『今日の一冊』by 大人のための児童文学案内人☆詩乃

大人だって児童文学を楽しみたい、いや、大人こそ読みたい。
ハッとする気づきのある絵本や児童文学をご紹介♪

意外な?リンドグレーンの人生

2017-09-28 17:04:25 | 北欧文学


『さすらいの孤児ラスムス』アストリッド・リンドグレーン作 尾崎義訳 岩波書店

今日の一冊は、小学生のころ好きだったコチラ。
『長くつしたのピッピ』でお馴染みのリンドグレーンによるもので、ロードムービーにしたい一冊

このお話は小学生当時ホーント大好きで、どのくらい好きか、って小学校の卒業文集の将来なりたいものの欄に‟『さすらいの孤児ラスムス』に出てくるような風来坊になりたい”って書いたほど。
ほかの子はケーキ屋さん♪とかお花屋さんとか書いていたのにね。『さすらいの孤児ラスムス』知ってる人も、風来坊という言葉知ってる人もいなかっただろうなあ(笑)。

そしてね、そんなにも好きだったのに、ナント!!!・・・内容全然覚えてなかったんです。そんなもん。というわけで、三十年ぶり?に読み返してみました。

«『さすらいの孤児ラスムス』あらすじ》
孤児院をぬけだした少年ラスムスは、アコーディオンをかなでる陽気な風来坊オスカルに出会い、いっしょに旅をします。ところが、ラスムスがピストル強盗事件の現場を見てしまったことから、ふたりは犯人に命をねらわれてしまいます。小学4・5年以上。(BOOKデータベースより転載)


え!?待って待って?これも絶版なの~???
うーむ。でも、読むと時代を感じます。今の子たちは感情移入できないかなあ・・・?ラスムスは孤児院では問題児だったり、強盗事件に巻き込まれたりするんですけど、全体的にどこかのほほんとしてる。今の時代みたいにギスギスしていないんですね。この程度、問題児じゃなくて、愛おしいし!


小学校3年生くらいから6年生くらいまでの間、リンドグレーンの書く物語に夢中でした。といっても、内容をきちんと覚えているのはピッピくらいで、どれも‟なんかワクワクする!”‟おもしろかった~!”ということしか覚えてないのだけれど。

子どもの頃って、作者がどんな人生歩んできた人か、どんな活動しているか、なんて興味ないですよね。だから、リンドグレーンについて知ったのは大人になってから。しかもわりと最近。2年前かな?NPO図書館とともだち・鎌倉がリンドグレーン展を展示していたのを見て、初めて熱心な平和や人権活動家だったことなど知ったんです

驚いたのは、18歳で未婚の母となっていたこと。当時はね、もう大スキャンダルですよ、これ。小さな村でしたし。お相手は30歳以上も年の離れた人だったとか。決して明るいだけの人生だったわけじゃないんです

子どもの頃は、「わたしたちが遊び死にしなかったのは、不思議なくらいでした」と自身で語っているように、遊んで遊んで笑い転げた、幸せな子ども時代を過ごしたリンドグレーン。まさに『やかまし村の子どもたち』ですね。ところが、10代に入ったとたん、急に「もう遊んでいられない」と気づいてしまうのです。そして、闇の時代、10代で未婚の母という苦労の時代へ。リンドグレーンにも、‟さんねん寝たろう”の時期があったんですね!

養母に預けていたラッセをようやく引き取れたのはラッセが3歳のとき。その後、職場の上司と結婚し、娘カーリンも生まれます。このカーリンがたくさんお話をねだったことから、ピッピなどが生まれてくるのです。家庭の主婦となったアストリッドは、楽しかった子ども時代を再び手に入れ、黄金期へ。でも、ただただおもしろおかしいだけじゃない。常に社会の弱者への温かいまなざしを忘れず、おかしいと思ったら社会に立ち向かって、闘っていったんです。

幸せな幼少期ってホント大事なんだな。その後生き抜く力になるんだな。そんなリンドグレーンの子ども時代を知ることのできる、こちらの一冊もおすすめです↓


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なお)
2017-09-29 11:15:29
リンドグレーン「さすらいの孤児」っていう響きがもうツボです。「めぐりめぐる月」も合わせて早速図書館に予約(^^)教えてくれてありがとう〜
》なおさん (Shino(管理人))
2017-10-01 05:41:09
『さすらいの孤児ラスムス』、当時の私は純粋に面白かったけど、いまの子が読むとどうなんだろ?ぜひ娘ちゃんの感想聞かせて~。
『めぐりめぐる月』は、最初のほうは読みにくいけれど、最後に全部つながる感じ。北海道横断とか舞台を日本に変えて、映画化どうでしょ?!

コメントを投稿