『今日の一冊』by 大人のための児童文学案内人☆詩乃

大人だって児童文学を楽しみたい、いや、大人こそ読みたい。
ハッとする気づきのある絵本や児童文学をご紹介♪

畑が起こした奇跡の物語!

2017-10-28 22:27:28 | アメリカ文学


『種をまく人』(1998年)ポール・フライシュマン作 片岡しのぶ訳 あすなろ書房

今日の一冊はコチラ。まさに人種のるつぼのアメリカをギュッと凝縮したような貧民街での、奇跡のような物語

その貧民街には、ゴミ溜めのような空き地があるのです。古タイヤや、生ごみのビニール袋が散乱していて、ソファや冷蔵庫などの大型のものも、いわゆる不法投棄だらけ

ある日、ヴェトナムから移民してきた少女キムが、そこにこっそりマメを植える。その輪がどんどん広がって、やがてゴミ溜め場は、菜園に生まれ変わるのです。生まれ変わったのは、‟場”だけじゃない、‟場”が人々をも変えてしまうんですね。そう、畑は、コミュニケーションの場になるのです、しかも言葉のいらない。13人の違った人種、それぞれの背景を背負った人々の菜園をめぐる物語が、オムニバス形式で語られています。

どの人のエピソードも、じいんと来るのだけれど、私が特に印象に残ったのは二人。

まず、グアテマラから移民してきた家族。英語が全く理解できない伯父さんが、身体の大きな赤ん坊のようになってしまうのです、グアテマラでは、の最長老だったというのに。何かぶつぶつつぶやいて、ただウロウロしているあやしい人

ところが、畑と再会して、この伯父さんがしゃん!としてしまうのです。都会では、無能のようにうつっていた伯父さんが急にイキイキしはじめる。伯父さんの子守役をさせられていた甥のゴンサーロは、伯父さんを見直し、こう思うのです。

「食べ物を育てることを、ぼくはなんにも知らないけど、伯父さんはぜんぶ知ってるんだ」(P.23)

とても、考えさせられる言葉。効率優先、経済至上主義の都会では、どうしてもはじかれてしまう人たちが出てきてしまう。こんなにも、認知症の老人を多く出してしまっているのは、この社会の在り方なのでは?そして、私にはこの伯父さんのように、生きる知恵があるかしら?と考えずにはいられませんでした。

もう一つは、メキシコ人のマリセーラ。16歳で妊娠中の彼女は、とても投げやりな気持ちで、殺されたってかまわないと思っているのです。妊娠したティーンエイジャーのためのプログラムで、畑仕事を嫌々させられているので、出会った人たちがくれる野菜も、お産や子育てを教えてくれる話もうざったい。
ところが、ある日畑に雷が落ちて、町中がシーンとするのです。停電で、テレビもラジオも消えてしまう。すると、黒人のリオーナが、こう言うのです。

「停電すると街はなんでもかんでも泊まっちゃうけど、畑はいつもとおんなじね」中略「植物は、電気も時計もいらないのよ。自然界のものは、みんなそう。自然の生命はお日様と、雨と、季節で動いているの。あなたもわたしも、実はそういう自然の一部なんですよ。」(P.76)

頭がガーンとなるマリセーラ。自分も自然の一部なんだ!何百万年も昔から生きてきたいろんなものと、自分もつながっている・・・急にそれを実感するのです。

実際は、この物語のようにうまくいかないかもしれない。それでも、ここに出てくる人たちのような心を信じたくなるのです
人は、自然から離れると、‟不”自然になるのかもしれない。そして、色んな歯車が見えないところで狂っていく・・・。

何かしらの種を、読んだ人の心にも蒔いてくれる、そんな物語です


人をとやかくいえるのは・・・

2017-09-27 16:36:49 | アメリカ文学


『めぐりめぐる月』(2005年)シャロン・クリーチ作 もきかずこ訳 偕成社

今月の児童文学ピクニックのテーマは、『ロードムービーにしたい児童文学』だったのですが、取り上げたものの中でも、思いがけずよかったのが、この『めぐりめぐる月』
上記は復刻版(しかし、既に絶版)で、もともとは講談社から1996年に出ていたコチラでした↓



«『めぐりめぐる月』あらすじ》
十三歳の少女サラは、家をでた母親をたずね、北米横断三千キロの旅にでます。祖父母の愛につつまれながら旅をするあいだ、サラは親友フィービィとその家族にまつわる話を語ります。成長する少女の心を、アメリカの広大な風景とともに描いた、ニューベリー賞受賞作。小学上級から。(BOOKデータベースより転載)


家を出たまま帰らない母さんに会いに、祖父母とともにアメリカを東から西まで車で横断。広大なアメリカの大地も感じることのできる、まさにロードムービーです。展開をあまり知らないほうが、楽しめるので、あまり話せないのですが・・・サラは母親が戻ってこないことをどうしても受け入れられないんですね。愛してるハズの自分を置いて行くなんて信じられない!と。母親はなぜ出て行ってしまったのか。なぜ戻ってこないのか。

そして、親友のフィービー(この子の性悪説な妄想もすごい!結構強烈なキャラ)の母親も家を出て行ってしまいます。こちらは、なぞの手紙が家の前に届けられたり、不審な青年が周りをウロウロしていたり、ミステリー要素も。フィービーの家はきちんとしているのですが、サラはそんな家にフィービーのお母さんが疲れていることも見抜きます。そして、祖父母にフィービーのうちの話をするうちに、自分の母親のことも重なって・・・。

ここに出てくるハチャメチャでラブラブなサラの祖父母がもうもういいんですよ~。こんな風に歳を取れたらなあ、って思う。

ちなみに原書のタイトルは Walk Two Moons



「人のことをとやかくいえるのは、その人のモカシンおはいてふたつの月が過ぎたあと」というネイティブアメリカンの言葉から来ています。フィービーの家の玄関先に置かれたナゾの手紙にも書かれていたこと。表面だけ見て、人のことまるで知ったかのようにとやかう言うな、ってこと。その人の立場に立ちなさい、って。

ああ、内容が書けないのが、もどかしいのですが、ぜひ読んでみて!としか言えない。母親からの自立の物語であり、家族の絆の物語。最後は、胸にこみあげるものがあります。内容知ってても、読み返すと泣いてしまいます。心に残る一冊です。ぜひ。

ところで角野栄子さんのご自宅の書棚にも、この講談社版があったんです~!え?なんで知ってるかって?
実はね・・・見てきたわけじゃないんですけど、こちらの角野さんのライフスタイル本に書棚が写っていたんですよ↓


角野さんのオシャレやセンスに目を奪われます。こちらもオススメ♪

兄弟関係って難しい

2017-09-25 17:15:04 | アメリカ文学


『ぼくたちの宝島』(1991年)C.S.アドラー著 久米穣訳 金の星社 絶版


今日の一冊はコチラ。もうね、題名だけでワクワクしちゃいますよね~。もちろん、絶版ですけど。Amazonマーケットプレイスで1円ですけど(涙)。

アドラーは、『銀の馬車』(←名作!記事はコチラ)や『おき去りにされた猫』(記事はコチラ)などにもみられるように、子どもの心を丁寧に丁寧に描く作家さん。
いいんだけどなあ。やっぱり地味だから消えちゃうのかしら?

«『ぼくたちの宝島』あらすじ》
ふたごの兄たちに、毎日いじめられ、学校でも友だちのいない少年、トッドが夢見たこと―それは、家のすぐ裏、岸から7メートルばかりはなれた、川の中にある島に、自分だけのキャンプ場を、つくることだった。1人でやろうとするトッドも、しだいに、仲間といっしょに力をあわせ、夢を実現させていく楽しさを知る。はじめての、キャンプの夜、トッドはすばらしい“宝物”を手に入れた。小学校上級~中学生むき。(BOOKデータベースより転載)



«こんな人におススメ»

■ 兄弟関係がうまくいってないとき

■ 優秀すぎるために、周りからねたまれる人に

■ いじめられないために目立たなく、目立たなく生きようとしてる人に

■ なんだか空回りしてしまう人に

■ 自分の力で何かをやり遂げたい人に

■ 子どもだけの秘密基地でワクワクしたいときに



主人公トッドの兄たちのいじめってね、そりゃもうひどいんです。バスルームに閉じ込めちゃったりね。どうしてそこまで憎まれるのか、分からないトッド。お母さんに訴えても、お母さんの叱りは甘いと感じる・・・。ええ、ええ、兄弟あるある!でもね、母が誰かに味方すればするほど、その子が疎まれる、憎しみの対象になるという悪循環。我が家も同じだったから、頷きながら読みました。

大人が読むとドキっとすることがたくさん。ああこういう親の言動が、兄弟関係を複雑にさせてるのか、とか子どもを傷つけているのか、とか。

秘密基地のワクワクよりも、もどかしい思い、悔しい思い、切ない思いが大半を占める物語です。でも、爽やかな読了感

人形嫌いな私だけれど・・・追悼

2017-09-21 22:43:58 | アメリカ文学


『うちはお人形の修理やさん』(2012年)ヨナ・ゼルディス・マクドナー著 おびかゆうこ訳 徳間書店

今日の一冊は、追悼の意を込めて、コチラ。

人形にまつわる私の個人的な思い出話なのですが・・・。
小学校2、3年の頃父の転勤で高知県に住んでいたことがあります。
そのとき、父の同僚で、うちに遊びに来てくれたおばさまが、ひまわりのような笑顔でとてもほがらかだったので、‟ルンルンおばちゃん”って名付けたんです。

そしたら、そのおばさまがその呼び名をとーっても気に入ってくださって
実は、営業成績全国第1位のすごい方だったそうで、ガラスケースに入った立派なフランス人形やら、スイス人形セット一式を、どーんとプレゼントしてくれたんですね
私が人形苦手だとも知らずに

2年で高知は去ってしまったし、子どもだったので、当然その後ルンルンおばちゃんと連絡を取り合うことはありませんでした。が、人形を好きになれなかった罪悪感もあり、ずーっと私の中では特別な存在だったおばちゃん。

その、おばちゃんが91歳で今月亡くなられたと聞きました。

ルンルンおばちゃん、人形好きになれなくてゴメンナサイ
大切には思っていたけれど、苦手意識はどうにもならなかった。この物語に出てくる三姉妹みたいに人形に夢中になれたら、どんなによかったことか。


«『うちはお人形の修理屋さん』あらすじ》

九歳の女の子アナのパパは、うでのいい人形の修理屋さん。絵のじょうずなママと、こわれたお人形を直す小さなお店をひらいています。アナは三人姉妹のまん中で、優等生のおねえちゃんと、あまえん坊の妹がいます。けんかをすることもあるけれど、三人はいっしょにお人形であそぶのが大好き。パパがあずかっている人形の、それぞれのお気に入りに名前をつけて、だいじにしていました。そんなある日、ヨーロッパで大きな戦争がはじまり、そのせいでパパは仕事をつづけられなくなってしまいます。力になりたいけど、わたしになにができるだろう…。そこでアナが思いついたのは…?二十世紀初頭、ニューヨークの移民街にくらす少女。人形とあたたかな家族にかこまれて成長するすがたを、いきいきと描くさわやかな物語。ニューヨーク公共図書館「2009年の児童書100」に選定。小学校中・高学年~。(BOOKデータベースより転載)



人形を直す専門店があったんですね。人形に縁のなかった私はまずそこからびっくり。
材料をヨーロッパから輸入してまで、ちゃんとしたパーツが見つかり、色が合致するまで、とことんこだわる。

職人大好きなので、苦手な人形でもいいなあ、モノを大事にするっていいなあ、ってしみじみ思います。

またね、、このアナの人形を思う気持ち。じーん。
もう、切なくて、温かくて、胸がきゅーってなります。三姉妹の心模様も丁寧に描かれていて、家族っていいなあ、って。

表紙もかわいらしいので、現代っ子も手にとりやすいのでは?
戦争の悲惨さは描かれてないけれど、戦争はアナたちの生活を変えてしまいます。押しつけがましくなく、ぼんやりと戦争のことを考えるきっかけにもなるかも。続編もあるようです。

トランスジェンダー知ってますか?

2017-08-14 22:42:03 | アメリカ文学


『ジョージと秘密のメリッサ』(2016年)アレックス・ジーノ作 島村浩子訳 偕成社
 George(2015) by Alex Gino


今日の一冊は、なかなか理解されにくいトランスジェンダーを扱ったコチラ↑。
これはねえ、もう、ぜひ大人も子どもも読んでもらいたい一冊!

今、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)と呼ばれる人たちは、20~30人に一人の割合、つまりクラスに一人はいるかもしれないという状況なのです。知らないだけで、すぐそばにいるかも。だから、読みたい。


≪『ジョージと秘密のメリッサ』あらすじ≫

4年生のジョージは見た目は男の子だが、内面は女の子。家族にもいえないけれど、本当は誰かにわかってもらいたい。特にママには。学校の劇で女の子役を希望してみるが、先生は聞き入れてくれない。ふとしたはずみで、親友の女の子ケリーに本当のことを打ち明けると、ケリーはジョージの気持ちを理解し、2回めの公演で役を入れ替わろうという。ジョージはママに気持ちを伝えたい一心で実行する。本番を見事に演じ切ったジョージは、自分を開放する喜びを味わう。かたくなだったママも、ジョージのありのままを受けとめようとしてくれるようになる。(偕成社ホームページより転載)



■ ささいな言葉でも傷つくという事実


トランスジェンダーとゲイを混同している人って多いんじゃないでしょうか?私も以前はそうでした。他人から偏見の目で見られやすいという点では共通していますが、性質は違います。トランスジェンダーは心の性と身体の性が一致しない人のこと。

この本は、そんなトランスジェンダーのジョージ(一人のときはメリッサ)の繊細な心模様を丁寧に描いています。ああ、こんなささいな言葉に傷つくんだ!とこちらが何気なしに放った言葉がいかにトランスジェンダーの人たちを傷つけているかに、ハッとさせられます。そして、自分が自分でいられないというのは、こんなにもこんなにも、苦しいんだ、ということも

ジョージは、学校の劇『シャーロットのおくりもの』で、どうしても主役の蜘蛛のシャーロット役(女子)がやりたいのです。で、オーディションをシャーロットのセリフで行ったら、先生にふざけてると思われてしまう。シャーロットさえできれば、ママにも自分が女の子なんだって、分かってもらえる気がして。だから、この役がやれるかどうかは、本当に切実な問題だったのです。他の人からは、なぜそれが認められることにつながるのか、「???」だけれど・・・。

このジョージがラッキーだったのは、親友のケリーがすんなりジョージが女の子だってことを受け入れてくれて、協力してくれたから。とはいえ、ケリーだって、影ではすんなりではなかったのかも。空白の1週間、この間に悩んだのかも。ネットでトランスジェンダーについて調べたり。ケリーみたいな友だちがいない子は・・・と思うと、もうね・・・。


■ 家族が一番の難関!?

そしてね、実は一番受け入れがたいのは、親だったりします。兄弟はわりとすんなり。このねー、兄のスコットの存在がなかなかいいんです!兄弟っていいなあ、って。
家族はうすうすジョージがゲイではないかとは疑っていたのですが、トランスジェンダーだとは思ってなかったのです。そして、多分よくある誤解で、ゲイもトランスジェンダーも本人さえちょっと我慢すれば、そうでなく振る舞えるんじゃないかと周りは思ってしまうんですね。ジョージのママしかり。

ところで、学校の校長先生はLGBTへの理解がある先生で、ジョージのママにこんな風に声をかけます。

「親は子どものあり方をコントロールできませんけど、ささえることは、まちがいなくできます。そう思いませんか?」(P.177)


これ、素晴らしい言葉!!!それでも、なかなか受け入れられないママ(それが、現実)。
そして、ジョージに、世の中は普通とは違う人に優しいとは限らない。ママはとにかく、あなたに必要以上に苦しい道を歩んでほしくないんだ、と伝えます。これも、親心ですよね。ところが、そういうママに対し、ジョージは

「男の子のふりをするのは、ほんとうに苦しいんだ。」(P.188)

と。ここで、ママは初めてハッ!とするのです。どんなにどんなに苦しかっただろう、とやっと気づけるのです。


なぜ、この作者はここまで分かるんだろう、と思ったら、作者自身がトランスジェンーだったんだそう。最後のほうで、ケリーと女の子の服を着てときめいているメリッサを見ると、心が温かくなります


■ こちらの名作もぜひ!

この本に劇として出てくる『シャーロットのおくりもの』も素晴らしいのでぜひ↓



そのときの紹介記事はコチラをクリック