香が散る

本を読むのが大好き、少し前からノロノロですが走るのも好き
そんな、代わり映えのしない、でも大切な日々を書き綴っています

ほかならぬ人へ

2010-03-31 20:30:32 | 本のこと
白石一文さんの直木賞受賞作
 『ほかならぬ人へ』
小説を読んでいて、こんなに涙がとめどなく出て来たのは久し振り
心に残るのは、東海さんの言葉
  生きていたらいろいろあるよ。でもね、何年か経ったらどんなことでも
  大したことじゃなかったって分かるから。人間はさ、そうやって毎回自
  分に裏切られながら生きていくしかないんだよ
読み進めていくごとに、胸がしめつけられるような感覚
読み終わって気付いたら、声を上げて泣いていた
でも、決して不幸なお話じゃない。
わたしは、人を信じたい、自分を信じたいと思ったな
一緒に掲載されていた『かけがえのない人へ』も好きだった
ここにいる自分が本当の自分ではないのか、、、
短いけれど、強烈なインパクトのある物語

白石さんの本は、この前読んだ『永遠のとなり』が初めてだと思っていたけど
再デビュー作の『一瞬の光』を読んでいたことに気付いた
この本は、なんだか良く分からずに、心に響くこともなく、
多分、古本屋さんか、尊敬する元上司のところに行ったか。。。
主人公が惹かれる女性の名前が ”香折” っていうんだよね
どっかで見た名前だわ~ 



大好きな『OL進化論』、もう30巻目となった
連載が始まってからもう22年も経ったとのこと
すごいなぁ、みんな変わらないもの

課長家族も、変わらずほのぼのとした笑いを誘ってくれたわ
コメント (4)

どらま

2010-03-29 23:00:59 | 映画のこと
今日から、NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が始まった
同名の原作は読んでいて、水木しげるさんの奥様の
ひょうひょうとして、根本が明るい、楽しいエッセーだった
毎朝、何かかにかしながら見てしまうドラマなので
楽しかったらいいなぁ

そして、数年前に同じく朝の連続テレビ小説で放送された
「ちりとてちん」が再放送される
4月4日(日)深夜1:10~2:40、BS-hiで1週間分まとめて放送
大好きだったドラマ
小浜にすむ女の子が、大坂に出て来て落語家になるんだけど
落語家の師匠の渡瀬恒彦さんや、落語家の兄弟子たち
主役の貫地谷しほりちゃんのお父さんとお母さんが
松重豊さんと和久井映見ちゃんと、出演者が面白い
全部録画して、永久保存版にしようっと

そしてそして、NHKドラマのHPを見て気付いたのだけど
明日夜10時から、角田光代さん原作の「八日目の蝉」
連続ドラマで放送されるんだぁ
壇れいさんが主役かぁ、、、いいかもいいかも(えらそう
この原作は、せつなくって悲しいけど、好きな本なので
これまた楽しみだわん

「龍馬伝」も第2部に入り益々おもしろくなってきたし
予告でちらっと映った広末ちゃんがすんごく綺麗でびっくりした
可愛いだけだったのに、どんどん綺麗になっているなぁ
福山くんの龍馬は、哀愁たっぷりで、素敵だーーー
なんか、今日のわたくし・・・NHKの回し者のようだわ
コメント (2)

ダーリンの頭ン中

2010-03-28 20:42:43 | 本のこと
二日酔いの今日・・・まったりゆったり過ごす
小栗沙織&トニー・ラズロ
『ダーリンの頭ン中②』
ご存知ダーリンは外国人シリーズの
ダーリン、トニー・ラズロの言語おたくっぷり炸裂の漫画
楽しい 1章1章が面白い
トニーの知識の深さと探究心とおとぼけが嵌るわぁ

昨日は、Yukoさん夫妻とE師匠夫妻と円山の居酒屋で飲んだーーー

楽しく飲みたいので、吹雪の中、歩いて円山まで
マスターが阪神タイガースファンで、お客様もファンの方が多いのだけど
Yukoさんご夫妻がよくいくお店で、
おでん、お好み焼き、串カツ、クリームコロッケ、なんでもおいしい
わたしは、暴食だけは避けたけど、しっかり串カツ1本食べちゃった
最初から最後までしゃべり続けて、す~っごく楽しかった
お店を出てからも、なんか物足りずに、Yukoさんのお家を襲撃
おうちに着いたら12時・・・精神的に満腹 幸せ

今日は案の定二日酔い、予定通り
学校は、明日、明後日の夜にDVD講義を受けることにしていて正解だった
朝、恐る恐る体重計に乗ったけど、増えてはいなくってほっ
安住さんのラジオ聴いたり、散歩に出て本屋さんに行ったりと
静かに過ごした今日、少し寝過ぎたかも・・・
コメント

それからは

2010-03-27 13:59:00 | 本のこと
吉田篤弘さんの
 『それからは
  スープのことばかり
  考えて暮らした』
この本も、紀伊國屋書店に行った時に
文庫コーナーに平積みされていて、惹かれて買った本
読み始めて気付いた・・・
吉田さん、『つむじ風食堂の夜』の作者だ
あとがきに、この小説は『つむじ風食堂の夜』の姉妹作、
「月船町・三部作」の2番目の作品になったそう
失業したオーリィくんが、町のサンドイッチ屋さんにはまり
古い映画が好きで、特に好きな脇役女優を見たくて
月船町の映画館に通い、静かに淡々とした生活の中の物語
スープと一緒で、心温まるやさしい小説

吉田さんは本の装幀もされていて
つむじ風もこの本も装幀は吉田さん 素敵だ
そして、この小説は暮らしの手帖に連載されていたそうな
暮らしの手帖といえば、20代のころ出版された
暮らしの手帖に載ったエッセーをまとめた「すてきなあなたに」が
とても好きで、3冊まで購入したことを思い出して
久し振りに本を開いてみた
 
3月の章のなかのひとつ「春のそうめん」は
 今日もまた、小さな春慶のぬりのお盆に、黒いお椀。
 ふたをとると、湯気がふんわり散って、熱いおつゆの
 中に、そうめんが揺れています。いつもの、そうめん
 のおやつです。          ・・・・つづく

懐かしいなぁ
買った本はすべて読んだし、
ほしい本(たくさんあるんだけど)はまだ手にいれていない今、
久し振りに読むにはもってこいじゃあないか
コメント (4)

OMRON

2010-03-26 23:16:06 | なんでもない話
日が昇るのが早くなった
朝、6時前の札幌の
今朝は寒かった~ 道路つるつる
踊るように滑って転びそうになって出社

今日、Mさんから
太り過ぎだから、ちゃんと体重計を買って管理しないとダメだと
お叱りのメールがきた
確かになぁと、猛反省
今日は、美容室を予約していたので、その帰り道
ヨドバシに寄って体重計を買って来た
今はすごいんだなぁ
ただの体重計じゃないんだよね
体重体組織計っていうんだよね
お値段も14000円くらいするのがざら
わたしは、OMRONの4980円お買い得品(ほぼ一番安い)を買ったけど
体重、体脂肪率、内蔵脂肪レベル、骨格筋率、基礎代謝、体年齢、BMI
が測定できる・・・充分です
そして、すべての数字で倒れそうになった
う、う、運動しなくちゃ、、、食事制限しなくちゃ、、、
明日、飲み会、、、セーブしなくちゃ、、、ダメダメじゃあ
めげずに、頑張ろ
コメント (2)

いろいろ

2010-03-24 21:07:25 | なんでもない話
今日、お友達から幸せがきて
なんだかとってもうれしいのぉ
やさしくって、素直で、可愛くって、綺麗で
そんな彼女が、幸せだと感じていることがうれしいよぉ

そして、今日、病院に行って来た
先週、体に突然出来た湿疹が
昨日から赤く大きくなって、今日はちょっとかゆい
そして、脇腹にかたまっていたのに、背中にも出て来たし
1時間くらい抜けさせてもらって行った病院は
やさしそうなおじいちゃん先生と、フレンドリーなおばちゃん看護婦さん
わたしの湿疹を見た途端、二人とも
「ああ、帯状疱疹だわ」と
わたし「えっ、帯状疱疹ってなんですか
先生 「ウイルスだよ。子供の頃やった水疱瘡のウイルス
それよりも、なんでもっと早く来なかったの。大きくなっているよ。
そして、これはもう治りかけだよ。痛かったっしょ」
わたし「全然痛くはなかったんですよね」
先生 「これからかゆくなってかさぶたになるから
飲み薬と塗り薬出しとくね。あ、お風呂は入っていいよ」
わたし「ずっと入ってました・・・」
先生 「・・・」
やさしい先生でよかったわ
コメント (7)

君は僕の

2010-03-23 23:00:39 | なんでもない話
 君は僕の何を好きになったんだろう
 言ってみてくれないかな とても不安になるから
なんて、斉藤和義さんの歌声が耳から離れない
なんだか、懐かしくって、ほろ苦い思い・・・

テレビは特番ばかりでうるさいばかり、
ひとり長い夜、たまにこんな気持ちになることもあるさ

働き始めてやっと1ヶ月たって、体も心もやっと慣れて来た
だけど、最初の時の気持ちを忘れちゃだめだよなぁ
人がどうの、自分の都合がどうのとばかり言っていたから
つまらなくなったり嫌になったりしていたんだろうな
きれいごとばかりの人にはなれる筈がないけど
せめて自分のことを嫌いだと思わずにいたいなぁ・・・

なんて、ひとりごと ブログだけどつぶやき
コメント (4)

AVE MARIA

2010-03-22 21:45:25 | 好きな音
続けて投稿・・・

今日、ほぼ日「今日のダーリン」で糸井さんが
綾戸智絵さんの「MY WAY」がすっごくいいんだと書いていたので
検索してみたら、4月発売のアルバムだった
それで、ずっといいなぁと思っていた綾戸智絵さんの「Tennessee Waltz」を
iTuns Storeで購入してしまった
そのとき、これまたずっと気になっていた平原綾香さんの「AVE MARIA」も
一緒に購入・・・(前におともだちに勧められた時は探せなかったの)
平原綾香さんの声と音楽に、泣いちゃいそうになる 胸にずし~ん
しばらくずっとこの2曲を聴いてて、その後はずっと
J Jazz.NetでJazzを聴いていた
ゲストの矢野沙織さんのサックスはやわらかい
気持ちのいい休日

お昼ご飯は思いっきり日本食

魚肉ソーセージと卵焼き、野沢菜、たらこと具沢山の胡麻のり巻きと
たくあん、プチトマトとお味噌汁(インスタント)
わたしのこの頃の定番となりつつあるランチ
コメント (4)

永遠のとなり

2010-03-22 21:25:12 | 本のこと
白石一文さんの『永遠のとなり』
この前の直木賞作品『ほかならぬ人へ』が
とってもいいとお友達のブログで紹介されていて
読みたいなぁと思っていたところ、
文庫になったこの本を見つけて購入

読んでいて、すごく苦しくって泣きたくなって
でも、読むのはやめられなくって・・・
生きて行くということは辛いことの方が多いのかもと思ったり
最後の方に
 人間はさ、自分と言うこの狭苦しい、別に面白くも何ともないような
 弱っちい世界からどうしても抜け出すことが出来んのよ。・・・略・・・
 幸福というのは、人それぞれのそういう折り合いのつけ方でしかないんやろう
という主人公の言葉が頭から離れない
ひたむきで、やさしくて、弱くて、強くて、やるせない、、、なんともいえない気持ち

白石さんは、宮本輝さんと同じくパニック障害でお仕事をやめて
作家になられた方なんだと、さっき調べてわかった
小説は全然似ているとは思わないけど、
読み終わって、何故か希望が持てるという点はとても似ているような気がする
絶対に、『ほかならぬ人へ』を読んでみよう
コメント (2)

万寿子さんの庭

2010-03-21 21:45:42 | 本のこと
黒野伸一さんの『万寿子さんの庭』
先週、紀伊國屋書店へ行った時に
文庫本の平台に並んでいて
表紙がきれいで、手に取って買った本
20才の京子さんと変わり者のおばあさん万寿子さんの
素敵な友情がかかれた本
京子さんの若さゆえの行動や考え方が
なんだか懐かしかったり羨ましかったり
万寿子さんと京子さんの人としてのまっすぐな心や
お互いを思いやったり大切にしたりしている様子が
とても気持ちがよかった
また素敵なに出会えてよかった

今日の朝はすごい風
気がつくと、バルコニーのエアコン室外機カバーが飛んでなくなっていた
学校帰りの夜は雪も降ってきた・・・春になる前は必ず天候が荒れる
でも、もうすぐ春だなぁと思うと、気持ちに余裕ができる
辛かった時も、”冬来たりなば、春遠からじ” といつも思っていたもん
コメント (2)