『今日の一冊』by 大人のための児童文学案内人☆詩乃

大人だって児童文学を楽しみたい、いや、大人こそ読みたい。
ハッとする気づきのある絵本や児童文学をご紹介♪

秋の夜長にさらりと読みたい

2017-12-10 17:24:21 | 日本文学


『アーモンド入りチョコレートのワルツ』(1996年) 森絵都著 いせひでこ絵 講談社

森絵都さんの物語はとっても読みやすい。シナリオライターだったんだ、ナルホド、納得。

13歳、14歳、15歳を主人公にし、音楽をテーマにした短編集。シューマン〈子供の情景〉、バッハ〈ゴルドベルク変奏曲〉、サティ〈童話音楽の献立表〉をBGMに物語たちも流れていく。音楽のようにさらさらと。秋の夜長に、ホットチョコレートを飲みながら読みたい感じ。

表紙カバーに、「三つのピアノ曲の調べから、きらめくような「あのころ」に語りかける三つの物語」とあるけれど、それぞれに透明感があるんです。ちょっとだけチクっとする胸の痛みを伴ったあの頃の思い出。不器用だけれど、一生懸命だった、まっすぐだったあの頃。

第1話、『子供は眠る』は、章くんと呼ばれるボス的存在の別荘で毎夏を過ごす、5人の従兄の物語。いつも命令ばかりしていて、自分より抜きんでることは許さない章くん。なぜ、みなに夜眠たくなるようなクラシック音楽を聞かせることを強要するのか、その秘密を知ったときには、ホロリと来てしまいました。人には、みなそうなった背景がある。そんな当たり前のことをあらためて感じさせられたり。

第2話、『彼女のアリア』はもうもう胸キュン。女子校卒の私には憧れの風景。そうすると、やっぱりこういう表紙出てきちゃうよね・・・



印象があまりにも変わってしまう。急に安っぽい恋愛ものになっちゃう気がして、ちょっと残念だけど、自分の好みにあった表紙を選ぶというのはアリなのかなあ。ちなみに、おなじ角川でも大人向けの文庫はコチラ↓



第3話、は普段は巡り合わないような、フランス人のおじさんが登場。熟年層の恋の物語が、なんだかいいんだなあ。え、自分がそちらの年齢のほうが近いから身近に感じるって!?こういうシチュエーションは、なかなか自分で出会えるものではないから、物語を読む楽しみ

読みながら飲みたいのは、ホットチョコレートだけど、読み終えた後は、ハーブティーを飲み終えた後のような、爽やかさと温かさを感じる物語たちです

星空ロック!気づき&興味の入り口に

2017-12-06 17:31:31 | 日本文学


『星空ロック』(2013年)那須田敦著 あすなろ書房

今日の一冊は、2014年度中学生の部の課題図書だったコチラ。YA(ヤングアダルト)と呼ばれる思春期向け小説。

【ここがポイント】

■ 現代っ子の一人称語りで、会話も多く、本が苦手な子でも読みやすい

■ 様々な家族像を知るきっかけになる

■ 異文化理解への入り口となりうる

■ 老人と子どもの交流がよい

■ ナチスを含むドイツの歴史も垣間見れる

■ 重くなりがちなテーマを軽やかに書いてるので、押しつけがましくない



さら~っと読めちゃいます。ドラマを見ている感覚。
ケチな大家さんなので、ケチル(本当はタケル)と呼ばれている90歳を超す老人と、14歳の主人公レオの交流がいいんだなあ

でも、ケチルが亡くなっても、レオが全然悲しんでいる様子がないのが、ちょっとだけ気になる。思春期の男の子がこんなにもすんなり異国の地で、同年代と打ち解けるか?とか、流行り言葉の多様など引っかかる点もある。でも、こういう読みやすくて、何かの気づきの入り口になるような本は、今の子にはよいのかも。やっぱり、異文化に身を置くと、普段考えないことを考えて、自分を客観的に見つめ直すのでよいな~。

≪『星空ロック』あらすじ≫
エレキギターに夢中な14歳中学2年のレオ。夏休み、家族3人でドイツを旅する……はずだった。ところが、諸事情により、一人で後からベルリンに向かうことに。ベルリン在住の従妹のマリちゃんのシェアハウスの住人、ユリアンやその義理の妹リサなどに出会い、レオは成長していく。そして、レオにはもう一つ、ケチルと呼ばれたケチな大家さんとの間の秘密を探す目的が・・・。


ケチルのね、物語がよいんだなあ。第二次世界大戦後に生きてた世代のことが、読むと少ーしだけ身近になるのです。おじいちゃんたちにも青春があったのか、っていうのがね。

この物語には家族・移民・ナチス・音楽など様々なテーマが盛り込まれているのだけれど、気になることがあったら、ここから興味を広げられる、広げてほしい、そんな物語かも。例えば、もし、この物語を読んで、移民って大変なんだあ、と思う子がいたら、ぜひこういう本を手渡してもらいたいなあ↓



移民の苦労、いかに差別を受けているかがとてもよく分かる。


ところで、イントロダクションで、ケチルはピタゴラスの宇宙の音楽について語ります。

「宇宙の星々は、ハーモニーと法則をもとに動き、壮大な星の音楽というべきものを奏でているー」(P.7)

って。
これ読んで、わあってなる子がいるといいなあ。古代ギリシャから音楽は天体と関係していたこと。ケプラーも惑星の「天空の音楽」の楽譜を書いていたこと。音楽と物理って昔は密接だった。そんなこと私の中高時代は思いもよらなかったし、シラナカッタ。文系と理系が結びつくだなんて(笑)。
いろんな‟つながり”が分断されて、専門バカばかり生産している今の教育に、疑問を持つ子が・・・生まれたらいいな。

読了後は、カノンロックが無償に聞きたくなります!で、聞きまくっていたら、エアギターでノリノリの三男(4歳)でしたが、次男には「もう飽きた」と言われてしまいましたとさ



いまさらルドルフ

2017-12-01 19:10:13 | 日本文学


『ルドルフとイッパイアッテナ』(1987年)斉藤洋著 講談社


今日の一冊はコチラ。
この夏映画化もされたルドルフをいまさらですが、読んでみました~

個人的に、小学校中学年向けの児童書って、あまり得意ではないので読んでいなかったんですよね。それと、有名すぎると、なんだか知ってる気になってしまって、帰って読まなかったりする・・・あるある。で、読んでみたら・・・あら!ホロリとしました!


■ 原作と映画の違い

ルドルフのアニメのほうですが、予告編を見てみたのですが、絵が・・・好みではない
なので、今後も見ないと思うので、比較はできないのですが、あるかたのブログに面白いことが書かれていました。映画もかなり原作に忠実なのですが、本では猫の日常生活8割、成長物語2割のところが、映画ではその割合が逆転していると。

ふむふむふむ。映画は、どこかにフォーカスしなくてはなので、そりゃ注目すべきは成長物語の部分というのは分かるのですが・・・。本の場合は、8割の日常生活があって、その中での成長なので押しつけがましくないんです。日常の愛おしさや地味な良さも伝えたいなあ。


■ 本が苦手な子にも


さて、こちらの本、文字読むこと自体が苦手なうちの小6長男でも一気読みできました!
私には本が苦手な子の気持ちがなかなか分からないので、長男はすごく参考になる(笑)。

高学年にもなるとね、プライドもあるから、読みやすい本でも、字の大きさが大きくていかにも低学年向けと分かるような本は読みたがらないんです

その点、ルドルフは、それなりに厚みもあるし、高学年が読んでいても恥ずかしくない。中学年から読めるよう漢字に仮名がふってあるので、本好きの子は1年生でも読めちゃう子は読めちゃう。そういう幅広い年齢の子が楽しめる作りの本って、実はなかなかなかったりするので貴重です。


■ 猫を見る目が変わる


ルドルフが書かれたのは1987年。古き良き昭和な東京が描かれていて、魚やさんもおおらかで、なんかほっとするんです。そういう意味では、今とは町や人の状況はずいぶんと違うかもしれないけれど、でも猫たちの世界はそう変わらないのかも?うちの近所の野良ネコでも、いたんですよ。トラが。ケンカに強くて、ある日ボロボロになって戻ってきて。一匹狼的なのに、人にかわいがられるのは得意で、近所の至る所でエサもらっていた。トラちゃん、こんな感じだったんだあ、となんだか感慨深くなってしまいました。
猫の世界も色々あるんだな、って。読んだ後は、猫を見る目が変わるかもしれません。あとがきが特に好き

親子で読んだり、読み聞かせにもおススメです!

衝撃!?三年生の選書

2017-10-20 12:12:49 | 日本文学


私なら絶対に選ばないであろうというのが、表紙がアニメ画の本
ところが、先日小3次男が、意気揚々と持ち帰ってきた本がこちら↑でした。意気揚々としてた理由は、漫画じゃない本を借りた!と誇らしかったから(笑)。

え!?衝撃・・・
うちの子男子ですからね。やっぱり次男は乙女男子なのかな~。表紙がかわいいとか言って、模写してるし。しかも、もっとかわいくするとか言って、髪型アレンジして描いてるし!
いやいや、偏見はよくない。男子向き女子向きとか関係ない!あの茂木健一郎さんだって、周りから変な目で見られたくないという理由で『赤毛のアン』が愛読書だったこと、ずっと秘密だったというじゃないですか。

というわけで、中身を読んでみよう・・・もっと衝撃。登場人物たちは12歳なので、小6。誰と誰がつきあってて、でも、○○は彼女がいる△△のことが本当は好きで~云々。ませてるな~。最近の小6ってこんな感じなの!?・・・あ、我が家にも一人小6いた(長男)。なんか、全然違うぞっ!?

もともとは漫画なのでしょうか?アニメや実写版ドラマもあって、すごく人気なのだとか。漫画だったら・・・まあ、分かる。自分は例え小学生のとき読んでも胸キュンキュンしなかっただろうけど。胸キュンがたまらないと女子に評判なんだそうです。これをわざわざ文字にする意味は・・・個人的にはあまりワカラナイなあ

おーい、もっと手渡したい本がありますよぉ~。でも、我が子の耳には届かない。それに、次男が嬉しそうに抱えてる本を否定しちゃいけないよね。う~、試練のとき。読書において純粋培養(きちんとした文学)で育てようとは思わないというか、思っちゃいけない、と自分にいつも言い聞かせてます。いつでも手に取れるよう、さりげなく周りに常に置いてはおくけれど、押し付けてはいけない。
お菓子に例えるなら、いくら栄養価高くても、毎回マクロビスイーツ(児童文学)じゃ嫌になっちゃうよね、友だちとワイワイ食べる駄菓子(アニメ表紙の軽い本)は楽しいよね、って感じかな?頭では、頭ではわかってはいるのですが・・・!ゴメン、母はやっぱりこの手のものは、借りるのはご自由にだけど、買い揃えるのは勘弁

ちなみに次男の感想は、「お母さん、人が好きっていうだけで病気になるんだよ。ばかじゃない、って思う」だそうです。一気読みしてたから、てっきり気に入ってるのかと思ってました。で、翌日借りてきたのはコチラ↓



あ~、う~!
でも、次男が「わし、本読むの苦手だったけど、読めるようになった!」と嬉しそうに報告してくるのです。怪盗ものなら、ルパンとか、探偵もの(コナンとかが好き)ならホームズとか大元になってる本を母はぜひ勧めたいんだけど・・・。

ちなみに、こちらは全13巻なのかな?シリーズもので、サンタさんに全巻リクエストするそうです
母の価値観に染まらない次男。面白い

本が苦手な子にも・異文化理解

2017-10-05 18:02:33 | 日本文学


『ヘンダワネのタネの物語』(2012年)新藤悦子著 ポプラ社

先日ご紹介した『ディダコイ』は、結構本好きの人じゃないと読みづらいかなと思うのですが、活字が苦手な子でも、割とすんなり読めるのでは?と思うのが、今日ご紹介するコチラ。


«『ヘンダワネのタネの物語』あらすじ》

サッカーが得意なクラスの人気者、イラン人のアリと、絵ばかり描いていて、「ヘンな女子」といわれる直。
5年生の同級生の二人が、アリの家の事情で、直の叔母のリコの家に、直と弟の暖と一緒にひと晩あずけられることになります。
普段は人前でイランの話を絶対にしないアリですが、芸術家のリコや、アリを慕っている暖たちと過ごす時間の中で、イランの料理や、母親の実家のこと、イランの国中を旅している叔父のことを話し始め、そして、「ヘンダワネ(イランのスイカ)には、秘密をとじこめ、その夢を見せる力がある」といって、タネにかくした秘密の話―叔父が見た遊牧民のふしぎなギャッベ(じゅうたん)織りの話―を聞かせてくれます。
直は初めて聞くイランの話に強くひきつけられるのと同時に、アリがイランへの本当の気持ちをかくしていることに納得できず、アリに自分の気持ちをぶつけますが、アリの激しい反発に合い……。(ポプラ社HPより転載)



クラスに外国人の子がいても、珍しくない時代に日本もなってきたと思います。特に車産業はじめとした工業が盛んな地域では、アジアや南米地域からの子どもがどっと増えたとか。外国人の子たちはクラスの人気者になるか、逆にイジメの対象になるか二極化する傾向にあるように思います。
以前ご紹介したコチラ(その時の記事はこちらをクリック)↓



この主人公の女の子愛は、クラスメートのタイ人の女の子に優しく接することができなかったことに罪悪感を覚えて、クラスに居続けること自体が苦しくなってしまうのです。最初は、人気者だったタイからの女の子。でも、次第に日本語が通じないと分かるとみんなは離れていってしまうのです。日本人って‟みんな同じ”が好きだから・・・

一方、今回の『ヘンダワネ』に出てくるイラン人のアリは、日本語もサッカーも上手で、クラスの人気者。でも、そんな彼にも秘密があるんですね。以下ネタバレ含みますので、自分で読みたい!という方はここまでで


アリは日本語が下手なお母さんを邪険に扱うんです。恥ずかしいって。でも、本当は本当は、自分もイランのことが大好きで、でも日本に馴染むためにはその気持ちを押し込めて押し殺さなければ、クラスの人気者にはなれないと思い込んでたんですね。思い込んでるというか、実際そういう風潮ありますからね・・・。
イランのこと話したらヘンだと思われないか心配。だから話せない。とても、リアリティがある。本当の気持ちを押し込めていると、人ってこんなにも苦しいんだなあ、ということもよく分かる一冊。

でもね、直と直の弟暖、そして二人の叔母のリコはみな興味津々で聞いてくれたから、アリは開放されるんです。アリの作ってくれたイラン料理のおいしそうなこと!串焼きにサフランピラフ、塩ヨーグルトとキュウリのサラダ(こちらは、アラビアンナイトのときに新藤さんご自身が作ってくださいました!)

ヘンダワネのタネの秘密や、遊牧民がギャッベ(絨毯)を織るところのファンタジックな描写もまたいいんだなあ

話がさらっと終わってしまって、ちょっと物足りない、もっと話を深めたりしてもらいたい!という気持ちもおこるけれど・・・でも、こういう異文化理解は本が苦手な子にこそ手に取ってもらいたい。だから、これはこれでいい気もします。
自分とは違うバックグラウンドを持つ子の理解に、ひと役買ってくれそうな物語です