SENTOKYO ブログ

専門図書館協議会が立ち上げたブログです。

国際政策セミナー「雇用と賃金を考える-労働市場とEBPM(証拠に基づく政策形成)-」/国立国会図書館

2019年09月02日 | 会員機関からのお知らせ
日 時:令和元年11月15日(金)14:00~17:00(開場13:30)
場 所:国立国会図書館 東京本館 新館講堂
内 容:
 格差や貧困が各国で問題となる中で、我が国でも、その対策の一つとして、最低賃金の引上げが注目されています。
 国立国会図書館と東京大学大学院経済学研究科附属政策評価研究教育センター(CREPE)は、米国の著名な労働経済学者であるデイヴィッド・ニューマーク氏をお招きして、最低賃金の雇用や所得、そして広範な分野への影響をテーマとする国際政策セミナーを開催します。

 【基調講演】
  デイヴィッド・ニューマーク氏(カリフォルニア大学アーバイン校教授)
 【パネルディスカッション】
  報告者・討論者:
   川口 大司(東京大学大学院経済学研究科教授・CREPE長)
   大石 亜希子 氏(千葉大学大学院社会科学研究院教授)
  コーディネーター:
   岩本 康志(国立国会図書館専門調査員・経済産業調査室主任)
  同時通訳付(日⇔英)

申込方法:詳細ホームページの申込フォームから
参加費 :無料

詳細ホームページ:https://www.ndl.go.jp/jp/event/events/ips2019.html
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 図書ご提供のお願い/公益財... | トップ | 平成30年度利用者アンケート... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

会員機関からのお知らせ」カテゴリの最新記事