SENTOKYO ブログ

専門図書館協議会(https://jsla.or.jp/)が立ち上げたブログです。

令和4年度東日本大震災アーカイブシンポジウム―震災記録を次世代につなぐ―/国立国会図書館

2022年11月22日 | 会員機関からのお知らせ

日 時:2023年1月9日(月曜・祝日)午後1時~4時(開場:12時30分)

場 所:東北大学災害科学国際研究所多目的ホール(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)

開催方法:有観客およびオンライン(ウェブ会議システム(Zoom)による事前登録者への同時配信
(※)ただし、新型コロナウイルス感染症の状況により、オンライン開催のみへの変更があり得ます。

定員:会場90名、オンライン300名(先着順。定員に達した時点で申込受付を終了します。)

参加費:無料

申込み:下記URLにある申込みフォームからお申し込みください。

【内 容】
本シンポジウムでは、今、アーカイブや組織を構築する意義と取り組みについて、
震災アーカイブを現在構築中の岩手県宮古市と教訓の継承を担う復興庁復興知見班(2021年4月新設)からご報告します。
また、国立国会図書館からはひなぎく(2013年3月公開)構築の経緯と現在の展開を、
東北大学災害科学国際研究所(2012年4月発足)からはみちのく震録伝の活動を振り返ります。
最後に登壇者全員で東日本大震災の記憶・記録・教訓を後世につなげていく中での課題について議論します。

詳細ホームページ(URL):https://www.shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 図書館を軸に世界とつながろ... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

会員機関からのお知らせ」カテゴリの最新記事