むぎわら日記

日記兼用ブログです。
日々の生活(主に遊び)、スナップ写真などを載せております。

ビルマの竪琴(竹山道雄)新潮文庫

2009年05月31日 | 読書

終戦間もないころに書かれた戦争文学。
著者の竹山道雄氏は、東大教授として、数多くの著作を残しているが、小説の形式をとっているのは「ビルマの竪琴」のみである。
それだけに、感慨深い1冊である。

ビルマ人の生き方。日本人の生き方。人の幸せとは何か。大いに考えさせられる一冊である。
学者らしく、考え方が偏ることなく、客観的に綴られていて、すがすがしい印象を与えられた。
コメント

オリンパスμ TOUGH-6000

2009年05月30日 | プラモデル

デジカメ買いました。
オリンパスμ TOUGH-6000 です。

アウトドアで使うことが多いので、名前のとおり、タフなボディーが気に入りました。

試し撮りでも、いままで使っていたカメラよりよれますので、1/35のフィギュアの表情まで取れます。
コメント

デジカメ下見

2009年05月29日 | 日々の生活

下見と言うより買いに行ったのだけど、買わなかったので、結局、下見になった。

プラモデルを撮るには、やっぱり接写機能がよいものがいいだろう。
「さんぽ道」では、山に持っていったりするので、丈夫で軽いものが良い。
汗をかいたり、雨に濡れたりすることもあるので防水加工ならなおよい。
しかも、あかねは飲み会に持って行きたがってるし・・・・
鳥や獣を撮るには、ズーム機能が充実していてほしい。
価格は安い方がいい。

そういうカメラはなかなか無くて、どこかを妥協したいのだが、目移りしてしまってなかなか選べない。

とりあえず接写5センチ以内。ズーム4倍以上、値段4万円以下。丈夫そうなヤツを捜している。
コメント

なんと・・・

2009年05月27日 | 日々の生活

出ないと思っていた二十日大根の芽がちょぼちょぼと出始めた。
そうとう、休眠が深かったのだろう。
双葉に奇形があるものもあるが、ゴマのように小さな種でも生命力がけっこうあるなあ。
食べられるまで育ってくれるだろうか?
コメント

ドアの向こうに怪しい男が・・・

2009年05月26日 | あかねちゃん

インターフォンが鳴ったので画面を見ると、ドアの向こうには、ビニール袋を持った怪しい男が立っていました。
あかねちゃんは、生協かなにかのおしうりだと思ったので、居留守をつかって無視しました。
男は、留守だと思ったらしく帰っていきました。

あとで、カードが残されていることに気が付いたのですが・・・・

なんと、その男は、タウンページを持ってきてくれたNTTのおにいさんだったのです!
コメント

デジカメ壊れてしまった。

2009年05月25日 | 日々の生活

やっぱり、壊れてしまっている。
買ってからちょうど7年使い切ったと言う感じです。
よく働いてくれました。

糸魚川へ行った年には、いろいろな買い物をしたので、最近よくモノが壊れます。
携帯電話→6年目で壊れて修理→現役
パソコン→5年目でモニターがダメに→モニターのみ買い換え→現役
自家用車→5年目でカーステレオが壊れ修理→7年目でマフラーが錆びて落ちて修理→現役
ビデオデッキ→5年目でDVDが再生不能修理せず→半現役
テレビ→ちょっと画面が乱れることがある→セカンドポジションで現役

デジカメはさすがに買い換えないといけないだろうけど、みんな、まだ頑張ってくれ!
コメント

菩提寺山/高立山

2009年05月24日 | アウトドア

菩提寺山と高立山に登って来ました。
雨が降りそうな曇天でしたが、涼しくて楽々登れました。
菩提寺は、よく整備されていて人もたくさんいましたが、
高立山は、人がいなくて静かでよかったと思いました。
あとでレポートを書きます。

途中でデジカメがおかしくなって、もう買い換えなければとあせりましたが、家について弄っていたら治りました。
ちょっと、様子見かな。
コメント

発芽

2009年05月23日 | 日々の生活

プランターに播いた小松菜の芽が出そろってきました。
さすがに4、5年前に買った二十日ダイコンの出芽はゼロです。
そのあとにコネギの種をまいてみました。これも古い種なのでダメかも。
だめだったら、小松菜をまた播いておくと段播きになってちょうど良いでしょう。
コメント

マネーの拳

2009年05月22日 | 漫画

ビックコミックスペリオールで連載中のマネーの拳が次週で最終回のような展開だ。
三田紀房の連載中の漫画では、「銀のアンカー」と「エンゼルバンク」は説教臭くてだれるけど、「マネーの拳」は、スピリットが生きていておもしろいのだが、終わってしまうのはもったいない。
コメント

定額給付金

2009年05月21日 | 日々の生活

おそまきながら、定額給付金の申請書をだしました。
給料等が大幅に減っているため、その穴埋めにしても焼け石に水ですなぁ。
少なくともサラリーマンには、意味なしです。
こんなことに税金を使うのは、経営者として無能であると言わざるを得ません。
コメント