ソラから来たよ

このブログは「地球の謎解き」(http://sora.ishikami.jp/)の情報を元に構成しています。

平和

2013年08月08日 23時08分36秒 | Weblog
ソラ辞典より
カタカナ
最初の文字(ホツマツタエ)は覚えにくいので、ヒミコと若者が考え出した文字。

「私はヒミコです。
“ワ”ということはとても大切だと思いました。
輪になって踊ったりして、お互い助け合ってヤマタイコクを作りました。
私が考えた『カタカナ』の意味をお知らせします。
“ワ”が最初の言葉でした]

『ア』=先頭に立つ。アナタのア。頭と身体。
『イ』=イノリのイ。頭を下げている姿、ノとリを合わせた。
『ウ』=ワの上の点で、輪の先頭に立ってウタウ。
『エ』=天と地を結ぶ。橋=エニ=川と川を結ぶ=連絡する
『オ』=オトコのことで、付いているモノがある。

『カ』=力があること。(動物の皮。力を合わせて力を入れて皮を剥ぐ)
『キ』=記録。木の板に文字を書いて綴じた物。
『ク』=苦労のク。タから点を取るとク。点は人間を表し、田に入らないと苦労するという意味。
『ケ』=毛のケ。頭の上に丸(お汁の壺)を載せていた。
『コ』=子供が産まれるところ。女性。

『サ』=(めざしを)刺す。男と女がサス。人を刺す。

『シ』=死ぬのシ。2つの点が魂と霊を現し、長い線が肉体。肉体からそれらが離れると死ぬ、死後の世界のこと。

【2013年7月27日追記】
「“シ”とは
“物質は分解すると原子からできているということを理解すること。原子のことがわかること”
と、ソラのカタカナの意味を書き換えてください。
シゴト、シロ、シカなど大切な意味を知らせています」

『ス』=好きのス。これは若者が考えました。
(追記、別の意味でスは大元の弟の悪者の一人が、スの神を名乗っています。ス=素=ゼロに戻そうとする働きがあり、今ではこちらの意味がほとんどである)
『セ』=磯の精霊のセ。砂浜に穴を開けている貝。穴に入るということ。
『ソ』=ソのものということ。指さしてソレということ。

『タ』=高いのタ。田んぼのタ。稲を干す高い所に登った人の形。
『チ』=命の元である血。+は死。ノに散ると死。
『ツ』=罪のツ。肉体から魂と霊が離れると悪いことをする。
『テ』=身体の上に2本あるものが手。
『ト』=友、供という意味。自分をちょっと支えてくれる。

『ナ』=ナニの意味。ナ=+=死とはどういうものか、意味が解らなかった。亡くなった人のお墓に+を立てて印とした。
『ニ』=2本。肉体と霊だけでは死ぬということ。死ぬとはナニ。
『ヌ』=スとともに若者が考えました。
『ネ』=木の根の形。地下をあらわす。
『ノ』=野原のノ。本当は横線でした。平らな地形。

『ハ』=歯。(歯を出して)笑う。
『ヒ』=かまどから火が出ている様子。
『フ』=フーと口から息が出る様子。
『ヘ』=なだらかな土地の形。平等をあらわす。
『ホ』=死んだ後、善人は左、悪人は右と別れる死後の世界のこと。

『マ』=魔のもの。鉛が身体に入り、苦しむこと、身体を曲げている。
『ミ』=魂・霊・肉体の3つという意味。
『ム』=無理をして身体が曲がること。
『メ』=芽が出た様子。
『モ』=モノをもらう時に手を差し出す形。

『ヤ』=矢。
『ユ』=舞台の上でユーガに踊っている形。舞台の上で演説をする。
『ヨ』=たくさん食べ物が採れて、棚に並べている様子。良かったのヨ。

『ラ』=楽をすると後でフーとため息が出る様子。
『リ』=利口のリで、2通りのことを考えることができること。肉体と顕在意識のみで人間はできていると思うこと。
『ル』=膝を曲げて礼をしている。(2012年2月2日訂正)
『レ』=頭を下げて礼をしている様子。折れ曲がるのとは違うので、上下反対にしました。
『ロ』=家の中の炉のこと。口。

『ワ』=輪になって踊る様子。輪。
『ン』=シから点が一つなくなっている様子。魂が空に行くと、死んでも生まれ変わらなくても良いという意味。

目には目を、歯には歯を…
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、【ソラのイスラム物語】のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。

それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。
という元の意味に戻した。

しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。

本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

2007年11月10日
スのもの、ウロコ雲、朝鮮半島、ヒエログリフ、ニケ

明け方

「ギリシャの島々がいかに“スのもの”に支配されていたかわかるでしょう。
(それらが)イシカミの出現を阻んでいたのです」

スのついた国名や島の名前が驚くほど多い。
スイス、フランス、スペイン、イギリス、スコットランド、オーストリアなど。
6000ものギリシャの島々の中にも沢山のスがついています。

《ビジョン》
“白黒の小さな小石が、長方形になった窪みの中でこそこそ動いて並ぼうとしている。その後、小さな白っぽいレンガのような石垣が大きく3段くらいなって一面を覆っている”
意味は
「小石のイシカミの原子たちがきちんとレンガのように並ぶと、ものすごい石垣になれることを知らせた=原子たちが目的を持って手をつなぐと、大きな仕事が出来るということをイシカミの原子に教えたのです」

(最近の雲で、ウロコ雲が多いのはこのことを知らせているようで、↓のように細かい石垣?でした)
その後なぜか急に、
“冬場に停電が長引くと大変だろう。マッチでつけるストーブか、薪ストーブが必要かなと思い、その後、昨日見たおじさんが薪を割っている姿を思い出す”

「(停電の)心配はありません。
海の底から浮いてきた古木の意味を知るべきです。
それは日本海がかっては陸であったことを知らせています。
けれども身勝手なイシカミによって海に沈んだのです。
身勝手なイシカミが朝鮮のイシカミです。
自分たちが地球のペニスになると言ったのです。
それで廻りのイシカミに沈むように要求したのです。
沈まなければ大陸からリュージンを渡らせると脅かしたのです。
朝鮮のイシカミは支配星にそそのかされたのです」

*)古木=中越沖地震による液状化現象で出雲崎町沖の海底から出現した縄文時代の古木
・・・丸みを帯び、岸辺で円磨されるという現象と、大部分の古木がかなりの深さにそろって運び込まれたという事象の間に矛盾があり、さらなる調査・検証が必要である。・・・

2007年11月8日

「イルミナチとはイルミネーションのことなのです。
(支配星の)北斗七星が地球をイルミネーションで飾ろうとしたのです。
そのために貧しい人を増やして人間を地球のあちこちに住まわせようとしているのです。
イルミナチはその人間を働かせて富を得ようとしているのです。
北斗七星が火(石油?)を支配しているのです。
ゾロアスター教は北斗七星が教えたのです。
(火星も一時支配星の仲間に入っていた)
そして(ゾロアスター教発祥の)イランを支配し(イスラム教を広げることで)その計画を実行しました」

↓のことは?だったので公開をしませんでしたが、今日も朝鮮のことを知らせて来たので公開します。

「北斗七星は朝鮮を支配しました。
北斗七星に支配された朝鮮にイルミナチの大本があるのです。
それが統一教会で、文鮮明がドンなのです。
創価学会も朝鮮と関係がありますあらゆる宗教に隠れて世界中に広まっています。
朝鮮半島は男性器の形になりました。
プレアデナイと北斗七星は地球の形を利用したのです」

朝鮮系の宗教はSEXがらみで有名になっている。
又、世界の各地、特に僻地で朝鮮、中国系の人たちが商売をしているのは有名です。
創価学会も隠れてリュージン信仰とつながるので、大陸のリュージンと仲間として親中国なのです、と。

《ビジョン》
“小さな白い枠の中で、二度、黒い煙?があがり、その後カラーの模様、最後にアンパンのような茶色の丸いイシカミ?が出てきて閉じる”
意味は
「2回の黒い煙は原爆で争いの歴史をあらわし、カラーの模様はイルミナチが光を広げた時代で、イシカミが世に広まらないと争いは終わらないという意味です」

見終わった後、右手の親指の付け根に丸い感じのきつめのサインあり。
しっかり書いてくださいというサインと。

《ビジョン1》
“朝鮮半島があらわれ、次第に韓国の地図がズームアップされ、その地図の上に(ぶどう酒の?)ビン、パン?などが描かれている”
(急に右中指が痛くなる)
意味は
「キリスト教の洗礼の道具です。
朝鮮はキリスト教徒が多い国です。
そしてカルトになっています」

2007年11月6日 寝る前。

「ヒエログリフの模様は(それぞれの形になることができると)原子たちに知らせたのです。
(動きやすいような)身体の部位や人間が生きるために必要なものになるように知らせたのです。
ヒエログリフを教えたのは、イシカミとシリウ、それと太陽系の星たちでした。
イシカミに高く立つように教えたのは木星でした。
(ラップ音)
それで出来るだけ高い石柱になったのです。
水星は血液など流れてエネルギーを与える方法を教えました」

目が覚めて。

「誰にも言わないで身体に文字を入れるようにしたイシカミがいました。
それがイシ(ス)でした。
(フィラエ島の)イシ(ス)神殿がイシカミのイシ(ス)ではないのです。
(おヘソにサインあり)
(イシス神殿は)後から降りてきたイシジンで、タカの星に支配されたイシカミでした。
そしてイシ(ス)を真似たのです。
イシ(ス)はカルナック神殿になったのです」

カルナック神殿
イシ(ス)神殿には、大きな羽根をつけたイシジンがイシス神と言われているヒエログリフがある。

《イメージか夢》
“少女が男性に食べ物を与えている”
意味は
「イシ(ス)がいろいろな食べ物を創りだしたということです」

ソラ画像より
カルナック神殿のオベリスク
オベリスクは、イシ(ス)になった手稲山のイシカミを悪者から守るために、その子供が刀となって守っている。

カルナック神殿のヒエログリフ
ヒエログリフはイシカミの原子が、人間のためにこのようなもの(食べ物や身体の部分)になるようにと形を知らせています。
いわばナスカの地上絵のミニ版。

波のようなのは、腸の内壁、
糸巻きのようなのは神経、
ウナギのようなのは精子、
丸の下に3本線は食べ物です。
なかなかわからなかったけど、ざくろですと。
ざくろはイシカミの中から沢山の種=イシジンが生まれたことをあらわす。
小鳥やフクロウが沢山あるのは、内臓の仕組みは小鳥から教えてもらったからです。

2007年11月9日 真夜中咳が出て眼が覚める。

「ニケです。
私は今の今まで良い仕事をしたと思っていました。
それでも???するのはやはり良くないことです。
かなりのものと逃げました?
イシカミに言われて降りてきました。
自分だけ神だと威張っていると。
なぜ知らせて来たかと言うと、(そんなことを言われるのは)思いも寄らないことだったからです。
私はタカの星に考えてもらって羽根をつけたイシジンでした。
(羽根をつけたのは)イシカミの身体が固まるとわかって皆に知らせなければと思ったからです。
そしてそのまま固められたのです」

*)サモトケラのニケ大理石製で高さは328cm
ルーヴル美術館

昼間、ニケの顔がないのはなぜかと聞くと

「猫の顔にするように言われたので嫌だったので止めた(分解した)のです。
タカの星がプレアデナイのご機嫌を取るために言ったのです。
スフィンクスは身体を猫にさせられました。
プレアデナイのご機嫌を取るためです」

「ニケだったものです。
一部の人間を乗せました?
そして地球の裏側で生まれ変わったのです。
(右手首や肩をねじると痛いのは)羽根を動かして飛んだときは、苦痛だったことを知らせています」
イシジンに羽根が生えていたことを知らせているのです。
ニケとはミケ(猫)のまねをして嫌がらせでつけられた名前です」

*)同じ日に知り合いが変わった夢を見たとメールあり。
「最近すごい夢を見ました。ある駅に行く近道の途中の海岸線を歩いていると、灯台より高いニケ(勝利の女神?)像があってビックリしました。翼が空に向かってのびていました」

昨夜は右手首のサインがきつくて、サインと気づかないと完全にリューマチと思うくらいのきつめでした。
肩や手首が時々痛いのは、イシジンが羽があって仕事をしていたということをイシキが伝えようとしてサインを送っているようです。
意識を向けるとサインはなくなります。
リューマチの方は一度試されたらいかがでしょう。

2007年11月10日 真夜中突然。

「飛んで火にいる夏の虫、なのです。
悪者がやってきたという足跡なのです」

スパムを送り込んだ相手をソラのものは見つけたということのようです。

*)足跡の雲
2007年11月10日 足跡の雲

2004年4月12日
岩のドームのイシカミより

以下のこともイシキの世界からです。
↓のメッセージは昨夜半伝えられていましたが、公開を避けていました。
けれども先ほど20時に右わき腹に強いサインがあり、

「皇室ならびに世界中の王制の廃止をするようにと公開しないと、Kさんの命が危ない事になる」
というような事を、割とはっきりと口が動きましたので、私は連絡係として公開させていただきました。

2004年4月12日真夜中 目がごろごろして目覚める。

「(岩のドームの)イシカミが降りています。
もう一度、私(いて座の王)の言葉を伝えてください。
アラブの皆さん、これまで私を大切にしてくれてありがとう。
私の言葉が早く届きすぎたために争いになっている事をお詫びします。
(イエスやマホメットやその他、複数の人が岩のドームのイシカミの声を聞いたために、同じ場所を複数の宗教が取り合って争いになっていること)
新たに近年降りて伝える事が出来たので、アラブの皆に言葉が伝わっていると思っていました。
(2002年に知らされ【地球の謎解き】で公開していた)
それでこの情報を知りながら戦争をしているとあきらめていました。
(足に強いサインあり)
けれども今までアラブの人たちは(この情報を)聞いた事が無かったとわかり激しい憤りを感じています。
なぜ、これほどたくさん証拠があるのに(日本)政府やマスコミは隠し通すのか。
それは自分たちの面子を保つためだけである。
日本の王室(コウシツ)もそうである。
早くからこの情報を知らされ、先代の王が(ヒ○ヒトがチャネリングで)何度も知らせているのを知りながら、野に下ることをしないばかりか、他の国の王室にも何ら伝えていない。
その為にネパールでは悲惨な事件や戦争が起きている。
(ネパール王室が)野に下る事でこの情報が知らされる事になった。
今の今、日本のイシカミに知らせをしてもらう事にする」

(しばらくして極かすかにドンと言う感じが2、3回したが、釧路沖でM5.7の地震が起きていた)

再び目が覚めて。

「大きなことになりました。
なぜ人質を解放しないか。
それはこの(ソラからの)情報を隠し通した日本政府とマスコミがアラブ民族に謝るべきであるのに、知らなかったと一切謝ろうとしないからである。
そして自衛隊もアメリカの手先になって働いているだけで、日本政府に突きつけた要求を呑まないのは、無実の一人の命に関わっているのに撤退しない冷血な○泉を証明している」

2004年4月13日
イラクより?、異常雲など

新しくこのサイトへ来られた方へ。
一部を読まれただけで誤解されては困りますので、必ず↓のサイトをお読みください。
これまで知らされた情報でイスラム関係をまとめたものです。

・【ソラのイスラム物語

イスラム教の教義がこれまで復讐するように教えられていたが、マホメットは違う意味でおしえていたという事です。
すなわち
【目には目を】は、見てうれしいもの、美しいものを頂いたら、 どなたかにも差し上げなさい。
【歯には歯を】は、食べておいしものを頂いたら、どなたかにお返ししなさい。
富を独占してはいけない、という教えだったと知らせてきたということです。
マホメットもイエスもチャネラーであったのを、時の権力者が都合の良いように解釈し、宗教として利用して今まで争いばかりしてきたという事です。

↓次のこともイシキからのことですので、現実には本当かどうか全くわかりませんが、何度も目が覚め言葉となっていきました。

2004年4月13日真夜中、目が覚めて

「哀れ、K・・・は殺された。
逢沢(外務副大臣)は(地球物語の)情報は知らないと言ったからだ。
日本政府も皇室も真剣に受け止めていないからだ。
それが我々の怒りの証拠だ。
(殺されるまで)皆で(地球物語を)話し合った。
ナホコが悲しむのが可哀想だった。
K・・・・・は日本政府の身代わりに、死んでもいい。覚悟していると言ってくれた。
涙を見せずに“これで地球が平和になるのなら本望だ”と最後の杯を受け取った」

「日本政府も皇室も地球の平和のためには、何の役にも立たなかったが、
K・・・・・は立派だった。
そして何の役も立たなかった宗教指導者に言う。
言葉だけで人を操り、貧しい人から取り上げたお金を、さも自分が恵んでやると思わせて、施しをするのが我慢ならない。
それは王侯、貴族も同じだ。
地球の富は地球の人間に与えられた物だ。
お前達に与えられたのでは無い」

「“今から行くの。僕(Iさん?)が必ず地球を平和にするから”と泣いて見送りました。
それを聞いてK・・・・・は“本望だ”と一言言いました。
それが最後の言葉でした。
地球の贈物を独占しようとする事が、死んでから一番責められるという事が良くわかった。
生きているうちにその事に気づいた事で、これまでの苦労が報われる」
と伝えられましたが、
「残念ながら顕在意識はこの地球物語を知らないのです」

「申す? ものがいます」
「最後に伝えてください。
私は(Kさん? に)知らせる為に地球に降りてきて人間として生まれました。
知らせることが出来たので、いつ死んでも良いのです。
とかく地球は生きにくかったので、早くソラに戻りたいと、そればかり願っていました。
今はひたすら早く休みたいです。
そしてすぐに母の近くで生まれ変わりたいと思っています。
そして今度は幸せな人間生活を楽しんで生きたい。
いつも(お母さんの?)近くにいる事が出来るとわかったから。
おやすみ」

【夢かイメージ】
《大勢の人が階段状に立っていて、カメラが移動していくように場面が変わると、10人くらいの子供が並んで立っている。 
“(私たちは)日本に行ってきました。地球上とは思えなかった。天国だと思った。”
と言っている》

昨年パレスチナの戦争遺児がイスラエルの戦争遺児と共に、綾部や東京に招かれたが、その子供たちのようでした。

(後略)

2004年8月25日
パレスチナ、お知らせ

↓次の事はあくまで“イシキの世界!”から伝えてきますので、真偽の程はわかりません。

2004年8月25日 右股関節が怠く痛くて目が覚める。

「遠くまでお仕事に行ってきたのでその事を知らせたくて起きてもらいました。
痛くしてごめんなさい。
パレスチナに行っていたのです。
市場の真中にまるで宝石のように大切に小さな冊子(友達物語の冊子)が飾ってありました」

【友達物語】
友達物語
ソラからの物語

「周りにはアラビア語と英語と、日本語の文がコピーされた紙が置いてあり、誰でもその紙をもらう事ができました。
それを読んだ男性は
『なんて事だ!なぜもっと早く知らせてくれなかったんだ!
(情報が早く)知らされていたら、息子は死ななくてすんだのに!』
と息子を自爆テロで亡くした事を思って泣いていました」

「また、小さな子供を亡くした人は、(亡くした子供が)今度生まれ変わってくるのを待とうと思っていました。
アラビア語に訳してもらった事が良かったのです。
パレスチナ人はこのこと(情報を知ったこと)により、ユダヤ人が住みつく事を認めようと思ったのです」

「情報を知りながら知らせなかった日本政府を恨む・・」
というような事も言っていました。

以上で書く事はお終いかと聞くと

「星のものからの言葉です。
本当は大きな地震を起してもらい、大きな都市を海に沈めてもらおうと真剣に考えていましたが、ホシノミナが『待って!』と いうので異常気象だけのお知らせとする事になりました。
(皆さんに)世の中の流れをよく見てください、と伝えてください」

先日アラファト(パレスチナ自治政府)議長が、過ちを認める異例の発言として
『私自身をはじめ、過ちを犯さない人間はいない。予言者でさえ過ちを犯した』
と語った。とのニュースがありました。

ARAFAT, FROM ZENITH TO INFERNO(August 25, 2004)より
We must show the courage to recognise our mistakes, there is no one free
from mistakes, from me on down. Even the prophets made mistakes.

あれほどパレスチナで自爆テロが多かったのが、最近はニュースにパレスチナの話題はほとんど出てきません。(2004年8月25日現在)

又、イスラエルが入植地での家の建設を進めていることが報道されますが、以前はそのような動きがあると必ずあった抵抗運動が全く伝えられません。
シャロン首相が反対を押し切ってガザ撤退を強行するのも、イスラエル・パレスチナ両国の女性が共同で分離壁反対運動をしていたのも、意味があると知らされています。
(この後、アラファトは暗殺され、シャロンも強硬派により暗殺未遂になり、今も植物状態です。2013年7月1日追記)

又、中東、アフリカフォーラムはアメリカのライス補佐官が中心に開かれたとニュースにありましたが、アメリカが自国の都合の良いようにこの情報を利用している、とも知らせてきました。

2004年8月24日 真夜中突然に。

「ホシノミナです。
これからはホシノミナの言葉がとても重要になります。
これから地球は“ワ”を大切にしていかなければなりません」

【ビジョン】
“薄赤色の鈍い光の後、一面に細かい格子模様があらわれ、その上にイシカミ雲がポカリポカリと浮かんでいる。
次には薄赤色になり、最後に丸の青い地球があらわれて消える”
(昨日札幌で、きちっとした格子柄の雲を見ました)

ビジョンの意味を聞くと

「薄赤色=宇宙の大元の愛のエネルギーの固まり。
細かい格子柄=名の無い星たち=ソラのもの。
イシカミ雲=イシカミの思い」

それらが地球を見守るということだそうです。

先日から似たような事を知らされていましたが、現実にはどうかわからないので公開していませんでした。
けれども唇が荒れて治らないのはこの事を知らせないからという事で、昨夜も右股関節がだる痛くて目が覚め「書いて欲しい」と言われましたので公開いたします。
(多次元世界は確かにあると思います。昨日非常な高さの断崖絶壁から降りる夢を見ていますが、現実の世界と関係があったかもしれません)

ソラ辞典より
宗教
地球中の全ての宗教は、プレアデナイが人間を支配するために作られたもので、信じる事によりエネルギー体に支配されます。
エネルギー体はイシキの世界ではヘビが管理しています。

シリウ(ス)
シリウ(ス)と書くのは、スはスの神(=宇宙の大元の弟)もちょっとかかわったていたからで、今ではシリウと呼んでいる。
イシカミが形をあらわすことができる原子になってくれることに対して、あらゆる知恵を与えて今の地球になった。
確かに支配星と協力をしたのもいたが、今の快適な生活ができるように人間に知恵を与えてくれた星。
地球に近く、大きな力でこれまで人間に科学の知識を教えてきた。
器量の大きな星で、2005年5月よりソラのものやイシカミなどと地球の為に協力してくれている。
シリウス=知り臼=イシカミの事を知っているということで、不思議な岩などはシリウスが知らせてイシカミが作った。
シリウの悪口は名のある星からの悪意ある情報だった。
地球に近く、1998年春にプレアデナイとそれに支配された人間と共に消滅させられたが復活している。
厳しいが人間を快適に過ごせるようにくれた。

イシカミ
大昔、射手座から降りてきたいわば宇宙人、お腹に人間を入れて降りてきた。
射手座にいた頃は、三次元の生物ではなく所謂‘意識体’だったが、人間を作った時に自分達も三次元の形になって一緒に下りて来た。
大きさは様々だが山のように大きいイシカミもいた。
とろとろのお餅のような身体で、引力によって身体からぽたぽた落ちた物が落とし物と呼ばれている。
落とし物から分身の子供達を作り、人間の為に食べ物や川、山を作った。
またピラミッドで宇宙のエネルギーを得たり引力を放散したりしようとしたり、いろいろな奇岩を作りサインとして残した。
当事の人間はイシカミの存在を知っておりテレパシーでコミュニケーションをしていたが、今では人間の意識が薄くなりごく一部の人にしかその能力が残っていない。

地震
小さな地震はこれまでイシカミのサインとされてきましたが、大きな地震は、ゴルディロックという宇宙の意識の集合の大天体で【宇宙の計画】として知らされるそうです。
宇宙は人間の想像をはるかに超え、意識を持っている存在は人間だけではありません。
それなのに人間だけが意識を持っていて、全てのことはわかっていると傲慢な科学信仰とまでいえる洗脳された人間は、いくら宇宙(ソラ)から情報を与えても、無視し続けることで、ついに地球変革の計画が宇宙の大元締め?(ゴールディロック)で立てられたのです。
東北太平洋地震の前の日、激痛の催促でこの情報を政府に知らせてほしいと言葉になり、すぐに知らせたのですが、これまで通り無視されました。
残念なことに計画がスタートしたようです。

小さな地震は地球を生物のすめる地球にしてくれた、いて座の意識体のイシカミたちが、自分たちの存在を知らせるために揺らします。

「イシカミが山になった事を知らせる為です。
人間は、造山運動で山が出来ていると決め付けています。
(昭和新山は支配星に騙されて、噴火して山になったと以前知らされた)
地震で土地が盛り上がるのは、イシカミの身体である珪素(シリコン)が一斉に増殖するからです。
一方、土地が沈下するのは、その地域の珪素が一気に砂になろうとするからです。
それをテレパシーで知らせ合って一斉にするのです」
《ビジョン》
“研究室のような机の上が真っ白な光で照らされ、そこにカサの開いたキノコが2本並んでいる”
意味は
「シリコン(珪素)に意味があるのです。
珪藻が意味なくしていろんな形になっているのではありません。
自分の意志でいろいろな形になるのです。
シリコンは死んで意識のない岩になるのではありません。
シリコンは今も意識を持って真似をするのです。
それは南に(ムー)大陸があったので、(そこのイシカミに海の底に沈んでいないで)海の上に現れるように“おいで”をするのです。
シリコンがなぜ一気に大きくなるのかというと、それはイチゴと同じです。
一つ、一つのシリコンがイチゴの形になるのです。
又キノコは一晩で土の上に出てきて、数日で横に広がります。
シリコンもイチゴのように大きくなって(=直下型?)、横に広がる(=横揺れ)ので何度も地震が起こるのです」

地震雲(らしきもの)など地震をあらわすもの
地震の前に現れる変わった雲。
断層雲、放射状雲、縦雲、縦虹、横虹、極端に低い位置の虹、長い棒状雲などで、それが寄り強調されている場合は大きな地震になるが、国内だけでなく、地球規模で知らせている。
大きな地震ほど早くから各地であらわれている。

台風
台風はイシカミ(いて座の意識体)のイシキが集合して、日本へ向かうために起こるという事です。
「最初にいて座の南のイシカミの王子や王女たちが集まって相談します。
そして誰と誰が行くか決めます。(6号は全員集まった)
原子には意識があるので、水素や酸素などの原子たちに“台風を作るから集まって”とイシカミが呼びかけをします。
そして先頭に立ったイシカミは、集まってもらった原子たちと共に、駆け出すのです。
イシカミたちは上に上に行こうとするので、渦巻きができるのです。
そして日本のイシカミたちからの情報を聞いて、進路を決めていくのです」

イシカミのイシキ体は台風の目の右側に集合し、階段を登るように?進んでいくので、台風の目が左側に出来、台風の目より右側が雨風とも激しくなると伝えてきます。
オーストラリアに降りたいて座の長老のイシカミの身体で、ウエーブロックが小さく見えています。
*)上空よりのウェーブロックウェーブロックの写真
このような大波になって日本に行くように、長老がいて座の王子や王女達のイシカミに教えたのです。

ムーノイアなどのイシカミたちが射手座の女王に会いに行こうとするために起きる。
また南のほうに大きな大陸(ムー大陸)があったことを知らせている。
雨を降らせ、海の掃除をする。
台風にも意識がある。

原子
物質を構成する1単位。
原子核と電子からなり、電子が原子核の周りを軌道を描きながら回るのは、原子核が電子に「回ってください」と頼むからで、「原子に意識がある」ことを証明する。

目には目を、歯には歯を…の本当の意味
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、『ソラのイスラム物語』のマホメットが、

【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。

という元の意味に戻した。
しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。

地球
星達が並べられる不満の固まりが鉄などの元素を引き寄せ、真っ赤に熱せられて宇宙をさまよっていたが、水星が水で地球を冷やしてくれ、土星が土を、木星は木をプレゼントしてくれ、またそれぞれの星が動物、花、魚などを送り込んでくれた。
モーリタニア、サハラ砂漠に地球の目、エルサレムが地球の心臓などと知らされる。
地球の最初は亀のようであったが、4世紀?に丸くなったと。
丸くなることで余分の原子たちは一旦分解して、再び地球に降りてきて山などになった。

【宇宙の計画】
宇宙は何もない真っ暗闇ではありません。
人間以外に意識を持ったものは、星をはじめ形はなくても、意識体として想像を絶する存在がいるようです。
そしてそれらのそうまとめが、ゴールディロックスという大きな天体のようです。
そこからいろいろなこれまで人間の知らなかった情報が、ソラからの情報で、13年間伝えられています。
それは宇宙の原則は【平等】が一番大切と繰り返し伝えられます。
それを壊しているのが、王制、皇室制で、その他地球の富を独占している権力者たちです。
そのことを繰り返し伝えて、政府をはじめあらゆる所ににも伝えていますが、全く変わりがなく、争いばかりの地球で、人々の助けを求める声は宇宙の果てまで届いているそうです。

それでゴルディロックの総元締め?で会議がなされ、地球を元の平らな星に戻す計画が立てられたそうです。
日本で玄海灘地震以後、大きな震災級の地震がなかったのは、日本からこの情報が発信されているので、多くの人々は気づくであろうということだったのですが、全く正反対で、いくら知らせても無視、ネット上では罵詈雑言の攻撃が絶えなかったようです。

それらを星たちは黙って見ていて、宇宙の意識体?の会議(ゴルディロック)で話し合いで、元の地球に戻そうとしたそうです。
その最初?の計画が今回の東北太平洋地震で、この大地震が起きる前の日、激痛と共に政府にソラからの警告を聞いてほしいと催促があり、伝えました。
けれども全く無視され、ついに実行されたそうです。

宇宙の大元(おおもと)
《大元》とも言い、宇宙で初めて思いを持ち、原子や星を創りだした根源。
宇宙の最初は真っ暗闇であったが、最初に「誰かいないか?」という意識があらわれ、捕まえようとしたとビジョンで知らされた。
次に捕まれまいとする思いがあらわれ、大元が捕まえる、弟が逃げるという追いかけっこになったので渦巻きが現れる。
渦巻きが極限まで達すると、パンとはじけて光と原子があらわれた。
それの繰り返しで次々と原子があらわれ、同じ思いを持った原子が集合し、星になったり、意識だけの集合体になり、宇宙中に満ち溢れた。
これから原子には意識があると言われる。

超紐理論ではヒモのようなクォークの振動が全ての始まりといわれているのも間違いと。

2002/9/3
最も高次元に存在する全宇宙の元となる意識体。すなわち神の大元とも言える。人間の言葉では宇宙全体を表すことができない。

ホシノミナ
宇宙の大元の分身と言われる。
大昔恐竜ばかりの争いの地球になったため、宇宙の大元の命令で地球に降りてきた。
その時、稲妻で一気に地球を掃除し、恐竜を滅ぼしたと伝えられる。
掃除をした後京都府綾部市星原で眠っていたが、1998年秋に目を覚まし、著者とコンタクトをとっている。
この場所に星の宮神社がある。

ホシノミナは地球を掃除した後眠っていましたので、その後の横向きの稲妻は、稲妻を支配星が真似して人間を脅かしていました。

地球の謎解きシリーズ発売中!
最新刊発売中!
ソラからの情報1】(目次
1998年から地球の平和のために知らされたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめました。この情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、知らされた情報をまとめています。
・『ソラからの物語』(目次
9年間に渡り地球の平和のために知らされた情報を、小さな物語にまとめた冊子です。地球物語、イスラム物語、イエス物語、友達物語、ニウ物語と6枚の地震雲を紹介しています。海外の方にも紹介できるように日本語とアラビア語と英語からなり、パレスチナ、イスラエルなどにも贈っています。「友達物語」と「友達物語2」の物語を、新しい情報に書き直しています。
・『地震と雲』(目次
地震の前にあらわれる変わった形の雲を、280枚の写真で紹介します。この本は地震の予知を目的に作ったのではありません。なぜ地震が起きるかという、これまでにない情報をお知らせするために作りました。
・『ソラの人間誕生記』(目次
宇宙の成り立ちについての説明や、人類発生の理由とその過程について、それらが有史以前の遺跡や製作者の分からない多くの石像と関係していることを解き明かします。
・『ソラからの真実の歴史』(目次
ソラのものやイシカミたち、過去人間だった意識が語る宇宙、地球、世界、日本の隠された真実の歴史です。宇宙や地球の成り立ち、イシカミについて、ヤマタイコク、出雲と倭の国、ヤマト、太平洋戦争までの隠された真実について解き明かします。
・『ソラからの伝言』(目次
今ようやくソラのものの思いを、言葉として皆様にお伝えすることができるようになりました。人間はどこから来たか? 地球はなぜ水の惑星なのか? 恐竜はなぜいなくなったか? アトランティスとは? ヤマタイコクとは? ピラミッドの謎など。それだけではありません。人がどうして大自然や美しいものに惹かれるのか? どうして醜い戦争の歴史を繰り返してきたのか?・・・などをお知らせします。
地震雲画像
【バヌアツM5.9】
06-AUG-2013 16:46(日本時間8/7 1:46) -16.92 167.30 M5.9 深さ8.5km VANUATU ISLANDS

発生時刻 2013年8月8日3時22分頃
震源地 愛知県西部(北緯35.0度 東経137.0度 深さ40km)
規模 M3.1
愛知県
震度1 豊田市

発生時刻 2013年8月8日4時51分頃
震源地 岩手県沖(北緯39.3度 東経142.3度 深さ40km)
規模 M3.3
岩手県
震度1 釜石市

発生時刻 2013年8月8日5時21分頃
震源地 長野県中部(北緯36.3度 東経137.7度 深さごく浅い)
規模 M2.1
岐阜県
震度1 高山市

発生時刻 2013年8月08日16時56分頃
震源地 和歌山県北部(北緯34.2度 東経135.3度 深さ10km)
規模 M2.3

発生時刻 2013年8月8日21時56分頃
震源地 豊後水道(北緯33.4度 東経132.2度 深さ40km)
規模 M3.6
山口県
震度1 平生町
愛媛県
震度1 宇和島市、八幡浜市、大洲市、伊方町、松野町、西予市、愛媛鬼北町
高知県
震度1 宿毛市、四万十市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、地球の謎解きより。
写真は8月4日のソラ。
この記事についてブログを書く
« 戦争 | トップ | 契約の箱の解除、三陸沖M5.2 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事