広く浅く

秋田市を中心に青森県津軽・動植物・旅行記などをご紹介します。

お願い

3010-08-24 20:10:24 | その他もろもろ
主要カテゴリーの各記事のタイトルだけの一覧をご覧になりたい時は、以下のリンクからどうぞ。
(クリックするとアップ日が新しい順に表示されます。そのリンク先から古い順に並べ変えることもできます)





当ブログは個人が収集した情報に考察等を加えた個人のブログです。したがって、扱っている内容の当事者とは関係ありません。
また、根拠や出典を明確にするよう心掛けていますが、必ずしも正確な情報ではない場合もあり得ます。アップ後に状況が変化することもありますので、これらの点をご了解ください。

当ブログへのリンクは自由に行ってください。連絡は不要です。
当ブログの文章の引用は常識の範囲内でお願いします。
ただし、画像を転載する際は、ご連絡ください。(当方の著作権うんぬんというより、画像が一人歩きして尾ひれが付いて、転載先や第三者にご迷惑をかけることがないとは言えませんので)

商用サイトやマスコミ等ネット以外の媒体で当ブログの内容を使用される際は、恐れ入りますが、どうか事前にご一報いただけないでしょうか。(ありがたいことですが、こんなブログを公的な組織が利用するほどのものではないと思います…)


画面左側、カレンダーの下に「メッセージを送る」機能がありますので、ご利用ください。
 ※頻繁にはチェックしていないので、対応が遅くなる場合があります。

2010年8月24日

【2017年12月23日追記】コメント投稿についてのお願い。
当ブログをご覧いただく皆様から、情報や感想を幅広くコメントいただきたいと思っています。
管理者としてはコメントを承認制にしたり、個別に削除したりすることもできますが、そうした考えから、行っていません。(スパム投稿や極端に不適切な内容と判断した投稿は削除していますが、数か月に1回程度です。)投稿者の本人確認を厳しくしたり(これはgooブログの仕様上からも無理ですが)、コメント内容を制限したりするようなことも、したくありません。そのために、コメントいただく時にお願いしたいことがあり、追記します。

コメントは他の方々も読み、後々まで残るものです。事実と異なるコメントがあって、それを読んだ誰かがコメント内容を信じてしまい、それによって他方面・多方面へ迷惑をかけてしまうことがあるかもしれません。
そのため、コメント投稿に当たっては、内容についてそれなりに責任を持ったものにしてください。「それなりに責任」というのは、勘違いなどで事実でないものを投稿してしまうのは仕方ないとしても、事実でないことと知りながら、つまり「ウソ」「作り話」を、そうであることを示さずに投稿するようなことはやめてほしいということです。
不確実なこと、推測や憶測を(あるいは事実ではないことをどうしても)投稿する時は、そうしたことがはっきりと分かるような文章にしてください。

管理者、他の読者の方とも、コメントの投稿内容が事実かどうか確認できるすべがない場合もあり、投稿されたコメントの内容、あるいは投稿者を信じるしかないこともあります。
どうかその点をご了解の上、ご利用くださるよう、お願い申し上げます。


ちょっと思うところがあって、上記のようなものを書いてみました。
(投稿日時がおかしいですが、最上段に表示させるためです。また、この記事のみコメントを受け付けない設定にしています)
2011年1月5日アクセス解析を試験設置
コメント

秋大ブロック塀 その後

2019-08-23 00:00:00 | 秋田の季節・風景
※この記事は、都合により2019年8月23日0時00分付でアップさせてもらいますが、実際には22日23時03分にアップしています。
昨2018年6月の大阪の地震がきっかけとなって、長らく放置されている危険なブロック塀が注目された。この1年ほどで、公的機関のブロック塀については、撤去や安全な高さへの改造がかなり進んだ。

昨年、秋田市内の塀を紹介した時、対応に疑問を感じたのが、国立大学法人秋田大学。
保戸野の教育文化学部附属各学校・園の道路に面した塀には、地震より後に不思議な掲示が貼られた。
(再掲)
「ブロック塀の改修工事を予定しております。工事計画については、決まり次第お知らせします。国立大学法人 秋田大学/問合せ先 施設企画課」
文面を素直に読めば、塀の工事の事前予告。
でも、これまではこのようなことはしていただろうか。
地震の後ということを念頭におけば「この塀は危険だから工事をします」、さらに深読みすれば「今、地震が起きたら塀が崩れるかもしれないけど、こうして掲示しているんだから、通行人はどうなっても知らないよ」ということではないかと勘ぐってしまった。

だって、いずれも危険なブロック塀を所有していた秋田市教育委員会、秋田県立各学校(の一部)、秋田県警察本部、そして国立大学法人弘前大学では、「地震があれば崩れるかも」もしくは「地震があったら塀から離れて」という内容の掲示を出していた。
どっちみち責任逃れではあろうが、「危険であること」「万一の時は離れてほしいこと」ははっきりと伝えてくれていた。
秋大附属校園では、それらを隠して「工事します」だけで済ませようとしているように感じられてならなかった。

その後、掲示はそのまま、「工事計画」の「お知らせ」もされないまま、2019年度になったと思ったら、
「この先 工事中 通行注意」
例の道路の秋大附属校園の区間をはさむように、5月13日から7月31日まで工事する旨の看板が設置された。
ただ、「誰が」「何を」工事するのか分からない。だから、注意しろと言われても、上か下か横かどこに注意を向ければいいのかも伝わらない。
道路や各ライフラインの工事なら、こんなおかしな看板は設置しないはずだし、位置的に秋大発注の工事の可能性が高い。やっと塀が何とかされるのだろうか。でも「工事計画については、決まり次第お知らせします。」と言っていたお知らせはない。

その後、工期が進むと、
例のブロック塀が全撤去!

中央の白い一直線がブロック塀の跡
↑塀の代替として、生け垣より内側に網状の囲いが仮設された。
やっぱり塀の工事じゃないか!
秋田大学当局は、あの看板をもって「工事計画を知らせた」つもりなのだろうか。看板は「計画」ではなく決定して実施されている工事の期間の周知と注意喚起でしかない。近隣世帯や町内会には説明があったかもしれないが、最初のお知らせを目にした通行人はそれ以外の人もいる。「工事計画については、決まり次第お知らせします。」は実行されなかったと言わざるを得ない。
例の「お知らせ」が1枚だけ放置されていた

さらにその後、
金属パネルのフェンス(?)が設置
上の写真では、右の大通り側と左の曲がった小路側とで、フェンスの上辺に段差がついている。これは、地面もその分高低差があるため。ブロック塀時代は、ブロック塀の高さを調節して、上辺はそろっていた。

撤去したブロック塀の土台部分は残し、それより内側にフェンスを設置している。
フェンスはベージュ色で、スリット状の穴が空いているが、向こう側はほぼ見えない。
歩行者としては、いくぶん明るく軽快になった気もするが、やはり閉塞感のある一本道というイメージは変わらないかな。

この通り沿いには、門が3つある。端の1つは現役。残りの2つは、小学校の(敷地内での)移転前に使われていたということか、現在は常に閉じられているようだ。
表札が撤去された石の門柱は残った

こちらは全金属製の門
既存の門の金属部分は、以前はサビが出ていたが、今はきれいになった。新しいフェンスと同じ色で塗り直したようだ。
どちらの門も、すき間なくギリギリまでフェンスが設置された。学校の安全管理上当然ではある。門の注意書きはペットを連れなきゃ立ち入ってもいいように受け取れてしまうけど。

一方、大学本部や学部がある手形キャンパス。
(再掲)
その裏側には、大きな地震があれば、見るからに崩壊しそうなブロック塀があったが、注意も工事予告も掲示はなかった。
そちらは今、
撤去された ※上の再掲写真とは別の場所・別のバショウの木です
こちらは金属製の網のフェンスだが、保戸野と同じくブロック塀を撤去し土台を残し、その内側に設置している。

結論としては安全になって良かったという話だけど、その途中対応は、地域住民としては心もとない(学生児童生徒、職員にしても同じかも)。たった紙1枚貼れば、見る人を安心させられるのに、どうしてやらないのだろう。
秋田市教育委員会、秋田県立各学校(の一部)、秋田県警察本部、そして国立大学法人弘前大学にできて、国立大学法人秋田大学だけできないということはないはずなのに。
(再掲)弘前大学の掲示。今はどうなっている?
コメント

南通りのバド缶

2019-08-22 00:12:10 | 秋田の季節・風景
秋田市中央部・南大通りの東寄り、南通築地の「中通六丁目」交差点付近。
向かい側・角から2件目の3階建てビル
1階はテナント3区画に分かれているようで、西側が酒店。その隣が楽器店だったがいつの間にかやめていた。東側は何年も前から空きテナント(元は楽器店の一部だった?)。秋田にセブン-イレブンが初進出した頃には、ここに入るのではないかとのウワサもあった。2・3階は住居か。
ビルの上に円筒形の物体
ビルのてっぺん北面には、巨大な「缶」がめりこんでいる。見慣れて気にかけないでいたが、改めて意識すると斬新。
現在は、写真のように足場が組まれている。
缶を拡大
350mlアルミ缶がモデルだろうか。底部の形状はリアル。天面のプルトップがどうなっているのか、気になる。
缶の図柄は文字が薄れた痕跡があるが、残った赤の形で、何の缶かお分かりの方もおられよう。

東と西の壁面に答えが書いてある。
「Budweiser」だけど最後の「r」が窓と重なって欠損
足場で隠れている下には「KING OF BEERS」。

なお、下のひさし状の部分に「373」とあるが、このビルは「373共同ビル」という名前だそう。373の由来は(地名としての)南通または南大通りの「みなみ」かな。ちなみに所在地は南通築地3番5号。

アメリカのビール「バドワイザー」。
飲んだことはないけれど、1990年代後半頃は、梅宮アンナなどによる「バドガール」のCMが流れるなどしていて、名前と缶のデザインははっきりと記憶に残っている。
その缶のデザインで、文字など青い部分が薄れたのが、現在のめりこんだ巨大缶。ロゴは壁面にリボンのような形の赤地に白抜きされている「Budweiser」を青文字にしたものだった。

バドワイザーは今も世界一の販売量だそうだが、最近はCMは見ていないし、存在感がなくなったような。
調べてみると、かつてはサントリーやキリンが、ライセンス契約して日本で製造販売していた。1996年が日本での売り上げピークで、その頃はキリンだったようだ。
そして、昨2018年いっぱいで、キリンとの契約を終了。現在は輸入販売されているとのこと。

さらに缶のデザインが、かなり以前に変更されていた。1997年には、横に90度回転させた横長のデザインになったらしい。
その後も変遷があり、現在は再び縦長なものの、「Budweiser」が筆記体風になり、赤と青の配分もだいぶ違って、いきなり見せられてもあのバドワイザーだとは思えないデザイン。
壁面にあるリボン状の形は、今も使われている(文字は筆記体)。

したがって、めりこんだ缶を見て、バドワイザーだと分かるのは、一定の年齢以上の人ということ。
それが工事されているのは、薄れて古いデザインになってしまった缶を新しくするため?
ではないかもしれない。

東面には窓がなく「Budweiser」が欠けていない
1階の空きテナントだった部分で、内外装の工事が行われている。
「ツルハドラッグ 近日オープン予定」
ドラッグストアが入る。
秋田市内ではいちばん店舗数が多いドラッグストアだと思われるツルハドラッグ(現在15店舗?)では、昨年9月に仲小路という、市街地ど真ん中の意外な場所に、駐車場が少ない小さめの店を出していた。
ここも似た立地で、近くにスーパーもないので、便利になる高齢者などがいそう。
空き地に建物を新築するのでなく、既存ビルのテナントに入るというのは、秋田では初めてではないだろうか。駐車場は裏手にあるのか。
バックヤードなど使い勝手はどうでしょう?
この場所では、地上に看板を立てるのは難しそうだから、バドワイザー缶を撤去して、そこがツルハマークになってしまいそうな予感。

【22日追記】これまで漠然と、この缶看板は下の酒店のものだと思いっていた。だけど、缶の周りに店舗名の表記はないし、お店のほうは日本酒のほうを多く扱っているような雰囲気でバドワイザーとはそぐわない気もする。じゃあ、酒店と関係のない、バドワイザーの企業・ブランドの広告かと思ってしまうが、上記の通りバドワイザーの日本での販売形態は変遷しているし、缶デザインが変わったり塗装が薄れたりしたのをほったらかしにするとは考えにくい。やっぱり酒屋さんのものだったかな。
コメント (1)

あやめ団子の今

2019-08-21 00:20:22 | 秋田のいろいろ
秋田市中央部にある久保田城跡・千秋公園。
個人的には子どもの頃から親しんできた場所ながら、知らないこと(抜け穴とか)や中途半端な知識も多い。その1つ。

千秋公園の中には、いくつかの飲食店が散在している。
昔から存在している店がほとんどだけど、どれも利用したことはない。我々近くの者にとっては、千秋公園はちょっと散歩に行く場所であって、そこで食事をしようとは思わないからだろうか。料亭やフレンチレストランなど庶民には縁遠い店だったり、営業日が限られていたり、ひっそりとたたずんで入りづらかったりということもある。

御隅櫓の下、二の丸の階層に、あやめ園(植わっているのはハナショウブ?)がある。
木々がうっそうと茂り、地元の人以外はあまり来ないであろう西側の中でも、いちばん奥に相当する北寄り。僕は子どもの頃は来た覚えがない。あやめ園自体は1953年頃にできたそうで、2000年代に遊歩道など再整備されている。

千秋公園の「名物」として「あやめだんご」を挙げる秋田市民もいる。公園の中で売っていたもので、おそらくこのあやめ園にちなむのだろう。
だけど、上記のような経緯で、僕はあやめだんごの印象はほぼない。何か食べたような気がしなくもなく、串にささった団子でなく、あんこの中に団子が入った「しんこ餅」のようなものだったような気もしなくはないが、確証はない。常時購入できたわけではなく、いつの間にか廃業したり、当初とは別業者製造のものが売られるようになったりしたと聞いたこともあった。
名前は知っているけど、正体はよく分からない、あやめだんご。

右奥白く飛んでいる右奥があやめ園。その上に御隅櫓が位置する
あやめ園と相対するように、平べったい建物がある。

向かって右の玄関は民家のそれのようで、左側は横に長い大広間のような部屋。
現在は空き家になっていて、「建物管理者」として不動産会社の名前が表示されている。空き家になる前の看板は残っている。
「茶屋あやめ」
そう。ここがあやめだんごの店だったらしい。現在は、この通り、製造も販売もしていない。
実は、数年(2~3年?)前、ここから荷物を運び出しているという話を聞き、見に行ったらすっからかんになっていたのに遭遇していた。


秋田県立図書館の秋田魁新報見出しデータベース(本文を読めば詳しく分かるはずですが、そこまでやっていません)や、ネット上のブログ等を参考に、ざっと調べてみた。
・1980年8月28日魁・随筆欄「名物あやめだんご消ゆ」
店を経営してた片岡さんという人が亡くなって、だんごもなくなったらしい。

・1985年11月2日魁・読者は語る「作るのは年二十日だけ あやめだんご」
5年後までに復活したということなのか、過去の思い出を語っているのか、どちらか。この頃から既に、だんごは期間限定だったようだ。

・1988年4月22日魁「観桜会初日に新装オープン」「名物だんごの味に自信」「秋田市千秋公園の茶屋「あやめ」」
昭和最後の春には、確実に復活している。

・2006年のブログ「数年前に経営者が代わり山菜料理の店になった」
だんご屋としては再び廃業。
21世紀初めまでの間に、名前はそのまま山菜料理(田舎料理との表現も)を食べさせる店になったらしい。これ以降の情報は、ネット上にちらほら。

・2009年で67歳の女性が1人で切り盛りしている(片岡姓ではない)
・予約制で1日1組限定。畳敷き・長テーブルに大皿で山菜料理などを並べて宴会する形式。
・中にはグランドピアノがあり、コンサートを開催(2013年秋など)したことも。
・確認可能な最後の宴会は、2014年6月4日。

・山菜料理店になった後(2010~2011年頃を確認)も「あやめだんご」を発売していた。
花見シーズンには、看板などはないものの、宴会のかたわら販売。
新屋の「かなや菓子店(現在はない?)」という店が製造しただんご。
「あやめだんご」というシールがパックに貼ってあり、串にささってあんこを塗ったタイプの団子。桜の塩漬けが入っていたとのこと。


以上、団子屋として廃業・復活を何度か経て、山菜料理店になり、10年少しして廃業・空き家になった流れ。
恥ずかしながら、山菜料理店のことはまったく知らなかった。知る人ぞ知る店だったようだ。
それにしても、マイナーな場所というだけでなく、基本的に車は入ることができず、夜は多少明かりはあれど明るくはなく足元も良くはなく、冬(も営業していたのならば)は雪をかき分けてたどり着くこともあったはず。カモシカと鉢合わせするかもしれない。すごい場所にあったものだ。【21日補足・散策の場所としては、自然豊かで適度な運動量で最適だけど、酒を伴う飲食の行き帰りとしてはすごい場所】

上の写真の看板は「茶屋あやめ」。状態からしてだんご屋時代からのものか。
秋田市民では、この店を指して「あやめだんご」と呼ぶ人が多いはず。一方で「あやめ茶屋」との呼称も見られる。しかし、看板と同じ「茶屋あやめ」表記は多くない。
山菜料理店になってからも、「茶屋あやめ」とともに「あやめだんご」と称することもあったようだ。
正しい店舗名・屋号はどれだったのだろう。



千秋公園を管理する秋田市では、昨2018年に「千秋公園再整備基本計画」を策定した。
千秋公園の魅力を向上させるべく短・中・長期それぞれにやるべきことをまとめたようだけど、どこまで実現するか…

その中には、園内にある民間の店とも連携して行うことも盛りこまれていた。廃業した割烹松下を、秋田舞妓の施設にしたような感じで。
それには「あやめ茶屋の移転又はデザインコントロール」も挙げられていた。※ここでも「茶屋あやめ」ではない。
あやめ茶屋の外側の樹木を伐採や剪定して眺望確保したり、同じ階層の南側にある市の公園管理事務所を移転させた跡に茶屋を移転させたり(和洋高校とマンションがあるので眺望は?)といった構想。
この時点では、あやめ茶屋は営業していて、将来も営業を継続するつもりだったのだろうか。あやめ茶屋がやめてしまった以上、これはナシになるのか。

市の計画は別として、空き家となった建物の宴会場だった部屋を見て、外向きにも窓が多いのは分かった。窓からは木々の緑しか見えない。
今の季節、公園の外から来てこの木々の中に入るとひんやりする。だから宴会場の室内も、きっと涼しい。【21日追記・強い西陽も、木々がさえぎってくれる。】この窓を網戸にして開け放てば、自然のクーラーの極楽ではないだろうか。飲食なんかいらないから「お昼寝部屋」として使わせたらいいかも。管理は大変かもしれないけど、夜も泊まれる場所にしてもいいかも。千秋公園で寝る(野宿じゃなく)なんて、かなりぜいたくな体験になるのでは?
コメント (2)

新秋田犬バルーン

2019-08-18 20:12:56 | 秋田の季節・風景
昨2018年秋の秋田県の観光キャンペーンの時、秋田駅中央改札口前に秋田犬の巨大バルーンが設置された。
観光キャンペーンが終わった12月以降も、JR東日本の冬の東北キャンペーンのためとして、引き続き置かれ、さらにもう1体増えたナマハゲの巨大面も置かれた。
いずれも秋田県が所有するもので、JR東日本が借りている形らしい。
最初からいたおすわりした秋田犬が2016年、立ち姿の秋田犬が2017年の制作。別の場所で開催されるイベントなどでの展示のため、どれか1つがいなくなることもある。
冬のキャンペーンが終わり、春になって令和になって夏になっても、そのまま。秋田駅を訪れる人たちに人気ではあるが、いつまでもこの状態なのだろうか。

そして8月(7月29日にはこうなっていたようだ)。
新たな巨大秋田犬現る!
伏せて舌を出した姿勢。左前足で骨をおさえている。
最初からいた、おすわり秋田犬はなくなり、立った秋田犬は続投。

以前の2体は、浮き輪みたいなビニール系の素材で、常に送風されて膨らんでいる「バルーン」であった。一方、新しいものは、
ぬいぐるみ??
表面がテカテカしていなくて、ふさふさしたように見える。送風機も見当たらない。中に綿が入った巨大ぬいぐるみかのようにも見えた。
目も、これまでのかいたものとは違う。全体的にぐっとかわいらしくなった。


今までのバルーンは、夜の間は送風を止めて、バルーンをその場(台上)で小さくたたんでカバーをかけていた。なお、膨らんでいる時間帯は観光シーズンなどによって異なり、一定ではない。
新しい秋田犬は、夜間は…
やはり小さくなって布をかけられている!

背中などに継ぎ目があるし、右後足付近に空気穴らしきものも
新しい秋田犬も、ぬいぐるみではなくバルーンのようだ。起毛素材で作った、常時送風しなくてもいいタイプということか。

お尻もバルーンっぽい
しっぽの下の「×」、足の裏の肉球、足の先の爪などアクセント。

秋田犬ブームに乗って、秋田県が3体目を作ったということなのだろうか。秋田駅で撮影する人たちには、立ち姿よりも新しいほうが圧倒的に人気(ナマハゲもなかなか人気です)で、とりあえず意味はある。
でも、4体目、5体目と作るべきものではないと思うし、いくらするのか知らないけれど、観光のためでも違うおカネの使いみちもたくさんあると思う。弘前駅の巨大リンゴも同じような存在だけど、あれは1つしかないはず。
コメント