香が散る

本を読むのが大好き、少し前からノロノロですが走るのも好き
そんな、代わり映えのしない、でも大切な日々を書き綴っています

鷺と雪

2009-04-29 22:55:03 | 本のこと
北村薫さんの『鷺(サギ)と雪』
『街の灯』、『玻璃(ハリ)の天』に続くシリーズ3作目
昭和初期の時代、士族出身の上流階級の娘で女学生の英子と
そこにやってきた女性運転手で別宮みつ子ことベッキーさんが
事件というまでもない謎を解決していくミステリー小説
昭和のあの悲惨な戦争が始まる前の、文明開化の匂いがするいい時代で
解決方法もなんだかちょっと小難しく理屈っぽいのだけど、
北村さんのそんな雰囲気が私は好きで、大切にしているシリーズ
昭和七年から始まって、今回は昭和11年のあの2・26事件で終わった
この本でも、宮部みゆきさんの「蒲生邸事件」でも思った事なんだけど
2・26事件が第2次世界大戦が始まってしまうネックなんだなぁ
歴史に疎いし、戦争物があまり好きではないので
事件の内容は良くわかないのだけど・・・この2つの小説を読むと切なくなる

今日はちゃんと朝早く起きてゴミ捨てやお掃除もしたのに
ちょっと本読んだら2度寝しちゃって
せっかくの良い天気の午前中を無駄にした感じ
午後から勉強する前に琴似近辺を散歩して、昔からある本屋さんや神社を周り、
バーにもなる喫茶店で軽くランチして、ストールが安売りしていたので買ってきた
ちょっと春色うぐいす色
でも、カラーの先生Chiーちゃんにはもうちょっと明るい色の方がいいよと言われそうだな
私は春色が一番顔が明るく綺麗に見えると診断してもらって
似合う色のサンプル帳も持っているのだけど、好きな色は夏色なんだよねぇ
コメント (2)

1Q84

2009-04-28 06:28:16 | 本のこと
村上春樹さんの久しぶりの新刊
『1Q84(イチキューハチヨン)」が新潮社より5月29日に発売
新潮社のHPを見ても、小説の概要すら分からない
ただ、長編で全2巻、それぞれ1,890円とのこと
題名からは何も想像出来ないし、まあ読んでみろって感じかな
カフカ以来の長編小説、楽しみだなぁ
春樹さんの翻訳『グレート・ギャツビー』とかも読んだりもしたけど、
私にはちょっと難解だったんだよね
でも、他にも沢山翻訳しているので、少しづつ読んでみよう

宮本輝さんの『骸骨ビルの庭』も6月に発売
これは途中まで連載している雑誌を年間購読して読んでいたので
またまた違う意味で楽しみ あのビルの人たち、どうなったんだろう
新刊を待つのって、幸せな楽しみだなぁ
コメント (6)

冬?

2009-04-26 19:42:02 | なんでもない話
今朝は雪降る中登校
帰りは雨
そして、夕方5時にはまた雪・・・空も暗い
もうすぐ4月も終わりなんですけど
久しぶりに手袋まではいちゃった(注 北海道弁ではめたの意味)
桜の開花、遅れちゃうのかな

帰ってから録画していた「がっちりマンデー」を見たのだけど
CASIO計算機って、かしおさんという4兄弟が作った会社だったのね
長男が経理、次男がアイディア、三男が営業、四男が製作と
役割分担が出来ていて、そろばんから計算機を思いつき
当時では画期的な小型計算機を発売し、その後次々と
電卓、時計、デジカメなど、世界の技術の先端をいってきた会社
すごいなぁと思いつつ、家の中を見たら、うちにはCASIO製品が
ひとつも無かった・・・電卓もCanonだ・・・と思っていたら
あったあった Baby-G やはりお世話になっていた
CASIOの製品会議の様子をやっていたのだけど、
営業の人が、ただ開発されたものの説明を受けるのではなく
もう少しここはこうならないかとか、ここはずっとこういう状態なので
もっと研究して使いやすくしたほうがいいとか、すごく積極的
技術の人たちはちょっとタジタジで、毎回胃が痛くなると言っていた
でも、こういうやりとりから世界が驚く製品が生まれてくるんだろうな
色々な方面から考えると言う事、あきらめないと言う事
大切だし、見習いたいな
今日、PodCastの「佐々木茂の独立しよう」で聞いたのだけど
人はうまく行っていない時に他人を羨むけど、それでは前に進まない
自分で小さな事でもいいから何か決めて行動をおこし、続けていく事により
自分を好きになり、他人の良いところを正直に認める事が大事って
来月から仕事を失う私にとって、なんだか胸にぐっとくる言葉だった
ピンチがチャンス 好きな言葉なんだよね
コメント (4)

シー・ラブズ・ユー

2009-04-25 19:51:23 | 本のこと
小路幸也さんの「東京バンドワゴン」シリーズ第2弾『シー・ラブズ・ユー』
『東京バンドワゴン』を読んでから心待ちにしていた文庫化
期待通り、楽しい心あたたまる小説だった
東京の下町にある「東京バンドワゴン」という古書店を営む
堀田一家とそのまわりの人たちが巻き込まれたり、起こしたりする
小さな事件や物語が、2年前に亡くなった堀田一家の大おばあちゃんの口で
語られるなんだかほっとするやさしい小説
小路さんは北海道は旭川出身で、札幌の広告代理店勤務をしたあと
小説家としてデビューし、今は江別市に住んでいる生粋の道産子
そんなことも応援しちゃう理由のひとつなのかも
いや、そんなことなくっても好きな小説
だったら、単行本で買えよと言われそうだけどさ・・・
本って沢山読みたいけど、全部単行本で買える程甲斐性のない私なのさ
だから、第3弾、第4弾がもう出版されているけど
文庫本になるのをまた心待ちにする日々なのだ
コメント

咲いた咲いた

2009-04-24 20:28:35 | なんでもない話
今日は、有休消化の日
寝坊して、ごみを捨てそびれてしまった
風がちょっとあったけど天気がよかったのでお散歩
色々なおうちの庭でチューリップが咲き始めていた
春ですな
こんな毎日がこれから続くのか・・・

E師匠旦那からかりた「アメトーーク」のDVD
オモロー 家電芸人、中学の時いけなかった芸人はもちろん
王将芸人はおいしそうだし、高田純次と仲間達も笑ったし
涙が出たのは江頭2:50トークコーナー切ない
ずっと見ていたらよかったなぁと後悔してしまった
コメント (3)

四月になれば彼女は

2009-04-23 20:55:41 | 本のこと
サイモン&ガーファンクルの名曲だけど
川上健一さんの小説『四月になれば彼女は』
高校を卒業して3日目の濃厚な1日
若さゆえのおかしさ、正直さ、バカバカしさに
半笑いしながらも、胸キュン、そしてノスタルジー
川上さんの小説は、本当にいいなぁ
川上さんの『翼はいつまでも』を勧められなければ読まなかったし
『翼・・・』を読んだからこそ、この本も読みたいと思った
すごくいい出会いをして、得した気持ち

今日、午前中にE師匠が、
「香さん、SMAPの草なぎくんがわいせつ罪で捕まった!」と
もう、酔っぱらって脱いじゃって通報されちゃってぇ、、、
わーん、ごめんなさい、E師匠と大笑い
ネットニュースを見ると、「いい人だと思っていたのにイメージ崩れた」って。。。
そうかなぁ、いい人ってなんなんだろう、
なんかとぼけてて草なぎくんらしいけどなぁ
まあね、お酒はほどほどにしないと駄目だけどね
SMAP、今年も紅白歌合戦辞退かなぁ
コメント (3)

喋々喃々

2009-04-20 20:40:38 | 本のこと
小川糸さんの『喋々喃々(ちょうちょうなんなん)』
ずっと気になりながら、やっと手に入れて読み始め
ぐ~っと引き込まれ、世界に浸って、一気に、でも丁寧に読んだ
季節を食べ物を周りの人たちを家族をそして愛する人を
ひとつひとつ大切にゆっくりと過ごしている栞という人の静かな物語
忘れがちなこと、流されていること、大切にしたいことを
思い出させてくれたやさしい本
東京の下町の様子が伝わり、季節の花が心に浮かんできた
小川糸さんの『かたつむり食堂』もとてもよかったけど
『喋々喃々』、これから何回も読んでいくだろうなと思う本
コメント

2009-04-19 21:13:32 | なんでもない話
今日、学校帰りは歩いて帰ってきた
大通公園から札幌駅に向かい、北海道大学の中を通り
エルムトンネルの上を歩いてきた今日
12,168歩
散歩中、木蓮の蕾がついていることに気づいた
まだちょっと寒いけど、木蓮はもうすぐ花つきそうで
道庁や北大の中の池には鴨が泳いでいて、散歩が気持ち良い季節
でも、会社に通う時は、歩く時はこの位歩いているけど
一気に帰り8,000歩以上はちょっと疲れちゃった

今回見る事にしたドラマは金曜10時の「スマイル」と
日曜9時の「ぼくの妹」、そして引き続きの「天知人」
ドラマを見る楽しみもなくっちゃねん
コメント (2)

太巻きの日

2009-04-18 20:18:40 | おいしいぃ
今日のお昼は、昨日お寿司屋さんで作ってもらったお土産の太巻き
卵、焼きたらこ、山ごぼう、梅、きゅうり、かずのこの具沢山
二人で食べてお腹いっぱい幸せいっぱい

野中ともそさんの『パンの鳴る海、緋の舞う空』を
今週読んでいたのだけれど、挫折・・・
小説すばる新人賞受賞した本とのことだったし
『おどりば金魚』は好きな小説だったので
安心して読み始めたんだけど、全然読めなかった
時間をおいてまた読んでみようっと
コメント

室蘭焼き鳥の会

2009-04-17 23:58:08 | おいしいぃ
今日は、前の会社の仲間で室蘭焼き鳥のお店に行ってきた
前の会社の社長がずっと頑張っていた仕事の結果が
最高の形となり、お客さんが喜んでくれて
会社のみんなで飲みに行きなさいと金一封を頂いたのだ
すごく嬉しい事で、みんなご機嫌で飲んで食べて楽しい時間を過ごした
室蘭焼き鳥って、たれで食べる豚串が代表
アスパラ焼きや、うずらの卵を殻ごと串刺しして焼いたものもおいしかった
薄野に出来た2号店なんだけど、すごく混んでいて
2時間半で追い出されてしまった
社長が2次会に誘ってくれて、普段は行かない私も何となく雰囲気で行ってきた
お寿司屋さんのカウンターにずらっと皆で並んで、また食べる・・・
もうもう、おなか一杯
そして、人生初の経験・・・酔っぱらいに突然意味も無く殴られた
びっくりしたし、痛いし、殴った人は酔っぱらいだし、散々だ
でもなぁ、私も20代のときに酔って横に座っていた男友達をビンタしたらしく
全然覚えていなくって、その場で違う友達に「香ちゃん謝りなさい
と叱られて、「ごめんなさ~い」とふざけた対応したらしい事を思い出して
怒れるような立派な人間じゃないな、私はと思い直した
酔っぱらいはしょうがないね 人の振り見て我が振り直そう
私の場合、笑って許してもらえるような年じゃないしね
コメント (5)