類塾・類農園★自然体験学習教室の広場★

自然いっぱい!仲間もいっぱい!
本物の農業体験から、実践的な【生きる力】を育みます!
こどもの成長ぶりを紹介します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第1回Bコース「土づくり」と「スイートコーンの種まき」★~任せてもらうとやる気UP↑↑!!~

2014年04月27日 | 開校日の様子

こんにちは♪だいぶ暑くなってきましたね
さて、またまたお待たせしてしまいましたが、第1回Bコースのご報告です

 

Bコースも初回でドキドキしてるかと思いきや、すぐに開講式を終えた頃にはすでにスタッフやお友達と打ち解け始めていました

スタッフの学生さんたちもどんどん子どもを巻き込んでくれていたので安心でした

第1回Bコースでは、おいしい作物をつくるのにかかせない「土づくり」と、類農園の大人気商品である「スイートコーンの種まき」をしました

今回やった「土づくり」の主な作業は「たい肥まき」。

これは、たい肥を土にまき、定期的に混ぜてあげることで、「団粒構造」という環境ができます。つまり、土の中に空気ができて、保湿性や保水性、通気性が良くなるんですまた、今回使ったのは野菜のくずを土にした、有機質のものです。有機のたい肥をまくと、さまざまな微生物が住めるようになります。微生物=分解者がどんどん活性化してくると、植物も栄養分を吸収しやすくなります

子どもたちは班ごとにチームを組んで、たい肥まきを進めていきました。

 

今回は一輪車にたい肥をのせる人、一輪車でたい肥を運んでおろす人、おろしたたい肥をシャベルでまく人といった役割をつくり、班の中で分担してやってもらいました。


自分の班の堆肥まきがおわったら、他の班に手伝いにいってくれる子もいました

お仕事を積極的にもらいにいく姿勢はとても◎です

 


お昼はたきたての白ご飯と炒め物と野菜たっぷりのお味噌汁

Bコースは去年の経験者が多いのですが、今年からのお昼ご飯の試みに、みんな「バージョンアップした!!」と歓心してくれています

その顔を見れるとこちらもとっても嬉しいですありがとう


昼休みを終え、午後は残ったエリアのたい肥まきをした後に、スイートコーンの種まきをしました
最初にスイートコーンの説明を北川隊長。

このエリアでの、スイートコーンの主な外敵は「アライグマ」!という説明に、子どもたちは意表をつかれておどろいていました★動物園ではあんなに可愛いアライグマも農園では「害獣」となってしまうんです

次に種まきの説明へ。
種まきには、芽を出す方向と根を出す方向が決まっています。なので、種の向きに気をつけてまかなければなりません。また、芽がしっかり出るために、深さも重要です。

 


子どもたちには、土を桶やポットにいれるところからお願いしました

種まきの方は、向きに気をつけながら、集中して上手に取り組んでくれました★ありがとう!次にみんなが来る頃には、もうスイートコーンも葉を大きく伸ばして畑に植わっているはずですお楽しみに

********************************************


Bコースのみんなに特徴的なのは、「任せてもらうとやる気がぐーんとUP」なところ
そして、一つの作業にひたすら集中して取り組んでくれるところ

「○○くん、これお願いしてもいいかな」と名前をよんで一つの仕事を任せると、喜んでやってくれる
また、使命ととらえたかのように、黙々とそこに向かってくれるんです


責任感のある、お兄ちゃんタイプ、お姉ちゃんタイプが多いのでしょうか^^すごくです

さて、次の農作業は、お天気がよければ「田植え」もしくは「サツマイモの苗植え」を予定しています。
これは、チームワークの求められる作業です

任せてもらいにいくのも大事。でも、チームワークって、一人で黙々と動くのではなくて、周りをよく見て、協力して動いていくことの方が重要なんです。
チーム全員で成果を高めるためにはどういう段取りや役割で進めていったらいいか?」をどんどん考えて、最終的にはBコースとして高い成果を残しましょう

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/6(日)第1回Aコース「水菜の種まき」仲間になるのも作業を進めるのもとても早い★

2014年04月15日 | 開校日の様子

先週、いよいよAコース どきどきの第1回が開催されました
更新が遅れてしまってすみません

初回でドキドキしている子どもたちを、宇陀川沿いの満開の桜が出迎えてくれました
天気は雨が降ったり、途中で強い風が吹いたりしましたが、午後はからっと晴れ、とても暖かくなりました

今回は大きく2つの課題目標をみんなと確認しました
◆みんなが扱う野菜は、お客様に売る商品だということを意識して取り組もう
◆一年間、一緒に作業をする仲間と仲良くなろう
です


今回の作業は、通年大人気の商品、「サラダ水菜」の種まきをしました

種が芽を出すためには深さと間隔が重要です。
子どもたちは栽培担当の向さんの話を真剣に聞き、作業の時も、わからないことを1つ1つスタッフにしっかりと確認しながら、丁寧にすすめてくれました。

種をまいたら、上から「たい肥」をまきました

(↓画像はクリックするとおおきくなります♪)

みんな集中してやってくれたので、午後まで予定していた種まき・たい肥まきは午前中で終わってしまいました!
なので、午後は種まきの次の段階となる「間引き」をしてもらいました。

けっこう細かい作業で、1人でやるとすっごく大変。でも、子どもたちは1つ1つの芽をじっくりと注視し、丁寧に進めていってくれました♪

7人の子どもと周りの大人が力をあわせたら、これもあっという間に目標領域を終わりました♪
作業の終わりには、みんなで拍手をして、達成感を分かち合いました♪

最後の閉講式では、みんなで一日学んだことや感想を伝え合いました。


みんな、間隔や深さの数値、意味をちゃんと覚えてくれていました☆次はどうしたらもっと早くなるかもたくさん考えてくれました♪中学生の男の子の発言がとっても頼もしかったです

彼らには今後は小学生のみんなをひっぱってもらい、周りのみんなには彼らのいいところをどんどん真似ていってもらおうと思います☆


最後に、がんばったみんなには類農園から、水菜の栽培シートと、黄大豆を「豆ご飯」のレシピ付きでプレゼント♪

サラダ水菜はとっても成長が早いので、次にAコースのみんなが類農園へ来るときには、もう収穫できるまでに成長しているでしょう次をおたのしみに

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年度自然体験学習教室 年間カリキュラムのご紹介☆

2014年04月09日 | 予告!

 

いつも自然体験学習教室ブログをお読みいただき、ありがとうございます!

とてもあたたかくなりましたね。

類農園では新しい作物が次々と芽を出し、日々大きくなっていく姿にうきうきしております。

さて、その中で、2014年度自然体験学習教室がついに幕開けしました☆

本年度も応援、よろしくお願いいたします

まずは本年度の年間カリキュラムをご紹介します!

年間カリキュラム

04月06日(日)農業の基本・土作りをしよう!
04月20日(日)野菜の苗を植えてみよう!
05月18日(日)サツマイモの苗を植えてみよう!
05月25日(日)田植えだ!
06月15日(日)夏野菜を収穫しょう!①
06月29日(日)夏野菜を収穫しよう!②
07月20日(日)野菜の世話をしよう!①
07月27日(日)野菜の世話をしよう!②
09月07日(日)農家さんを手伝いに行こう!①
09月14日(日)農家さんを手伝いに行こう!②
10月05日(日)稲刈り
10月19日(日)さつまいも掘り
11月06日(日)育てた野菜を店で販売しよう!
12月21日(日)もちつき大会

※天候や畑の状況により、内容を変更することがございます。

 

 

自然体験学習教室を行う類農園は、昨年末に事務所を移転しました。近鉄榛原駅から歩いてこれる距離です☆
とても広い敷地に、畑やビニールハウスが集まったので、「あの時世話した野菜、いまどのくらい育ったのかな」と気になれば、いつでも見にいくことができます

 


また、実際の農作業の時には、各野菜の世話のしかたをのせた「栽培シート」を使って、一つ一つの作業の意味や目標を確認しながら行っていきます。
作業の意味や目標を理解してもらうことで、子どもたちは自分の頭で考え、工夫しながら作業に向かっていくようになります
それを周りから評価されると、次への課題の活力=「相手の期待に応えたい」という想い が大きくなっていきます

 

本年度も、この過程を大切にし、自然体験のみんながぐんぐん成長していくことを、スタッフ一同楽しみにしています

類農園 自然体験学習教室事務局 小林

コメント
この記事をはてなブックマークに追加