韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「スーツ」チャン・ドンゴン、昔の恋人チャン・シニョンと'13年ぶりの再会」

2018-08-18 16:14:57 | Weblog
チャン・ドンゴンとチャン・シニョンが13年ぶりに再会した。

2日放送されたKBS 2TV水木ドラマ「スーツ」の3回では、コ・ヨヌ(パク・ヒョンシク)が法律事務所入社後最初の事件が正常に済ませる姿が描かれた。

この日コ・ヨヌは、先に薬物送達の問題をきちんと処理していない事チェ・ガンソク(チャン・ドンゴン)の怒りを買った。チェ・ガンソクはコ・ヨヌに向かってすぐに川&トレイから出て行けと声たが、最終的には、コ・ヨヌを再び拾った。

コ・ヨヌはチェ・ガンソクに再び失望させないと約束してセクハラ事件を完全に解決やり遂げた。

一息ついてヨヌ前チェ・グンシク(チェ帰化)が現れ厄介提案をした。コ・ヨヌは極め式何か自分の偽弁護士正体を知っているようなニュアンスで言ってみようチェ・グンシクに沿って出た。

チェ・ガンソクは降下年(チン・ヒギョン)の代表として出る離婚訴訟の最前線に立つことになった。チェ・ガンソクは依頼は女性に向かって離婚を望んでいた。男の方は絶対に離婚をすることができないとした。

男の方弁護士はチェ・ガンソクは昔の恋人ナ・ジュヒ(チャン・シニョン)であった。チェ・ガンソクはナ・ジュヒはなんと13年ぶりに向き合った状況だった。チェ・ガンソクはナ・ジュヒを想起させるこの事件から手を離しとした。ナ・ジュヒは全くその気がなかった。

チェ・ガンソクとナ・ジュヒは、互いに相手側の弁護士のみのしようとした後、それぞれのクライアントの立場を弁護した。

コ・ヨヌは前日極め式の日お酒のにおいを漂わせて出勤をした。カン・フイヨンは収拾のコ・ヨヌから酒のにおいが出ると皮肉った。チェ・ガンソクも高ヨヌに失望した。コ・ヨヌはチェ・グンシクからだと話していた。チェ・ガンソクはずっと人々に言いなりコ・ヨヌに厳しい忠告を与えた。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「スーツ」チャン・ドンゴン、弁護士に戻ってきた昔の恋人チャン・シニョンと再会

2018-08-18 16:10:12 | kbsドラマ
'スーツ」チャン・ドンゴンが昔の恋人チャン・シニョンと再会した。

2日放送されたKBS2水木ドラマ「スーツ」はチェ・ガンソク(チャン・ドンゴン)弁護士が過去別れた恋人ナ・ジュヒ(チャン・シニョン)と偶然再会する姿が描かれた。

先ナ・ジュヒは、予告の中の短い登場でも強烈な印象を残して期待感を高めた。視線を奪う魅力はもちろん、チェ・ガンソク付き破格キスに特別なストーリーを示唆した。

この日法律事務所「川&艦「降下年(チン・ヒギョン分)代表とチェ・ガンソク弁護士は財閥夫婦の離婚件ナム・サンムと性社長に会った。チェ・ガンソクはナム・サンムの代理人を尋ね、この時遅れナ・ジュヒ弁護士が会議室に入った。

ナ・ジュヒを見たチェ・ガンソクの表情が固まったし、カン・デピョは「久しぶりだねや変?米国で入った音は聞いた」と挨拶をした。ナ・ジュヒは "1ヶ月程度になった」と答えた。

ナ・ジュヒは引き続き「チェ・ガンソク弁護士ともよく知っている間柄だ。大学の卒業生に加えたときの検事の生活も一緒にした」とし「久しぶりだ。チェビョン?した5年だけであるか」と挨拶をした。

チェ・ガンソクは答えなくカンデピョを狙って見て、「しばらく失礼する。私たち同士のいくつかの調整がある」と立ち上がって出ていった.
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「スーツ」パク・ヒョンシク、裁判行っていない最初の事件解決」チャン・ドンゴンほほえましい」

2018-08-18 16:05:20 | kbsドラマ
パク・ヒョンシクが最初の事件を解決した。

2日放送されたKBS 2TV水木ドラマ「スーツ」の3回では、コ・ヨヌ(パク・ヒョンシク)が最初の事件を解決する姿が描かれた。

この日コ・ヨヌはチェ・ガンソク(チャン・ドンゴン)を介して受信し、最初の事件で、社内のセクハラ事件を引き受けた。チェ・ガンソクは最大限裁判まで行かずに解決するように告げていた。

コ・ヨヌは、加害者が偽証教師をした証拠をが押した。加害者はルーキーであるコ・ヨヌを無視しびくともしなかった。

コ・ヨヌは今まで訴訟に失われることのないチェ・ガンソクの名前を言及し、刑事告発、業務妨害などをずっとならべた。

加害者側の弁護士は、最強席の評判をよく知るに一歩退いた。結局、加害者は、被害者に補償金を与えるとした。

コ・ヨヌは "最も重要なのが残った。謝罪し」と語った。加害者は、ようやく被害者に向かって申し訳ありませんという話をした。チェ・ガンソクはコ・ヨヌを見守り満足げな微笑を浮かべた。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「スーツ」パク・ヒョンシク、ゴソンフイ助けで「危機免れる」

2018-08-18 14:35:58 | kbsドラマ
パク・ヒョンシクがゴソンフイの助けで危機を免れた。

2日放送されたKBS 2TV水木ドラマ「スーツ」の3回では、コ・ヨヌ(パク・ヒョンシク分)がキム・ジナ(ゴ・ソンフイ)の助けで危機を免れている姿が描かれた。

この日とヨヌはチョルスン(以上)と一緒に薬物送達事件に巻き込まれたことで追われる身となった。コ・ヨヌを不満に思った財閥2世波た罠だった。

偽弁護士に川&こと勤めていたコ・ヨヌは、自分自身を悩ませてきた組織暴力団を調べた急いで逃げた。

コ・ヨヌは建物の屋上に避けたが、組織暴力団が屋上までついてきた。脅迫も合意も通じなかった。

そのキム・ジナが建物管理人を率いて現れた。組織暴力団はやっと "建物を誤って来た」と後ろに退いた。

キム・ジナは偶然逃げるコ・ヨヌを見て助けに来たのだった。キム・ジナはコ・ヨヌに「理由があったでしょう」と話していた。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「フンナム静音」側 "ナムグン・ミンXファン・ジョンウム、愉快+愛らしいケミ発散"

2018-08-18 10:03:02 | sbsドラマ
SBS新しい水木ドラマ「イケメン静音」(脚本イ・ジェユン/演出キム・ユジン)ナムグン・ミンとファン・ジョンウムが恋愛の話であるどうのこうのしながら相性ケミを発散した。

「スイッチ - 世界を変えなさい」の後続で5月23日から放送される「フンナム静音」は、愛を拒否している非恋愛主義者」フンナム」と愛を夢見るがパクパクハン現実に恋愛放棄者がされた「静音」が恋愛不能メンバーのソロ脱出を助けジュダガ恋に落ちてしまったコミックロマンスだ。

台本リーディングに続いて、撮影が真っ最中進行している中で、今回は、ドラマ初ティーザー映像が公開され注目を集めている。

映像は静音役のファン・ジョンウムが「恋愛で重要なのですか?本気であり。本気で愛する心!」と言って取り除き笑っ見せ始めている。この時、イケメン役ナムグン・ミンが登場し、「本気のような音してる。恋愛は技術です。仕様とスペックが合えば開始される一種のビジネス?」と言い返す。これファン・ジョンウムは「すごい恋愛上手お済みはい。あの。愛にオールインして見たことないでしょ?」とタジドゥトが尋ね、ナムグン・ミンはこれに負け "愛にオールインをなぜしている。残るのは傷だけなのに!」と言い返すながらどうのこうのする。

特に映像は7年ぶりに会って幻想的な呼吸を広げた両方のおいしそうな煙が付いて漫画を連想させる弾ける字幕とハートと手紙、そして雷CGが追加された。その上、かわいい人形のペアと「男言葉サミ女性と異なり難しい場合」という字幕も一緒に公開され、より一層目をひきつけることができた。

この場面は去る4月末中央大学で撮影が行われた。当時のキャンパスは、週末にもかかわらず、ナムグン・ミンとファン・ジョンウムの登場に揺れるであり、学生は制作陣に向かって、ドラマのタイトルからあれこれ尋ね関心を持った。

ドラマ制作陣は「ナムグン・ミンさんとファン・ジョンウムさんが「信じ見る俳優 'らしく最初のティーザー撮影からいけずうずうしく口論する姿をはじめと愉快ながらも愛らしいケミを披露した」とし「私たちのドラマは、春にふさわしい暖かく快適なドラマで、愛の異なる考えを持つ男女の違いを絞り込んでいく姿を共感でき描いていくから、本放送もぜひ期待してほしい」と伝えた。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「ウ満期」キム・ミョンミン、殺人の疑いで緊急逮捕...キム・ヒョンジュ目撃

2018-08-18 09:50:14 | kbsドラマ
「ウ満期」キム・ミョンミンが殺人容疑で緊急逮捕した。

1日放送されたKBS 2TV月火ドラマ「私たちが出会った奇跡」10回では、ソン・ヒョンチョルB(コ・チャンソク)を考えて涙を流す助演化(ラミーと)の姿が描かれた。

この日シン・ヘジン(キム・ヒョンジュ)はホ・ドング(チェ・ビョンモ)にソン・ヒョンチョル(キム・ミョンミン)が待機発令を受けた事実を知ることになった。普段ソン・ヒョンチョルならありえないことだったからシン・ヘジンはソン・ヒョンチョルが残念だった。シン・ヘジンはソンヒョンチョルに「私は助けることができるものは何でもする」と会社に方法があると言ってくれた。ソン・ヒョンチョルがありがたいと、シン・ヘジンは「私もありがたい。私は助けることができるようしてくれ」と伝えた。

続いシン・ヘジンはソン・ヒョンチョルにソン・ミホ(ギムハ有)が英語のためにストレスを受けていると発表した。シン・ヘジンは「今まで私に話していた英語の成績表もすべて嘘で、英語の課題もコピーして支払うか、より "と述べた。

ソン・ヒョンチョルが「なぜでしょう」と言うとシン・ヘジンは「1等をしなければならなかったですから。ようお父さんが賞賛したから」と述べた。ソン・ヒョンチョルが直接声をかけてボンダン言葉にシン・ヘジンは「私は知らないふりをしてだろう」と伝えた。以後ソン・ヒョンチョルはソン・ミホに「1等一つも重要勉強で1等よりも食べること、よく笑う、よくふざけ機1等する人がはるかに幸せなよ」と言ってくれ、泣くソン・ミホを温かく抱擁た。

シン・ヘジンが「ミホに何ましたか?」と聞くとソン・ヒョンチョルは「1等しなくてもとした」と述べた。するとシン・ヘジンは「あなたも。今まで前だけ見て走って来なかったのか。休む資格いる」と述べた。ソン・ヒョンチョルは「恥ずかしくない夫、父親になってますよ」としたが、シン・ヘジンは「実績落ちた恥ずかしい夫がされているわけではない」とし「ありがとう。あなたが私たちのそばを離れることなく、残ってくれて再生きてくれてその奇跡をギフトくれ」と明らかにした。

以降パク・ヒョンサ(チョン・ソクホ)は脇役化に「夫の死とソン・ヒョンチョル支店長が深い関連があるようだ」と明らかにした。パク・ヒョンサはソン・ヒョンチョルをチャン・ギチョル殺人容疑で緊急逮捕した。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「ウ満期」キム・ヒョンジュ、内縁の女ユン・ジヘと出会った "非常識な女性"

2018-08-18 09:40:33 | kbsドラマ
「ウ満期」キム・ヒョンジュがユン・ジヘに一喝した。

1日放送されたKBS 2TV月火ドラマ「私たちが出会った奇跡」10回では、ソン・ヒョンチョルA(キム・ミョンミン)を訪れたバク・ヒョンサ(チョン・ソクホ)の姿が描かれた。

この日ソン・ヒョンチョル(キム・ミョンミン)を訪れたシン・ヘジン(キム・ヒョンジュ)はグァク・ヒョジュ(ユン・ジヘ)と出会った。シン・ヘジンは「前回家に送られた花も受けた。二度とこのような間違いなく。お祝いを受ける人に直接ボネヤジ。その常識ないボイジンのに」と明らかにした。

グァク・ヒョジュは「今そっちの夫や関心はない。私たちなら会う。今私に魅力がない」と背を向けようした。するとシン・ヘジンは「いつか運が良く結婚というものになると、そちらの夫に花を送った非常識な女性から同じ話しを聞くことだ。それ知ることだ。私の気持ちが、それは、今どうか。そういえば常識外の人であればそもそも普遍的な感情を感じないことがありますね」と一喝した。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「ウ満期」ラミーと→キム・ミョンミン↔キム・ヒョンジュ、最悪の状況が来た

2018-08-18 09:30:26 | kbsドラマ
神憂慮最悪の状況が来た。 「ウ満期」の三角関係が深まっている。

30日放送されたKBS2「私たちが出会った奇跡」でヘジン(キム・ヒョンジュ)と軟化(ラミーと)の間で混乱しているヒョンチョル(キム・ミョンミン)の姿が描かれた。

選択の岐路でヒョンチョルは、軟化の夫ではなく、完全なヒョンチョルでの生活を選んだのバー。彼が現在の放棄いうすでに多くの時間が流れていた。結局ヒョンチョルは、最初から自分を気づかずに信じてくれない軟化に恨みを示した。これ軟化また涙を流した。

逆ヒョンチョルとヘジンの関係は一層近づいた。まるで恋愛時代のようにメッセージの送受信ときめきも交わした。

「余りにも遅くないよ」というヒョンチョルのメッセージにヘジンは自分も知らないうちにそれとなく微笑んだ。

ヒョンチョルまたヘジンとの交流にときめいつ胸一方でチプチプハムは残った。理由は、やはり妻軟化のためだった。

これは二人の新アート(カイ)と真央が憂慮した展開。これ防ごうこれらヘジンとソンム(ジョセフ・リー)を結んでもらおうとしたが、いくら神といっても、人間の心を動かすと力不足だった。

ソンムのこだわりもヘジンは草地一貫鉄壁で一貫している。自信あふれるソンムが心痛したほど。

逆に軟化はまだ失望に陥っていた。ヒョンチョルの写真でTシャツを作った指数に「そのおじさんが私たちの家族だ何?そのおじさんの家族が見るとどうしようとしそう。精神ドレス、君。そのおじさんあなたのお父さんじゃない」と叫び吠えるに至ったもの。

ここでヒョンチョル、ヘジンとの三者対面まで続けば、軟化の悲しみは高まった。逆にヘジンの疑いも深まった。これ再び苦悩に陥ったヒョンチョルの姿が後に展開に対する気がかりなことを高めた。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「ウ満期」キム・ヒョンジュ、キム・ミョンミン・ラミーとの妙な気流を感じた

2018-08-18 09:10:27 | kbsドラマ
「ウ満期」キム・ヒョンジュがキム・ミョンミン、ラミーとの間に妙な気流を感じた。

30日放送されたKBS 2TV月火ドラマ「私たちが出会った奇跡」9回では、ソン・ヒョンチョルA(キム・ミョンミン)を疑うホドング(チェビョンモ)の姿が描かれた。

この日助演化(ラミーと)は、ソン・ヒョンチョルが夫だと確信したが、ソン・ヒョンチョルは「私は前に行ったとき、私の言葉を信じたら仕事がここまで大きくんでした。私は脇役化の夫ソン・ヒョンチョルではなく、他のソン・ヒョンチョルと」と否定した。ソン・ヒョンチョルはまだすることが残って考えていた。

ソン・ヒョンチョルは、銀行を再び1位にするために、シェフのときに知っていた私債業者(パク・ジュンギュ)に会った。そうしてソン・ヒョンチョルはキウイを食べて倒れ、病院に運ばれたし、私債は、携帯電話に保存された「妻」に電話をした。助演化であった。

ホドングに連絡を受けたシン・ヘジン(キム・ヒョンジュ)が病院にかかってきたし、続いて助演化到着した。助演化はソン・ヒョンチョル、シン・ヘジンが一緒にいる姿を見て戻りましたが、シン・ヘジンは助演化を呼び止めて、「ここどうしですか?」と尋ねた。助演化は、「友人が入院してお見舞いきた」と言い逃れた。しかし、シン・ヘジンは車に乗る前助演化を眺めるソン・ヒョンチョルの目を見た。

家に帰ってきたシン・ヘジンはソン・ヒョンチョルが隠しておいたものについて尋ねた。慌てソン・ヒョンチョルは「友達が引き受けてもらうことによって」と明らかにした。シン・ヘジンは「病院で指数ママに会っただろ偶然でしょうか?」と確認し、ソン・ヒョンチョルはそうだと答えた。シン・ヘジンが出た後、ソン・ヒョンチョルは脇役化に申し訳ないというメッセージを残した。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「ライブ」チョン・ユミXイ・グァンスラブライン赤信号 "海外留学の申請"

2018-08-18 09:06:20 | ドラマ
チョン・ユミとイ・グァンスのラブラインに赤信号が灯った。

29日tvN「ライブ」でハン・ジョンオ(チョン・ユミ)とヨム・サンス(イ・グァンス)の関係が再び危機を迎える姿が放送された。

この日の銃事件で仲間警察が死亡するのを目撃した地溝警察は大きな衝撃を受けた。正午やはり定数の懐に抱かれ、涙を流し定数は「私たちも怖かった」と彼女だけが感じた恐怖はない多読であった。

この日の正午は、休職をして国費留学を申請しようとする姿を見せた。ヘリは「国費留学生として留学行って海外勤務申請か?海外行けば定数とは別れるのか」と質問した正午は返事をしなかった。

続いてヘリ―はサンスにジョンオの海外留学決心を知らせ定数は正午に、これを尋ねた。サンスは、「休職して国費留学の申請するの?」と尋ね、彼女は「語」と述べた。サンスが「お前行けばそれから私は?」と尋ねたが、ジョンオには答えなかった。

続いて、サンスは仕事を終えたジョンオを訪ね再び尋ねた。ジョンオは「国費留学生として選抜されると、休職ぞ」と言った。

サンスは、「お前やないように?」と尋ねジョンオは「好きだけど、海外勤務が軽自動車になる前から、私の梱包だったそれを折るだけじゃない」と述べた。

続いて「ごめん。サンスよ。私はあなたのような使命感のようなものはない。暮らそう警察ができてい。留学行って来ても警察の仕事継続するのだが、地球のとおりは戻ってこないだろう。一昨日は、警察が死ん今日は別の人が死んで延々と起こる事件事故をこのように続けて見る自信がない」と述べた。

しかし、この日の子供が有機ドェトダン申告を受けたジョンオは退勤を先送りし、赤ちゃんを見つけるために乗り出す姿を見せた。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント