カン・ドンウォンに会いたい

カン・ドンウォンに会えたら想い残すことは無いと思っていました。
でも、違った…また、会いたい…

‘人狼評点テロ主張’のユ・サンジェは誰? ロックバンド ボーカル→’密偵’ ‘群盗’助演

2018-08-06 22:05:53 | 人狼

 映画「人狼」の舞台挨拶がこの土日で終了しました

 

 

 

上映館が減って残念な結果の中

 

 

 

 

笑顔で舞台ありがとうございました







カッコいい人狼ドンウォンくん、


日本で観るのを楽しみにしています! 

 

 

 

 

 

舞台挨拶も待ってまーす  

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

‘人狼評点テロ主張’のユ・サンジェは誰? ロックバンド ボーカル→’密偵’ ‘群盗’助演

2018.8.6 翻訳サイト使用

 

キム・ジウン監督の映画‘人狼’の興行惨敗原因を評点テロのためだと主張した俳優ユ・サンジェにインターネットユーザーの注目が集まった。

ユ・サンジェは3日自身のインスタグラムに"映画'人狼'. 数多くの人々の汗と労苦が入れられた映画があまりにも簡単にさげすまれて切り下げされている昨今の現実が残念で嘆かわしい"と始める長文の文を載せた。

ユ・サンジェは"上映時間を減らすために編集過程で多くの話が省略されて見たら人物の感情的流れが明確に見えることができない物足りなさがあったりするがこれを口実に映画をひどいゴミのように取り扱って評点テロを加えている非常識で低劣な、政治色を帯びた作戦勢力がオンライン上で大半を占めるということがあまりにも明らかに感じられる"として映画評点が低いのが'作戦勢力'による操作だと主張した。

引き続きユ・サンジェは"政権が変わってもコメント部隊は相変らず大手を振って歩いていて彼らによる世論集めは間違いなく観客に転移して観客が引き返すようにさせたし結局彼らが意図したように封切り館数が減っている"と付け加えた。
ユ・サンジェはまた"2018年現在も存在してオンラインに寄生してますます社会全般を操作、扇動している未来のゼクト. そのような癌的な存在を映画の中でだけでもすがすがしく除去できて、そのような秘密組織人狼のメンバーのうち1人を演技できて、このような素敵な映画に参加できてこの上なく大きい喜びで光栄だった"と映画内容に対し遠回しに言って低い評点が'ゼクト',社会全般を操作する勢力が整えたことだと主張して映画出演所感をいった。

ユ・サンジェが出演した映画'人狼'はネイバー映画観覧客評点5.66点と記者、評論家評点5.73という低い点数を受けた。 カン・ドンウォン、ハン・ヒョジュ、チョン・ウソン、キム・ムヨルなど人気俳優が大挙登場して期待を集めたが粗末なストーリー構成で観客に無視された。 それでユ・サンジェの主張にもインターネットユーザーは冷たい反応だ。

 

 

'人狼'評点テロ主張でユ・ソンジェに関心が集められた。 ユ・サンジェは‘人狼’で端役‘人狼1’の役で出演した俳優だ。

2007年演劇‘一杯のかけそば’でデビューした彼は‘良い奴、悪い奴、変な奴’の端役でスクリーンに進出、以後‘犯罪との戦争:悪いやつら全盛時代’、‘群盗:民乱の時代’、’観相’等多様な映画に助演で出演した。

弘益(ホンイク)大学校会話課を中退したユ・サンジェはロックバンド‘イーブンフロー’と‘スシアブルー’のボーカルという異色の経歴も持って演技、美術、音楽など芸能全般に対する才能を見せた。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ‘人狼’まで…‘興行兵器’カン・... | トップ | ‘人狼’カン・ドンウォン、“CF... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

人狼」カテゴリの最新記事