魅惑のワインと出会う100の方法

デイリーからカルトワインまで、日々探し求めては飲んだくれているワイン屋のおはなし。

勝しかないし他力本願

2018年11月17日 | 美味しいもの
本日はJ2最終節。

1位 松本 勝ち点76
2位 大分    75
3位 町田    75

となっています。最終節で順位が決まるわけですが、J1昇格ライセンスを持たない町田が
2位以内に入らなかった時点で(負けてしまうと確実に)、V・ファーレン長崎がJ2降格が決定します。


V・ファーレンがJ1に踏みとどまれる条件のためにはどうしても町田に勝ってもらわなければなりません。


そこで・・・


勝しかないので「かつしか(勝鹿)」へ。





メニューです。






オーダーは上ロースカツにカキフライを付けて。




いや~、美味しいですね。
カキフライも大きくて嬉しい。


とりあえず町田もV・ファーレンも勝つしかないわけです。






でもこれだけじゃ不安です。



そこでワインはこちらに。




そう、もうね、他力本願だから・・・ドメーヌ・タリケ!
といいながらも新入荷の試飲です。


2016 タリケ シュナン・シャルドネ
   (仏、ガスコーニュ地区、シュナンブラン種、シャルドネ種、白、千円ちょっと)


香りはクリーンでミネラルと石灰、青いレモンや青い柑橘、白い花系です。


味わいはとてもすっきりとしています。温度が上がるとメロンっぽいフルーツ感が出てきます。
何か良い。メロンワインってないけど、さわやかでそんな感じです。


町田もとりあえず勝ってもらって、来週からはもちろんV・ファーレンにも連勝して
有終の美を飾って欲しい。

すがるように願っています。





<おまけ>

ボジョレー・ヌーヴォーが解禁になったので2006年に書いた私のおはなし。

「クリスマスとボジョレー・ヌーヴォー」(クリック)どうぞ。



ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
« 鶏骨ラーメン再び-幸蔵 | トップ | V・ファーレン長崎・J2降格決定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美味しいもの」カテゴリの最新記事