SENTOKYO ブログ

専門図書館協議会が立ち上げたブログです。

大学図書館問題研究会オープンカレッジが開催されます

2006年04月30日 | 外部機関セミナー・イベント案内など


大学図書館問題研究会がオープンカレッジを開催します。以下は、その開催主旨と内容です。

半歩先ゆくリポジトリ ―もう一つのIR―
 リポジトリってどんなトリ?最近よく聞くキーワードですが、「うちには縁が なさそう」とか思っていませんか?
 大きな図書館でも小さな図書館でも、資料の電子化が話題にのぼらないところ は少ないのではないでしょうか。ひとくちに電子化と言っても、著作権処理が難しそうだから、貴重書をスキャンしてメタデータをとって。とはいっても貴重書もそれほど所蔵してないし。
 でも、幸せの機関リポジトリは、いつもあなたのそばにいたのです!
 どこの大学でも持っている一番の財産はその大学の研究者の論文。それを発信しない手はありません著作権?最近は自分の論文ならリポジトリなどに登録するのはOKという雑誌(グリーンジャーナル)も増えているようです。
 今回の大図研オープンカレッジでは、情報検索(Information Retrieval)とは違う、もう一つのIR(Institutional Repository:機関リポジトリ)について、実際に稼動している2大学からご報告をいただくとともに、最新の動向もご報告いただきます。



日時: 2006年6月10日(土) 14:00~17:00(終了後懇親会を予定)
場所: 東京大学理学部小柴ホール(本郷キャンパス理学部1号館)
       http://www.hfbs.or.jp/toudaimap.pdf
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_06_01_j.html
講師: 阿蘓品治夫様(国立情報学研究所)
    荘司雅之様(早稲田大学図書館)
   入江伸様(慶應義塾大学)
参加費: 会員、学生 1,000円
     非会員 1,500円
お申し込み: doc-entry@daitoken.com

 # 当日受付の簡素化、人数把握のため、事前お申し込みにご協力いただけ
   れば幸いです。お名前、ご所属、会員/非会員の別 をお知らせください。
   ご提供いただきました個人情報は、当日受付の目的以外には使用いたし
  ません。
なお、当日参加も可能ですので、当方より返信がない場合でも、
   直接会場までお越しください。
コメント

4月29日の図書館関連記事

2006年04月29日 | 図書館関連ニュース
ag.県近代文学館で「名作展」始まる
(4月28日:東奥日報)
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2006/0428/nto0428_15.asp

ah.5月6日、宇部市立図書館で春まつり
(4月28日:宇部日報)
http://www.ubenippo.co.jp/one.php?no=2901
コメント

4月28日の図書館関連記事

2006年04月28日 | 図書館関連ニュース
aa.“鎌倉アカデミア”創立60年祭
(4月27日:タウンニュース)
http://www.townnews.co.jp/020area_page/03_fri/01_kama/2006_2/04_28/kama_top1.html

ab.独自図書館この夏開館 JR瀬峰駅の文庫運営NPO
(4月28日:河北新報)
http://jyoho.kahoku.co.jp/member/news/2006/04/20060428t15007.htm
記事を読むには、ホームページからの登録(無料)が必要です。
→ http://jyoho.kahoku.co.jp/kolmem/top.htm

ac.生駒市図書館:お薦め絵本、リストに 市の司書が選定、執筆の力作/奈

(4月27日:毎日新聞)
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/nara/news/20060427ddlk29040625000c.html

ad.日本の漫画はわいせつ?=公立図書館が解説書を撤去-米加州
(4月28日:毎日新聞)
http://www.jiji.com/cgi-bin/content.cgi?content=060428065310X243&genre=int

ae.今年になって急増のウィニー被害――“真犯人”は個人情報保護法?
(4月27日:読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/net/frompc/20060427nt06.htm

af.文化庁でIPマルチキャストの著作権を議論,役務利用放送協議会が意見陳述
(4月27日:IT Pro)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060427/236495/
コメント

これからの図書館像-実践事例集-(文部科学省:4月21日発表)

2006年04月27日 | 図書館関連ニュース
標記レポートが文部科学省から発表されました。23事例を下記のジャンルに層別してまとめられています。

はじめに
1. これからの図書館サービス
 ア. 課題解決を支援する図書館サービス
 イ. 情報コミュニケーション技術(ICT)を活用した図書館サービス(ハイブリッド図書館)
 ウ. 他機関と連携した図書館サービス
 エ. 多様なニーズへのサービス
 オ. 地域振興をめざす図書館サービス
2. これからの図書館経営
 ア. 図書館の新しい経営形態
 イ. 図書館と地域のむすびつき
 ウ. 市町村合併を活かした図書館経営
 エ. 図書館経営の新たな視点
3. 最近の図書館の潮流

http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/tosho/houkoku/06040715.htm

既にご存知とは思いますが、
これからの図書館像-地域を支える情報拠点をめざして-(報告)も発表されています。
4月6日の当ブログを参照してください)
コメント   トラックバック (1)

4月27日の図書館関連記事

2006年04月27日 | 図書館関連ニュース
w.飲食物持参OKの読書部屋 図書館にオープン 狭山
(4月26日:埼玉新聞)
http://www.saitama-np.co.jp/news04/26/21l.html

x.JFKの記録を永遠に――JFK図書館とEMC
(4月26日:ITmedia)
>http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0604/26/news063.html

y.県立図書館と地域図書館 週1回本の貸借便
(4月27日:高知新聞)
http://www.kochinews.co.jp/0604/060427headline03.htm

z.読者情報流出:「毎日フレンド」の6万5千人分 ネットに
(4月27日:毎日新聞)
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060427k0000e040070000c.html

コメント

レファレンス協同データベース事業・参加館の追加募集について(国立国会図書館)

2006年04月26日 | 会員機関からのお知らせ
国立国会図書館では、レファレンス協同データベース事業尾を実施しています。この事業はご存知のように、全国の図書館等と協力してレファレンス事例等のデータを蓄積し、レファレンスサービスの向上を目指す協同事業です。平成18年4月末現在、20,000件を超えるデータが蓄積されており、参加館は、これらのデータを検索利用することができます。また、参加館相互の情報交換の場として、フォーラム、研修会等を実施しています。
このたび下記のとおり参加館を追加募集するそうですので、ご案内いたします。専門図書館にも門戸が開かれていますので、是非ご参加しましょう。

申込期間:平成18年5月22日(月)~平成18年6月26日(月)
申込方法:レファレンス協同データベース事業のページをご覧ください。
申込み・問合わせ先
 国立国会図書館関西館事業部図書館協力課協力ネットワーク係
 E-Mail:info-crd@ndl.go.jp
 TEL:0774-98-1475(直通)

○レファレンス協同データベース事業
 http://www.ndl.go.jp/jp/library/collabo-ref.html
コメント

4月26日の図書館関連記事

2006年04月26日 | 図書館関連ニュース
u.朝日新聞で個人情報流出、ウィニーでアルバイト170人分
(4月25日:NIKKEI NET)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060425AT1G2503L25042006.html

v.金融庁、みずほ銀に業務改善命令・顧客情報流出で
(4月25日:NIKKEI NET)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060425AT2C2503925042006.html
コメント

4月26日の図書館関連記事(番外編)

2006年04月26日 | 図書館関連ニュース
「こどもの日」が近づき、各地の図書館でのイベントも「こどもの日」を意識したものになっています。

1.田原市中央図書館で4日間連続のおはなし会スタート
(4月26日:東日新聞)
http://www.tonichi.net/articledetail.php?artid=11799

2.八戸市立図書館が来月12日まで「ムーミン展」
(4月26日:ディリー東北新聞社)
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2006/04/26/new06042605.htm

3.子ども図書館 大型絵本貸し出し好評 沼津
(4月25日:静岡新聞)
http://www.shizushin.com/local_east/20060425000000000035.htm
コメント

全国研究集会の詳細が決まりました

2006年04月25日 | 専図協からのお知らせ
全国研究集会の詳細(分科会内容)が決定しました。詳細は下記ホームページに掲載していますのでご覧ください。

平成18年度専門図書館協議会総会・全国研究集会
○総合テーマ:「立ち上がれ!ライブラリアン」
○開催日:平成18年6月22日(木)~23日(金)
○会 場:「日本科学未来館」(東京都江東区青海2-41)

http://www.jsla.or.jp/seminar/document/zenkoku_program18.pdf

申込書などは、下記アドレスからダウンロードしてください。
http://www.jsla.or.jp/seminar/zenkoku.html
※:非会員の方の参加大歓迎です。
コメント

4月25日の図書館関連記事

2006年04月25日 | 図書館関連ニュース
★17:00にニュース追加しています。

k.読書して景品獲得 北島町立図書館、子供対象にポイントカード
(4月23日:徳島新聞)
http://www.topics.or.jp/News/news2006042309.html

l.子どもの読書応援 茅野市図書館にセンター開設
(4月23日:長野日報)
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=3353

m.弘前図書館100周年記念展始まる
(4月24日:陸奥新報)
http://www.mutusinpou.co.jp/news/06042405.html

n.ネットを使って図書の予約OK・越谷市立図書館
(4月24日:東武よみうり)
http://www.tobuyomiuri.co.jp/newnews/tosyo.060424.2.html.html

o.市立図書館の17年度利用まとめ~貸出し、過去最高10万4000冊
(4月24日:北海民友新聞)
http://www.minyu.ne.jp/digitalnews/060423_3.htm

p.指定管理者制度:経費削減VS機能維持 市立図書館に民間委託検討--静岡/静岡
(4月21日:毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060421-00000007-mailo-l22
指定管理者制度:静岡市立図書館への導入是非、決議持ち越し--協議会 /静岡
(4月25日:毎日新聞)
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/shizuoka/news/20060425ddlk22010045000c.html
静岡市立図書館への指定管理者制導入検討
(4月25日:静岡新聞)
http://www.shizushin.com/local_social/20060425000000000013.htm

q.県内図書館で名簿閲覧制限の動き/県条例では適用外
(4月25日:秋田魁新報)
http://www.sakigake.jp/servlet/SKNEWS.News.kiji?InputKIJICODE=20060425f

r.「Outlook Express」で迷惑メールを削除しやすくする「OE Rule」
(4月24日:窓の杜)
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/04/24/oerule.htmlhttp://www.forest.impress.co.jp/article/2006/04/24/oerule.html

s.年30冊の読書 県教委がプロジェクト、園児から高校生まで
(4月25日:徳島新聞)
http://www.topics.or.jp/News/news2006042506.html

t.インターネットを守れ--「ネットの中立性」支持派、連合を結成
(4月25日:CNET Japan)
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20102488,00.htm


コメント

記録管理学会2006年研究大会のお知らせ

2006年04月25日 | 外部機関セミナー・イベント案内など
記録管理学会の2006年大会が5月に横浜で開催されます。大会テーマは、「記録管理の社会的責任」、情報公開法、個人情報保護法そして情報セキュリティと、情報に関する関心は非常に高まっています。非会員の方も参加可能ですので、この機会に一度参加されてみてはいかがですか。
13日の基調講演は、
講 師:名和小太郎氏(情報セキュリティ大学院大学)
テーマ:記録の寿命、著作権の寿命」
です。

     開 催 要 領
期 日 : 2006年5月19日(金)、20日(土)
会 場 : 横浜情報文化センター 6Fホール 
JR・市営地下鉄「関内駅」徒歩10分 市営バス「日本大通駅 県庁前」バス停徒歩1分
みなとみらい線「日本大通り駅」地下連絡口直結
詳しくはhhttp://www.idec.or.jp/jyobun参照
参加費:会員 4000円(事前振込)/5000円(当日払)
    学生会員1000円(事前振込)/2000円(当日払)
    非会員 5000円(事前振込)/
         6000円(当日払、当日入会申込で参加費は会員扱、学生は学生会員扱)
懇親会費: 5000円

日程、プログラムなどはホームページを参照してください。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/rmsj/katsudo/event/taikai/text2006taikai.html
PDF版(申し込み用紙付)
コメント

4月24日の図書館関連記事

2006年04月24日 | 図書館関連ニュース
g.茅野市図書館リニューアルオープン後 10万人突破
(4月24日:長野日報)
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=3352

h.県立図書館に「ふるさと文学コーナー」 福井ゆかりの25人紹介
(4月23日:中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/00/fki/20060423/lcl_____fki_____004.shtml

i.あしながさん困った 遺児照会 学校の回答半減 個人情報保護法 奨学金制度にも余波
(4月22日:西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/20060422/20060422_036.shtml

j.患者自ら学ぶ医療の図書室
(4月23日:中国新聞)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200604230040.html
コメント

ソフトウェア著作権相談受付中/ACCS

2006年04月24日 | 外部機関セミナー・イベント案内など
コンピューターソフトウェア著作権協会(ACCS)では、6月16日まで、一般ユーザを対象とした「ソフトウェアの著作権相談 今すぐお答えしますキャンペーン」を実施しています。
詳細はホームページに掲載されていますので、そちらをご覧ください。
http://news.braina.com/2006/0423/move_20060423_001____.html
コメント

4月23日の図書館関連記事

2006年04月23日 | 図書館関連ニュース
4.市民の利便性高める 移動図書館やまびこ号 合併で訪問地点拡大
(4月22日:荘内日報)
http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/0/ad_vw.cgi?p=dy:2006:4:22

5.「子ども読書の日」23日 南箕輪村図書館でトーマス折り紙プレゼント
(4月21日;伊那毎日新聞)
http://inamai.com/news.php?c=shakai&i=200604211744070000009517

6.那賀川図書館が文部科学大臣賞 子供の読書活動に中心的役割
(4月22日;徳島新聞)
http://www.topics.or.jp/Lnews/lnews.php?id=LN2006042101000003&gid=G50

コメント

メールマガジン・SENTOKYO 第26号発行しました

2006年04月22日 | 専図協からのお知らせ
メールマガジン・SENTOKYO 第26号発行(平成18年4月23日発行)を発行しました。
主な内容は
1.セミナー・展示会など
2.新刊案内
3.ニュース&トピックス
4.(読者の声)「ナガサキの郵便配達」 
5.(会員だより)国際交流基金図書館
国際交流基金図書館がJFICライブラリーとしてリニューアルオープン!
6.関西で「情報活動研究会」が発足
7.専図協からのお知らせ
です。

25号の内容は
http://www.sentokyo.jp/mailmag/back/m060423.html

メールマガジン購読希望の方は
http://www.sentokyo.jp/mailmag/touroku.html

バックナンバーは
http://www.sentokyo.jp/mailmag/back/index.html

をご覧ください。


コメント