『今日の一冊』by 大人のための児童文学案内人☆詩乃

大人だって児童文学を楽しみたい、いや、大人こそ読みたい。
ハッとする気づきのある絵本や児童文学をご紹介♪

親子で楽しめる美味しい物語♪

2018-01-14 08:21:06 | 幼年童話


『スプーンは知っている』(2015年)新藤悦子著 講談社

心がほっこり、そして、すぐにでも巻末に出ているレシピを作りたくなってしまう美味しい物語。小学校中学年からですが、低学年でも読み聞かせしてあげると、親子で楽しめそう!

『手作り小路のなかまたち』という本の後に出たシリーズものですが、内容としては続きものではないので、こちら単体でも十分楽しめます♪

主人公は小3のかなめちゃん。手作り小路と呼ばれるところに住んでいます。
吉祥寺みたいなイメージかな?でも、吉祥寺ほど若者のための町でもなくて、昭和初期のような人々のつながりがあって・・・でも、和風というわけでもなく、おしゃれで異国感も入りこんでくるところが、新藤さんワールド。

かなめちゃんはいつも、カード屋の自分のうちではなく、お隣のカフェ[ビーンズ]に寄るんです。そこで、今日のおやつと人形のタマムさんとおしゃべりするのが日課。そう、かなめちゃんは人形とお話できるんです。

このね~、タマムさんっていうのがいいの。カラフルな民族衣装を着て、木のスプーンにまたがり、天井からつるされているんです。こんな風に↓



花豆ばあばが亡くなってからというもの、ちっとも笑わなくなったカフェのマスター豆吉じいじに笑顔を取り戻してもらいたくて、花豆ばあばのレシピに奮闘するかなめちゃん。さあ、うまくいくのでしょうか!?料理あるあるも出てきて、大人ならクスッとしてしまうかも。

私が好きなのは、ドライフルーツをなぜわざわざ熱湯で戻さなければいけないかというところの、タマムさんの説明。

「もどさないと、煮ても、かたいしんが残ったりするの。それに、もどしてあげることで、ドライフルーツの時をもどして、むかしを思い出させてあげるのよ。」

「ドライフルーツには、豊かな過去がある。もどしてやわらかくして、おいしい過去を引きだしてあげるの。レシピにはちゃんと理由があるんだから。」(P.72)

さてさて、料理の秘密とは???誰もが知っていて、でも忘れがちな秘密。
ああ、もう、ホントに新藤さんの物語を読むと、むしょうに食べたくなっちゃうから困ります(笑)。


さてさて、そんな、作者・新藤悦子さんを鎌倉にお呼びしますよ~!!!2月25日(日)は、ぜひ観光がてら鎌倉へいらしてください♪

【第一部】
『イスラム世界を物語る - 絵本・児童文学から見る暮らしと文化 -』
13:00-15:00@鎌倉市中央図書館多目的室 参加費無料

※ こちらは、私も所属している図書館とともだち・鎌倉主催なので無料です!

【第二部】
『作家・新藤悦子さんと過ごすイスラムの食と織物の夕べ』

10名限定で新藤さんと食を囲みながら過ごすプレミアムな夕べですよ~。とっても、贅沢な時間!こんな機会めったに持てないので、これは早く予定押さえておいてくださいね。

場所は鎌倉市内の某所(参加者に直接お知らせします)。
17:00-20:00(参加費:4,500円)でトルコ家庭料理のミニ料理講習会付きです。

ご興味のある方は下記問い合わせフォームからお願いします↓

大人のための児童文学


トリックスターを探せ!

2017-06-01 06:35:30 | 幼年童話


『おもちゃ屋のクィロー』ジェームス・サーバー作 上條由美子訳 飯野和好絵 福音館書店
 

今日の一冊はコチラ。しかーし!品切れ中・・・絶版コースかなあ。図書館で。
文字多めの絵本という感じで、内容も昔話の筋に沿っているので、絵本から活字本への移行期にぴったりな物語

小さな平和な町に、突然大男ハンダーが現れるのですが、ハンダーは、やりたい放題。色んな町で略奪を繰り返す。ハンダーの要求と言ったらとてつもないんです!例えば、食べ物だったら毎日りんご千個分のパイをよこせ、とかね。おもちゃ屋のクィローは、ハンダーに面白い話を聞かせる係なのですが、知恵でこの大男を追っ払ってしまいます。痛快爽快な物語

ところで、トリックスターって聞いたことありますか?このクィローってね、トリックスター的だな、と思って。

ちょっとネット辞書から引用すると・・・

神と人間、天と地、秩序と混沌(こんとん)、自然と文化の間を行き来し、その境界で活躍する両義的存在

って感じで書かれていて、長々と説明が続きます。アフリカやネイティブアメリカンの世界では、トリックスター(いたずら者)は動物が主だとか、

この世に混乱と破壊を引き起こすと同時に、しばしば混乱のなかから未知の文化要素を生み出し、破壊のあとにふたたび新しい秩序をもたらすという文化英雄的役割も果たしている

とか。
“おおっ!”と思う物語の中には、しばしばこのトリックスターが活躍してます。“あ、これトリックスターだな”と見極めるのも、大人ならではの読み方の楽しみかも
例えば、『クラバート』だったら、まぬけなユーローとかね。

このクィロー、みんなから愛されている存在でありつつも、いつもちょっと小馬鹿にされてるんですね。おもちゃ屋であるために、ちょっと格下に見られてるんです。ちょっとヘラヘラしてて、いつも呼ばれてもいない会議に参加している。いまでいうKY(空気読めない)タイプといえるかも。いや、読めないんじゃない、あえて読まないんですよね。実はおバカなふりして、賢いの。

空気読む人は、この世の常識ひっくり返したりなんてできないんですよね。だから、私たち凡人には、トリックスターのすごさがワカラナイ。変な人って敬遠しちゃったり、小馬鹿にしたり。でも、そういう人が破壊を引き起こして、新たな創造をもらたすんですよね

もし自分の周りに、一瞬“ありえない!”と思うような言動する人がいたら、もしかしたらその人はトリックスターかもしれません!?ほらほら、家族の中でも一人浮いてる存在とかよくいるじゃないですか。そういう人が既成概念をぶち壊してくれる。呆れるんじゃなくて、もしかしてトリックスターかも・・・という目で見てみると、なんだか世界が違って見えてくるから不思議です

大人必読は『あとがき』!

2017-05-13 15:23:13 | 幼年童話


『ねずみの家』(2001年)
ルーマー・ゴッテン作 小比賀優子訳 徳間書店
MOUSE HOUSE 1958


あとがき必読の話に入る前に、今日の一冊も幼年童話から。
後で詳しく触れますが、幼年童話なんかも大人が読むと、さらっと読み流してしまうので、『あとがき』読むのがおすすめ。

『人形の家』などでも知られる作者のルーマー・ゴッテンは物語の名手と称えられ、大人におすすめするなら断然『ディダコイ』ですが、幼年童話もなかなかあなどれませんよ~。
『ねずみの家』は、文字大きめ、すべての漢字に仮名がふられているので低学年から自分で読めます。

≪『ねずみの家』あらすじ≫
ねずみの女の子ボニーは、地下室にある植木鉢に住んでいるのですが、家族が多すぎて、家の中はぎゅうぎゅう!
「あたしどこに寝たらいいの?」しょんぼり地下室を出て、人間の住む世界に上がったボニーが、その家の女の子メアリーの部屋で見つけたのは…ねずみのドールハウス!寝床が見つかって、最初は喜んでいたものの、閉じ込められてしまって大パニック!
さあ、それから、どうなったでしょう?


大人が読めばなんてことのないストーリーです。
ああ、子ども向けね、って読み流しちゃいそうです。

で、そんな私みたいな表面的にしか読めないタイプ(←)は、『あとがき』を読んで、その深さに感心するわけ(笑)。

普通大好きなドールハウスが誰かに壊されたら悲しくなります・・・よね?
ところが、主人公のメアリーは、本物のねずみたちが住み着いて、めちゃくちゃにんあった〈ねずみの家〉を見て、とても喜ぶのです

・・・なぜでしょう?
本の挿絵を描いた、ったかおかゆうこさんはこう言います。

「つくられたものの魅力より、生きているものの魅力のほうがすばらしいことを、メアリーは知っていたのではないかしら・・・・・・」(P.107)

また、翻訳した小比賀優子さんは、『あとがき』にて、

自分のいる場所からいったん離れることで、ボニーは本当にほしかったものを手に入れました。

と述べます。
そっかああああ!現状から一歩踏み出さなければ、動かなければ始まらないのね!!!

子どもたちは、こういう解説聞かなくても、素直にすべてを物語から吸収できる。
知らず知らずのうちに、ボニーの勇気なんかも自分のものにしていきます

ところが、大人ですよ!
さーっと読んで、自分のものにできないのは
そこで、『あとがき』。ハッとさせられること多々ありです!

ほかにも、物語が書かれた時代背景や、作者自身の生きてきた背景なんかも書かれていることもあり、大人にとっては『あとがき』は、より物語を深く味わうためには必読だなあ、って思います

本文しか読まないという方もいますが、ぜひ『あとがき』もかみしめてみてくださいね

見逃さないで。今そこにある幸せ

2017-05-11 22:39:11 | 幼年童話


『泣かないで、くまくん』(1995年)
アン-マドレイヌ・シェロット作・絵 菱木晃子訳 徳間書店
EN BJORNBERA TTELSE 1986


スウェーデンの文字多めの絵本を、児童文学の形に作りなおして翻訳されたもの。残念ながら、絶版のようなので、ぜひ図書館で。

小学校低学年・中学年向けの幼年童話のカテゴリーですが、不覚にも最後はホロリと来てしまいました。いわゆる泣ける話というのともちょっと違うのですが、せいいっぱい生きてるくまちゃん、本当の自分の気持ちに気付くところに、わーん、くまちゃーんって

内容は、公園に置き去られた、ぬいぐるみのくまくんのお話。
置き去られたというか、外の世界が見たくて自分で、隠れてもぐりこんだものの、気づいてもらえずそのまま・・・。ところが、なんと驚くことに、同じように置き去られたおもちゃたちが暮らす、とっても楽しいコミュニティがあったんですね。それが、切りかぶの家。

この切りかぶの家がワクワクするんですよ~。見てくださいコレ↓



昔ドラえもんで、部屋がほしいというのび太に、地下にこんな感じの自分だけの秘密基地作るっていう話があって、めちゃめちゃワクワクしたのを思い出しました

このおもちゃたちの家、何よりも、住人たちが、互いを思いやって暮らしているところがいいの
くまくんは、持ち主のオスカルとエンマが探しに来ると信じて、毎日のように置き去りにされた砂場に通うんですね。ところが、似たような経験をしてきた、ほかのおもちゃたちはもう迎えが来ないことを知っているんです。だから、ちょっと切ない。それでも、くまくんのしたいようにさせてあげます。くまくんが納得いくまで、いつでも帰ってこれるように迎えの姿勢で。見守るってこういことなんだなあ

Amazonのレビューで

今置かれた場所で、仲間と助け合って幸せを見つけよう・・・そんな人生へのメッセージを感じる

と書かれていた方がいました。
自分でもうすうすともう(持ち主から)必要とされていない、と分かってるのかもしれません。でも、認めたくないから執着しちゃう。
執着しちゃうとね、“いまある幸せ”に気づきにくくなっちゃう。“いまそこにある幸せ”に目を向けたい

子育てにもこんな日が来るのかも、ってチラっと思いました。
子どもたちが母(自分)を必要としなくなったとき、私も軽やかに見送り、そのとき自分を必要としてくれる仲間を大切にできたらいいなと思います。



プレゼントに美しい古典はいかが?

2017-05-09 21:56:04 | 幼年童話


『白鳥とくらした子』(2002年)
シシリー・メアリー・バーカー作・絵 八木田宣子訳
THE LORD OF THE RUSHIE RIVER 1938


次回児童文学ピクニックのテーマが、絵本から活字本への移行期本(幼年童話)なので、幼年童話づいてる今日この頃です

さて、『今日の一冊』なーんと、初版1938年です!読み継がれてきた美しい古典。
幼年童話なので、低学年向けですが、もう絵が美しいのですよ、これ

シシリー・メアリー・バーカーの名は知らなくとも、フェアリーシリーズをポストカードなどで見たことある人は多いのではないかしら?↓


ストーリーは古典の王道って感じで、素直で性格の良い女の子が、いじわるなお手伝いさんに騙されて貧乏になり、白鳥の王さまのところに逃げ、かくまわれて暮らすというお話。やさしいお父さんは、お金を稼ぐために航海に出ているのですが、最後はもちろんハッピーエンド

もう、展開が読めちゃうのですが、たまにこういう古典を読むとほっとするのですよ
この時代だからこそ描けたストーリー。

それにしても、古い時代の挿絵には、芸術に関する“本気度”が感じられます
今の(特に日本)のように、ちょちょっと絵がうまいから、絵本でも~、って感じじゃあないんです。デッサン、デッサン、ひたすらデッサンを積んだ画家が、子どもの目に耐えうるものを持ってくる。

低学年なら自分でも読めますが、読み聞かせてあげても。
絵が美しいので、プレゼントされても嬉しい幼年童話本です