むぎわら日記

日記兼用ブログです。
野山や街かどで見つけたもの、読書記録、模型のことなどを載せております。

『襲来(上)(下)』帚木蓬生(講談社文庫)

2024年07月15日 | 読書
ユーラシア大陸をほぼ手中に収めたモンゴル帝国の元が日本に攻めてきた元寇。
蒙古襲来を題材にはしていますが、視点がユニークなため、その場にいたような緊迫感を味わえる構成になっています。
主人公は、千葉の片隅に住む孤児の漁師、見助です。
見助は、自分を拾い育ててくれた爺さんの葬式で、のちの日蓮上人となる僧に出会い心酔し付き人になります。日蓮は、念仏宗と対立し、このまま、念仏がはびこると国は内外から崩壊の危機を迎えるので、幕府は法華経に改宗すべきだと説きます。日蓮に対する幕府と念仏宗の迫害がひどくなり、草庵が焼き討ちされたとき、見助の機転で日蓮を脱出させて救うことができました。
見助は、かなを覚え、日蓮の信頼を得ることとなり、対馬へ行き、日蓮の眼耳となり外敵の来襲をしらせてほしいと命を受けます。
単身対馬へ渡る見助は、そこで13年の時を過ごしながら日蓮と文通をしています。ついに元の船団が対馬へ襲来して、親しくしていた人たちが皆殺しに会い、心を寄せていた女性も左手に穴を開けられ縄を通され連れ去られてしまいます。
見助は、ひとり山の中に用意していた隠れ家で、その一部始終を目撃するのでした。
その後、九州へもどり、防備の石築地の管理を手伝うことになります。
そして、再び、元がやってくる気配が濃厚になってくると再び対馬へもどり、狼煙台の番人となり、元寇へ備えるのでした。
このように主人公は、元寇の初めから終わりまで見る位置に置かれていて、見ていないところは、周りの人々から聞かされる立場にあり、それをまとめて日蓮に報告書を書く役目があるので、読者は、その場にいるように追体験ができる構成になっているのです。
主題は元寇でも日蓮宗のはじまりでもなく、見助の愚直なまでの師弟愛なのですが、それは読んでいただけると胸にせまるものがあります。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヒメクロホシフタオ

2024年07月14日 | 小さな自然
変わった形の羽をもつ蛾です。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

角田山(浦浜コース)2024梅雨

2024年07月13日 | アウトドア
梅雨の合間の晴れ間を見て登りました。昨日から山の上だけ雨が降ったらしく雨上がり状態でジメジメしています。無風で湿度は、おそらく90%前後。気温は26、7℃くらいなのですが、蒸し暑く、汗だくになりました。
浦浜コースは8月にキツネノカミソリの花を目当てに登ることが多いので、7月には登ったことがありませんでした。
キツネノカミソリのつぼみが出てくるところなど見られたらラッキーと思っていましたが、まだ早かったようです。
隣の峰も欝蒼としています。
夏の森になってきています。
クルマユリがきれいに咲いていました。ばて気味でしたが、テンションが上がります。
観音堂からの新潟平野は、湿度が高いため霞んでよくみえません。
田んぼの様子。コシヒカリの幼穂形成期ころになります。
薄い色の田んぼがコシヒカリ、濃い色の田んぼが早生品種でしょう。

ヤマユリはつぼみ。クガイソウが咲初め。トラノオ、ウツボグサは終盤。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

卒論が間に合わない!

2024年07月12日 | 日々の生活
卒業が間近なのに、卒論の準備をまったく行っておらず焦っている夢を見ました。
定年退職したばかりなのにね。
仕事でやった試験研究を卒論に転用できるかな? レベルが違いすぎて、それは無理だろう! とか考えてました。
時系列がバラバラでおもしろい。
まだまだ、発展途上人で、成長の余地があるということだと解釈しました。
第二の人生の出発地点だということです。
まだ、歩き出している実感がわかないので、あせっているのですね。
とにかく、歩き出そう。
最初の一歩を踏み出そう。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『書く瞑想』古川 武士(ダイヤモンド社)

2024年07月11日 | 読書
1日15分、ノートに書き出すことで、生活を改善し良い習慣を会得できる方法が書いてある本。
この手の本はたくさんありますが、いままで読んだ中で一番敷居が低そうです。
このくらいまで、気楽にさせてくれると、なんとなくできそうな気がします。
というのも、退職してから、時間の使い方がいまいちスッキリしていない実感があり、よい習慣を身に付けたいなと考えていたからです。もっとも退職前から、習慣化が大切だとわかっていたのですが、分かっていることとやれることはまったく別物。
この本に書いてあることは、全部、分かっていることだけなのですが、やれそうと思わせてくれるところが良いですね。

挑戦してみたくなる良い本です。
実践できるかどうかは、明日からの課題になります。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大名倒産

2024年07月10日 | DVD/映画
Amazon Prime Videoで観ました。
ふるさとの新潟県村上市の村上藩がモデルということでしたので、興味があったのです。
確かにディテールの甘さはあるものの村上らしさが出ていて癒されました。
村上市には、生まれてから高校生までと、大学を卒業してからは約12年、合計30年間暮らしていましたが、これほど財政がひっ迫していたという話を聞いたことがありませんでした。
話の内容は、米沢藩の上杉鷹山が行った行政改革・財政改革に近いものだと思います。
それを、わかりやすい特産品がある村上藩をモデルに描いています。また、重い内容をコミカルに描くためには、架空の藩の方がよかったのでしょうね。
塩引き鮭が、尾を上につるし、腹の真ん中をつなげたままなところは、しっかり調べてあったのでポイントが高かったです。
塩引き鮭は、越後に吹くシベリアおろしに干すことでタンパク質がアミノ酸に変わり極めて美味です。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自転車の変速機

2024年07月09日 | 日々の生活
小学6~高校3年生までサイクリング車に乗っていました。そのときは、変速機を使わず、登りだろうが下りだろうが、最も重いギアに入れっぱなしで乗っていました。そのため、チェーンが伸びて何回も詰めてもたったし、ペダルを踏み折ってしまったこともありました。
変速機はいらないもとと思っていて、その後は変速機なしの自転車に乗っていました。
そして、この春に購入したクロスバイクは変速機付きです。
還暦をすぎて、高校生のころより確実に体力が低下しているので、一番重いギアで漕ぐのは無理というものです。
しかも、上り坂になるとギアを軽くしないと苦しい。また、平地だと重くしないと加速しない(笑)。
60年生きて、やっと変速機のありがたさを知りました。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024春アニメ

2024年07月08日 | 漫画
退職して自由時間が増えたので、たくさん見るかなと思ったけど、最後まで見たのは3本だけと、普通とあまり変わりありませんでした。

「鬼滅の刃 柱稽古編」
刀鍛冶の里編が、敵方の鬼の魅力が弱くて中だるみしたことと、稽古編ということで鬼との戦いが無く盛り上がりに欠けるかと心配していたのですが、最後の最後に最高に盛り上げてくれました。
しかし、あの終わり方は、鬼滅の刃だから許される鬼畜っぷりで、踊り出したいくらいでしたね。

「転生したらスライムだった件 3期」
ちょっと、安定しすぎていて退屈なシーンが多かったのが残念でした。しかし、夏も続けて放映のようなので、これから盛り上がるかもしれません。
もう、まったりテンペストが発展していくのを見ていくだけになるのかしら?

「Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ」
特におすすめはしませんが、あかねちゃんがOPをえらく気に入っているので、惰性で見てしまいました。
題名のとおりのお話で、特に盛り上がりはありません。
脇役のダメ勇者の方が波乱万丈の冒険をしているところが笑えます。
マイクロソフトのAIにイラストを描いてもらいましたが、さすがAIですね。
笑わせてくれます。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『兵站』福山隆(扶桑社)

2024年07月06日 | 読書
素人は戦略を語り、玄人は兵站を語ると言いますが、陸上自衛隊元陸将が書いた本なので完全な玄人本になります。
著者は、兵站を分析する上で、6つのキーを使って語ると主張します。
すなわち、「兵站を心臓・血管・血液・細胞などの譬えで説明する」「内線作戦と外線作戦」「マハンのシーパワーの戦略理論と兵站」「ケネス・ボールディングの『力(戦力)の逓減理論』」「作戦正面の長さ・面積と兵站の関係」「地政学と兵站」です。
それに従って、第二次世界大戦から朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、コロナ戦争と語られて行きます。

これに従って、本には書いていませんが、ウクライナ戦争を分析してみましょう。
「兵站を心臓・血管・血液・細胞などの譬えで説明する」
心臓……ウクライナ(小)、ロシア(大)ですが、ウクライナはNATOやその他の諸国からも補給を受けており、心臓がたくさんある状態になっています。
血管……google mapなどで見るとわかるが東ヨーロッパの道路は、車線が少なく良好とはいえません。
血液……トラック輸送が主だが、ロシアに十分な数のトラックが揃っていないし、ドローンなどで標的にされています。
細胞……ロシア軍の士気は低く、ウクライナは高いように見えます。
「内線作戦と外線作戦」
ロシア軍は、外線作戦をとっており、好きなところから攻めていけますが、補給をしっかり行えないと厳しくなります。
ウクライナ軍は内戦作戦となり、兵站面からは有利です。
「ケネス・ボールディングの『力(戦力)の逓減理論』」
これは、策源地から離れるとそれだけ戦力が低下する理論であるが、敵地へ深く入るほど補給が難しくなるということです。
ロシア軍は、キーウまでの最短距離も進めない兵站力しかないので、世界第2位の陸軍を持ちながら、僅かな距離しか進撃できていません。これでは全面染料は無理なため、一部の割譲に目標を切り替えたようですが、その一部も完全に掌握できず、停戦にもっていくことができていません。
ざっと見るとこんな感じになります。
小さな心臓のウクライナも他国からの血液が流れ込んできているので、ロシアの物量を抑えているようです。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

のせ書店

2024年07月05日 | 旅行/ドライブ
昔ながらの古本屋があると知ったので、寺尾駅まで自転車で行ってきました。
寺尾駅がある越後線は、新潟砂丘の天辺に沿って走っているので、近くまで行ってから、砂丘を登る必要があります。
東京の住んでいた時のことを思い出すなぁ。
あのころは、二十歳前後だったから、急坂でも平地と変わらず登れたけど、今だって山登りしているから平地と変わらないのだ。
砂丘の路地は、行き止まりなどもたくさんあって、迷路のようでした。
駅に着いたが発見できず。
駅からの眺めは、かなりの絶景。
あった、あった。すぐ脇にありました。
真ん前を通って駐輪場へ自転車を止めたけど気が付きませんでした。
どうどうとした店構えです。
中に入ると、文庫や漫画が中心でビッシリと本が並んでいました。
5万冊の品ぞろえと書いてありました。
ブックオフなどより、古い本が多く、大手の古本屋では見られなくなった古めの本もたくさんありました。
基本的に定価の半額、状態によって100~50円本もあります。
昔の文庫本などで、また読みたいものがあったら、手に入るかもしれません。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする