むぎわら日記

日記兼用ブログです。
日々の生活(主に遊び)、スナップ写真などを載せております。

行列の行方

2008年05月28日 | ニュース・記事

水田地帯の農道に車の長い行列が出来ている?
事故?にしても、なんでこんなところにこんなに車がいるのだ?

行列の先を目で追うと、そこには廃棄物処理場が!
6月1日からのゴミが有料化されるため、粗大ゴミを積んだ車の行列が出来ている。
何時間待ちか解らないが、ごみ貯めすぎ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガソリン高騰

2008年05月27日 | 投資・ローン

来月のガソリンの卸値が10円ほど上がるらしい。
値上がり値上がりでまた値上がりだ。
ドル安傾向にもかかわらず、原油高がそれを遙かに上回っている。
先物価格の値上がりが大きく係わっているらしい。
石油を使いもしない輩が、値上がりを見越して買い込み、値段をつり上げ売りさばく。
なんとも頭に来るやり方である。
しかし、先物取引は、大きなリスクを伴う。
消費者が値上げに耐えられなくなったとき、大きく下落する。
出来るだけ、石油を使わないようにして、濡れ手に泡のバカ投資家たちに一泡吹かせてやりたいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地獄少女

2008年05月25日 | DVD/映画

1~3話をDVDで、その後をYouTubeで見た。

昔から、密かに人気がある復讐モノである。
漫画なら「魔太郎が来る」、ドラマなら「必殺仕事人」などが有名か。
水戸黄門も広義では復讐モノかもしれない。

法で裁けぬ悪を討つわけであるが、時代の流れとともにそれも進化している。
地獄少女の場合、復讐の対象者を速やかに地獄に流すのだが、依頼者にも代償を要求する。
代償とは「死後、魂は必ず地獄に堕ち、痛みと苦しみを味わいながら永遠にさまようことになる」というのだ。
依頼者は、死と同時に、復讐された者と同じ運命をたどるのだ。
死後、地獄へ堕ちるさだめを背負い生きていかなければならない。
であるから、影があるハッピーエンドになっている。

復讐という影に光を当てた良作である。

地獄少女
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

角田山灯台コース

2008年05月24日 | アウトドア

角田山灯台コースへ挑戦。
海岸からちょっと登っただけで、高山のような風景が楽しめる。
高い樹木が無く、岩場に咲く高山植物のような海岸に生える草花。
海も見下ろせるとことがちょっと違うが、それはお得要素。
しかし、登りは、かなりきつかった。連日の残業と寝不足でかなりばててしまった。

いままで、登った中では、もっとも変化に富んで、個性的なコースだろう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

岩隈を打ったが勝てず

2008年05月23日 | 日々の生活

これで、交流戦に入って3連敗のベイスターズ。
今年は、ほんとうに勝てないよね。
大矢監督の人の心理を読めないデータ采配はなんとかならんのか。
と苦言を吐きたくなるよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マコモタケとニカメイチュウ

2008年05月22日 | 日々の生活

マコモタケケにニカメイチュウがついて、問題になっているらしい。
稲の大害虫であるニカメイチュウは、稲の茎を食べているのだけど、
マコモタケにつくと、人間が食べる柔らかくて美味しい茎を食べられるのだから、とても幸せそうだと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダルを打ったが勝てず

2008年05月21日 | プロ野球

ダルビッシュを打ったが、勝てず。
原因は、隠れ首位打者(今日も4打数3安打)内川のエラー。
内川は外野手登録だが、チーム事情でファーストを守っている。
彼を責めるのは酷だと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008年05月20日 | 日々の生活

ひさしぶりに良い雨だった。
外で仕事だったけど。

500円カツカレー食べた。
おまけのアイスティーはほとんど水だった。
安いことは安いのだが、安っぽいのはどうかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麦畑

2008年05月19日 | 日々の生活

仕事で麦畑巡り。
乾燥した気候なので、よく生育している。
今年は豊作っぽい。
青々とした麦畑で風に吹かれるのも初夏の心地よさの一つだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しゃべれどもしゃべれども

2008年05月18日 | DVD/映画
原作が佐藤多佳子だったので、ちょっと気になっていた映画。
全体としてぼやけた印象で、何が言いたいのか解ることは解るのだが、やっぱりぼやけている。
なぜ、そういう印象をうけるかというと、登場人物の目標が不明瞭なところ。
何に悩んでいるかもう少し明確に視聴者に伝えないと、達成したときの到達感がない。
ラストのラブシーン?も唐突な印象をうけてちょっと引いた。

全体の雰囲気はいいのだけど、一番見せたいシーンのために全体を作った方がより文学的になると思うのだが。

しゃべれどもしゃべれども

コメント
この記事をはてなブックマークに追加