香が散る

本を読むのが大好き、少し前からノロノロですが走るのも好き
そんな、代わり映えのしない、でも大切な日々を書き綴っています

斉藤和義 on USTREAM

2011-08-31 21:22:57 | なんでもない話
8月も今日で終わりの日
斉藤和義さんが、USTREAMでライブをやってくれるのを
いま、ドキドキしながら待っています

それと、この前お友達と一緒に
サッポリーニというイタリアンのお店に行って来て
楽しく飲んで食べて喋ってきたのだけど
お店の中がくらいのと、食べたり飲んだりが忙しくって
わたしは、写真を撮らなかったのだけど
お友達が、とても上手にブログに写真を載せています
こちらぴょちゃんのブログ
カラーアナリストの美しい友人でがんす

あ、ライブ始まった
10月19日ニューアルバム発売ですね 和義さん


今朝の北大、とんぼが止まっていたよ
コメント (8)

小雨日記

2011-08-30 22:45:21 | 本のこと
小泉今日子さんの『小雨日記』

KYON2主演の映画『ぐーぐーだって猫である』が公開されているとき
雑誌レタスクラブで、猫のコラム連載を依頼されて
KYON2の飼い猫の小雨ちゃんがKYON2を語る設定のエッセイ

KYON2と小雨ちゃんの素敵な可愛い関係が
文章と写真で満載
キラキラな言葉、小雨ちゃんの愛くるしい表情
とってもとっても大好きになってしまった

 手塚治虫さんの『ブッタ』が読みたくなって全12巻
 大人買いしてました。キョーコさん、ブッタを読んで
 悟りを開いてくるでしょうか?


 小雨はキョーコさんのために、キョーコさんは小雨の
 ために存在するのだ。それが愛というものなのかもしれません。


 マサトが言いました。「アンタってさぁ、どこかそこはかとなく
 暗いよねぇ。」はっ!っと我に返ったキョーコさん。今年の目標は
 「太陽の似合う女」に決めたそうです。


読んでいると、ニヤニヤしちゃうんだよなぁ

装幀もとても好きだなぁと思っていたら
吉田篤弘さん・吉田浩美さんの装幀だったよ
コメント

日輪の遺産

2011-08-28 20:09:31 | 映画のこと
映画『日輪の遺産』

札幌では、札幌駅上の映画館しか上映していなくって
平日だと、中途半端な時間なので、今日行ってしまった

浅田次郎さん原作の作品
小説の中では、昭和の終わり頃の現代
偶然か必然か知り合う、破産間近の男と離婚間近の男が
終戦前のこの事件に引き込まれていくのだけど
映画では、2011年の春、残された者の回想として始まる

原作を読んでいたので、驚きはなかったけれども
やはり、少女たちの純粋さと
兵隊ではなく人間として生きる勇気
最後まで自分の役目を全うしようとする気持ちに
涙が止まらなかった

小説は小説、映画は映画と割り切ってみることにしていても
どっちが先の方がよかったのかと、いつも思う
真柴少佐の堺雅人さんも、小泉中尉の福士誠治さんも
鬼軍曹の中村獅童さんも、イメージぴったりだった
心配だった先生役のユースケ・サンタマリアもよかったので
小説を読まないで、先入観なしで映画を見た人がちょっとうらやましかった

両側の席が空いていたので,
泣きながら鼻をすする音で迷惑をかけずに、よかったわん

映画が終わった時間が3時近かったので
帰り道は、札幌競馬場の横を通ると、丁度帰りの人たちで溢れているし
北大の中は、マラソンコースだしと、悩んだ結果
どうせなら走っている人たちを応援して帰ろうと思って、北大へ
北大へ行くのも、通行止めでぐる~っと遠回り
トップの人たちや、猫ひろしとかはもうゴールしてしまった時間だったけど
まだまだたくさんの人たちが、一生懸命走っていた
北大は、もう40km地点なので、あと少し~ 頑張れ~
たくさんの応援団もいて、にぎやかだった
すごいなぁ、みんなすごいなぁ、と思いながらの帰途
コメント

いろいろ

2011-08-27 21:41:23 | なんでもない話
この前、昼休みに気分転換に事務所の近くを散歩していたら
偶然見つけた、琴似屯田兵村兵屋

中も見学できるようになっていて、隣には管理員用の小屋もある
住宅街の中のこんな目立たない場所に・・・とびっくり
100年ちょっと前の町並みって、どんなだったんだろうなぁ

今朝は、北大の中を走ってきたのだけど
明日の北海道マラソンでは、
後半で北大の中を走るからなのか、ジョギングしている人が多くて
それも、いつもより速く走れる人たちが多かった
わたしを颯爽と抜いて走って行った女性の走り方のピッチを
真似して走ってみたものの、続かなかったわ
それでも、約1時間、休まずに(信号で1回止まったけど)走れたよ
うれしい

今日は、恵庭のえこりん村

とまとの木は、実もたわわ

ひつじさん

ひょうたん?のアーチ

その後、千歳アウトレットモール レラに行って
欲しかったパーリーゲイツのキャップを少し安く購入
本当は、新しくなった千歳空港に行こうと思っていたのだけど
すごく混んでいるという噂で
丁度お昼も食べたかったので、千歳から小樽へ
久し振りに都寿司でおまかせ寿司
おいしかった 涙がでるほど
今月いっぱいの小樽のうにが、とくに・・・やばい
ただ、大将が言っていたには
中国でなまこの需要が多いのだけど、
津波で三陸海岸が被害を受けて、なまこがとれなくなり
小樽の漁師さんが今年はなまこ漁をしたため、
うにの数が少ないんだって
今年は、本当に色々なことがおこって、
色々なことに影響されているんだなぁ

今日は天気が良くって、小樽の海がキラキラきれいだった
いろいろと買い物をしたりしながら帰って来たのだけど
久し振りに運転で、いつも使わない神経を使ったのか
どっぷり疲れてしまった・・・んだけどお風呂に入って復活

コメント (12)

COW HOUSE

2011-08-24 22:26:12 | 本のこと
昨日の夜、一気に読んでしまった
小路幸也さんの『COW HOUSE(カウハウス)』

 飛ばされて会社所有の大豪邸の住み込み管理人と
 なった25歳の「僕」は、無人のはずの屋根に次
 々と現れるワケありの人々に戸惑いつつも任務を
 まっとうしようと奮闘する。仕事とは誰かを大切
 にすることとはーーー
 まっすぐな想いが心にしみるハートフル・ストーリー


小路さんらしい、心の根のきれいな、やさしい、
人の気持ちを思いやれ、賢い人たちばがりが出てくる小説
文章も読みやすいし、安心して読める・・・んだよね

今朝は北大の校内まで走る元気がでた
北大大野池のまごも君たちも朝食中

今は、ソリダコが満開

貞三先生の花言葉は
 2号でも3号でも10号でもかまいませぬ
 どうかおそばに置いて下さいませ
コメント

田舎の刑事の趣味とお仕事

2011-08-23 22:29:13 | 本のこと
本屋さんで巡り合った本
滝田務雄さんの『田舎の刑事の趣味とお仕事』

 彼の名は黒川鈴木。姓名どちらも姓に見えるという点で、
 まあ珍名の部類に入る。職業は警察官。階級は巡査部長。
 既婚で子供はない。ふだんはヒマでも、事件が起これば
 無能な白石と真面目な赤木、二人の部下を連れて現場に
 急行する。起こる事件は本ワサビ泥棒、カラス騒動……。
 第三回ミステリーズ!新人賞受賞作から始まる愉快な脱力
 系ミステリ短編集。肩の力を抜いてお楽しみください。
                著者あとがき=滝田務雄

 「田舎の刑事の趣味とお仕事」
 「田舎の刑事の魚と拳銃」
 「田舎の刑事の危機とリベンジ」
 「田舎の刑事の赤と黒」
 「田舎の刑事のウサギと猛毒」


主人公の黒川も部下の白石も赤井も、そしてなんといっても
黒川の奥様も、個性豊かでついついニヤニヤと笑ってしまう
基本的に殺人事件ではなく、生活密着型事件
結末は、痛快といっていいのかな すっきり
わたし、こういう推理小説、好きなのです

朝晩はすっかり涼しくなってきて
でも、昼間はじめ~っと暑いので、ちょっと疲れ気味
今朝は、無理をせずジョギングは休んで
を読んだり、手帳を書いたり、ごはんを炊いたり
今日は早めに帰ってきて、少し寝てしまって
さっき、掃除して、植木の世話をして
相変わらず地味な生活をしながら、体調回復に望むのだ
コメント

パーマネント野ばら

2011-08-21 21:25:25 | 映画のこと
菅野美穂ちゃん主演『パーマネント野ばら』

 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」「クヒオ大佐」の
 吉田大八監督が、西原理恵子のコミックを映画化した恋愛
 ドラマ。離婚の末に一人娘を連れて故郷に出戻った
 なおこと、なおこの母・まさ子の2人で営む海辺の町の
 美容室「パーマネント野ばら」に集まる女性たちの悲喜
 こもごもの恋愛模様が描かれる。主演は北野武監督作
 「Dolls(ドールズ)」以来、8年ぶりとなる菅野美穂。
 共演に江口洋介、夏木マリ、小池栄子、池脇千鶴ほか。


最初はね、くすっと笑いながら見ていたの
でもね、最後の方になって、「あれ?」となって
最後に、あんな切ない終わり方をするとは・・・
菅野美穂ちゃんの悲しい切ない表情が忘れられない

今日は、久し振りにTOKYO FMで19年続いているラジオ
『山下達郎のJACCS CARDサンデー・ソングブック』を聞いたら
ゲストが竹内まりやさんで、
先日発売された達郎さんのNewアルバム「Ray of Hope」の特集だった
達郎さんとまりやさんのやりとりは、優しくって面白くって
まりやさんが ”つっこみ” なんだなぁと思って笑っちゃった
アルバムの中で、まりやさんが好きだと言う
「俺の空」と「プロポーズ」すごく好きだった
走ったり歩いたりしていることが増えたので
ラジオを聞いていることが多いのだけど、
わたしはラジオが好きだな

今日の散歩中の近所の庭

コメント (2)

凍りのくじら

2011-08-21 01:15:24 | なんでもない話
辻村深月さんの『凍りのくじら』

 藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、
 その作品を愛する父が失踪して5年。
 高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を
 撮らせてほしい」と言う一人の青年に出会
 う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せ
 ていく理帆子。そして同じ頃に始まった不
 思議な警告。皆が愛する素敵な”道具”が
 私たちを照らすとき・・・・・。


辻村さんの小説って初めて読んだ
「どこでもドア」、「カワイソメダル」、「もしもボックス」
など、各章のタイトルはドラえもんの道具で、物語の中でも
ドラえもんがとても重要な位置を占める
主人公の理帆子の若い少し悲しい感受性に、心が冷たくなる
そして、物語が進んでいくに連れて、先がこわくなる
最後には、涙が静かに流れていた
改めて、「ドラえもん」コミックが読みたくなったな

24時間テレビが放送されているということは
もう夏休みも終わりなんだなぁと、毎年思っちゃう
窓からはとても冷たい風が入ってくるようになったし
夏も終わるのだな でも9月は残暑が厳しいって予報だし
もう少し、もう少し、夏を感じていたいなぁ
コメント   トラックバック (1)

ちょんまげぷりん

2011-08-20 17:29:42 | 映画のこと
昨日、眠れなくって見た映画
『ちょんまげぷりん』

わたし、ともさかりえんちゃんがとても好きなの
浅野温子さんの子役をやっていたころから
それでも、そんなに期待しないで観たのだけど
おもしろかった~
関ジャニ∞の錦戸くんが、江戸時代から
タイムスリップしてきちゃうお侍さんで
りえちゃんは、一人で働きながら子供を育てていて
その子供は、あの鈴木福くんなんだけど
錦戸くんの、お侍言葉や考え方、態度
りえちゃんのつっこみ、福くんの可愛らしさ
そして、脇を固めるキンコメの今野君や、佐藤仁美さん
笑って、ほろっと涙して、好きだなぁ
ストーリーとしては、原田康子さん原作の『満月』を思い出したよ
あの映画も小説も大好き
楽しくなっちゃって、さらに眠れなくなった夜だったのでした
コメント   トラックバック (1)

マザーウォーター

2011-08-17 20:49:37 | 映画のこと
DVDを借りてきて観た『マザーウォーター』

大好きな小林聡美さん、小泉今日子さん、もたいまさこさん
市川実日子さん、加瀬亮くん、永山絢斗くん、光石研さん
そして、フードスタイリストは飯島奈美さん
なんの事件もなく、はっきりとしたストーリーも見えないけど
小さな川の流れる町で、それぞれの職業の人たちが
自分を持って、水の流れのように交わったり離れたり
人と人の距離感も心地好く、それぞれの年齢での自然な姿が
とてもいいなぁと思う
焦らなくっても、明日はくる
人は人、自分は自分、普通は自分が作るもの
見ていて、気持ちの良い映画でした

今日で夏休みは終わり
お墓参りに行ったほかは、ゆっくりと過ごしたなぁ
今日も天気予報では雨が降るといっていたので
ジョギングはあきらめていたのだけど、
起きたらとても雨は降りそうも無い天気
北大の中を通って、札幌駅高架下のサンマルクで休憩して
道庁の方まで行って帰ってきたら、気持ちの良い汗
帰って来てバルコニーから見た空が高くて綺麗だった

本を読んだり、DVDを見たり、散歩に出たり
ひとりでゆっくり
明日から、またお仕事、頑張りましょ
コメント