類塾・類農園★自然体験学習教室の広場★

自然いっぱい!仲間もいっぱい!
本物の農業体験から、実践的な【生きる力】を育みます!
こどもの成長ぶりを紹介します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「自然体験学習教室2010」 第四回 ~野菜を育てよう♪~

2010年06月23日 | 開校日の様子
6月20日に、4回目の自然体験学習教室が開催されました

今回は「野菜を育てようということで、みんなでサトイモや、キュウリ、カボチャなどの野菜の世話に取り組みました。また、玉ねぎ吊りや、前回田植えをした田んぼに立てる、かかしや看板も作り、体験教室の畑も大分仕事がはかどり、そして田んぼはより一層にぎやかとなり、今回も大成功に収めることができました♪

実は、成功の秘訣は今回のテーマ、「課題共認・役割共認・評価共認」なんです

↑仕事がうまくいく条件 byなんで屋

「どんな課題があるのか(課題共認)」「だれがその課題を担うのか(役割共認)」「やってみてどうだったか(評価共認)」という、課題に対しての目標が、みんなで共有できたことが、成功した秘訣と思います

当日は、みんなに色々な野菜の世話をしてもらいたいところでしたが、今年は例年に比べ、天候不順で日照不足や低温が続き、作物たちも想うように成長してくれず、まだまだ、手をかけるには早いものが多かったため、野菜の世話も限られたものとなりました。

ですが、そのような状況だからこそ、「じゃあ、どんな課題があるんだろう?」とみんなで深く考えてみれば、今だからこそ、できることがたくさんあるんだということが分かって、なんだか嬉しい気持ちになりました

そして、それらの課題を子供たちに取り組んでもらうことで、みんなで協力して達成することができました
みんなよく頑張りました!今回もみんなの成長振りを見て、とても頼もしく思いました

では、当日の教室の様子を見ていきましょう


~教室の様子~

☆サトイモの草取り・追肥・土寄せ☆

午前中は、みんなで前回植えた、「里芋」の世話をしました。
サトイモが栄養をいっぱい吸えるように、余分な雑草を抜いて、おいしい芋が育つように、肥料をあげ、最後に、撒いた肥料が流れないように、土を寄せました。
前日から雨が沢山降ったため、地面がぬかるんでいて大変でしたが、みんなで役割を分担して、協力しあったことで、きちんと終えることが出来ました
☆午後 野菜の世話と玉ねぎ吊り、案山子・看板作り・防鳥ネット張り☆

さて午後からは、班ごとに分かれて、それぞれの課題に挑戦しました☆
☆ 1班 キュウリの草取り・追肥・誘引☆
一班さんは、キュウリのお世話をしました。余分な雑草を抜いたり、堆肥を与えてすくすく成長するように促したり、絡み合ったつるを整理して、まっすぐ上に上に伸びるようにしました
☆ 2・3・4班 カボチャの草取り・堆肥撒き・藁しき ☆

続いて、2・3・4班さんは、カボチャのお世話をしました。雑草を抜いてから、ふかふかの土になるように、堆肥を撒いて、最後に、藁を敷き詰めました
かぼちゃは、成長するに従って、つるがどんどん伸びていき、実をつけます。かぼちゃの実が土で汚れないように、また痛めないように、藁でベッドをつくりました
必要な箇所に藁を敷き詰めるだけでも、相当な量が必要だったのですが、子供たちで協力して、バケツリレーのように、藁を回していって、見事終えることが出来ました
☆ 5班 玉ねぎ吊り ☆
そして、5班さんには、収穫した玉ねぎを、紐で括ってパイプに吊るしました
玉ねぎは、収穫してから風通しの良い場所に吊るして乾燥させると、長持ちします
この玉ねぎは8月の販売体験で商品として出すものなので、子供たちに頑張ってもらいました
結構な量があり、全部吊るせるか心配でしたが、玉ねぎを吊るす役割は、高学年のお兄さん、お姉さんが、そして玉ねぎを吊るす人に渡すのは低学年の子達と、それぞれ分担して、あっという間に終わらせてくれました
☆ 6・7・8班 案山子・看板づくり ☆
6・7・8班さんは、田んぼに立てる案山子と看板を作りました
案山子は、寄せ集めの材料で、子供たちに自由につくってもらいましたが、それぞれ、とっても面白いユニークなものができましたこれなら鳥も寄ってこないでしょう
また、看板もとっても賑やかなものができて、見る人を和ませてくれる田んぼになりそうです
この記事の最後に、案山子と看板を立てた、体験教室の田んぼをご紹介します
☆ 6年生のお兄さん トウモロコシの防鳥ネット張り ☆
最後に、6年生は、大仕事のトウモロコシの防鳥ネット張りをしました。
7月の後半~8月の初旬になってくると、いよいよトウモロコシが食べごろになります。ですが、それを狙っているのは、僕たちだけではなくて、カラスなどの鳥さんたちも啄ばみにきます。
大切なトウモロコシを守るために、6年生のお兄さんたちで、頑丈な骨組みを立てて、見事ネットをかけることができました
これなら、夏には美味しいトウモロコシが食べられますね

☆ みんなのいいところ発見・寄せ書き ☆


農業体験が終わったあとに、みんなの良かったところや、感謝のメッセージを寄せ書きにしました。今年の体験学習教室では、毎回恒例の行事になっていますが、こんな風に、みんなと入る中で想ったことを文章にして送るのは、お互いとても嬉しいですよね


今回の体験学習教室は以上です
「課題共認」・「役割共認」・「評価共認」がしっかりできたことで、大成功に収めることができました
最後に、教室の田んぼをご紹介しますこんなに賑やかになりました
次回もお楽しみに
コメント

今年もかみなか長期合宿やります!

2010年06月13日 | かみなか長期合宿

 小6から中2のみなさん、お待たせしました!! いよいよ『かみなか長期合宿2010』始動します

  もう申込書はもらいましたか?6月21日(月)17時から類塾各教室で受付がスタートします 

 数時間でアッという間に、キャンセル待ちになってしまうほどの超人気合宿ですので、「行きたいなぁ~」と思っている人は、21日の17時ちょうどに、申込書を教室まで持っていきましょう!

もちろん塾生以外のお友達も参加できるから、お友達にもどんどん声をかけてね!

 

  さてさて、“かみなか合宿ってどんな合宿!?”というみんなの疑問にお答えします!

 福井県若狭町という町に、類塾が福井県と一緒に建てた「かみなか農樂舎(のうがくしゃ)」という施設があります。

この農樂舎は、若狭町と都市を結ぶ、地域の中心的存在!

【かみなか農樂舎HPhttp://www.nouson-kaminaka.com/

ここで、7月21~24日に、3泊4日の合宿をします!

自然が豊かなかみなかの大地で、みんなには、若狭町の大きな期待に応えてもらうんだよ

 若狭町が最も期待していること、それは……、

「都市の人に、若狭町をもっと知ってもらいたい」

「都市の人に、若狭町にもっと来てもらいたい」  ということなんだ!

 そんな期待に応えるために、去年(2009年)の合宿で、若狭町広報誌『緑のまち 若狭』を小中学生のみんなで作製しました

町の人にインタビューしたり……


観光地を回ったり……


職業体験をしたり!

 

みんなが体験したことを記事にまとめることで、若狭町の魅力がとってもあふれる、すばらしい広報誌になったんだ!
http://blog.goo.ne.jp/sizentaiken/e/d9b61d34a3d920844d5198422509102e

だから、『全国農業新聞』にも大々的に載りました★
http://blog.goo.ne.jp/sizentaiken/e/46dad8309b68f073617bf439d69a8e1d

 

今年は、さらにすごい広報誌を作るため、合宿の途中に農家さんのお宅にお邪魔して・・・

1泊2日の「農家民泊」に行きます!

どんな体験ができるのか、どんな広報誌になるのか、 いまからもう、ドキドキわくわく、すっごい楽しみだね

 かみなか合宿の詳し~い説明については類塾ネットを読んでみてください!

今年も、みんなと熱い夏を過ごせることをスタッフ一同待っています

みんなかみなか合宿に申し込もう

人気ブログランキングにほんブログ村に参加してます。応援してね
           ↓         ↓
       ブログランキング・人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログへ

コメント (1)

「自然体験学習教室2010」 第三回 ~田植え~

2010年06月08日 | 開校日の様子
6月6日の日曜日に第3回目の自然体験学習教室が開催されました
今回は、一大イベントの『田植え』でした!

 
当日は、子供たち・保護者の方々・先生方を含め、総勢130人もの人たちが集い、無事に植え切ることができました
農園の周りは、いつもは静かなのものですが、田植えでは、みんなの元気な声がこだまして、とても賑やかな一日となり、また、その様子を見ていた周りの農家さんたちも、微笑ましく見守ってくれていました
大きな田んぼを植え切ることができたのも、みんなが一つになれたからこそだと想います。
そして、子供たちが一つになって頑張る姿は、周りの人たちも元気にさせてしまう力があるのでしょうね。植えた苗たちも、すくすくと育ち、実りの秋を迎えてくれるといいですね
さて、それでは当日の様子を見ていきましょう
☆当日の様子☆
早速、みんなで田んぼに集合
今回の田んぼは、前回よりも広いので、みんな頑張って植えきろう
(ちなみに、この田んぼは地元農家さんの森開さんのご好意で、使わせて頂ける事になりました。森開さん、ありがとうございました。)
さあ、みんなで田んぼに入ってみよう
初めて田んぼに入るのは、ドキドキするけど、裸足で田んぼに入ると、暖かくて凄く気持ちいいよね
中央に集まって並んだら、待ちに待った田植えの始まり
みんなで息を合わせて、『とる』『植える』『下がる』『ならす』の掛け声でどんどん進めていこう
田植えをしていくにつれて、だんだんとみんなの息が揃ってきて、上手に植えられるようになったね
高学年のお兄さん、お姉さんは、積極的に声を出したり、低学年の子たちの面倒を見てあげられていたね
そして、低学年の子たちは、泥んこになりながらも、最後まで植え続けることができたね
みんな、凄く成長しているね
そして、最後の苗を植えて、、、
全部植え切ったね!おめでとう
こ~んなに広い田んぼを、みんなの力を合わせて、綺麗に植え切ることができました
みんなが頑張って植えた苗は、これからどんな風に成長していくかな?定期的に投稿するので、みんな見てね
(ちなみに、みんなが植えた苗の種類は『もち米』で、10月には稲刈りをして、精米したものは、11月には十三商店街でお客さんに販売したり、12月にはもちつきに使います♪)
今回の自然体験学習教室は以上です。
次回も、お楽しみに
コメント (1)