香が散る

本を読むのが大好き、少し前からノロノロですが走るのも好き
そんな、代わり映えのしない、でも大切な日々を書き綴っています

まんぷくローカルマラソン旅

2013-03-30 21:56:15 | 本のこと
今日、「王様のブランチ」ブックコーナー
文芸書ランキング1位だった
たかぎなおこさんの『まんぷくローカルマラソン旅』

 野菜を収穫し、みんなでカレーを作る「たんのカレーライスマラソン(北海道)」。
 田んぼのあぜ道、栗畑やぶどう畑を走り抜ける「小布施見にマラソン(長野)」。
 夕焼けと暗闇の中を走る「伊平屋ムーンライトマラソン(沖縄)」など、
 日本全国のユニークなマラソン大会をたかぎなおこが走ります! 
 フィナーレを飾るのは「大阪マラソン」。食い倒れの聖地で大いに飲み、
 食べながら、果たして42.195kmを完走できるのでしょうか…!? 
 観光やグルメも盛りだくさんに詰まった旅をお楽しみください!


読んでいて楽しくってウキウキしちゃいました
各地の変わったマラソン大会の様子が
マンガと実際の写真と日記で紹介されているので分かりやすい
そして、楽しく特徴豊かなマラソン大会の多いこと
最初は北海道の端野町で行われるカレーライスマラソンに出たい
と思っていたのですが、カレーを作る道具なども自分たちで用意と知り
ちょっと尻込み・・・の軟弱者
肉や野菜をビニール袋に下げて走っているランナーの後ろ姿は
ちょっと笑えました
長野の小布施見にマラソン(ハーフ)や
福島の奥川健康マラソン(5km)は美味しそうだったし
沖縄の伊平屋ムーンライトマラソン(ハーフ)が
夕方から夜にかけて、幻想的な雰囲気のなか
星の声援 月の伴走で走るというのが魅力的
日本の色々な場所にマラソンに行って、
美味しいものを食べ、きれいな景色を見ることができるなんて
なんてなんてしあわせなんでしょう
飲んだあとのビールがなによりも気持ちよさそう
景色のきれいな山のなかなどを走るのもいいけれど
沿道の人たちに応援されて、力をもらって走るのもまたいいよなぁ
最後の食い倒れの街、大坂マラソンでは
マラソンの楽しさが伝わってきて、ああ、行きたい!と思ってしまいました
「マラソン1年生」「マラソン2年生」とシリーズで刊行されていて
この本の続きもあるようです むふっ

今日は時たま雪がチラチラと降るなか、
ちょっと札幌郊外の町まで行って来ました

落ち着いたカフェの窓から見た風景です
窓際にシジュウカラが2回飛んで来てくれましたよ
そして、昨日、うちにきた福寿草

部屋のなかに置いていたら、すぐに花が咲きました
春に向かっているという感じで、毎日楽しみだな
コメント (8)

一路(下)

2013-03-25 23:42:16 | 本のこと
昨日は、天気も良く、予定も無くの日曜日
北大まで走りにいったものの、北大の中はアスファルトが出ていて
快調に走ることは出来たので、ジャンバーを着ている体が熱い
でも、北大を出ると、ツルツル路面なので、そろそろと歩いていたので
薄着は出来ずで、まだちょっとストレスを感じるのです
午後からは、ゆっくりと読書タイムとして、読み終わったです やっと
浅田次郎さんの『一路(下)』

 江戸参勤は実に行軍である。
 雪の和田峠超え、御殿様の急な病、
 行列のなかで進む御家乗っ取りの企み。
 着到遅れの鬼気せまるなか、一行は江戸まで
 歩みきることができるのか。


真面目に、一生懸命やっているからこそ、面白い
そして、人の心を打つことが出来るのですね
壬生義士伝や和違屋糸里のような悲しいことは無いけれど
人の情け、優しさ、ずるさを、浅田節で聞かされているようでした
後半は、一気読みで充実感たっぷりです

明日を満月に控えた夜空

今日は寒かったので、月がきれいでした
コメント

一路(上)

2013-03-20 18:52:45 | 本のこと
去年の春分の日は、ひとりアルテピアッツァに行っていました
 去年のブログ → こちら
あの時のことは、忘れられない記憶・・・
そして、去年に比べて今年の雪の多さ・・・ひどいね
今も雪が降っています 明日は吹雪
関東では桜の花が咲いているというのにね
そして、たった1年、もう1年たったのだけど
確実に自分の環境が変わっていることに驚いています

浅田次郎さんの『一路 (上)』読み終わりました

 父の急死により家督を相続、交代寄合蒔坂家の御供頭として、
 江戸への参勤行列を差配することになった小野寺一路。家伝の
 「行軍録」を唯一の手がかりに、中山道を一路、江戸へ――。

まだ上巻しか読んでいないのですが、
ちょっと時間がかかっています
実は名古屋に行く前から読んでいるのですが、
なかなか進めず、下巻が読み終わるのはいつになるのか
単行本なので、あまり持ち歩きも出来ず
寝る前に少しづつ読んでいるので尚更なのかなぁ
でも、やっぱり浅田次郎さん、面白いっす

今日、ちょっと新さっぽろに行く用事があったので
献血センターに寄って4ヶ月ぶりに献血しようと思ったのです
わたしは、大通オーロラタウンの献血センターしか知らなかったのですが
新さっぽろはとても広くて、きれいで、休憩するところも充実しているのです
血圧は上が90でギリギリセーフだったのですが
ヘモグロビンの数値が足りなくて、献血は出来ませんでした
普段の生活には問題ないということでしたが
献血できないんだと思うとちょっと凹みましたね~
心身ともに、健康で元気ですごしていかなきゃ
コメント (6)

さよなら、私

2013-03-18 22:13:46 | 本のこと
小川糸さんの『さよなら、私』

 中学時代の同級生が自殺した。お別れ会のために帰郷した私は、
 七年ぶりに初恋の相手ナルヤに再会する。昔と変わらぬ笑顔を
 向けてくれる彼だったが、私は不倫の恋を経験し、夢に破れ仕
 事も辞めてしまっていた。そんな私をナルヤが旅に誘い・・・。
 会社が嫌い、母親が嫌い、故郷が嫌い。でも、こんな自分が一
 番嫌いだった。だから私は旅に出ることにした。


名古屋への行き帰りの飛行機の中で読みました
読み終わってからちょっと時間が経ってしまった
何もかもうまくいかず、自分がいやで、まわりがいや
そんなときって、自分自身で悪くしているところもあったりする
どうしても、いやなこと、我慢できないことがあって、
それが態度や言葉に出てしまったあと、とてつもなく後悔をする
人は自分の鏡だから、嫌な顔をする人にやさしくなんてしてくれない
でも、それでも、変わらずにいつも変わらずに
やさしい人でありたいと思う・・・
いつものそんなグルグルと考えているようなことで悩んで旅に出る
うまくいかなくても、ひとつだけでも前に進める、希望がある
そんな小説だったような気がします

先週の金曜日に、久しぶりのQPちゃんとYukoさんとランチ
QPちゃんは、来月に出産を控えて産休に入ったところなので
お酒抜きで、わたしの会社の近くまで来てくれました
ビストロ プロスペレ アンサンブルというフランス料理のお店
シェフがひとりでやっているので、時間がかかるのですが
と~っても美味しいのです ランチはお得感たっぷりだし
ま、ランチタイム2時間とっちゃいましたが、、、
  
オードブル、パスタ、デザートのコース
全部美味しかったのですが、デザートは涙ちょちょぎれました
10年ほど前に、良く通っていたお店で知り合ったQPちゃんと
会社の上司の奥さまなんだけど、いつの間にか仲良くしてくれているYukoさん
あの頃はずっと変わらずにみんな付き合って行くと思っていたけど
時が経つと、想いもかけないような形で変わっていく中で
こうして3人でおしゃべりして美味しいものを食べて、笑っている
そんな縁をとてもうれしく感じました
大切な人たちとは、細く長くでも、ずっとお付き合いしていきたいなぁ
コメント

人形町と東京駅

2013-03-16 07:22:21 | 旅に出たい
初フルマラソンを走った次の日に
せっかく津軽海峡を渡るのだからと東京へ行き
お友達と会うことにしていました
ホテルは秋葉原の神田川のふもとです
まどのそとにはかんだが~わ
前の夜は、夜景がきれいだなぁと思っていたのですが
朝、よく見たら、はじめて見るスカイツリー


チェックアウト後、思ったより歩けると思いながら人形町へ
早めについて、ドトールでよっすーと感動の再会
マラソン中、ずっとTwitterで応援して居場所を探していてくれたよっすー
ありがたいやらなんやらで、、、なのになのに
「公式HPでのランナーズアップデイトで名前が分かったら
 どこを走っているかわかったみたいよぉ」と言ってしまい
よっすー唖然

るっかちゃんも来てくれて、早めのランチ
人形町本店 よし梅で茄子と蓮根揚げ定食
ふたりも天ぷら丼系で、おんな3人がっつり揚げ物
おいしかったです お店も古い建物の感じが素敵でした

食べ終わって、すぐによっすーが
おいしいシュークリームのお店があって、
1日に何回かしか売らないから
何時に焼き上がるか見てくるとひとっ走りしてきて
すぐ行った方がいいということで、向かったのだけど
並ぼうとしたら、「今回の分は売り切れです」って 
残念だなぁ、次回はリベンジしたいなぁ

そのあと、うぶけやでお土産の爪切りとケースを購入
「あれ?このお店テレビで見たことある」と言ったら
よっすーが「ドラマ『新参者』で前川清が店主やったとこだよ」とドヤ顔
そっか~、そうだそうだ、人形町といえば『新参者』だよ
うぶけやにはなかったけれど、いたるところに
ドラマ出演者たちとの写真が貼ってありました

その後、ジュサブロー館で辻村寿三郎さんの人形を見て
よし梅に戻って、路地や店構えを写真にとって、
甘酒横町をプラプラと歩いたりして
初音でフルーツみつ豆を頂きました

初音は明治の甘味処という感じで、あんこが美味しくって
3人とも「おいしい、おいしい」ばかり言っていたなぁ

人形町では、結構さくさく歩くことが出来ました
よっすーとるっかちゃんには驚かれたけど、
前日、すっごく足が痛かったけど、名古屋駅や秋葉原を歩いたからかなぁ
でも、信号が点滅したときに走ることは出来ませんでしたわ

人形町を後にして、新しくなった東京駅を見に行き

近くの美術館の前の中庭には春が来ていた

土曜日の名古屋は、20℃以上の陽気で熱いくらいで
日曜日の名古屋は、マラソン後半、雨が降り風が強く寒くて
東京へ来たら、めちゃくちゃ寒かったのだけど
月曜日の東京は、雨女たちと一緒だったのに、良い天気に恵まれました
雪のない東京から離れるのがさびしくなりましたが
羽田空港まで来てくれたよっすーとるっかちゃんと
ずっと、おしゃべりし通しで笑いっぱなしで
搭乗口で別れるときは、ちょっとシュンとなってしまった
ありがとう、よっすー、るっかちゃん
ありがとう、名古屋、東京

千歳空港について、雪の中、迎えに来てくれた人は
思いのほか元気なわたしに、ちょっとビックリしておりましたわ
コメント (4)

名古屋ウィメンズマラソン2013

2013-03-13 20:28:38 | 走ること
3月10日、名古屋ウィメンズマラソン2013の日
あまり目覚めのいい朝ではなかったけれど
緊張して、起きて、ホテルのご飯を食べに降りたら
マラソン出場する人たちがこんなに泊まっていたの
というくらいレストランに並んでいたので、
近くのコンビニに行って、おにぎり買って来て食べて
ストレッチして、準備して出発

ナゴヤドームに早めに着いたら、やっぱりすごい人、人、人
たくさんのボランティアの人たちがもいて、なんだかワクワク
13000人以上の女性が参加する大会、ウエアーも華やか
招待選手やエリートの人たちのあとに、AからHくらいまでグループ分けされて
その場でスタートを待っていました みんなでストレッチしたりして

応援団長のすぎちゃんに見送られて、スタート
しかし、Gグループのわたしは、スタート地点が遠い遠い
隣をゆっくり走っていた人と、「スタート地点、まだですよねぇ」と話たりして

スタート地点では愛知県知事の大村秀章さんが応援に来ていて
やっとスタートしたときは、8分くらい過ぎていたようです
すごい人の中を走っているし、慌てないでゆっくり行こうと決めていたので
みんなと歩調を合わせて、ゆっくりめに走って行きました
スタート前にトイレに行けなかったので、3キロ地点くらいでトイレに寄ったら
混んでいて、結構並んだので、コースに戻ると
走っている人がまばらで、ちょっと完走するのが難しそうな人たちばかり
やばいと、ちょっとスピードアップして、調子こいてたくさんの人を抜いて
7キロくらいまで走ってしまった
トップを走る木崎さんや外国の方とすれ違ったりしたので
北海道から一緒に出場した方たちを探したのだけど
あまりにもすごい人たちで、人に酔いそうであきらめました

沿道の応援は、とても暖かく、ずっと続いていて
多分プライベートで応援に来ていた杉山愛ちゃんもいて、綺麗だったなぁ
15キロくらいまでは、淡々と順調に走っていたのだけど
17キロを超えた当たりから,苦しくなってきてしまって
20キロ過ぎくらいに、気分転換も含めてまたもやトイレに並んで休憩
ちょっと休んだだけだったのに、その後35キロまでは
何も考えずに、ゆっくりだけど快調に走れました
脱水症状にはならないように、水を取りなさいと、みんなに強く言われていたので
給水は、全部寄って、一口だけでも水やスポーツドリンクを飲むようにしていたのだけど
そこにいるボランティアの方々の応援も、暖かくてうれしかったな
ハーフを過ぎて、お腹がすいたときに食べたバナナも
パンも、ういろうも、ぜ~んぶ、おいしかった

35キロを過ぎてから、一気に足が重くなってきて、
すごくつらかったです
長引いた風邪のため、長い距離を走る練習を出来ず
ハーフ以降は未知の距離だったので、こわかったのですが
ああ、こんなにつらいんだなぁ・・・と
でも、まわりを走っているたくさんの人たちも
歩いたり、立ち止まって屈伸したりしながらも
一生懸命、前に進んでいる姿に力をもらって
一緒に走ってくれた人との練習を思い出して、
沿道の高校生たちとハイタッチして、元気をもらって
なんとかかんとか少し歩きながらも、走るのはやめませんでした

そして、あと2キロ、「うちから桑園ジャスコまでの距離」と思って
きっと歩いているような速度だったのでしょうが、頑張って走りきりました
ドームの周りを走っているときは、まだ~と切れそうでしたが
ドームに入ってすぐのゴールを抜けたとき
「ああ、もう走らなくていいんだ」とホッ



完走した人がもらえるティファニーのネックレスを
イケメン(と言われている)男性にもらって
一番欲しかったTシャツと、タオルなどを貰ってご満悦

感慨にひたる暇もなく、流れに乗って、ドームを後にしました

ホテルに向かう地下鉄の中、
メッセージやツイートで、
心配してくれている人たちの書き込みを見て
だんだん、じわじわと感動していったのですが
ホテルに戻って、お風呂に入って、名古屋駅に行って
新幹線に乗って、東京のホテルに行かなくちゃと
これからの予定で頭がいっぱいになって、
ボロボロになった身体のまま、やることをやって
本当にホッとして、「やったー!」と思ったのは
秋葉原のホテルで、お風呂からあがってビールで乾杯したときかな

あ、タイム、、、すごいです
こんなに長い時間走ることが出来たのだ
コメント (10)

名古屋へ

2013-03-12 21:59:07 | 旅に出たい
3月9日、あの大雪の日、
名古屋ウィメンズマラソンに参加するために名古屋へ旅立ちました
大雪で、JRは運休、遅れが相次いだ中、
運良く、千歳空港行きのぎゅうぎゅう詰めエアポートに乗れました
4人で行く予定が、ひとりの方は仕事で参加できず
長沼に住んでいる方が地吹雪のため空港にたどり着けず
2人で少し遅れた飛行機で、無事行けることに感謝しながらの旅立ちでした

来れなかった2人がたててくれた行程に従って
まずは熱田神宮へ

あまりの雄大さに2人とも呆然としてしまいました


ちょっと前までいた北海道に比べると嘘のような陽気で
新緑がまぶしかったです


梅の花も満開・・・なんです


宮きしめんを頂きました
マラソンに出るのだから、炭水化物をとらなくちゃ
ということで、小ライス付きをぺろり

その後、ナゴヤドームまでの行き方を
今回の名古屋行きをしっかり者の来れなかったお二人に
すっかりお任せしていた二人で、必死にスマホで調べて行きました

翌日の受付もなんとか済ませて、EXPOも少し観たり
ちょうどインタビューを受けていた深キョンの映像を観たりして
だんだんと、マラソンに出るのだなぁと実感が深まってきました

ホテルにチェックインしたあと、@テルニストのお友達と
コメダ珈琲で待ち合わせ
ホテルに一番近いコメダと思い込んでいて、行ったお店が違って
ほよよ~とあせりながら、お待たせした店舗へ

シロノワールは食べきれないと思って、クリームコーヒーで
楽しく笑い皺ができる位笑って、しゃべって
緊張した気持ちをすっかりリラックスさせてもらいました

ホテルに戻って部屋から見た名古屋の夕日

夜はひとりで歩いて食事に行って、
何故かお好み焼きを食べて、お酒は控えて
明日の準備をしたりして、早めに寝ましたが
やっぱりというか、さすがに、眠りは浅く何度も目が覚めました
長かった1日が終わって、とうとう明日は初フルマラソンです
コメント (4)

もう3月

2013-03-04 21:46:17 | なんでもない話
2月はあっという間に過ぎていった気がします
普通の月と2~3日しか違わないのに
あっという間でした
風邪ひいて、体調が悪かったせいもありますが
2月は5冊しか本を読んでいません
今,読みたい本が山になっています
読んでいる本は浅田次郎さんの上下巻
積ん読本は、小川糸さん、江國香織さん、宮部みゆきさん、
山田詠美さん、久世光彦さん、、、、はうっ
昨日の新聞広告で見た川上弘美さんの新刊も気になるし
4月には村上春樹さんの新刊が出るというではありませんか
仕事はしないと生きていけないし、
走ったりすることは、今やわたしにとって大切なことになっているし
大切な人たちと会って、お話する時間も大切だし
大好きな本も読みたいのよーーーと思うと
時間を上手に使わないとダメだよなんですよねぇ
ま、できることをひとつひとつ

昨日の雛祭りに慌てて出したおひな様

桜餅は食べなかったけど、ミスドで
ポン・デ・桜食べました
おいしかった

そして、ほぼ日で出した飯島奈美さんの
『LIFE 副菜~おかず、おかわり!』

簡単にちょちょっとできそうなおかずばかり
LIFEシリーズは大好きなレシピ本なので
作って食べるのがとっても楽しみだなぁ
コメント (2)