいに(笑)

陸は、モンテアカデミー出身の初のオリンピック選手になりました。
ユースの励みにもなりますし(今調子悪いけど)、
これから次の陸が出てくることも楽しみですね(U-16の佐藤くん頑張れ)

今朝の地元紙では、堀金くんにインタビュー。
モンテサポの応援の熱量に入団を決めたとか(笑)
北九州出身で、レレは北九州時代よく見ていたそうで、あこがれの選手とのこと。
来年と言わず、今年から本領を発揮してほしいところです。
水戸戦、秋田戦見ましたけど、いかにも1トップが似合う選手ですよね(笑)

さて、
明後日はホーム栃木戦です。
気になるメンバーですが、

GK後藤
DF岡本、西村、安部、吉田
MFゼイン、髙江、小西、氣田
FW潤哉、國分
サブは、藤嶋、川井、南、松本、杉山、坂本、堀金

と予想しました。
南は出場停止明けですが、
レオは好調で、前節の良い流れを継続するためにも、ボランチはそのままだと思います。
南にはこの際外から試合も見てほしいですしね。

堀金くんはいるのかな?いればサブ入りだと思います。

前節最後3バックにしたので、また試すかもですね。
オプションの一つになれば、かなりメリットも大きそうですし。
サブのアユのところは、菊地かも知れませんね。

國分は今絶好調ですが、シーズンフル稼働は難しい選手ですので(汗)
そろそろごっつ復活してくれないかな。
でなければ、南をトップ下でも良いと思います、元々FWなんですから。

秋田戦の勝利は、
モンテサッカーの勝利というよりは、
J2で戦う上での覚悟の勝利だったと思います(今頃?)
もちろんベクトルを自分たちに向けてトライ&エラーすることも大事ですが、
それだけで勝ち点がもらえるわけではありません。
勝負事は相手に勝ってなんぼですからね。

この試合から、ナイトゲームとなります。
花火も上がるそうで。
モンテも、ゴールの花火を打ち上げて勝利といきましょう(何発でも良い)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする