類塾・類農園★自然体験学習教室の広場★

自然いっぱい!仲間もいっぱい!
本物の農業体験から、実践的な【生きる力】を育みます!
こどもの成長ぶりを紹介します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第4回Bコース!【収穫・出荷準備と夏野菜のお世話】をしました!

2013年07月31日 | ご案内

太陽はカンカン、夕立はザンザン夏真っ盛り

夏休みもはじまり、お楽しみの多い季節ですね!

 さて、7月28日に第4回自然体験学習教室(Bコース)が開催されました!

 前日は夕立、当日は少し曇り空で、真夏にしてはすごしやすい中での開催となりました。

 

●開校式

Aコースに続いて、Bコースでも今日は収穫祭!

春から、Aコースのみんなも共にお世話してきた作物を、完成させるお仕事です。

お客様によろこんで頂いてこその農業。この日の成果で、それが決まります。

みんなで班のリーダーを決めて、しっかりまとまってお仕事をすることにしました。

 

 

 ●午前中の作業

1班は、4月の体験教室で堆肥(たいひ)をまいて、土作りから始めたトマトの収穫をしました。

よく実ったトマトはとってもキレイだけど、傷つきやすいんです。きれいに収穫するのは、ちょっと難しかったかな・・・。

でも、みんなでガンバって、たっくさん収穫しましたよ!

      

2班は、5月の体験教室で草取りをした、ゴボウの収穫です。

類農園のごぼうは、美味しくて有名。待っているお客さんも沢山です。

でも、かたい土に長く育ったゴボウを掘るのは大変。

力の限り、みんなでがんばって収穫しましたよ!

        

 

●お昼ごはんタイム

 待ちに待ったお昼ごはん♪

今日のメニューは、暑い日にぴったりの冷たいおみそ汁「ひやしる」と、スタミナサラダ

みんなで美味しくいただきました。

    

 

●午後の作業

1班は、まずは午前の作業で収穫したトマトのおそうじと選別

お客様に喜ばれない、傷のついてしまったトマトをより分けて、きれいなトマトだけを出荷します。

せっかく収穫したトマトを、より分けるのは、ちょっと残念でもったいない。

気持ちの上でも難しかったかな。

    

 

2班も、まず、午前中の作業で収穫したゴボウのおそうじ

ゴボウからたくさん出ているヒゲ根(ヒゲのような細い根っこ)を、丁寧に取りのぞいてあげて、キレイにしてあげます。

苦労して掘ったゴボウだけに、みんなていねいに、おそうじしてくれました。

     

 

1班2班とも、野菜の出荷準備が終わってから、一緒にナスのお世話をしました。

今の時期、毎日たくさん実をつけるナスは、最初にあげた肥料では足りなくなってきています。だから、肥料の「おかわり」をあげて、また元気になってもらおうという作業。

肥料の量をきっちりはかって、ひとつひとつのナスに、ていねいににあげましたよ。

また、元気に実をつけてくれるね!

       

 

みんながんばって、早く作業が終わったので、枝豆の草取り をしました。

暑い中、盛りだくさんの作業で、最後はちょっとばてちゃったかな?

作業終了してからは、みんな広場で遊びました。

 

 

 

●感想タイム

 一日、いろんな作業をみんなでやって、発見した事や感じた事をまとめて発表し合いました。

 

 

生徒達からは、こんな感想が出てきました。

・     どの作業も、みんなで団結して、やりきれた。

・     収穫作業が楽しかった。

・     たくさん収穫、やったー!

・     収穫したものが、ちゃんと売れたらうれしいな。

・     最後の草取りは、がんばりきれなかったのが残念!

 などなど、大変な作業を、団結してやりきった達成感が大きかった感想の教室となりました。 

次回Bコースは9月8日!【近所の農家さんをお手伝いしにいきます】待ってるよ~!                         

コメント

第4回Aコース!【収穫・出荷準備】をしました!

2013年07月18日 | ご案内

もうとっくに梅雨明けた今日この頃、毎日真夏日が続いていますね

さて、7月14日に第4回自然体験学習教室が開催されました!

前日に強い雨が降り、当日もポツポツと雨が降る中みんなで【収穫体験】をしました

●開校式

今日は収穫祭!みんなが今まで頑張ってきたお仕事の成果が出ます

その次に初めてお客様へお届けできる商品になるんだよ!をみんなで共有しました。

●午前中の作業

  

 

1班は自分達で草取りをしたゴボウの収穫をしました。2班は自分達で土作りしたトマトの収穫をしました。

どんな作業でも「全部繋がっていた」事が実感できましたね

●お昼ごはんタイム

待ちに待ったお昼ごはん♪みんなで食べると美味しかったね(バンちゃんやバギーに興味津々でしたね

    

●午後の作業

【1班】ナス畑の草取り

 

ナスの収穫と出荷準備

     

【2班】トマトの選別とゴボウの出荷準備

   

●感想タイム

一日収穫からお客様に届ける為の商品になるまでを体験してみて、みんなで発見した事や感じた事をまとめて発表し合いました。

   

●生徒達からの感想を簡単にまとめると

①最初、バギー(台車)で遊んでいた事が収穫をし易くするためにの工夫に繋がった

②ナスが変な形の物を収穫できて面白かった。

③収穫していた時、暑くてのどが渇いた!

④美味しい物が一杯あって楽しかった!

などなど、収穫・出荷体験を一日通して、変な形の野菜があった事や収穫用の台車を使ってみんなで工夫して遊んだ事など、感じた事が詰まった回になりました

 

次回は9月1日!【近所の農家さんへ訪問をしにいきます】待ってま~す

コメント

6月23日 第三回Bコース!! 大和芋の草取りをしました!

2013年07月01日 | ご案内

6月23日に、自然体験学習教室第3回Bコースが開催されました!

 

ずっとお天気続きだったのが、先週まで。今週から梅雨らしいお天気もようになってきていました。当日は、雨がふったりやんだりのビミョーなお天気の中での開催となりました。

 

今回お仕事する畑は、駅から歩いていける、下井足の畑でした。

集合場所は、前回と同じく、とっても広い(もと)材木市場。

 

 

今回のBコースは、少し人数が増えたので、3班に分かれてお仕事をしました。

3回目ともなれば、みんな仲良しの仲間どうし。

今回から、班ごとに、みんなで班のリーダーを決めて、みんなで結束してがんばることにしました。

 

 

 

みんなに期待されたリーダーは、みんなのために、いつも以上にがんばりましたよ!

 

 

 

今日のお仕事は「大和いも」の草取りでした。

「大和いも」は、1000年以上昔から、大和(奈良県)で育てられてきた伝統のお野菜。

とっても美味しくて、栄養満点な高級な野菜です。

なんと!一つで700円以上もするのです。

いものつるをきずつけないように、みんな真剣に、しんちょうに草をとりました!

 

  

 

 

お昼ごはんは、類農園のお野菜がいっぱい入った、とってもおいしいサラダとスープ

それに、お母さんが作ってくれたおにぎりをおなかいっぱい食べました。

 

 

順調に作業がすすめば、草取りした後に、また草がはえてこないように、「わらマルチ」もする予定でしたが、途中で雨が降ってきて、何度も作業が中断してしまい、残念ながら、わらマルチをかけることが出来ませんでした。

うーん、残念!

  

  

でも、みんなレインコートを着て、雨の中でも、一生懸命草取りしましたよ!

 

 

 

おかげで、畑はとってもきれいになりました!

みんなありがとう!大和芋も気持ちよさそうです。

  

みんなでお仕事やりきって、心地よいつかれとともに集合場所に帰ってから、みんなで今日の感想を発表しました。感想会も今日のリーダーがまとめてくれましたよ!

  

 

 

 

みんな笑顔で、農園を後にしました。

 

次回Bコースは7月28日

どんなお仕事ができるか、楽しみにしていてください!

コメント (4)

始まりました★H25年度 自然体験学習教室Aコース!!~収穫・出荷とたい肥まき~

2013年04月09日 | ご案内

 

いよいよ始まりましたね♪♪

今回から大幅に参加人数が絞られ、

第一回は13人のこどもたちと3人の保護者が参加してくださいました♪♪

 

あいにくの雨と風でしたが、みなさん頑張ってきてくださいました★

ほとんどの子が初参加♪ 緊張した面持ち・・・♪

 

着いたらさっそく、開講式★

新隊長のまぁくんのあいさつを、みんないい表情で聞いてくれました♪

次に、メンバーは1班と2班に分かれ、お互いに自己紹介♪

やっぱり緊張するよね!仲良くなれるかな?運営スタッフもどきどきです♪

 

まぁくんから作業の流れと注意事項の説明を受けたあと、

いよいよ午前の作業開始★

1班 : すいかのハウスのたい肥まき

2班 : スティックブロッコリーの収穫

 

 

お昼は、スタッフが作ったスティックブロッコリーを使ったサラダと具材たっぷりの豚汁を

みんなが持ってきたご飯といっしょに食べました♪

たくさん食べてくれてありがとう♪

世界でいちばんおおきな生き物はなに??

メロンの網目ってどうしてできるの?? 

(参加したこどもたちに聞いてみてください♪)

スタッフが考えたクイズにみんな興味津々♪

すると今度は、こどもたちが自分たちでなぞなぞやクイズを出し合って盛り上がっていました★

みんな物知り!!

 

さて、お昼休みを終えたら午後の作業スタートです。

1班 : スティックブロッコリーの収穫・出荷準備

2班 : トマトのハウスのたい肥まき

 

 

スティックブロッコリーの収穫は1班も2班も目標の5kgを見事達成!!

後半の1班がきれいに袋詰めしてくれました★

みんなのお土産もできましたね♪

たい肥も、2班ともきれいにまいてくれたので

トマトとすいかの土作りがしっかり行えました♪

そしてみんな仕事が早い!

時間が計画よりも余ったので

自由時間を設けました。

1班はつくし爆弾にハマったり、農業の「なぜ?」をどんどんスタッフに聞いたり♪

2班はつくしの収穫と穴掘りに夢中!!!幼虫もたくさん発見!

 

みんなで番犬バンちゃんのお散歩にも元気よく行ってくれました♪

帰ってきて感想タイム♪

楽しかった♪面白かった♪たくさん学べた♪次回は何をするの?

みんなの顔が、来たときよりもすごくいい表情をしていて、

私たちスタッフもとっても安心したし次回が楽しみになりました★

帰りのようす♪

ではではみなさん、また次回に♪♪

コメント (1)

類農園・類塾 自然体験学習教室のご紹介 2013

2013年03月26日 | ご案内

2013年 自然体験学習教室はいよいよ4月7日に開講します

自然体験学習教室ではどんなことを経験し学べるのかを、下にご紹介します。

==========================================================

◆   類農園・類塾 自然体験学習教室のご紹介◆

類農園と類塾が共同して、1年を通じて自然や農作物にふれ、「仕事」を体験し、地域のさまざまな人と関わる中で、子どもを健全に育むカりキュラム『自然体験学習教室』を開講しています。2000年4月に始まったこの教室も、みなさまのあたたかいご支援のおかげで13年目をむかえます。これまで、長期会員だけでも五百名以上がこの教室を巣立ってくれました。

 私たちは、子供たちが将来社会に出たときに通用する人間として、基本的な能力を育む「場」が必要だと考えています。

これからの時代、求められている能力は大きく2つあると私たちは考えます。ひとつは、自然や仲間を対象化して相手の気持ちに同化する能力、もうひとつは現実の生産課題に対して仲間と意思疎通しながら試行錯誤し突破していく能力です。

 

 私たちは、この『自然体験学習教室』を13年にわたって運営してきて、自信を持って言える事があります。

それは、子どもたちが心から「楽しい」と思って主体的に取り組める“仕事=生産課題”を、仲間で協力して達成すること。そしてその成果を、仲間たちや大人たちからも評価される事。こういった充足体験、成功体験が、 “人の気持ちに同化する能力” “仲間と一緒に現実の壁を突破する能力”といった、人間としての基本的な能力を確実に育くんでくれます。

【今年度より新しくなった自然体験学習教室】 

将来、子供たちが社会に出て必要となるのは、多くの人に学び評価されながら、自ら考え判断する力や仲間との関係を作る能力です。そのような能力は、現実の生産活動に触れ成功体験を積み重ねることで、より大きな力になっていくものと考えています。

そこで、今年度から、「自然体験学習教室」は、現実の生産課題に触れる機会をより多くとってもらうために、自然体験学習教室用の農場ではなく、実際の類農園の生産現場の農場を舞台とします。また、1回あたりの参加人数は15人以内に絞ることで、参加者がより多く農業者に直接学び、指導を受け、自ら考えながら、本物の農業の現場を体験できる場をつくっていこうと考えています。

 

実際の作業は、農家が日頃行っている作業の一部を担ってもらいます(個々人の能力に応じ、その日の作業のペースや課題は分担していきます)。また、子供たちが作業の目的や意味が理解できるように、パネルなどを使いながら進めていきます。

子供たちには農園の生産現場の一役を担ってもらうことで、圧力は高まりますが、主体性(やる気)が上がり、より仲間との一体感や、実際生産活動を担っている人へ感謝する気持ち(同化能力)や、段取り能力が身についていくものと考えています。

 

 小学校1年生~3年生のお子様は保護者同伴となっておりますが、お父様方やお母様方も、お子様の成長を見守りながら、作物を育て収穫する喜びを実感してみてください。

今年も、子供たちは初めての経験にドキドキ、ワクワクしながらチャレンジしてくれるでしょう。一年後、この『自然体験学習教室』で貴重な経験を積んだお子様は、見ちがえるようにたくましく成長していることと思います。

私たち類塾・類農園『自然体験学習教室』スタッフ一同、子供も大人も充実感と達成感を存分に得られる楽しい教室をみなさんと創っていきたいと思っています。ご参加を、心よりお待ちしております。

 

類農園・類塾 自然体験学習教室
================================================

商品の詳細、年間スケジュールやカリキュラムの内容などはこちらのページをご覧ください

年間カリキュラムはこちら―>下の【2013年 “年間カリキュラムのご紹介”】をご参照下さい。


今年も、たくさんの元気な子どもたちの笑顔に出会えるのを、スタッフ一同楽しみにしています。

コメント

2013年“年間カリキュラム”のご紹介

2013年03月26日 | ご案内

2013年度から新しくなる自然体験学習教室ですが、より良くみなさんに知っていただく為、類農園の栽培カレンダーを作成しました。

AコースとBコースそれぞれの開催日が異なり、当日に作業内容を分かり易くなりました。↓

当日どんな作業をするのかイメージしていただく為に、作業のイラストがありますのでご参照下さい。

AコースとBコースの合同企画では、11月17日【販売体験】12月15日【もちつき】があります。

新しい仲間やみんなで一緒に作り上げるイベントがあるので、より仲間関係や仕事の内容が濃く学べる体験ができます。

コメント

類塾・類農園 自然体験学習教室 とは?^o^)w

2012年12月31日 | ご案内

『自然体験学習教室』は、1年を通じて自然や農作物にふれ、出荷や販売などの「仕事」を体験し、地域のさまざまな方々と関わる中で、小学生を健全に育むことを目的として開講しています。生徒数約1万8000名、59教室を大阪府と奈良県に展開する『類塾』と、同グループが経営する『類農園』(奈良農場)が共同で2000年4月から毎年運営しています。

 

2012年 自然体験学習教室 は、

12/9実施 第10回「もちつき&閉校式」をもって

今年度の予定を終了いたしました。

 

多くの方々にお世話になりました!ありがとうございました。

子供たちみんなの活躍はすごかったです。いっぱい成長しましたね

 

さて来年度の自然体験学習教室については

現在企画中です。

 

2013年度は4月より、また再開することになると思います。

春にみなさんの笑顔に会えるのを楽しみにしています!!

 


自然体験学習教室について詳しくは? → 自然体験学習教室のコンセプト

年間カリキュラムのご案内についてはこちら → 年間カリキュラム(2012年)

「自然体験学習教室」の資料請求、申し込みなどはこちらから  →類塾のホームページ『自然体験学習教室』 

当ブログでは、自然体験学習教室に参加してくれているみんなが、類農園の田んぼや畑でがんばる様子や、市場や商店街での販売体験で活躍する姿を、楽しい写真入でレポートしています。ぜひゆっくりとご覧ください!

人気ブログランキング
にほんブログ村に参加してます。応援してね
           ↓        ↓
       ブログランキング・人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログへ

 

コメント (36)   トラックバック (3)

今までの気持ちをいっぱい込めて☆販売体験をしました!

2012年11月22日 | ご案内

【2012年自然体験学習教室】が第1回目から始まり今回、9回目を迎えました・・・。

今まで参加してくれたみんなが作った野菜やお米を・・・ついにお客様に売る時が来ました!!

11月18日に十三元今里商店街でみんなが作ったお野菜を販売しました

そして、今回はいつもいっている類農園のお野菜も一緒に販売して、しかも!今回は類農園の周りの農家さんが作ったお野菜を実際に「売ってきて!」と期待され一緒に販売をしました☆

今回販売出来たのも、【十三元今里商店街】のみなさんのご協力で、場所を貸して頂き販売させて頂きました!ありがとうございました。

今回のテーマは【みんなで作ったお野菜でお客さんを笑顔にしよう☆】です。

それでは、当日の様子を見ていきましょう!

今回はいつもと違って子供達は阪急電車「十三駅に到着」して、十三教室に集合しました

【開講式】

  

今日の販売する目的を確認して、販売する時の秘訣や成功のポイントを去年の先輩達が、るい塾ネットに投稿してくれていたので、それを確認しました。

さて、いよいよ販売の準備に入ります

まずは各班で何を販売するのか発表です。各班毎に発表されるたび拍手と笑顔が沸きあがりました。

1班 たまねぎ・黒米・赤米・合鴨コシヒカリ(300g・2k)・ミルキークイーン(300g・2k)・上撰煎茶・ひとめぼれ(300g)・ほうじ茶・たまご

2班 こかぶ・菊菜・サラダ水菜・黒大豆・かおりゴボウ・りんご

3班 万願寺・太ネギ・さつまいも・大豆・日野菜・ミニブロッコリー

4班 ヤマトイモ・じゃがいも・里芋・金ゴボウ・ブロッコリー・梨

5班 大納言小豆・青ネギ・柿・白菜・チンゲン菜・モチ米

6班 じゃがいも・大根・カリフラワー・原木しいたけ

7班 にんじん・キャベツ・スティックブロッコリー・大和真菜・青大豆・さつまいも

8班 里芋・リーフレタス・しめじ・小松菜・ほうれん草・自然薯

次に各班で【値札作り】をしました。みんな良い値札が出来た!

お客さんの事を考えて文字を大きく書いたり、色んな工夫をして完成させました。

  

 

それから、班担当の先生による、【販売講習会】をしました。

真剣に見ていたので、気付きや発見がドンドコ出てきました

その後、各班で実際にお客さんが来たら、何をアピールするのか?などみんなでシミュレーションしました。

    

 

さて、本番に向けて準備が整ったので【お昼ごはん】を食べてます☆おいしかった~!

     

出発前のがんばるぞー!オー!!

販売会場は十三本町商店街と十三元今里商店街 です!

開店に向けての準備をして、商店街の方々にあいさつをしました。「商店街を使わさせていただきます。よろしくおねがいします。」

【販売開始】

12時45分になりました!

いよいよ、販売スタート!

    

    

お客さんにドンドン話しかけています☆

    

ドンドコドンドコ笑顔や元気が生まれてきます

                  

 あっという間に2時間が過ぎ去っていきました

十三教室に戻って来てカンパーイ!

【類農園が直売所(お野菜やお米を売る店)を作る】ので、今回みんなで販売をして成功した、秘訣や発見した事・気付いた事・工夫した事などをこれからに活かしたいから、班毎で出し合いました。

    

類塾ネットより・・・↓

*************************

1班

・チラシやインターネットで類農園の事を知ってもらう。
・レシピのチラシや試食してもらう
・ポイントカードやスタンプラリー、福引きをして商品をつける
・笑顔とあいさつを忘れずする
・タイムセールでお得感をだす
・商品を山盛りで見やすくきれいにならべる
・値札を見やすくする
・寄付をつける
・素早く計算する      

2班

直売所の成功にわ、

売っている品物を落とさない。

会計のスピードを早くする。

お客さんの顔を見て接客する。

品物の前に立たない。

品物を無理に押し売りしない。

品物のアピールポイントを言う。

みんなで一気に言わない。

品物の値段を覚えるでした。

*************************

社会飛び出して商品を販売したみんなは、本当に沢山の事を学んでくれたと思います。

 

最後に・・・販売総額はなんと!!212.710円でした

売り上げたお金の使い道は、来年お野菜を作る時に種や肥料などに使うね♪

販売楽しかったですね!

 

次回はいよいよ、12月9日【おもちつき・閉校式】です。

田植えや稲刈りをしたお米を使っておいしくいただきましょう。

12月9日に会えるのを楽しみにしています

コメント

自然体験学習教室 2012年度第8回 『~脱穀しました!!~』

2012年11月01日 | ご案内

みなさんこんばんは前回の体験学習教室は稲刈りでしたね

さて、今回はその稲刈したお米を次の作業ー>脱穀(だっこく)を10月28日にみんなで行いました

ところが・・・当日の天気があいにくの雨になってしまったので、今回は農園のビニールハウスの中で、脱穀の歴史や実際に大昔の人が使っていた道具を使って脱穀をしました。

もちろん、現代は機械化されていて、コンバインと言う便利な機械でも行いましたが、そんな機械も実は昔の道具の知恵があって出来ていると言う事も勉強しました

それでは、当日の様子を見てみましょう

 

開講式

当日はあいにくの雨の中、脱穀体験に行きましたー!ちゃんと農園のプロの先生方が脱穀していないワラを用意してくれました

脱穀の説明

日本ではおよそ3000年前からお米を作り始めたといわれています。昔の人たちがどんな風に脱穀をしてきたのか歴史を学びました。

そしたら、歴史を辿るごとにどんどん道具が進化していきます。

   

脱穀ってなんだろう?(稲からもみを取ること)から始まり、日本人が最初のお米作りでやっていた脱穀の仕方は手でもぎ取っていました

その後進化を追っていくと・・・・・・丸太に叩いて脱穀をして=>千歯こきが出来て=>とうみが出来て=>足踏み脱穀機が出来て=>ハーベスターが出来て=>コンバインが出来ました。

と言う風に、昔の道具がどんな風に進化していったのか?昔の人はどんな気持ちでやっていたんだろう?と昔の道具が現在に至るまで写真でみて勉強をしました。

しかも、今回はそんな昔の道具を使って貴重な体験も出来ました

 

みんなが大好きお昼ごはん

農園で取れたサツマイモのサラダが甘くておいしかったね

  

   

 

脱穀体験開始

今回脱穀した種類は6種類で色んな体験が出来たね

千歯こき

およそ400年前ぐらいに前に使っていたと言われる道具です。

みんな引っ張るの大変だったね

  

足踏み脱穀機

およそ300年前の江戸時代に出来たといわれる道具です。実際に農園にある脱穀機も200年前に作られたと言われています。

300年前は鉄が少なかった時代なのでほとんど木で出来ています。農園でも慎重に扱っています

  

 

とうみ(選別機)

みんなが脱穀したお米の中に【シーナ】と言われるお米の粒が入っていない籾があるので、それを風で良いお米だけを残して選別する道具です。

この機械も400年ほど前に出来たと言われていて、ほとんど木で出来ています

  

ハーベスター

ここからが機械の登場です

60年前に出来たと言う機械で、足踏み脱穀機の機能が生かされて、出来ました。さらにとうみの選別する機能も付いているのですっごく便利

   

コンバイン

みんなも見た事があると言う機械。

稲刈りをしてくれて、さらに脱穀もしてくれて、さらにさらにとうみの選別する機能も付いているので、農家の人にとっては優れ物の機械です

こうして、現代では機械が全部してくれているけど、昔はみんなが協力して脱穀しないと出来なかった事が感じられました。昔の人ってすげー

  

ペットボトル脱穀&もみすり

実際に、日本人がお米を作り始めた時からしていた、手で捥ぎ取る(脱穀)をしました。お米1粒1粒を大事にしながら取っていましたね。

手で脱穀した籾を次の作業ー>もみすりも一緒にしました。

もみすりは脱穀した籾をもみがらと玄米を分ける作業で、野球で使うボールとすり鉢で80人みんなで玄米しました

  

片付け

みんなが育てたお米を一粒も残さず綺麗に集めました

結果発表・・・・なんと75キロ脱穀出来ました目標の30キロの倍以上取ることが出来ましたそしてもみすりは・・・・・なんと800gしか出来ませんでした昔は全部手でやっていたけど、今の機械って凄いね

  

自由時間&遊び

ちょうど雨が上がったので、遊びをしました

●鶏のお世話●野菜販売●お土産作り●ワラの紐きり●遊び。

色んな体験が出来ました。教室はとっても広いので、かけっこしたり走り回ったりもしました

     

 

大阪に出発

みんな脱穀お疲れ様それじゃあ、荷物を持って大阪にいってらっしゃい

  

 今回は雨だったけど、みんなで作ったお米が脱穀できて良かったです

次回は11月18日十三商店街の場所を借りて販売体験です

今まで作り続けてきた作物を売る時が来みんなで頑張って売ろうね

ではでは~。

 

コメント

2012年“年間カリキュラム”のご紹介

2012年02月01日 | ご案内

このエントリーでは、2011年度のカリキュラムのリンクと合わせて2012年度の年間カリキュラムをご紹介します

左は、2012年の開催予定日。そして右のリンクは2011年の開催日の実際の様子(参考)です。

※各企画は現在のところの予定です。変更になる場合があります。


第1回  2012年4月15日(日)   『~開講式~』(←2011年の様子)  
    ☆教室の周りの自然を大冒険
    ☆新しい仲間を作ろう

第2回  2012年5月20日(日)   『野菜を植えてみよう』(←2011年の様子) 
    ☆チームで協力って楽しい
    ☆農業の、こんな仕事あんな仕事

第3回  2012年6月3日(日)   『田植えをしよう』(→2010年の様子) 
    ☆みんなで田植え

第4回  2012年6月17日(日)  『野菜を育てよう』(←2011年の様子) 
    ☆作物が大きくおいしく育つには?

第5回  2012年7月8日(日)  『流しそうめん&緑で遊ぼう』 (←2011年の様子)
    ☆みんなで流しそうめんにチャレンジ
    ☆夏の緑の中で思いっきり遊ぼう


特別企画 夏合宿 2012年8月10~11日  『夏合宿 』  (←2011年の様子)

    ☆夏合宿は新しい企画にチャレンジ!内容については7月の発表を楽しみにしていてください!
    ※「夏合宿」は、自然体験学習教室の年間カリキュラムとは別の商品です。


第6回  2012年9月16日(日)   『秋のお楽しみ企画』 (←2011年の様子)
    ☆みんなが楽しめる企画をみんなで考えよう 

      *内容についてはお楽しみに!

第7回  2012年10月7日(日)  『稲刈りをしよう』(←2011年の様子)
    ☆みんなで育てた稲を刈り取ろう

第8回  2012年10月28日(日)  『脱穀をしよう』(←2011年の様子) 

    ☆みんなで刈り取った稲を脱穀しよう

第9回  2012年11月18日(日)  『販売体験in大阪』(←2011年の様子)  
    ☆みんなで育てた野菜を販売しよう(協力:大阪市・十三元今里商店街&十三本町商店街)

第10回  2012年12月9日(日)  『~もちつき大会~』(←2011年の様子)
    ☆自然の恵みに感謝しよう
    ☆仲良くなったみんなで、おいしいおモチをつこう


※申し込み方法など詳しくは
類塾ホームページ 自然体験学習教室のページ
 ページ下の、「資料請求・お問合せ」フォームから、お問い合わせくださるか、

もしくは、http://juku.rui.ne.jp/branch/index.html
最寄りの教室までお電話でお気軽にお問い合わせください。


ブログランキングに参加しています。↓クリックで応援お願いします

ブログランキング・人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログへ

コメント