類塾・類農園★自然体験学習教室の広場★

自然いっぱい!仲間もいっぱい!
本物の農業体験から、実践的な【生きる力】を育みます!
こどもの成長ぶりを紹介します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第3回Aコース!!ゴボウの草取りと黒大豆の種まきをしました^^!

2013年06月14日 | 開校日の様子

 6月9日に第3回Aコースの自然体験学習教室が行われました

  

前日から熱くなるだろうなぁ予想していましたが、当日になると雲がモクモクと増え始め、曇天の中での体験となりました

おかげで『農作業日和となり非常に過ごし易い一日になったね。

それでは、当日を振り返えって様子を見てみましょう

 

まず最初にみんなが農園に着くと隊長から『あいさつ』がありました。

次に1班は『黒大豆の種まき』2班では『ゴボウの草取り』が始まりました    

ゴボウの草取りでは、ここ奈良県宇陀市の伝統野菜である『宇陀金ゴボウ』が有名で、とっても人気がある商品の草取りをしました

     

草を取らないと、菜が土の養分を吸収できなくなるから、かなり重要な仕事の一つが草取りです

途中、ゴボウの草取りをしていると、葉っぱの間に隠れていた虫を発見

実はこれ、ななほしテントウの幼虫なんです「テントウ虫もいてみんな大喜び

 

次に種まきでは、大豆の種に『へそ』と呼ばれる所を真横にして撒きました。

そうする事で、これから芽が出やすくなる

黒大豆の播種では、類農園で大豆を担当している「奥村さん」が突然来られ、大豆がこれからどんな風に芽が出るか少しお話を聞きました。

  

 

 

次に午前中の作業が終わると、待ちに待った『お昼ごはんタイム』となりました。

 

お昼ごはんが早く終わった子はすぐに教室の周りでカエルを捕まえたり、農園の愛犬バンちゃんの散歩に行ったりしました。

普段体験できない生き物とのふれあいが感じられて、楽しかったね。

 

次に午後の作業は1班「ゴボウの草取り」2班「黒大豆の播種」をしました。

ゴボウの草取りの途中、なんと!畑からサザエの貝殻を見つけた子がいましたもしかしたら、この畑は大昔海だったかもしれません・・・。先生も感動・感激・・・

  

午後の作業が終わり、班毎で感想タイムを初めました。

色んな子から今日一日を通して「楽しかった事」「一番頑張っていた人」そして「発見があった事」など、みんなが良い感想を言ってくれて、班毎で発表しあいました先生も嬉しかったよ

  

 

 

最後に着替えを済ませてから、農園を出発となりました。

Aコースのみんなには隊長から「ブログのコメント宜しくね!」と伝えているので、みんなからの返事待ってまーす!

あと、みんながまいてくれた黒大豆はもうこんなにも大きくなってますよーありがと

 

次回は7月14日です。どんな事が出来るか今から楽しみにしててくださいね^^』

コメント (4)