花鳥にゃん月

カメラにはまり、心に入り込んだものを写して遊んでます。
日常のどこにでもある風景・・・

20分間の夕景

2012年07月31日 | 日々雑感

今夕 18:54 ~ 19:15 の 夕景です。

わずか20分間ですが、いろんな表情が見れました。

月も、いい感じで浮かんでいました。

この、色の変化 たまりませんね~ 

コメント (6)

アゲハ蝶

2012年07月28日 | 花 蝶

くぅが、ベランダをとても気にし始めました。

またスズメが来たのかな??

でも何もいません。

くぅはまだ、にらみ続けてます。

何だろうとくぅの視線の先を探してると・・・

いました アゲハ蝶です。

我が家のベランダにはあまり蝶は来てくれません。

珍しいことです 

でもありふれたアゲハ蝶で、少しがっかり 

これは ナミアゲハというそうですね。

日本の代表種だそうです。

 

夕焼け雲がきれいでした。

右上の点はお月様。

 

 

 

コメント (8)

ひまわり

2012年07月27日 | 植物 花

夏の花と言えば、やはり   ひまわり  ですよね~ 

最近は小さなヒマワリも良く見ますが

やはり、自分より大きなひまわりが魅力的です 

 

コメント (10)

夏の花

2012年07月25日 | 植物 花

毎日暑いですね。

暑くて、少々夏バテ気味です 

どうも、クーラーにあたると体調が崩れてどうにもたまりません

家では、クーラーなしで過ごせるのですが、

職場や電車の中は、どうにもなりません。

もちろん、毎年のことですのでそれなりの対策はしているのですが。

でも、節電ムードのおかげで、どこも昔のようにガンガンには冷やしませんので

ちょっぴり助かっています 

撮り溜めてた夏の花たちでも見て下さい

 

                               

咲き始めた サルスベリ

サルスベリの蕊

スイレン

八重のムクゲ

ワルナスビ・・おしべがバナナみたいでしょ

ホワイトベルガモット

オオフヨウ  の  赤と白

とにかくデカイです。

ハイビスカス

ハイビスカス・ムクゲ・オオフヨウ 

みんな同じフヨウの仲間ですので、どれもよく似た花の形をしています。

 

ラベンダー  (バックはハスの花)

 

おまけの風景 2点

林の暗がりの中に日当たりが・・・

落ちそびれた一枚

 

皆さん夏バテにお気を付け下さいね~

コメント (8)

映画 と 作品展

2012年07月21日 | 日々雑感

鳥のお仲間と、久々に映画を見に行ってきました。

タイトルは「ビッグ・ボーイズ」 原題は「the Big Year」

アメリカで実際行われてる記録会のこと。

一年間に北米大陸で見つけた鳥の種類を競う大会です。

3人の男たちを中心に、いかにたくさんの鳥を見つけるかを競うコメディです。

日本ではよく見る鳥が希少種扱いされてたり、

どこどこで○○○がいると聞いては、家族も仕事も投げ捨てて探しに行く姿。

思わず吹き出したり、そうそう・・と思いながらにやけたり。

楽しい時間でした 

シネマート心斎橋で、もうしばらくは上映されてるようです。

ちなみに、日本野鳥の会・大阪支部の協力で、野鳥のパネルや資料が展示されてます。

会場の様子     HPより写真拝借

 

                   

映画の後は、お仲間と別れて 友人の息子さんが参加されてる

展示会 「151人展」 へも行って見ました。

 

小さなギャラリーに、たくさん並べられた絵

絵じゃないものも数点ありました。

それぞれが、「そら」というテーマで描かれてます。

空というテーマに結び付けられない作品もありましたが・・・・??

         

 

           

 

発想が自由でいいですね。

私なんか、空というテーマをもらったらもうそこから抜け出せませんもの!

 

 

 

コメント (6)

長居公園の昆虫と鳥

2012年07月20日 | 長居公園

ハスを見に行ったついでに写してきました。

名前は一応調べましたが、間違ってるかも知れませんので

気が付かれましたら、ご指摘お願いします。

いろんな種類のトンボがいるんだと、改めて驚きました。

 

植物園を出た近くで、網を持った親子。

お父さんが虫取りに連れてきた様子。

すると係りの方が出てきて、やめるよう注意されてました。

多分、昆虫を含めての生態系を維持してるためかと・・。

そのような活動をしてるという話を聞いた事が有りますので。

 

              

ウチワヤンマ

コシアキトンボ

コフキトンボ

ショウジョウトンボ

これは何でしょう。 小さなトンボみたいなもの

飛び回ってここの止まったのですが・・・???

 

スズメ

シジュウカラ 子どもでしょうか?

 

スズメとシジュウカラ 同じ水辺に来たので水浴びを期待したのですが

残念ながら水浴びはしてくれませんでした。

 

 

コメント (2)

長居植物園のハス

2012年07月19日 | 植物 花

長居植物園のハスの開花に合わせて早朝開園されてます。

通常は9時半なのですが、開催日は7時半より開園。

ただし早朝開園は土日祝のみなので、あと21日・22日で最後となります。

        

長居植物園のハスの種類は「酔妃蓮(スイヒレン)」

花姿や花びらのピンクが、まるでお酒に酔った”妃(お姫様)”に見えることから名づけられました。

(長居植物園のブログより)

        

   

   

   

 

          

係りの方が数人蓮池に入って、ハスの葉をどんどん刈り取っていきます。

ハスは密集してきたら間引かないといけないとか・・。

間引くと数年は花の付きは悪くなるけど立派な花を咲かせるには必要。

 

そして刈り取った葉は、「子ども象鼻杯(ぞうびはい)」の催しで使われていました。

ハスの葉の上からジュースを注いでもらい飲んですね。

象鼻杯って何?って思ってましたが、なるほど象の鼻・・・ですね

楽しいというより、注ぐ方も受ける方も必死という感じでした。

 

コメント (6)

植物観察会 パート2

2012年07月16日 | 植物 花

山科植物資料館は午前中で終わり、午後からは近くを散策することに。

ということで、御陵駅から疎水近くの公園まで行きお昼休憩。

お昼休憩した公園で見つけた木の下で数人集まって何かお話されてる・・・

そばによって聞いた話。

カツラの葉は春葉と夏葉があり、最初の葉が落ちてから次の葉が出てくる・・・というような説明でした。

よくわかりませんが、ハート型の可愛い木の葉でした。

カツラの葉と実

      

これからは、ちゃんとした話を聞いてきますね 

 

     

そして、さすがは植物観察会! と思ったのはナラ枯れの説明。 

 休憩した公園のすぐ近くにあるナラ枯れの現場で実物を見ながらのお話。

木の下のシートは薬を塗ってるからだろうとのこと。

そのシートの周りにたくさんのとげとげ。

虫のあけた穴にメスが卵を産み付けないように穴ひとつづつを塞いでるとか。

(すみません中途半端な記憶で間違ってるかも)

ただ、この処置は実際の所これが効くという確信のある方法はまだないとのこと。

今手さぐりでいろいろ試されてる状態だとか。

いずれにしても想像以上に大変な作業に驚きました 

このナラの木のすぐそばに生えてた ヒメフウロ

 

    

説明後、二手に分かれて出発。  私は疎水沿いに山科まで歩く楽々コース。

それでは物足りないという方たちは、山を越えて南禅寺あたりまで行かれました。

     

折角だからと天智天皇陵へも行くことに。

ここでは「しゃしゃんぼ」という木を覚えました。

 

しゃしゃんぼの花

しゃしゃんぼの葉は裏側の中央の葉脈を、葉先から爪でなでるとかすかにひっかかりを感じます。

これは他の木の葉にはない特徴だとか。

        

今回はあまり草花の収獲は少なかったとの事。

本来は御陵の周りにたくさん草が生えていてそれを予定として見に来たらしいのですが

すっかりきれいに草刈りされていました

      

その他、見つけたもの。

 

(左)エゴノキの実に虫がついてできる猫の手                   (右)ナツフジ

    

↑ ちょっと写真がまずくて見にくいですが、右下に花のように見えるのが猫の手。

↑ 本来のエゴノキの実はバックに写ってる白く小さな丸いの。

 

オキジムシロの花と葉

    

 

鳥と違って、みなさん歩くのが早くて、ゆっくり写真が撮れませんでした。

鳥の場合は探しながら割とゆっくり歩くので、私でも写真撮りながらついていけるのですが・・・。

でも、面白い話がたくさん聴けて、楽しい一日でした。

暑くて少々ばててしまいました。

コメント (10)

山科植物資料館

2012年07月14日 | 植物 花

日々、カメラを持って鳥や花を写して遊んでるのですが、

鳥のことは、バードウォッチングのグループに入って先生にいろいろ教わっています。

鳥であちこち連れて行ってもらってるうちに、植物の事もいろいろ知りたくなりました。

そこで少し前から、植物観察会に加入しやっと今回初めて参加できたのです。

 

京都山科にある、日本新薬株式会社の山科植物資料館へ行ってきました。

日本新薬さんが、薬用植物の栽培試験場として70年間で集めたものを

植物資料館として栽培されてるところです。

一般公開はされていませんが、前もって申込みをすれば見せていただけるそうです。

興味のある方はHPよりどうぞ。

セミナールームで、歴史などの説明をいただき、

そのあと、敷地内で育てられてる植物を説明付きで一時間半ほどで回りました。

暑い中、汗かきながらいろいろ話してくださる内容は

とても興味深いことばかりでした。

お聞きした説明のほんの一部ですが、特に面白かったものを紹介します。

まず、上の写真の右に写ってる、温室の中から。

 

 カカオって、幹から直接花が咲いてそこに実が出来るんですね。

    

 

 カポック は観葉植物で見慣れた木ですがものすごく大きくなるものですね。

そして幹の下あたりは、ツタなどが巻きつかないようにトゲトゲでした。

 

 

 何といっても不思議なのが キソウテンガイ

キソウテンガイと名付けられた植物です。

たった2枚の葉を左右に延々と伸ばし続けるそうです。

ここにあるものも結構長いですが、こんなものじゃないそうですね。

  

 この赤い実を食べると、酸っぱいレモンが甘くなるという ミラクルフルーツ

 

ここからは外の植物です。

 

 カギカズラ(左) このカギでひっかけて巻きつきます。          

                        ハブソウ(右)ハブ茶になります

   

 ネコノツメ 若葉の先のほうにネコノツメのようになカギがあります。

  

 

 ダイダイ(左) 今ついている黄色い実は去年の実で 今年の実は緑の小さい方。

こんな風に年代を繋げてるのでダイダイ(代々)は縁起がいいとされたのですね。

                      ヒラミレモン(シークヮーサー)右

     

 これは只今 実験中

ブンタンの木に、レモンを接ぎ木して実った大きなレモン型のブンタン??

今回初めての試みで、まだ食べたことがないので味はわからないそうです。

 

 

 

 タバコです。  タバコは大嫌いですが、花は可愛いですね。

     

 

仏教三大聖木というのがあるそうです。

 インドボダイジュ                   ムユウジュ

    

 サラソウジュ

 

最後に 資料館の展示の一部

      

    

 

今回も、長々とご覧いただきありがとうございます 

コメント (6)

神戸森林植物園

2012年07月11日 | バードウォッチング

鳥仲間で行くので、一応バードウォッチングとなりますが、

今の時期、ほとんど鳥は期待できないのでお花見気分で行ってきました。

アジサイがたくさん!!

人もいっぱい!!

   

ミカワチドリ                    マヤベニガク     

  

アナベル                         ?

たくさんありましたが、アジサイにも少々飽きてきましたので・・・これくらいで。

 

見つけた鳥はホントに少なく・・・・・

でも真っ先に迎えてくれたのがキビタキ 

そして いつもの ホオジロ

遥か彼方に、何とか姿を確認した ホトトギス

一応矢印つけましたが、2羽いました。 (分かりますかね~)

よく見つけたものだと、見つけたお仲間さんにビックリです。

お昼のお弁当を食べながら、ホトトギスの声だけはすぐ近くで楽しみました

というより、どこで鳴いてるのか気になって おにぎりもってウロウロ 

この時、ヤマガラも見つけましたが、写真は無理。

 

大きな池があり、 スイレン、コウホネ、アサザがいっぱいでした。

黄色いのがコウホネとアサザですがほとんどアサザのようでした。

アサザは今、絶滅危惧種になってるので、こんなにたくさんあると嬉しいですね。

 

アサザ

ついでと言ってはかわいそうですが アオサギ

 

ネジバナ   右の写真 なぜか横向きに??

   

 

ネムノキも花が満開。 

  

 

ハンゲショウ                          ロウバイ(いつも花ばかりですが、葉っぱ)

   

モクゲンジ 大きな木でした                       ウツボグサ ?        

  

オカトラノオ                      桐の実

  

ノリウツギ     

  

 

たくさん撮ってきたので、選んでもたくさんの枚数・・・

途中でめんどくさくなりましたら、すみません。

いつも、ありがとうございます 

コメント (18)