香が散る

本を読むのが大好き、少し前からノロノロですが走るのも好き
そんな、代わり映えのしない、でも大切な日々を書き綴っています

あっ

2011-02-28 20:58:11 | なんでもない話
という間の2月も今日で終わり
札幌は気持ちの良い晴天

空も高く青く
でも、明日から寒く雪の日が続くらしい
北海道の春はまだ遠いんだなぁ
コメント (4)

ナルニア国物語 第3章

2011-02-27 19:33:21 | 映画のこと
ナルニア国物語 第3章 ~アスラン王と魔法の島
初3D体験してきました
実は、ナルニアを映画館でみるのは第3章が初めて
吹き替えで見るのも初めて 
迫力だったけど、3Dじゃない方がわたしには良かったな
眼鏡が重くて、鼻が痛くなるし、もういいや
そして、ハリー・ポッターもそうだけど、字幕の方が
出演者の声に違和感を感じず、素直に楽しめるなぁ
ファンタジーの世界なんだけど、人間の弱さが表現されていて
大人になるのも悪くないけど、子供でもいたい(なんのこっちゃ)
わくわくしながら見て、ドキドキして、
とっても楽しめました

昨日は甥っ子と映画を見た後、実家に戻り
夜は母と2人でもつのだるま 白石店
母が前から一度もつ鍋を食べてみたいと言っていたので
E師匠の幼なじみがやっているもつ鍋がおいしい居酒屋さん
特味噌もつ鍋を1人前にしてもらって
他に、角煮、れんこんサラダ、さつま揚げを食べながら
久し振りので、いい気持ち
食べ過ぎたので2人で歩いて帰り,実家にお泊まり
今日はゆっくり起きて、まったりの休日でした
コメント

ばんば憑き

2011-02-23 21:41:45 | 本のこと
角川書店から2月28日発売予定の
宮部みゆきさん『ばんば憑き』
読者モニターに選ばれて、昨日やっと読み終え、
今日HPに感想を入力
もしかしたら、HPとかに少し載るかもしれないとのこと
こちら→ 角川書店

『あやし~怪~』から10年、待望のシリーズ続編
江戸怪奇譚 登場
6編の短編からなる小説
宮部ワールド炸裂おもしろかった
全然、怖くないから 読まないと損だよ

なんだか、夜になるとぐったり疲れる日が続いたので
今日は、久し振りに岩盤浴に行って来ちゃった
気持ちよかったのだけど、一緒の時間になった方々
1時間近く、休憩なしでずっと蒸されていた・・・
わたしは根性なしなので、2回程休憩してお水飲んで
たくさん汗をかいて、お風呂にも入って
ふらふらと歩いて帰って来たよ~
だってね、岩盤浴場の壁に
「がんばらないでください」って書いてあったから
コメント (2)   トラックバック (1)

さまよう刃

2011-02-19 21:47:36 | 映画のこと
本日2度目の投稿・・・今度は映画
東野圭吾さん原作、寺尾聡主演『さまよう刃』
WOWOWで放送されたのをめずらしくオンタイムで見ました
途中、10分ほどうたたねしていおりました
小説は,読んでいない
映画を見て思ったのは、きっと小説の方がおもしろいだろうと・・・
未成年者に理不尽に殺された娘の父親
警察官でありながら、人を守るのではなく
法を守らなくてはならないのかとジレンマを抱える警察官
自分のことしか考えられない未成年者
実際にありそうな事件で、怖くなるはずなんだけど
何故だか現実離れしているような気がする不思議

昨日、会社で定期購読している雑誌「Pen」を見ていたら
スイーツ特集の中で、あのトシ・ヨロイズカの横に札幌のお店を発見
エ・ピュ・ドルチェという舌をかみそうなお店
そこのぶたぶたのアップルパイがすっごく美味しそうだったので
先輩と一緒に買いに行っちゃった

物語「ぶたぶたと秘密のアップルパイ」に登場する
余市産のリンゴと道産のマスカルポーネチーズを
入れたカスタードクリームのアップルパイ

あまり大きくないので、Mさんと2人で半分ぺろり

美味しかったぁ
オーブンで温めるとまた美味しいそうなので
明日の朝は、残りを暖めて食べるのだ
コメント (9)   トラックバック (1)

向日葵の咲かない夏

2011-02-19 12:05:25 | 本のこと
道尾秀介さんの『向日葵の咲かない夏』
 夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、
 欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。
 妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。
 だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。
 一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。
 「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、
 彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。
 あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。

この前も書いたように、テレビ「情熱大陸」での
道尾秀介さんを見て、こんな風に書いた小説を読んでみたいと思い
本屋さんで売れているらしく、ずっと文庫の平台に載っていたこの本を
初めて読む道尾作品にしてみた
読んでいる最中、子供の残酷さに何度も顔が歪んだ
読み終わっても、清々しい気持ちとは正反対の感情
ひどく残酷でつらい事件を新聞で読んで、
新聞には書かれなかった真実を知った感じ
引込まれて、一気に読んでしまう強さがある
道尾秀介さん、もう少し読んでみよう

昨日、ポストの中に角川書店からの封筒が入っていた
大極宮のHPで知った宮部みゆきさんの新刊情報で
角川書店のHPに行って知った、新刊の読者モニター企画に
駄目もとで募集したら、当選 びっくり
これから、ゆっくりじっくり読むのが楽しみだぜ
コメント   トラックバック (2)

第144回芥川賞作品

2011-02-17 21:44:10 | 本のこと
文芸春秋3月号に掲載された第144回芥川賞作品
 朝吹真理子さんの『きことわ』
 西村健太さんの『苦役列車』
芥川賞は、わたしには難解で読めないものも多いのだけど
今回は2作品ともすらすらと読めた
感想は、難しい・・・
山田詠美さんの選評にとても納得
 「きことわ」。小説を書くということは、茫漠としたかた
 まりに、それしかない言葉を与え続けて埋め尽くすことな
 んだなー、と久々に思い出したような気がする。ここには
 作者の選び抜いた言葉だけが揚げられていて、読み手の無
 責任な口出しを許さない。だからこそ、無抵抗のまま作品
 の世界に引っ張り込まれる心地好さに身をまかせられる。ー

そして、高樹のぶ子さんの選評にも
 「苦役列車」は人間の卑しさ浅ましさをとことん自虐的
 に、私小説風に描き、読者を辟易させることに成功してい
 る。これほどまでに呪咀的な愚行のエネルギーをためた人
 間であれば、自傷か他傷か、神か悪行の発見か、何か起き
 そうなものだと期待したけれど、卑しさと浅ましさがひた
 すら連続するだけー

読書する小説は完全に好みなので
朝吹真理子さんの次回作は楽しみだなと思った
・・・けど買うなら文庫かな

今回の文芸春秋で
「秘めたる恋35」という特集が載っていて
向田邦子さんの恋文が載っていた
向田邦子さん本人が書いたエッセーも小説も
弟さんや久世光彦さんが邦子さんのことを書いた本も
とっても好きで、何度も繰り返し読んでいるのだけど
向田邦子の恋文」だけはどうしても好きになれない
なんだか、邦子さんの触れちゃいけない部分に
踏み込んでしまう気がして、駄目なんだよね・・・

いま読んでいるのは、今回の直木賞を受賞した道尾秀介さんの過去の小説
テレビ「情熱大陸」を見て、
ああ、こういう人の書いた小説読んでみたいなと思って
まだ序盤だけど、面白い 一気に読んでしまいそう
コメント (2)   トラックバック (1)

VIVA

2011-02-16 20:12:41 | なんでもない話
中山うりさんのNew Albam 『VIVA』
今朝、手帳に書いておいた発売日の文字を見て
出勤前にiTunesからダウンロード
ファーストアルバム『ケセラ』は大好きで
何度も繰り返し聞いているのだけど
今度のアルバムもとっても好き
うりさんの独特な声と可愛いやさしい音楽
しばらくずっと聞いていそう

今日、東京都千代田区三番町の小川美術館から
2月21日から3月5日まで、有元利夫展のお知らせが来た
次こそ行きたいと思いながら、今まで一度も行ったことがない
今回も、仕事のことを考えると無理だ

有元利夫さんとの出会いは
1982年、宮本輝さんの小説『青が散る』の表紙
宮本輝さんの小説には有元利夫さんの表装が多く
そのお陰で、大好きになった有元利夫さん
一度は実物の作品を見てみたいなぁ

ここ何日か少し体調が悪く,寝てばかりいて
今日も早めに帰って来たので
帰り道にいつものお花屋さんに寄って
気持ちを切り替えるよう、元気な黄色いチューリップを購入

可愛いのう
そして、おひな様の横にはボケの花

せめてお部屋の中を明るい雰囲気にして元気になろう
コメント (4)

新しい人生のはじめかた

2011-02-13 11:47:48 | 映画のこと
ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンの
「新しい人生のはじめかた」
 CM音楽家ハーヴェイ(ダスティン・ホフマン)は、離婚後、
 ニューヨークで気ままな1人暮らし。そんなある週末、
 イギリスで働く一人娘の結婚式でロンドンを訪れることに
 なる。だが、宿泊先のホテルが最悪な上にトラブルで仕事は
 完全に干され、その挙句、娘は義理の父とバージンロードを
 歩くと言い出す始末。社会人としても父親としても人から
 必要とされていないと思い込み、絶望的な気持ちでヒースロー
 空港のバーでヤケ酒をあおるハーヴェイ。一方、空港の
 統計局で働くケイト(エマ・トンプソン)は、婚期を逃した
 40代。独身の彼女を心配して、周囲も良い相手を紹介しようと
 するが、いつも楽しい場の雰囲気に馴染めず孤立してしまう。
 過干渉な老いた母親マギー(アイリーン・アトキンス)を抱え、
 未来に期待することもなく、諦めて楽に生きる道を選んだケイト。
 そんな2人が偶然にも空港で出会い、ロンドンの街で一緒に過ごす
 ことになる。人生の折り返し地点を過ぎた男女が、
 ともに過ごす中で見つけ出すものとは……?

こんなにうまくいくとはどうしても思えないけど、
でもでも、苦しい悲しい思いをするのは
嬉しいことの前触れなんだから、頑張ろうと思う
にっこり笑って見終える映画だったので
昨日はにっこり笑って寝ましたん

今は、やっぱり安住紳一郎の日曜天国を聞きながら
ニヤニヤ笑って、たまに爆笑している休日の午前中
宮本輝さんにお誕生日カードを送るというファンサイトの企画の
カード作成にこの時間をあてました
今年は自分が撮ってきた写真を使用したカード
宮本輝先生ご本人がご覧になると思うと、毎年ドキドキだぁ

さて、本日は甥っ子の9歳のお誕生日
1ヶ月以上も前に電話が来てリクエストされたプレゼントを持って
出かけます
コメント (4)

テルちゃん

2011-02-12 18:15:38 | 本のこと
玄侑宗久さんの『テルちゃん』
この国にこんなやさしい人がいるだろうか? 
満月みたいなまあるい心のフィリピン女性の物語。

 フィリピンから北の町に嫁いできたエテル、愛称テルちゃん。
 幸せな結婚生活もつかの間、夫が急死。風習の違う日本に残って
 子供を育てながら奮闘する彼女の行く手に待っていたものは……。
 義母の介護と死、予期しない青年のプロポーズなど、
 さまざまな事件を乗り切って行く満月みたいなまあるい心のテルちゃん。
 今やなつかしき人と人との触れ合いを描いた、涙と笑いのほのぼの物語。

ほのぼの物語って書いてあるけど、確かにほのぼのしているけど
人の心の奥、自分勝手だったり狡かったり弱かったりしてることが
とてもリアルに書かれていて、切なくなっちゃう
でも、それでいいんだよ いいとこばっかりじゃないのが当たり前
自分の嫌いなところも認めちゃって好きになればいいんだよ
許していいんだって、なんだかやさしい気持ちになったな

今回の芥川賞が掲載されている文芸春秋

札幌は今日発売で、早速購入
今回は、選評を読む前に2作とも読もうと思う
わたしって影響されやすいからね

昨日、出先で寄ったヤ○ダ電機で、携帯の保護カバーを探したら
見つからなかったので、ド○モの衣装を着た女性に聞いたら、
カバー付きのものが1つしかなく、その女性に
「ぶっちゃけ~、ヤ○ダ電気にはあまりおいていないんですけどぉ、
 ヨド○シとかぁ、ビッ○カメラとかに行ったら、たくさんありますからぁ
 そちらに行った方がいいと思いますぅ」と言われた
「あ、そですか、ぶっちゃけ・・・はい、ありがとうございました」
と言って静かに去って来たけど、笑いを押さえるのが大変だったわ
ということで、今日は散歩がてらヨド○シに行って購入

晴れていたので気持ちよく元気に12000歩
確かに、ヨド○シにはたくさん品揃えしておりましたわ
そして、ギャラクシー大分使えるようになった
メールのデコメとかも出来るようになったし、
ツイッターも簡単だとわかったし、書籍(漫画)も無料で見れたし
なかなか順調です
コメント (8)

謎解きはディナーのあとで

2011-02-09 22:22:06 | 本のこと
東川篤哉さんの『謎解きはディナーのあとで』
目立つ表紙だし、本屋さんでいつも平台に載っているので
気になっていたところ、先週の王様のブランチで特集をしていた
赤川次郎さんのようなユーモアミステリーを目指しているそうで
書店員さんや読者の評判がすごく良くって、楽しそう
 ミステリ界に新たなヒーロー誕生!
 主人公は、国立署の新米警部である宝生麗子ですが、
 彼女と事件の話をするうちに真犯人を特定するのは、
 なんと日本初!?の安楽椅子探偵、執事の影山です。
 彼は、いくつもの企業を擁する世界的に有名な
 「宝生グループ」、宝生家のお嬢様麗子のお抱え
 運転手です。本当は、プロの探偵か野球選手に
 なりたかったという影山は、謎を解明しない麗子に
 時に容赦ない暴言を吐きながら、
 事件の核心に迫っていきます。
 本格ものの謎解きを満喫でき、ユーモアたっぷりのふたりの
 掛け合いが楽しい連作ミステリです。

本当に、読んでいて赤川次郎さんの小説を読んでいるみたいだった
軽く楽しく読めたけど、ちょっと物足りなかったかな

今日、とうとうやっと携帯の機種変更をした
ずっと悩んでいて、色々とネットで調べていて、
もういい加減悩むのも嫌だよ~
割り切るところは割り切らないと駄目だと思い
まずは、ドコモに行って、欲しい機種に替えた場合の金額を確認
いま、SOFTBANKで乗り換えiPhonが機器料金ゼロなので、
これは乗り換えた方が安いなと思った
SOFTBANKへ行って乗り換えの手続きをしていたら
ドコモを辞めるのに思いもかけない金額がかかることと
母の携帯の通話料金契約がいまより高くなること
SOFTBANKでも結構考えていなかった料金が発生することが分かって
やっぱりと考え直してドコモに戻り
やっとこさ機種変更手続きをした

念願のGALAXY S
しかし、もう手続きが終わって帰って来てへとへと
最低限の設定だけして、あとはおいおい
少しの間、電話も出られず、メールを受けれないかもなぁ
コメント (6)