SENTOKYO ブログ

専門図書館協議会が立ち上げたブログです。

令和元年度利用者サービスアンケート ご協力のお願い/国立国会図書館

2019年06月26日 | 会員機関からのお知らせ
国立国会図書館が提供する各種のサービスを改善するため、利用者サービスアンケートを実施しています。

当館のサービスを利用されている方々を対象としたウェブアンケートです。
図書館員の方々も、ぜひ率直なご意見をお寄せください。

○実施期間 平成31年4月1日(月)~令和2年3月31日(火)
○アンケートフォーム
 https://enquete.ndl.go.jp/739963?lang=ja

問合せ先
 国立国会図書館 総務部 企画課 評価係 E-mail:hyoka@ndl.go.jp
 詳細ホームページ(URL):http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/enquete/index.html
コメント

北海学園大学×北海道博物館 公開セミナー(後援:専門図書館協議会北海道地区連絡会)のご案内

2019年06月25日 | 会員機関からのお知らせ
テーマ:『アイヌ語地名と北海道 ―地名をとおして北海道を見つめ直す―』

講演内容:
   北海道博物館における特別展「アイヌ語地名と北海道」の開催を機に、
   「地名をとおして北海道を見つめ直す」というこの特別展の開催の目的・趣旨ならびに
   展示会の概要について紹介します。

日程:2019年7月22日(月)
   講演   14:30~15:30(開場 14:10)
   質疑応答 15:30~15:40

会場:北海学園大学豊平キャンパス42番教室(3号館4階)
   (札幌市営地下鉄東豊線「学園前」3番出口直結)

対象:学生・教職員,市民 (※参加無料,申込み不要)

講師:小川正人氏
(北海道博物館学芸副館長兼アイヌ民族文化研究センター長)

※ 詳細はパンフレットをご覧ください。
コメント

全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会のご案内/国立国会図書館

2019年06月13日 | 会員機関からのお知らせ
日 時:
 ■ 東京本館会場:令和元年8月2日(金)13:00~17:00
 ■ 関西館会場 :令和元年8月16日(金)13:00~17:00
場 所:
 ■東京本館会場:国立国会図書館東京本館 新館3階研修室
 ■関西館会場 :国立国会図書館関西館 1階第1研修室
内 容: 
 講義と実習を通して、国立国会図書館が提供している全国書誌データを利用するための具体的な方法と、レファレンス協同データベース事業の概要や利活用方法をまとめて知ることができます。
 目録作成や文献リスト作成などの書誌に関わる業務の効率化、レファレンス業務の改善に興味がある方などにおすすめの研修です。

 ■ 参加費 無料
 ■ 対象 全国書誌データの利活用またはレファレンス協同データベース事業への参加に関心のある、図書館に勤務する方
 ■ 定員 各会場30名
 ■ 申込方法 詳細ホームページからお申し込みください
 ■ 申込締切 7月26日(金)(東京本館会場) 8月9日(金)(関西館会場)
 ■ 問い合わせ先
   国立国会図書館 関西館 図書館協力課 協力ネットワーク係
   電話:0774-98-1475(直通) FAX:0774-94-9117
   メールアドレス:info-crd@ndl.go.jp
   詳細ホームページ:https://crd.ndl.go.jp/jp/library/guidance_06.html
コメント

セミナー「社史の魅力とその活用法」開催 / 愛知大学 中部地方産業研究所

2019年06月07日 | 外部機関からのお知らせ
社史は「企業が自社の歴史を、社内資料に基づいて」著したものであり、企業や経営者だけでなく、地域の歴史としても興味深い情報を提供してくれる。本セミナーは、社史研究の第一人者である、村橋 勝子 氏を講師に迎え、社史の魅力やその活用術についてお話いただく。

日 程 :2019年7月6日(土)13:30~15:30(講演90分、質問時間20分程度)
会 場 :愛知大学豊橋校舎研究館1階 第1・2会議室
講 師 :村橋 勝子 氏(専門図書館協議会顧問。社史研究家)
参加費 :無料
お問合先:愛知大学 中部地方産業研究所 TEL 0532-47-4140

※ 詳細はこちらをごらんください。
  https://jsla.or.jp/jsla/wp-content/uploads/chusanken_seminay_no5.pdf
コメント

「ベアテ・シロタ・ゴードン展~日本国憲法に男女平等の思いを込めて~」開催中/国立女性教育会館

2019年05月31日 | 会員機関からのお知らせ
開催期間:2019年9月30日(月)まで
会 場 :国立女性教育会館女性アーカイブセンター展示室(本館1階)
     埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地
     https://www.nwec.jp/access/index.html
内 容 :ベアテさんは1945年GHQ民政局員として赴任、日本国憲法草案作成に携わり、
     男女平等の条文を作成しました。
     国立女性教育会館は、ベアテさんの長女ニコール・A・ゴードンさん、
     日本での講演活動で交流のあった女性団体などから関係資料のご寄贈を受け、
     ベアテさんに関する資料を所蔵することとなりました。
     今回の展示では、幼少期から晩年までの各時代の写真、新聞記事、日本国憲法
     草案作成に関わる資料、日本での講演活動の報告書などを展示しています。
     皆さまのご来場をお待ちしています。
入場料 :無料

詳細ホームページ:https://www.nwec.jp/event/archivecenter/tenji2019Beate.html
コメント

司書(有期雇用職員)募集について / 東京国立博物館 資料館

2019年05月28日 | 会員機関からのお知らせ
東京国立博物館 資料館では、司書(有期雇用職員)1名を募集しています。

1 募集職種及び人数
 司書(有期雇用職員) 1名
2 職務内容
 情報資料室業務(東京国立博物館資料館における資料の収集、整理、保存、公開、調査等の業務)全般の業務補助
3 勤務地
 東京都台東区上野公園13-9
4 採用予定日
 令和元年8月1日
5 雇用予定期間
 令和元年8月1日~令和2年3月31日迄(契約は年度単位。更新する場合は最長令和4年7月31日迄)
6 応募締切
 令和元年6月20日(木)17:00必着
7 連絡先・送付先
 独立行政法人国立文化財機構本部事務局総務企画課人事担当
     〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
     TEL03-3822-1111(内線1122)
8.募集要項及び詳細
 https://www.tnm.jp/modules/r_db/index.php?controller=list&t=recruit
コメント

第23回(2019年度)「国際開発研究 大来賞」受賞候補作品 募集について/(一財)国際開発機構 国際開発研究センター

2019年05月23日 | 外部機関からのお知らせ
「国際開発研究 大来賞」(おおきた・しょう)は、国際開発分野の研究・奨励、学術の振興に資することを目的として、当該分野の様々な課題に関する優れた指針を示す研究図書を顕彰しております。
ただいま、第23回の受賞候補作品を募集しています。
みなさまからの幅広いご推薦・ご応募を賜りたくご案内します。
自薦・他薦いずれも歓迎です。

募集フライヤー
 https://www.fasid.or.jp/news/files/11_file.pdf

募集案内・推薦用紙(ダウンロード用)
 https://www.fasid.or.jp/okita_memorial_prize/2_index_detail.php

対象となる作品
(1)開発援助を含む国際開発の分野における課題を主たるテーマとする日本語の研究図書
(翻訳、随筆、エッセイ、体験記、自伝、紀行文、事業報告書などを除く)であって、国際開発の実践活動の向上に資するもののうち、特に斬新性、普及性の点で顕著な業績、貢献が認められるもの。
(2)個人、又は団体が編者あるいは著作者の場合は、個人の執筆者名が明記されているもの。
(3)2018年4月1日から2019年3月31日までの間に初版が国内で市販されたもの。

推薦者(自薦・他薦いずれも歓迎)は、所定の推薦用紙に入力し、(okita@fasid.or.jp)宛送信と、当該図書2冊を郵送して下さい。
なお応募書類・当該図書は返却致しませんので、あらかじめご了承下さい。


締切 2019年5月末頃

受賞作品の発表と表彰式
2019年11月頃に推薦者へ通知、発表し、表彰式・記念講演会を行います。
コメント

ALA大会のポスターセッションに参加します/BICライブラリ

2019年05月16日 | 会員機関からのお知らせ
今年はBICライブラリが、専門図書館として、ALA大会のポスターセッションにおいて発表を行います。
図書館がお互いに海を超えて学び合うことで、一層の発展につなげられればと思っています。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

関連サイト:
 BICライブラリー http://www.jspmi.or.jp/biclibrary/
 ALA 2019ジャパンセッション準備委員 https://www.facebook.com/ALA2019JapanSession/
 
コメント

クラウンドファンディングご協力のお願い/ALA 2019ジャパンセッション準備委員会

2019年05月16日 | 外部機関からのお知らせ
「日本の公共図書館の素晴らしい活動事例をワシントンDCで開催される今年6月のALA大会で発表しよう!
 そのための資金的なご支援をお願いします!」
というプロジェクトが進行中です。
https://readyfor.jp/projects/ALA2019japansession

すでにご協力いただいた方々、どうもありがとうございました!

まだ迷っていらっしゃる方々、
資金は、発表者の渡航費、報告書の製作費などにあてられます。
しっかりと情報発信し、成果を日本に持ち帰りたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

このために立ち上げた準備委員会のFacebookもあります。
ここではクラウドファンディングの現状報告やアメリカの優れた図書館事例など
いろいろな投稿が掲載されています。
あわせてご覧ください!

https://www.facebook.com/ALA2019JapanSession/
コメント

スタッフ募集について(新卒含む)/アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)

2019年04月15日 | 会員機関からのお知らせ:求人情報
アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)では、一緒に働く仲間を募集しています。ご関心をお持ちいただける方はまずはお気軽にご連絡ください。

■事業内容
 ・公共・商業施設のプロデュース
 ・産官学民連携のコーディネート
 ・公共コミュニケーション

■雇用形態
 正職員ほか、応相談

■給与
 経験、能力により決定(目安としては20~30万円)

■勤務地
 アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)(神奈川県横浜市中区)
 ※最低限試用期間中はオフィス勤務となります。その後は応相談ですが、各地への出勤・出張が欠かせないことはご承知おきください。

■詳細
 その他の各種詳細情報は弊社の公式サイト(https://arg-corp.jp/)でご確認いただけます。

詳細ホームページ(URL):https://arg-corp.jp/2019/03/26/arg-61/
コメント

日仏図書館情報学会講演会「Web時代のマザリナード文書-日仏共同研究プロジェクトの構想-」のお知らせ

2019年04月09日 | 外部機関からのお知らせ
日 時:2019年5月25日(土)15:30~17:30
場 所:日仏会館601号室
講 師:一丸禎子氏(学習院大学文学部講師)
内 容:17世紀フランスのフロンドの乱は印刷術を駆使した文書合戦でもあった。宰相マザランを批判する文書には当時からコレクターがいて、約5000種類以上の文書が今日に伝えられている。(日本では東京大学総合図書館が約2700点所蔵。)日仏共同での同文書デジタル化とWeb公開による新しい研究領域の可能性を紹介していただく。
参加自由・無料・要事前申込み。申込先、会場等の詳細は学会HPを参照のこと。
詳細ホームページ:http://sfjbd.sakura.ne.jp/
コメント

「専門情報機関総覧」の初版本を発見!

2019年04月05日 | 専図協からのお知らせ

コメント

第21回 図書館サポートフォーラム賞表彰決定

2019年04月04日 | 外部機関からのお知らせ
2019年3月11日に開催された図書館サポートフォーラム表彰委員会にて選考の結果、今年の受賞者は太田浩市氏 (八王子市中央図書館 館長)、川村敬一氏 (元・獨協医科大学図書館/同越谷病院図書室)に決定致しました。
詳細については下記をご覧下さい。

図書館サポートフォーラム
 http://www.nichigai.co.jp/lib_support/index.html
LSF News Letter no.80(PDF:2ページ)
 http://www.nichigai.co.jp/lib_support/pdf/n80.pdf
図書館サポートフォーラム賞について
 http://www.nichigai.co.jp/lib_support/lsf_award.html


コメント

2019年度著作権セミナーの開催について / 文化庁

2019年04月03日 | 外部機関からのお知らせ
文化庁では,著作権制度を学びたい方を対象に,2019年度著作権セミナーを開催します。
参加費は無料、テキスト等も無償で配布します。
受講を希望される方は,文化庁のサイトにて詳細をご確認ください。

http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seminar/2019/
コメント

『びぶろす』83・84合併号掲載のお知らせ/国立国会図書館

2019年04月02日 | 会員機関からのお知らせ
今号の特集は、世界図書館情報会議(国際図書館連盟(IFLA)第84回年次大会)大会を取り上げました。

2018年8月にマレーシアのクアラルンプールで開催された大会には、世界各国から約3,500名が参加しました。

国立国会図書館からも職員を派遣し、各分科会の会議などに参加しました。
支部図書館制度70周年に当たり、その積み上げてきた歴史と経験を共有することができた政府機関図書館分科会での発表要旨のほか、議会のための図書館・調査サービス分科会、官庁出版物分科会、印刷物を読むことに障害がある人々のための図書館分科会及びレファレンス情報サービス分科会等の参加記3件を掲載しています。

また、以下の記事もご覧いただけますので、ぜひ当館HPへお立ち寄りください。
・平成30年度国立国会図書館長と行政・司法各部門支部図書館長との懇談会の概要
・平成30年度第104回全国図書館大会(東京大会)参加報告記
・支部特許庁図書館見学記
・お茶の水女子大学附属図書館見学記
・国立国会図書館の書誌データをご利用ください!
詳細ホームページ(URL):http://www.ndl.go.jp/jp/publication/biblos/index.html
コメント