SENTOKYO ブログ

専門図書館協議会が立ち上げたブログです。

「国立国会図書館ビジョン2021-2025 -国立国会図書館のデジタルシフト-」の策定/国立国会図書館

2021年04月05日 | 会員機関からのお知らせ
この度国立国会図書館はその使命・役割を果たすため、7つの重点事業と、4つの基本的役割から成る新たなビジョンを策定しました。

-情報資源と知的資源をつなぐ7つの重点事業
情報技術によって私たちの社会活動やコミュニケーションのあり方が変容し、さらに新型コロナウイルスが大きな影響を及ぼす中で、
社会のデジタルシフトが加速しようとしています。
この状況を踏まえ、国立国会図書館は、情報資源と様々な知的活動を的確につなげていくために、
今後5年間を「国立国会図書館のデジタルシフト」推進期間と位置付けて以下の7つの事業に特に重点的に取り組みます。

1 国会サービスの充実、
2 インターネット提供資料の拡充、
3 読書バリアフリーの推進、
4 「知りたい」を支援する情報発信、
5 資料デジタル化の加速、
6 デジタル資料の収集と長期保存、
7 デジタルアーカイブの推進と利活用

-国立国会図書館の基本的役割
国立国会図書館法前文に掲げられた使命を果たすため、以下の基本的役割を遂行します。
1 国会活動の補佐、
2 資料・情報の収集・整理・保存、
3 情報資源の利用提供、
4 各種機関との連携協力

詳細については、以下のビジョンのページをご覧ください。

国立国会図書館ビジョン2021-2025 -国立国会図書館のデジタルシフト-
URL: https://vision2021.ndl.go.jp/
コメント   この記事についてブログを書く
« 第8回博物館セミナー「企業ミ... | トップ | 矯正図書館 司書(正職員)... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

会員機関からのお知らせ」カテゴリの最新記事