香が散る

本を読むのが大好き、少し前からノロノロですが走るのも好き
そんな、代わり映えのしない、でも大切な日々を書き綴っています

平成30年もおしまい

2018-12-30 23:49:59 | なんでもない話
1ヶ月以上、ブログを放置
本の記録と、人に見られてもいい日記ブログ
なーんの意味もないんだよね
しかし、ちょっとした自分の居場所だしね。。。

1ヶ月ちょっと前になるけれど
江別にできた蔦屋書店に行ってきた



12月はとっても寒い日々が続いた中
自宅から車で1時間近くかかったかなぁ





3棟に分かれて、それぞれにテーマがあり
すごいたくさんの本と、珈琲とか飲みながら読書できる環境に
近くにあってほしいと!と身悶える
土日は、かなり混み合っているので平日に行ってみたいけど
蔦屋休暇なんて、取れるかしら。。。

そこで発売されていることに気づいて買った本が
宮部みゆきさんの杉村三郎シリーズ5作目
『昨日がなければ明日もない』



『希望荘』以来2年ぶりの杉村三郎シリーズ第5弾となります。
中篇3本を収録する本書のテーマは、
「杉村vs.〝ちょっと困った〟女たち」。
自殺未遂をし消息を絶った主婦、訳ありの家庭の訳ありの新婦、
自己中なシングルマザーを相手に、杉村が奮闘します。


3つの事件全体が、結構ダークだったけど
特に1番目の「絶対零度」は、きつかった
登場人物がシリーズものなので、親しみがある分
暗くてきつい事件を読んでいる気持ちが和らぐけど
宮部さんの現代物は、面白いけどきついなぁと
改めて思った本だった

新聞広告で知って電子書籍で読んだ
東山彰良さんの『夜汐』



文久三年。やくざ者の蓮八は、
苦界に沈んだ幼馴染み・八穂を救うため、
やくざの賭場から大金をせしめた。
報復として蓮八に差し向けられたのは、
凄腕の殺し屋・夜汐。
京で新選組の一員となり、
身を隠すことにした蓮八だが、
ある日八穂からの文を受け取る。
帰ってきてほしい……その想いを読み取った蓮八は、
新選組から脱走することを決意。
土方や沖田からも追われながら、
八穂の待つ小仏峠に向かうべく、必死で山中を進む。
だが、夢で蓮八に語りかけ、折りに触れ彼を導くのは、
命を狙っているはずの夜汐だった――。


東山さんの作品は、直木賞の「流」以来
歴史小説も書くんだなぁと思っていたら
初めて書く歴史小説だった
幕末の時代、どうしようもないことだけど
切なくて悲しかった

本屋の平台にずっと乗っていて気になっていた本
森口裕子さんの『行方』



公園から忽然と姿を消した三歳の琴美。
両親は必死に捜すが、一向に見つからない。
――22年後。自堕落な生活を送る幸子のもとに、
一通の手紙が届く。
差出人は、消息不明の妹を捜し続けている男だった。
同じ頃、浜名湖畔で楓は父親の誠司とペンションを営んでいた。
ある日を境に、誠司に対して不信感を抱く楓。
父は何か秘密を抱えて生きているのではないか。
交わるはずのなかった人生が交錯したとき、
浮かびあがる真実。切ない想いが胸を満たす長編ミステリー。


突然、娘がいなくなってしまった母親の気持ち
静かに耐えて受け止める父親の姿に
ずっと胸が痛かったし、切なかった
どんな理由があろうと、犯罪は身勝手なものだと思う

12月は、どなたも忙しく過ごしているでしょうが
わたしの仕事も、相変わらずに増しての状態だったのに
中旬には、風邪をひき1日寝込み
21日の会社の忘年会で、牡蠣のコースを食べて
牡蠣を食べたほぼ全員があたってしまうという災難
あたったことで、厄を落として
来年は、良い年であること間違いなし

好きな言葉
良いお年をお迎えください
コメント (2)

まったり3連休

2018-11-25 20:04:29 | 本のこと
去年の今頃は、友人達と横須賀に行ったり
横浜でジョグしたり、友人に会ったり
ゴッホ展を見に行ったりとアクティブに動いていた連休だったけど
今年は、ゆっくりまったりの3連休
母に頼まれた用事以外は、特に決められたこともなく
短い距離だけど、走ったり、ドラマや映画を見たり
本を読んだりと、ゆっくりと過ごしていた



連休前にやっと降った雪はすっかり寝雪なのかな
今日走った北大の大野池は雪景色が綺麗だった



この頃、潤いがない毎日のような気もしていて
スーパーで小さなシクラメンを購入
楽しませてね

仕事は、相変わらずというか忙しい毎日だけど
先週は、珍しく地方に行くことがあって
千歳のルタオでお茶したり、江別でランチしたり
わたしらしく、気を抜きながらも働いている
そして、本も読んでいるのだよ

『宮部みゆき全一冊』



未収録エッセイ15本、映画監督や作家との未収録対談、
超ロングインタビュー、作家生活&全作品年表、
いしいひさいち漫画2本、藤田新策・新潮文庫装画画廊、
こより・『この世の春』挿画ギャラリー……など。
秘められていた宮部作品のルーツと創作の原点を収録。
本人による貴重な自作(「負の方程式」)朗読CD付!


宮部ファンとしては見逃せない一冊
楽しさ、嬉しさいっぱいだった
しかし、CDはまだ聞いていなかったことに今、気がついたわ

録画した声といえば、
先週、同僚が議事録を作るために録音した会議の声を聞きながら
議事録を作っていたら、思いがけない自分の声に、「ぞぞっ!」となった
脳内でいつも聞いている自分の声じゃないじゃないか!
ちょっと悲しい気持ちだった

そして、宮部みゆきさんの『希望荘』



今多コンツェルン会長の娘である妻と離婚した杉村三郎は、
愛娘とも別れ、仕事も失い、
東京都北区に私立探偵事務所を開設する。
ある日、亡き父が生前に残した
「昔、人を殺した」という告白の真偽を調べてほしい
という依頼が舞い込む。依頼人によれば、
父親は妻の不倫による離婚後、
息子との再会までに30年の空白があったという。
はたして本当に人殺しはあったのか――。
表題作の「希望荘」をはじめ計4篇を収録。
新たなスタートを切った2011年の3.11前後の杉村三郎を描くシリーズ最新作。
『誰か』『名もなき毒』『ペテロの葬列』に続く人気シリーズ第4弾。


単行本で読んでいるはずなんだけど
新たな気落ちで、楽しんでいた、トリ頭のわたし
宮部さんのミステリーは結果がわかっていても
何回も読んでしまうんだよね

本屋の平台にずっと載っていて気になっていた
小杉健治さんの『父からの手紙』


 
家族を捨て、阿久津伸吉は失踪した。
しかし、残された子供、麻美子と伸吾の元には、
誕生日ごとに父からの手紙が届いた。
十年が経ち、結婚を控えた麻美子を不幸が襲う。
婚約者が死体で発見され、
弟が容疑者として逮捕されたのだ。
姉弟の直面した危機に、
隠された父の驚くべき真実が明かされてゆく。 
完璧なミステリー仕立ての中に、
人と人との強い絆を描く感動作!


涙が止まらないということはなかったけど
「素直」な気持ちって、大切だなと思い
人を思う気持ちが、必ずしも人を幸せにしないのだと
複雑な気持ちで、切なく思う小説だった

昨日、散歩の途中で入った本屋で偶然見つけた
益田ミリさんの『沢村さん家のそろそろごはんですヨ』



図書館帰りにスーパーのお惣菜売り場を覗いたり、
コマーシャルで見た新製品調味料をお母さんにリクエストするなど、
定年後も食への興味はつきないけれど、回転寿司に行ったあと
「若い頃はもっと食べられた」と毎回つぶやくようになってしまった70歳のお父さん。

丸ごとトマトのかぶりつきをお昼ごはんにしてみたり、
サヤに3つ入ったそらまめを見て自分たち家族を思い出して絵手紙を綴ったり、
お父さんには内緒で友達と高級ランチに行ったりと、
社交的で日々の生活を楽しんでいる69歳のお母さん。

会社帰りにばったり会ったお父さんに焼き芋を買ってもらうなど
平和な実家ぐらしを送ってはいるけれど、
いつのまにか家族の外食を仕切る立場となったことをちょっぴりさみしく思ったりもする、
未婚で彼氏なしの40歳ベテランOLのヒトミさん。

そんな平均年令60歳の沢村さん一家を描いた「週刊文春」で連載中の人気ホーム・コミック単行本第四弾。


安定した沢村さんちのお話は、
気持ちがゆったりして、優しく笑ってしまう

新刊が出ていたら必ず読みたい
原田マハさんの『常設展示室』



その絵は、いつでもあなたを待っている。
人生の岐路に立つ人たちが辿り着いた世界各地の美術館。
巡り会う、運命を変える一枚とは――。
故郷から遠く離れたNYで憧れの職に就いた美青は、
ピカソの画集に夢中になる弱視の少女と出会うが……
(「群青 The Color of Life」)ほか。
アート小説の第一人者が描く、極上の6篇。


短編かぁと少し残園に思った自分を叱りたい
一枚一枚、一編一編が心に沁みた
とても好きな小説だった

あっという間に冬になってしまった札幌
そして、11月ももう終わり
ちゃんと1年過ごしていたのかなと思うと自信ないけど
ま、来週もがんばろ
コメント (2)

野の春

2018-11-11 18:34:54 | 本のこと
大好きな作家さん
宮本輝さんのライフワークと言える小説
「流転の海」シリーズが完結
第9巻『野の春』



自らの父をモデルにした松坂熊吾の波瀾の人生を、
戦後日本を背景に描く自伝的大河小説「流転の海」。
昭和四十二年、熊吾が五十歳で授かった息子・伸仁は
二十歳の誕生日を迎える。
しかし熊吾の人生の最期には、
何が待ち受けていたのか。妻
の房江は、伸仁はどう生きていくのか。
幸せとは、宿命とは何だろうか──。
感動の最終幕へ。


たくさん、たくさん語りたい事があるけれど
まだ読み終わっていない人にネタバレとなっては
申し訳ないし、もったいないので我慢。
ここにきて、この人が現れるのか。。。。
この人は、こうなるのか。。。。
業なのか、品なのか
今日はいばってはいけない日
流転の海で、忘れられない言葉が
溢れるように、浮かんできて
決して悲しい結末ではないけれど
読み終わった途端に、涙がポロポロ出て
息ができなくなってしまった
素晴らしい小説を、最後まで読めて
本当に幸せ
読み終わってからもう1週間以上経っているけれど
まだまだ、頭の中が熱くて冷静ではいられない
もう少し落ち着いてきたら、
もう1度読み返すのがとても楽しみだ

高村薫さんの『冷血』上下巻



クリスマスイヴの朝、午前九時。
歯科医一家殺害の第一報。
警視庁捜査一課の合田雄一郎は、
北区の現場に臨場する。
容疑者として浮上してきたのは、
井上克美と戸田吉生。
彼らは一体何者なのか。
その関係性とは? 
高梨亨、優子、歩、渉――
なぜ、罪なき四人は生を奪われなければならなかったのか。
社会の暗渠を流れる中で軌跡を交え、
罪を重ねた男ふたり。
合田は新たなる荒野に足を踏み入れる。


「野の春」の衝撃が大きすぎて、
全然違う小説を読むことにした
しかし、何度も何度も犯罪現場の描写が出てきて
犯人の人間性を可哀想と思いそうになっても
意味もなく殺されてしまった被害者を思い出し
ただただ、淡々と、正直、早く読み終わりたいと思いながら
なんとか読み終えて、どういう気持ちなのか
複雑で、悲しい気持ちだけど、それだけではなく不思議
高村薫さんの小説は久しぶりだったけれど
そういえば、力強いというか、
骨太な小説だったなと思い出していた

札幌は、11月10日を過ぎても、まだ初雪が降らず
晩秋が長く続いている感じだ
先週、車の点検とタイヤ交換をしてもらっている間に
農試公園をJogしていたら、転んでしまって、膝がひどいことに
今週になって、もう良くなり、傷跡がかゆい
今日、北大をJogしたら、気持ちよく走れたので
丈夫な足でよかった
北大の銀杏並木はすっかり寂しくなってしまって
イチョウの香りだけが、プンプンしていた



今年は、誕生日の朝にJogした時が一番綺麗だったな

前に行った琴似のセレクトショップで
買うかどうか迷っていた帽子があって
やっぱり買おう!と決めて、散歩がてら買い物に


こんな感じの帽子なんだけど


こんな風や


こんな風にしたりして被れるのだ
ちょっとした自分へのご褒美かな



うちに戻ってきたら、
窓の外に虹がかかっていた
コメント

村上RADIOを聴きながら

2018-10-28 20:45:20 | 本のこと
村上春樹さんの2回目のラジオ番組を
すっかり今日の20時からだと思い込んでいて
検索したら、21日の19時からだったことに、ショック
でも、便利な世の中で、radikoのタイムフリーで聴きたら
ブログをアップできる幸せ

読み終わった本について
覆面作家 坂木司さんの
『アンと青春』



アンちゃんがデパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めて八ヶ月。
販売の仕事には慣れてきたけど、
和菓子についてはまだまだ知らないことばかりだ。
でも、だからこそ学べることもたくさんある。
みつ屋の個性的な仲間に囲まれながら、
つまずいたり悩んだりの成長の日々は続きます。
今回もふんだんのあんことたっぷりの謎をご用意。
待ちに待ったシリーズ第二弾!


坂木司さんの小説は、本当に好きだな
安心して読めるんだよ ホッとするんだよ
それは、出てくる人たちが正直で善人だからなんだな
このシリーズは、まして美味しそうなんだなぁ
豆大福が無性に食べたくなる小説

中村文則さんの
『その先の道に消える』



アパートの一室で見つかったある 緊縛師 の死体。
重要な参考人・桐田麻衣子は、
刑事・富樫が惹かれている女性だった。
絡まりあう 謎 と 嘘 。
この世界を生きる意味──。
世界で絶賛される中村文学の到達点。


中村文則さんの小説は好きなんだけど、
読むのには覚悟がいる事をすっかり忘れていた
久しぶりに読んだからね
案の定、読み終わって、ずっしり重い気持ちになったんだけど
なんかね、こういう小説を読む時間も大切なんだな

稲垣えみ子さんの
『寂しい生活』



アフロヘアの自由人が紡ぐ、『魂の退社』の続編。
笑って泣いて、心から納得!
生きる勇気がわく傑作エッセイ。


中村文則さんの小説を、仕事中のランチタイムで
読む気持ちにはどうにもなれず
なんとなく、前から気になっていたエッセイを読むことにした
稲垣えみ子さんのような生活が出来るとは思わないけど
まっすぐな気持ちや感覚は心地こいな

今週末は、天気の悪い土日だった
金曜日は、会社で歓迎会があり、ちょっと酔っ払って帰宅
でも、土曜日は朝早くから、母の用事を済ませてから
旬のシシャモを鵡川で食べられるということで
大雨にもめげずに、鵡川に行き、シシャモ寿司を生まれて初めて食べた
そして、今年とれたての生シシャモを買ってきたけど
シシャモは焼いて食べるのが好きだなぁ
そして、生シシャモは、柔らかくてすごく美味しいとわかった
この歳になっても、初めてのことはたくさん

今日は、ちょっと朝寝坊して10時位から走り始めたら
雨が降ってきて、だんだんとひどくなり、5kmで終了
雨が降ったからか、この頃になく早く走っていた

録画していたドラマとか見てから、
大好きなカフェで読書タイム





珈琲羊羹に生クリームをつけて食べるのは最高
のんびり珈琲を飲みながら
宮部みゆき全一冊を読み始めた
ほとんどの作品を読んでいるので、対談がとっても面白い
まだまだ数ページしか進んでいないけど
大切な本となること間違いなし

今週は、宮本輝さんの「流転の海」シリーズ
最終巻が刊行予定なので、なんだかドキドキする
楽しみだなぁ

夕方、足つぼマッサージをしてもらって
帰ろうと思ったら、ずっと閉まっていた1階に
セレクトショップが入っていて
思わず、入って、ちょっと可愛らしいアクセサリーを買ってしまった
ちょっと早いけど、自分へのお誕生日プレゼントかな
コメント (5)

紅葉Jog

2018-10-21 20:32:17 | 走ること
昨日から、ゆっくりでも、
紅葉の季節の陽だまりロード、エルフェンロードを
走りたいなと思っていたので
今日は、8時過ぎにはたまゆら厚別に車を止めて
重い体を押して 走り始めたのだ



厚別区の陽だまりロードの走り始めは
かなりきつくて、学習の森までは頑張ろうと決める





紅葉の樹々のトンネルを走っているうちに
気持ちよくなってきて、
ゆっくりでもやっぱり自転車の駅まではと思い直す





上りは辛かったけど、無理せずゆっくり
たまに歩いたりとかもしながら、美しい紅葉に癒される



ランナーよりもサイクリングの方の方が多かった今日
たった13kmちょっとだったけど、
景色をこんなに楽しめることが出来る趣味があってよかった
これからも、走り続けよう


コメント