香が散る

本を読むのが大好き、少し前からノロノロですが走るのも好き
そんな、代わり映えのしない、でも大切な日々を書き綴っています

もしウィ

2011-11-28 20:49:19 | 本のこと
村上春樹さんのエッセイの再読
『もし僕らのことばが
 ウィスキーで
 あったなら』

  シングル・モルトを味わうべく訪れたアイラ島。
  そこで授けられた「アイラ的哲学」とは? 
  『ユリシーズ』のごとく、奥が深いアイルランドのパブで、
  老人はどのようにしてタラモア・デューを飲んでいたのか?
  蒸溜所をたずね、パブをはしごする。飲む、また飲む。
  二大聖地で出会った忘れがたきウィスキー、そして、
  たしかな誇りと喜びをもって生きる人々――。
  芳醇かつ静謐なエッセイ。

写真がたくさん載っていて、春樹さんの奥様の写真なのです
文章はもちろんのこと、この写真がまたとてもいいのです
異国の雰囲気が匂い立つような写真でした
春樹さんらしいマニアックっぽいウイスキーの話を読んでいると、
飲めないんだけどおいしい塩の香りのするウイスキーが
と~~っても飲みたくなちゃった
水割りはとっても苦手だけど
琴似にあるバーディヴァーション
その月お勧めのウイスキーをロックでゆっくりゆっくり1杯飲んだのは
本当の美味しかったことを思い出しちゃった
落ち着いたらひとりで行ってこようかしら
文章の下に色々なト書きがあるうち
 僕は何かすごくいやなことがあると、いつもビデオで
 「静かなる男」を見ることにしている。だから「当然
 のことながら」すいぶん何度もこの映画を見た。・・・

この文章を読んで、春樹さんだって、みんなだって
たくさん嫌なやるせない思いをしているんだな
わたしも、頑張んなきゃなんて、
ちょっとこのエッセイで感じるとは思ってもいなかった
励ましを受けてしまったりして、
再読だろうが所見だろうが、本とは出会いなのですね

いまは、ジャスコで少し安くしていた
フランスワイン「コートデュローヌ」をおいしく頂いています
いい感じ
コメント (2)

斉藤和義 LIVE TOUR "45 STONES"

2011-11-26 20:09:53 | 好きな音
昨日、19時からアンコール含めて21時半まで
全力疾走で最高に素敵な斉藤和義さんのライブを堪能しました
初めてのライブ、すごく刺激的で、格好よかった
途中、バラードの時に「あっ」と思った時はだーっと涙が・・・
演奏中はノリノリ るんるん
和義さんのお話には、爆笑
幸せいっぱいの2時間半でした
また行きたいなーーーー

ライブ後、興奮覚めやらずで
誘ってくれたお友達といっしょに、酒菜 あれこれ屋
あいかわらず美味しいお料理を頂きながらも
ふたりで何度も「よかったねーー」の繰り返し
「春菊と豚もつのサラダ」、「ロースティポテト ラクレットチーズかけ」
「手打ちフィットチーネ 海老とズッキーニのクリームソース」
ラクレットチーズって、ハイジが小屋でパンにのせているチーズですって
もうもう、おなかいっぱい パンパン
フィットチーネのあとの残ったクリームソースに入れてくれた麦飯も
とても美味しかったのだけど、お友達のお腹はパンクしていました
最終の地下鉄の時間に間に合うように帰ろうと言いつつ
「ガドーショコラ」食べたかったねぇと話をしたら
マスターが「持ち帰ったら」と言ってくれて、喜ぶ食いしん坊たち

今日のお昼にゆっくりと頂きました

食べ過ぎてしまって、今日は晴れて雪も溶けていたので
農試公園までジョギング 
反省しているでしょう はい、本当にもう

延び過ぎたうちのガジュマロなんだけど、
少し枝の整理をしていたら、可愛いちびハートの葉っぱを発見

がわいいなぁ
本読んだり、ぼーっとしているうちに気がついたら夜になっちゃった休日
コメント (6)

再読 マンチュリアン・リポート

2011-11-25 07:52:23 | 本のこと
浅田次郎さんの『蒼穹の昴シリーズ』


『マンチュリアン・リポート』
 昭和3年6月4日未明。張作霖を乗せた列車が日本の
 関東軍によって爆破された。一国の事実上の元首を
 独断で暗殺する暴挙に昭和天皇は激怒し、誰よりも
 強く、「真実」を知りたいと願った――。

 「事件の真相を報告せよ」昭和天皇の密使が綴る
 「満洲報告書」。
 そこに何が書かれ、何が書かれなかったか。
 混沌の中国。張り巡らされた罠。計算と誤算。伏せられた「真実」とは。


再読ながら、切なくて涙が止まりませんでした
西太后のために中国にきて、たった2回しか中国の線路の上を走らなかった豪華列車
張作霖の覚悟、軍人であるがために口を閉ざさなくてはならなかったもの
・・・戦争は究極の外交手段であり、究極である限りめったに戦争は起こらない。
   軍隊は本来の実力を発揮せずに、国威と国家の意思を表明する存在であればよいのです・・・
息をしていない張作霖を抱きかかえて慟哭する李春雷の姿には涙しか出ない
・・・旅立とう、雨亭(ユウティン)。 私たちが夢見た、遥けき草原へと。

読んでいない人は「なんのこっちゃ」ですね
蒼穹の昴シリーズの特設HPがあるようなので
少しでも興味のある方は、ちょっと見てみてください  →こちら

この頃、朝ご飯の変わりに大根人参スープを作っています

本当は、大根と人参を大さじ2杯分するのですが、
わたしは横着をして、フードプロセッサーで細かくしています
カップ1杯の水を足して、弱火で煮立てたあと、梅干しと海苔半畳をちぎって入れ
3分くらいことこと煮て、最後にお醤油をたらして終わり
お通じに良いらしいのです そして、結構おいしいですよ

今日はと~っても寒くなるという予報ですが、
夜は斉藤和義さんライブ、そして大好きな友人とお食事会
楽しみだなん 浮かれポンチにならず、落ち着いて過ごしましょ
だってね、昨日、地下鉄のウイズユーカード7000円分を落としたのだもの
コメント

冬の花火

2011-11-23 22:23:06 | なんでもない話
今日の夕方、札幌競馬場のイルミネーション点灯式で
花火が打ち上がりました

うちからは1kmちょっとしか離れていないので大きくてきれい

今日は寒かったけれど、晴れていたので北大まで走ってみました
このところ雪が降って寒かったので、
歩道が凍っているところは、そろそろと・・・
それでも結構大丈夫なものなのだなぁと思いながら5.5kmをゆっくり

北大の中のいつものジョギングコースはこんな感じになりました

この頃、新しい本を読んでいてもなかなか集中できなくって
昨日見た「開運なんでも鑑定団」で、
愛新覚羅溥儀のノートとか出てきたのをみて、
「蒼穹の昴」を思い出したのもあって、
今日は午後からずっと久し振りに
『マンチュリアン・リポート』を読んでいました
前はいつ読んだかなぁと思い出したら、去年の10月だった →前のブログ記事
やっぱりおもしろいよぉ やめられんよぉ
でも、ちょっと編みたいものがあるので、まだ途中です
コメント

ステップファザー・ステップ

2011-11-21 20:20:50 | 本のこと
好きな作家さんは?という質問に、必ず名前をあげるのが
宮本輝さん、村上春樹さん、浅田次郎さん、そして宮部みゆきさん
この4人の方の本は、本棚1段~2段づつ使って揃えている入れ込みかた
その中の宮部さんの作品の中でも、昔から好きな作品
『ステップファザー・ステップ』

 中学生の双子の兄弟と、彼らの父親代わりをする羽目になった
 プロの泥棒である主人公の身にふりかかる様々な事件を描いた
 ユーモアミステリー。『小説現代』(講談社)において1991年
 から1992年にかけての5編の短編が掲載され、1993年に書き下
 ろしの短編2編を加えて講談社より単行本が刊行された。単行本
 化の際に「ハンド・クーラー」、「ミルキー・ウエイ」の2編が
 書き下ろされた。タイトルの「ステップファザー」(stepfather)
 は日本語で「継父」を意味する。


この双子くんたちが、大好きなの
ちょっとほろりとして、ドキドキして、ほっとする小説
それが、来年の1月からTBS系でドラマ化されるのですって
パナソニックドラマシアター『ステップファザー・ステップ』
楽しみだなぁ いまからわくわく

昨日の夜中から降り続けていた雪
今日の最高気温は0℃、そして降ったり曇ったり
今週はずっと天気予報は雪マーク
このまま根雪になってしまうのかなぁ
でも今日から、おニューのブーツをおろしてご機嫌

今日、仕事の打ち合わせで、今まで参加していなかった方が参加
女性なんだけど、全部の話に口をはさんでくるの
アピールしたいんだなぁと思って、
ちょっと嫌だなぁと思ってしまったのだけど
昔、自分が一生懸命仕事したい、頑張りたいと思っていた気持ちが
押さえられなかった若かった頃、男性は結構受け止めてくれたけど
壁となって立ちはだかったのは、同性の先輩たちだったなぁと思い出したの
いまは、女性の設計ってそんなめずらしくはないし
わたしの若かった頃とはちがうけど、その頃思っていたこと
「女性の敵は女性」(過激・・・
そんな風に思って、自分なりに戦って頑張ってきたこと思い出して
静かに冷静にお話をしたのだけど、少しひいていたこと
きっと気付かれていたなぁ・・・・と反省しているのです
コメント (2)

深淵のガランス

2011-11-20 19:07:59 | 本のこと
北森鴻さんの絵画修復師・佐月恭一シリーズ

 銀座の花師・佐月恭壱のもう1つの顔は絵画修復師。
 大正末期に活躍した画家の孫娘から、いわくつきの傑作の
 修復を依頼された佐月は、描かれたパリの街並みの下に別
 の絵が隠れていることに気づく……表題作ほか、欧州帰り
 の若き佐月を描いた文庫書下ろし「凍月」等全3篇。
 裏の裏をかく北森ワールドに酔う1冊。 解説・ピーコ


絵画の話、修復内容のこと、少しわたしには難しかったのだけど
それでも、北森鴻さんの小説にのめりこんでしまうのは
解説のピーコさんも書いているように、主人公に惹かれているから
クールで格好いい、色々な小説で色々な格好良さを感じるのだ
これからも、本屋さんで見つけては買ってしまうだろうな

昨日は、仙台から来ているお客様と現場の人たちとの会食で
小林酒造「北の蔵」でやっている居酒屋七番蔵
ふぐのコースをいただきました

にこごり、てっさ、てっちり、一夜干し、唐揚げとふぐ三昧
現場の所長と電気担当者の人はふぐが初めてという初々しさ
がつがつと気持ちのいいたべっぷりで
お客様を含めてのおっさんたちは、日本酒飲むわ、飲むわ
めずらしく2次会をさけられず、何年かぶりにスナックに行ったのだけど
カラオケで歌う曲に目が点 吉幾三の曲の替え歌とか
聴いたことの無い曲に、笑顔で心の中でひいていましたわ
所長、帰りにはぺろんぺろんだったけど、大丈夫だったかな
ま、次に会っても、飲んだ時のことは知らんぷりだよねん

今日の午前中は天気がよかったので、1週間ぶりに
北大の中はだいぶ葉っぱが落ちてしまって、
葉っぱで見えなかった空が見えるようになってました

いつもの池にはマガモが元気に泳いでいて、挨拶
朝もこのくらいに気候だったらなぁと思いながらも
久し振りのジョギング、楽しんじゃった

そのあと、近くのスーパーで買い物していたら
前の会社での同僚家族にばったり
ジョギング用のシャカシャカした服をダフっと着て
化粧もせず、帽子でボサボサの髪の毛を隠している自分の姿が
とーーーっても恥ずかしくって、挨拶してすごすごと立ち去ったのでした
コメント

J.Jazz Net

2011-11-19 13:11:23 | 好きな音
以前にもこちらに書いたことがあるのだけど
インターネットラジオのJ.Jazz Net MUSIC PROGRAMESの中の
{夜ジャズ}で、今週のゲストが由紀さおりさんなのです
ニュースにもなっていますが
由紀さおりさんがアメリカのジャズオーケストラ「ピンクマルティーニ」と
共演したアルバム『1969』がiTunes全米ジャズ部門No1になったのですよね

YouTubeでも流されいて、素敵な曲ばかりなのだけど
そのアルバムのお話とかも聞くことが出来て、とても楽しかったのです
もし、良ければ聞いてみてくださいまし
初めての方は会員登録が必要ですが、会費はかからないし
他の番組もいいですよーー
わたしは[Wisky Mode]とか結構好きで聞いています

昨日、一昨日の寒さで積もった雪も
今朝の雨ですっかり溶けてしまいました
いつもより遠い地下鉄まで歩いて、仕事に行ってきます
コメント (2)

シュシュ

2011-11-17 23:02:02 | なんでもない話
マフラーの残りの毛糸で作ってみたシュシュ

もうちょっとゴムの輪を小さくして
色も可愛いのにしたらいいかなぁと思うのだ

昨日の夜から、しんしんと雪が降り続いていて
起きたら銀世界の窓の外

とうとう降ったなぁという感じ
久し振りに雪をざっくざっく踏みしめて歩いて出勤
寒い中を歩いて、温かい事務所で熱い珈琲を飲むのって
すっごくおいしくって幸せ~な気持ちになるなぁ

もう寒くって外を走る気にもなれず
(すいません、部長、ジャーマネ
でも、早起きする習慣だけは続けていて
出かける2時間前位に起きるようにしているの
ちょこちょこと掃除や洗濯やお弁当作ったり以外には
スマートノートの記帳時間を取るようにしているの
前の日にあったこと、思ったこと、気付いたこと、やりたいこと
色々と考えると、自分が本当はどう思っていたのかとか
大切にしなくてはいけないこと、考えなくてもいいこと
そんなことが分かってきたりするので、すっきりする
おもしろい人になりたいし、お話がしたいのだけど
そこはまだまだ道は遠いかな
自分なりのスマートノート、結構続いているわぁ
コメント (4)

初雪

2011-11-15 21:17:47 | なんでもない話
昨日の夜、札幌の定山渓で初雪が降ったというニュース
でも、うちのあたりは全然降っていなかったの

今朝、6時に起きたときの外はまだ朝日が見えなくて、寒そう

あと1ヶ月ちょっとで冬至だもの、だんだん日が短くなるんだなぁ

6時半にはポプラの木の間からうっすらと朝日が


5分後くらいには、JRタワーの横からきれいな朝日が昇りました


今日は定山渓の手前の石山という所で
新築住宅の地鎮祭があって、朝むかったら
現地近くに行くと、道路に雪がまだ残っていて、寒そう
外に2時間近くいて、もう体が冷えきってしまった
その後も、打ち合わせなどなどで、冷たい風の中を歩いたりして
なんだか疲れました・・・体温が奪われて疲れるんだよね~
ジムに行く予定もやめて、早々に帰って来ちゃった
帰り道では、とうとううちのまわりも雪が舞い降っていたので
もしかしたら、明日の朝は少し雪が残っているのかな
まだ、からだが冬の寒さに慣れていないのだわん
コメント

Japao

2011-11-14 23:27:44 | 好きな音
先月ダウンロードして、朝よく聞いている
小野リサさんの『Japao』

全曲日本語の懐かしい歌をリサさんの癒し声でボサノバに編曲
その中でも好きなのは
 コーヒー・ルンバ、あの日にかえりたい、見上げてごらん夜の星を
ユーミンのアルバムにリサさんがバックコーラスとして参加した時も
リサさんの声はこの曲にすごく会うなあと思っていたので
「ああ、やっぱり」という感じで、安心感
HPで、視聴出来るので、聞いてみてほしいな

さっきまで、プロフェッショナル仕事の流儀 本田圭佑選手を見ていたの
最初から最後まで、すごいなぁ、格好いいなぁ、すごいなぁの繰り返しだったけど
ワールドカップ予選直前にひざの半月板損傷で今リハビリ中の本田選手の言葉
「この状態がチャンス、遠い先を目標に頑張れる」に、泣きそうなくらい感動
「人生、谷がなければ、山も無い。うれしい事ばかりだとうれしくなくなる」
というようなことも言っていて
頭ではわかっているけれども、言葉に出して行動に移せるのはすごいと思う
気付いたら凹んでいるし、弱音はいているし、いつも情けないものなぁ
同じくはできないけど、
まずは自分で限界を作らないでやってみようと思っちゃったよ

編み物を始めてから、なんだかやめるきっかけがなかなかつかず、
すっごくへたくそだけど、出来ましたん

テキストではフリフリがついているのだけど、それはやめて
シンプルにこの状態で完成としようと思うのだ
編んでいて、毛糸選びや編み方の失敗など分かってきたので
今度はもう少し複雑なものを編んでみようかなぁ
でも、全然、本を読む時間がとれなくなってしまっていたので
しばらくは読みたかった本を読もうと思っています
コメント (6)