香が散る

本を読むのが大好き、少し前からノロノロですが走るのも好き
そんな、代わり映えのしない、でも大切な日々を書き綴っています

余市味覚マラソンと本のこと

2018-10-07 19:35:06 | 走ること
今週末は北海道にも台風の上陸が予報されて
今日開催予定だったマラソン大会が軒並み中止になった
応援に行くはずだった札幌マラソン、大好きな別海パイロットマラソン
北見ハーフに苫小牧マラソンも。。。
とても残念だけど、主催者側も苦渋の選択だったのでしょう
北海道にも台風の被害が心配されるようになってしまったんだなぁ

実は、先週、余市味覚マラソンの10kmを走ってきた



いつもはJRで向かうのだけど、今回初めて車で向かう
駐車場の様子がわからず、家を5時半に出たら6時半に到着して
駐車場はガラガラで、すごく近い場所に駐車できちゃった
そして、JRの時は持ち帰りが大変だから買わなかったぶどうを箱買い



これで1200円とは、すっごく安いしめっちゃ美味しい



いつも購入するプラムも2つ買った
よこは参加賞の果物詰め合わせ(プラム食べちゃってから写した)

走りは、、、、ワースト記録更新も一応完走
はい、慌てずにコツコツと復帰するぞ
なんて思っていたのに、今週は仕事の忙しさと体調不良により
全然、走らない日々だったのだけど

今日は、夜中は風の音がしたのだけど、朝起きたら静かに雨が降り
お昼には雨が上がり、ちょっと風が強いという、比較的静かな日だった
傘をさして、2時間ほど散歩して、午後からは美味しい珈琲と読書
そうなの、アップしていない読了本がたくさんあるんだ。。。

中山千里さんの
『恩讐の鎮魂曲』、『追悼の夜想曲』とシリーズものを続けて読んで
『作家刑事 毒島』ですっかり飽きてしまって、
ちょっと中山ワールドから離れる
大好きな益田ミリさんのエッセイ
『痛い靴のはき方』を読んで、
久しぶりの群ようこさんの
『ネコと昼寝』を読んだら、あとがきに
『パンとスープとネコ日和』の映像化のことが書いてあって
Amazonプレミアムで、小林聡美さんの映画を観たのだ
WOWOWで4回連載されたドラマで、よかったなぁ
そのまま、AMAZONプレミアムでの視聴にはまってしまい
永作博美さんと佐々木希さん主演の
『さいはてにて 優しい香りと待ちながら』
小泉今日子さんと榎本明さん主演の
『センセイの鞄』
豊川悦司さん、薬師丸ひろ子さん主演
『今度は愛妻家』を続けて観た
この3作は、とってもとってもよかった

あ、映画館で映画も見たんだった
4回泣けると評判の『コーヒーが冷めないうちに』
これも、薬師丸ひろ子さんと松重豊さんが
もうすっごくよかったな。
ちなみに2回泣いた。。。。

小説の中でもとてもよかったは
南杏子さんの
『サイレント・ブレス』



誰もが避けては通れない、 愛する人の、 そして自分の「最期」について
静かな答えをくれる、 各紙誌で絶賛された現役医師のデビュー作。
2018年6月21日のNHK「ラジオ深夜便」にて紹介され、話題沸騰中!
大学病院の総合診療科から、「むさし訪問クリニック」への“左遷"を命じられた37歳の水戸倫子。
そこは、在宅で「最期」を迎える患者専門の訪問診療クリニックだった。
命を助けるために医師になった倫子は、そこで様々な患者と出会い、
治らない、死を待つだけの患者と向き合うことの無力感に苛まれる。
けれども、いくつもの死と、その死に秘められた切なすぎる“謎"を通して、
人生の最期の日々を穏やかに送れるよう手助けすることも、
大切な医療ではないかと気づいていく。
そして、脳梗塞の後遺症で、もう意志の疎通がはかれない父の最期について考え、
苦しみ、逡巡しながらも、大きな決断を下す。
その「時」を、倫子と母親は、どう迎えるのか?


ずっと気になっていた本だったのだけど
読む勇気が必要だった
読み終わって、人それぞれだろうけど
誰のことも真似ができるわけども同じ経験もないだろうけど
読んでよかったと静かな気持ちで思った

浅田次郎さんの蒼穹の昴シリーズ
『天子蒙塵4』



王道楽土を掲げる満洲でラストエンペラー・溥儀が再び皇帝の位に昇ろうとしている。
そんななか、新京憲兵隊大尉が女をさらって脱走する事件が発生。
二人の逃避行はパリへと向かう。一方、欧州から帰還した張学良は、
上海に繰り返し襲い来る刺客たちを返り討ちにしていた。
日本では東亜連盟を構想し後に「世界最終戦論」を説く石原莞爾が
関東軍内で突出した存在になりつつあり、
日中戦争突入を前に、日本と中国の思惑が複雑に絡み合う。
満洲に生きる道を見いだそうとする少年二人の運命は?
この世を統べる力を持つ龍玉にまつわる伝説は、
ついに最終章へ。『蒼穹の昴』シリーズ第5部、完結!


うーん、第6部もあるんだなと思いながら読了
わたしにとって、もう歴史本となっている
気になって仕方がないので、読み続けるけど。。。。

先週から、うちの中を少しリニューアル?
ベット脇の棚を新しくして、キッチン周りを整理して
明後日、届くリビングのちょっとした家具に
色々と整理しておいて終了 楽しみだなぁ
コメント (2)

日々是好日

2018-07-18 06:28:34 | 走ること
夏らしい日が全然来ない札幌
でも、豪雨で被害のあった地区のニュースで
灼熱の中を復旧作業されている姿を見ると
日々の小さなことに文句を言っていることが
恥ずかしくなってしまう
復旧が早く進みますように
これ以上の被害が起こらないように
行方不明の方が早く見つかるように。。。

しばらくぶりのブログ
この気候のせいなのか、
いまひとつ調子が良くなかったのだけど
遊んでもいたのだ

6月24日は、きたひろしまロードレースで15km
あまりにも不甲斐ない走りで、少し落ち込んでしまった
本当に走れなくなっていて、がっかり
長時間のデスクワーク中に、
知らない間に呼吸をうまくできなくなっていたみたい
体が重いのもあるし、呼吸も苦しくなり、足も疲れる
根本的なところからの是正が必要なので
焦らずに、じっくりと普段の生活から直していこうと
定期的に通っている足つぼの先生と話しているところ

北海道にも梅雨の時期があるようになったと思うほど
毎日、雨の日々だったので、走ることは少し休んでいて
ちょっとした晴れ間で、時間が取れる時に
短い距離でも、走るようにはしているという体たらくなので
ラン仲間さんと一緒に走るのは、迷惑をかけてしまうので
しばらくは無理だなぁ。寂しいなぁ。

7月8日は、札幌ドームマラソンで
スープカレーエスのチームでリレーに参加する予定だったのだけど
体調を崩して熱を出してしまい、ドームに行くことができなかった
2kmなので、走れるよねって思っていたの残念



エスクリエイティ部で作ったミニオンズたちで
見事、仮装賞をとったという嬉しいニュース
みんなの笑顔が輝いていたよ〜

きたひろしまで走った後、30kmを走ったS嬢と一緒に
大通公園でベルギービールを飲みに行ってきた



サーバーから注ぐベルギービールは
とっても美味しかった
たくさんの種類から自分好みのビールを探すのも楽しく
外で飲むのもまた気持ちよく(ちょっと寒かったけど)
大通公園ではたくさんの催しが行われるようになったな

そして、先週の日曜日もS嬢と一緒に
ラフェット・デ・ヴィニュロン・ア・ヨイチという
夜市のワイナリーを巡ってワインの試飲をして回るという
素晴らしいフェスに参加してきた
去年も参加して、雨だったのだけど
今年は去年にましての豪雨
しかしめげずに飲んだ飲んだ

  

  

手作りの催しなのだけど、600人位の人が参加したらしい
畑の中を歩いたりもするので、雨の時は長くつは必須アイテム
参加している食事ブースの食べ物も美味しかった
また来年も行けるかな



読了本が9冊
確か溜めずにブログアップするって書いたばかりなのに
溜め込んでしまった
10冊になる前にアップしよう
コメント (2)

おたる運河ロードレース

2018-06-19 08:23:12 | 走ること
昨日は、関西で大きな地震が起きてびっくりしました
余震がありませんように
避難されている方が早く普段の生活に戻れますように
お祈りするばかり。。。。

日曜日、おたる運河ロードレースのハーフを走ってきました



琴似を6時14分発のJRで向かったので
出発までは余裕があり、散歩したりストレッチしたり
去年は、股関節痛でエントリーはしたけど
応援だけして帰ってきたので、今年は走れることが嬉しい
エスのエリちゃんや鈴木先生、Fランのnaviさんと合流
9時のスタートは、naviさんとおしゃべりしながら待っていたので
リラックスしてスタートすることができた

スタートしてもちろんすぐに、naviさんは先に行き
ハーフを淡々と走るのみ
前半はいつもの練習の時よりもちょっと早めだったけど
気持ちよく、小樽商科大学軍団に笑わされながらついていった
10kmレースの先頭の方が追い抜いていって、
9kmを過ぎたあたりから、いつものヘロヘロペースになり
15kmを過ぎてからは、ぐっとペースが遅くなってしまった
折り返しコースだったので、自分がかなり遅いことは十分承知
遅いけど、諦めずに一応走ってはいたんだけど、周りに人が少なくなってきて
あと2kmくらいのホーマック駐車場への出入り口で
係りの人がゲートみたいなのを閉め始めていたいたのだ
えっ?足切り?と思いながら走っていったらすんなり入れてくれて
頑張って〜!と応援してくれたけど、、、
後ろにもまだ走っている人たちがいたんだけど、、、足切りだった?
ボランティアの高校生たちが、ノロノロと走っている姿に
一生懸命の応援をしてくれて、「ありがとう」と言いながらもちょっと照れた。
遅くて周りに人があまりいないので集中応援
しかし、すごく力をもらったことは間違い無いんだよね
残り2kmは、いつものペースに戻っていたし
3人くらいは抜いたし。。。
最後の坂道は、レースや応援を終えて帰る人たちがいっぱい
その中を、意外とちゃんと走れて、競技場で無事ゴール
2時間28分。。。。ワースト記録
だけど、完走が目標だったし、今の練習量と体重ではしょうがない
走れてよかった

帰りはエリちゃんとnaviさんでお風呂に入って
あ、naviさんは別に
お財布を落とすというアホなアクシデントもあったが
無事、戻ってきて、
あおぞら銭函3丁目という餃子が美味しいと評判のお店に向かったが
すごい人が待っていて、お腹が空き過ぎていたので断念
しかし、心は餃子に支配されていたので
手稲の王将で餃子とビールで乾杯(エリちゃんは水)
地下鉄で降ろしてもらって、naviさんと2次会
大満足の1日だったよ

また、ハードな毎日が始まっているけれど
今日は少し遅い出勤。
なんとか、明日は走りたいなぁ。
コメント (2)

洞爺湖マラソン

2018-05-22 21:14:37 | 走ること
マラソン大会に出るようになってもうすぐ6年
初めて洞爺湖マラソンに参加。。。10kmだけど

朝、4時半に家を出るつもりが
なんだかんだと4:50になってしまい
近くの7・11に寄ってから
わかさいも本舗 洞爺湖店にナビをセット
新川通を曲がった途端に
「103km先を右折です」と言われた。。。
ナビ、必要だった?
大通公園を抜けてからは、両側の車を運転している方々は
どうも、ランナーっぽい
中山峠は、渋滞ではないけど、車がびっちり連なっている
多分、洞爺湖マラソン参加者達だろうなぁって雰囲気
ナビ、必要なかった。。。
7時過ぎに洞爺湖に着いた時は
近くの駐車場はいっぱいで、なんだかすごい上の方に停めることに。。。
おかげで、お天気が良く、綺麗に輝く洞爺湖を見下ろすことができた



会場の方に行くと、たくさんの仲間の方々と会うことができて
スタートまでの時間があっという間だった
9:30のフルマラソンスタートを見守り応援して
9:50に10kmをスタート
伊達の時とは違って、緩やかに上がって下がってだったので
前半は少し短く感じだのだけど
この頃の不調続きでの練習不足は嘘をつかない?
後半はかなり苦しかった
暑くなったのに、長袖だったもの敗因だよなぁ
途中、もう歩くかなって弱気になったけど
フルマラソンを走っている方々の顔を思い浮かべ
10kmくらい、走らなくっちゃと踏ん張った
タイムは、伊達の時とそう変わらない感じ
なんだかなぁ



走り終わって、同じ10kmを走った方と少しお話をして
フルの到着を待たずに帰ることにした
駐車場がかなり遠くて、ゼーゼー言いながら登って
帰ろうと思ったら、フルマラソン先頭の方が帰って来た!
すごいなぁ



洞爺湖は八重桜が満開だった

途中、ルスツの道の駅とか、アイスの小屋とか寄ろうかと思ったけど
お天気が良かったからか、どこもすごい人たちで
藤野のマックでお昼を取るために車を降りたら
体が固まって、ロボットのようになってしまった。。。
帰りも2時間ちょっとで戻って来て
洗濯してお風呂に入って、ビールをプシュ
ああ、楽しかった、走れた、嬉しいなぁって感じ
コメント

伊達ハーフマラソン

2018-04-18 07:00:18 | 走ること
15日、日曜日に行われた
伊達ハーフマラソン10kmを走ってきた

去年は股関節痛で走れず、ただ、エントリーはしていたので
知り合いの方々の応援だけして帰ってきたという残念な感じ
今年は、まず、走れたことが嬉しい

2日前にすっかり風邪をひいてしまったり
当日の雨と寒さで、ちょっとだけくじけそうになったけど
せみこさんという同乗者がいたおかげで
伊達までの道中2時間ちょっとは、楽しく気分上昇
しかし、駐車場が結構遠い場所に案内されて
会場に着くまでに、寒くて少し無口になるくらい
早めについたので、道の駅でイチゴを買いたかったのだけど
今年はまだ早かったみたいで、売っていなく残念
そして、どうもこの時に帽子を落としてしまったようで
レースには、せみこさんが2つ帽子を持ってきていたので
それを借りるという体たらく。。。情けない

10:50スタートのハーフの人たちを応援してから
スタート地点に並び、11時にスタート
練習不足と過体重は十分承知しているので
焦らず、のんびり走り始めた
途中、たかこさんのような後ろ姿を見つけて
なかなか追いつかないけど、ずっと同じペースなので
ついて走っていこうと思っていて、
ふっと横を見たら本物のたかこさんが
ちょっとお話をして、にせたかこさんを追って先に行った
最初は上りなので、ゼーゼーでちょっと辛かったけど
少し平坦になったら、呼吸を落ち着かせるようにして
思っていたより気持ちよく折り返しができた
後半は下りで、呼吸は楽だけどちょっと疲れてはきた
最後の2kmくらいで、たかこさんが抜いていったので
あ、ペース落ちているんだなと思い、ちょっとペースを上げて
また、たかこさんと並んで声をかけようとしたら、別人だった。。。
でも、ペースを上げれてそのままゴールできたので
なんだか、たかこさんに助けられてゴールしたみたい
タイムは、初めてレースに参加した
千歳JAL国際マラソンの10kmと
あまり変わらないタイムで1時間6分36秒
初心を忘れず、これから頑張っていきなっていう感じ

ゴール後は、たかこさんや仕事関係の方のゴールを待ってから
着替えて、ハーフのゴール付近に応援に向かった
tonyさん、そうらんさんはもうゴールした後だったようで応援できず
エスの鈴木先生、YANCOさん、せみこさんの応援をしながら
頑張ってハーフを走ってきた人たちに元気をたくさんもらった気がする

帰りは道の駅で野菜やお花を買って、
室蘭温泉 ゆららでお風呂に入り
せみこさんとおしゃべりをしながら、あっという間に札幌に帰ってきた
充実の1日、走るって楽しい、嬉しい

昨日からやっと春らしい日になり
昨日は朝Jogをして、さて今日もと思ったのだけど
昨日、かなり足が重かったので、今日は休み、そしてブログアップの朝活

ついでに、読んだ本のこと
再読なのだけど
藤岡陽子さんの
『手のひらの音符』



デザイナーの水樹は、自社が服飾業から撤退することを知らされる。
45歳独身、何より愛してきた仕事なのに……。
途方に暮れる水樹のもとに中高の同級生・憲吾から、
恩師の入院を知らせる電話が。
お見舞いへと帰省する最中、懐かしい記憶が甦る。
幼馴染の三兄弟、とりわけ、思い合っていた信也のこと。
〈あの頃〉が、水樹に新たな力を与えてくれる――。
人生に迷うすべての人に贈る物語!


前に、友人に勧められて図書館で借りて読んだ本
その時のブログはこちら
3年前だったんだ。文庫になっていて今回は購入
読むと、その時のとは違う場所で涙ぐんだり感じ入ったり
ゆっくりと、考えながら読んだ。すごくいい時間だった。
苦しんだこと、悲しかったことが、力や知恵、優しさになる
優しい人になりたい。ヘコタレナイでいたいなと思いながら

やっぱり、とってもいい小説だった
藤岡陽子さんの他の本も読んでみよう

さて、今日は水曜日
サクサク仕事をして、早めに帰ってこようと思う
コメント

白老健康マラソン

2017-10-15 19:56:11 | 走ること
去年に引き続き、今年もエスマラソン部第2のメインレース
せ○こ嬢と今年も一緒に10マイル(約16km)に参戦
去年は、一緒にずっと走ったのだけど、今年は走り始めてすぐに
ゆっくりモードで一人後ろからスタート
ずっと緩やかな上りで、呼吸が苦しかったけど、
なんとかみんなの背中が見える位置で走り続け
折り返してきた仲間とエール交換
折り返して、ふ○こさんとしばらく一緒に走って少しおしゃべり
途中からまた一人になり、ちょっとスピードを上げて気分いい
でも、ゴール近くは住宅街の上り坂。。。ここが苦しかった
去年に比べて5分ほど遅くゴール
走り続けて、ゴールできて嬉しかった




帰りは、苫小牧でホッキカレー

実は、初めて食べたよ 

来年は、もう少し長くちゃんと走れるようになりたいと
10マイル走り終わって、強く思って、平日も練習しようと思ったのに
なかなか平日の練習ができず、今週末は土日とも自主練



土曜日は北大へ
紅葉が綺麗になるのはもう少し先かな
銀杏並木はまだまだ
お天気が良くて、走っているうちに暑くなる位

今日は今年初のエルフェンロード
たまゆら厚別に車を止めてスタート



厚別区陽だまりロード
昨日より寒くてちょっと風が強かった
2kmくらい辛くて、戻っちゃおうかなぁと思ったけど
なんとかエルフェンロードにたどり着いた



学習の森まで走った ここも紅葉の盛りにはもう少し
折り返してからは、向かい風だったけど、少し順調
ロング走をして帰り道のYANCOさんに偶然あった
知り合いの方に会うと嬉しいな
気持ちよくたまゆらに戻って10kmちょっと
今のわたしにはこのくらいが気持ちいいのかな
本当は、もっと長く走ればいいんだけど
実は、ちょっと風邪気味なので無理はしない(言い訳
さっとお風呂に入って、偶然近くにいる友人に会って
お茶して帰ってきた

少しずつ、マラソンライフ復活するんだ
コメント

北海道マラソン2017

2017-09-04 00:13:59 | 走ること
あれ、もう1週間経っちゃった。。。
8月27日に行われた北海道マラソン、
ファンランで参加

朝、エスマラソン部の集合場所に行き
フルマラソンに参加する皆さんの元気な姿に元気をもらい
ファンランに参加するTさんと一緒に荷物預かりの道庁へ
エフランの集合場所にも行き、師匠達にも元気をもらい
ファンランHスタート場所へ



ちょっと暑いかなと思える朝
でも、心の中はウキウキ
やっとやっとファンランといえども、レースに出れるんだ!
ゆっくりしか走れないんだから、慌てず楽しもう
そんな風に思って、ワクワクしてスタートを待った
9時のスタートからロスタイム10分以上
混み混みの大通公園を超えて、エスのお店の前で
大きな声で応援してくれている店長達に元気と笑顔をもらう
ずっと暑くて、喉が渇いて、ちょっと辛かったけど
フルマラソンで2回走ったコースなのに
あれ?ここ走ったっけ?なんて思いながら、着々とゆっくり
中学生の団体の大きな元気な声の応援は嬉しかったなぁ
途中、こはるさんに抜かれ、たかこさんに抜かれ
TAKEさんに抜かれ、あはは〜な感じ
5kmすぎでやっと給水所があり、命の水〜
少し風が吹いたり、まあまあ走りやすい感じで
フルマラソンの人たちと別れる場所まで来ると
みなさん、頑張って!と心から願って、
ゴールの道庁が見えて、やっと全力疾走
タイムは今までの最低だったけど、気持ちは最高
ゴールできて、こんなに嬉しくなるんだなぁって、感慨深い

ゴール後、ファンランは、石屋製菓さんの白いバームがご褒美
美味しい 
着替えた後、フルマラソンのコースを逆に歩き、応援しながら
せみこさん達が応援している札幌工業高校前まで歩く
エスマラソン部の師匠の有志、Nさんの笑顔、
ハノハノのりんちゃんの美しくも逞しい走っている姿
たくさんのランナーさんが走る姿に元気をもらい、応援しながら2kmくらい歩いた
応援場所に着くと、仲間達が一生懸命応援
わたしも、こんな大きな声が出るんだなぁと自分にびっくりしながら
たくさんの知り合いの方々や、全然知らない方々にもエール
北海道マラソンは、地元のお祭り
本当に楽しかった

この日、3時には事務所に戻り、引越し作業
1階と2階を行ったり来たり、そして片付け
7時頃、やっとある程度片付き
みんなで、居酒屋でお疲れ様会
うちに戻って、こんなに疲れた日はないぜ
と思って、バタンと倒れるように寝てしまったのだ

コメント (2)

おかやまマラソン2016

2016-11-17 06:02:41 | 走ること
行ってきた、走ってきた
第2回おかやまマラソン

朝5時過ぎに家を出てで千歳空港に向かう
7時半の羽田行きに乗りビューン
乗り換えで岡山空港に着いたのが11:30、遠いね
EXPO会場に着いたのは12時半過ぎだった



ここからスタート、そしてゴール。。。する
受付はサクサクとすみ、参加賞のTシャツをもらうために
会場内のたくさんの屋台が並んでいる場所を歩く



お腹も空いたので、カキオコ(牡蠣の入ったお好み焼き)

 

同じテーブルの方とお話をしたら、
西宮からバスで来られたといい、同じホテルとのこと
奇遇ですね〜、頑張りましょうねとエール交換

EXPO会場から岡山駅まで歩いて30分近く
ホテルのある駅まで15分くらい、駅からホテルまで15分くらい
そか、1時間くらいかかるなぁと思いながら一度ホテルにチェックイン
その後、倉敷に行ったりしたのだけど、それはまた今度

マラソン当日、珍しくちゃんと寝て起きた
ホテルでヨーグルト、おにぎり、お餅を食べて6時に駅に向かう
岡山駅から会場までの歩道はランナーで埋め尽くされている
早め行動のおかげで、慌てずゆっくりと準備してスタート地点へ



最高予想気温は20℃だけど、朝はまだ寒い
神戸や横浜の時のようにスタート地点は混雑していなくて
ブロックごとにみんなゆったりと桃太郎の曲で待っている
挨拶をされた市長さんも走られるということで
これから長いレース、挨拶くらいは短くしますとのお話に拍手喝采
大会アンバサダーの有森裕子さんの挨拶は大盛り上がり
フルマラソンを一緒に走るんだ

少し暖かくなった8:45にスタート
街中を走ると、沿道にはたくさんの応援団が熱い応援
淡々と走っていると、だんだんと田舎の方に。。。
距離表示の下に、マラソン大会の俳句が書いてあり楽しむ
コースが広いので、ストレスなく、マイペースに走れる
7km地点くらいで、お隣の方が「今、何キロなんだろう」と独り言
「7.8kmですよ」と伝えると、話しかけてくれくれて
それからしばらく、おしゃべりしながら走る
倉敷に住む60過ぎの女性で、初フルマラソンということ
明るい方で、娘さんのことや色々とお話
エイドのたびに離れてしまうけど、また出会い
お互いに、無理せず自分のペースで走ろうねと言いながらも
19kmくらいまで一緒だったのだけど、
その辺りから、もう無理かも、歩くかも、という彼女
歩いたり走ったりしながらでも、ゴールしましょうと言い
登り坂で完全に着いて来れなくなった彼女と別れてしまった

札幌からはエスラマソン部のS先生も参加していて
スタートブロックが違うので、会えないかなぁと思っていたら
15kmから21kmくらいの折り返しの道で
先を走って折り返してきたS先生を見つけてエール交換
こういうのって、とっても力つけられるものだな

25kmを過ぎたあたりから、だんだんと疲労が激しく
股関節とお尻が痛くてつらくなり
名古屋の初マラソン以来、初めてエイド以外で歩いてしまった
苦しいのは自分だけじゃない、みんな苦しいんのにね
風船をつけた5時間のペースメーカーたちに抜かれて
そのあと、芸人の小島よしおさんに抜かれ、ちょっと脱力
時々、どうしようもなく歩きながらも、ゆるゆる走って
練習不足ってこういう形で出るんだなぁとか思いながら
でも、沿道の応援が切れることなく、ホント力もらった



30km過ぎのコース最難関と言われる岡南大橋
そんなにひどい登りではなかったよ



後楽園の横の河川敷から見えた岡山城
気持ちを切り替えながら、走ったりちょっと歩いたり
街中に入ってきて、あと3kmからやっと先が見えてきた感じ
ペースアップして最後の1kmはかなり頑張って走ったら
応援がすごかった(周りが歩いている人が多かったから?)
グラウンドの中のゴールを見たときは本当にホッとした
グロス5:19:29
ネット5:15:02
疲労がハンパない そりゃそうだ、こんなに長い時間かけてたら
それでも、ゴールできてよかった、嬉しかった
ボランティアの方々が、みんな声をかけてくれて
フィニッシャータオルとメダルを受け取って
みんなに「ありがとうございます」と返事をして
満身創痍で、ホテルに戻りましたとさ



メダルは、備前焼で紐は倉敷で作られている真田紐
美味しそうで可愛らしい素敵なメダルとTシャツは宝物
コメント (6)

白老町健康マラソン

2016-10-11 21:20:56 | 走ること
昨日の体育の日、
白老町健康マラソン10マイルを走ってきました



高速で白老インターを降りてすぐ
白老桜ヶ丘公園陸上競技場で
幼児400mトラック
小学校1年生、2年生、3年生それぞれの1kmトラック
小学校4年生、5年生、6年生は2kmロードレース
そして、ウォーキングと
中学生と、高校・一般男女5kmロードレース
10マイル(約16km)ロードレースが行われる
ほのぼのとして少人数の大会です

お世話になっているエスマラソン部では
毎年のように皆さん参加されていて、
わたしは今年初、せみこさんと一緒に参加



こはるさんが作ってくれた牛のバルーンを
みんなでそれぞれの場所に付けて走りました
頭に巻いていた人が3名…受けた
わたしは左腕にせみこさんは帽子の後ろに付けて
一緒に走りましたが
「牛〜、頑張って〜」とたくさんの応援をもらいました
今までレースで人と一緒に走ったことってなかったけど
今回は、エスの女性陣とせみこさんと一緒にスタートして
ずっとせみこさんと同じペースで無理なく
おしゃべりしながら楽しく走れました
最後の方の3km近くは、ペースを上げて頑張ったけど
二人で同時にゴール 気持ちよかった



参加賞は、白老牛のハンバーグと
白老たまごの里マザーズのたまご20個
これは嬉しい

エスマラソン部恒例の写真をバシバシ撮って
近くのポロト温泉に行って軽く汗を流し
お腹ペコペコで、1軒目は入れず2軒目の
ファームレストラン ウエムラ
やっぱり白老牛だよね〜ということで



贅沢ステーキ丼
美味しかった
そして



甘さ控えめというソフトクリームも
これもまた美味しかった

寒くて寒くてという日だったけど
走り出したらちょうどいい感じで
楽しく走れて、みんな笑って参加していて
とってもいい大会だなぁと思いました



今日も仕事で旭川に行って、現場の屋上から見た旭岳
すっかり雪を冠っていました
あっという間に寒くなっちゃいました
コメント (4)

余市味覚マラソン

2016-09-29 06:00:00 | 走ること
2年ぶりの余市味覚マラソン10km
今年は、せみこさんと一緒に札幌からJRで



涼しい毎日が続いていたけれど、
お天気も良く、気温も高めで、青い空



海と山と川に囲まれている余市は本当に綺麗な場所
3度目の大会で、一番遅いタイムでゴール
足底筋膜炎でしばらく走っていなかったので
目標は、歩かずに完走だったので、十分な出来
走っている時は苦しかったけど、
ゴール後の達成感は何にも変えられないかも



りんごラムネが美味しかった
ハーフを走ってゴールに向かう人たちを応援して
せみこさんと小樽で打ち上げ
楽しかった〜

    

道尾秀介さんの
『鏡の花』



少年が解き明かそうとする姉の秘密、
曼珠沙華が物語る夫の過去、
製鏡所の娘が願う亡き人との再会……。
「大切なものが喪われた、もう一つの世界」を生きる人々。
それぞれの世界がやがて繋がり合い、
強く美しい光で、彼らと読者を包み込む。
生きることの真実を鮮やかに描き出すことに成功した、
今までにない物語の形。
ベストセラー『光媒の花』に連なり、
著者の新しい挑戦が輝く連作小説。


家族の中で、失った人が違った場合
人と人のつながりや気持ちのやり取りなど
切なくて優しくて、不思議な気持ち
道尾秀介さんの小説は、読みやすい文章で
ストーリーにいつも驚かされる好きな小説

益田ミリさんの
『五年前の忘れ物』



五年ぶりに再会した元上司との
スリリングな会話に込められた(わたし)のたくらみとは?
表題作「五年前の忘れ物」のほか、
一戸建ての購入に悩む夫婦の機微を描いた
「角砂糖の家」、
上京してきた母と残された時間。
母子の心を繊細に綴る「ニリンソウ」など十篇の物語。
巻末特別・書き下ろし漫画も収録


益田ミリさんの小説は初めて
日常のささいな気持ちの機微を
丁寧に淡々と書いていてよかったな
コミックも好きだけど、小説もいいな

村上たかしさんの
『アキオ…』



愛する妻子を守るため、間男の義父になる!
分不相応な美しい妻子を持つ冴えない中年アキオは幸せだった。
妻の元カレが現れるまでは。
離婚を迫られたアキオは決断する!
間男・元カレの義父になることを!
中年男・アキオの奮闘!美しくないのに、
胸に迫ります。


新聞の書評を読んで気になったコミック
切なかったなぁ
でも、正直に生きているんだなと
希望が持てるような気になった

読み終わってから少し経ってからのブログアップだと
感想が短くなってしまうんだなぁ
コメント